隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

Mac App Storeで、「15C Scientific Calculator」、「MenuPop」、「Sizzling Key」、「Archiver」が、期間限定で170円に値下げ中。

 先の記事に引き続き、Mac App Storeの値下げ情報です。

 Mac App Storeで、「15C Scientific Calculator(通常、1300円)」、「MenuPop(通常、450円)」、「Sizzling Key(通常、450円。)」、「Archiver(通常、1700円)」が、期間限定で170円に値下げ中です

(4) 15C Scientific Calculator - Vicinno Soft LLC(通常、1,300円が170円

 ヒューレット・パッカード社のかつてのハイエンド プログラマブル関数電卓、 HP-15C RPN(逆ポーランド記法)の正確かつ精密なエミュレーター。積分の実行、複素数および行列の計算をサポートに加えて方程式の根を解くことができます。→15C Scientific Calculator - Vicinno Soft LLC
 ちなみに、本家本元ヒューレット・パッカード謹製のiPhoneおよびiPad用の関数電卓App、Hewlett Packard 15C Scientific Calculator - Hewlett Packard(1300円)というのも存在します。たかがiOS用のApp1つに1300円というのは、すごく高いとお考えかもしれませんが、関数電卓HP 15cの実機(復刻版)は、amazonで1万円オーバーですから、考えようによっては安い買い物ですよ。→Hewlett Packard 15C Scientific Calculator - Hewlett Packard

(5) MenuPop - Binary Bakery(通常、450円が170円

 ホットキーもしくは右クリックで、アプリケーションのメニューをポップアップ表示させることができます。わざわざ、アプリケーションのメニューバーまで手を伸ばさなくてもいいのは、けっこう快適ですよ。→MenuPop - Binary Bakery

(6) SizzlingKeys - Yellow Mug Software(通常、450円が170円

 Macでどんな作業をしていても、フローティングウィンドウからiTunesを制御できるアプリケーション。→SizzlingKeys - Yellow Mug Software

(7) Archiver - Incredible Bee Ltd.(通常、1,700円が170円

 圧縮・解凍アプリ。→Archiver - Incredible Bee Ltd.

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。あ〜、書いてたらHPの電卓欲しくなってきた。

Mac App Storeで「Instant: ポラロイドメーカー」、「Timing - Time Tracking for Humans」、「BreakTime」が170円に値下げ中。

 Mac App Storeで、「Instant: ポラロイドメーカー(通常、450円)」、「Timing - Time Tracking for Humans(通常、700円)」、「BreakTime(通常、450円)」が、期間限定で、それぞれ170円に値下げされています。

(1) Instant: The Polaroid Maker - ThinkTime Creations LLC

 手軽にポラロイド写真のような画像を作成でき、作成した画像はFacebookやTwitter、Flickr、Tumblr、Picasaにアップロード、シェアできます。実物のポラロイドカメラのように、画像が浮かび上がってきます。→Instant: The Polaroid Maker - ThinkTime Creations LLC

(2) Timing - Time Tracking for Humans - Daniel Alm & Thomas Osthege

 Macの利用時間をトラッキングできるアプリケーションです。自動的に使っているアプリケーション、編集している文書ファイル、訪問したWebサイトをトラッキングし、集計することができます。→Timing - Time Tracking for Humans - Daniel Alm & Thomas Osthege

(3) BreakTime - excited pixel

 ワーカホリックに休憩時間を教えてくれるアプリ。ゲーマーにもいいかもね。→BreakTime - excited pixel

 日本語化されているのは、「Instant: ポラロイドメーカー」だけかな。

iLab Factory、次期iPhone5と思われるパーツで組み立てたiPhone 5の写真を公開。

 名古屋大須のiPhone修理専門店、iLab Factoryが、次期iPhone(iPhone 5 ?)用と思われるパーツで組み立てた、次期iPhoneの全体画像を多数公開しています。

Lg_iphone5_0711024x682

Lg_iphone5_0111024x682

 全体のイメージはiPhone 4/4sを踏襲しながらも、画面が大きくなっている分、さらに薄く感じられます。
 次期iPhoneとiPad miniは、9月12日のAppleの特別イベントで発表され、iPhone 5(という名称かどうかは不明ですが)は9月21日から販売開始、と伝えているメディアもあります。この画像通りの新型iPhoneが登場するのか、それとも全然別のiPhoneなのか。いずれにせよ、楽しみなことです。
 画面が広くなる=大きくなる点については、賛否両論あるのでしょうけど、見やすくなり、タッチしやすくなれば、おいらはOK。おいらのiPhone 4はすでに2年目だし、9月が待ち遠しいです。

2012年7月30日 (月)

脱獄なしにiPhoneでのテザリングを可能にするテザーフリー(t.free)、そのスピードは?

 発表当日にこのブログでお知らせしました、コネクトフリーの新サービス、テザーフリー(t.free)。なんと、iPhoneがMacのモバイルルーターになってしまうという魔法のアプリケーション。もちろん、iPhoneは脱獄する必要はありません。
 日経電子版でも報道されまして、多くの方がブログ等で取り上げたようです。

 で、このテザーフリー。スピードはどのくらい出るのか?ってことで実験してみました。

Photo

Photo_2

 念のために2箇所で測定してみましたが、ほぼ同じようなスピードですね。WiFiが使えないところで、緊急避難的にMacBook Airをネットにつなぎたいという場合なら、約2Mbpsというのは十分な速度ではないでしょうか。

 動態保存しているiOS 3.0.1のiPhone 3G純正テザリングだと、USB接続の場合もう少しスピードが出ていたような気もします。Bluetooth接続の場合は、Bluetooth自体の速度に縛られますから、1Mbps未満しかでなかったような記憶があります。もっとも、Bluetooth接続のほうが使い勝手がいいので、もっぱらBluetoothでしかつないでませんけど。
 今、手元にiPhone 3Gがないので、純正テザリングとの速度比較はまた後日。

 テザーフリーの使い方については、こちらの記事を参考にしてくださいね。このサービス、試験的なもののようですが、ずっと続いて欲しいですね。アプリケーション自体はこまめにアップデートされているようで、すでに最新のMac OS XであるOS X Mountain Lion にも対応しています。

【関連記事(下ほど古いです)】

タイ洪水の影響で価格の高騰していたHDDですが、ようやく落ち着いて来ました。

 昨年10月のタイの洪水以降、価格が高騰していたHDD。最近になり、ようやく価格も落ち着きつつあります。
 それでも、洪水前の価格に戻るのは難しいようで・・・

 たとえば、売れ筋の3.5インチ2TB容量のベアドライブ、Western Digital Caviar Green WD20EARXが執筆時現在、7,779円。このドライブは、昨年の5月に流通し始め、その際の価格が7,170円でした。その後、徐々に値を下げ始め昨年10月には5,240円の最安値を記録。2TB容量のベアドライブはたったの5千円ちょいですよ。

 しかし、その後、生産拠点のタイは洪水に見舞われ、HDDは全メーカー価格が急騰。昨年10月末には1万7千円ほどになってしまいました。

 それがようやく7千円台に。流通開始当初よりまだ高い価格ではありますが、昨年10月初旬の5千円台が安すぎた、ということもできます。まだこれから下がる可能性もあるでしょうが、価格高騰で買い控えていた方々には、そろそろ購入されても納得できる価格に落ち着きつつあるのではないでしょうか。

 USB接続の外付けHDDも、売れ筋の2TB容量のものなら、1万円を切っています。
 また、洪水前には存在しなかったUSB3.0接続、3TB容量の高速・大容量外付けHDDも、14,980円と手頃な価格におりてきました。たとえば、WD My Book Essential 3.0TB (USB3.0/2.0互換) バックアップソフト搭載 WDBACW0030HBK-JESNが執筆時現在、14,980円です。

 地デジでロンドン五輪を録っていると、すぐに無くなるのがHDDの空き容量。東芝レグザやシャープのアクオスにつなぐことのできるHDDも多いですし、録画録画で空き容量がなくなっている方は買いどきかもしれません。

2012年7月29日 (日)

App Storeが今週のAppとして、iPhoneおよびiPadに対応したゲーム Catapult Kingを無償配布しています。

 App Storeが今週のAppとして、iPhoneおよびiPadに対応したゲーム Catapult King iconを無償配布しています。→Catapult King - Chillingo Ltd

icon icon

 単純に遊べるゲームです。キャラクターもかわいい(けっこう小憎たらしいけどw)し、お子さんと一緒に遊ぶのにもいいかもしれません。無料のうちにぜひどうぞ。

OS X Moutain Lionの新機能に対応した、iMovie 9.0.7、iPhoto 9.3.2、Aperure 3.3.2。

 Appleが、OS X Mountain Lion の新機能に対応した、iMovie 9.0.7 iconiPhoto 9.3.2 iconAperture 3.3.2 iconアップデートを配布しています。ソフトウェア・アップデート経由でどうぞ。

iMovie 9.0.7 icon

バージョン 9.0.7 で追加された修正

  • 他社製の QuickTime コンポーネントが原因で iMovie が突然終了する問題が修正されます
  • “カメラの読み込み”ウインドウで MPEG-2 ビデオクリップをプレビューする際の安定性の問題が解決されます
  • カメラから MPEG-2 ビデオクリップを読み込む際にオーディオが取り込まれないという問題が修正されます

バージョン 9.0.6 での修正

  • Retina ディスプレイを装備した MacBook Pro 用の拡張
  • カタロニア語、クロアチア語、チェコ語、ギリシャ語、ハンガリー語、ルーマニア語、スロバキア語、タイ語、トルコ語、およびウクライナ語の言語サポート

Iphoto_932

iPhoto 9.3.2 icon

バージョン 9.3.2 で追加された修正

  • OS X Mountain Lion との互換性がサポートされます
  • 共有オプションに“メッセージ”と Twitter が含まれるようになりました
  • パフォーマンスおよび安定性の向上が含まれます

Aperture_332

Aperture 3.3.2 icon

Aperture 3.3.2 で追加された修正

  • OS X Mountain Lion との互換性がサポートされます
  • フルスクリーンモードを開始および終了することがパフォーマンスに影響する問題を修正しました • “ホワイトバランス”が“自動”のときに“スキントーン”モードで色を補正できるようになりました(“人々”が無効のときでも可)
  • “ライブラリ”インスペクタ内のプロジェクトやアルバムを、名前や種類に加えて日付で並べ替えられるようになりました
  • パフォーマンスおよび安定性に関する改善が含まれます

Aperture 3.3 の新機能

  • iPhoto(バージョン 9.3 以降)および Aperture のフォトライブラリが新たに統合されました。読み込みや書き出しの必要がなくなります。また、人々、撮影地、スライドショー、アルバム、および Web 共有の機能はどちらのアプリケーションでも使用できます
  • AVCHD ビデオのサポートが追加されました
  • カメラで生成されたプレビューを使用できるので、読み込んだ後にすぐ RAW ファイルをブラウズできます
  • アップデートされた“ハイライトとシャドウ”ツールを使って、品質を向上させたり、さまざまなデータを操作したりできます
  • “自動補正”ボタンが“調整”パネルに新しく追加されました
  • “ホワイトバランス”ツールに“スキントーン”および“自然なグレイ”モードが追加され、カラーバランスを簡単に調整できるようになります
  • “ホワイトバランス”ツールに追加された“自動”ボタンを使って、ワンクリックでカラーバランスを調整できます • “共有”メニューに追加された“デスクトップに設定”コマンドで、Aperture からデスクトップの背景を設定できます
  • 新しい“手動”オプションを使って、ドラッグ&ドロップすることで“プロジェクト”ビューでのプロジェクトのソート順をカスタマイズできます
  • 新しい環境設定で、フルスクリーンブラウザの背景の明るさを設定できます
  • ソースリストでアカウントを選択すると、Facebook、Flickr、および MobileMe のアルバムがメインウインドウにサムネールで表示されるようになります
  • いくつかの用語が変更され、“マスター”は“オリジナル”に、“メタデータ”は“情報”に変更されます
  • ソースリストに追加された“最近使った項目”セクションで、“最後の読み込み”や最近閲覧したプロジェクトを表示できます
  • “RAW 微調整”はデフォルトでは“調整”パネルに表示されなくなります
  • “人々”で、“未設定の人々”ブラウザの写真をコルクボードの既存のスナップショットにドラッグすることで、写っている人の名前を設定できるようになります
  • “人々”コルクボードに、スナップショットのソート順を設定するメニューが追加されました
  • モノクロのソースリストおよびツールバーのアイコンのデザインが刷新されました
  • 全般的なパフォーマンスおよび安定性に関連する多くの問題を解決しています

このアップデートは、Aperture 3 のすべてのユーザに推奨されます。

とのことです。

UDMA7対応、超高速・大容量 600倍速 64GB コンパクトフラッシュカード(CF)が、8,999円と格安です。

 オリンピック、始まりましたね。スポーツ撮影に欠かせないのが、高速で大容量なCFカード。今や一眼レフも小型化やミラーレス化のあおりで、CFからSDHC(SDXC)に記録媒体が変わりつつあります。
 でも、一眼レフのフラッグシップモデルを見ればわかるように、やはりその高速性から、スポーツ撮影の分野ではCFカードに軍配が上がるようです。スポーツ撮影では連写も多用しますし、高速なCFカードは必須。素人でさえ、バレーボールを撮影しててそう思うわけですよ。おいらも600倍速のCFに変えて、ようやく書き込み待ちのいらいらから開放されましたし。

 同容量のSDHCカードより割高なCFカードですが、今回の64GB/600倍速のCFカード(UDMA7対応)、【期間限定、お一人様一個限り】 上海問屋セレクト 600倍速 CFカード 64GB [★]8,999円は、かなりお買い得です。この規格でこの容量だと、安いブランドで2万円弱。Lexarとかサンディスクといった超一流ブランドだと3万円をはるかオーバー。この容量および性能にして、この価格は、初めて見たような気がします。期間限定のなせる技でしょうか。

  • 容量:64GB
  • 読込速度:最大90MB/s
  • 書込速度:最大80MB/s
  • その他仕様:UDMA7対応
  • 保証:1年間

とかなりな高性能。しかし、どのメーカーのCFが送られてくるのか? トランセンドの600倍速CF、Transcend 64GB ×600 永久保証 TS64GCF600とほぼ同じスペックですが、正規品のトランセンドなら永久保証なんですよね。上海問屋セレクト商品は、画像は全然あてにならないんで、送られてくるまで本当にどのメーカーかは全くわかりません。

 おいらは前回立て続けに600倍速32GBを購入しちゃったので、今回は見送りかなぁ。でも、64GBだしなぁ。欲しいかも。

2012年7月28日 (土)

シリコンパワーの256GB SSD、SP256GBSS2T10S25が12,684円と格安です。

 SSDの値下がりが半端ないです。つい最近、128GB容量のSSDが1万円を切ったと思っていたら、256GB容量のSSDも1万円台前半・・・

 今回ご紹介するのは、シリコンパワーの256GB容量のSSD、SP256GBSS2T10S25。お値段、なんと12,684円(執筆時現在。もちろん価格.comでも最安値です。)ですよ。MacBook Proなら2台買って、光学ドライブを外しそこにもSSDを入れて、512GB容量のRAID 0構成にすれば爆速MacBook Proのできあがりです。

 外した光学ドライブのところに、SSDを搭載するためには薄型光学ドライブベイ用 2.5インチ SATA ハードディスクマウンタ シリーズ 上海問屋 DN-69810 [★]が必要になります。このマウンタは、

  1. IDE接続12.7mm厚
  2. SATA接続12.7mm厚
  3. IDE接続9.5mm
  4. SATA接続9.5mm厚

の4種類ありますが、MacBook Proで使われているスーパードライブは、SATA接続9.5mm厚のウルトラスリムドライブですから、マウンタもSATA接続9.5mm厚を選んでくださいね。

 2台買っても、25,368円。これでRAID 0運用すれば512GB容量で、最新最速のSSD並の速さになりますからね。RAID構成の場合、現状Trimが使えないのは痛いですけど3年保証だしね。いい時代になったなぁ。

  • 2.5インチ SATA II インターフェース
  • DDR2 DRAM キャッシュ付き (プチフリ解消、製品寿命延ばす)
  • 電圧センサー付き (データ消去防止)
  • TRIMコマンド対応「W7のみ」 / ガーベジコレクション技術採用
  • S.M.A.R.T技術採用 (ドライブ自己診断)
  • エラー訂正ECC機能搭載
  • Wear Leveling機能
  • 低消費電力設計
  • 3年保証
  • 読込:250MB/s 書込:230MB/s(最大値)

といったところが基本性能。3年保証なのが、SSDという商品の場合、特にありがたいですね。

2012年7月27日 (金)

Apple、Mac App StoreでNumbers 2.2、Pages 4.2、Keynote 5.2をアップデート。

 先ほどはパッケージ版のiWork '09のアップデートについてお知らせしましたが、Mac App Storeでそれぞれ個別に購入できるNumbers Pages Keynote もアップデートされています。ユーザーの方は、無料でアップデートできますよ。

【Numbers Ver.2.2】
このアップデートによってOS X Mountain Lionのサポートが追加され、以下の機能の利点が取り入れられます:

  • iCloud:iCloudにスプレッドシートを保存して、お使いのMac、iPad*、iPhone*、iPod touch*、およびWebでそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスでスプレッドシートに加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらがスプレッドシートに表示されていきます。

また、Numbers 2.2 は新しい MacBook Pro の Retina ディスプレイの利点を引き出すように拡張されているため、スプレッドシートがより生き生きと鮮やかに表示されます。
*Numbers 1.6.1以降がiOSデバイスにインストールされている必要があります。

【Pages Ver.4.2】
このアップデートによってOS X Mountain Lionのサポートが追加され、以下の機能の利点が取り入れられます:

  • iCloud:iCloudに書類を保存して、お使いのMac、iPad*、iPhone*、iPod touch*、およびWebでそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスで書類に加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらが書類に表示されていきます。

また、Pages 4.2 は新しい MacBook Pro の Retina ディスプレイの利点を引き出すように拡張されているため、書類がより生き生きと鮮やかに表示されます。

*Pages 1.6.1以降がiOSデバイスにインストールされている必要があります。

【Keynote Ver.5.2】
このアップデートによってOS X Mountain Lionのサポートが追加され、以下の機能の利点が取り入れられます:

  • iCloud:iCloudにプレゼンテーションを保存して、お使いのMac、iPad*、iPhone*、iPod touch*、およびWebでそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスでプレゼンテーションに加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらがプレゼンテーションに表示されていきます。

また、Keynote 5.2 は新しい MacBook Pro の Retina ディスプレイの利点を引き出すように拡張されているため、プレゼンテーションがより生き生きと鮮やかに表示されます。

*Keynote 1.6.1以降がiOSデバイスにインストールされている必要があります

とのことです。

iWork 9.2、Safari 6およびRemote Desktop クライアント 3.6.0が配布されています。

 Appleが、iWork 9.2、Safari 6およびRemote Desktop クライアント 3.6.0を配布しています。ソフトウェアアップデート経由でどうぞ。

Iwork_92

iWork アップデート 9.2 では、OS X Mountain Lion で利用できる次の機能のサポートが追加されます:

  • iCloud:iCloud に書類を保存して、お使いの Mac、iPad、iPhone、iPod touch、および Web でそれらを自動的に最新の状態に保つことができます。あるデバイスで書類に加えた変更が自動的にほかのすべてのデバイスに反映されます。iOS デバイスに iWork for iOS 1.6.1 以降がインストールされている必要があります。
  • 音声入力:単語、数字、または文を読み上げると、それらがプレゼンテーション、書類、またはスプレッドシートに表示されていきます。
  • iWork アプリケーションが新しい Mac ハードウェアで Retina ディスプレイを利用するように拡張され、プレゼンテーション、書類、およびスプレッドシートをより鮮明に、より生き生きと表示できます。

このアップデートは、iWork 9.0 以降のユーザにお勧めします。このアップデートおよび個々のアプリケーションの変更点については、http://support.apple.com/kb/HT5248?viewlocale=ja_JP を参照してください。

Safari6

Safari には、以下のような新機能が含まれます:

  • スマート検索フィールド。検索語句および Web アドレス両方を 1 つのフィールドに入力できるようになりました。
  • オフラインリーディングリスト。リーディングリストに Web ページ全体が保存されるため、インターネット接続がない場合でも続きを読むことができるようになりました。
  • トラッキング停止。アクセスした Web サイトに、オンラインでトラッキングしないようリクエストを送信できます。
  • パスワードパネル。新しい“パスワード”パネルで、保存した Web サイトログイン情報が管理できます。
  • Baidu。中国の大手検索エンジン Baidu が内蔵され、中国のユーザ向けのオプションが追加されました。

Safari について詳しくは、この Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5275?viewlocale=ja_JP
このアップデートのセキュリティ内容について詳しくは、この Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

Remotedesktop_360

3.6 アップデートは、すべての Apple Remote Desktop クライアントにお勧めします。このアップデートでは、全体的な信頼性、使用性、および互換性に関するいくつかの問題が解決されています。   

このアップデートの詳細については、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5306?viewlocale=ja_JP

とのことです。


2012年7月26日 (木)

25mm-600mmの24倍ズームで、ズーム全域明るいF2.8通し! Panasonic LUMIX FZ200は凄い!

 スポーツ撮影には、デジタル一眼(ミラーレスはダメよ)が最適だと思いますが、レンズ一体型のデジカメでも、もしかしたら撮れる時代になりつつあるのかも。

 Panasonicが、25mm-600mmのズームレンズを備えたデジタルカメラ、ルミックス DMC-FZ200を8月23日より販売開始するそうです。

 驚くべきは、そのレンズの開放F値。ズーム全域でF2.8の明るさですよ。望遠端の600mmでもF2.8。室内スポーツ撮影には最強スペックです。もっとも、AF性能は一眼レフに及ばないでしょうし、ファインダーも130万画素とはいえ、液晶ビューファインダーですから、これもまたちょっと厳しいところなんですけどね。

 ちなみにコマ速は、AF追従で約2コマ〜5.5コマ/秒。AF追従なしだと、12コマ/秒ということで、そのあたりの一眼レフフラッグシップ機並みの連射性能です。もっとも、ピントがあってなければ、連射しても意味がないわけですけどね。

 こんな化物のようなスペックで、お値段たったの68,040円也。(執筆時現在のamazonの予約価格

 重さというか、軽さも600mm/F2.8レンズ付きとは思えない588g。一眼レフの世界では、現状ニコンもキヤノンも、F2.8なのは400mmまで。600mmだとF4と暗くなっちゃいます。でもって、400mm/F2.8のレンズはそれだけで5kg近い質量があります。600mm/F4だと5kg以上。カメラボディが1kg程ですから、合わせると6kg以上の重さ。その1/10以下ですよ、588gというのは。

 もっとも、デジタル一眼レフのような大きなCMOSではなく、FZ200はちっちゃい1/2.3型1280万画素のCMOS。普通のコンパクトデジカメのCMOSです。でも、600mmでF2.8。もちろん手ぶれ補正あり。なんか、夢のあるデジカメが出てきました。

 10年後には、iPhoneの内蔵カメラでも、選手がスパイクを打つ瞬間や、フライングレシーブの瞬間を撮影できるようになってるのかもしれません。

Apple、MacとiPhoneおよびiPad間での自動同期に対応したiOS用「Keynote 1.6.1」「Numbers 1.6.1」「Pages 1.6.1」の配布を開始。

 昨日よりダウンロード販売が開始された「OS X Mountain Lion 」。そのアップデートされた機能の中に、Mac版iWorksの書類と、iPhoneやiPadなどiOS版iWorksの書類のiCloud経由での同期があります。その新機能に対応した、iOS版の

  1. Keynote 1.6.1 (850円)iconKeynote - Apple
  2. Numbers 1.6.1 icon(850円)→Numbers - Apple
  3. Pages 1.6.1 icon(850円)→Pages - Apple

を配布しています。それぞれ850円ですが、もちろん従来からのユーザーは、無料でアップデートできますよ。

【Keynote 1.6.1】

Keynote 1.6.1はiCloudと連携することで、iOSデバイスとMacのKeynoteとの間でプレゼンテーションを自動的に同期できます*。一方のデバイスでプレゼンテーションに加えられた変更は、もう一方のデバイスですぐに利用できます。
*OS X Mountain LionでKeynote 5.2以降がインストールされている必要があります

【Numbers 1.6.1】

Numbers 1.6.1はiCloudと連携することで、iOSデバイスとMacのNumbersとの間でスプレッドシートを自動的に同期できます*。一方のデバイスでスプレッドシートに加えられた変更は、もう一方のデバイスですぐに利用できます。
*OS X Mountain LionでNumbers 2.2以降がインストールされている必要があります

【Pages 1.6.1】

Pages 1.6.1はiCloudと連携することで、iOSデバイスとMacのPagesとの間で書類を自動的に同期できます*。一方のデバイスで書類に加えられた変更は、もう一方のデバイスですぐに利用できます。
*OS X Mountain LionでPages 4.2以降がインストールされている必要があります

 というわけで、Mac側のiWorksも「ソフトウェアアップデート」経由、あるいはApp Store経由でアップグレードしてくださいね。

 しかし、iOS側のiWorksもどんどん進化してきてますね。これが、たったの850円で利用できるなんて、凄いことですよ。

Parallels Desktop 7 for Macを含む総額$953のMac用アプリが、$49.99と格安販売中。あと数時間で終了ですよ!

 Appleが最新のMac OSである、OS X Mountain Lion の販売を開始し、OSのアップグレードとそれに伴うApple純正アプリケーションのアップグレードで寝不足な方も多いはず。もちろん、世間的にはなでしこの vs カナダ戦で寝不足の人のほうが圧倒的に多いわけですが。

 そんな眠い目をこすっている方、お忘れじゃないですか? 以前にお知らせした、あのバンドルは今日が最終日ですよ。というわけで、以前の記事を転載。


 Parallels Desktop 7 for Macの購入を考えていた方に朗報です。Parallels Desktop 7 for Macを含む10個のアプリケーション(1つは教材なんですが)が、$49.99で購入できます。現在のレートで、4千円ほどでしょうか? Parallels以外に、もう1つくらい必要なアプリケーションが含まれていれば、お得かと思います。

10essential

 今回のバンドルに含まれているアプリケーションは、

  1. Parallels・・・Macで人気の仮想環境ソフトウェア。
  2. TextSoap・・・スペースや改行、タブ、引用符、段落の削除及び追加。さらには、HTMLタグの追加・削除などができるテキスト整形ツール。
  3. Disk Drill Pro・・・ファイルやデータの保護、復旧ができるツール。
  4. PaintSupreme・・・簡単な操作で制作・編集・仕上げのできる画像編集ソフト。
  5. Clarify・・・スクリーンキャプチャソフト。
  6. Snagit・・・スクリーンキャプチャソフト。編集機能も充実。
  7. iOS App Development Video Course・・・その名のとおりビデオ教材です。
  8. HandsOff・・・Macをモニターしプライバシーを保護。
  9. Elasty・・・動画編集ツール。クロップしたりローテートしたりできます。
  10. iGlasses・・・FeceTimeカメラを自在にコントロール。

です。今回のバンドルも、Mac App Dealsです。残された時間はあと数時間。

 最初に書きましたが、Parallels以外にも欲しいソフトがある方には、いいバンドルかもしれません。

Apple、最新のMac OS "OS X Mountain Lion"の販売を開始。

 Appleが、昨晩の午後10時頃から、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion の販売を開始しています。→OS X Mountain Lion - Apple

 価格はAppleが事前に公表していたように1,700円。アップグレード価格とはいえ、MicrosoftのOS、Windows 7に比べれば格安。iPhoneやiPad、iPod touchを気に入って使っている人は、この際母艦であるPCも、Macにすればいろいろ捗ると思いますよ。って思ったら、ASCIIが、「パソコンをMacに変えるだけで、iPhone/iPadがさらに便利に」って書いていたw

 (iPhoneやiPadの出た)最初からそうだったけど、iCloudとの親和性を考えれば、やはりWindows機よりMacの方がいいですよね。
 メールやアドレスブック、 Safariのブックマークだけでなく、メモも同期されるし、

  • Keynote (Windowsで言えば、PowerPointだけど、それをもっと洗練させたもの。)
  • Pages (Windowsで言えば、Wordだけど、できあがる書類のセンスの良さは添付されたテンプレートを見ればわかります)
  • Numbers (Windowsで言えばExcelだけど、機能的には残念ながらかなり負けてます。しかし、グラフも含め見栄えのよい書類を作成できるのは、Pages。そもそも、Excelの機能を全部使ってる人なんているの?)

の書類もiCloudで同期できる。データをUSBメモリに移して持っていく必要がないわけですよ。会社で編集中の書類も、自宅のMacで続きを簡単に編集できるわけですよ。とは言っても、お家では働きたくないですけどね。

 おいらがOS X Mountain Lionにアップグレードするのは、週末になると思います。今のところ、大きな不具合は発表されてないようですが、対応していないアプリもあるでしょうし、古いアプリケーションを使い続けている方は特に、しばらくは情報収集が大切になりますね。

2012年7月25日 (水)

米アップル、4〜6月期の純利益は21%増も事前予想は下回る。でもって、Mac OS X 10.8 Moutain Lionは今晩か?

 日経が、「米アップルが24日発表した4~6月期決算は、売上高が前年同期比23%増の350億2300万ドル(約2兆7400億円)、純利益が21%増の88億2400万ドル(約6900億円)だった。主力のスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」は販売台数が28%増えたが、事前予想を下回り、収益拡大の勢いが鈍化した。」と伝えています。
 アナリストの事前予想を下回ったため、株価は一時6%下落したとのこと。アナリストが単にアホやっただけちゃう?、という気もしますが。

 で、昨年は、7月19日に第3四半期の決算発表。翌7月20日にOS X Lion 公開という流れでした。昨年同様だと、今晩あたり、OS X Mountain Lion公開なのかな?

 ロンドン五輪、日本はなでしこの vs カナダ戦もありますし、いろいろと忙しい夜になりそうですね。

2012年7月23日 (月)

キヤノン、ミラーレスカメラ「EOS M」および関連アクセサリーを発表。

 キヤノンが、ミラーレスカメラ「EOS M」および関連アクセサリーを発表しています。

---------------
EOS M
---------------

従来のEOSシリーズと同等の高画質と卓越したAF性能
 APS-Cサイズ、約1,800万画素のCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 5の搭載により、常用ISO感度を最高ISO12800まで高めながら、従来のEOSシリーズが誇る高水準の画質を実現しています。また、位相差AFとコントラストAFの両方を行うハイブリッドCMOS AFを採用したことで、高速・高精度かつスムーズなピント合わせを可能にします。

小型・軽量のスタイリッシュなデザイン
 ミラーレス構造と新開発のレンズマウントを採用したことにより、小型・軽量化を実現しています。さらに、4色のカラーバリエーションを備えたスタイリッシュなデザインを採用しています。

拡張性の高い交換レンズシステム
 EOS M専用の交換レンズ「EF-M レンズ」だけでなく、別売のマウントアダプター EF-EOSMを装着すれば、60種類以上の豊富なEFレンズが使用できる交換レンズシステムを備えています。

とのことです。

 CMOSはAPS-Cサイズとのことで、他社ミラーレス一眼に比べ、大きなサイズを採用してますね。ただし、レンズマウントは新設計。従来のEFレンズおよびEF-Sレンズも、マウントアダプタ EF-EOS M(定価12,000円)をかませることで利用可能に。ただし、EF-Mレンズを従来のEOSシリーズカメラに使うことは不可能です。

 ミラーレスですから、以前に書いた通りスポーツ撮影には向きませんけど、本体の質量は300gを切るようで、写りの良い、でも小型軽量な一眼レフを探しておられた女性には良い選択肢になるかもしれません。
 発売は9月の予定だそうです。価格がいくら位になるのか、ちょっと楽しみですね。高い新製品より、価格のこなれた既存のEOSがお買い得!ということも十分ありえるでしょう、最新のEOS Kiss X6iの強気な値付けを見ていると。ファインダーの付いてる普通のEOSなら、スポーツ撮影も得意ですし。

ポリカ製iPad 2ハードケースが680円。もちろん、Apple純正スマートカバー対応モデル。

 iBUFFALOのiPad2 ハードケース(液晶保護フィルム付)クリア BSIPD204CHCR(通常価格、2,378円)が、amazonのタイムセール680円と格安販売されています。

 もちろん、Apple純正のスマートカバーと共存できるタイプです。材質はポリカーボネート。質量は約74gで、液晶保護フィルムも1枚付いてるそうです。

 おいらのiPad2はすでに同じようなクリアケースに入ってるのですけど、この価格なら予備にもう1個買っちゃおうかな、ってくらいのお値段ですね。液晶保護フィルム代と考えても安いです。

1TBのUSB3.0接続モバイルHDD、日立GST Touro Mobile MX3が7,980円。750GB、500GBモデルも有り。

 1TBのUSB3.0接続モバイルHDD、日立GST Touro Mobile MX3がamazonのタイムセール7,980円で販売されています。750GB、500GBモデルも有り。
 日立GST Touro Mobile MX3 1000GB 0S03466の通常価格は、9,417円ですから、USB3.0採用の最新MacBook AirやProをお持ちの方には、いいかもしれません。

 ただし、最初からNTFSでフォーマットされていますから、Macで使う場合は、ディスクユーティリティでフォーマットし直す必要があります。

 なお、750GB容量の日立GST Touro Mobile MX3 750GB 0S03465 (通常価格、8,720円)は、タイムセール6,980円、500GB容量の日立GST Touro Mobile MX3 500GB 0S03464(通常価格、7,617円)は、タイムセール5,980円となっています。

 この価格差なら、やはり容量1TBの「日立GST Touro Mobile MX3 1000GB 0S03466」がいいように思いますが、Thunderbolt接続のHDDに比べ、USB3.0接続のHDDは安くていいですね。

2012年7月21日 (土)

Real Racing 2、Dead Space™ for iPad、MONOPOLY HERE & NOW、BATTLEFIELD: BAD COMPANY™ 2 など、App Storeのゲーム値下げ情報!

 iPhoneおよびiPod touch用カーレースゲーム、Real Racing 2 - Firemint Pty Ltd(通常450円)が、85円に値下げ販売されています。→Real Racing 2 - Firemint Pty Ltd

 iPad用のReal Racing 2 HD - Firemint Pty Ltd(通常600円)も、85円に値下げして販売されています。→Real Racing 2 HD - Firemint Pty Ltd

 2011年度最高のパニックホラーゲームと評価も高い、Dead Space™ for iPad - Electronic Arts(通常850円)が、85円に値下げ販売されています。→Dead Space™ for iPad - Electronic Arts

 ボードゲームの名作RISKのiPad版、RISK™: The Official Game for iPad - Electronic Arts(通常600円)が、85円に値下げして販売されています。→RISK™: The Official Game for iPad - Electronic Arts

 大人気ゲームのiPad版、MONOPOLY HERE & NOW: The World Edition for iPad - Electronic Arts(通常850円)が、85円に値下げして販売されています。→MONOPOLY HERE & NOW: The World Edition for iPad - Electronic Arts

 強烈・凶悪FPSのiPad版、BATTLEFIELD: BAD COMPANY™ 2 for iPad - Electronic Arts(通常850円)が、85円に値下げして販売されています。→BATTLEFIELD: BAD COMPANY™ 2 for iPad - Electronic Arts

 Need for Speed™ Hot Pursuit for iPad - Electronic Arts(通常850円)が、85円に値下げして販売されています。→Need for Speed™ Hot Pursuit for iPad - Electronic Arts

昨日紹介したコネクトフリーの新サービス、脱獄なしにiPhoneでテザリングできる、t.free(テザーフリー)の記事が日経にも。

 昨日、その使い方も含めてこちらのブログで紹介したコネクトフリーの新サービス、脱獄なしにiPhoneでテザリングできる、t.free(テザーフリー)を日経も記事にしています。記事の見出しは、『iPhoneユーザーに朗報? 「テザリング」可能に』。リンク先の日経の記事は、登録ユーザーでないと読めないかも。

T_free_c

 記事には、『(t.freeは)技術力をアピールする「デモンストレーション」』とあります。昨日ご紹介した通り、コネクトフリーは総務省から「通信の秘密」を侵害したとして、行政指導を受けております。そんな中、「我々がサービスを停止しているあいだも、技術開発を続けているというメッセージを出したかった。」そうです。

 コネクトフリーによれば、「利用者が増えてサービス継続が必要と判断すれば、Windows向けも含めて正式サービスの検討をする」そう。現状、iPhoneでテザリングの恩恵に与れるのはMacユーザー(しかも、Mac OS X 10.6以上をインストールしたIntel Macのユーザー)のみですから、それほど大きな話題にはなってないですけど、Windowsユーザーまで巻き込んでしまうと、けっこう大きなうねりになりそうです。一番困るのは通信事業者。さて、このt.free(テザーフリー)、今後どういう展開を見せるのでしょうね。

【関連記事(下ほど古いです)】

2012年7月20日 (金)

コネクトフリーが、iPhone® を使って Mac® をインターネットに接続する「t.free」を公開

 コネクトフリーが、iPhone® を使って Mac® をインターネットに接続する「t.free」を公開しています。
 久しぶりに、iPhoneでテザリングできるという話題です。詳細な解説は、1つ前のブログに書きましたので、ご参考に。

 ただし、コネクトフリーは先般、総務省から「通信の秘密の侵害」で行政指導を受けております。このあたりは、コネクトフリーの「プレスリリース」もご覧くださいね。行政指導受けた直後ですから、t.freeは大丈夫と思うんですけどね。

【関連記事(下ほど古いです)】

iPhoneでテザリングができる、t.freeが登場! ただし、接続できるのはMac OS X 10.6 以上のみ。それでも、これは凄い!

 久しぶりにiPhoneでテザリングネタです。

 いや、実はおいら、Apple純正テザリングのできる、iOS 3.0.1をインストールしたiPhone 3Gを動態保存してるんで、今でも普通にテザリングはできたりするんですけど。それに、NetShareも持ってるし、PayUpPunkも持ってる。ただし、この両者はSOCKS Proxyを利用するものなので、MacのSafariからは簡単にテザリングできるけど、Mail.appとかはつながらなかったのね。

 ま、でも、iOS 3.0.1の純正テザリングなら、MacであろうがWindowsであろうが、なんだってつながっちゃうわけですよ。しかし、iPhone 3Gは大昔の機種。そのうち壊れちゃうだろうし、バッテリーも劣化するだろうし。もちろん、上記は、すべて脱獄していないiPhoneでテザリングできる、っていう話ですよ。

 そんな中、新たなテザリング手法が発表されました。それが、t.free。さっそく使ってみましたよ。いや、ふつうにつながりました。MacBook AirのSafariで、簡単にテザリングできます。だけでなく、NetShareやPayUpPunkではできなかったMail.appもふつうにテザリングでつながる。これは凄い・・・

 今までと大きく違うのは、iPhone側には何もインストールする必要がないこと。そのかわり、Mac(Mac OS X 10.6以降がインストールされたIntel Macが必要です。)に、t.free for Macをインストールする必要があります。では、t.free(テザーフリー)の使い方を簡単に。

T_free_c

 インストール自体は簡単です。まず、こちらからtfree installerをダウンロードします。
 ダウンロードし終わったら、tfee_installer.zipを解凍して、tfree Installerを取り出します。それをダブルクリックして、インストール開始。
 インストーラーは日本語ですから、なんの問題もなくインストールできるでしょう。

T_free_a

 インストールが終わると、ブラウザが開き、上図のようなページが開きます。

T_free_d

 同時に、Macのブラウザにメニューバー上に見慣れぬアイコンが見つかるでしょう。上図の左から4つ目のアイコンです。あとは、指示に従って行けば、簡単にテザリングできますが、念のため順を追ってご紹介しましょうか。
 メニューバーのt.freeアイコンをクリックし、t.freeに接続…を選びます。

T_free_01

 下記のようなアラートが表示されますから、「続ける」をクリックします。

T_free_02_2

 すると、下記のようなネットワークが作成されます。

T_free_03

 あとは、上図の「iPhoneの接続方法」をクリックして、そのとおりにiPhoneを設定します。わかりやすい解説ですから、あとの説明は不要かと思いますが、念のために。

T_free_04

 まず、iPhoneの「設定」Appを開きます。

T_free_05

 次に「一般」をタップします。

T_free_06

 そして「自動ロック」をタップし、

T_free_07

自動ロックをしない設定にします。

T_free_08

再び「一般」に戻ります。

T_free_09

Wi-Fiをタップし、

T_free_10

作成されたネットワーク「tFree_CEE2A4」に接続します。

T_free_11

ネットワーク作成時に表示されたパスワード「7e905」を入力します。

T_free_12

iPhoneから、Safariを立ち上げます。

T_free_13

SafariのURL欄に「tfree.jp」と入力して、Go。このアドレスは、iPhoneのホーム画面に登録しておくと便利かも。

T_free_b

 これだけで、MacがiPhone経由でインターネットに繋がります。あ、つながった瞬間、Macのブラウザが上のページにつながり、拍手・歓声・口笛が鳴り響きますから、Macの音量は絞っておくかミュートしておいたほうがいいですよ。

 現在のバージョンはベータ版ということで、現行アプリが使えるのも1ヶ月ほどらしいです。最終的には、有料のサービスになるのかな?、という気がしますが、お値段次第ではこういうのもありかもしれません。iOS 3.0.1のiPhone 3GやiPhone 3GSを動態保存している人には、関係のない話ですけどね。

 以上、久しぶりにiPhoneでテザリング!の記事でした。

【関連記事(下ほど古いです)】

強力で、自由度の高いバックアッププログラム Intego Backup Express(通常850円)が、170円に値下げ中。Mac App Store、値下げ情報。

 強力で、自由度の高いバックアッププログラム Intego Backup Express (通常850円)が、期間限定で170円に値下げして販売されています。→Intego Backup Express - Intego

 Macでバックアップといえば、Apple純正のタイムマシーンですけど、Intego Backup Expressには、複数のMac間でフォルダやボリュームを同期させる機能もありますから、これはこれで持っていると便利かもしれません。

icon icon

【詳細】

Backup Expressは、Mac用セキュリティソフトのスペシャリストであるIntegoが提供する、強力で、自由度の高いバックアッププログラムです。お客様の大事なファイルを外接のハードディスク、DVD、ネットワークボリュームなどにバックアップできるBackup Expressは、Macに内蔵されたバックアップ機能を超える豊富な機能を搭載します。

バックアップスクリプトを作成し、スケジュールを設定すれば、バックアップを自動で実行することができます。あるいは、作成したスクリプトをクリック一発で実行することもできます。増分バックアップにより、新規ファイルあるいは変更されたファイルだけをコピーすることも可能です。デスクトップMacとラップトップの間で、フォルダあるいはボリュームを同期させることも可能です。

Intego Backup Expressは、ホームフォルダ、あるいはお客様がアクセス権を持つディスクやボリュームから次のようなほとんどのメディアへファイルをバックアップできます:

  • お使いのハードディスク上のパーティションあるいはボリューム
  • 外接のハードディスク
  • USBメモリなどのリムーバブルメディア
  • CDあるいはDVD • ネットワークボリューム
  • AirMacディスク(AppleのAirMac ExtremeまたはTIme Capsuleベースステーションに接続されたハードディスク)
  • iDisk(AppleのMobileMeサービスの一部)
  • iPod(ハードディスクモードに設定されている場合)
  • ディスクイメージ

Backup Expressの主な機能は以下の通りです:

  • ドラッグ&ドロップでのバックアップ
  • 作成が簡単なバックアップスクリプト
  • バックアップのスケジュール
  • フルあるいは増分バックアップ
  • バックアップにの複数バージョンを維持
  • フォルダあるいはボリュームの同期
  • ファイル、フォルダ、あるいは特定のファイル形式を除外
  • 素早く、安定したデータの復旧
  • ハードディスク(HFS/HFS+/UFS)、AppleShareサーバ、Windows共有(samba)、NFSサーバ、FTPおよびSFTPサーバ、iDisk、iPod、ディスクイメージなどの多くのボリューム形式にバックアップ可能
  • ネットワークボリュームの自動マウントおよびマウント解除
  • バックアップはバックグラウンドで実行可能
  • データはオリジナルのファイル形式でコピーされるため、思わぬデータ損失の際にも即座にデータ復旧が可能

 グラフィカルなインターフェースで、もちろん日本語にも対応しています。170円なら試してみる価値はありそうです。

強力なデスクトップ検索ツール、Tembo(通常1300円)が、170円に値下げ中。Mac App Storeの値下げ情報。

 強力なデスクトップ検索ツール Tembo icon(通常価格、1,300円)が、3日間限り170円で値下げ販売されています。→Tembo - Find Files - Houdah Software

icon icon

【説明】

Tembo は、強力な Spotlight 検索エンジンを基盤としたデスクトップ検索ツールです。 Tembo はファイル、フォルダ、メールメッセージ、ブックマーク、イメージ等を見つけ出します。

Tembo は、検索結果をファイルタイプごとにグル-プ分けし、表示します。まず最初に、それぞれのグループで一致した上位10件が表示されます。ほとんどの場合、探していたファイルはここで見つかるでしょう。

さらにグループごとに掘り下げると、最高2500件の結果が、コンテキストに相応したフィルタと共に表示されます。この機能は検索結果リストを絞り込むのに役立ちます。例えば、「メッセージ」のグループには件名、差出人、宛先のフィルタがあります。「イメージ」のグループには、解像度や、ファイルタイプといったフィルタが備えられています。

このように、Tembo は単なるファイル検索ツールではありません。 メッセージがどこにあるかを突き止めるための Mail や iChat アプリの延長として機能することができるのです。 Safari の延長として履歴やブックマークのブラウズを検索することも可能なのです…

Promobannertembo

Spotlight や Finder ではなく、あえて Tembo を使う利点は?

  • 探しているファイルをより早く見つけることができます
  • 使いやすいインターフェース
  • グループ分けされた検索結果の表示
  • それぞれのグループに最高2500件の検索結果
  • コンテキストに相応しいフィルタの装備

利用できるフィルタは?

  • ブックマーク:タイプ、URLドメイン
  • 書類:ファイルタイプ
  • フォント:ファイルタイプ
  • イメージ:解像度、ファイルタイプ
  • メッセージ:件名、差出人、宛先
  • ムービー:ファイルタイプ、コーデック
  • ミュージック:アーティスト、ファイルタイプ
  • PDF書類:著者
  • ソースコード:ファイルタイプ

Tembo が見つけられるファイルは?

Tembo は Spotlight のインデックス及び検索エンジンを基盤としています。Spotlight でインデックス化されているあらゆるファイルを見つけることができます。 それには、ライブラリフォルダも含まれており、多くの低レベルのシステムファイルを除外することができます。

とのことです。Apple純正のSpotlightも十分使いやすいですけど、170円でさらに高機能になるのであれば、これは試してみる価値があるかも。元の1,300円だとチャレンジしにくいけど、170円ならね。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Player Ver.2.4.0

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.4.0にアップデートしています。

Macblurayplayer240a_2

 また、ラネクシーオンラインショップは、Mac Blu-ray Player ダウンロード版を実質2,980円という格安価格で販売しています。

 開発元であるMacGo社の「更新情報」には、

  1. 再生機能の安定性を強化しました
  2. 一部のクラッシュ・ブラックスクリーンなどの問題を修正しました
  3. 簡体中国語と日本語対応の表記を更新しました

と説明されています。

 今まで再生できなかったイギリスのamazon.co.ukから購入した、リージョンフリーのブルーレイ、「ハムナプトラ トリロジー (ハムナプトラ3部作)」は、前バージョンより再生可能となっています。もし、お持ちのブルーレイ作品で、Mac Blu-ray Playerで再生できなかったBDをお持ちの方は、もう一度試してみる価値があるかもです。前バージョンより、再生可能なブルーレイディスクが増えているようですよ。

 ちなみに、上記amazon.co.ukで購入した「ハムナプトラ トリロジー」には、日本語音声も日本語字幕もともに入っています。リージョンフリーですから、もちろん日本のブルーレイプレイヤーでも、普通に再生できますよ。イギリスからの輸入になりますが、お値段は2千円しなかったです。このあたりの詳細は、こちらのブログをご参照。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB接続のバッファローやIOデータのもの(ともにPC用です。Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。

【関連記事】

2012年7月19日 (木)

Mac用ピンボールゲームの老舗ソフトハウス LittleWingが、iPhoneおよびiPad用の最新ピンボールゲーム Pinball Crystal Caliburn IIの販売を開始。

 LittleWingと言えば、古くからのMacファンであれば、一度は遊んだことがあるんじゃないでしょうか? そんな、ピンボールゲームの老舗 LittleWingが、iOS用(iPhoneおよびiPadの両方に対応)に最新のピンボールゲーム Pinball Crystal Caliburn II をリリースしています。→Pinball Crystal Caliburn II - LittleWing

 350円という手頃な価格ですし、ぜひ一度遊んでみてください。

 なお、前作のピンボールゲーム Pinball Tristan は、170円で販売されています。→Pinball Tristan - LittleWing

 Macで初めて、LittleWingのピンボールゲームをしたとき、滑らか、かつ、その質量を感じさせるボールの動きに衝撃を覚えたものです。System 7(正確には漢字Talk 7.5あたりかな?)の時代です。

 実機のテクニックの使えるiOS用のピンボールゲーム。懐かしさに惹かれて、ダウンロードする方も多そうですね。ピンボールのテクニックは、LittleWingのWeb、「ピンボールで遊ぼう」に詳しく解説されています。

カルビー フルーツグラノーラでダイエット?

 入院して体重が5kgほどダウンしたんですが、退院後は順調に戻っちゃって、今は退院時より3kg増。
 これはいかん!、ということでダイエット。もちろん、消極的なね。病院食と違い、家のご飯はおいしいのよ。でも、このご飯が曲者。おっきなお茶碗に朝から2杯とか食べちゃうからね。で、具体的には朝はご飯をやめることに。トーストってのもなんだかな〜、なんで安上がりなシリアルにすることにしました。子供かw

 ケロッグとかシスコーンとか、園児の頃に食ってたような覚えがあるんですが、最近、フルーツグラノーラなるものがあるらしいと噂に聞き、さっそく購入。手に入りやすく、できればおいしいやつ!、ということで探してみると評価の高いのが、カルビー フルーツグラノーラ。amazonで執筆時現在、682円です。一応ほかも探してみましたが、amazonが一番安いようだ。近くのスーパーとかだともっと安いのかな? で、さっそくオーダー。

 袋はチャック付きで、開封後も湿気らないようになってます。1食分は50gらしい。1袋800gだから、朝食16回分。682円÷16日≒43円と、トースト並みのお値段ですみます。牛乳かける人は、牛乳代が+40円くらいかな。

 この1食のカロリーが222kcal。牛乳をかけると359kcal。あれ? けっこうカロリーあるじゃん。ダイエットにならん・・・ ま、でも、朝からご飯2杯食べてたことを考えると、少々はダイエットになるかも。というわけで、明日から朝食はフルーツグラノーラにします。

 で、先ほど牛乳かけてちょっと味見したんですけど、50gというのはマグカップに6〜7分目くらいの分量です。このマグカップに牛乳を注げば、ちょうど1食分で359kcalですね。スプーンでパクリ。もしゃもしゃ。うん、甘い。この甘さはおっさんだとすぐにお腹がふくれそうです。でもって、園児の頃に食ったシリアルと違い、牛乳ですぐにふやけることもなし。かなりもしゃもしゃしないとダメですから、これだけでも満腹中枢は満足しそうです。

 味は、甘めだけどドライフルーツなんかも入っていて、ふつうにうまいね。子供の頃に食ったケロッグなんかよりははるかにうまい。最近は、ケロッグも昔のとは違うんでしょうけど。

 そのあとコーヒー飲んだんですけど、めっちゃ満腹感。水分を吸収して、お腹の中でふくれるんでしょうね。さっき食べたばかりなんで、腹持ちまではわかりませんけど、たった50gでお腹ふくれるんか?、という疑問はとりあえず解消。1袋消費するまで、続けて見ることにします。

 今、体重が戻りつつあるのは運動不足(以前は、6km/日のウォーキング)なのが大きいってのはわかってるんだけどね。でも、こんなに暑いとウォーキングもジョギングもちょっと厳しい。近々再開予定ではありますが。さて、1袋なくなる頃に、体重は落ちてるのか? 体重落とすのは、晩ご飯抜くのが一番手っ取り早いんだけどね。

昨日、1,700円に戻っていたリネームソフト、Better Rename 9が再び170円に値下げされました。

 先日のMac App Storeの値下げ情報170円に値下げされています!、とお伝えしたBetter Rename 9 - publicspace.net(通常価格、1,700円)ですが、たった1日で元の価格1,700円に戻っていました。購入しそこねて、残念な思いをされていた方もおられるようですが、今日確認してみたら再び170円に値下げされていました。

 というわけで、必要な方はお早めにどうぞ。

 ただし、昨日まで170円だったTrickster - Apparent Software(通常、850円)とCinch - Irradiated Software(通常、600円)が、通常価格に戻っています・・・

【1.Better Rename 9】

 大量にファイル名を変更する必要が有るときに便利なツール、Better Rename 9 - publicspace.net(通常価格、1,700円)が期間限定で170円に値下げ販売されています。→Better Rename 9 - publicspace.net
 デジカメやデジタル一眼レフカメラをお使いの方は、たくさんの画像ファイルをお持ちだと思いますが、何年も取り続けているとファイル名は重複してくるもの。例えば、おいらのキヤノン製一眼レフだと、IMG_0000.jpgからIMG_9999.jpgというファイル名が割り振られますので、撮り続けていると、同じファイル名の写真も生じます。そこで、日付などが反映されたファイル名に変更したりするわけですが、これを人力で行おうとすると大変です。
 でも、Better Tename 9があればすごく簡単。こいつは、画像ファイルのEXIF情報から撮影日や撮影時刻を読み取り、それらをファイル名に反映してくれます。もちろん、RAWデータでも大丈夫ですよ。カメラ名や使用レンズのメタデータを利用することもできます。
 90%オフですから、持っておいても損はしないかと。

【2.Trickster】

 最近使った項目に瞬時にアクセスできる、Trickster - Apparent Software(通常、850円)が、期間限定で170円に値下げ販売されています。→Trickster - Apparent Software
 メニューバーから、すぐアクセスできるようになり、生産性が上がります。

【3.Cinch】

 ウィンドウを画面上端にドラッグすると全画面表示に、左端にドラッグすると左半分表示に、右端にドラッグすると右半分表示にしてくれるユーティリティ、Cinch - Irradiated Software(通常、600円)が、期間限定で170円に値下げ販売されています。→Cinch - Irradiated Software こちらも生産性向上Appですね。狭い画面のMacBook AirやMacBook Pro 13には特におすすめです。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

2012年7月18日 (水)

512GB SSDが、3万円割れ。そろそろ買いどき?

 SSD、どんどん安くなってきてますね。128GBや256GB容量のものは、手を出しやすい価格になって来ました。しかし、SSDはその性質上、大容量であればあるほど長寿命なパーツ。できれば、512GB以上の容量のものを購入したいところ。

 そんな、512GB容量のSSDも、一部の製品が3万円割れの価格になっています。ドスパラで、ADATA SX900 ASX900S3-512GM-Cが、執筆時現在29,980円也。送料無料ですから、本当に3万円未満で購入できます。

 このADATA SX900 ASX900S3-512GM-Cは、

  • SandForce SSDコントローラー、SF-2281搭載
  • SATA3.0(6Gb/s)
  • 読込最大 540MB/s、書込最大 465MB/s
  • メモリチップは25nmプロセス製造の同期型NANDを採用
  • Trimコマンドサポート
  • 3.5インチ変換ブラケット付属

といったあたりが特徴のSSDです。つい最近販売開始された、新しいモデルです。

 SSDは、待てば待つほど安くはなるのでしょうけど、欲しい時が買い時とも言いますし。3万円を切った今、けっこう買いどきなのかもしれません。

 おいらは、先日購入&レポした、シーゲイトの750GB SSHD、Seagate Momentus XTシリーズ 2.5inch SATA 6Gb/s 750GB 7200rpm 32MB HDD+SSD(8GB SLC)ハイブリッド ST750LX003で、もうしばらく我慢する予定。こちらは1万円で、750GB。あと2万円がどうしても出せないぼんび〜なおいら。orz でも、ここしばらくは、SSDの価格下落から目が離せませんね。

2012年7月17日 (火)

キヤノン、ImageBrowser 6.9.0a Updater と Picture Style Editor 1.10.3 for Mac OS Xを公開。

 キヤノンが、ImageBrowser 6.9.0a Updaterを公開しています。EOS 60Dの一部機種に対するバグが修正されています。

 また、OS X Lionに対応したPicture Style Editor 1.10.3 for Mac OS Xも公開しています。なお、このバージョンより、Mac OS X 10.5はサポートされません。

 今月、7月24日より最新のMac OS X である、Mountain Lionが販売開始されると噂されています。今後はますます、LeopardやSnow Leopardがサポート対象から外れていっちゃうんでしょうね。

Mac App Storeで、Better Rename 9/Trickster/Cinchが期間限定でそれぞれ170円に値下げ販売中。

 Mac App Storeの値下げ情報です。

【1.Better Rename 9】

 大量にファイル名を変更する必要が有るときに便利なツール、Better Rename 9 - publicspace.net(通常価格、1,700円)が期間限定で170円に値下げ販売されています。→Better Rename 9 - publicspace.net
 デジカメやデジタル一眼レフカメラをお使いの方は、たくさんの画像ファイルをお持ちだと思いますが、何年も取り続けているとファイル名は重複してくるもの。例えば、おいらのキヤノン製一眼レフだと、IMG_0000.jpgからIMG_9999.jpgというファイル名が割り振られますので、撮り続けていると、同じファイル名の写真も生じます。そこで、日付などが反映されたファイル名に変更したりするわけですが、これを人力で行おうとすると大変です。
 でも、Better Tename 9があればすごく簡単。こいつは、画像ファイルのEXIF情報から撮影日や撮影時刻を読み取り、それらをファイル名に反映してくれます。もちろん、RAWデータでも大丈夫ですよ。カメラ名や使用レンズのメタデータを利用することもできます。
 90%オフですから、持っておいても損はしないかと。

【2.Trickster】

 最近使った項目に瞬時にアクセスできる、Trickster - Apparent Software(通常、850円)が、期間限定で170円に値下げ販売されています。→Trickster - Apparent Software
 メニューバーから、すぐアクセスできるようになり、生産性が上がります。

【3.Cinch】

 ウィンドウを画面上端にドラッグすると全画面表示に、左端にドラッグすると左半分表示に、右端にドラッグすると右半分表示にしてくれるユーティリティ、Cinch - Irradiated Software(通常、600円)が、期間限定で170円に値下げ販売されています。→Cinch - Irradiated Software こちらも生産性向上Appですね。狭い画面のMacBook AirやMacBook Pro 13には特におすすめです。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

2012年7月16日 (月)

32型 ハイビジョン液晶テレビ 東芝 レグザ、REGZA 32AC4(32インチ)が28,800円と激安です。

 おいらは、つい先日、同じ32型液晶テレビを買っちゃったんで、「あ〜ぁorz」と思ってるんですが、掲題の32型 ハイビジョン液晶テレビ 東芝 レグザ、REGZA 32AC4(32インチ)が28,800円と激安です。

Voila_capture28

 執筆時現在、価格.comの最安値より安いですよ。しかも送料無料。テレビさえ観られればいい、というシンプルモデルですけど、本来テレビってそういうものですよね。

 この激安価格、28,800円で購入できるのは、amazonのタイムセール。執筆時現在、タイムセール商品の13/43ページ目です。もちろん、タイムセール商品は、数量限定ですから、売り切れ商品が出るとページ順は変わってきますけどね。

 ちなみに、TOSHIBA 32V型地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョン液晶テレビREGZA 32AC4の、amazonでの通常価格は、執筆時現在30,828円。この価格でも、十分安いとは思いますけどね。しかし、すごいお値段ですね。学生時代、14型とか15型のテレビ(当然ブラウン管)を買うのに、バイトした覚えがありますが、今は3日もバイトすれば、32型が買えちゃうのね。

2012年7月14日 (土)

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray PlayerがVer.2.3.5になり、ようやくハムナプトラ三部作が再生できるようになりました。

 先のブログで、ラネクシーオンラインショップが、Macで唯一、市販のブルーレイ映画を視聴可能なアプリケーション、Mac Blu-ray Player ダウンロード版を実質2,980円という格安価格で販売していると書いた際にもちらっと触れましたが、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.3.5にアップデートされています。

Macblurayplayer235

 開発元であるMacGo社の「更新情報」に、

  1. 一部のBlu-ray Discが再生できない問題を修正しました
  2. DVD再生のバグを修正しました
  3. ドイツ語と簡体中国語対応の表記を更新しました

とありましたので、大いに期待していたのですが、今まで再生できなかったイギリスのamazon.co.ukから購入した、リージョンフリーのブルーレイ、「ハムナプトラ トリロジー (ハムナプトラ3部作)」が、ようやく再生可能となりました。長かった・・・

 ちなみに、上記amazon.co.ukで購入した「ハムナプトラ トリロジー」には、日本語音声も日本語字幕もともに入っています。リージョンフリーですから、もちろん日本のブルーレイプレイヤーでも、普通に再生できますよ。イギリスからの輸入になりますが、お値段は2千円しなかったです。このあたりの詳細は、こちらのブログをご参照。

 おいらの持っているブルーレイのディスクで、Mac Blu-ray Playerで再生不可だったのは、ハムナプトラシリーズだけ。これがようやく再生可能になったことで、手持ちのブルーレイは、すべてMacで視聴できるようになりました。Mac Blu-ray Playerは着実に改善・改良されているようです。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB接続のバッファローやIOデータのもの(ともにPC用です。Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。

【関連記事】

コムテックのGPSレーダー探知機、COMTEC ZERO 223Vが9,800円と格安です。

 もうすぐ夏休み。家族そろって長距離ドライブという方も多いかと思います。そんな長距離ドライブの際に、心に安らぎを与えてくれるのが、レーダー探知機。これをつけてると安全運転できちゃうんですよね。
 制限速度で流れに乗って走ってたのに、突然現れたオービスにびっくりして急ブレーキ!、なんてことありませんか? 走り慣れた地元の道ならこんなことはないんですけど、初めて走るところ、旅行先ではびっくりすることがありますよね。でも、レーダー探知機をつけてると予め知らせてくれるので、このびっくり!、がなくなっちゃうわけですよ。急ブレーキを踏む必要もなし。

Img_6613_2

 おいらは、この2世代前のCOMTEC ZERO 220Vを愛用していますが、最近のレーダーはほんとうによくできています。おいらは、音だけで知らせてくれるやつからの乗り換えでしたから、特に感動が大きかった。
 さらにびっくりしたのは、速度表示の正確さ。ほとんどメーターと差がありません。GPSで速度計算しているわけですが、この正確さは恐れ入ります。おいらは旧モデルの220Vを9,800円で購入したのですけど、今やコムテック(COMTEC)超高感度GPSアンテナ内蔵レーダー探知機 ZERO 223Vが、同じ9,800円ですよ。

 このシリーズは、最新のGPSデータを無料でダウンロードできますし、軽くてサンバイザーにも付けられますし、液晶画面も見やすいですし、お値段も手頃ですし、たいへんおすすめです。

 なお、COMTEC ZERO 223Vには、ジャイロシステムは付いてませんから、GPSを受信できないトンネル内や高架下では、ちょっと能力不足になっちゃいます。ジャイロ搭載の機種も2世代前のコムテック(COMTEC) 超高感度GPSアンテナ内蔵レーダー探知機 ZERO 662V(執筆時現在、13,800円)なら、あまり値段が変わりません。もっとも、1万円未満か以上か、っていうのは大きいとは思いますけどね。

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Player が、今だけ2,980円と格安です。

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray PlayerがVer.2.3.5にアップデートしています。購入前に試用できますから、試してみたい方もぜひどうぞ。なお、上記リンクから購入すると、通常$59.95のところが、$39.95(約3,200円)と格安に購入できます。
 しかし今回は、上記本家サイトからの購入より、日本の取り扱い販社であるラネクシーオンラインショップから購入されるほうがお得です。

 ラネクシーオンラインショップでは、通常5,980円のMac Blu-ray Playerを、45%オフの3,480円で販売中です。さらに、ダウンロード販売ですから、ラネクシーに会員登録する必要があるのですが、登録すれば500円相当の500ポイントが付与され、実質的に2,980円(会員割引もあるので、実際はさらに安くなる)で購入可能になります。
 この価格は、最近の最安値です。本家サイトと違い、国内サイトで日本語ですし、購入の壁も低いかと。

 Macで市販ブルーレイの映画等を鑑賞したかったけど、再生のためのアプリが高くて諦めていた方、今ならお得にMac Blu-ray Playerを購入できますよ。

 なお、ブルーレイの視聴には、当然外付けブルーレイドライブは、必要になりますからね。これがないとブルーレイを見ることは物理的に不可能です。
 でも、1台買っておけば、バックアップ用途(25GBとか50GBとかの容量ですから、デジタル一眼レフのRAWデータの保存に便利です。)や、自分で撮影した映像をブルーレイ化したりすることもできるわけで、買っておいて損はないですよ。お値段も1万円以下とこなれていますし。

 おいらは、バッファローのBR-X816U2(据置型)とBRXL-PCW6U2-BK(ポータブルタイプ)をamazonで購入し使っておりますが、普通にMacで使えます。Mac Blu-ray PlayerによるBDの再生、Roxio Toast11 Titanium Blu-rayプラグイン付によるBDおよびBD-REへの書き込み、ともに問題なくできています。コスパを考えると、この2つのドライブはお買い得ですよ。

2012年7月13日 (金)

App Store、今週のAppは写真を組み合わせてコラージュを作成しシェアできるDiptic。もちろん、無料。

 App Store、今週のAppは写真を組み合わせてコラージュを作成しシェアできるDiptic - Peak Systemsです。もちろん、無料。→Diptic - Peak Systems

Diptic_01

 簡単な操作で、スクエア形状のコラージュを作成できます。コラージュを作る写真は、iPhoneで今から撮影するものでもいいですし、カメラロールにある写真でもOKです。

Diptic_02

 基本的な操作は、

  1. コラージュの形式を選ぶ
  2. 写真を貼る
  3. シェアする

でおしまい。上のスクショは、カメラロールの写真を貼りこんでみたものです。

Diptic_03

 シェアは、メール・Fecebook・Flickr・twitter・Instagramなど。もちろん、普通にセーブもできますし、事実上どこにでもシェアできます。

 実際にできた画像は、こんな感じ。1024×1024のファイルができあがったのですが、ブログ掲載用に800×800に解像度を落としています。

Diptic

 写真を何枚も送るのは、特にメールの場合気が引けますけど、こうやって組み合わせて1枚の写真にすれば受信する方もそんなに気にならないかも。あと、写真掲載数に制限のある、オークションの商品写真に使うのもあり? というわけで、無料ならいいんじゃないでしょうか。

 Dipticには、Mac用のアプリケーション Diptic - Peak Systemsもありまして、こちらは85円です。→Diptic - Peak Systems

 iPhone用があれば、事足りるとは思いますけども。

今月発売開始予定の最新版OS、Mac OS X Moutain Lionの対象機種は?

 今月発売開始予定の最新版OS、Mac OS X Moutain Lionですが、Intel Macのうち、EFIファームウェアが32ビットである機種は、対象外のようです。

 常識的に考えると、Mac OS X 10.8 Moutain Lion登場後も、現行OSのOS X Lion は、Mac App Storeで併存販売されるということですね。10.8にアップグレードするには、10.7であることが必要なので、10.7をなくすことはできないということです。

 Mac OS X Moutain Lionの稼働する機種を具体的に挙げると、

  • iMac(Mid 2007以降)
  • MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
  • MacBook Air(Late 2008以降)
  • Mac mini(Early 2009以降)
  • Mac Pro(Early 2008以降)
  • Xserve(Early 2009)

となります。

 おいらが手元に残しているIntel Macで一番古いのは、2007年7月発売のMacBook Pro(15-inch Core2Duo)なんだけど、この子は現行のOS X 10.7で打ち止めです。
 それでも、6年間使えてるわけだから、十分長い間働いてくれているわけなんだけどね。もちろん、Lionのまま余生を過ごしてもらいます。今は4chの防犯カメラとして、24hフル稼働中。QuickTime Proってほんとに使えます。

 PowerPC Macなら、PowerBook G3 (Bronze Keyboard)が現役で、FirstClass Serverとして24h、365日フル稼働してますけどね。1999年5月発売のモデルです。何の問題もなく、サーバーとしてフル稼働中。
 もう1つ前のPowerBook G3 Seriesも、動態保存しています。万が一、Bronze Keyboardが壊れた時用のバックアップに。お遊び用とはいえ、一応、サーバーですからね。(^^)

 話が脱線しましたけど、Mountain Lion非対応のMacで頑張っておられる方は、そろそろ買い替えどきかも。今のMacBook ProおよびMacBook Airは、Thunderboltあり、USB3.0ありで、ひとつの完成形と思いますよ。おいらは持ってませんけどね。

2012年7月12日 (木)

各アプリのウィンドウ配置をショートカットキーで復元できるBreezeが無料です。

 現在、Prallels Desktop 7 for Macを含む10個のアプリケーションバンドルを$49.99で販売中のstacksocialですが、Breeze(通常$8)というデスクトップウィンドウの配置をショートカットキーで復元できるユーティリティを無償で配布しています。ただし、twitterでのフォローおよびツイート、もしくはFacebookでのシェアが必要になりますけどね。
 ダウンロード後、シリアルナンバーがWeb上に表示されますから、忘れないようにCopyしておきましょう。

Breeze

Voila_capture24

 各アプリケーションウインドウの現在の配置をSaveする際に、その配置の名前、ショートカットキーをそれぞれ割り当てることができます。小さな画面のMacBook Air 11インチモデルなどをお使いの方には、便利に使えるツールですよ。
 stacksocialは、他にも無償配布を行なっていますので、いちどサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか? 現在の一押しは、Parallelsを含むバンドルですけどね。

レチナディスプレイ、USB 3.0に対応したParallels Desktop 7 for Mac Ver.7.0.15104 アップデート配布中ですよ。

 Macで人気の仮想環境アプリケーション、Parallels Desktop 7がアップデートし、最新のMacBook Pro、MacBook AirのUSB 3.0に対応しました。また、MacBook Pro with Retina displayにも対応しています。
 アップデートは、Parallelsのメニューバー、「更新をチェック」から行うことが可能です。また、こちらからもダウンロードできます。

Parallels_ver7015104

【改良点】

  • MacBook Air (Mid 2012)、MacBook Pro (Mid 2012)、MacBook Pro with Retina displayといった最新のMacで、Windows 8、Ubuntu、Fedoraを実行。
  • 仮想マシン上で、Fedora 17を実行。
  • 最新のMac OS X Mountein Lion上にインストール可能。
  • 仮想マシンのCD/DVD-ROMドライブとして、IMG形式のディスクイメージを利用可能。
  • 仮想マシン上でUSB 3.0デバイスを利用可能。
  • Parallels Mobile - Parallels, Inc.の接続性の向上。
  • 高速インストール時のLinuxディストリビューションの検出能力を向上
  • レチナディスプレイをサポート

 おいらのMacBook Airは、最新でもなければ、USB 3.0でもないわけですけど、一応アップデートしました。特に問題は生じていません。

 そうそう、昨日お知らせしたように、今ならParallelsを含む10個のアプリケーションをたったの4千円(&49.99)で購入できます。Parallelsの購入を考えておられた方には、いいバンドルですよ。

Steve Jobs(原書ハードカバー)が、1,562円。英語からかなりの時間離れてしまったので買ってみますか。

 amazonのタイムセールで、「Steve Jobs(英語版、ハードカバー)」が1,562円で販売されています。例によって、こちらのタイムセールのリンクから購入していただかないと、この価格にはなりませんよ。
 日本語版ではカットされている索引や登場人物ページもあり、原書を購入する意味はあるかも。それ以前に、邦訳版の装丁はひどすぎるので、デザイン(Jobsの場合、これが一番大事!)の面からも、原書を買う意味はあります。
 amazon.co.jpでの通常価格は2,623円です。その価格でも、邦訳版(2冊に分冊されているので、合計4千円ほど)よりは、はるかに安いのですが。

 本家amazon.comでの、Steve Jobs [Hardcover]の価格は$19.77也。日本への発送は、送料も加算されるので、今回の1,562円はどう考えてもお得です。本家amazon.comには、Kindle版やAudible Audio Edition、Audiobook版などもありますよ。

 頭の体操代わりに、久しぶりに原書を読むのもいいかも、と思ったわけですけど最後まで読みこなせるかな? 学生時代の原書購読とは異なり、iPhoneの英和辞典片手に、あるいは翻訳Appのお世話になりながら読み進めば、意外といけるのでは?、と甘く考えています。きっと届いた時に、その重さと分厚さに驚愕すると思うんですけどね。(^^)

2012年7月11日 (水)

Parallels Desktop 7 for Macを狙っていた方に朗報! Parallelsを含む総額$953のMac用アプリが、$49.99と格安販売中ですよ。

 Parallels Desktop 7 for Macの購入を考えていた方に朗報です。Parallels Desktop 7 for Macを含む10個のアプリケーション(1つは教材なんですが)が、$49.99で購入できます。現在のレートで、4千円ほどでしょうか? Parallels以外に、もう1つくらい必要なアプリケーションが含まれていれば、お得かと思います。

10essential

 今回のバンドルに含まれているアプリケーションは、

  1. Parallels・・・Macで人気の仮想環境ソフトウェア。
  2. TextSoap・・・スペースや改行、タブ、引用符、段落の削除及び追加。さらには、HTMLタグの追加・削除などができるテキスト整形ツール。
  3. Disk Drill Pro・・・ファイルやデータの保護、復旧ができるツール。
  4. PaintSupreme・・・簡単な操作で制作・編集・仕上げのできる画像編集ソフト。
  5. Clarify・・・スクリーンキャプチャソフト。
  6. Snagit・・・スクリーンキャプチャソフト。編集機能も充実。
  7. iOS App Development Video Course・・・その名のとおりビデオ教材です。
  8. HandsOff・・・Macをモニターしプライバシーを保護。
  9. Elasty・・・動画編集ツール。クロップしたりローテートしたりできます。
  10. iGlasses・・・FeceTimeカメラを自在にコントロール。

です。今回のバンドルも、Mac App Dealsです。残された時間は16日とまだ余裕がありますね。

 最初に書きましたが、Parallels以外にも欲しいソフトがある方には、いいバンドルかもしれません。

Roxio Toast 11 Titaniumが、50%オフ。約4,000円と超格安なのはあと3時間だけですよ!

 6月21日のブログでお知らせしました、「Roxio Toast 11 Titaniumが、50%オフ。約4,000円と超格安。」なのは、あと3時間ほどで終了ですよ。必要な方はお早めにどうぞ。

 というわけで、再掲しておきますね。↓

 Roxio Toast 11 Titaniumと言えば、Macユーザー必携のDVDオーサリングソフト。DVD-RやCD-R、BD-RやBD-RE(BD-RおよびBD-REを焼くには後述のプラグインが必要になります)を焼くには、これ以上のアプリケーションはないでしょう。

 問題は、そのお値段。機能豊富なのはありがたいんですけど、値段もけっこうします。ところが、そのRoxio Toast 11 Titaniumをたったの4,000円ほどで入手するチャンス到来。Mac App Dealsが、期間限定で、Roxio Toast 11 Titaniumの半額セールを実施中です。海外通販(ダウンロード購入ですから配送等待つ必要は一切ありませんが。)、クレジットカードもしくはPayPalでの支払いと少々敷居は高いですけど、アプリケーション自体はインストーラーも含め、日本語化されていますので、ふつうに使うことができますよ。

Toast

 敷居は高いけど、この価格で入手できることはめったにありませんから、必要な方は、お早めにどうぞ。
 ちなみに、ブルーレイ(Blu-ray)を焼くためのプラグイン、Toast® 11 HD/BD プラグインは、こちらから2,625円でダウンロード購入できます。これでBD-RBD-REを焼くことができるようになりますよ。

 外付けのブルーレイドライブは必要になりますが、ブルーレイドライブも1万円でお釣りが来るほどの値段になっていますので、買いどきと思います。下でご紹介しているのはMacで動作します、というか、私が購入して実際に使っているブルーレイドライブです。動画ファイルやデジタル一眼のRAWデータの保存にも使えますし、快適で便利ですよ。

ロジテックがアウトレット祭開催中。Bluetoothヘッドセットやヘッドホンが安いです。

 ロジテックがロジテック・アウトレット祭を開催中です。

 ↑のリンクから「全商品500円引クーポン」も利用できますから、更に安くなりますよ。すでに売り切れているものもいくつかありますが、ご自分の好みのヘッドホンを使えるBluetoothレシーバー、LBT-HP200C2ABKWolfson Audio Plus 3D1500円です。もちろん、ヘッドホンも付いてくるのですけど、ここは自分の気に入っているヘッドホンを使いたいですよね。マイク機能もありますし、iPhoneの通話にも使えますよ。

 片耳がけのBluetoothヘッドセット、LBT-HS050C2SVBluetoothヘッドセットなんか、680円ですよ。500円クーポンを使ったら・・・

 送料525円がかかっちゃうので、送料無料にしようと思うと5000円以上購入する必要があるのが辛いところなんですけどね。【リユース品】[500GB]LaCie USB2.0対応2.5インチ外付ポータブルHDD rikikiシリーズ 500GB LCH-RK500U2-YYあたりと組み合わせて、送料無料にするのがいいのかなぁ。

2012年7月10日 (火)

8GBのSSD(SLC)内蔵のハイブリッドHDD、Seagate Momentus ST750LX003は、RAID 0のWD My Book Thunderbolt Duoより起動が高速! というわけでレビューです。

 8GBのSSD(しかもSLCタイプという高級仕様)を内蔵した2.5インチハイブリッドHDD、シーゲイトのMomentus ST750LX003購入してだいぶ経ちますが、ようやくレビューできる時間が取れました。かなりいい加減ですが、備忘録を兼ねてレビューします。

 まず、なぜ512GBのSSDではなく、この750GBのSSHDとでもいうべきST750LXを選んだのか。はっきり言ってコスパです。512GBのSSDもかなり安くなっており、Crucial M4 512GB CT512M4SSD2などは35,000円ほどで購入できます。しかしそれでも3万円。

 対して、750GB容量のMomentus ST750LX003は、たったの1万円で入手できます。250GBも容量が多いのに、2万5千円も安い。それでいて、Macの起動などはかなり速くなるらしい。というわけで、実際どんなものか試してみたかったわけです。

Img_5143

Img_5147

 正規代理店の商品ですから、3年保証です。長寿命なSLCとは言え、8GBの容量では、やはり寿命が心配。3年保証なら、3年後は大容量SSDも手頃な価格になっているでしょうし、十分です。

 SSD+HDDという特殊な仕様ですが、形状はごくごく普通の2.5インチのSATA接続HDDです。厚さは9.5mmですから、普通のノートPCなら何の問題もなく換装できるでしょう。もちろん、おいらのApple MacBook Pro 2.3GHz 13.3インチ MC700J/Aにも、無問題で内蔵可能です。

 MacBook Proは裏のボトムケースを0番の+ドライバーで外し、HDDを固定しているプラスチックパーツを同じドライバーで外し、HDDの4箇所に取り付けられているインシュレーターをT6のトルクスで外せば、簡単に載せ替えることできます。

Img_5149

Img_5151

 おいらのMacBook Proは、WDの12.5mm厚1TB HDDに換装していましたので、ST750LX003に換装すると、3mmの厚みの差だけHDDとボトムケースの間の隙間が広がります。ま、純正と同じ状態に戻ったわけですけども。

 というわけで、さっそくXbench 1.3でベンチマークテスト。

St750lx003

 シーケンシャルRead/Writeが100MB/s程なので、ごくごく普通の2.5インチHDDの速度といったところでしょうか。Blackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Incで測定すると、Read/Writeともに110〜120MB/s程度出ています。
 ちなみに、元のウエスタンデジタルの1TBは、こんな感じ。

Wd10tpvt

 遅い・・・ 遅すぎる・・・ 載せ替えた当時は、そんなに遅いと思いませんでした(別機種、MC374J/Aに載せた時のデータがこちらにあります。)が、1TBをほぼ使いきり、フラグメンテーションも発生しているでしょうし、仕方ないかな。

 ちなみに、Momentus ST750LX003と起動時間対決してくれるのは、WDのThunderbolt接続RAID 0の外付けHDD、My Book Thunderbolt Duo 6TBモデル (WDBUPB0060JSL-JESN)です。こいつのベンチマークはこんな感じ。

Mybook_thunderbolt_duo

 さすがに速いです。200MB/sオーバーの数値もちらほら見えますし。ちょっと遅目のSSDといったところでしょうか。そうそう、Thunderbolt Duoは以前のブログでMacBook Air内蔵のフラッシュドライブと速度比較してますから、そちらの記事もご覧くださいね。

 Thunderbolt接続のHDDは、絶対にRAID 0もしくは、RAID 5のモデルを選ぶべきですね。でないと、せっかくのThunderboltインターフェースの高速性能を活かせません。もちろん、My Book Thunderbolt Duoは、複数台を束ねてRAID 0にできますから、お金さえあればさらに高速にすることも可能です。

 というわけで、MacBook Pro 13(MC700J/A)を使って起動速度対決です。内蔵したST750LX003にも、そして外付けのMy Book Thunderbolt Duoにも、同じシステム(Mac OS X 10.6.8)、同じアプリケーション、同じ初期設定が入っています。簡単に言うと、My Book Thunderbolt DuoにOSを新規インストール後、内蔵(ST750LX003)のシステムから移行アシスタントを使って、すべての内容を移しただけなんですけどね。常識的に考えると、Thunderbolt Duoの方が、HDD内の状態(断片化とか)はいいはずです。

 で、結果は・・・
 少々時間がかかりますが、下記動画をご参考に。再起動したのが明らかにわかるように、Blackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Incを起動項目に入れています。Blacmagic Disk Speed Testの大きなメーターの画面が立ち上がれば、一応起動している状態。
 また、完全に起動した状態は、メニューバー右上の時計が、「きちんと秒を刻みはじめた」時間をもって、再起動完了とみなしています。メニューバーをよくご覧いただければ、シーゲイトのST750LX003の方が、パパパッと素早くアイコンが並んでいくのがお分かりいただけるかと。

 SSDの速さは魅力だけど、大容量のSSDはまだ高価でちょっと手が出ない方、Seagate Momentus XTシリーズ 2.5inch SATA 6Gb/s 750GB 7200rpm 32MB HDD+SSD(8GB SLC)ハイブリッド ST750LX003は、かなり魅力的な選択肢かと思います。とりあえず、これでしのいで、さらに値下がりすればSSDに移行すればいいのですから。

 なお、750GB程度では全然足りないとおっしゃる方には、これはもうThunderbolt接続のRAID 0 HDDしかないでしょう。4TBのMy Book Thunderbolt Duo (WDBUPB0040JSL-JESN)なら、昨日からなぜかすごくお値打価格になっていますし。

 ログイン項目(Windowsでいうところのスタートアップ項目)に、かなりの数のアプリが入っていますので、高速なThunderbolt HDDでさえ再起動に1分少々かかっていますが、ST750LX003の起動は49秒です。起動するアプリケーションの数を増やせば増やすほど、この差は広がります。

 今回は「再起動」で計測しています。再起動の場合、システム終了に12秒かかりますから、実際の起動は、ST750LX003を内蔵したMacBook Proの場合、30秒少々です。もちろん、OS Xをインストールしたばかりの素の状態じゃなく、普通に使っている状態(アプリはてんこ盛り。ログイン項目に登録された常駐アプリも多数。)でですよ。

 十数秒で起動完了する、MacBook Airにはとてもかないませんが、ST750LX003のスピードなら再起動も全く苦になりません。コスパを考えれば、たいへんお薦めできる、高速HDDだと思います。値段もたったの1万円と安いですしね。もっとも、おいらが買った時より、2千円ほど値下がりしていますが・・・orz

Sshd

 最後に、内蔵した状態での稼働中のHDD温度についてお知らせしておきます。エアコン無し、室温25℃程度の部屋で、上のように38度という結果でした。ちなみに、My Book Thunderbolt Duoは2台のHDDがともに55℃。こちらは少々温度高めなのが気になりますね。ウエスタンデジタルのThunderbolt Duoも3年保証ですから、壊れたら修理してもらうだけですけれど。もっとも大容量なだけにバックアップは大変そうです・・・

 以上、遅くなりましたがご報告でした。

2012年7月 9日 (月)

Raid 0/1対応のThunderbolt接続HDD、Western Digital My Book Thunderbolt Duo 4TBモデル(WDBUPB0040JSL-JESN)が44,987円と格安ですよ!

 おいらも購入して、その速さと容量に大満足している、ウエスタンデジタルのRAID 0/1対応Thunderbolt接続HDD、My Book Thunderbolt Duoですが、その4TBモデル WDBUPB0040JSL-JESNが、なんと5万円を大きく割り込み、執筆時現在44,987円で販売されています。格安です。今まで見た中で最安値です。

 以前にブログに書きましたけれど、おいらのMy Book Thunderbolt Duoは、MacBook Air内蔵のSSDとほぼ同じくらいのRead/Write速度(共に200MB/sオーバー)です。SSDで4TBとか6TBというのは、よほど財力がないと厳しいですけど、My Book Thunderbolt Duoならこの価格でこの大容量。もちろん、2台購入してRAID 0構成にすればさらにスピードはアップします。

 現状、一番安くThunderboltの高速性能を楽しめるHDDですね。6TBモデルのWDBUPB0060JSL-JESNも、今後値を下げてくるのかもしれません。3年保証もついてますし、本当におすすめですよ。

 なお、このHDDにはThunderboltケーブルは添付されておりません。Apple純正もいいですけど、おすすめは住友電工 Thunderboltケーブル (1.0m, 白)です。1mだけでなく、長さは30cmから3mまで、選べますよ。

2012/13 サマーリーグ。JTマーヴェラスは西部大会3位で予選通過。

 辛うじて予選通過というわけですけど、我らがJTマーヴェラスにはMBがマコ(石川友紀選手)しかいないことを考えれば、予選を通過できただけでも儲けもの。サマー決勝には、アイカ(芥川愛加選手)が戻ってきてくれればなぁ。MBが欠けたままでは、決勝は無理。

Img_0410

Img_0411

Img_0427

 ケイキ(西山慶樹選手)は、まだまだコンディション戻らずですね。無理して動かしてるんだろうけど・・・ 涼しい北海道で、身体を冷やさないように、しっかりケアしてくださいませ。
 予選最終日のバレーボールクリニックの前に、けっこう長く慶樹と話ができたんですけど、バレーの話は一切なし。iPhoneの話とかMacBook Airにすれば?、とかのヲタ話ばかりでした。(^^) 

Img_0685

 で、お宝ゲットん。おいらのiPhoneは、夏場は、水中カメラにもなるLifeProof™ iPhone 4/4S Gen 2というケースの中なので、誰にも見せびらかせないのが辛いところ。(^^)

シリコンパワーの256GB SSD、SP256GBSS2T10S25が12,980円と格安です。

 SSDの値下がりが半端ないです。つい最近、128GB容量のSSDが1万円を切ったと思っていたら、256GB容量のSSDも1万円台前半・・・

 今回ご紹介するのは、シリコンパワーの256GB容量のSSD、SP256GBSS2T10S25。お値段、なんと12,980円ですよ。MacBook Proなら2台買って、光学ドライブを外しそこにもSSDを入れて、512GB容量のRAID 0構成にすれば爆速MacBook Proのできあがりです。

 外した光学ドライブのところに、SSDを搭載するためには薄型光学ドライブベイ用 2.5インチ SATA ハードディスクマウンタ シリーズ 上海問屋 DN-69810 [★]が必要になります。このマウンタは、

  1. IDE接続12.7mm厚
  2. SATA接続12.7mm厚
  3. IDE接続9.5mm
  4. SATA接続9.5mm厚

の4種類ありますが、MacBook Proで使われているスーパードライブは、SATA接続9.5mm厚のウルトラスリムドライブですから、マウンタもSATA接続9.5mm厚を選んでくださいね。

 2台買っても、25,960円。これでRAID 0運用すれば512GB容量で、最新最速のSSD並の速さになりますからね。RAID構成の場合、現状Trimが使えないのは痛いですけど3年保証だしね。いい時代になったなぁ。

  • 2.5インチ SATA II インターフェース
  • DDR2 DRAM キャッシュ付き (プチフリ解消、製品寿命延ばす)
  • 電圧センサー付き (データ消去防止)
  • TRIMコマンド対応「W7のみ」 / ガーベジコレクション技術採用
  • S.M.A.R.T技術採用 (ドライブ自己診断)
  • エラー訂正ECC機能搭載
  • Wear Leveling機能
  • 低消費電力設計
  • 3年保証
  • 読込:250MB/s 書込:230MB/s(最大値)

といったところが基本性能。3年保証なのが、SSDという商品の場合、ありがたいですね。

2012年7月 6日 (金)

Back in focus、iDocument、Ripit、Macsnapperなど総額$264相当のMac用アプリケーションが$30で販売中!

  1. 文書管理ソフトのiDocument
  2. ピントがずれている写真を綺麗に直してくれるBack in focus
  3. 日本ではちょっと使い道がないですけどパーソナルチェックを管理してくれるCheckbook PRO
  4. 写真の被写界深度を変えられるFocus
  5. DVDリッピグソフトのRipit
  6. 書いたものをWebやPDFに一瞬で書きだしてくれるMacsnapper

の合計6種類、$264相当のMac用アプリケーションソフトが、期間限定で$30で販売されています。今回のバンドルを販売しているのは、MacBundler

Macbundler

 写真好き、カメラ好きな方はBack in focusとFocusが気になりますね。Back in focusは、こちらに日本語マニュアル(PDFです)もあります。お値段7,800円のソフトですから、このアプリのために$30のバンドルを購入しても、十分お得ですよ。

 文書管理ソフトのiDocumentは、Mac App Storeに無料の簡易バージョン、iDocument Lite - MOKA Codeがありますから、そちらで使い勝手を試して見ることもできます。円高の今ですから、ぽぽ〜んと$30で買っちゃうのもありかも。

Thunderbolt接続のポータブルHDD、HD-PA1.0TU3とHD-PA1.0TU3がバッファローダイレクトで販売中です。今なら10%オフで最安値かも。

 以前にブログでお知らせした、BUFFALOのThunderbolt接続(USB3.0端子もあり)のポータブルHDD、1TB容量のHD-PA1.0TU3500GB容量のHD-PA500TU3が、バッファローダイレクトで、販売開始されています。1TB容量のHD-PA1.0TU3が29,800円。500GB容量のHD-PA500TU3が24,800円という価格ですが、バッファローダイレクトでは、7/11まで対象商品を10%オフで購入できる「七夕クーポン」を使うことができますので、実質的にはHD-PA1.0TU3を26,820円、HD-PA500TU3を22,320円で購入することができます。

 バッファロー直販だけに、今のところ最安値でしょうか? 10%オフの七夕クーポンが使えなくなると、下記リンクのamazonとほぼ同じ価格になるんですけども。

  1. BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3
  2. BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 500GB HD-PA500TU3

 週末にはHD-PATU3シリーズを購入した方のレビューが、あちこちで報告されるかもしれませんね。さっそくバラしてSSDを組み込む人が出てきそうです。いずれにせよ、ベンチマークテストの結果は、楽しみです。

2012年7月 4日 (水)

バッファローのThunderbolt接続外付けHDD、HD-PATU3シリーズは7月7日販売開始!

 以前にブログでお知らせした、BUFFALOのThunderbolt接続(USB3.0端子もあり)のポータブルHDD、

  1. BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3
  2. BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 500GB HD-PA500TU3

の発売日が7月7日に決定したようです。

 すでに、amazonで予約可能ですが、執筆時現在、1TBモデルのHD-PA1.0TU3が29,799円。500GBモデルのHD-PA500TU3が24,800円。1本5,000円前後のThunderboltケーブルが標準添付されていることを考えると、めちゃくちゃ高いわけじゃないのかも。
 高価な外付けポータブルHDDには違いないですけど、欲しい人は欲しいですよね。1TBと500GBで5千円の差なら、迷わず1TBに行けそうです。高額なので意外と手に入りやすいかもしれませんし、今は数少ないThunderbolt接続ハードディスクなので初期ロットは瞬殺ということもあるかも。みなさん、どうされます?

 おいらは、ウエスタンデジタル製の6TB RAID0/1対応 サンダーボルト接続HDD、My Book Thunderbolt Duo 6TB WDBUPB0060JSL-JESNを購入したので、ちょっと手が出せませんけども・・・

通常千円前後する、Ulysses、HyperPDF、Inpaint Proが170円など、Mac App Store値下げ情報。

 Mac App Storeの値下げ情報です。

 写真の中の不要物を綺麗に消してくれる、Inpaint Pro - Maxim Gapchenko(通常価格1,300円)が、期間限定で170円に値下げして販売されています。→Inpaint Pro - Maxim Gapchenko

 まるで本のページをめくるようにPDFファイルを閲覧でき、全画面表示のプレゼンテーションモードも搭載。さらにPDFに枠や注釈、メモを着けることのできる、HyperPdf - Neomobili(通常850円)が、期間限定で170円に値下げして販売されています。→HyperPdf - Neomobili
 開発者による動画がありますので、それをご覧いただくのが一番わかりやすいと思いますよ。

 長文を書くのに最高のエディタ。非常に強力な検索機能を持ち、かつては40ユーロほどしていたUlysses - The Soulmen(通常1000円)が、期間限定で170円に値下げして販売されています。→Ulysses - The Soulmen
 こちらも、製作者による動画が多数ありますので、ご覧いただくのがわかりやすいかと。

 なお、上記の「導入編」以外にも多くの動画がアップされています。

 いずれも、通常は1000円前後するアプリケーションですから、170円はお得かも。特に物書きさんにはUlyssesは試してみる価値があるかもですよ。

2012年7月 3日 (火)

iPhoneやiPad、そしてバッテリーの持ちが悪いアンドロイド端末に最適な10000mAh、2.1Aと1A出力のUSB端子2個搭載の携帯バッテリーが2千円台と安いです。

 今回は、タイトルが全てなんですけども。

 iPhoneやiPad、そしてバッテリーの持ちが悪いアンドロイド端末に最適な10000mAh、2.1Aと1A出力のUSB端子2個搭載の携帯バッテリーが2千円台と安いです。iPhoneやiPadは比較的バッテリーがもつほうだと思うのですけど、他社のスマホ利用者は昼休みに充電なんてこともよくあるそうで・・・

 自分のオフィスや職場なら充電も簡単なんですけど、出先の場合は携帯バッテリーというか、携帯充電器に頼ることになりますね。私も、SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2BSを2個持っていて、遠征時には1個を持って出かけております。

 SANYOのKBC-L2BSや、その後継機とも言えるPanasonic USBモバイル電源 5,400mAh 白 QE-QL201-Wなどは、5000mAh(もしくは5400mAh)の容量で執筆時現在3千円台〜4千円台といったところ。もちろん、日本メーカー製ですから、信頼性とかいろいろ優れているんですけどね。
 ところが、amazonには、10000mAhという倍の容量、しかもUSB1口の出力電流が2.1Aという大電流を流せるモバイルバッテリーが2千円台で販売されています。

 その代表が、cheero Power Plus 大容量 10000mAh モバイルバッテリー iPhone4S / iPhone 4 / iPhone3GS / 新iPad / iPad2 / iPad / iPod / スマートフォン 対応 携帯バッテリー 出力2.1Aと1AのUSB×2で2台同時充電可能 ★1年保証★ 日本語取扱説明書付き。執筆時現在のお値段、2,210円+送料350円の合計2,560円。カスタマーレビューを見る限り、悪くはない製品のようです。

 もう1つは、エネループのそっくりさんのenecycle EN03 10000mAh・2.1A+1A出力 大容量携帯充電器 新型iPad対応。こちらは執筆時現在のお値段、2,580円。エネループのパクリのようなデザインはともかく、充電が完了すると自動的にオフになるなど、こちらもレビューの評価は悪くないようです。

 5000mAh容量のKBC-L2BSやQEPL201に比べ、大きさも重さも倍になってしましますけどお値段は安い。というわけで、大容量のモバイルバッテリーをお探しの方には、使いでのある商品かもしれません。おいらは、すでに2個のKBC-L2BSがあるので、そいつの寿命が来てから、考えることにしますけど。

SimCity™ Deluxe for iPadが85円。と言うより、Electronic Arts社のゲームAppがすべて85円に値下げ、などApp Storeの値下げ情報。

 App Storeで、iPad用ゲームApp SimCity™ Deluxe for iPad - Electronic Arts(通常600円)が、85円に値下げして販売されています。→SimCity™ Deluxe for iPad - Electronic Arts

 また、iPhoneおよびiPod touch用のSimCity™ Deluxe - Electronic Arts(通常250円)も、85円に値下げして販売されています。→SimCity™ Deluxe - Electronic Arts

 iPad用ゲームApp NBA JAM by EA SPORTS™ for iPad - Electronic Arts(通常450円)が、85円に値下げして販売されています。→NBA JAM by EA SPORTS™ for iPad - Electronic Arts

 また、iPhoneおよびiPod touch用ゲームApp NBA JAM by EA SPORTS™ - Electronic Artsも、85円に値下げして販売されています。→NBA JAM by EA SPORTS™ - Electronic Arts

 と、ちまちまと書こうと思いましたが面倒なので一気に。

 Electronic Arts社iPad用ゲームAppが、全品85円までの価格に値下げして販売されています。もちろん、期間限定ですよ。必要な方は、お急ぎを。

 もちろん、iPhoneおよびiPod touch用のゲームアプリも、全品85円までの価格に値下げされています。

 850円じゃちょっと考えてしまいますけど、85円ならポチッとしてしまいますね。

2012年7月 2日 (月)

ソニー、アップルに楽曲配信、販売増へ戦略転換!

 日本経済新聞によりますと、「ソニー、アップルに楽曲配信、販売増へ戦略転換!」だそうです。リンク先の記事は、会員限定の記事ですが、無料会員登録すれば、月20本まで記事を読むことができますよ。

 で、その記事の内容がいつの間にか差し替えられていて、単にSONYグループが版権をもつ曲を、レコチョクに配信し、iPhoneやiPodユーザーはレコチョクで購入した曲を専用App レコチョクplus+ おあずかり楽曲無料DLプレイヤー - RecoChoku Co.,Ltd.で視聴する、ということみたいです。iPhone、iPodユーザーは、きっと見向きもしないでしょうね。

 日経さんは過去の記事で、docomoがiPhoneを扱うとか、ずいぶんいろいろ期待させておきながらこの有り様ですから、上の記事もちょっと心配になっちゃいますけどね。というより、誤解を招くような見出しの記事を書かないで欲しい。内容も差し替わってるし。

 SONY系レーベルが加わることで、日本のiTunes Storeもようやくラインナップがそろうことになるのかな。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ