隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

amazon、学生向けに会員制プログラムを開始。本なら10%のamazonポイントが還元されるとか。

 amazonが、学生向けサービスAmazon Studentを開始しています。

 Amazon Studentは、年会費1900円の有料サービス。ただし、6ヶ月間は無料で試すことができます。

 サービスの内容は、

  1. 当日お急ぎ便・お急ぎ便・お届け日時指定便が何度使っても無料
  2. 購入した本代の10%がAmazonポイントで還元される(コミック・雑誌を除く)
  3. その他Amazon Student会員限定の特典やキャンペーン

とのことです。

 基本的に、Amazonプライム会員の価格を1900円に引き下げ、さらに書籍購入などを実質10%引きにしてくれるサービスですね。

 一番良く本を読むであろう学生さんを対象に、amazonがこのようなサービスを始めると、街の本屋さんはますます大変なことになっちゃいますね。

 おいらが学生の頃、本を買っていたのは、大学生協の書籍コーナー、駸々堂、丸善、ジュンク堂あたり。その駸々堂もとっくの昔に破綻し、梶井基次郎の檸檬の舞台となった京都丸善も閉店。

 書籍が定価未満で購入できるということがなかった時代。ポチッとするだけで、本屋に行かずとも送料無料で新刊が届く時代。しかも、しっかり値引きされて。

 学生さんにはありがたい時代になったけれど、商売をする方はたいへんだよ、本当に。

Electronic ArtsのiOS ゲーム Appが、期間限定で大幅値下げ。App Storeでどうぞ。

 Electronic Arts社 iconのiPhoneおよびiPad用各種ゲームAppが、iTunes App Storeで大幅値下げされています。もちろん、期間限定ですから、必要な方はお早めに。

 下記は一例です。

(1) Tiger Woods PGA TOUR® 12 for iPad - Electronic Arts(通常450円が、85円)→Tiger Woods PGA TOUR® 12 for iPad - Electronic Arts
 タイガー・ウッズになってPGAツアーを経験できる、iPad用ゴルフゲーム。

(2) Burnout™ CRASH! - Electronic Arts(通常450円が、85円)→Burnout™ CRASH! - Electronic Arts
 iPhone及びiPadで楽しめるユニバーサルApp。バンバンぶつけまくって、クラッシュさせて、災害を発生させ、破壊しつくすお馬鹿なゲーム。

(3) Dead Space™ for iPad - Electronic Arts(通常850円が、85円)→Dead Space™ for iPad - Electronic Arts
 一部では、2011年度最高のパニックホラーゲームとも評価されています。iPad専用です。

(4) Legend of Master 3 - GAMEVIL Inc.(通常450円が、85円)→Legend of Master 3 - GAMEVIL Inc.
 iPhoneおよびiPod touch用のRPG。中毒性あり。中2レベルの英語力は必要。

(5) NBA JAM by EA SPORTS™ for iPad - Electronic Arts(通常450円が、85円)→NBA JAM by EA SPORTS™ for iPad - Electronic Arts
 iPad専用のバスケットボールゲーム。日本語対応。

(6) Fight Night Champion by EA Sports™ - Electronic Arts(通常450円が、85円)→Fight Night Champion by EA Sports™ - Electronic Arts
 人気のボクシングゲーム。iPhoneおよびiPod touch用。

(7) BATTLEFIELD: BAD COMPANY™ 2 for iPad - Electronic Arts(通常850円が、85円)→BATTLEFIELD: BAD COMPANY™ 2 for iPad - Electronic Arts
 灼熱のジャングルから白銀の北極圏、さらには砂巻き上がる砂漠まで多種多様な環境での近代戦シミュレーションゲーム。iPad専用。オンラインに難ありだそうですが、つながる人はつながるし落ちないみたいですね。
 iPhoneおよびiPod touch用はこちら。→BATTLEFIELD: BAD COMPANY™ 2 - Electronic Arts

 その他にも多数のゲームが、85円に大幅値下げされています。すべてのゲームは、Electronic Arts社 iconのリンクから見ることができます。

2012年8月30日 (木)

Home Business Cardは、Macで名刺を作成するのに最適なアプリ。

 Macで名刺を作成するアプリケーションは、少ないながらもいくつかあります。MacユーザーならAdobe Illustratorなどで、ちょちょいと作っちゃう人も多いかも。

 でも、イラレで作るにはそれ相応のセンスも必要。ちょっと高めのアプリも必要。

 で、センスのないおいらは、ちょこっとMac App Storeをのぞいてみたわけですよ。ここで発見したのが、Home Business Card - Cristallight Inc.というApp。2.600円也。→Home Business Card - Cristallight Inc.

 ちょっと高いなぁ。2,600円払ったら、街の印刷屋が名刺作ってくれるよね。と思いつつも、キヨミズダイビングでポチッとな。2,600円で清水ダイビングは大げさ、と思われるかもしれませんが、日本語通らないかもしれないし、エーワンなどの名刺用紙に印刷できないかもしれないし、そもそもMac App StoreでApple謹製以外でこんなに高いアプリケーションを買う機会は、めったにありませんからね。

 せっかく買っちゃったんで、簡単にご紹介しておきます。まず、結論から申し上げますと、バッチリ使えます。日本語も大丈夫です。エーワンの用紙も使えます。印刷も問題なし。キヤノンのカラーレーザープリンタで印刷できました。もちろん、微妙な位置合わせもバッチリ可能。

 というわけで、このアプリは買いですよ。

Card_01

 起動したら、まず「format」をクリックして、用紙を選択します。おいらは手元にエーワン 51891という名刺用紙がありましたので、それを使います。エーワンの51891はちょっぴり厚めの名刺用紙です。51891というフォーマットは用意されていませんが、同じフォーマットと思われる、「A-One 30301」を選択しました。

 もちろん用紙については、カスタムサイズ設定することも可能ですから、たいていの用紙には印刷できると思われます。

Card_02

 次にデザインを選びます。夜の蝶さんにもバッチリそうなデザインもそろってます。もちろんビジネスライクなのもあります。こちらも、自分で撮影した写真などを使って、オリジナルのデザインにすることも可能です。

Card_03

 仕事用の名刺などに便利そうな機能が、地図の埋め込み。Google Mapの地図を名刺に埋め込むことができます。

Card_04

 地図を埋め込むとこんな感じ。さらに、バーコードやQRコードを埋め込むこともできます。

 住所・氏名・電話番号などはApple純正アプリケーションの「アドレスブック」から、自動的に拾ってくれるので、入力する必要もありません。残念ながら、USAな書式ですから、この機能だけは日本では使い物になりませんけれども。
 英語版の名刺を作るのであれば、この機能を使えば本当に楽ちんにできあがります。

Home_business_card

 お遊び名刺を作ってみました。5分でできます。(^^)/

Photo

 印刷イメージは、こんな感じ。もちろん、印刷時には、上下左右とも微妙な位置合わせが可能です。ただし、最低1枚は位置合わせのために用紙を消費することになりますけどね。
 一度、位置合わせをしっかり決めたら、その設定は覚えてくれますから、今後は特に困ることはないでしょう。

 用紙はクリアエッジタイプであれば、名刺の周りにミシン目のギザが残ることもなく、まるで印刷会社に頼んだようなスパっとした名刺ができあがります。

 というわけで、Macでささっと名刺を作りたいという要望は、Mac App StoreのHome Business Card - Cristallight Inc.が叶えてくれますよ。日本の古い名刺作成ソフトは、PowerPCアプリだったりして、Mac OS X 10.7以降には対応していないものが多いですが、おいらはとりあえず名刺作成アプリはこれに決めました。おすすめです。

LaCieの2TB HDDが8,190円、1TBなら5,490円と格安なのは明日まで!

 以前にお知らせした、LaCieのUSB2.0接続の外付けハードディスクが格安なのは、明日までですよ。しかも、お知らせした1週間前より、2TBモデルは、さらに800円ほど安くなっています。必要な方はお早めに!

 ご購入はクーポンコード入力で1000円引きになる、こちらのページからどうぞ。amazonの直販じゃないと安くなりません。マーケットプレイス商品では千円引きになりませんので、ご注意を。

 USB接続の外付HDD。今は、MacやPCにつなぐだけではなく、液晶テレビ、例えば東芝の レグザやパナソニックのビエラにつないで地デジやBSを録画したり、ブルーレイレコーダーに増設して、録画時間を増やしたり、と活躍の場が広がって来ました。

 昨年のタイの大洪水以来、高値安定の外付けハードディスクでしたが、ようやく値段も戻りつつあります。たとえば、こちらのラシーのUSB2.0 外付けHDDであれば、1TB容量のLCH-DB1TUTVS/Eが6,490円(クーボンコードで5,490円)。2TBのLCH-DB2TUTVS/Eが9,190円(クーポンコードで8,190円)です。しかも、こちらのページに表示されているクーポンコードを入力すると、さらに千円引きに。

 実質、2TBのハードディスクが8,190円で、1TBなら5,490円で購入できます。洪水発生前は、WDの外付けで2TBで7千円台というのもありましたが、その頃とほとんど変わらないお値段。元の値段に戻ったと言えますね。

 というわけで、ロンドン五輪の録画で空き容量のなくなったブルーレイレコーダーや、録画可能な液晶テレビをお持ちの方は、購入しどきかもしれません。なお、1000円OFFのクーポンが使えるのは明日までの期間限定。お早めにどうぞ。

2012年8月29日 (水)

Write 2、Armadillo Audio Notes、CleanGenius Proなど、Mac App Storeの値下げ情報。

 Mac App Storeの値下げ情報です。

(1)Write 2 - Michael Göbel(通常600円が、170円)→Write 2 - Michael Göbel
 シンプルで高速、パワフルなワードプロセッサ。もちろんレチナディスプレイ対応。プレーンテキスト、リッチテキスト形式だけでなく、Microsoft WordやOpen Officeの文書も読み書きできるそうです。そして、iCloudにも対応。

(2)Armadillo Audio Notes - Jaroslaw Szpilewski(通常850円が、170円)→Armadillo Audio Notes - Jaroslaw Szpilewski
 音声も録音できるノートアプリ。音声とテキストの同期。グラフやスプレッドシート、PDF、イメージの埋め込み可能。

(3)CleanGenius Pro - EaseUS Software(通常850円が、170円)→CleanGenius Pro - EaseUS Software
 オールインワンのMacメンテナンスツール。でも、この手のユーティリティは、少々高くても信頼できるものを購入し、じっくり使いこなすほうがいいと思いますけど。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。いずれも時間限定の値下げですから、必要なAppがあれば、お早めにどうぞ。

Radtech ドック エクステンダー

 昨日オーダーした「Radtech ドック エクステンダー」が届きました。「Radtech ドック エクステンダー」は、iPhone 4やiPhone 4Sを防水・防塵仕様にしてくれるヘビーデューティーなケース、LifeProof iPhone 4/4S Case Gen2ユーザーには必須のドックコネクタ延長アダプタです。なお、防塵・防水ケースLifeproofのレビューは、この記事の最後にリンクしております。

 amazonでの品名は、RadTech 13-860 ProCable Shortz Dock Extender for iPhone, iPod and iPad という長いもの。お値段は、1,980円でした。

20120829114542hdr

201208291146

 偽物かも?、という不安もありましたが、送られてきたのは上の写真のように、きちんとパッケージされたもの。USA製品ではありますが、made in Chinaですから、偽物というか、横流し品の可能性は残りますけどね。

 さっそく、Lifeproof Gen2をまとったおいらのiPhone 4に装着。amazonには、「Gen2には使えない」というレビューもありましたが、下記写真のとおり、全く問題なく使えます。

 もちろん、MacのUSBポートからの充電、iTunesとの同期、 イメージキャプチャによる写真の取り込みなどすべてOK。ま、OKなのが普通なんですけど、この手のアダプタって接触不良で動作が不安定になったりしやすいですから、一応のご報告です。

6a

7a

 これでようやく、Dockコネクタからケーブルを抜くときの断線の心配から開放されます。あと、コネクタ部分が少々大きめの、サードパーティ製の安いDockコネクタケーブルを使うこともできるようになりました。
 というわけで、悪くない買い物だったです。Lifeproof Gen2ユーザーは、ぜひ購入しておきましょう。Gen2を着せたまま、サードパーティ製のiPhone Dockに挿すこともできますよ。

【関連記事(下ほど古いです)】

Firefox 15.0

 Firefoxがバージョンアップし、Firefox 15.0として無償配布されています。

 リリースノートによりますと、ようやく、アドオン使用時のメモリリーク問題が改善されたそうです。それでも、Safariに比べ、起動直後で倍以上のメモリを食うFirefox。抜本的な見直し時期に来ているのかもしれません。

 ココログを記載するには、Firefoxが一番適しているので、おいらは手放せないのですけどね。

Galaxy on Fire 2™ HD、The Daily Tracker、NoteMaster for iPad、Across Age ™ HDほか、App Storeの値下げ情報。

 iPhoneおよびiPad、iPod touch用のApp Store値下げ情報です。

(1)Galaxy on Fire 2™ HD - FISHLABS(通常850円が、85円)→Galaxy on Fire 2™ HD - FISHLABS

 iPhoenおよびiPad、両対応のユニバーサルアプリ。宇宙を冒険するRPG。一応日本語対応ですが、日本語自体は機械翻訳で少々難有り。

(2)Across Age ™ HD - FDG Entertainment(通常350円が、85円)→Across Age ™ HD - FDG Entertainment

 懐かしさを感じるRPG。iPad専用です。

(3)The Daily Tracker. Omni Cruncher. Calorie Counter, Fitness Journal, Food Diary & Workout Log. - Lumen Spark LLC(通常850円が、無料)→The Daily Tracker. Omni Cruncher. Calorie Counter, Fitness Journal, Food Diary & Workout Log. - Lumen Spark LLC

 iPhone用のダイエット補助アプリ。体重・体脂肪管理や、消費カロリー管理以外にも、いろいろなデータを入力することができます。

(4)NoteMaster for iPad (Notes synced with Dropbox, Google Docs, Google Drive) - Kabuki Vision, LLC(通常350円が、85円)→NoteMaster for iPad (Notes synced with Dropbox, Google Docs, Google Drive) - Kabuki Vision, LLC

 iPad専用。使いやすいデータベース機能を備えたノート。データはDropboxやGoogle Docs、Google Driveに同期可能。

(5)NoteMaster (Notes synced with Dropbox, Google Docs, Google Drive) - Kabuki Vision, LLC(通常350円が、85円)→NoteMaster (Notes synced with Dropbox, Google Docs, Google Drive) - Kabuki Vision, LLC

 上記(4)のiPhone版。

 以上、App Storeの値下げ情報でした。

iTeleport: VNC & RDP

 iPhoneやiPadから、遠く離れたMacのデスクトップにインターネット越しにアクセスし、Macを操作できる非常に便利なiOS App、iTeleport: VNCが、Ver.6.0.0にアップデートしています。
 また、このアップデートを機に、名称がiTeleport リモートデスクトップ - VNC と RDP - iTeleport Inc.に変更され、なんとRDPにも対応。つまり、Macだけでなく、Windows PCにも簡単にアクセスし、簡単に操作することができるようになりました。

Iteleport_00

 前バージョンのiTeleport: VNCユーザーの方は、もちろん無償でバージョンアップできますよ。

 上のスクショは、自宅のiPadから会社のWindows Serverにアクセスし、NASにバックアップを録っているところです。操作性を含め、iOS用のリモートデスクトップクライアントとしては、トップクラスの性能です。

 Macでは、何に使っているかといいますと、以前にも書いてますけどEyeTV HDの録画予約です。EyeTV HDは、「テレビ王国」にアクセスして、IEPGと書かれたアイコンをクリックするだけで自動的に録画予約ができます。

Itele_03

 上のスクショは、会社のiPadから自宅のMacBook Proにアクセスしているところ。もちろん、SSHでアクセスしていますよ。そうそう、iTeleport: VNC & RDPはSSHでアクセスできるというのも売りでした。

 こんな風に「テレビ王国」のWebページを開いて、録画したい番組のIEPGアイコンをクリックするだけで、予約完了です。

 というわけで、非常に便利なiTeleport: VNC & RDP。お値段2,200円とiOS用のAppとしては、かなり高価な部類ですが、それだけの値打ちはあります。もちろん、iPhoneとiPadの両方に対応したユニバーサルアプリです。

 自宅や会社のMacやWindows PCにiPhoneやiPadでアクセスしたいという要求があれば、数あるVNCクライアント、RDPクライアントに目をくれる必要は一切ありません。iTeleport: VNC & RDPで決まりです。

 他のAppを購入して、結局iTeleport: VNCを買い直した人を何人か知っていますから、これはまちがいないです。自信を持っておすすめします、ちょっと高いけどね。

 ちなみにiTeleportは、iOS版だけではなく、Mac用も用意されています。MacにはもともとVNCクライアント機能がありますし、ターミナル経由でSSH接続もできますが、ターミナルに呪文を打ち込む面倒な作業を回避したければ、iTeleport: VNC & RDP - iTeleport Inc.を購入しちゃうのも手です。

【関連記事(下ほど古いです)】

iPhoneから、VNCを使って今晩のNHK クローズアップ現代「世界を変えた男 スティーブ・ジョブズの素顔」を録画予約! EyeTV HDならこんなに簡単にリモートで録画予約ができてしまいます。(2011.10.12)

VNCを使って、iPhoneから自宅のMacにアクセスすればEyeTV HDにリモートで録画予約させたりできるわけで・・・(2011.9.16)

2012年8月28日 (火)

512GBのSSD、Crucial m4 CT512M4SSD2が29,980円と3万円を切りました!

 512GBのSSD、Crucial m4 CT512M4SSD229,980円と3万円を切りました! しかも、この価格を実現しているのがamazonですから、非常に買いやすい。ただし、執筆時現在残り10点のみとのことですから、すぐに売り切れちゃうでしょうね。

 先日も、すぐに売り切れて、他のマーケットプレイス商品の高い値段に戻りましたから。

 というわけで、必要な方は大急ぎでどうぞ。

Crucial m4 CT512M4SSD2

  • 容量:512GB
  • サイズ:2.5インチ 9.5mm厚
  • タイプ:MLC
  • インターフェース:SATA-3規格準拠、6Gbps対応
  • 読込:415MB/s
  • 書込:260MB/s
  • 国内正規代理店3年保証
  • 2.5インチ内蔵SSD
  • Trimコマンド対応
  • RoHS指令対応
  • ONFI 2.1規格準拠 25nm synchronous MLC NANDフラッシュ搭載
  • 本体寸法:69.85mm(W)×9.50mm(H)×100.45mm(D)
  • 重量:75g
  • 消費電力:アクティブ時280mW、アイドル時100mW未満

 amazonの販売しているものは、上記の通り「国内正規代理店3年保証」というのもポイント高いです。

 なお、512GBも必要ない。安ければ安いほどいい。SATA 6Gb/sじゃなく、SATA 3Gb/sで十分という方には、シリコンパワーの256GB SSD SP256GBSS2T10S25が、執筆時現在12,862円と格安です。

SP256GBSS2T10S25

  • 容量:256GB
  • サイズ:2.5インチ
  • タイプ:MLC
  • インターフェース:SATA II インターフェース
  • 読込:250MB/s
  • 書込:230MB/s
  • DDR2 DRAM キャッシュ付き (プチフリ解消、製品寿命延ばす)
  • 電圧センサー付き (データ消去防止)
  • TRIMコマンド対応「W7のみ」
  • ガーベジコレクション技術採用
  • S.M.A.R.T技術採用 (ドライブ自己診断)
  • エラー訂正ECC機能搭載
  • Wear Leveling機能
  • 低消費電力設計
  • 3年保証

 でもまぁ、ここはがんばって512GB行っておきたいですね。容量が大きければ大きいほど、長寿命も期待できますし、速さは正義ですし。

Dropbox 1.4.17

 Dropboxが、Mac用の最新版アプリケーション Dropbox 1.4.17を配布しています。

 Dropboxは、MacやPC、iPhone、iPad、iPod touch等で利用できる最もフレキシブルかつ高機能なクラウドストレージサービス。ユーザー登録すれば、無償で2GB容量のネットワークストレージを利用できるようになります。
 さらに、iPhone AppのDropbox - Dropboxを利用して、iPhoneで撮影した写真をDropboxにアップロードすれば500MBの容量アップ、FacebookやTwitterアカウントに接続すればそれぞれ125MB容量アップされるなど、無償で16GBの容量まで拡張することが可能です。

 Dropboxの優れているところは、MacであろうがPCであろうが、Linuxであろうが、iPhoneやiPadであろうが、すべてのデバイスでフォルダの内容を同期できるところ。

 もちろん、SafariやFirefoxなどのWebブラウザを使って、ファイルのアップロードやダウンロードを行うこともできます。しかし、専用のアプリケーションをインストールしておけば、Finder上でこの同期フォルダを扱うことができます。

Dropbox_01

 iPhoneからアップロードした写真は、自動的にMacのCamera Uploadsフォルダにダウンロードされます。

 先日ご紹介したKDriveは、容量が30GBから始まり、50GBまで拡張できるという、大容量が売りでした。しかし、一部のAppをのぞいて、iPhoneの他のAppからKDriveを使うということはできません。

 一方、クラウドサービスとしてデファクト・スタンダードになっているDropboxは、サポートしているAppも多く、各アプリケーションとシームレスに連動します。最初の容量こそ2GBと少ないですけどね。

 Dropboxでは、パブリックフォルダを利用して、友人と写真やファイルを共有するという使い方もできます。使い勝手の良さは、この手のクラウドサービスとしては、頭ひとつ抜きん出ている感じです。

 というわけで、まだDropboxをお使いでない方。さっそくこちらから登録しましょう。タダですから、試してみる価値はあると思いますよ。このリンクから、MacやPC用のアプリケーションをダウンロードすることもできます。本当におすすめです。

 iPhone版のDropbox - Dropboxは→Dropbox - Dropbox

 iPad版のDropbox - Dropboxは→Dropbox - Dropbox

でダウンロードできます。iOSデバイスをお持ちの方は、こちらのAppもぜひご一緒にどうぞ。

LifeProof™ iPhone 4/4S Gen 2ユーザーには必須の、ドック延長コネクタ RadTech 13-860を買った。

 夏がくる前に、iPhone 4および4S対応の防水・防塵ケース、LifeProof iPhone 4/4S Case Gen2を購入しました。購入した時のブログはこちら

Img_9102

 この夏は海にも川にも行ってないので、iPhone 4での水中撮影はまだ試せていませんが、iPhoneを自転車NAVI代わりに使うときも突然の雨でも大丈夫。水だまりに落としても大丈夫、という安心感で、満足して使っております。

 が、ドックコネクターが狭く、深くなっちゃったおかげで、Apple純正のドックケーブルは辛うじて使えますが、ちょっとコネクタ部が大きかったり、分厚かったりするものは使えないことに。

 また、ドックコネクタが奥まってしまったので、コネクタを外すときにコネクタ部を摘むことができず、ケーブルの根本をつまんで外すことに。断線のもとですよね。というわけで、RadTech 13-860 ProCable Shortz Dock Extender for iPhone, iPod and iPad ドック延長(ブラック)も買いました。

 こちら、LifeProof™ iPhone 4/4S Gen 2購入時から欲しかったのですけど、なんといってもお値段が・・・ ただのDockコネクタ延長アダプタに数千円は厳しいです。ところが、今回なんと2千円を切ってる。ということで、即効でポチッとな。

 カスタマーレビューには、「国内2000円台の場合すぐに売り切れるので注意」とありますので、これはずいぶん安いほうでしょう。ただ、同じカスタマーレビューに「LifeProof Gen2には使用不可です」というレビューもあり・・・ 他のレビューでは使えてるようですし、どうなんでしょう? ま、偽物という可能性もあるわけですけどね。

 到着は、たぶん明日と思いますので、到着後再びレポしますね。ちゃんと使えて、Dockケーブルの断線の心配をしなくてすむようになればいいんですけどね。

2012年8月27日 (月)

WiFi Express Adapter (F8277)

 旅行や出張のおともに最適な、超コンパクトな無線LANアダプタ(無線LANアクセスポイント)、Wi-Fi Expuress アダプタ(ポータブル Wi-Fi Express Adapter)が到着しました。

Img_5798

 本体だけでなく、パッケージも写真のようにApple USB Ethernet アダプタ(MC704ZM/A)にそっくりです。
 ただし、Apple USB Ethernet アダプタは、MacのUSB端子を使って、100Base Tのイーサに有線接続するためのLANアダプタですが、WiFi Express アダプタは、無線LANアクセスポイントです。USBは、この無線LANアクセスポイントに電源を供給するためについているだけ。実際に運用すると、下記の写真のような感じになります。

Img_5802

 電源として利用しているのは、iPhone用のACアダプタ。そして、有線のEtherにつなぐ。これだけで、無線LAN環境ができあがりです。もちろん、USBタイプのACアダプタではなく、直接MacのUSBポートに挿してもOKですよ。

Img_5800

 商品に添付されるのは、本体のほか英語のマニュアルに日本語の取説です。必要最低限の事しか書かれていませんが、機能的に無線LANアクセスポイントとしては最低限の機能しか持っていませんから、これで十分でしょう。
 デフォルトでは、SSIDは、Wi-Fi Apple-00000という名前に設定されており、WEP等の暗号化は一切されていません。

F8277_b

 簡単に誰でもつながる状態ですね。一応、Webブラウザから、192.168.1.225にアクセスすれば、SSIDや、無線chを変更可能です。WEPによる暗号化も可能ですが、今やWEPは暗号化とも言えない状況(数分で解析可能)ですので、こちらは最低限WPA2に対応しておいて欲しかったところ・・・ 

F8277

 というわけで、セキュリティ的にはどうかな?、という商品ではありますが、とりあえず出張先のホテルでインターネットにつなぐ際、有線LANしか用意されていないのはよくあること。それを無線LAN化する必要がある(iPad等をつなぐため)方には、かさばらないし、安いし、それなりの需要はあるかもしれません。
 おいらはせっかく買ったんで、さっそく今週末の遠征先のホテルで使ってみようと思っています。自分のMacのセキュリティをしっかりしておけば(共有関連を一切使わない&ファイアウォールをしっかり設定。)、遠征先のホテルで使うぐらいであればそれほど問題ないような気もしますし。

 少々かさばっても、しっかりセキュリティ対策されている無線LANアダプタがほしいという方には、Apple純正のApple AirMac Express ベースステーション(MC414J/A)がおすすめです。手のひらに乗っちゃうコンパクトなアクセスポイントで、もちろん持ち運びも簡単。自宅で使うときは、プリンタを接続すれば、そのプリンタがワイヤレスプリンタに変身。iPadやiPhone、Macとの親和性も高いですし、デザインもいいですし、amazonで買えばお値段も10%引きで買えます。

 もう少し安いのを、という方には、PLANEX 150MbpsリアルポータブルWi-Fiポケットルータ (ちびファイ) MZK-RP150Nが良いでしょう。お値段は執筆時現在、2,291円とWiFi Express Adapterとさほど変わりません。それでもって、機能は大幅にアップ。802.11gと802.11bだけに対応したWiFi Express Adapterとは異なり、802.11nにも対応していますし、もちろんWPA2にも対応。

 というわけで、性能と価格を勘案すれば、積極的にWiFi Express Adapterを選ぶ理由はないかもしれません。ま、買ってみないとわからないからね、WPA2に対応していないとかいうことは。

 以上、今後出張先へ持っていくポータブルWiFiアダプタ選定の一助になれば幸いです。

2012年8月25日 (土)

アップル勝訴。サムスンがアップル特許侵害、損害10億ドル超。

 日経新聞によりますと、「サムスンがアップルの特許侵害、Appleの損害額は10億ドル超。」とのことです。リンクは日経からですので、ユーザー登録されていないと記事は一部しか見ることができません。

 AppleとGoogleの代理戦争とも言われる今回の裁判。米カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所(サンノゼ市)は、Googleのお膝元でもありますし、担当判事はルーシー・コーさんという韓国系アメリカ人。日本なら「判事を代えろ。」というところから始まるかもしれませんが、USAはそうではなかったようです。

 地裁の判決ですし、将来的にはカリフォルニア州最高裁までいくのか、それとも和解があるのか。もうしばらくは経過を見守る必要がありそうです。

2012年8月24日 (金)

50GBまで無料のオンラインストレージ、キングソフトの KDriveがMacにも対応。

 リボンインターフェース対応のKingsoft Office 2012で有名なキングソフトが、オンラインストレージサービス、KDriveのサービスを拡充しています。

 無料で30GBの容量を利用することができるKDriveへの新規登録は、こちらからどうぞ。

キングソフトオフィス2012

 拡充された内容は、

  • 新規登録で2GB容量だったのが、30GBに拡充された。
  • 友達の招待やKINGSOFT Officeのシリアルナンバー入力することにより、50GBまで容量を増やすことができる。もちろん、無料。
  • これが大切なのですが、Mac版アプリ「KDrive for Mac(β)」の提供開始。

 無料で30GBの容量を利用することができるKDriveへの新規登録は、こちらからどうぞ。

 なお、アプリを使わなくても、SafariなどのWebブラウザでKDriveを利用することも可能です。

 KDrive利用のためのアプリケーションは、Mac版、Windows版、iOS版、Android版が用意されています。ダウンロードはこちらから。

 iPhone版のKDrive for iPhone - KINGSOFT Japan Inc.はこちらです。→KDrive for iPhone - KINGSOFT Japan Inc.

 また、KDriveと合わせて使えるiPad版のKingsoft Office - KINGSOFT Japan Inc.や、iPhone版のKINGSOFT Office for iPhone - KINGSOFT Japan Inc.も無償で配布されています。

 KDriveはオンラインストレージ、いわゆるクラウドサービスですから、情報の漏洩等いろいろ懸念すべきことはありますが、友人たちとフルサイズの写真データを共有したりするには、30GBの容量はありがたいですね。
 パスワードは、複雑なものを、そして他のサービスと使い回しのないようにしましょうね。

VMware Fusion 5

 act2ストアで、Mac用の最新仮想環境ソフト、VMware Fusion 5のダウンロード販売が始まっています。お値段、4,900円也。ダウンロード販売ですから、すぐにVMware Fusion 5を使い始めることができますよ。

 VMware Fusion 5をもっと安く購入する方法も、あとで書きますね。

 VMware Fusion 5は、

  • OS X Mountain Lion に完全対応。
  • Windows 8に対応。
  • VMware Fusion 4に比べ、約40%のパフォーマンスアップ。
  • 仮想マシンライブラリ(HDDイメージ)をフォルダで管理可能。
  • 1クリックでスナップショットを作成可能。
  • 70を越える機能をチューン・アップして、例えばバッテリーマネジメントは約45%向上。
  • インターフェースの強化。
  • レチナディスプレイ対応。
  • USB3.0対応

など、新たに4,900円を払うにふさわしい内容となっています。

 なお、2012年 7/25〜9/30 の間に VMware Fusion 4 を購入された方は無償でアップグレードできます。無償アップグレードに関する詳細はこちら

 そこで、この最新版 VMware Fusion 5を安く購入する方法ですが、まだ在庫のあるVMware Fusion 4(例えば、執筆時現在amazonでは、4,261円で販売されています。)を購入し、前述の無償アップグレードを受ける方法。オークションや中古品で購入したFusion 4は対象外ですが、国内の各量販店で購入のFusion 4は無償アップグレードの対象となります。

 バージョンアップの手続きが必要になりますし、入手までに時間もかかりますが、こういう方法もあるということで。Microsoft Windows7も、今購入すると、たったの1,200円でWindows 8にアップグレードできますから、これも買っちゃったほうがいいかもしれませんね。

 おいらは、MacBook ProではFusionを、AirではParallelsを使っているのですが、両方アップグレードするとけっこう痛いなぁ。どうしようかな。

2012年8月23日 (木)

StreamToMe (Mac版)

 Mac版のStreamToMe のご紹介です。iPhoneやiPad、iPod touch用のStreamToMe - Matthew Gallagherにつきましては、サーバーとなる母艦のMacの設定(ServeToMeの設定)やルーターの設定も含め、過去のブログで詳細にご紹介しておりますので、こちらをご覧ください。

 Mac版のStreamToMe - Matthew Gallagherが、Ver.3.7.2にバージョンアップしています。→StreamToMe - Matthew Gallagher

 Mac版のStreamToMeは、Mac App Storeで無償配布されているアプリケーション。どんなことができるかといいますと、母艦のiTunesのライブラリー(Musicや動画)、iPhotoの画像、iMovieの動画を、遠く離れたMacでインターネット越しに視聴できる、誰がどう考えても便利すぎるアプリケーションです。

 そもそもiTunesの使えるMacで、なんでStreamToMeが必要になるかというと、それはSSDやらHDDやらの容量の問題なわけです。

 たとえば、おいらの母艦のMacBook Pro(MC700J/A)は、HDDが750GB容量のハイブリッドHDD(8GBのSSDも内蔵している)、Seagate Momentus ST750LX003ですし、Thunderboltポートには、6TB容量のHDD WD My Book Thunderbolt Duo (WDBUPB0060JSL-JESN)もつながっています。これだけの容量があれば、少々iTunesのライブラリーが増えても、どうってことないわけですが、問題はMacBook Air。

 おいらのMacBook Airには、256GBのSSD(フラッシュストレージ)が内蔵されていますが、Parallels等の仮想環境のWindowディスクイメージやら、業務用の各種書類などで、iTunesの音楽データや動画データを入れるスペースはありません。
 でも、出張や旅行でのホテル宿泊時に、このMacBook Airで、音楽を聴いたり動画を観たりしたい、ということもあるわけですよ。そんな時は、Mac版のStreamToMeさえあれば全て解決。自宅の母艦のMacBook Proの音楽も動画も、写真も、全て視聴できるわけです、インターネット越しにね。

 下のスクリーンショットは、iTunes Storeで購入したミュージックビデオを、StreamToMeで再生している状態。ミュージックビデオの動画データ自体は、自宅のMacBook ProのHDD内にあります。再生しているのは、職場のMacBook Airです。

Streamtome_001

 

 もちろん、動画だけでなく音楽も普通に視聴できますよ。

Streamtome_002

 ただし、iOS版のStreamToMe同様、DRMで保護されたデータは基本的には再生できません。もっとも、最近ではiTunes Storeでダウンロード販売されているミュージックデータも動画データも、iTunes Plusになりつつあるので、それほど大きな問題ではありませんが。

Streamtome_003

 著作権保護されたデータの場合、上のような表示が出ちゃうのね。StreamToMeが悪いわけじゃないけれど。もっとも、QuickTimeで再生できれば、とりあえず無問題とも言えますが。

 ともかく便利なAppですから、ぜひチャレンジされることをおすすめします。Mac版は無料ですしね。導入されて、一番引っかかるServeToMeの設定や、ルーターの設定は、以前の記事を参考に、なんとか乗り切ってください。一回設定しちゃえば、ほんとうに便利に使えますよ。もちろん、iPhoneでの利用も便利すぎですけどね。

 以下は、開発元によるAppの紹介。

詳細

StreamToMe を Mac で使用すれば、Mac または Windows PC から WiFi や 3G を通じてストリーミングした、*ビデオ*、*ミュージック*、*写真* のファイルを再生できます。あらかじめファイルの変換や同期を行う必要はなく、ファイルをクリックするだけで再生できます。

また、Intel Mac (OS X 10.5 以降) または Pentium4 以降を搭載した XP SP2、Vista、または Windows を実行する PC で、無料の *ServeToMe* プログラムを実行することが必要です。

ServeToMe は *無料のプログラム* で、StreamToMe ユーザーの方は http://projectswithlove.com/streamtome/servetome.html からダウンロードできます。

** 特長 **

  • 最高でハイビジョン画質 (720p) のビデオを再生
  • 連続、シングル、ランダムの再生モード
  • iTunes ライブラリの統合
  • iTunes のファイルとプレイリストを閲覧可能
  • すべてのミュージックを再生し、アルバムアートを表示
  • フォルダーから、または、iTunes プレイリストを使用して再生
  • SRT 形式と SSA 形式の字幕

**ハイビジョンクラスの画像**

最新の Mac や PC からお使いの Mac へ、WiFi を通じて、最高でハイビジョンレベルの画質 (720p) のムービーをストリーミングできます。

  • *ムービーファイル*:MP4、AVI、MOV、FLV、MPG、MKV、WMV などの形式
  • *ミュージックファイル*: MP3、AAC、FLAC、ALAC、M4A などの形式
  • *写真ファイル*: JPG、TIFF、PNG、GIF (RAW ファイルはサポートされていません)

Mac で、ファイルがローカルにあるかのようにファイルの *一時停止やシーク* を行うことが可能です。

**ローカルまたはリモート**

Mac/PC から StreamToMe を実行している Mac へ、インターネットを通じてあらゆる場所へストリーミングできます。すべてのメディアのビットレートは、接続速度に合わせて自動的に調整されます。いつでもどこでも、映画を見たり、音楽を聴くことができます。動的な DNS アドレスを使用してコンピューターを見つけ、*ストリーミングを存分にお楽しみ* ください。

**必要なもの**

*StreamToMe* では Mac OS X v10.6 以降が必要です。

StreamToMe では、ServeToMe を実行しているコンピューターへの連続的な接続が必要です。ネットワークの状況が、ビデオの画質や接続性に影響を与える場合があります。

外部の場所 (3G や外部の WiFi) から接続する場合は、ルーターで UPnP/NAT-PMP またはマニュアルポート転送が必要です。このためには、特別な設定が必要になる場合があります (詳細は http://projectswithlove.com/streamtome/support_remote_connections.html をご覧ください)。

StreamToMe/ServeToMe では、認証を受けた、iTunes で保護されているコンテンツを、QuickTime アプリケーションを通じてリダイレクトすることでストリーミングできます。StreamToMe/ServeToMe では、その他の DRM で保護されたオーディオやビデオの形式を再生することはできませんのでご注意ください。

2012年8月22日 (水)

LaCieの2TB HDDが、8,980円。1TBなら5,490円と格安に。

 USB接続の外付HDD。今は、MacやPCにつなぐだけではなく、液晶テレビ、例えば東芝の レグザやパナソニックのビエラにつないで地デジやBSを録画したり、ブルーレイレコーダーに増設して、録画時間を増やしたり、と活躍の場が広がって来ました。

 昨年のタイの大洪水以来、高値安定の外付けハードディスクでしたが、ようやく値段も戻りつつあります。たとえば、こちらのラシーのUSB2.0 外付けHDDであれば、1TB容量のLCH-DB1TUTVS/Eが6,490円。2TBのLCH-DB2TUTVS/Eが9,980円です。しかも、こちらのページに表示されているクーポンコードを入力すると、さらに千円引きに。

 実質、2TBのハードディスクが8,980円で、1TBなら5,490円で購入できます。洪水発生前は、WDの外付けで2TBで7千円台というのもありましたが、今から考えるとあれは安すぎ。

 というわけで、ロンドン五輪の録画で空き容量のなくなったブルーレイレコーダーや、録画可能な液晶テレビをお持ちの方は、購入しどきかもしれません。なお、1000円OFFのクーポンが使えるのは今月末までの期間限定です。

旅行や出張のお供に。本当に小さなWiFiアダプタ、Wi-Fi Express Adapterは便利かも。

 おいらは、旅行や出張時に、AirMac Expressを持っていきます。おいらの持っているのは、現行バージョンじゃなく旧バージョンなんですけどね。

 ホテルのEtherネットに、AirMac Expressをつなげば、自宅と同様にWiFiでネットを楽しめるわけです。もちろん、そうなるとiPadやiPod touch、iPhoneもWiFi経由で使えます。iPadやiPod touch、iPhoneは、有線LANでは使えないですからね。

 で、今回たまたま見つけたんですけど、Wi-Fi Express Adapterという、無線LANアダプタ。これが非常に便利そうです。

 まず、第一に安い! たったの1,980円ですよ。

 次に、電源はUSBから取るので、MacのUSBポートに挿してもいいし、iPhoneやiPadの充電器に挿してもいいし、安く販売されているUSB充電器を使うこともできます。もちろん、パナソニックのUSBモバイル電源パック QE-PL202-Wのような、モバイルバッテリーを使うこともできます。

 さらに、超軽量でコンパクト。これ以上コンパクトな、無線LANアダプタは見たことがありません。

Photo

 写真のような外観。まるで、Apple USB Ethernet アダプタ MC704ZM/Aのような外観です。でも、こいつはUSBポートを有線LAN化するデバイスではなく、あくまでも無線LANアダプター。USBプラグは、電源供給のためだけに使われます。
 質量たったの35g。旅行や出張の荷物は軽ければ軽いほどありがたいので、数百gある、AirMac Expressよりこっちのほうが良さげです。

 というわけで、さっそくポチッとな。詳細は届いてからレビューしますね。

AirMac Express (MC414J/A)が、7558円と格安です。

 Appleの無線LANアクセスポイント、Apple AirMac Express ベースステーション MC414J/Aが、執筆時現在7,558円と格安販売されています。もちろん、送料無料ですよ。

 Apple Storeでは、8,400円。一般的にApple製品は値引きされませんから、これはお買い得です。おいらは旧バージョンのAirMac Express ベースステーション with Air Tunes MB321J/Aを数年にわたって愛用しています。故障知らずでいいんですが、そろそろ新しいのに買い換えようかな。って言うか、MC414J/Aを買い増しすれば、無線LANの届く範囲を拡張することもできるんだよね。

【AirMac Expressでできること】

  1. USBポートにプリンタをつなぐことで、プリンタがWiFi対応に。おいらは古いキヤノンのiP8600や、iP9910をつないで、便利に使っています。
  2. また、MacにAirPrint Activatorを導入すれば、iPhoneやiPad、iPod touchからもAirPrintできます。
  3. AirMac Expressにアクティブスピーカーをつなげば、AirPlayによるオーディオ出力が可能。Macの置いていない部屋でも、iTunesの音楽を楽しめますよ。
  4. 複数導入することで、すでにあるAirMacベースステーションの通信範囲を拡張可能。
  5. Apple製だけど、Macだけじゃなく、Windowsでもandroidでも、普通につながります。
  6. 小さいので、旅行や出張に持っていけば、ホテルの有線LANを無線LAN化できる。有線LANではつながらない、iPadやiPhone、iPod touchでネットを楽しめます。でも、この使い方には、もっと安くていいいデバイスを発見。詳細は次のブログで。

【AirMac Expressではできないこと】

  1. AirMac ExpressのUSBポートには、プリンタをつないで使うことはできますが、HDDやSSDなどのUSBストレージデバイスをつないで使うことはできません。USBストレージデバイスをつなぎたい場合は、APPLE AirMac Extremeベースステーション MD031J/Aをご利用くださいませ。

テザーフリー(t.free)、インストーラーの配布終了へ。

 Macを使い、ジェイルブレイクしていないiPhoneで、テザリングできるアプリケーション、テザーフリー。開発元のコネクトフリー社は、「1ヶ月のベータ提供期間が経過したため、インストーラーの提供を終了」しています。

 ただ、ありがたいことに、すでにインストール済みのユーザーへのサービスは継続されるとのこと。今後、正式版が提供されるかもしれませんし、Windows版の提供があるかもしれません。

 WiFiスポットが急増している現在、t.freeを使ってのテザリングは緊急避難的に使う程度でしょうが、まったくネットに接続する術がないのと、ともかくつながるのでは雲泥の差。継続的なサービス開始の際は、有料になるのかもしれませんが、できるだけ低価格で利用できればありがたいですね。


【関連記事(下ほど古いです)】

2012年8月21日 (火)

The MacLegion Fall Bundle 2012開催中。Hype / MacJournal / iTask X / Data Recovery Guruなど総額$474.06のアプリが$49.99です。

 MacLegionが、Hype / MacJournal / iTask X / Data Recovery Guruなど総額$474.06のアプリケーション10個を、たったの$49.99(日本円で約4000円)で販売する「The MacLegion Fall Bundle 2012」を開催しています。

Maclegion_fall2012_2

【1. iTaskX】
 フル機能のMS Projectとコンパチブルな、プロジェクトマネージャ。Mac App Storeでは、iTaskX - Techno-Grafik Christian Lackner eUとして、10,500円で販売中です。

【2. Data Recovery Guru】
 最も近代的で、最も技術的に進んだ、そして簡単に使えるデータリカバリソフトウェア。Mac App Storeでは、Data Recovery Guru - FelixDevとして無償配布されていますが、1回のリカバリーにつき5,200円がアプリ内課金されます。

【3. MacFamilyTree】
 家系図作成App。Mac App Storeでは、MacFamilyTree - Synium Software GmbHとして、5200円で販売中。

【4. Hype】
 知る人ぞ知るHTML5 Webオーサリングソフト。Mac App Storeでは、 Hype - Tumultとして、4300円で販売中。

【5. PDF Nomad】
 多彩なPDFエディタ。簡単に別のページ数に文書全体のサイズを変更したり、ドラッグ&ドロップでここのページサイズを変更できます。Mac App Storeでは、PDF Nomad - Antonio Nunesとして、3450円で販売中です。

【6. MacJournal】
 私も愛用しています。Evernoteもいいけれど、こいつも老舗Macアプリらしいユーザーインターフェースで、あらゆる文書、データの管理に使えます。Mac App Storeでは、MacJournal - Mariner Softwareとして、3450円で販売中です。

【7. DiskAid】
 iPhoneやiPad、iPod touchの中のファイルやフォルダを、Macに転送できるアプリケーション。当然のことながら、Mac App Storeでは販売されていません。

【8. AppFresh】
 アプリケーションやウィジェットを最新の状態に保ってくれるツール。簡単に言えば、サードパーティ製のアプリが、Apple純正のソフトウェア・アップデートできる感じでしょうか?

【9. Playback】
 プレイステーション3、Xbox360、その他のUPnP対応デバイスと、音楽や写真を共有できます。iTunesやiPhoto、Photobooth、Adobe Lightroomなどと自動的に統合されます。

【10. CleanApp】
 名前のとおり、不要なアプリケーションをきれいにアンインストールしてくれるツール。

 以上、Mac App Storeで扱われているものだけでも、総額32,100円也。$49.99(日本円で4千円ほど)は、かなりお買い得だと思いますよ。

 なお、先着5000名様までは、FX Photo Studio Pro(Mac App Storeでは、FX Photo Studio Pro - MacPhun LLCとして、3450円で販売されている、画像処理ソフト。)もバンドルされます。どうせ買うなら、早いうちがいいかもしれません。現在のところ345個売れているようです。5000名までは、まだ十分間に合いそうですね。と言うか、5000個売れるのかな?

2012年8月20日 (月)

EyeTV HDをamazon.comから買う方法。

 地デジやBS/CSのテレビ番組をチューナー経由でMacに録画できるビデオキャプチャボックス、ElgatoのEyeTV HD。しかも録画したデータは、CMをカットしたり、編集したりと自由に加工可能。もちろん、ハイビジョン画質でブルーレイにも焼けちゃいます。BD-RやBD-REに焼くには、外付けのブルーレイドライブが別途必要ですけどね。

 そんな便利なEyeTV HDが、アメリカのamazon.comから日本への発送が不可になって、早半年。

 でも、なんとか日本に送ってもらうことができそうです。たとえば、日通の転送eペリカン from USAというサービスを使う方法。アメリカで購入した商品を、転送サービス経由で日本に送ってもらう方法は、昔からあります。が、問題はその転送してくれる業者。個人が運営しているような転送サービスもあるようで、ちょっと高価な(おいらの場合は1万円オーバーでも、ちょっと心配。)品物だと躊躇してしまいます。
 でも、日本通運とかなら、少しは安心できそうじゃないですか?
 私も、将来使うつもりで会員登録(無料)してみました。だって、あちらには、リージョンフリーのブルーレイプレーヤーとかが、すごく安くありますからね。

 ちなみに、EyeTV HDなら、$37.50(2千円台半ば)くらいで日本に転送してもらえるようです。この配送料金は、着払いですから、荷物が自宅に届いたときに、日通さんに支払います。ちなみに、amazon.comから、アメリカはオレゴン州にある米国日本通運までの送料は、基本無料です。

 参考までに、おいらがamazon.comからEyeTV HDを送ってもらった時の送料は、1台目が1268円(これは今から考えると安かったのかも)。2台目はImport Feeも加算されて$25.51(ただし後日、千円近い還付を受けた)でした。$25.51なら、amazon.comから日本に直送してもらうの$10くらいしか変わらないです。変わるのは、到着日数がamazon.comからのダイレクト発送よりかなり長くなってしまう、ということだけ。

 というわけで、どなたか米国日通を使ってEyeTV HDを個人輸入して見ませんか? そのうちおいらも、なにか買いますけどね。たとえば、スイープ運針のクオーツ腕時計、Blova Precisionistとかね。クオーツなのに、秒針がなめらかに動くBlova Precisionistは、こんな腕時計(見るには、adobe flashが必要かも)です。

【関連記事】




万年筆 ラミー ロゴ ステンレス ヘアライン(LAMY logo stainless)を買った。

 久しぶりに万年筆を買いました。

 普段使っているのは、ラミーサファリっていう万年筆。透明のプラスチックの軸(軸は各色そろっていますが、おいらのは透明)なんで、気にせずペンケースの中に突っ込んでます。
 サファリは、子供に正しいペンの持ち方を覚えさせるために、親指の腹と人差し指の腹が当たるところはえぐれている、子供用の万年筆。ま、おいらにはこれで十分なわけですが。

 今回購入したのは、ラミーのロゴっていうステンレス製の軽いペンです。定価5,775円(万年筆としてはかなり安い)だけど、購入金額は2,999円とさらに安い。しかも、売っていたのは文具売り場じゃなくて、SDHCやCFカードで普段お世話になっている上海問屋さん。

Img_5751

 購入したヘアラインのLAMY logo (ペン先F)はこちらのモデル。高級感とかはないですけど、普段使いには良さげ。スーツやジャケットの内ポケットにさしておいても、特に違和感も無さそうです。

 ラミーの万年筆には、ブルーのインクが1本付いてきますけど、カートリッジだと不経済なのでコンバーターとインクボトルも買いました。サファリにも使えるしね。インクボトルもラミーらしく、ブルーにしました。
 万年筆の標準色ってブルーブラックなような気がしますが、若者はブルーでいいかもね。ただし、大昔の歌に水色は涙色♪とか、水色は別れの色♫とかありますから、そういうのに拘る人は他の色がいいかも。もっとも、水色(青空の澄んだ色は)は初恋の色♪という歌詞もありますから、気にする必要ないかもだけど。

Img_5753

 黒いコンバーターが、ラミーのロゴに合うLZ26ですが、現在品切れ中かな。赤い方は、サファリに合うLZ24というコンバーター。どちらも普通に買うと840円するんですけど、上海問屋では299円インクボトルも通常だと1155円なんですが、599円と格安でした。

 コンバーター&インクボトルの組み合わせは、インクを吸い込ませるときに手が汚れやすいのですけど、ラミーのインクボトルには写真のように下部に吸取紙がロールされていまして、ペン先やペン軸をこれで拭くことができるすぐれものです。

Img_5739

 高校生のあいだで万年筆が流行ってるそうですが、おいらの時代は、中学や高校の入学祝いに万年筆をもらうということもよくありました。ええとこのボンボンは、パーカーやモンブラン。おいらの家はセーラーとかね。万年筆じゃなければ、腕時計だったかな、入学祝い。
 万年筆は筆圧かけなくても書けるし、文字を書く量の多い事務屋さんには、ボールペンよりおすすめかも。もっとも、複写紙はボールペンじゃないと、どうしようもないですけどね。

RAID対応のThunderbolt接続外付けHDDケース、Drobo 5DとDrobo Miniの予約受付開始!

 待っていた人も多いと思われる、RAID 5/6相当対応のThunderbolt接続外付けHDDケース、Drobo 5DDrobo Miniの予約受付が開始されています。

 Drobo 5DとDrobo Miniは、ともにThunderboltポートを2つ、USB3.0ポートを1つもつ、RAID 5/6相当対応の外付けHDDケースです。革新的なのは、通常のRAID 5/6であれば、同じ規格、同じ容量のHDDを4台とか5台束ねて使うのですが、Droboは容量の異なるHDDで、RAID 5/6を実現できます。
 さらに、最初から5スロットや4スロットすべてを埋める必要があるわけではなく、最低2台のHDDを内蔵すれば、使い始めることができます。容量が足りなくなってきたら、空いているスロットにHDDを増設。すべてのスロットが埋まった状態で容量が足りなくなったら、最低容量のHDDを抜いて、大容量のHDDに差し替えればOK。しかも、電源をきることなく、ホットスワップ可能です。

 このあたりが、Beyond Raidとよばれる所以ですね。ただし、その高性能ゆえ、外付けHDDケースとしてはめっちゃ高いですけどね。

Drobo 5D

  • Beyond Raid
  • 3.5インチHDDを5台まで内蔵可能
  • 4TB HDDも使用可能
  • 全スロットSSD対応
  • mSATAアクセラレーターベイ搭載
  • 内蔵バッテリー搭載で書込み中のデータを安全に保護
  • Thunderbolt × 2
  • USB 3.0 × 1
  • サンダーボルトケーブル付属

Drobo Mini

  • 2.5インチHDD対応
  • Beyond Raid
  • 2.5インチHDDを4台まで内蔵可能
  • 全スロットSSD対応
  • mSATAアクセラレーターベイ搭載
  • 内蔵バッテリー搭載で書込み中のデータを安全に保護
  • Thunderbolt × 2
  • USB 3.0 × 1
  • サンダーボルトケーブル付属

 ここまでの高機能は必要ないとおっしゃる方は、次にご紹介するDatataleの外付けThunderbolt接続のHDDケースがいいかもしれません。

 また、FireWire 800接続で十分な方には、3.5インチベイ4スロットのDrobo SG (KMX-DRO-SG)が、執筆時現在27,524円とちょっと前には考えられなかったような価格に下がってきています。amazonで在庫3点限りですけどね。

久しぶりにEyeTV HDネタです。UNIDENの録画機能付き地デジ/BS/CSデジタルチューナー DTH310Rを買いました。

 地デジやBS/CSのテレビ番組をチューナー経由でMacに録画できるビデオキャプチャボックス、ElgatoのEyeTV HD。おいらのEyeTV HDには、古いUNIDENの地デジ/BS/CS三波チューナーであるDT300がつながっています。

 現在、手元に、今年の正月に購入したまま未開封のEyeTV HDがありまして、それを職場に設置しようと計画中。で、そいつに組み合わせるチューナーとして、白羽の矢が立ったのが同じUNIDENのUNIDEN 録画機能付き地上/BS/CSデジタルチューナー DTH310R

 購入の決め手は、UNIDENのチューナーの基本性能の高さ(私も満足していますし、amazonのレビューでもかなりの高評価です。)なんですが、価格も発売当初と比較してかなり安くなっていた、というのが大きいです。発売当初の価格は、15,681円。それが今じゃ最安値で9,698円(執筆時現在の価格.com)です。そして、その最安値を表示しているのが、amazonというわけで、こりゃ今買っといてもいいかな?、って思ったわけですよ。

 大きさもDT300に比べると、かなり小さくなっているようで、職場に置くにはじゃまにならずいいかも。

 amazonでの購入ですから、到着はたぶん明日と思われます。したがって、ユニデン DTH310Rのレビューは、明日以降になっちゃいますけど、USB接続のHDDをつなぐだけで録画もできるみたいですし、EyeTV HDユーザーじゃなくても、かなりお勧めの地デジチューナーでしょうね。もっとも、録画した地デジ番組やBS番組のCMをカットしたり、と編集作業をしたければEyeTV HDが必須になっちゃいますけど。

【関連記事】




PDF Editor PRO、CrossOver XI、Invoice 3、Logoist、Fantashow、iClip、Speed Download 5、Watchmac。総額$335の8アプリケーションが、たったの$39と格安なのは本日限り!

 以前にご紹介した、PDF Editor PRO、CrossOver XI、Invoice 3、Logoist、Fantashow、iClip、Speed Download 5、Watchmac。総額$335の8アプリケーションが、たったの$39と格安なのは、本日限りですよ!

 Windowsなしに、Windowsアプリケーションを動作させることができる、最新のWindowsレイヤー CrossOver XIも含まれるこちらのバンドル。お値段は絶対に安いです。日本円でたったの3200円ほどですから。

 このバンドルを購入できるのは、Macbundler.com

Voila_capture25

【PDF Editor PRO】
 OCR機能を備えたPDFエディタ。PDFをWordやExcel、パワーポイント、EPUBなどに変換可能。Mac App Storeでは、PDF Editor Pro - Wondershare Software Co., Ltdとして、8500円で販売中。

【CrossOver XI】
 Intel MacでWindowsアプリケーションを動作させることができます。しかも、Windowsは不要です。高い、Windowsのラインセンスなしに、Windowsアプリが走ります、全てじゃないけどね。

【Invoice 3】
 請求書の発行及び管理ができます。一応日本語も通りますよ。ただし、住所表記などは、日本には対応してないけど。Mac App Storeでは、Invoice - Kedisoftとして3450円で販売中。

【Logoist】
 ロゴの作成のみならず、タイトルアート、アイコン、バナー、グリーティングカードの見出し、ボタンなどが作成可能。Mac App Storeでは、Logoist - AvisNocturna Softwareとして1700円で販売中。

【Fantashow】
 シンプルな操作で、プロのようなスライドショーが作成可能。

【iClip】
 拡張されたクリップボード。複数のクリップボードのように使えるスクラップブックツール。Mac App Storeでは、iClip - Irradiated Softwareとして1650円で販売中。

【Speed Download 5】
 高速ダウンロードを実現するダウンロードマネージャであり、FTPクライアント。

【Watchmac】
 Macのセキュリティソフト。たとえば、誰かがあなたのMacのスクリーンセーバーを解除しようとまちがったパスワードを入力した時に、このイベントを記録しMacに内蔵されたiSightで撮影。さらに、あなたにこの侵害について警告のメールを送ることができます。

 Mac App Storeで販売されているアプリの金額だけでも15,300円。それに、Windowsレイヤーのクロスオーバーも付いて、たったの$39(日本円で3000円ほど)ですから、これは安いです。

 必要なアプリが2つあったら、とりあえず買っておいてもいいんじゃないでしょうか。いずれにせよ本日限りですので、悩んでる暇はないかも。

2012年8月18日 (土)

512GBのSSD、Crucial m4 CT512M4SSD2が30,698円と格安です。

 512GBのSSD、Crucial m4 CT512M4SSD230,698円と格安です。もちろん、SATA3.0、つまり6Gbps対応の高速SSDです。そして、安心の3年保証

  • 国内正規代理店3年保証
  • SATA-3規格準拠、6Gbps対応
  • Trimコマンド対応
  • RoHS指令対応
  • ONFI 2.1規格準拠 25nm synchronous MLC NANDフラッシュ搭載
  • 記憶容量:512GB
  • 本体寸法:69.85mm(W)×9.50mm(H)×100.45mm(D)、重量:75g。
  • 消費電力:アクティブ時280mW、アイドル時100mW未満
  • 書込みスペック:シーケンシャルライト:260 MB/s
  • 読出しスペック:シーケンシャルリード:415 MB/s(SATA-3 6Gbps 接続時)

 価格.comでの最安値は、執筆時現在29,500円ですが、通販という購入形態の信頼性や発送の早さ、送料無料、返品・交換の自由度の高さ等を勘案すれば、amazonでの購入が一番かも。

 そうそう、2011年モデルのMacBook Proなどに使える、2枚セットで16GB(1枚あたりは8GB)のSODIMMも、シリコンパワー 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600) 8GB×2枚組 SP016GBSTU133N22が執筆時現在6,970円UMAX Castor DCSoD3-16GB-1333 (8GB×2 計16GB) ノート用 SO-DIMM DDR3-13336,950円と7千円を割っています。

 SSDもメモリも、愛機をスペックアップするのに、嬉しい価格になってきてますね。おいらのMC700J/AもSSD 512GB、メモリ16GBにスペックアップしたいなぁ。

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerが、 Ver.2.5.0にアップデート。

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.5.0にアップデートしています。

Macbluray_2_5_0_a_2

 変更点は、

  1. 一部のBlu-ray Discの再生問題を解決しました
  2. Blu-rayロイヤリティのライセンスをアップグレード

とのことです。

 開発元ページでは、現在$39.95(日本円で3,100円ほど)で購入できるMac Blu-ray Playerですが、VectorでもMac Blu-ray Playerを42%オフの3,480円で販売しております。どうせなら、安いうちに買っちゃいましょう。下記のMac Blu-ray Playerのアイコン画像をクリックしていただくとベクターのページに飛びます。↓

 Mac Blu-ray Playerは、現状Macで市販のブルーレイディスクを再生可能な唯一のアプリケーション。必要な方は、せっかくですから安いうちにどうぞ。もちろん、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

2012年8月17日 (金)

Clean Text / Sketch / DockView が、Mac App Storeで値下げされています。

 Mac App Storeの値下げ情報です。

 テキストのタブ文字や不要なスペース、空行を削除できるMac用ツールClean Text - Apimac(通常700円)が、期間限定で85円に値下げされています。→Clean Text - Apimac

 洗練されたインターフェースで、直感的に使えるドローイングツールとして評価の高い、Sketch - Bohemian Coding(通常4300円)が、期間限定で2600円に値下げされています。EPSへエクスポートすることもできますよ。→Sketch - Bohemian Coding

 Mac OS XのDockを拡張し、Dock上のアプリにマウスポインタを置くと、そのアプリの画面を表示してくれるツールDockView - Kapeli(通常700円)が、期間限定で170円に値下げされています。command+tabキーでアプリを表示させた時も、起動中のアプリのウィンドウを表示してくれますよ。→DockView - Kapeli

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

2012年8月15日 (水)

ColorStrokes / Scrambler / MacPilot / Thumbs / Wallpaper Wizard の合計5つのアプリケーションバンドルがMaclegionで無料です。

 ColorStrokes / Scrambler / MacPilot / Thumbs / Wallpaper Wizard の合計5つのアプリケーションバンドルが、期間限定Maclegion無料となっています。

【ColorStrokes】
 Mac App Storeでは、ColorStrokes - MacPhun LLC(170円)として販売中。写真の色を簡単に操作できるアプリケーション。

【Scrambler】
 Mac App Storeでは、Scrambler - Coding Turtle(250円)として販売中。シンプルな暗号化アプリケーション。Cloudに保存するファイルを暗号化したい時などに。

【MacPilot】
 Mac App Storeでは、MacPilot - Koingo Software, Inc.(1700円)として販売中。Mac OS Xの隠し機能を有効にできます。数回クリックするだけで、Macの日常的なメンテナンスや最適化が可能です。

【Thumbs】
 動画のサムネイルおよびサムネイルシートを作成するためのツール。

【Wallpaper Wizard】
 Mac App Storeでは、Wallpaper Wizard - Coppertino Inc.(850円)として販売中。その名のとおり、壁紙を変更してくれるアプリケーション。

 以上、5個のアプリケーションが期間限定で無料です。期限はあと5日ほど。忘れないうちにどうぞ。

2012年8月12日 (日)

MacBook Pro 13やMacBook Air 13の冷却台

 節電で、エアコンを使っていないこともあって、愛用のMacBook ProやAirの熱が心配な今日この頃。どちらも、今まで一回も熱暴走したことはないんですけどね。それでも、動画のエンコード中にEyeTVの予約録画が始まっちゃったりすると、CPU温度が93℃になってたりするわけですよ。

 実際問題としては、Macはちゃんと動作してるんですけど、精神衛生上この数字は好ましくない、というわけでノートブック用の冷却台を購入しました。
 購入したのは、サンワサプライのノート用クーラーパッド ブラック TK-CLN7Uと同じ製品と思われる、ZALMAN ULTRA QUIET NOTEBOOK COOLER Silver ZM-NC1000-SLです。色違いですけどね。

 選んだ理由は、電動ファンで金属製(熱の伝導性が良い)ということ。そして重要なのがサンワサプライ製より安いという点ですね。

Img_5473

 厚さ3mmのアルミを曲げて作ってあります。

Img_5475

 MacBook Pro 13や、Airは奥行きが短いのに、この冷却台はかなり奥行きがあります。冷却台自体の大きさは、308(L) x 330(W) x 40(H) mmで重量1,195g。

 奥行きは合いませんが、幅はちょうどいい感じ。

Img_5537

Img_5538

 写真のように、台の方が左右5mmずつ大きい感じですね。

 ファンの動力はUSBから取ります。ただし、この冷却台にはUSB端子が2つ搭載されていますから、貴重なMacのUSB端子が減ってしまうわけではありません。

Img_5541

 奥行きのあまり具合がよく分かる画像です。

Img_5545

 大は小を兼ねる、ということで。特に問題なく使っておりますが、それでも、CPU温度が10度くらい下がるわけではなく、数度低下する程度でしょうか。あいかわらず、動画のエンコやらEyeTV HDでの録画時には90度程度まで上がりますが、93度に張り付いたまま、ということはなくなりました。
 現在、エアコン無しの部屋で汗をかきながらこのブログを書いてる状態で、MacBook Proの温度は下記のような状態です。

Photo

 ちょっと高い買い物でしたけど、全体的には満足してますよ。安いノートPC用クーラー台というのもあるんですけど、デザインがあれだったり、キーボード手前のパームレスト側が高くなりすぎたりで、あまり良さそうなものがありません。ZALMANのノートブッククーラーはかろうじて及第点といったところでしょうか。

 今回は13.3インチ用を購入しましたが、MacBook Pro 15や17に合うサイズもあります。CPUやHDDの熱が心配な方は、導入してみてはいかがでしょうか?

Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121) とWD WD10TPVTと住友電工Thunderboltケーブル

 うちのMacBook Proには、2.5インチながら1TBの容量を誇るWDのWD10TPVT という12.5mm厚のHDDに換装していた(その時の記事はこちら。)わけですが、あまりの遅さに耐えかね、つい先日SSDを8GB内蔵したシーゲイトのMomentus ST750LX003に載せ換えて(その時の記事はこちら。)しまいました。

 ST750LX003は、容量こそ750GBながら、7,200rpmの高速ドライブ、SLCタイプのSSDが8GB、さらに32MBのキャッシュを内蔵した、SATAの2.5インチHDDの中では最も高速なタイプのものです。おかげでMacBook Proの起動時間は1/3と劇的に速くなりました。

 で、余ってしまったWD10TPVTを、先日amazon.comから購入したSeagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)につないで、ベンチマークをとってみました。このシーゲイトのThunderboltアダプターは、SATAのHDDやSSDを手軽に、かつ、格安でThunderbolt接続に変換してくれる魔法のアダプターです。しかし、残念なことにThunderboltケーブルは付属していません。ケーブルは日本のamazonから、住友電工 Thunderboltケーブル (0.5m, 白)を購入しました。

 2mのものしか用意されていないApple純正より安いですし、普通に使えますし、いい買い物でしたよ。ケーブル自体の太さやしなやかさは、どちらも大差なしでした。

Img_5485

Img_5487

 でもって、こちらがWDのWD10TPVTと合体させたThunderbolt アダプターです。

Img_5489

 WD10TPVTは、12.5mm厚ゆえ、むき出し状態ですけどね。で、ベンチですが、xBenchで計測した結果が下記の通り。

Wd10tpvt_thunder_1

 テキストに起こすと、

Results    55.07   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.4 (11E53)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookAir4,2
        Drive Type        WDC WD10TPVT-00U4RT1
    Disk Test    55.07   
        Sequential    130.61   
            Uncached Write    154.15    94.64 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    128.97    72.97 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    99.24    29.04 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    158.54    79.68 MB/sec [256K blocks]
        Random    34.89   
            Uncached Write    12.52    1.33 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    110.82    35.48 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    59.61    0.42 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    111.43    20.68 MB/sec [256K blocks]

といった数値です。こちらは5,400rpmのドライブですし、高速性を追求したHDDじゃありませんから、妥当な結果でしょうか?

 最後に、Blackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Incで計測した結果も貼っておきますね。バッファローのThunderbolt接続の1TB HDD、BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3と同じような性能ですかね。

Wd10tpvt_thunder_2

 というわけで、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121) には、シーゲイト純正のHDDしか挿さらないわけではなく、SATAのHDDなら普通に使えますよ、というお話でした。もちろん、SSDを使うのが最終目的なんですけど、まだSSD買ってないのよね。貧乏だから。

【関連記事】

Mac Blu-ray Playerが、期間限定で42%オフの3,480円と格安です。

 先ほどVer 2.4.2にアップデートされているとお伝えしたMac Blu-ray Playerですが、期間限定でなんと3,480円と格安販売されています。定価は5,980円ですから、2,500円もお得です。
 Mac Blu-ray Playerは、現状Macで市販のブルーレイディスクを再生可能な唯一のアプリケーション。必要な方は、せっかくですから安いうちにどうぞ。もちろん、最新OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 この格安販売を行なっているのは、Vector。こちらのMac Blu-ray Playerのリンクから、3,480円で購入可能です。下記のMac Blu-ray Playerのアイコン画像をクリックしてもらっても大丈夫ですよ。↓

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。

【関連記事】

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Player Ver.2.4.2

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.4.2にアップデートしています。

Mbp_2_4_2

 また、ラネクシーオンラインショップは、Mac Blu-ray Player ダウンロード版を実質3,480円という格安価格で販売しています。

 開発元であるMacGo社の「更新情報」には、

  1. Retinaディスプレイでの再生問題を修正しました
  2. Windows Vista/7のタクスバーに再生の進捗状況を表示

と説明されています。

 今まで再生できなかったイギリスのamazon.co.ukから購入した、リージョンフリーのブルーレイ、「ハムナプトラ トリロジー (ハムナプトラ3部作)」も、かなり前のバージョンより再生可能となっています。もし、お持ちのブルーレイ作品で、Mac Blu-ray Playerで再生できなかったBDをお持ちの方は、もう一度試してみる価値があるかもです。バージョンアップにより、再生可能なブルーレイディスクが増えているようですよ。

 ちなみに、上記amazon.co.ukで購入した「ハムナプトラ トリロジー」には、日本語音声も日本語字幕もともに入っています。リージョンフリーですから、もちろん日本のブルーレイプレイヤーでも、普通に再生できますよ。イギリスからの輸入になりますが、お値段は2千円しなかったです。このあたりの詳細は、こちらのブログをご参照。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB接続のバッファローやIOデータのもの(ともにPC用です。Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。

【関連記事】

2012年8月 8日 (水)

Elgato Thunderbolt SSDが、大幅値下げ。しかもThunderboltケーブル付きに。

 現状、国内の販売店から唯一入手できるThunderbolt接続のSSD、Elgato Thunderbolt SSDが型番の変更と大幅な値下げを実施しています。さらに、今回のモデルから50cmのThunderboltケーブル付きに。

【旧モデル】(120GB容量で49,800円)
Elgato Thunderbolt SSD 120GB ELG-TB-000001

【新モデル】(120GB容量で34,800円。しかもThunderboltケーブル付き。)
Elgato Thunderbolt SSD 120GB with Thunderboltケーブル ELG-TB-000003

【旧モデル】(240GB容量で78,800円)
Elgato Thunderbolt SSD 240GB ELG-TB-000002

【新モデル】(240GB容量で55,800円。しかもThunderboltケーブル付き。)
Elgato Thunderbolt SSD 240GB with Thunderboltケーブル ELG-TB-000004

 50cmのThunderboltケーブルは、住友電工製のものが4,000円ですから、新モデルは120GBモデルが実質30,800円となり旧価格比で38%安く、240GBモデルは実質51,800円で旧価格比で34%安くなっています。

 これは、かなり大幅な値下げですね。さすがに以前の価格じゃ売れなかったのでしょう。

 もちろん、これだけの値下げのあとでも、ElgatoのSSDは、最大容量が240GBということもありますし、以前にご紹介したように、アメリカのamazon.comからSeagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)(執筆時現在、$94.96。日本円で7,500円ほど。)を輸入し、お好きなSSDを挿すのが一番安上がりです。

 SSDをむき出しで挿すのが不安であれば、こちらもアメリカのamazon.comから、シーゲイトの一番安いポータブルHDD、Seagate FreeAgent GoFlex 320 GB USB 2.0 Ultra-Portable External Hard Drive STAA320100(執筆時現在、$49.99。日本円で3900円ほど。)を購入し、このケースから320GBのHDDを取り出して、その中にSSDを入れるのが一番スマート。

 SSDは、256GBモデルだと15,000円ほどで買えますし、512GBモデルでも、30,000円ほどで買えます。

 amazon.comから、Thunderboltアダプタ(STAE121)とGoFlex 320GB(STAA320100)を個人輸入しても、送料込みで11,500円ほどです。これに4,000円のThunderboltケーブルと15,000円の256GB SSDでトータル30,500円ほどで256GB容量のThunderbolt SSDが実現できます。512GBモデルでも、トータル45,500円ほどで実現可能。

 なお、シーゲイト FreeAgent GoFlex ウルトラポータブルHDDのケースの分解の方法などは、下記の関連記事に詳細を記しておりますので興味のある方はご覧ください。

【関連記事】

2012年8月 7日 (火)

PDF Editor PRO、CrossOver XI、Invoice 3、Logoist、Fantashow、iClip、Speed Download 5、Watchmac。総額$335の8アプリケーションが、たったの$39と格安です。

 PDF Editor PRO、CrossOver XI、Invoice 3、Logoist、Fantashow、iClip、Speed Download 5、Watchmac。総額$335の8アプリケーションが、たったの$39と格安です。
 このバンドルを購入できるのは、Macbundler.com

Voila_capture25

【PDF Editor PRO】
 OCR機能を備えたPDFエディタ。PDFをWordやExcel、パワーポイント、EPUBなどに変換可能。Mac App Storeでは、PDF Editor Pro - Wondershare Software Co., Ltdとして、8500円で販売中。

【CrossOver XI】
 Intel MacでWindowsアプリケーションを動作させることができます。しかも、Windowsは不要です。高い、Windowsのラインセンスなしに、Windowsアプリが走ります、全てじゃないけどね。

【Invoice 3】
 請求書の発行及び管理ができます。一応日本語も通りますよ。ただし、住所表記などは、日本には対応してないけど。Mac App Storeでは、Invoice - Kedisoftとして3450円で販売中。

【Logoist】
 ロゴの作成のみならず、タイトルアート、アイコン、バナー、グリーティングカードの見出し、ボタンなどが作成可能。Mac App Storeでは、Logoist - AvisNocturna Softwareとして1700円で販売中。

【Fantashow】
 シンプルな操作で、プロのようなスライドショーが作成可能。

【iClip】
 拡張されたクリップボード。複数のクリップボードのように使えるスクラップブックツール。Mac App Storeでは、iClip - Irradiated Softwareとして1650円で販売中。

【Speed Download 5】
 高速ダウンロードを実現するダウンロードマネージャであり、FTPクライアント。

【Watchmac】
 Macのセキュリティソフト。たとえば、誰かがあなたのMacのスクリーンセーバーを解除しようとまちがったパスワードを入力した時に、このイベントを記録しMacに内蔵されたiSightで撮影。さらに、あなたにこの侵害について警告のメールを送ることができます。

 Mac App Storeで販売されているアプリの金額だけでも15,300円。それに、Windowsレイヤーのクロスオーバーも付いて、たったの$39(日本円で3000円ほど)ですから、これは安いです。

 必要なアプリが2つあったら、とりあえず買っておいてもいいんじゃないでしょうか。

Patterno、Mouseposé、Compartments - Home Inventoryなど、Mac App Storeの値下げ情報。

(1) 数回クリックするだけで、美しい背景パターンを生成してくれるPatterno - Helsing Global Ltd.(通常1700円)が、Mac App Storeで期間限定90%引きの170円になっています。→Patterno - Helsing Global Ltd.

Mzlazhnxlud800x50075

(2) プレゼンテーションやデモの時に最適。Macの画面を暗くし、マウスポインタの周囲にスポットライトを当てるMouseposé - Boinx Software(通常450円)が、期間限定 Mac App Storeで170円に値下げされています。→Mouseposé - Boinx Software

Mousepose

 単機能なAppなのですけど、このようなAppこそ、値下げされた時に買っておくのがいいかと。

(3) 財産管理Appというか、家にある資材管理AppのCompartments - Home Inventory - LittleFin LLC(通常1300円)が、期間限定 Mac App Storeで85円に値下げされています。→Compartments - Home Inventory - LittleFin LLC
 あれはどこにしまったっけ?、ってことの多い方にはいいかも。もっとも、そんな人はこのAppに入力もしないのでしょうけど。

3m防水 1.5m耐落下衝撃 -10℃耐低温、タフなデジカメ オリンパス TG-320が11,120円と格安です。

 マリンレジャーの季節です。おいらはそこまでの元気はないけど、川原でキャンプとかバーベキューとか、琵琶湖でカヌーとか。
 そんな時に持って行きたいのが、この3m防水/1.5m耐落下衝撃/-10℃耐低温、とそのタフさが魅力のデジカメ OLYMPUS TG-320

 水中撮影ができるというのは、もちろん魅力的ですが、水濡れを気にせずガシガシ使えるというところが一番です。尺上のアマゴが釣れたら、写真撮っておきたいでしょ。そういう時にはこれですよ。

 衝撃にも強いですから、自転車乗りやバイク乗りにもいいかも。

 おいらは、2m防水/2m耐落下衝撃のLifeProof iPhone 4/4S Case -Gen2- 防水・防塵・耐衝撃ケース (ブラック)で守られたiPhone 4でもうしばらく我慢します。

【関連記事】

2012年8月 6日 (月)

Thunderbolt HDDにもなる、シーゲイトのFreeAgent GoFlex ポータブルHDDのバラシ。

 最安のThunderbolt SSD構築のためにアメリカamazon.comから購入した、Seagate FreeAgent GoFlex 500GB USB 3.0 Ultra-Portable External Hard Drive STAA500105Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter

 2つ合わせて、たったの13,000円でThunderbolt HDDが完成したわけですが、本来の目的はGoFlex 500GBのHDDを取り出して、SSDに換装すること。というわけで、早速ですがバラしてみましたよ。もちろん分解なんてしちゃうと、保証も何もなくなっちゃいますよ。

 強力な両面テープでくっつけてあるらしい、BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB HD-PA1.0TU3とは違い、GoFlexの分解は簡単、かつ、きれいに行えます。

 GoFlexは、USB3.0アダプタ部分とHDD本体部分が別体ユニットになっています。まず、これを外して、分解するのはHDD本体部分のみです。 テレフォンカードをかみ合わせの隙間に差し込んで、1周(厳密にはインターフェース側を除く3面だけですが)ぐるっとナイフでカットするような感じで、噛み合わせ部分を外します。

Img_5441

 インターフェース側の噛み合わせに注意しつつ、上部カバーを外します。インターフェース側のかみ合わせ部分は、↓な感じ。

Img_5449

 ここまで来れば、HDDを取り出すのは簡単です。ゴム製のインシュレーターできっちりはめこまれていますから、無理な力をかけず、インターフェースの反対側を持ち上げる感じで、取り出します。

Img_5445

 取り出したHDDは、まるでMacBook Proに内蔵されているHDDのように、ゴム製のインシュレーターが。ただ、これは+のビスにかぶせてあるだけのゴムキャップです。

 使われていたHDDは、シーゲイトのMomentus 500GB ST9500424ASでした。これは7200rpmの高速ドライブですから、バッファローのBUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 500GB HD-PA500TU3より、高速なはずです。バッファローはサムスンのHDDが入っていたはずなんで。

 インシュレーター兼ゴムキャップの中に1番のビスが隠れていますから、ドライバーで外します。

Img_5443

 分解終了。ほんの数分で完了です。

 あとは、SSDを買ってきて、交換すれば大容量で格安のThunderbolt SSDのできあがり。Thunderbolt SSDは、Elgatoの120GB容量のElgato Thunderbolt SSD 120GB ELG-TB-000001と240GB容量のElgato Thunderbolt SSD 240GB ELG-TB-000002くらいしか、現状選択肢がありません。しかも、お値段は一般庶民には買えないくらい高い・・・ 120GBで5万円弱。240GBで8万円弱ですよ。

 ところが、アメリカamazon.comから購入した、Seagate FreeAgent GoFlex 500GB USB 3.0 Ultra-Portable External Hard Drive STAA500105Seagate GoFlex Thunderbolt Adapterのセットなら、これで13,000円。換装用の512GBのSSDをA-DATE XPGシリーズ SX900 SSD 512GB 2.5インチ SATA 6Gbps 14653 ASX900S3-512GM-Cにすれば、執筆時現在3万円前後ですから、総合計43,000円ほどで512GB容量のポータブルSSDが、しかもThunderbolt接続のポータブルSSDがゲットできるわけです。

 おいらの場合、あとはSSDの購入だけなんですけどね。しかし、この3万円が・・・ びんぼ〜ってやーね。

【関連記事】

格安のThunderbolt HDDのベンチマークテスト。

 最安のThunderbolt HDDと思われる、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)Seagate FreeAgent GoFlex 500GB USB 3.0 Ultra-Portable External Hard Drive STAA500105の組み合わせ。

Img_5411_2

 外観の写真や大きさの比較などは、先のブログに記載しましたので、軽くベンチマークテストなど。とはいえ、おいらの所有機は2011年モデルのMacBook AirとProですから、USB3.0はついてないのね。USBは2.0になっちゃいます。ま、そのUSB2.0の2011年モデルを活かすためにThunderbolt HDDを買ったわけですけども。まずは、USB2.0接続から。

Goflex_usb2

 遅い、遅すぎる・・・ これが今まで速い速いと騒がれていたUSB2.0の実力ですよ。テキストに起こすと、

Results    26.74   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.4 (11E53)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookAir4,2
        Drive Type        Seagate FreeAgent GoFlex
    Disk Test    26.74   
        Sequential    43.94   
            Uncached Write    54.47    33.44 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    49.25    27.87 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    26.04    7.62 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    71.59    35.98 MB/sec [256K blocks]
        Random    19.22   
            Uncached Write    5.78    0.61 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    85.18    27.27 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    78.03    0.55 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    94.20    17.48 MB/sec [256K blocks]

です。本来それほど速くはない2.5インチHDDの実力すら引き出せていないスピード。問題外ですね。

 次にThunderbolt接続。

Goflex_thunder

 速いとは言いませんが、2.5インチHDDの性能の限界は引き出していそうな数値です。テキストに起こすと、

Results    35.69   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.4 (11E53)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookAir4,2
        Drive Type        ST9500424AS
    Disk Test    35.69   
        Sequential    169.74   
            Uncached Write    200.94    123.37 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    167.40    94.71 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    127.10    37.20 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    210.64    105.87 MB/sec [256K blocks]
        Random    19.94   
            Uncached Write    5.78    0.61 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    110.98    35.53 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    83.89    0.59 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    150.72    27.97 MB/sec [256K blocks]

で、シーケンシャルWriteが123.38MB/s。一昔前の3.5インチHDD並になっています。

 参考までにBlackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Incで計測中のスクリーンショットです。上がUSB2.0接続の場合。下がThunderbolt接続です。

 Thunderbolt接続だと、Read/Writeともに110MB/sほどかな。USB2.0接続の3倍は速いってことですね。

Usb2

Thunder

 Thunderbolt接続でその高速性を活かしたいなら、HDDならRAID 0あるいはRAID 5を組むべき。RAIDを組めないのであればSSDを使うべきと以前から書いておりますが、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)を入手したことですし、次はSSDを挿してベンチマークしてみましょうかね。まだ、SSD買ってませんけど。

 そうそう、amazon.comで買うほうが絶対に安いSeagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)ですが、英語がぜんぜんダメという方。少々高くなりますが、日本のamazonでも、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121) 【並行輸入品】が販売されています。約1万円ですから、2500円ほど高くなっちゃいますけどね。

 海外からの通販は怖いと思っておられる方とか、英語がからきしダメな方には、並行輸入品というのも1つの選択肢かもしれません。最安のThunderbolt HDDから遠ざかっちゃいますけどね。

【関連記事】

最安値のThunderbolt HDDは、たったの13,000円。

 先日、最安値でThuderbolt接続のポータブルSSDを組むために、いろいろ購入したというブログを書きました。それが昨日届きました。早いね、さすがamazon.com

 オーダーしたのが、日本時間の2012年8月2日10:40。到着したのは8月5日の14:58。たったの3日と4時間ですよ。日本のできの悪い通販ショップで買うより、はるかに早いかも。

 オーダーした商品は、USB3.0インターフェースの500GB容量ポータブルHDDである、Seagate FreeAgent GoFlex 500 GB USB 3.0 Ultra-Portable External Hard Drive STAA500105 (Black)。購入した500GBのモデルは最安モデル($69.99)で、$120.61の1.5TBのモデルもあります。なぜ最安モデルにしたか?、というのは先日も書きましたが、FreeAgent GoFlexのケースだけが欲しかったからです。中身はHDDじゃなく、SSDを使いたいのよね。

 それからもう1つ。こちらが大切ですよ。シーゲイトの2.5インチポータブルHDD、GoFlexシリーズをThunderbolt HDDに変身させてくれる魔法のアダプタ(下駄)、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)です。こちらはお値段、$94.96。日本円にしてたったの7500円くらいです。

 2つ合わせて13,000円。たったの13,000円でThunderbolt接続のHDDが買えちゃうんですよ。これは個人輸入しかないでしょ! 個人輸入とは言っても、amazon.comは、日本のamazon.co.jpで買い物したことがあれば、ふつうに使えます。英語ですけど、段取りとか、完全に日本のと同じですからね。

 で、到着したのがこちら。

Img_5393

Img_5395

 ポータブル商品らしい、小さなパッケージです。さっそく開封。

Img_5399

 ごくごく普通のポータブルHDDです。大きさも私の所有する他のポータブルHDDより小さいくらい。残念なことに本体はおいらの嫌いなピアノブラック。ピアノブラックって埃は付くし、キズは付くし、指紋は付くし、いいことないと思うんですけどね。

Img_5401

 ポータブル型のGoFlexで特徴的なのは、HDD本体部分とSATA-USB3.0変換アダプタ部分が別体になっているところ。この変換アダプタ部分を取り替えることにより、FireWire800接続にすることもできますし、Thunderbolt接続することもできるわけです。

Img_5403

 添付されているUSB3.0ケーブルです。

Img_5405

 別体のUSB3.0アダプタ部分とHDD本体は、普通にSATAでつながっています。

Img_5407

 そしてこちらが、ポータブルHDD GoFlexシリーズをThunderbolt HDDに変身させてくれる魔法の下駄、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)。GoFlexシリーズを、と書きましたが、端子は普通のSATAですから、SSDでもHDDでもSATAのものであれば挿さります。
 なお、シーゲイトのうずまきマークの右上あたりに、強力な磁石が仕込まれていますから、くれぐれもクレジットカードやら通帳やらを近づけないように。

Img_5409

 裏側はこんな感じ。放熱のためか、多数の穴があいています。

Img_5411

 FreeAgent GoflexをSeagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)に乗っけて、注意深く接続。

Img_5413

 合体させると、ちょっとぶ厚めの外付けポータブルHDDって感じになります。

Img_5427

 大きさを比較するために、USB3.0対応のポータブルHDDケース、オウルテック 『黒角』 OWL-ESL25/U3(B)と比較。中には12.5mm厚のWDの1TBが入っています。Seagate FreeAgent GoFlex 500GB STAA500105の方が一回り小さい感じです。

Img_5431

 12.5mm対応のケースと比べるのはちょっとずるいですか? 

Img_5433

 しかし、Thunderboltアダプタと合体させると、ここまでおデブに。

Img_5437

 厚みが倍になった感じですね。下の12.5mm厚対応ケースと比べても、その分厚さは歴然。
 それでもたったの13,000円でThunderbolt HDDが手に入るわけですよ。安くないですか? Thunderboltケーブルは別に買わないとダメですけどね。

 ちょっと長くなっちゃったので、ベンチマークは次回に。

【関連記事】

2012年8月 4日 (土)

ツメの折れないLANケーブル

 株式会社バッファローが、ツメの折れないLANケーブルを販売開始すると案内しています。抜き差しの頻繁なケーブルは、今後これに置き替えていこうかな。以前、商工会議所でPC教室をやっていたときは、こちらから10台近くのノートPCを持ち込んで、LANにつないでいたのですけど、その時に困っていたのがこの爪折れ問題。当時、このケーブルがあればなぁ。

 頻繁に抜き差しするMacBook Air用として、買う予定です。色も長さも豊富に用意されているようですよ。

 ちなみにこのLANケーブルは厚さ1.5mmのフラットケーブル仕様ですから、オフィスでもじゃまにならないし、持ち運ぶ際も便利そうですね。最近は無線LANがメインで、そうそう有線LANのお世話になることもないのだけど。

2012年8月 2日 (木)

AirPrint対応のHP製プリンタ、HP Officejet Pro 8600がたったの8400円と格安。

 iPhoneやiPad、iPod touchから印刷できるAirPrint。そのAirPrint機能に対応した、HP Officejet Pro 8600が、なんとたったの8400円です。ヒューレット・パッカードの直販では、24,990円もする高級機種ですから、これは激安。

 この激安価格で販売しているのは、ワープロソフト一太郎でおなじみのJust My Shop。MyShop価格 16,800円と表示されていますが、「【11周年記念】カートに入れるとさらに8,400円(税込)割引き!限定数無くなり次第終了いたします。※ご購入にはログインが必要です。」と赤字で注意書きされています。

 AirPrint対応のプリンタをお探しの方。コンシューマー向けHP Photosmart 5510 CQ181C#ABJHP Photosmart 6510 CQ764C#ABJなどよりも、

  • 全色顔料インク
  • ファクス機能
  • 自動両面印刷
  • ADF(オートドキュメントフィーダー)装備

と機能的にも格上、さらにオフィス向けの頑強さ・耐久性を考慮すれば、HP Officejet Pro 8600の方が、後々満足できるかもしれません。

Photo_package

 執筆時現在、残り6台です。必要な方はお早めにどうぞ。っていうか、おいらがほしいぞ。

DVDRemaster 8(通常4300円)が850円に、iScreensaver Personal 4が無料など、Mac App Storeの値下げ情報。

 Mac App Storeの値下げ情報です。

(1) DVDRemaster 8 - Metakine Inc.(通常4300円が850円)
 動画変換アプリ。DVDビデオをiPhoneやiPad用に変換できます。DVDリッピングアプリではありません。→DVDRemaster 8 - Metakine Inc.

(2) iScreensaver Personal 4 - Xochi Media Inc. (通常450円が無料
 スクリーンセーバー作成ソフト。写真、ムービー、テキストなどを1つのスクリーンセーバーにまとめ上げることができます。→iScreensaver Personal 4 - Xochi Media Inc.

(3) Quake 4 ™ - Aspyr Media, Inc.(通常1600円が1300円)
 よく知られたファースト・パーソン・シューター(FPS)。マルチプレイはDoom3エンジンを利用してQuakeIII:Arenaを再現した、スピーディなスポーツ系FPS。もちろん、レチナディスプレイに対応!→Quake 4 ™ - Aspyr Media, Inc.

(4) DOOM 3 - Aspyr Media, Inc.(通常800円が600円)
 元祖FPS。第1作のリメイク版であると同時に、ホラーFPSの走り。→DOOM 3 - Aspyr Media, Inc.

(5) RAGE®: Campaign Edition - Aspyr Media, Inc.(通常2600円が1900円)
 最新のFPS。ただし、OS X Mountain Lion のNVIDIAグラフィックスカード用ビデオドライバに問題があるらしく、やや不安定。NVIDIAにはすでに報告済みなので、近々対処されるかも。→RAGE®: Campaign Edition - Aspyr Media, Inc.

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

最も安くThunderbolt接続のポータブルSSD(HDD)を組むために。

 Thunderboltポートあり、でも、USBは2.0という2011モデルのMacBook ProやMacBook Airをお使いの方が一番頭を悩ませるのが、高速な外部ストレージ。

 世間のUSB3.0接続HDDは安いのですが、これがThunderbolt接続となると、とたんに割高に。ただし、HDDの物理的な動作速度を考えると、USB3.0やThunderboltの高速性は活かせません。HDDを使うなら最低、RAID 0構成にしないと意味がありません。

 USB3.0接続でRAID 0の組めるケースは、例えばラトックシステム USB3.0 RAID HDDケース(HDD2台用) RS-EC32-U3Rが執筆時現在7,108円と格安に入手できます。ノバック USB3.0+eSATA接続RAID機能搭載HDDケース 「2SATA HDDはい~るKIT RAID Data Saver」 NV-HS222U3Sならさらに安くて5,250円。現在、3.5インチの内蔵HDDは、2TB7,680円〜。3TB11,177円〜ですから、これらを組み合わせると4TBのRAID 0構成外付けHDDが20,610円で組めちゃうわけです。6TBでも27,604円。

 対するThunderbolt接続、RAID 0構成だとWestern Digital My Book Thunderbolt Duoの4TBモデルが47,813円、6TBモデルで59,980円ですから、倍以上違ってきます。

 で、びんぼ〜なおいらは考えたのですよ。どうやったらThunderbolt接続の安い外部ストレージを組めるかを。ここでぴこーん!と閃いたのは、Seagate GoFlex Desk Thunderbolt Adapter STAE122Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)を使う方法。

 SeagateのGoFlex Thunderbolt Adapterは、SATA接続機器をThunderbolt接続に変えてくれる魔法のアダプター。日本では高いのですけど、本家amazon.comでは、めっちゃ安いです。

 というわけで、さっそくオーダー。まず1つ目は、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121)。お値段たったの$87.36。日本円で言えば6,900円ほどです。このアダプタに、任意の2.5インチSATAのSSDやHDDを挿せば、それだけでThunderbolt接続のポータブルSSDやHDDのできあがり。

 ただ、このアダプタにベアドライブを直付で持ち運ぶのはあまりにアレなんで、Seagate FreeAgent GoFlex USB 3.0 Ultra-Portable External Hard Drive in Black STAA1000101もオーダー。こいつは、USB3.0接続のポータブルHDDですが、STAE121と合体させることでThunderbolt接続のHDDにもなるという優れものです。お値段は、500GBでたったの$69.99。せっかく、2.5インチドライブでは珍しい1.5TBという大容量(それでもたったの$105.95)のものがあるのに、なんで500GBにしたかと言いますと、このケースだけが欲しかったからです。中身は当然SSDに交換しちゃうわけですよ。先のブログにも書いたとおり、Thunderboltポートの高速性はHDDでは活かせませんから。

Goflex

 2つのオーダーで、送料あわせて$169.32なり。日本円で13,000円くらいですかね。たったの13,000円で500GB容量のThunderbolt接続ポータブルHDDが買えるって、めっちゃ安くないですか?

 届いたら、500GBのHDDは、SSDに即交換予定。256GBなら、シリコンパワーのSP256GBSS2T10S25がたったの12,683円ですから、26,000円ほどでThunderbolt接続のポータブルSSDが組めます。

 もっと高速で大容量のSSDがよければ、A-DATE XPGシリーズ SX900 SSD 512GB 2.5インチ SATA 6Gbps 14653 ASX900S3-512GM-Cが31,478円ですから、現状こいつがお徳そう。こいつは、安いシリコンパワーと違ってSATA 6Gbpsで、カタログではRead 540MB/s、Write 465MB/sと高速です。こいつを使って、高速512GBのThunderbolt ポータブルSSDを組んでも、お値段トータルで45,000円ほど。Elgato Thunderbolt SSD 240GB ELG-TB-000002だと、たったの240GBでお値段78,800円ですから、格安だと思うんですけどね。

 というわけで、アメリカのamazonからの到着はたぶん4日後。到着しましたら、またレポしますね。SSDまだ買ってないけど。(^^)

【関連記事】

Thunderbolt - FireWireアダプタ、やっと出ました!

 7月販売開始予定だった、Appleの「Thunderbolt - FireWireアダプタ」ですが、ようやくApple Storeで販売開始されています。お値段は、予定通り2,800円也。Thuderbolt機器の中では、画期的に安いです。

製品番号

  • JPN/UPC/EAN番号:4547597800867
  • メーカー製品番号:MD464

 Appleは「Thunderbolt - USB3.0アダプタ」を出すべきだと思うんですけど、これをやっちゃうとThunderbolt自体の普及の足枷になるという諸刃の剣。

 USB2.0しか搭載されていない、Thunderboltポートをもつ、MacBook AirやProの2011モデルをお持ちの方は、外付けHDDは素直にWestern Digital My Book Thunderbolt Duoにしちゃうしかないですね。

 大容量だし、そこそこ速いし、3年保証だし、持ち運びを考えなければいい外付けストレージですよ。My Book Thunderbolt Duoのベンチマークを含めたレポはこちらです。

 MacBook Airの小さなフラッシュドライブを補うためのポータブルストレージなら、現状はElgato Thunderbolt SSDドライブくらいしか選択肢がないのかな。高速なThunderboltポートも、2.5インチHDDではせっかくのスピードを活かせませんし、やはりここはSSDじゃないと意味がないですね。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ