隠れJTマーヴェラスファンページ

« LaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)が届きました。Thunderbolt接続のRAID SSD、その実力は? ということで、ベンチマークなど。 | トップページ | TechTool Pro 6.0.6が、本日限り半額の$49.99です。 »

2012年10月20日 (土)

LaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)を2台使って、120GB×4のRAID 0を組んでみた。ということで、ベンチマークなど。

 昨日到着した、LaCie Little Big Disk Thunderbolt (LCS-LB240TB)と、追加購入した分の2台を使って、120GB×4発のRAID 0を組んでみました。Mac OS X純正のソフトウェアRAIDですが、おいらには十分満足できるスピードが手に入りました。

Lcslb

 まずは、ディスクユーティリティを起動して、2台のLaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)のRAID構成を解除。新たに、120GBのSSD4台でRAID 0を構築し直します。数秒で完了。

 このあたりは、ハードウェアでRAID 5を組んでいる、うちのWindows 2003 Serverの同期より圧倒的に速いです。RAID 5でディスクの同期かけると、数時間かかりますから。

Raid_4_6

 というわけで、478GBのボリュームができました。

Raid_4_2

 空き容量は、478.31GB。容量は大きければ大きいほど嬉しいけど、動画やRAWデータの作業用としては、おいらには十分なサイズです。

 というわけで、さっそく、Blackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Incを使って、ベンチマークテストを実行。もちろん、測定するボリュームは、さっき作った「LaCie RAID 0」です。

Raid_4_3

 速っ! Read:700MB/s弱Write:500MB/s弱という、格安外付けSSDとしては、驚異的な数値をマーク。内蔵のSSDは、インターフェースがSATA 3.0Gb/sのインテル320シリーズですが、RAID 0を組めば、そのインターフェースの遅さも気になりません。

Raid_4_1

 おいらは、480GBあれば十分だけど、格安(Apple Storeでは、88,800円の商品です)で売ってるうちに追加購入して、もっと大容量の超高速ストレージを組み上げる人もいるかもね。そのくらい、コストパフォーマンスは高いです。

 で、昨日と同じく、ついでにXbenchでも測定してみました。

Raid_4_5

 テキストに書き起こすと、

Results    544.21   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.5 (11G63)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookAir4,2
        Drive Type        LaCia RAID 0
    Disk Test    544.21   
        Sequential    337.31   
            Uncached Write    975.26    598.80 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    594.75    336.51 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    122.29    35.79 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    1025.85    515.58 MB/sec [256K blocks]
        Random    1407.69   
            Uncached Write    1116.38    118.18 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    1229.20    393.51 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    2181.58    15.46 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    1483.99    275.37 MB/sec [256K blocks]

と、これまた十分に速いです。ほんとにコスパは最高ですね。

 Intel 320シリーズの、特に120GBモデルは、書き込み速度が遅いので、これを標準的な書き込み速度のものに変えるだけで、リードと同じくらいの速度まで持っていけそうです。

 ただし、Intel 330シリーズや520シリーズの240GBモデルは、1台が15,800円〜20,000円程度します。2台購入すると3万円〜4万円の出費となります。それで、ようやく480GB。
 LaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)を追加購入すれば、2万円ほどで合計容量は480GBになります。そして、上のようにRAID 0を組めばスピードもリードが700MB/s、ライトが500MB/sと十分な性能を確保できます。

 中身のSSDを入れ替える場合は、元の320シリーズは売り払えば安上がりになりますが、1年保証はなくなりますし、今回は追加購入がお得な気がしますね。

 以上、本日も大急ぎでまとめてみました。LaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)を2台使っての、120GB×4発のRAID 0は、抜群のコストパフォーマンスで、抜群のスピードと結論づけて良いと思います。

 いずれにせよ、この製品を購入できた方はラッキーだと思います。また、週末まで在庫があるのもラッキー。19,800円でも十分元は取れそうな気がしますよ。

 この商品にはThunderboltケーブルが付属していません。おいらは以前から、WD My Book Thunderbolt Duo 6.0TB (WDBUPB0060JSL-JESN)や、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121) を使っていることもあり、Thunderboltケーブルは手持ちの物を使いました。今回のベンチマークはApple純正を1本、住友電工の50cmを1本使っています。
 amazonで売っている住友電工のThunderboltケーブルは、Apple純正よりしなやかで柔らかく、取り回しが楽ですのでおすすめです。長さも30cmから3mまでそろっていますし。以上、ご参考までに。
 

【関連記事(下ほど古いです。)】

« LaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)が届きました。Thunderbolt接続のRAID SSD、その実力は? ということで、ベンチマークなど。 | トップページ | TechTool Pro 6.0.6が、本日限り半額の$49.99です。 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LaCie Little Big Disk Thunderbolt™ (LCS-LB240TB)が届きました。Thunderbolt接続のRAID SSD、その実力は? ということで、ベンチマークなど。 | トップページ | TechTool Pro 6.0.6が、本日限り半額の$49.99です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ