隠れJTマーヴェラスファンページ

« MacおよびPCで使える、$150相当の欧文フォント(1000fonts以上)がたったの$1 | トップページ | 格安499円のSDXC対応マルチカードリーダー DN-CR8501XC10が、かなり高速でこれはおすすめ! »

2012年1月 6日 (金)

ニコン、いち早く最新最速XQDメモリーカードに対応したデジタル一眼レフ、Nikon D4を発表!

 ニコンが、デジタル一眼レフのフラッグシップ機、Nikon D4を2012年2月16日より発売開始すると発表。

 Nikon D4はフラッグシップとしての基本性能の高さもさることながら、1Gbps(125MB/秒)の書き込み速度を誇る次世代メモリーカード、XQDメモリーカードに対応しているのが最大の特徴。RAW撮影時でさえ、100コマの連続撮影が可能となる。

 なお、XQDカードは、CFA(コンパクトフラッシュ協会)が提唱する、メモリーカードの新規格である。大きさは38.5mm×29.8mm×3.8mmということで、CFより小さいが意外と分厚い。拡張可能なインターフェースはPCI Express 2.5Gbpsで、将来的には5Gbpsにも対応予定。コンパクトフラッシュカードに代わる、高速メモリーカードとしてデザインされている。

 なお、Nikon D4は、XQDカードスロットと従来のCFカードスロットのダブルスロットとなっており、UDMA7までのコンパクトフラッシュカードに対応している。というわけで、大量のCFを所有している方も、しばらくは安心かも。いずれは、XQDカードに移行していくのでしょうけどね。

 一方、キヤノンのフラッグシップ機、EOS-1D X(2012年3月発売予定)は、CFカードのダブルスロット。連続撮影可能枚数については、現時点で「未定」とホームページにあるが、Nikon D4のスペックを見たからには、2枚のCFカードでRAID0を実現する、あるいは、設計を変更してXQDカードに対処する(これはほとんど無理というか、発売がさらに半年ほどずれそうだ。しかし、キヤノンはCFAのチェアマン会社なのに、なぜ今回XQDに対応しなかったのか、理解に苦しむ・・・)等、発売までに紆余曲折があるかもしれません。

 Nikon D4とEOS-1D X。どっちもおいらには関係のないカメラではありますけど、室内スポーツの撮影は難しい!、と言われていたのが過去の話になりそうなすごいカメラではあります。

« MacおよびPCで使える、$150相当の欧文フォント(1000fonts以上)がたったの$1 | トップページ | 格安499円のSDXC対応マルチカードリーダー DN-CR8501XC10が、かなり高速でこれはおすすめ! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MacおよびPCで使える、$150相当の欧文フォント(1000fonts以上)がたったの$1 | トップページ | 格安499円のSDXC対応マルチカードリーダー DN-CR8501XC10が、かなり高速でこれはおすすめ! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ