隠れJTマーヴェラスファンページ

« OLYMPUS PEN E-P3、E-PL3、E-PM1の最新ファームウェアを公開。さらにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZを1月27日に発売。 | トップページ | Apple、電子書籍制作アプリ「iBooks Author」を無償配布。こいつは新世代のHyperCardかも! »

2012年1月19日 (木)

米コダックが破産法適用を申請

 日本経済新聞によりますと、経営危機に陥っていた米映像機器大手イーストマン・コダックは19日、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をニューヨークの連邦地裁に申請したと発表したとのこと。

 記事中に、「デジタルカメラの普及など市場の変化への対応が遅れ、業績低迷から抜け出せなかった。」とありますが、デジタルカメラを世界で最初に開発したのはコダック。日本で最初のデジカメヒット商品となったカシオのQV-10より、1年も早く登場したAppleのデジカメQuickTake 100も、実はコダックの製品でした。当時、QV-10に比べ、QuickTake 100の発色の良さは、さすがコダックとうならせるものがありました。もちろんApple製品らしく、Color Syncに対応していましたしね。

 ちなみに、デジタル一眼レフの世界最初の製品は、キヤノンのEOS DCS 1ですが、これはカメラボディをEOS-1Nから拝借しただけで、中身は完全にコダックによる開発でした。当時は、デジカメの開発力においても、コダックを凌駕するメーカーは存在しませんでした。

 なぜそのコダックが、デジカメで出遅れることになるのか・・・ デジカメ黎明期、突然訪れた銀塩カメラブーム(というより、Leicaブームか?)あたりにヒントがありそうですね。技術革新とともに価格破壊が起こり、利益率の低下するデジカメでなく、枯れた技術でしかも高利益商品である銀塩にこだわった。こんなに短期間で、銀塩からデジタルにシフトするとは、コダックは思わなかったのでしょう。黎明期のデジタルカメラ開発に膨大な時間をかけてきた、コダックとしては。

 日本企業も明日は我が身。例えばクルマだって同じこと。ディーゼル? 何それ?って思ってると、日本のカーメーカーも淘汰されちゃうかもなぁ。日本のクルマメーカーの場合、ハイブリッド(しょせん過渡期の技術)にこだわりすぎて、コモンレール以降のディーゼルエンジンと、CVTにこだわりすぎてDCT(デュアルクラッチトランスミッション。フォルクスワーゲンで言うところのDSG、ポルシェで言うところのPDK。)では完全にヨーロッパ勢に負けてますからね。どうすんだろね?

【関連記事】

« OLYMPUS PEN E-P3、E-PL3、E-PM1の最新ファームウェアを公開。さらにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZを1月27日に発売。 | トップページ | Apple、電子書籍制作アプリ「iBooks Author」を無償配布。こいつは新世代のHyperCardかも! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米コダックが破産法適用を申請:

» 米コダック 破産法適用を申請 [時々時事爺]
時代だぁ~(明石家さんま)時代の変化について行けなかったのかと思きやデジタル関連特許1100件もあるんなら別の事情か [?/]デジカメの台頭でフィルム事業なんか先細ってただろうし、頼みの綱...... [続きを読む]

« OLYMPUS PEN E-P3、E-PL3、E-PM1の最新ファームウェアを公開。さらにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZを1月27日に発売。 | トップページ | Apple、電子書籍制作アプリ「iBooks Author」を無償配布。こいつは新世代のHyperCardかも! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ