隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

ニコンが、Nikon D4用 ファームウェア A:Ver.1.01 / B:Ver.1.01、Nikon D800用 ファームウェア A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01、Nikon D800E用 ファームウェア A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01を公開しています。

 ニコンが、本年オリンピックイヤーに発表&販売開始した最新一眼レフ3機種のファームウェアをアップデートしています。

  1. Nikon D4用 ファームウェア A:Ver.1.01 / B:Ver.1.01
  2. Nikon D800用 ファームウェア A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01
  3. Nikon D800E用 ファームウェア A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01

リンク先は、いずれもMac用のページです。

Nikon D4用 ファームウェア A:Ver.1.01 / B:Ver.1.01】

  • 画像再生をしながら静止画撮影をしていると、液晶モニターが消灯し、メモリーカードアクセスランプが点灯のまま、稀にカメラの操作ができなくなってしまう現象を修正しました。
  • ネットワーク機能を使用した際に、設定条件により、「RAW+JPEG送信設定」を「JPEGのみ」に設定していても、RAW画像が送信されてしまう現象を修正しました。
  • カスタムメニューf15「画像の拡大/縮小方法」にて、メインコマンドダイヤルを併用した設定を選択した場合に、再生画像の拡大/縮小操作を行うと、設定条件により、シャッター秒時や絞り値、露出補正値が変更されてしまう現象を修正しました。

Nikon D800用 ファームウェア A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01】

  • 画像再生をしながら静止画撮影をしていると、液晶モニターが消灯し、メモリーカードアクセスランプが点灯のまま、稀にカメラの操作ができなくなってしまう現象を修正しました。
  • ワイヤレストランスミッターWT-4を使用した際に、設定条件により、「RAW+JPEG送信設定」を「JPEGのみ」に設定していても、RAW画像が送信されてしまう現象を修正しました。
  • 「撮像範囲」が「5:4」で、「アクティブD-ライティング」が「しない」以外の設定にしていた場合、撮影画像の下端に黒っぽい影が写り込んでしまうことがある現象を修正しました。

Nikon D800E用 ファームウェア A:Ver.1.00 / B:Ver.1.01】

  • 画像再生をしながら静止画撮影をしていると、液晶モニターが消灯し、メモリーカードアクセスランプが点灯のまま、稀にカメラの操作ができなくなってしまう現象を修正しました。
  • ワイヤレストランスミッターWT-4を使用した際に、設定条件により、「RAW+JPEG送信設定」を「JPEGのみ」に設定していても、RAW画像が送信されてしまう現象を修正しました。
  • 「撮像範囲」が「5:4」で、「アクティブD-ライティング」が「しない」以外の設定にしていた場合、撮影画像の下端に黒っぽい影が写り込んでしまうことがある現象を修正しました。

とのことです。

リコーが、RICOH CX6 用の最新ファームウェア V1.26を公開。

 リコーが、RICOH CX6 用の最新ファームウェア V1.26を公開しています。

 RICOH CX6は、コンパクトなデジタルカメラでありながら、その優れた描写性能、マクロ撮影機能で人気のカメラです。いっときはかなり高価なカメラでしたが、他にも高級コンパクト機が多数出てきたこともあり、ずいぶん安くなりましたね。

 今回のファームウェアアップデートでは、「広角側で撮影する際のAF精度を向上しました。」とのことです。よりシャープな画像が期待できそうです。

2012年5月28日 (月)

USB3.0 外付けSSD 128GBが8,980円!と格安に。

 amazonのタイムセールで、BUFFALO ターボPC EX対応 USB3.0用 外付けSSD 128GB SSD-PE128U3が、8,980円と格安販売されています。

 HDDじゃないですよ。SSDですよ。SSDも安くなってきましたね〜。でも、できれば最低でも256GBの容量は欲しいところ。Macの場合、OSでRAIDが組めるので、2つ買ってRAID 0構成で使ってみるのもおいしいかもしれません。
 残念ながら、Macは現状USB 3.0に対応していないので、USB 2.0での利用になっちゃいますけどね。

 こちら、8,980円と格安で買えるのは、上記のタイムセールのリンクからだけですよ。通常の商品リンクから購入すると、そこまで安く(通常価格は11,524円)ありません。
 執筆時現在、赤モデルが45個以上、黒モデルも40個以上在庫があるようです。個数限定、時間限定のタイムセールですから、必要な方はお早めに。

2012年5月27日 (日)

毎日+スポニチのTAP-iが、iPhone/iPad用電子新聞として秀逸な件。

 産経新聞が、産経新聞HD - 株式会社産経デジタルで先鞭をつけたiPad用のニューズリーダー。こちらは、新聞記事をそのままのイメージで、iPad上で再現するというものでした。年寄りにはわかりやすいけど、あくまで新聞。美しいグラフィックとか音声再生、動画再生などは一切なし。つまり、古臭い。

 今回ご紹介する、毎日新聞+スポーツニッポンのiPhoneおよびiPad用電子新聞リーダー、毎日+スポニチ - THE MAINICHI NEWSPAPERSは違います。iPadの機能をフルに活かすべく秀逸なデキです。→毎日+スポニチ - THE MAINICHI NEWSPAPERS

 このTAP-i自体は無料ですが、新聞のコンテンツはもちろん有料。ただし、今のところお試し期間となっており、8月末まで無償で、毎日新聞の記事、スポニチの記事、秀逸な写真などを楽しむことができます。

 8月末までは無料で楽しめますが、その後は月額900円(毎日新聞と併読の場合は月額500円)。年間購読料だと9,500円のようです。しかし、年間9,500円で下記のようなインタラクティブな記事に触れることができるのなら、かなりお得と思うのですけど、みなさんはどう思われますか?

 小さなiPhoneの画面でも、十分に楽しめますが、写真の迫力など最大限に享受したいのであれば、iPadで見るのが最高です。

Img_0032

 上のスクショは、iPadで見た場合の、昨日配信の記事の表紙。インデックスは、毎日新聞のインデックスと、スポニチのインデックスがそれぞれ用意されています。

Img_0036

 ↑毎日新聞のインデックス

Img_0035

 上のスクショのように、ニュース速報を見ることもできますし、記事閲覧中などに目次から読みたい記事に飛ぶことも可能です。

Img_0033

 バレーボール好きには、上のような記事を読むことができるだけでお腹いっぱいですね。毎日新聞及びスポーツニッポンといえば、日本一歴史のあるバレーボール大会、黒鷲旗のメインスポンサーです。来年から、黒鷲旗の記事をiPadで読めるのかと思うと胸熱です。

 次にiPadで配信される記事と、iPhoneで配信される記事の見え方の違い、表示の違いについて触れておきます。 

Img_0037

 ↑こちらは、iPadで見た場合。非常に見やすいですね。

Img_4921

 ↑画面の小さなiPhoneの場合、上のような表示になります。基本的に写真だけが表示され、写真を指でタップすると写真が暗くなり、上のように文字も表示されるという仕組み。

Img_0038

 ↑これは、iPadで横向きに記事を表示した場合の表示例です。

Img_0039

 ↑もちろん、iPadで縦向きに表示することもできます。このあたり、さすがです。

Img_4922

 ↑一方iPhoneだと、画面の小ささもあって、写真と記事が別表示。また、記事も数ページに分かれて表示されますから、指でフリックしてページを繰ってきます。

Img_4923

 ↑iPhoneでも、縦・横どちらでも表示は可能です。字の大きさも、裸眼で普通に読める大きさでした。

 最後に、iPhoneで毎日、スポニチそれぞれのインデックスを表示させた場合です。

Img_4916

 ↑毎日新聞のインデックスです。

Img_4917

 ↑スポニチのインデックスです。

 これが月額900円、年間9500円で楽しめるのであれば、かなりお買い得と思います。

 難点は、素晴らしい写真の数々、動画や音声記事(音声合成ですから、こちらはそれほど容量を食わないはずですが)のおかげで、毎日の配信量が200MB以上ある、ということでしょうか。1日200MBだと、10日で2GB、1ヶ月で6GBですからねぇ。おいらの(というか、正確にはおかんの)iPadは64GBのフラッシュドライブですけど、それが心もとなくなりますよね。

 ともあれ、百聞は一見にしかず。ぜひ、ご自分の目で、毎日+スポニチ - THE MAINICHI NEWSPAPERSを確かめてみてください。素晴らしい写真の数々に驚嘆できますし、撮影好きの方は勉強にもなりますよ。いや〜、こいつはほんとに素晴らしいです。おすすめ!

ASUSTekのLGA1155/Z68系チップセット/Ivy BridgeでPCI-Express 3.0対応マザー、P8Z68-V PRO/GEN3が時間限定で格安の15,980円です。

 ゲーマー向きハイエンドマザーではないんですけど、安定性や拡張性、コスパなど非常にバランスのいいマザーボードが、amazonのタイムセールでお安くなっています。

 一般的には、まだ2万円程度するマザーですから、5千円ほど安く買えるってことですね。ただし、数量30個限定のタイムセール商品ですから、上のリンクに商品がない場合、売り切れということになります。通常の商品リンクから購入すると、通常価格になりますからご注意を。

 それから、当然のことながら、Ivy BridgeのCPU、PCI-Express 3.0対応したビデオカードじゃないと、このマザーの特徴は活かせませんよ。PCI-Express 2.0でよければ、ビデオカードも安くすみますけどね。でもその場合も将来性を考えて、CPUだけはSandyではなく、IvyBridgeにしておきましょうね。

 このブログはMacメインでPCはほったらかしなんですけど、amazonが珍しくマザーボードをタイムセールしてるので紹介してみました。ちなみに、タイムセールでPCI-Express 2.0のグラボも安いですよ。

iPhone/iPod touch/iPadのiOS端末にも、Android端末にも対応した無線LANワンセグチューナー TAXAN MeoTune(MEO-WIFI-1SEG)が期間限定で格安です。

 iPhone/iPod  touch/iPadのiOS端末にも、Android端末にも対応したTAXAN MeoTune Android iOS 対応 ポータブル WLAN ワンセグチューナー MEO-WIFI-1SEGがamazonのタイムセールで格安、5,980円です。

 タイムセール商品ですから、通常の商品リンクから購入してはダメですよ。上のリンクから購入してくださいね。タイムセールですから、時間が来ればなくなりますし、限定50個ですから、売り切れたら買えません。

 このブログでは、EyeTV HDをごり押ししていますし、EyeTV HDのユーザーなら、こんなワンセグチューナーのお世話にならなくても、自宅のEyeTV HDから、録画したテレビ番組や現在放映中のテレビ番組を、iPhoneやiPad、MacやPCのSafariでロケフリ視聴できるわけですけどね。
 EyeTV HD関連の記事は、当ブログ右上に「サイト内検索」という検索窓がありますので、そちらに"EyeTV HD"と入力していただければ、20個以上の記事がヒットするかと思います。ご興味のある方は、一度ご覧くださいませ。

 とはいえ、ガラケーのようにワンセグチューナーの付いていない、iPhoneで手軽にワンセグをという場合、このようなチューナーは便利かもしれません。私も、EyeTV HD導入前に、BUFFALO 【2012年発売iPad/iPhone 4Sにも対応】 iPhone/ iPod touch / iPad 用 ワンセグチューナー ちょいテレi DH-ONE/IPを購入し、便利に使っておりましたから。

 バッファローのちょいテレiは、iPhoneに直接取り付けるタイプ。今回紹介しているTAXANのMeoTuneは、WiFi(無線LAN)経由でiPhoneやiPadにテレビ番組を飛ばしてくれるタイプです。
 ワンセグチューナーは、窓際に置いておかないと受信感度が悪いことがありますが、TAXANの用なタイプであれば、チューナー自体は窓際の電波状況の良い所において、iPhoneやiPadは部屋の中で視聴、ということが可能です。一応、チューナーとiPhoneやiPadの間が8m程度の距離であれば、充分使えるそうですよ。
 一方のちょいテレiは、iPhoneやiPadに接続して使いますから、視聴のためには窓際へ行くとか、電波状況の良いところを探して移動する必要があります。

 EyeTV HDユーザーには、全く無用の物件ですが、タイムセール商品としては珍しいのでご紹介しておきますね。

Aperture 3.2.4

 Appleが、画像管理&RAW現像ソフトウェア、Apertureの最新版、Aperture 3.2.4を配布しています。ソフトウェアアップデート経由でどうぞ。

Aperture_324

Aperture 3.2.4 で追加された修正

  • Mac OS X Snow Leopard での安定性が向上します。
  • 外部エディタを使用して写真を編集した後に“ビューア”が正しく更新されない問題が解決します。

Aperture 3.2 での修正

  • iCloud および iOS 5 の互換性の問題に対処しています
  • 写真をトリミングしているときに“読み込み中”インジケータがビューアに再表示される問題を解決しています
  • アプリケーションの終了時にフルスクリーンモードだった場合、再度起動すると自動的にフルスクリーンモードになります
  • ピンチでズームのジェスチャを使うと、ビューアで“拡大/縮小”モードが自動的に有効になります
  • ビューアで左右のスワイプジェスチャを使って写真間を移動できるようになります
  • “環境設定”で、写真を送信するメールアプリケーションに Microsoft Outlook を選択できるようになります
  • OS X Lion で実行している場合、ブラシで調整しているときに予期せず終了する問題が修正されます
  • ルーペの 50 ~ 100% の拡大率が正しく表示されるようになります
  • OS X Lion で実行している場合、外部編集したイメージのカラープロファイルが間違って表示される問題が修正されます
  • Aperture に読み込んだ写真を iPhone および iPad から削除するオプションが“読み込み”ウインドウに追加されます
  • “分割表示”および“ビューア”のみのモードのときに、“リフトとスタンプ”ツールのカーソルが正しく表示されるようになります

このアップデートは、Aperture 3 のすべてのユーザに推奨されます。」

とのことです。

600倍速で32GB容量の高速、格安(4,499円)コンパクトフラッシュカード(CF)、WINTEC 3FMCF32GBP-Rの在庫復活!

 以前のブログでお知らせした、 600倍速で32GB容量の高速、しかも格安(4,499円)なコンパクトフラッシュカード(CF)、WINTEC 600倍速コンパクトフラッシュ 32GB 3FMCF32GBP-Rの在庫が復活しています。この価格で提供してくれるのは、上海問屋。当然、おいらもポチッとな。

 前回は、この記事を書いて1時間ほどで売り切れましたから、欲しい方は大至急ポチッとな。

 USB2.0のカードリーダーではその性能を生かし切れないくらいの高性能。USB2.0カードリーダーでのベンチマーク記事はこちらをご参照くださいね。

 現在、おいらが使っている最も高速なCFは、PhotoFast G-Monster 533倍速 32GB(GM-533CF32SL)なんですけど、WINTECのは非常にコストパフォーマンスが高いです。「WINTEC FileMate Compact Flash Professionalは、高速な読み込み、書き込み速度(読込90MB/s 書込45MB/s)、高い耐久性などプロカメラマンの要求に応える品質を備えています。」という、うたい文句通りの性能・耐久性で、この価格なら買いです。

 高速性能は確かですけど、耐久性までは今のところ不明。でもって、2年保証ですけど、日本国内でその保証が有効なのかどうかも不明。でも、同程度の性能のCFカードは、一般的に1万円ほどしますので、安さに惹かれて買ってみるのもありでしょう。

  • メーカー:WINTEC
  • 容量:32GB
  • 読込速度:最大90MB/s
  • 書込速度:最大45MB/s
  • その他仕様:UDMA6対応
  • 製造国:アメリカ
  • 保証:2年間

 ちなみに、このWINTEC 600倍速 アメリカ製 コンパクトフラッシュ 32GB 3FMCF32GBP-Rですが、上海問屋は楽天にも出店していますから、楽天経由で購入することも可能ですよ。もちろん、お値段は同じです。楽天で購入されたい場合は、下の画像をクリックしてくださいませ。

 さらに大容量のCFカードをお探しなら、64GBのモデル、128GBのモデルもありますから、こちらの記事からどうぞ。

2012年5月26日 (土)

日本語組版に優れたDTPアプリケーション EDICOLOR 10(Mac版・Windows版とも)が40%オフの18,900円と格安です。

 ベクターPCショップで、日本語組版に優れたDTPアプリケーション EDICOLOR 10(Mac版)(通常31,500円)とEDICOLOR 10(Windows版。こちらも通常価格31,500円)が40%オフの18,900円と格安でダウンロード販売されています。

 しかし、昔は10万円を超える価格設定だったEDICOLORですが、安くなりましたね。ちなみに、旧バージョンのEDICOLOR 9.0 Windows 対応版は、amazonで執筆時現在117,271円という価格です。
 DTPといえば、QuarkXPress、そしてごく少数派のPagemakerという時代に、ほぼ唯一の国産DTPアプリケーションとして孤軍奮闘してきたアプリケーションがEDICOLOR。もちろん、当時はDTPと言えばMacの時代で、EDICOLORもMac版だけだったですけどね。

 当然、EDICOLOR 10のMac版もベクターで扱っているはずなんですけど、今のところ見つからず。見つかったらまたブログでご紹介しますね。今は時代も代わり、Adobe InDesignがDTPの主流でしょうか。こちらも安くなったとはいえ、まだ10万円近い価格ですね。

2012年5月25日 (金)

フォルダ内のファイルを棚に並べたように表示してくれるファイル管理アプリ、DesktopShelves(通常1300円)が期間限定で85円と格安です。

 先ほどに引き続き、Mac App Storeの値下げ情報なのですけども・・・

 タイトル通り、フォルダ内のファイルを棚に並べたように表示してくれるファイル管理アプリ、DesktopShelves - Kitestack Software(通常1300円)が期間限定で85円と格安です。→DesktopShelves - Kitestack Software

 有用か、有用でないかは、人によって異なるとは思いますが、通常1300円と簡単には買えない価格のソフトウェアが、たったの85円ですからご紹介しておきますね。

Desktopshelves

 上図のようにフォルダを棚に並べたような状態で表示できます。でもって、ファイルをクリックすると、

Desktopshelves_2

 上のスクリーンショットのように表示され、編集可能なアプリを選んで起動することもできます。

Desktopshelves_3

 さらには、複数のフォルダを表示することもできますので、2つのフォルダを表示すると、上のスクリーンショットのように棚が2つ並んだ形になります。

 棚の長さはドラッグすることで、自由に伸縮可能です。ファイルの間隔や角度も設定可能です。

 気の利いたアプリだと思いますけど、通常価格1300円だとなかなか手を出しにくいところ。85円なら余裕で買えちゃいますけどね。

アプリケーションランチャー、Essentials(通常600円)がMac App Storeで無料で配布されています。

 アプリケーションランチャのEssentials - habitatus(通常600円)が、Mac App Storeで無償配布されています。いつも通り、期間限定でしょうから、必要な方はお早めに。→Essentials - habitatus

Essentials

 Essentialsは、上のスクリーンショットのように、アプリケーションをカテゴリ毎に整理できるアプリケーションランチャ。OS X Lionには、Apple純正のLaunchpadがあるわけですけど、よく使うアプリはEssentialsに登録して、ショートカットキーで起動という方が便利かもしれません。
 Essentials自体は、メニューバーに常駐してくれますので、ショートカットキー以外にもメニューバーから起動することもできます。ふつうに便利なランチャーですよ。

シーリングライトはLEDが蛍光灯を逆転したそうです。そりゃ、3800ルーメンほどの明るさが1万円を切る価格で買えるんだから当然かもね。

 シーリングライト(天井に直接取り付けて部屋全体を照らす照明器具)の2012年3月の販売台数で、LED(発光ダイオード)タイプが蛍光灯を追い抜いたそうです。
 というわけで、おいらもおかんの部屋用に1台調達。有名メーカー製は高い!(ちょっといいやつだと、値段下がりまくりの液晶テレビ並みの4〜5万円。)ので、コスパ重視で1万円程度のものを物色。
 結局購入したのは、ルミナスLEDシーリングライト WY-3800D(執筆時現在、amazonで9,780円)。DOSHISHAというメーカーですが、家電量販店のコジマなどでも、ほぼ同じ価格で販売されています。

Img_4887

 LEDですから、40,000時間の長寿命と蛍光灯とは比較にならない耐久性です。蛍光灯のように直管やサークラインの交換は必要ない(蛍光灯の寿命は10000時間程度なので、LEDと同じ時間使おうとすると4回交換する必要がある。)ので、その点でも経済性は上でしょう。明るさは3,800ルーメンで消費電力は63Wです。
 上の写真は、iPhoneで撮ってますので、かなり暗く補正されていますが、部屋全体は本当に明るくなりました。おかんも本が読みやすくなったと大喜び。

Img_4888

 ただ、安いには安いなりの理由があって、高級機種はリモコンで10段階くらい明るさ調整ができたり、さらには色調も変えることができるのですが、この機種は調光は2段階のみ。つまり、輝度最大→輝度半分→常夜灯→消灯となっています。また、タイマー機能もありません。
 おかんの部屋用なので、そもそも照度は最大でしか使わないので、これでいいのですけどね。巷では、LEDの照明器具はノイズが出たりするそうですが、このモデルはそのようなこともありませんでした。当たりだったのかもしれません。
 さらにはカバーを外すと、写真のようにLEDがむき出し。いや、カバーの中に入っているわけで、別においらはかまわないのですけどね。

 この明るさが9千円台で買えるのであれば、お買い得と思います。心配なのは装置寿命ですが、これはLEDだけに期待しています。そもそも、壊れそうなところってないからね。

 こちらのドウシシャ WY-3800Dの色は昼光色。6500〜6800K程度と思われます。昼白色がお望みなら、同じくらいの価格でアイリスオーヤマ IRLDHCL3560N-EF1 [LEDシーリングライト (6~8畳用) 3500lm ホワイト](執筆時現在、amazonで11,660円)があります。こちらは、昼白色(5000K)ですので、部屋で写真の編集などをされる方にはこちらのほうがいいでしょうね。もっとも、演色性は80Raですから、高演色とは言いがたいです。シビアに写真の色を評価するなら、演色AAAの直管を使うしかありません。

 話が横道にそれましたが、アイリスオーヤマのはちょっとお高いこともあって、調光が4段階だったり、3500ルーメンで消費電力は41Wだったり、差額分のメリットはありますね。

 ドウシシャ WY-3800Dの倍のお値段を出せば、Panasonic LEDシーリングライト(調光・調色)~8畳 HH-LC560A(執筆時現在、18,400円)なども購入可能です。

 こちらはパナソニック製だし、made in Japanだし、Ra85だし、6500K→3000Kと色調も変えることができるし、高いだけのことはありそうです。おいらは買えないけども。

アメリカのYahoo!、iPhoneやiPadなどのiOS向けに新ブラウザAxisをリリース! でも、日本はまだみたい・・・

 なんと、ここにきてUSAのYahoo!が、検索に特化した新型ブラウザ Axisをリリースしました。非常に残念なことに、日本のiTunes Storeにはまだ見当たりませんが、近いうちに日本でもリリースされれば、便利に使えそうです。

Img_0030

 検索に特化したと書きましたが、上の画像のように検索結果が横並びに出てきます。もちろん、フリックでどんどん横送りできます。また、画像のように検索自体は、日本語でも大丈夫です。

Img_0031

 さらに2つめの画面を開くと、デフォルトで上のような画面に。iPhoneやiPadを購入時に、USAのYahoo!メールのアドレスを作成した方もおられると思いますが、そのIDがあればこれらは自由に編集可能です。これら2つの画面はiPadのスクリーンショットですが、

Img_4895

もちろんiPhoneでも使えます。画面の狭さはいかんともしがたいわけですけれども。

Img_4897

Img_4898

 検索機能自体はふつうに日本語で動作しますし、日本のiTunes Storeに早く並んでほしいものですね。ちなみに、無料です。

2012年5月24日 (木)

Mac OS X用htmlコーディングソフト Coda 2が、Mac App Storeで本日限り半額!と格安です。

 Mac OS X用htmlコーディングソフト Coda 2 - Panic, Inc.が、Mac App Storeで本日限り半額!と格安で販売されています。→Coda 2 - Panic, Inc.

 Codaは、定番のWeb制作ソフトウェア Adobe Dreamweaverから乗り換える人もいるほどの、本格的なHTMLコーディングソフト。一番の売りは、開発元の定評あるFTPクライアントソフトのTransmit - Panic, Inc.と一体化されているところ。

 Transmitは、Mac用の定番FTPクライアントソフトですが、Coda 2は、エディタ機能やファイル管理機能、ターミナル機能、CSSコードエディタ、MySQLエディタに加え、この定評あるFTP機能も組み込まれた、統合型Web構築ツールです。
 通常価格の8,500円ではなかなか手が出ませんけど、必要な方は、ほぼ半額の4,300円のうちに、今日中に購入しておきましょう。Panic社のソフトウェアは、なかなか値下げされませんからね。

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 3.13

 Appleが、「デジタルカメラ互換性アップデート 3.13」を配布しています。ソフトウェアアップデート経由でどうぞ。

313

デジタルカメラ互換性アップデート 3.13

このアップデートにより、Aperture 3 および iPhoto '11 に以下のカメラの RAW ファイルフォーマットとの互換性が追加されます:

サポートされている RAW フォーマットについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください:http://support.apple.com/kb/HT4757?viewlocale=ja_JP

とのことです。

2012年5月23日 (水)

堅牢かつエレガントなファイルマネージャー兼FTP/SFTPクライアントソフト FolkLiftが、期間限定85円で格安販売中。

 堅牢かつエレガントなファイルマネージャー兼FTP/SFTPクライアントソフト ForkLift - BinaryNights(通常2,600円)が、バージョンアップを記念し、期間限定85円で格安販売中です。→ForkLift - BinaryNights

Forklift_1

Forklift_2

 ForkLiftは、2つの機能があります。

  1. デュアルペインのタブ機能付きファイルマネージャー
  2. FTP, SFTP, WebDAV, Amazon S3, iDisk, SMB, AFP, NISを使ったリモートボリューム、あるいはシェアされたボリュームに接続するためのFTP/SFTPクライアント機能

 たった85円で、高機能なFTPソフトをゲットするチャンスですよ。期間限定ですから、必要な方はお早めに。

 私は、TransmitCyberduckの2つのメジャーなFTPクライアントをすでに持っているのですけど、値段の安さにつられてForkliftも買っちゃいました。通常2,600円が85円と言われると、ついついポチッとしてしまいます。
 実際のところ、そんなにたくさんFTPクライアントがあっても意味ないんですけども。

2012年5月22日 (火)

サンワサプライ決算セールで、あのiPad車載ホルダーも値下げされました。

 サンワサプライの商品を扱う、サンワダイレクト半期に一度の大決算セールを実施中です。

 おいらも購入予定の、iPad車載ホルダーも、値下げされています。

 サンワサプライですから、DVDトールボックスやiPad用Bluetoothキーボード、iPhoneやiPad用の防水ケース、iPhone用カメラ等々、あれば便利なものがけっこう揃っています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

2012年5月20日 (日)

600倍速で32GB容量の格安高速コンパクトフラッシュカード(CF)、WINTEC 3FMCF32GBP-R届きました。軽くベンチマークなど。

 先日のブログでご紹介した、600倍速で32GB容量の格安高速コンパクトフラッシュカード(CF)、WINTEC 3FMCF32GBP-R届きました。というわけで、軽くベンチマークテストなど。
 ただし、うちには超高速なカードリーダーがありませんので、暫定版です。一応、ExpressCard版のカードリーダーを発注してますので、それが届きしだい、もう一度測定しなおす予定です。本来は、Thunderboltのカードリーダーがほしいのですけど、まだまだあっても高いですから、ExpressCard版で我慢です。

Wintec_32gb_a

 届いたパッケージは、こんな感じ。ブリスターパックされた新品です。しかし、600倍速32GB容量の高速大容量CFが、わずか4,500円ですよ。お買い得でした。

Wintec_32gb_b

 パッケージの裏面です。CompactFlash 4.1 Standardとありますから、UDMA6対応です。最新バージョンじゃないですけど、おいらのEOS 40Dには、豚に真珠状態ですね。

Wintec_32gb_c

 中身を取り出してみました。何の変哲もない、ごく普通のCFカードです。

Wintec_32gb_d

 裏面には、右下にしっかりMade in USAとプリントされています。中身のフラッシュメモリがどのメーカーかわかりませんが、チャイナフリーなのは嬉しいところ。

Wintec_600x_32gb

 さっそく、Xbench 1.3で計測。ただし、カードリーダーは写真のUSB 2.0接続の安物ですから、USB 2.0の低速さがボトルネックになるのは明らかです。が、けっこういい数字ですね。USB 2.0接続のカードリーダーということを考えあわせれば、ほぼカードリーダーの性能いっぱいというところでしょうか。

Results    38.13   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.6.8 (10K549)
        Physical RAM        8192 MB
        Model        MacBookPro8,1
        Drive Type        Generic Storage Device
    Disk Test    38.13   
        Sequential    39.72   
            Uncached Write    40.85    25.08 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    44.02    24.90 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    25.68    7.52 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    68.61    34.48 MB/sec [256K blocks]
        Random    36.67   
            Uncached Write    13.41    1.42 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    35.90    11.49 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    823.12    5.83 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    182.95    33.95 MB/sec [256K blocks]

 参考までに、同じカードリーダーを使って計測したPhotoFast G-Monster 533倍速 コンパクトフラッシュカード読込80MB/s 書込40MB/s GM-533CF32MLが、こんな数値でした。

Ultra_photofast

 比較すると、今回格安で購入したWINTEC 3FMCF32GBP-R、かなりの高性能です。カードリーダーが完璧にボトルネックになってますから、SATA接続、あるいはThunderbolt接続のリーダーを買ってこないとベンチになりませんね。世間一般では、USB 3.0接続のリーダーなんでしょうけど、現行Macだと対応してないのよね・・・  そうそう、今回使ったカードリーダーは、499円のDN-CR8501XC10です。コスパは最高ですよ。

Cf_reader

 このカードリーダも、上海問屋で購入できます。たったの499円で35MB/sの高速リーダーです。購入は、こちらからどうぞ。
 以上、暫定版ベンチマークでした。ExpressCardタイプのカードリーダーが届いたら、また書き直しますね。

600倍速 64GB容量の超高速・大容量コンパクトフラッシュカード(CF)、WINTEC 3FMCF64GBP-Rが格安です。

 先日このブログで、WINTECの600倍速 32GB コンパクトフラッシュカード(32GB 3FMCF32GBP-R)が格安だとご紹介しましたが、こちら大人気のようで数時間で完売してしまいました。SDHCに押され、CFカードユーザーは少ないものと思っておりましたが、やはり超高速で大容量のCFカードの需要は大きいようです。

 で、今回は、同じWINTECの128GB!と超大容量なCFカードのご紹介です。さすがに値段が張りますが、128GBあればEOS 7DでフルHD動画を撮っても余裕がありそうですね。こちらのWINTEC 600倍速コンパクトフラッシュカード(CF) 128GB (3FMCF128GBP-R)を販売しているのは、前回と同じ上海問屋さん。128GBという容量だけあって、お値段も27,999円とかなりのものですけど、買えちゃう人は買っちゃうんでしょうね。

 そこまでの大容量は不要。64GBで十分とおっしゃる向きには、これは格安とも言えるWINTEC 600倍速 コンパクトフラッシュ 64GB 3FMCF64GBP-Rがあります。こちらは、600倍速64GB容量ながらお値段11,899円と格安です。

 例えば、同じ600倍速ならコストパフォーマンスの優れていることで有名なTranscend 600倍速 コンパクトフラッシュ(CF) 32GBがありますが、こちらはほぼ同じ性能で容量は32GB。で、お値段11,380円ですから、容量が倍の64GBでお値段11,899円の「WINTEC 600倍速 コンパクトフラッシュ 64GB 3FMCF64GBP-R」がいかに安いかお分かりいただけるかと・・・

 当方、先日のWINTEC 600倍速コンパクトフラッシュ 32GB 3FMCF32GBP-Rを購入し、本日届く予定なんですけど、ベンチの結果が良ければ買い増し予定でした。が、先にお伝えしたとおり、買い増しどころか瞬殺で完売。仕方ないので、この64GBモデルのWINTEC 600倍速 コンパクトフラッシュ 64GB 3FMCF64GBP-Rを買い増ししてもいいかな?、と考えているところです。信頼性や耐久性は、トップメーカーのSanDisk Extremeシリーズに比べ不安が残りますが、なんせ値段が違い過ぎます。WINTEC製のCFは、今回はじめての購入ですが、実戦で問題なければまちがいなく買い増しするでしょうね。って、のんびりしてる間に、こちらも売り切れたりするんでしょうけど。

 というわけで、2回連続格安コンパクトフラッシュカードのご紹介でした。なお、上海問屋は楽天にも出店してますから、そちらで購入することもできますよ。楽天がお好きな方は、下の画像からどうぞ。

WINTEC 3FMCF64GBP-R 【あす楽対応】[★]

WINTEC 3FMCF64GBP-R 【あす楽対応】[★]
価格:11,999円(税込、送料別)

2012年5月18日 (金)

600倍速で32GB容量の高速コンパクトフラッシュカード(CF)が、4,499円と格安(WINTEC 3FMCF32GBP-R)です。

 最近は、デジタル一眼を含むデジカメも高画素化し、大容量のコンパクトフラッシュカードが必要になって来ました。今や、SDHCカードやSDXCカードではなく、CFカードを使うのはハイアマチュアおよびプロ向けの一眼レフだけになりつつありますが。
 そんなわけで、SDHCカードに比べ、なかなか価格の下がらないCFカードなのですけど、今回のはかなり安いです。モノは、WINTEC 600倍速コンパクトフラッシュ 32GB 3FMCF32GBP-R。上海問屋で扱っています。が、中国製ではなくアメリカ製とのこと。本当にmade in USAなのかな? 興味があったのでポチッとな。

 現在、おいらが使っている最も高速なCFは、PhotoFast G-Monster 533倍速 32GB(GM-533CF32SL)なんですけど、WINTECのは非常にコストパフォーマンスが高そうです。「WINTEC FileMate Compact Flash Professionalは、高速な読み込み、書き込み速度(読込90MB/s 書込45MB/s)、高い耐久性などプロカメラマンの要求に応える品質を備えています。」という、うたい文句通りの性能・耐久性であれば、買い増しもありですね。CFカード自体、今後どんどん需要は減っていくのでしょうけど、この価格なら買ってもいいと思えます。

  • メーカー:WINTEC
  • 容量:32GB
  • 読込速度:最大90MB/s
  • 書込速度:最大45MB/s
  • その他仕様:UDMA6対応
  • 製造国:アメリカ
  • 保証:2年間

 ちなみに、このWINTEC 600倍速 アメリカ製 コンパクトフラッシュ 32GB 3FMCF32GBP-Rですが、上海問屋は楽天にも出店していますから、楽天経由で購入することも可能ですよ。もちろん、お値段は同じです。楽天で購入されたい場合は、下の画像をクリックしてくださいませ。

 お一人様1個限りなんですけど、これだけ安いともう1つ欲しいな。届いたら、簡単にベンチマークしてみますね。ま、おいら使ってるのがEOS 40Dなんで、このスペックなら、RAWでカタログ性能値通りの連射ができると思いますが。

Macの数少ないビジネス用アプリ、見積書作成.appがMac App Storeで半額になっています。

 Macの数少ないビジネス用アプリ、見積書作成 app - Kunio Arai(通常900円)が、Mac App Storeで半額の450円で販売されています。→見積書作成 app - Kunio Arai

Mitsumori

 英語バージョンだと、Invoice作成Appなど、けっこう豊富にあるんですけど、日本人作者による日本語バージョンは、珍しいですね。それだけに、SOHO向けというか、フリーランス向けのいいソフトに育って欲しいと思います。

 会計ソフトとか、給与計算ソフトとか、販売管理システムだとか、そういうのはMacの世界では不毛の地になってますし、開発者の参入余地は逆に大きいと思うんですけどね。

 昔から、定型作業アプリのDOS & Windows。創造的アプリのMacみたいな感じで来てますけど、Windowsにもこれだけ創造系・制作系アプリが増えてきてるんだから、Macにも定型アプリというかビジネスアプリが増えてほしいものです。

2012年5月17日 (木)

amazonで、マイクロソフト製ソフトウェアがダウンロード購入可能に。

 ちょっと前から、amazonでマイクロソフト製アプリケーションソフトのダウンロード購入が可能になっています。
 もちろん、Windows版のMicrosoft Office Personal 2010も、Mac版のMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011も購入可能です。さらにはWindows OSのMicrosoft Windows Anytime Upgradeパック Home PremiumからProfessionalなんかも揃ってます。

 これらがダウンロード購入できるのは、amazonのマイクロソフト ダウンロードストア。価格的にもamazonですから、他で買うより安いように思います。

 当方、Macで使っているOfficeは久しく2004のまま。これがPowerPCアプリなので、現行のOS X Lionでは使えないという・・・ もちろん、MacBook AirにはParallels Desktop 7 for MacにWindowsがインストールしてあって、その中にはOffice 2003(これまた少々古いですが)もインストールしてあるので、特に困りはしないのですけどね。

 しかし、Windows版もそろそろ乗り換えないと、リボンインターフェースに全く馴染む機会がないというか、お客さんのところのPCでExcelを触る際に戸惑うというか・・・

 また、Excelだけアップデートしたい、Wordは不要という場合、amazonのダウンロードストアから、Microsoft Office Excel 2010 アップグレード優待 [ダウンロード]をダウンロード購入すれば、わずか6,493円(執筆時現在)で最新版のExcel 2010が入手できます。
 しかも、ダウンロード購入ですから届くまでの配送タイムラグもなく、リアルタイムにインストールできます。なお、購入後は何度でもダウンロードできますから、いざ再インストールする際に、パッケージ版のようにCDが見つからないとか、ライセンスキーが見つからないといったトラブルも生じません。

 中には、パッケージ版じゃないとダメ、CDがないとダメ、という方もおられるでしょうけど、おいらはiTunesで音楽をダウンロード購入するようになってからは、CDは邪魔!という考えに変わりつつありますから、ダウンロード購入のほうが便利でいいです。

 というわけで、Excel 2010はアップグレードしておこうかな。正直、Office 2003で機能的には全く困ってないのですけどね。

2012年5月16日 (水)

MacでWindowsを動かすための定番アプリ、VMware Fusion 4が、春のキャンペーンで超特価! さらに・・・

 MacでWindowsを動かすための定番アプリ、VMware Fusion 4が、春のキャンペーンで超特価!の4,500円でダウンロード販売されています。
 さらに今回より、ライセンスの変更があり、「1つのライセンスキーで ご自宅でお使いの全ての Mac にVMwareFusion 4 をインストールすることが許可されました。」とのこと。つまり、Mac App Storeで販売されているアプリケーションと同じ、ライセンス体系になっているようです。これは大きいですね。

 今回、VMware Fusion 4を特価販売しているのがact2。なお、act2のVMwareが全て安くなっているわけではなく、こちらの春のキャンペーン特価版 iconだけが、キャンペーン特価の4,500円ですから、ご注意くださいね。

 Windowsをインストールするとなると、Windows OSは当然必要になるんですけど、その他HDDにも十分な空き容量を、さらにメモリは最低でも8GBにしておいたほうが無難ですよ。メモリなんかは、昔と比べるとただみたいに安いですから、ぜひ8GBにしておきましょう。懐に余裕のある方は、16GBにしておけば完璧です!

FinePix X100 のファームウエア Ver.1.30

 富士フイルム(FUJIFILM)が、APS-CサイズCMOSを搭載した高級コンパクトデジカメ、FinePix X100最新ファームウェア、Ver.1.30を配布しています。

 今回のファームウェアアップデートでは、近日発売予定のワイドコンバージョンレンズ WCL-X100に対応した機能追加が実施されています。詳細は、

  1. 撮影メニューに、ワイドコンバージョンレンズWCL-X100に対応した機能を追加しました。 また、Fn/RAWボタンの機能にWCL-X100に対応した機能を割り当てることができます。
  2. 以下の操作において設定したAE/AF LOCKを保持するようにしました。 EVFまたはLCDで「AFエリア」をAFエリアポイント49点の内側の25点のエリアで選択してOVFに切り替えた場合。 なお、以下の操作では設定したAE/AF LOCKは解除されます。 EVFまたはLCDで「AFエリア」をAFエリアポイント49点の外周部分に選択してOVFに切り替えた場合。 (「AFエリア」をAFエリアポイント49点の外周部分に選択する場合はEVFまたはLCDでご使用ください。)
  3. 撮影メニューでの感度AUTO制御設定時に、「低速シャッター限界設定」が即時反映されない現象を改善しました。

とのことです。

 なお、追加される機能については、「X100 追加機能について(FinePixX100 New Feature Guide)」というPDFが配布されていますので、詳細はこちらをご覧くださいね。

2012年5月14日 (月)

新しいiPadのRetinaディスプレイに対応し、カーナビにもなるMapFan for iPhoneが、本日限り900円!

 私も愛用している、カーナビソフト MapFan for iPhone(通常2,300円)が、本日限りたったの900円でゲットできます。

 個人的には、通常価格の2,300円でも十分に安い!と思うんですけどね。

 地図ソフトではありますが、カーナビとしても十分使用に耐えます。全く問題無いです。うちのW202は、パナソニックのDVDナビがついていますが、このDVDを最新版にするには2万数千円かかります。が、MapFan for iPhoneの地図データは、すでに最新版です。

Img_4794

Img_4795

 施設・地図/検索データを2012年3月度最新データになっていますし、新東名高速道路(御殿場JCT~三ヶ日JCT)開通、圏央道高尾山IC~八王子JCT、東武鉄道伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」などもちゃんと収録されています。

 私はiPhone 4にインストールして、サンワサプライのゲル吸盤車載ホルダー CAR-HLD5BKでフロントガラスにiPhoneを車載して使っています。十分に実用になりますよ。

 iPhoneの小さな画面では・・・という問題ですが、音声案内がしっかりしているので、画面を注視しなくても、十分ナビの機能を果たしてくれるのです。もちろん、iPadにインストールして使えば、iPadの広大な、そして非常に見やすい画面でナビゲートしてくれるわけで、これはもう最高でしょう。

 MapFan for iPhoneの一番の売りは、地図データを自前で内蔵していること。したがって、他のナビアプリのように、走行中に3G通信して地図データを受信することはありません。表示も早いし、的確です。900円なら、イチオシアプリですね。必要な方、ぜひ、本日中に買っちゃいましょう。本当におすすめです。

2012年5月13日 (日)

Mac Blu-ray Playerが、時間限定で無料! もちろん、Air X機能でiPhone/iPad/iPodでブルーレイを視聴できますよ。

 Giveaway of the Dayで、Macユーザーにはお馴染みのブルーレイ再生ソフトウェア、Mac Blu-ray Playerが時間限定で無償配布されています。あと、7時間ほどですよ。Mac版のみならず、Windows版もありますので、Windowsユーザーの方もぜひどうぞ。ダウンロード先はこちらです。

 なお、ブルーレイの視聴には、当然外付けブルーレイドライブは、必要になりますからね。これがないとブルーレイを見ることは物理的に不可能です。
 でも、1台買っておけば、バックアップ用途(25GBとか50GBとかの容量ですから、デジタル一眼レフのRAWデータの保存に便利です。)や、自分の映像をブルーレイ化したりすることもできるわけで、買っておいて損はないですよ。お値段も1万円程度とこなれていますし。

 おいらは、バッファローのBR-X816U2をamazonで購入し使っておりますが、どこのドライブでもそれほど変わらないかと思います。おいらがこれにしたのは、安かったから。
 ちなみにこのBR-X816U2で、Mac Blu-ray PlayerによるBDの再生、Roxio Toast11 Titanium Blu-rayプラグイン付によるBDおよびBD-REへの書き込み、ともに問題なくできています。

ご無沙汰しております

 たいへんご無沙汰しておりました。
 例年なら、GWは大阪府立体育館で行われる黒鷲旗で、うほほ〜い!とはじけてるところだったのですが、体調不良で寝て過ごしておりました。
 しかし、寝てばっかりのGWもなかなか良かったですよ。看護婦さんはみんな優しくて綺麗で、関西だしさらにおもろいし。というわけで、さほど退屈もせず過ごしておりました。
 が、ほんの2週間の程に、iOSは、5.1.1になってるわ、Mac OS X Lionは、10.7.4になってるわで、あっという間に浦島太郎状態です。
 そんなわけで、また今日からのんびりと更新していきますので、よろしくお願いいたします。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ