隠れJTマーヴェラスファンページ

« QuickPick(アプリケーションランチャー)が無償で追加されました(MacUpdate Promo) | トップページ | Sound Library ~世界にひとつだけの本~ »

2011年3月24日 (木)

格安UPS(無停電電源装置)のご紹介。計画停電に備えて・・・

 東京電力の計画停電が続いています。今後は25グループに細分化し、また期間も夏まで実施することになるだろうとのこと・・・
 msnがiPhoneやMacのiCalで利用できる形式で、東京電力の計画停電のスケジュールを配信してくれたり、有志がiPhone App(現在2つのAppが存在しますが、残念ながらまだ完成度は低く、現状Appを使われるより、msnのデータをiPhoneで読み込むほうがいいと思います。)を作成し無料で配布してくれたり・・・

 ただ、デスクトップPCで作業中に停電になるのはほんとうに困ります。仕事が遅れる、だけでなく、NASや外付けHDDの電源が落ちると、大切なデータを失うことにもなるわけで。たとえ内蔵バッテリーで動作するノートPCを使っていても、AC駆動のNASや外付けHDDのダウンは避けられないわけで。
 そこで誰もが考えるのが、無停電電源装置(UPS)の導入。でも、高いんですよね。APCというトップメーカー製だと安いノートPCが買えるほどの価格。ついつい二の足を踏んでしまいます。そこで、私が知る限り、最も安いUPSをお教えしちゃいましょう。これより安いUPSがあれば教えてください。今、困っている人がいっぱいいると思いますから。

 PCの世界では有名じゃありませんが、音楽関係者なら多くの方がご存知かもしれません。サウンドハウスのCLASSIC PRO。格安UPSの代表です。
 安いにはもちろん理由があって、バックアップ出力時の波形が正弦波ではなくステップ波であること。これは気にされる方も多いでしょう。最新のPCで、高級な電源(PFC電源)を使った機種には適さないという話もあります。また、音響機器にも適さない(ノイズの発生源になる)という話も。でも、サウンドハウスは音響機器ディーラーなんですけどね(^^)。そういう様々な問題の可能性があることを知ったとしても、1200VA/720WのUPSが7,980円(UPS1200LX)。この価格なら、試してみる価値はありそうでしょ?

 サウンドハウスはAmazonでも販売していましたが、残念ながらAmazonでの販売分は完売で在庫切れ状態です。サウンドハウス本体でも、現在在庫があるのは、500VA/300WのUPS500LX(4,980円)のみのようです。こちらも、この状況だとすぐに売り切れてしまうでしょう。300Wでも十分という方は、ぜひ早めにゲットしてください。

 UPS1200LXにつきましては、うちで使っているもので、改めて試用レポートを書きたいと思っています。

 AmazonにはCLASSIC PROシリーズ以外にも1万円未満で入手できるUPS、1万円台前半で入手できるUPSがあります。Yahoo!オークションでは、この状況のせいか、いつになく高騰していますね、UPS。オークションでの購入は、少し落ち着いてからの方がいいかもしれません。では、Amazonに現在在庫のあるお値段安めのUPSを簡単にご紹介。

(1) CyberPower UPS Backup BR 500   500VA/300W CP500SL JP・・・9,350円

 モノ自体は悪くないそうです。もちろん、バックアップ出力時の波形は矩形波ですが、これは高級機として有名なAPC製でも低価格機は矩形波ですから、しかたないところ。ただし、内蔵バッテリーの交換はできません。バッテリーの寿命=UPSの寿命です。
 さらに容量の少ないCyberPower UPS Backup BR 350   350VA/210W CP350HG JPもあります。こちらは7,799円。

(2) ユタカ電機製作所 常時商用方式UPSmini500II バッテリ期待寿命7年/筐体ブラックモデル YEUP-051MAB・・・13,600円

 信頼の日本メーカー製UPSです。価格も手頃。ただし、PCとの接続がUSBではないので、新しめのPCでは添付の自動シャットダウンソフトが使えないかも。バッテリーの期待寿命が7年というのは評価できます。APCの高級機(1500VAのSU1500等)でも、5年持てばいいほうですから。うちのSU1500は4年くらいでバッテリー寿命となりました。

(3) APC RS 400電源バックアップ(400VA) BR400G-JP ・・・13,851円

 トップメーカーAPC製のUPSです。ただしAPC製ですが、低価格製品ですからバックアップ時の波形は矩形波です。それ以外はこれといってウィークポイントはないようですが、高級機と違い、バッテリーは2.5年程度しかもちません。

 こうやって低価格製品を並べて比較すると、ますますサウンドハウスUPS1200LXの優位性が際立ちますね。上記機種以上の容量で7,980円。しかも、バッテリー交換可能ですし、交換用のバッテリーはたったの3,000円です。現状2ヶ月待ちのようですが・・・

« QuickPick(アプリケーションランチャー)が無償で追加されました(MacUpdate Promo) | トップページ | Sound Library ~世界にひとつだけの本~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格安UPS(無停電電源装置)のご紹介。計画停電に備えて・・・:

« QuickPick(アプリケーションランチャー)が無償で追加されました(MacUpdate Promo) | トップページ | Sound Library ~世界にひとつだけの本~ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ