隠れJTマーヴェラスファンページ

« iPhone 4Sが貢献。アップル、10~12月期史上最高益更新! | トップページ | Microsoft Error Reporting for Mac 2.2.8とPicasa 3.9.3 »

2012年1月25日 (水)

iPhoneが水中カメラになるケース。IP68、MIL-STD-810F-516.5のタフなケース、LifeProof。

 金属フェチなおいらは、iPhone 4のケースにELEMENT CASEのVapor Proを使っています。が、世の中には防水性能や防塵性能を気にする人もいるようで、こんなケースもあります。

 このケース、LifeProofを装着すると、なんとiPhone 4やiPhone 4sが、水中カメラとしても使えるらしい。つまり、防水・防塵機能を備えた、タフなケースなんです。
 防水・防塵性能は、IP68ということで規格的には最高性能ですね。以前にご紹介した、リコーの防水・防塵デジカメ、RICOH PXと同じで、「外来固形物に対する保護等級が最高の6級」、すなわち「粉塵が中にはいらない(対塵形)」で、「水の侵入に対する保護等級も最高の8級」、すなわち「継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)」ということです。

 IPコードについて詳しくは、「電気機械器具の外郭による保護等級」をご覧いただくと良いかも。

 それから、耐衝撃性については、米軍規格 MIL-STD-810F-516.5ということで、2mの高さからコンクリートに落としてもiPhone 4を保護できるそうです。確かめたくないけどね。

 欲しいな、LifeProof。なお、このLifeProofには、Generation 1とGeneration 2があって、Gen 1はiPhone 4にのみ対応。Gen 2は、iPhone 4もiPhone 4Sもどちらにも対応とのことですから、買うときは必ずGen 2を買っておいたほうがいいですよ。

 お値段は、8千円ほど。高い。ただのケースだけど高い。前回ご紹介した、RICOH PXは、紹介時8,990円(今は、再び1万円オーバー。)でしたからね。でも、このケースでおいらのiPhoneが、IP68相当になると考えれば、安い買い物か。

 ちなみに、これだけの防水・防塵性能を誇るLifeProof Gen 2ですが、質量はわずか28g。厚みは1cmとゴツくはありません。現在、Vapor Proを使っているおいらからすれば、そんなに変わらない感じですね。それでもって、防水。Apple Careに入ったと思って、買っちゃうしかないかなぁ。

 最後に、水中カメラになるほどの防水性は必要ない。落としたりした際に、iPhoneを守ってくれる強固さのほうが重要。ケースに8千円は無理。とおっしゃる場合は、グリフィン・テクノロジーのSurvivor Survivor + Beltclip for iPhone 4がおすすめです。今なら、amazonで2,679円とかなりお安く入手できます。
 こちらは、かなりごっつくなっちゃうけどね。

« iPhone 4Sが貢献。アップル、10~12月期史上最高益更新! | トップページ | Microsoft Error Reporting for Mac 2.2.8とPicasa 3.9.3 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

iPhone・iPod・iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« iPhone 4Sが貢献。アップル、10~12月期史上最高益更新! | トップページ | Microsoft Error Reporting for Mac 2.2.8とPicasa 3.9.3 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ