隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月 9日 (月)

がんばれ、野洲高校イレブン!

 久しぶりに高校サッカー界に旋風を巻き起こしている「野洲高校イレブン」ですが、いよいよ試合開始ですね。フィジカルが強く一人一人の技術レベルも高い鹿実にどこまで対抗できるか?、非常に楽しみです。さすがに準決勝のようなボール支配、パス回しは封じられるでしょうけど、最後まで自分たちの持ち味で勝負して欲しいです。
 がんばれ、野洲高校!

東レ・アローズ1日天下

 あのJTマーヴェラスがパイオニアを撃破してくれて、東レに1位が転がり込みました。んが、1日にして3位転落。若くて素直な乙女ぞろいの東レ・アローズには、意地悪な小姑軍団(失礼)、久光製薬・スプリングスが天敵になりつつあります。
 超本格派のケニアに弱い(これは東レだけでなく全チームの課題ですな)のもあるけど、イクさんとか、サキさんとか、ケイちゃんとかのお姉様軍団にめっぽう弱いね、東レは。東レのイェレナもなかなかいいレシーブだけど、ケニアもレシーブがかなりいい。これはケニアが凄い、というより的確に指示を出しているイクさんの功績。しかし、それでなくても全日本が歯が立たないキューバに、これ以上技術供与しないで欲しい(^^)。鳥人大国キューバが、拾いまくってしまうと、またまた世界一になっちゃうよ。ケイちゃんのトスも若いアローズをいたぶるには十分意地悪だし、さらにサキさんの「ほれ、ざまみろ!」って感じのブロックや、クイックなんかも東レの驚異。4位との差は大きいとはいえ、うかうかしてると飲み込まれてしまうよ。
 って書いてますが、今年の東レ、なんか負けても安心してられるのよ。こんなのはじめて。連敗がないせいか、負けを引きずらないせいか、全国から「氣」が集まっているせいか、はたまた創立80周年のせいかわかりませんが。来週、また「総力結集!」でがんばっちゃってください。

大波JTマーヴェラス

 1位のパイオニアに勝ったと思ったら、翌日NECにいいところなく負けてしまったJTマーヴェラス。今年はまだ現地観戦していないし、テレビも見ていないので、ライスコ&選評でJTの敗因を探ると。

(1)決定力不足!
 仁木選手が55.2%の決定率に対し、JT攻撃陣(トータル34.1%)はトホホ・・・ スギさんにいたっては81.8%、キコも60.0%。完敗というより、惨敗、虐殺。

(2)点の取られ方が悪い!
 ちょいと真剣にライスコを見始めた第3セットだけで評価していいかどうかは???だが、前半タイムアウト前も連続ブロックを食らってるし、終了間際(22点目&23点目)も連続でシャットされている。その合間には鉄人のツー食らってるし。これでは勝てんわなぁ。

(3)サーブレシーブひどすぎ!
 (1)の原因の1つであるが、サーブカット悪すぎ。サーブレシーブ成功率42.6%? スパイク決定率じゃないんよ。半分以上セッターに返せなくて、攻撃できますか? もう少しで40%切るんよ。46.2じゃなくって、42.6ですから。危機感持たんとなぁ。何のためにレシーブ強化を課題に上げて練習してきたのか・・・

(4)サーブの工夫なさ過ぎ!
 逆にNECはサーブレシーブ成功率70.4%。JTのサーブがいかに弱かったか、工夫がないかを物語る数字。まぁ、今日も隊長はお休みなので、サーブに期待するのもどうかとは思うが・・・ 試合を観てないのでどういう状況だったのか全く不明だが、JTはテンが3本キャッチしている。テンがキャッチしたら誰がセットするんだ?、というより、テンに3本もキャッチさせたNECのサーブ、おそるべし。

(5)チャンスを生かせていない!
 NEC、めちゃめちゃミスが多かった。攻撃的なサーブの代償としてサーブミスも多かった(11本)し、その他のミスも含めJTに18点を献上。相手から3セットで18点ももらってんねんで。1セット平均6点ももらってんねんで。にもかかわらず、ストレート負け。JTの総得点は55点・・・ 相手ミス以外で得た得点は、各自引き算してください。

 昨日、あのパイオニアに勝った意味が全くありましぇ〜ん。目覚めたJTが、上位陣をいじめて、後半戦おもしろくなるかなって期待してたんだけど。1/22、ようやく現地観戦できるけど、応援が忙しそうなので写真は撮れないかも・・・

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ