隠れJTマーヴェラスファンページ

« Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBが、13,810円と格安です。台数限定・本日限り! | トップページ | いつの間にかamazonで、Adobeのアプリケーションをダウンロード購入できるようになってたのね。 »

2013年1月 7日 (月)

ロジクールのiPad 2用トランスフォーム キーボード TK900が到着。IBMのThinkPad 701Cのバタフライキーボードみたいに使い勝手は良し! でも・・・

 以前にもご紹介した、iPad 2の物理キーボードとして使える、バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)に付属のBluetoothキーボード。軽くて、安くて、打ちやすくて、言うことなし。最近は、iPad 2ではなく、Nexus 7と組み合わせて使っていることが多い(長文打つときだけですけど)んです。

 このポケモンキーボードは、Nexus 7専用(Nexus 7では、専用キーボード並みの快適さです)にして、iPad 2にはiPad 2と合体(iPad 2のケースの一部と言ったほうがいいかな。)するタイプを購入することにしました。中華製の液晶画面部分の蓋になるようなタイプもあるんですが、もっといいやつをもっと安く見つけました。

 それが、こちらのLOGICOOL トランスフォーム キーボード TK900。お値段、たったの1,780円ですよ。販売開始時のロジクール直販価格は12,800円だった商品。あまりにも安すぎるので思わずポチッとな、としたわけですが、とっくの昔に到着しております。

Img_7504

 格安価格にもかかわらず、この箱の上にさらにビニールのかぶった状態で到着。定価が高すぎて、あまり売れなかったんでしょうね。

Img_7508

 入っていたのは、TK900キーボード本体、取説、保証書、USBケーブル(充電用)など。

Img_7532

 Nexus 7にも使える、USBマイクロケーブル。端子部分が抜き差ししやすいような形状になっています。この辺は、流石ロジクール製。

Img_7546

 TK-900キーボードとiPad 2はガチャコンとはめるだけ。このキーボードの最大のネックは、画像でお分かりの通り、その厚みと重量。iPad 2がなんと1.14kgのおデブPadに変身。えーと、MacBook Air 11より重いんじゃね?

Img_7542

 しかし、重量と厚さという犠牲を払った分、キーボードの打ちやすさは史上最高。ポケモンキーボード以上に、いい感じです。

Img_0062

 iPad 2とTK900は、Bluetoothで接続します。キーボード右上のペアリングスイッチを押すと、3分間ペアリング可能状態になります。その間に、iPad 2側の「設定」→「Bluetooth」で、デバイスを検索します。

 上の画像(真ん中のデバイスがTK900)のように、キーボードが検出されたら、それをタップ。

Img_0063

 すると、上の画像のようにiPadの画面にPINコードが表示されますから、それをTK900キーボードで入力。それだけで、ペアリングは終了です。

 なお、このペアリング操作は最初に1回行うだけで、あとは自動的に接続されます。後述しますが、キーボードを開けば、iPad 2の電源も自動的に入りますし、キーボードと自動的に接続もされ、完璧なiOS版ノートPCができあがります。

Img_0064

 キーボード自体は、横幅がiPad 2の長辺寸法より長いフルキーボードですから、打ちやすさは言うことなしです。

Img_7544

 さらに、上の画像でお分かりのように、iPad 2のホームボタンに相当するキーがあったり、検索キーがあったり、キーボードオン/オフキーがあったりと、さすがiPad 2専用設計という出来栄え。

 ただし、この写真でお分かりかと思いますが、ピアノブラックのキーボードを保護するため、シールが貼られていたのですが、そのシールの接着剤が史上最悪で、きれいに剥がせないという・・・ キーのあいだに見える白い点々は、その接着剤の残骸です。後日、超強力ラベルはがし雷神あたりで、きれいにする予定です。返品してもいいレベルなのですが、お安いのでね。

 というわけで、キーボードを保護しているシールを剥がす際は、ドライヤー等でシールを暖めながら、ゆっくり剥がしましょう。そうすれば、きれいにはがせるはずです。

Img_0065

 かな・漢字・英数の切り替えは、Macでよくあるパターンの「commandキー+スペースバー」方式。押すたびにトグル式に切り替わります。

Img_0066

 日本語変換は、iOS純正のIMですから、あまり賢くない。ATOKやGoogle日本語入力が使えれば最強なんですけどね。
 でも、携帯方式に短い文節で返還、予測変換を有効利用すれば、慣れれば問題なくタイピングできます。

Img_0067

 ちょっとコツをつかめば、思った以上に快適に入力できるようになりますよ。

 このキーボードの一番の長所は、iPad 2専用機だけあって最高に使い勝手が良く、打ちやすい。さらに充電式バッテリーも長持ち(3時間の充電で500時間使える)。一度ペアリングすれば、キーボードを開くだけでiPad 2の電源が自動的に入り、使える状態になる、といったあたり。

 逆にウィークポイントというか、売れなかった理由は、その厚みと重さでしょう。キーボード単体で480gなわけですが、iPad 2と合体させると、前述のとおり1.14kg。これは、今の基準ではデスクトップです。持ち歩く気にならない。

 購入する方は、上のウィークポイントが許せるかどうかでしょうね。

Tk900_1

Tk900_2_2

 でも、かつてのIBM製ThinkPad 701Cのバタフライキーボードを彷彿させる、ロジクールのトランスフォームキーボード。重量と厚みの問題を除けば、これ以上のキーボードはないでしょう。

 どうせ買うなら、1,780円の今のうちにどうぞ。

 で、やっぱり重いのは嫌。でもって、打ちやすいキーボードをという方には、バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)に付属のBluetoothキーボードをおすすめします。こいつは、出張時にiPadと一緒に持ち歩いても、全く苦にならない軽さですから。

商品の説明:

iPad2をノートパッドにしよう!

 ロジクール トランスフォーム キーボードがあれば、会議や授業で入力作業が必要となっても、すぐに万全の状態にセットアップ可能です。
 また、閉じた状態では、キーボードはiPad 2の下にしっかりと格納されます。使用する時は、iPad 2を引き上げる動作と同時に両側からキーボードが現われ合体。さらに、キーボードは開くと起動し、折りたたむと自動的に電源オフになり、バッテリーを節約します。なお、USBで充電できるため、電池交換の必要はありません。

【製品名】 (日本語) ロジクール トランスフォーム キーボード
【型番】TK900
【本体サイズ】 キーボード (幅 x 奥行 x 高さ) mm : 250×196.5×20(折りたたみ時)
【本体重量】キーボード (電池含む)g : 480
【カラー】 ブラック 【キーレイアウト】 65キー英語レイアウト
【キー構造】 パンタグラフ
【キーピッチ】 19mm
【キーストローク】 1.5mm
【押下圧】 60g 
【角度調節機能】 無
【フル充電時間】 約3時間
【電池寿命】 最大500時間(フル充電の状態から)
【操作距離】 10m
【無線方式】 Bluetooth
【対応機種】 iPad 2
【付属品】 micro-USB充電ケーブル

【関連記事:下ほど古いです】


« Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBが、13,810円と格安です。台数限定・本日限り! | トップページ | いつの間にかamazonで、Adobeのアプリケーションをダウンロード購入できるようになってたのね。 »

iPhone・iPod・iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBが、13,810円と格安です。台数限定・本日限り! | トップページ | いつの間にかamazonで、Adobeのアプリケーションをダウンロード購入できるようになってたのね。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ