隠れJTマーヴェラスファンページ

« 近畿総合 位田愛選手 | トップページ | 近畿総合準決勝 東レ vs JTの続き »

2006年4月12日 (水)

近畿総合準決勝 東レ vs JT

_mg_0488_1 H18.4.9、大阪府立体育館で近畿総合の準決勝が行われた。以前にも書いたが、東レとJTは同ブロックなので、決勝ではなく準決勝で相見舞えることになった。ま、事実上の決勝戦である。
 東レは地元チームであるけれども、今日は圧倒的に戦力の劣るJTマーヴェラスを応援。東レ・アローズはキャプテンのダン(向井久子選手)とタクト(柴田安希選手)、セッターのミチ(中道瞳選手)、ネネ(冨田寧寧)を欠くものの、ほぼベストメンバー。もっとも3.31付けで主将格のセッター小玉佐知子選手が勇退しているので、コンビネーションを含めた戦力低下は否めない。セッターのミチを控えに回しているということは、今後、ミキ&サオリンの2セッターで、あるいはミキを打てるセッターに据えたいという管野監督の思惑もあるのであろう。ただ、1年前に2セッターをあきらめているので、今年もどうなるか予断は許さない。昨年の2セッター実験時はメイ(西脇万里子選手)がブロードをまったく打てないなど、連携以前のセッターの能力不足を露呈していたが、今年はメイもショートブロードはなんとか打てる程度にセッター陣の技術は向上しているようである。ただ、メイの持ち味であるワイドなブロードは未だ封印というところか。セッターミキの技術アップが待たれる。トスも他チームのセッターに比べると圧倒的に遅いし、まだまだ向上途中といったところ。大阪国際滝井の吉田みなみくらい練習して欲しいものである。ちょい辛口ですけど、その位言っておかないと、去年と同じように決勝で下位チームに足下をすくわれたり、レギュラーシーズンに久光鬼嫁軍団に3タテ食らったりしそうなんで。(^^)

 一方のJTマーヴェラスはベテラン級を完全にはずし、若手中心のチーム。リベロのショウまではずしているのはびっくりしたけど、逆にはずされたショウは危機感を持っているかもしれない。その代わり裏方陣は非常に豪華なメンバーで、球出しがユウ(菅山かおる選手)、球拾いテン(竹下佳江選手)といった布陣。写真は今回リベロでなくスパイカーで出ていたメグ(平山恵選手)。ただし、スパイクは決まらず。レシーブは写真の通り、きっちりこなしておりました。試合内容については次回。

« 近畿総合 位田愛選手 | トップページ | 近畿総合準決勝 東レ vs JTの続き »

スポーツ」カテゴリの記事

バレーボール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近畿総合準決勝 東レ vs JT:

« 近畿総合 位田愛選手 | トップページ | 近畿総合準決勝 東レ vs JTの続き »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ