隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、可愛いネズミがキャクターのゲーム 「From Cheese」です。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、可愛いネズミがキャクターのゲーム 「From Cheese」(通常85円)です。
 Google Playでも、けっこう高評価ですね。しかし、Google Playでは99円です。

201302281159

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。

 2013年3月12日より、Kindle Fire HD 8.9も販売開始されるようですし、1920×1200ピクセルの8.9インチ大画面液晶なら、ゲームもまた違った感じになるんでしょうか。

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末で、Amazon Apps経由でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

iMacの内蔵ハードディスク交換キット

 iMacは、Late2009モデルから内蔵のハードディスクを簡単に交換できないようになってしまいました。ガラスパネルを外したりで、元々難易度の高いiMacの内蔵HDDの換装作業でしたが、最近のApple純正ハードディスクには温度センサー端子が装備され、ケーブルを介してロジックボードに接続されるようになりました。

 したがって、Apple純正でないハードディスクに入れ替えてしまうと、

  • 起動後10分ほどでファンが全開
  • Apple Hardware Testでエラー

といった問題が生じます。

 上記の問題をクリアするキットが、Vintage Computerから販売開始されています。

  1. iMac Late 2009/Mid 2010 用HDD 交換キット (4,800円)
  2. iMac 21.5インチMid 2011用HDD 交換キット (5,800円)
  3. iMac 27インチMid 2011用HDD 交換キット (5,800円)

 お値段は少々高めなような気もしますが、今まで一切ハードディスクの換装が不可能だった、最近のiMacの内蔵HDDを交換することができるようになったわけで、ユーザーにはありがたいパーツの販売だと思います。

 あとは後付Fusion Driveキットも販売して欲しいかな。光学ドライブを外したMacBook Pro 13や15をFusion Drive化している人たちは、けっこう居るそうですけれども。

2013年2月27日 (水)

Kindle Fire HD 8.9が登場。お値段、16GBが24,800円。32GBは29,800円。

 日本のamazonにも、Kindle Fire HD 8.9が登場しました。7インチタブレットである、従来のKindle Fire HDの高性能版&高機能版の扱いです。
 特に8.9インチの液晶ディスプレイの解像度は、1920×1200とフルHDを超えています。もちろん、IPSパネル。

  • 8.9インチの大画面でエンターテインメントもウェブもゆったり快適に
  • アプリ、ゲーム、音楽、本などのエンターテインメントから、インターネットやEメールまで、1台で楽しめるタブレット
  • GmailやHotmail、Yahoo!に加え、Exchangeのカレンダーや連絡先、Eメールとの連携をサポート
  • 前面のHDカメラでSkypeの無料ビデオ通話に対応
  • 無料で好きなだけAmazonコンテンツを保存できるクラウド
  • 1920 x 1200の美しい高解像度HDディスプレイ
  • 偏光フィルターと反射防止技術を採用し、どんなアングルからでも鮮やかなカラーと深みのあるコントラストを表現
  • バーチャル・サラウンドで音場をリアルに再現する、デュアルドライバ・ステレオスピーカーと専用に作りこまれたドルビーオーディオ
  • タブレットとして世界初のデュアルアンテナとデュアルバンドWi-Fiで、 iPadより40%速いダウンロードとストリーミング
  • サクサク滑らかな動作を実現する、1.5GhzのデュアルコアプロセッサーとImagination製PowerVR 3Dグラフィックスを搭載

 価格も、性能もずいぶん頑張ってますよね。発売予定日は、2013年3月12日とのこと。質量567g、厚さ8.8mmとこのクラスのタブレットとしては、薄く軽く仕上がっています。

 お値段は、16GBモデルが24,800円。32GBモデルは29,800円とかなりリーズナブル。さて、どのくらい売れるでしょうか。価格と性能を考えると、うちの親父やおかんのネット端末にちょうどいいなぁ、って思うんですけど、どうなんかな。

RapidWeaver、Hype、Flux、Mac Blu-ray Player、Hands Off!、iShowU HD、Lucid等々、けっこう高額なMacアプリケーション30種類から10個好きなのをセレクト購入して$49.99。

 RapidWeaver、Hype、Flux、Mac Blu-ray Player、Hands Off!、iShowU HD、Lucid等々、けっこう高額なMacアプリケーション30種類から10個好きなのをセレクト購入して$49.99という太っ腹なセール、「Pick any 10 amazing Mac titles, only $49.99!」が開催されています。

20130227_110947

 30種類のMac用アプリケーションは、

  1. RapidWeaver
     Mac App Storeでは、RapidWeaver - Realmac Softwareとして、6,900円で販売中の人気ホームページ作成ソフト。以前、Apple純正のiWebなどでホームページを作成されていた方には、非常にとっつきやすいWeb作成ソフトです。
  2. Hype
     Mac App Storeでは、Hype - Tumultとして、5,200円で販売されているHTML 5 アニメーション作成ソフト。もうFLASHで、動くWebを作っている時代じゃないですよ。
  3. Courier
     1.のRapidWeaverと同じRealmac Software社のファイル・画像・動画シェアツール。Mac App Storeでは、Courier - Realmac Softwareとして850円で販売中です。FlickrやFacebook、YouTubeやVimeoに簡単に写真や動画をアップロードできます。
  4. DEVONthink
     Mac App Storeでは、DEVONthink - DEVONtechnologies, LLCとして4,300円で提供されている情報管理ツール。
  5. Hands Off!
     定評あるMac用セキュリティ管理ツール。Macをモニタし、外部からのネットワーク接続をブロック。ネットワークだけでなくディスクアクセスもモニターしてくれます。備えあれば憂いなし。
  6. Boom
     Mac App Storeでは、Boom - Global Delight Technologies Pvt. Ltdとして600円で販売されているMacの音量・音質改善アプリ。
  7. iShowU HD
     Mac App storeでは、iShowU HD Pro - shinywhitebox ltdとして、5,700円で販売されている多機能スクリーンキャプチャアプリ。
  8. Flux
     Mac App Storeでは、Flux 4 - The Escapers Consultancyとして、11,500円で販売されているHTML 5 ホームページ製作アプリ。
  9. Stomp
     Mac App Storeでは、Stomp - shinywhitebox ltdとして3,000円で販売されている動画変換アプリ。おばあちゃんでも使えるくらい簡単と販売元は書いています。iPhone、iPod touch、iPad、Apple TV、YouTube用の動画変換は最初からプリセットされています。
  10. Lucid
     Mac App Storeでは、Lucid - The Escapers Consultancyとして4,300円で販売されているWebアニメ作成ツール。
  11. Elasty
     Mac App Storeでは、Elasty — The Movie Toolbox - Creaceedとして、4,300円で販売されている動画編集ツール。
  12. Voila
     Mac App Storeでは、Voila: Powerful screen capture & screen recorder for Mac - Global Delight Technologies Pvt. Ltdとして、2,600円で販売されているスクリーンキャプチャ&Webキャプチャツール。
  13. Swift Publisher
     Mac App Storeでは、Swift Publisher 3 - Belight Software, ltdとして1,700円で販売中のページレイアウトソフト。チラシやパンフ、ニュースレターの作成に良い感じですよ。
  14. Minitube
     Mac App Storeでは、Minitube - Flavio Tordiniとして、850円で販売中のYouTube試聴アプリ。
  15. Musictube
     Mac App Storeでは、Musictube - Flavio Tordiniとして900円で販売中。YouTubeにアップロードされている数百万曲を簡単操作で聞くことのできるミュージックアプリ。
  16. Transcripted
     シューティングゲームですかねぇ?
  17. Processes
     アクティビティモニタみたいなもんですかね? 詳細、よく知りません。ご存知のかた、教えて下さいませ。
  18. Awaken
     Mac App Storeでは、Awaken - Embraceware Software Incとして、600円で販売されている目覚ましタイマーアプリ。
  19. Planets Under Attack
     ゲームアプリ。
  20. HealthNut
     あちら版のレコーディングダイエットアプリ。Mac App Storeでは、HealthNut - Conceited Softwareとして、850円で販売中。
  21. Mac Blu-ray Player
     当ブログをご覧の方はよくご存知の、Macでブルーレイ作品を再生可能にしてくれるブルーレイ再生アプリ。開発元のページからキャンペーン価格で購入しても3,500円します。
  22. MoneyWell
     Mac App Storeでは、MoneyWell - No Thirst Software LLCとして、4,300円で販売されているファイナンスツール。
  23. MacCleanse
     Mac App Storeでは、MacCleanse - Koingo Software, Inc.として、1,700円で販売されているMacメンテナンスツール。
  24. Tembo
     Mac App Storeでは、Tembo - Houdah Softwareとして、1,300円で販売されているデスクトップ検索ツール。
  25. Art Text
     Mac App Storeでは、Art Text 2 - Belight Software, ltdとして3,400円で販売されている、ロゴ・アイコン作成ツール。
  26. Musicque
     Mac App Storeでは、Musique - Flavio Tordiniとして900円で販売中のミュージックプレーヤーアプリ。
  27. Personal Backup
     Mac要セキュリティツールで有名なIngegoの、Mac OS X用の総合バックアップツール。単品で購入できないので、必要な方にはいいかもです。
  28. Decompose
     画像から必要なモノだけを抜き出すための画像編集ツール。Mac App Storeでは、Decompose - Metakine Inc.として、2,600円で販売されています。
  29. Data Guardian
     ホームページパスワードや、クレジットカードナンバー灯を保管するための、セキュアなデータベースアプリ。Mac App Storeでは、Data Guardian - Koingo Software, Inc.として、1,700円で販売中。
  30. Digital Sentry
     ブラウザを閉じた時に履歴を消去したり、Macのスリープ、スリープ解除、アプリケーションの起動、不正なパスワードの入力等を監視し、不正アクセスや盗難時に機密情報をほとしてくれるツール。Mac App Storeでは、Digital Sentry - Koingo Software, Inc.として、1,700円で販売中。

 以上の、30個からお好きな10個をピックアップして購入。それがたったの$49.99なら、かなりお値打ちですね、必要なアプリがあれば。

 私の場合、すでに持っているものもかなり含まれているので、ちょっとそのあたりを整理してから、購入するかどうか決めたいと思っています。なんか購入すると、おまけもあるみたいですし。

000キー付きのMac専用USBテンキーボードが860円と格安です。

 私は有線の煩わしさから、LOGICOOL ワイヤレスナンバーパッド テンキー Unifying対応 N305に落ち着いてしまいました(その時の記事はこちら。)が・・・

 000キーがあって、さらにデザインもMacにぴったりな10キーボード、iBUFFALO テンキーボード Mac用 USB接続 スリム 独立キー シルバー BSTK08MSVが、執筆時現在982円と格安です。iBUFFALO テンキーボード Mac用 USB接続 スリム 独立キー ホワイト BSTK08MWHなら、860円とさらに安い。今は、ホワイトのMacBookもなくなっちゃったし、ホワイトよりシルバーのほうが人気なんでしょうね。
 Windowsノート用のテンキーなら、常時数百円で転がっているんですけど、Mac用でこのお値段はなかなかないですよね。

 おいらは、000キーがない以外は、N305で大満足していますから、今回は買いませんけど、MacBook ProやAirのテンキーをお探しの方用にご紹介しておきます。
 しかし、ロジクール N305はもう収束しちゃってんですね。もう1台、買っとけばよかった・・・ 前に購入した時より千円高いけど、ケーズデンキの在庫買っとこうかなぁ。

Adobe、SNSプロフィール画像やこども名刺、グリーティングカードなどのテンプレートを「アドビアトリエ11」として公開中。

 Adobeが、、SNSプロフィール画像やこども名刺、グリーティングカードなどのテンプレートを「アドビアトリエ11」として公開しています。ちょっと敷居の高い感のあるアドビの画像編集アプリや動画編集アプリですが、これらのテンプレートや「作り方を見る」ページなどを使えば、スキルアップできるかも。

 残り期間わずか(3月3日まで)になりましたが、現在開催中の「Elements/Lightroomシリーズ 期間限定セール」で、最大26%オフで購入できるAdobe Photoshop Elements 11には、「歯を白くする」などSNS用の写真にはピッタリのコマンドがあったりしますから、これを機会に使いこなしてみると楽しいと思いますよ。
 高いソフトを買っちゃったんですから、しっかり使いこなしましょう。

2013年2月25日 (月)

25mm-500mmの20倍ズーム、写りに定評あるFUJIFILM FinePix F800EXRが12,800円と格安に。

 amazonのタイムセールで、FUJIFILM デジタルカメラ FinePix F800EXR レッド 1600万画素 EXR-CMOS 広角24mm光学20倍 F FX-F800EXR Rが、12,800円と格安販売されています。

 後継機のFinePix F900EXRが3月9日に登場するので、もうすぐ型落ちするモデルなわけですが、それでも12,800円は安いです。F800EXRとF900EXRは、撮影能力自体はそれほど大きな違いはありません。一番の違いは、画像確認のための液晶モニター。F800EXRの46万ドットからF900EXRは92万ドットに倍増しています。

 でも、25mm〜500mmの20倍光学ズームや、撮った写真をWi-FiでiPhoneなどのスマホに転送し、Facebookなどに貼り付けると言った機能は、両方とも共通です。おいらも今月、Microsoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック with Wedge Touch Mouseを買ってなかったら、欲しいところだったんですけどね。先立つモノがありません・・・

 他にも本日のタイムセールでは、Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 レッド EF-S18-55IS2レンズキット KISSX50RE-1855IS2LKが29,800円。Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 ブラック こだわりスナップキット KISSX50BK-SKITが39,800円など、お買い得品多数。一度覗いてみてください。

 いずれももしご購入されるなら、タイムセールのリンクからどうぞ。でないと、安くならないですよ。

3.5インチ×2台のRAID対応Thunderboltハードディスク、LaCie LCH-2B4TTBが格安です。

 amazonのタイムセールで、LaCie RAID機能搭載Thunderbolt/USB2.0対応ハードディスク 4TB LCH-2B4TTB39,800円と格安販売されています。

 2.5インチハードディスクを2台積んだLaCie 外付けデュアルストレージドライブ Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBは、昨年末から大幅値下げ(現在14,800円)して販売されていましたが、3.5インチハードディスクを2台積むThunderbolt接続の外付ハードディスクの大幅値下げは初めてかな?

 私はWD My Book Thunderbolt Duo 4.0TB (Mac用 / RAID 0&1 / Thunderbolt接続) WDBUPB0040JSL-JESN使っていますが、正直十分速いです。MacBook Airの内蔵フラッシュストレージと比較しても、遜色ありません。その上、4TBとか6TBといった大容量なんですから、本当に使い勝手がいいです。もっとも、ランダムアクセスではSSDにかなり差をつけられますけどね。

 WD製とは異なり、LaCieのLaCie RAID機能搭載Thunderbolt/USB2.0対応ハードディスク 4TB LCH-2B4TTBは、USB2.0インターフェースも備えていますから、より使い勝手はいいかもしれません。もっとも、高速なThunderboltがあるのに、USB2.0が必要になる機会は、ごくごく限られた場面だけでしょうけれども。

 なお、39,800円で購入するにはタイムセールから購入する必要があります。限定30台とのこと。購入予定だったのなら、普段より1万円安い今回の価格はちょっと魅力かもしれません。

【関連記事】

2013年2月24日 (日)

iTunes Storeのおすすめコンピレーションアルバムがほんとうにおすすめで困ってしまう。

 iTunes Storeで表示される、「おすすめコンピ」が、本当におすすめで困っています。

 たとえば、「【90's J-Pop Drama Hits】 〜ドラマで振り返るあの頃〜」。収録曲は、

  1. 今宵の月のように / エレファントカシマシ 4:10 ¥250
  2. KNOCKIN' ON YOUR DOOR / L⇔R 3:18 ¥250
  3. TRUE LOVE / 藤井フミヤ 3:51 ¥250
  4. プライマル / ORIGINAL LOVE 4:50 ¥250
  5. 誰がために鐘は鳴る / rough laugh 4:52 ¥250
  6. 主題(Opening Theme) / 本間勇輔 1:09 ¥250
  7. 7 SHOOTING STAR / 八反安未果 4:53 ¥250
  8. 慟哭・工藤静香 工藤静香 4:48
  9. ひだまりの詩 / Le Couple 4:11 ¥250
  10. Another Orion / 藤井フミヤ 4:53 ¥250

の10曲なんですが、単純計算で2,500円のところがたったの900円なわけですよ。おっさんとしては、思わずポチッとしてしまいますね。この季節、プライマルなんか聴いた日にゃ、涙がちょちょぎれます。

 おいらの場合、3.TRUE LOVE / 藤井フミヤと4.プライマル / ORIGINAL LOVEと10.Another Orion / 藤井フミヤは、すでに持ってるわけですが、残り7曲を買うよりも、このコンピを買うほうがはるかに安いという・・・

 同じくテレビ番組のオープニングテーマとしては、「BEST of image」なんかもおすすめでしょう。こちらは、

  1. 霧の浅瀬 / カール・ジェンキンス 3:09 ¥200
  2. The Song Of Life (New Version) / 鳥山 雄司 3:09
  3. Etupirka / 葉加瀬 太郎 5:06 ¥250
  4. 風笛 (NHK「あすか」のテーマ曲) [feat. 宮本 文昭] / 大島 ミチルfeaturing宮本 文昭 3:14 ¥250
  5. アヴェ・ムンディ / Rodrigo Leão & Vox Ensemble 4:32 ¥200
  6. JIN-仁- Main Title(トリオ・ヴァージョン) / ウェイウェイ・ウー 4:23 ¥250
  7. リベルタンゴ / Yo-Yo Ma 3:09 ¥250
  8. 風の詩~THE 世界遺産 / 小松亮太 2:42 ¥250
  9. フラガール -アコースティック・ヴァージョン- / Jake Shimabukuro 3:37 ¥250
  10. ありがとう ピアノバージョン / 松下 奈緒 5:17 ¥250
  11. パリは燃えているか ―メインテーマ― / 加古 隆 5:03 ¥250
  12. 放課後の音楽室 / ゴンチチ 4:07 ¥250
  13. ニュー・シネマ・パラダイス / 古澤 巌 3:20 ¥250
  14. So In Love / Morton Gould and His Orchestra 4:04 ¥200
  15. ローズ / ジェームズ・ホーナー 2:52 ¥200
  16. Les enfants de la Terre~地球のこどもたち~ / 服部 隆之×宮本 笑里 6:01 ¥250
  17. TAKUMI/匠 / 松谷 卓 4:42 ¥250
  18. 情熱大陸 / 葉加瀬 太郎 5:00 ¥250
  19. 地球に乾杯 (スペシャルヴァージョン) / 羽毛田 丈史 2:44 ¥250

の19曲。こちらは言わずと知れたSONY Recordsが2000年8月発売したオムニバスCD 「イマージュ」の17曲から、

  1. 異人回廊(盤古2001)
  2. ピエ・イエズ / シャルロット・チャーチ
  3. 愛を奏でて / エンニオ・モリコーネ
  4. 黄昏のワルツ(NHK「にんげんドキュメント」テーマ曲) / 加古隆
  5. BEFORE LONG / 坂本龍一

の5曲が抜けて、

  1. JIN-仁- Main Title(トリオ・ヴァージョン) / ウェイウェイ・ウー 4:23 ¥250
  2. 風の詩~THE 世界遺産 / 小松亮太 2:42 ¥250
  3. フラガール -アコースティック・ヴァージョン- / Jake Shimabukuro 3:37 ¥250
  4. ありがとう ピアノバージョン / 松下 奈緒 5:17 ¥250
  5. So In Love / Morton Gould and His Orchestra 4:04 ¥200
  6. Les enfants de la Terre~地球のこどもたち~ / 服部 隆之×宮本 笑里 6:01 ¥250
  7. TAKUMI/匠 / 松谷 卓 4:42 ¥250

の7曲が新たに入った感じですね。これもCDを持ってるんですけど、新しく入ってるのがかなり魅力的。特に、5.So In Love / Morton Gould and His Orchestraは欲しい。これだけ買うかな。

 ほかにも、「ベスト 70'S ヒッツ60曲:シカゴからシックまで!」、「ベスト 80'S ヒッツ60曲:テイク・オン・ミーからヴィーナスまで!」、「ベスト 90'Sヒッツ 60曲:シェールからインナー・サークルまで!」は、それぞれ1970年代、80年代、90年代にヒットした洋楽のオムニバスなのですが、60曲でたったの1,000円です。1曲あたり16円67銭。学生時代には考えられなかった価格です・・・ 60曲で1,000円ですよ。すごいね。

 学生時代、三条の十字屋で輸入盤を漁っていた身としては、iTunes Storeでこういうのを見つけると、なんか嬉しくなってしまいます。

2013年2月23日 (土)

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerが、 Ver.2.7.7にアップデート。

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.7.7にアップデートしています。

20130223_104410

20130223_104940

 変更点は、

  1. AC-3の音声出力コーディング機能を搭載しました
  2. ポーランド語の言語表記を更新しました

とのことです。

 現在、開発元のページでは、通常5,200円のMac Blu-ray Playerを、セール価格の3,500円で販売しています。Mac版だけでなく、Windows版も3,500円。Mac版とWindows版のセットは、6,000円です。
 なお、Mac版2本同時購入だと1本2,450円など、複数まとめて購入するとさらに安くなります。

 なお、円安になる前は3,200円だったのですが、最近の円安で3,500円に少々アップしております。今後さらに円安がすすむ可能性も高いですので、試用して気に入られたのなら、安いうちに購入してしまうのもひとつの手かな?、と個人的には思います。市販ブルーレイ作品をMacで観たいという人にとって、3,500円は十分リーズナブルな価格と思います。

 Mac Blu-ray Playerは、現状Macで市販のブルーレイディスクを再生可能な唯一のアプリケーション。必要な方は、せっかくですから安いうちにどうぞ。もちろん、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、パズルゲーム 「Everlands HD」です。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、パズルゲーム 「Everlands HD」(通常156円)です。
 Google Playでも、けっこう高評価ですね。しかし、Google Playでは199円ですけど、Amazon Android アプリストアとは微妙に価格が違うんですね。

201302230923

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

2013年2月22日 (金)

App Store 今週のAppは、評価の高いゲーム「プラント vs. ゾンビ 日本語版」と「Plants vs. Zombies HD」です。

 App Store 今週のAppは、レビューではたいへん評価の高いゲームApp 「プラント vs. ゾンビ 日本語版 - PopCap(通常250円)」とそのiPad版 「Plants vs. Zombies HD - PopCap(通常600円)」です。

Img_7966

  • iPhoneおよびiPod touchの方はこちら。→プラント vs. ゾンビ 日本語版 - PopCap
  • iPadの方はこちら。→Plants vs. Zombies HD - PopCap

 無料なのは、今だけですよ。期間限定ですから、お早めにどうぞ。

MacBook Pro RetinaにインスパイアされたGoogleのChromebook Pixel。

 いえ、インスパイアされたんだろうな、と勝手に思っているだけですが。

 Googleが、超高解像度液晶ディスプレイ(もちろんタッチパネル仕様)を搭載したノートPCを発表しています。

Gallerytouch

 まるでMacBook ProやRetinaのような見た目。注目の液晶ディスプレイは、12.85インチで2560×1700 pix(239ppi)の解像度。お値段は、$1,299とのこと。4月にはLTEモデルが$1,449で出るそうです。
 サイズは297.7×224.6×16.2(mm)で質量は1.52kg。MacBook Pro 13 Retinaは、314×219×19(mm)の1.62kgですから、Retinaの13インチより100g軽く、2.8mm薄いですね。

Galleryconnectivity

 液晶を閉じたイメージは、エッジが立っていて、洗練されたMacBook Pro Retinaとは違い、少々古臭さを感じます。エッジを落とすか立てるか、丸いか四角いかというのは、デザインの世界では循環しますから、そのうちこっちが新しい、Retinaが古いになるかもですけど。

Gallerykeyboard

 キーボードとトラックパッドにいたっては、MacBook系にしか見えません。これがMacBook ProやAirに似てない!、と言う人はかなり少ないと思われます。
 ちなみに、トラックパッドはガラス製だそうで、材質もMacBook ProやAirと同じです。いいものはいい!、ということでしょうね。

 これで、MacBook Air系列もRetinaディスプレイ化される公算が高まりました。初号機こそ64GBのフラッシュストレージモデルで388,400円と、超高価なMacBook Airでしたが、今やAirはMacの入門機、最廉価なシリーズです。でも、AirにもRetinaを載せないと、Chromebook Pixelや、今後出てくるであろうWindows機に対抗しえなくなってしまいます。
 開発側は大変な競争にさらされるわけですが、消費者にとっては競争により、より良い製品が生み出されることはありがたい。もちろん、パクリはゴメンだけどね。

大容量6,000mAhのリチウムイオン電池を搭載し、いざというときはモバイルバッテリーにもなるJBLのポータブルBluetoothスピーカー JBL CHARGEが2月25日より販売開始に。

 ハーマンインターナショナル株式会社が、

  • 大容量6,000mAhリチウムイオン電池搭載で連続12時間以上のワイヤレス再生を実現。
  • スマートホンなどのモバイルバッテリーとしても使用可能。

なポータブルBluetoothスピーカー、JBL CHARGEを、週明けの2月25日より販売開始するそうですよ。

 6,000mAhのリチウムイオンバッテリーということは、MacBook Pro 13に内蔵されているバッテリーと同じくらいの容量ですよ。で、12時間ワイヤレス再生できるということは、JBL CHARGE使用中は0.5Aの電流が流れているということですな、計算上は。
 iPhoneなどがバッテリー切れ(iPhoneのバッテリーは、Android端末よりはるかに持つと思いますが)した際は、JBL CHARGEのUSB端子に端末をつなげば、モバイルバッテリー代わりにもなるそうです。

 さらに、JBL CHARGEにはマイクが内蔵されており、HFPプロファイルにも対応しているので、Bluetoothスピーカーとして音楽を楽しんでいる時に電話がかかってきたら、ボタンを押すだけでハンズフリー通話もできるそうです。

 3.5mmステレオミニプラグの外部入力端子も装備。持ち運び用のネオプレーンケースも付属と至れり尽くせりです。出力も5W×2ですから、この手のモバイル利用も可能なスピーカーとしては十分ですね。

【仕様】

  • 製品名:JBL CHARGE
  • カラー :ブラック
  • Bluetooth:Bluetooth2.1+EDR
  • 伝送範囲:Class 2(通信距離約10m、障害物がない場合)
  • 対応プロファイル:A2DP、AVRCP
  • オーディオ入力:Bluetooth×1、外部音声入力×1
  • 最大出力:5W×2
  • 使用ユニット:38mm径フルレンジドライバー×2
  • 周波数特性:150Hz - 20KHz
  • サイズ:幅175mm×奥行74mm×高さ75mm
  • 重量:470g
  • 電池:6,000mAhリチウムイオン充電池<充電:約3.5時間、再生:約12時間>
  • 付属品:USB対応AC電源アダプタ×1、AC電源アダプタ用USBケーブル(USB A→Micro USB)×1、専用キャリングポーチ×1

 後は価格ですが、今のところamazonでは、16,800円とのこと。上新電機とかKitCutとかのマーケットプレイス商品しかないようですけども。amazon本体の販売が開始されると、もう少し安くなるのかな?

2013年2月21日 (木)

MacBook Air 13 (MC966J/A)、トラックパッドの不調とバッテリー交換。その4 バッテリーのための儀式、その結果。

 2月18日のブログに書いたように、我がMacBook Air 13(MC966J/A)は、無事バッテリーも交換し、さらにはトラックパッドもきっちり調整し、絶好調。

 バッテリー交換後、完全充電&完全放電を繰り返して、バッテリーを活性化します。バッテリーのための儀式ですね。一応、MacBook Airのようなバッテリー交換不可のモデルでは、必要ないとされてはいますが・・・

20130218_200145

 上は、MacBook Airのバッテリーを交換後、完全充電した状態です。新品のバッテリーは、概ね50%ほど蓄電した状態で保管されています。したがって、取り付け後、最初に充電を行いバッテリーを100%の状態に持っていきます。

 ご覧のとおり、完全充電時の容量は、6,690mAh。MacBook Air 13(MC966J/A)のバッテリーA1405は、定格が7.3V 50Wh、6700mAhですから、ほぼ定格通りですね。バッテリーは保管中に、内部の電解液が不活性化し、性能低下していることが多いです。それを活性化させるために、最初に完全放電&完全充電を繰り返すわけです。

 というわけで、ACアダプタを外して完全放電。強制的にスリープになるまで放っておきます。睡眠中の時間を使えばいいわけで、この作業自体は特に問題ないでしょう。

20130219_130317

 1回めの完全放電後、満充電にしたのが上のスクリーンショット。完全充電時の容量が、6,300mAhに落ちています。ま、しばらく保存されていた保守部品というのは、こんなものです。バッテリーは、自動車用も同様ですが、新鮮なものが最も高性能。新品でも、製造後時間の経過したものは、このように性能低下しているものです。
 再びACアダプタを外して、MacBook Airで作業。寝ているあいだに完全放電してもらいます。

20130220_132527

 2回目の完全放電後、満充電したのが上のスクリーンショット。完全充電時の容量は、6,509mAhと3.3%ほど持ち直しました。
 またまた、ACアダプタを外してMacBook Airで作業。寝ているあいだもMacBook Airは電源を入れたままにして、完全放電を実施。

20130221_145815

 3回めの完全放電後、満充電にしたのが上のスクリーンショット。完全充電時の容量は、6,557mAhとほんの僅かですが、さらに増えています。
 通常、充電するたびに容量というのは低下するものなのですが、このようにリフレッシュしてやることで、バッテリーの内部が活性化し、容量がある程度回復します。

 というわけで、このバッテリーのための儀式。不要だという人もいれば、やっておいたほうがいいという人もいますけど、月に1回程度はやっておいたほうが良いだろうというのが私の考え。
 それから、今回のように、新品のバッテリーに交換したときは、2〜3回完全放電&完全充電を繰り返してから使い始めたほうがいいだろうとも思います。
 このバッテリーが、前回のように2年弱でお陀仏になるのか、3年程度持つのかはまだわかりませんが、また、半年後にでも容量チェックしてみたいと思います。

 ちなみに現在、5時間以上は普通に使用可能です。液晶画面は明るめ、USBには2.5インチのバスパワーのハードディスクが、そしてThunderbolt端子にはApple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ MD463ZM/Aや、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 240GB (SSD240GB) LCS-LB240TBが複数台つながった状態です。もちろん、Wi-Fiもつながってますよ。

 もう少し節電方向で使えば、カタログスペック通りの動作時間は期待できそうです。やはりMacBook Air、Ultrabook機のベンチマーク機になっているだけのことはあります。

 そうそう、それからMacBook AirやMacBook Pro Retinaのアンダーカバーをはずすための工具(星形のペンタローブドライバー)ですが、取り寄せていたものが届きました。流石です。バッチリです。中華製なのですが、ガタつくことなくぴったりネジ穴にフィットします。これが580円(送料が120円ですから、実質700円ですが。)で入手できるのなら、この工具でいいでしょう。

Img_7949

Img_7958

 以前にご紹介したように、国産の工具を研いで使ってもいいですけど、そんな手間をかけなくても、今後は大丈夫ですね。

 さて、トラックパッドも復調し、バッテリーも新品で元気いっぱいの我がMacBook Air 13。次は、512GBのフラッシュストレージと考えているんですけど、これはほんとうに高いんですよね。これ買うくらいなら、新型MacBook Airを512GB SSDにBTOしてに買い換えたほうがいいような気も・・・ メモリも8GBになるしね。
 でも、内蔵ストレージは欲しいなぁ。どこか、安くで出してくれないかな。

【関連記事(下ほど古いです)】

EyeTV 3.6

 久しぶりのEyeTV HDネタです。

 Macで地デジを録画・編集するために最適なHDビデオキャプチャユニット、EyeTV HD。EyeTV HDは、録画だけでなく、現在放送中の番組や録画済みの番組を、離れたところにあるMacでロケフリ視聴できますし、iPhone、iPadではWiFi接続時だけでなく、3G接続時もロケフリ視聴できるのがその魅力。もちろん、有料(450円)の専用App、EyeTV(ハードウェアと同じ名前でややこしいですね。)を使えば、iOSデバイスからはもっと簡単にロケーションフリーで視聴可能になります。

 そんなEyeTV HDに付属のMac用ソフトウェア、EyeTV(ハードウェア、そしてiOS Appと同じ名前だから、さらにややこしいですね)が、3.6にアップデートしています。

20130221_90047

 クレジットを読む限りでは、ヨーロッパでの番組表サービスの変更に伴う対応、Retina対応、バグ修正あたりが今回のバージョンアップの肝のようです。

 なお、ソフトウェアのEyeTVは、Elgato Game Capture HDにも対応しているそうです。おいらは持ってないんだけどね、Elgato Game Capture HD。amazonのカスタマーレビューを読む限りでは、このビデオキャプチャデバイス(とは言え、一般的にはゲーム画面をキャプチャするためのもの。もちろん、使い方によってはゲーム画面のキャプチャにとどまらないわけですが。)も、かなりの優れもののようですね。


EyeTV 3.6 へようこそ!

このリリースの新機能

Gracenote EPG データをサポート (ヨーロッパ)

2013年、2月28日をもち、tvtv からの番組表サービスは終了致します。現在 tvtv 番組表をご利用の皆様には、tvtv の契約を Elgato の My EyeTV サービスに無料で移行するためのリンクを Gracenote からメールで送信しております。このアップデートでは、My EyeTV Gracenote サービスにアクセスでき、より詳細な EPG 情報を、より多くのチャンネルでご利用いただけるようになりました。

  • 強化された番組表を受信
  • 最高2週間前から EPG データにアクセス
  • お気に入りのシリーズを自動録画
  • 契約を3ヶ月間無料で延長
  • NEW:より詳細な EPG データとイメージ
  • NEW:より多くのチャンネルのためのEPGデータ
  • NEW:最高200チャンネルの強化されたデータ
  • NEW:My EyeTV から便利なログインが可能

全般的な改良

  • 100以上のイメージが、新しく鮮明な Retina イメージに
  • 細かな不具合の修正

システム要件

EyeTV 3.6 は、Mac OS 10.5.8、またはそれ以降を搭載する Intel Mac と作動しますが、すべてのソフトウェアとセキュリティーアップデートがインストールされた Mac OS X 10.8.2、またはそれ以降を特に推奨します。

インストール

EyeTV 3 のどのバージョンをインストールする場合でも、初回起動の際、EyeTV 3 のシリアル番号をご入力下さい。EyeTV 3 アップグレード製品をお買い上げの場合、EyeTV 3 は EyeTV 2 がハードドライブにインストールされているかを確認します。EyeTV 3 が以前の EyeTV 2 インストールを認識できない場合、指示に従って EyeTV 2 のシリアル番号も同様に入力して下さい。

すべての EyeTV シリアル番号は、 EyeTV ソフトウェアを万が一再インストールする必要がある場合に備えて安全な場所に保管してください。また、シリアル番号は電子番組ガイド(EPG)を起動、及び認証する際に必要です。下記をご覧ください。

EyeTV の初期起動後、EyeTV 設定アシスタントが EyeTV 3 の設定を最後までご案内します。EyeTV 設定アシスタントに従って、すべてのステップを完了してください。入力時、ご利用の国名を選択し、EyeTV自動チャンネル設定が実行できる状態にしてください。これはビルトイン電子番組ガイド (EPG) の正確な初期設定が確実に実行されるために必要です。


 インストールはしてみたものの、画質等のチェックは週末ですかね。ちなみに、このMac用のEyeTVソフトウェアですが、簡単にバージョンダウンもできます。ですから、もし調子悪くても、以前のバージョンに戻せますから、安心してトライしてくださいませ。

 おいらも帰宅したら、インストールしてみます。

【関連記事(下ほど古いです)】


2013年2月20日 (水)

iOS 6.1.2

 Appleが、「iOS 6.1.2」の配布を開始しています。

Img_7922

【iOS 6.1.2】
ネットワークアクティビティの増加やバッテリー寿命の短縮につながる可能性のあるExchangeカレンダーの問題を修正しました。

 12.8MBと容量はたいしたことありませんので、iOS端末本体だけでアップデートしても特に問題なさそうですね。iPhone 5になって、CPUにもメモリにも余裕がありますので、気楽にOTAでアップデートできるようになりました。ありがたいことです。

Img_7927

 iOS 6.1.2にアップデート後のiPhone 5の情報画面です。バージョンは6.1.2(10B146)とのこと。
 今回は、機能アップのアップデートじゃないですけど、企業によっては、iOS 6.1へのアップデートを禁止していたところも多かったようですし、これでExchangeサーバーを使っているところでも、ようやくiOSのアップデートができるようになりました。
 次回は、機能アップのアップデートを期待したいですね。

iTunes 11.0.2とJava for OS X 2013-001

 Appleが、「iTunes 11.0.2」と「Java for OS X 2013-001」の配布を開始しています。ソフトウェア・アップデート経由でどうぞ。

20130220_164707

【iTunes 11.0.2】
新しい iTunes には、驚くほどシンプルになったプレーヤー、デザインが一新された Store、嬉しい iCloud 機能などが含まれ、これまでで最高の iTunes になりました。

  • デザインを一新。iTunes で音楽、ムービー、テレビ番組を見つけて視聴するのがもっと楽しくなりました。美しいエッジトゥエッジデザインや、ライブラリにあるアルバム、ムービー、テレビ番組ごとのカスタムデザイン、“Store 情報”をクリックするだけでいつでもあなたにお勧めの項目をお知らせする機能など、きっとご満足いただけるでしょう。
  • 新しい Store。iTunes Store のデザインも一新され、スッキリしたレイアウトにより、最新情報を見つけたり、新しいお気に入りを発見するのがこれまでになく簡単になりました。
  • 購入した項目を iCloud から再生。Apple ID でサインインするだけで、iCloud にあるあなたが購入した音楽、映画、テレビ番組をライブラリ内に表示できます。ダブルクリックして iCloud から直接再生したり、デバイスとの同期やオフライン中の再生のためにコピーをダウンロードしたりすることも可能です。
  • 次はこちら。次に再生される曲が、1 つの場所から簡単に分かるようになりました。センターディスプレイの“次はこちら”アイコンをクリックすれば、すぐに表示されます。曲の並べ替え、追加、スキップもいつでも行えます。
  • 新しいミニプレーヤー。さらに小さなスペースでさらに多くのことをできるようになりました。再生中の曲の表示に加えて、アルバムアートが表示され、“次はこちら”が追加され、再生したい新しい曲が見つかりやすくなりました。これらすべてがさらに小さくエレガントになったデザインに組み込まれています。
  • 強化された検索機能。iTunes で探し物をするのがこれほど簡単になったことはありません。検索フィールドに入力し始めるとすぐに、ライブラリ全体から検索結果が返されます。結果から項目を選択すれば、その項目をすぐに操作できます。
  • 再生の同期。ムービーやテレビ番組をどこまで再生したかは iCloud が記憶しています。iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV で同じムービーやエピソードを再生すると、ちょうど続きのところから始まります。

このアップデートにより、新しい“作曲者”表示がミュージックに追加され、多数の曲を含むプレイリストと同期するときのレスポンスが改善され、購入した項目が iTunes ライブラリに表示されない問題が解決されます。このアップデートには、その他の安定性およびパフォーマンスの改善も含まれます。

このアップデートのセキュリティ内容については、次の Web サイトを参照してください:support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

20130220_164742

【Java for OS X 2013-001】
Java for OS X 2013-001 で Java SE 6 を 1.6.0_41 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。
Java for OS X 2012-006 がインストールされていないシステムにこのアップデートを適用すると、Java SE 6 アプレットプラグインが無効になります。Web ページでアプレットを使用するには、“プラグインが見つかりません”ラベルの領域をクリックして、Oracle の提供する Java アプレットプラグインの最新バージョンをダウンロードしてください。
このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。
このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5573?viewlocale=ja_JP をご覧ください。
このアップデートのセキュリティ内容については、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。


「Office for Mac 2011」が米国で17%値上げ! さらにマルチライセンスパッケージの販売を終了。

 CNETが、『「Office for Mac 2011」が米国で17%値上げ!』と伝えています。さらに気になるのは、「マルチライセンスパッケージの販売を終了」の一文。

 これ、日本も同じようになるんでしょうか? 日本では廉価な「Office for Mac Home & Student」はMac版のみの販売で、Windows版は販売されていません。高価なWindows版の価格に、今まで安かったMac版の価格を合わせた、というような内容の記事ですが・・・

 またMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパックのような、自分の所有する個人のMacになら複数台にインストールできるバージョンがなくなると、これはつらいものがありますね。もっとも、Officeはビジネスソフトですから、家庭用のこれらのバージョンは、あまり売れていないのかもしれませんが。

 アメリカのように、Windows版の価格に合わせることになると、執筆時現在23,452円で販売されているMicrosoft Office for Mac Home and Business 2011の価格が、Microsoft Office Home and Business 2013と同じ32,200円に1万円近く値上がりしてしまうわけで、これはちょっと考えものです。

 値上がりするなら、早めに買っておこうという人もいると思うんですけど、日本ではどうなるんでしょうね?

【関連記事(下ほど古いです)】

  1. マイクロソフト製Bluetoothマウス Wedge Touch Mouseがおまけに付いた、格安のMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック、在庫復活。 13/03/14
  2. Microsoft Office for Mac 2011 14.3.2 更新プログラム 13/03/14
  3. 「Office for Mac 2011」が米国で17%値上げ! さらにマルチライセンスパッケージの販売を終了。  13/02/20
  4. マイクロソフト製Bluetoothマウス Wedge Touch Mouseがおまけに付いたMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパックが13,362円と格安です。 13/01/17
  5. 最新のマイクロソフト Office 2013をできるだけ安く購入するためには? 13/01/17

ココログで由々しき事態発生中。

 このブログでお世話になっています「ココログ」さんで、由々しき事態が発生中です。
 今月上旬から、「【重要】ログイン画面の仕様が変更になります! IDとパスワードを再度ご確認ください。」というお知らせをされていたココログさんですが、仕様変更に伴い、大きなトラブルが発生しているのかも。

 おいらの場合、昨日から発生しているのが、

20130220_141627

上の画面が表示されて、ログインできなくなる症状。

 これは、登録したIDやパスワードとは異なる、簡単にいえば別のユーザーの管理画面にアクセスしようとした際に表示される画面です。
 でも、おいらは、ココログ管理画面はブックマークに登録しているし、IDもパスワードもブラウザに覚えさせているので、これはまちがいようがないんですよ。つまり、まちがえていないのに、他のユーザーの管理画面につながってしまっているのです。

 上図の場合、一応、他のユーザー様の管理画面に到達する前に遮断されているわけですが、タイミングが悪いと、そのまま他のユーザー様の管理画面が表示されてしまいます。というか、表示されました。ヤバいです。不正アクセスです。たいへん重大な事故です。

 もちろん、他のユーザー様の管理画面に入ってしまったら、プロフィールを変更したり、ブログを書いたり、登録されているメールアドレスを見たり、生年月日を見たり、パスワードを変更したり、ブログを全部削除したりもできるわけですよ。ヤバすぎでしょ!

 そして、利用者側では何も対策できないという・・・

20130220_150229

20130220_150830

 このような由々しき事態の中、ココログさんのお知らせにも、niftyさんの障害報告にも、何の報告もないという・・・

 というわけで、現在のココログはたいへん危険な状態になっています。ココログ利用者のみなさん、お気をつけください。早く安定して欲しいぞ。ココログの中の人、がんばってください。

【追記】

 2/20午後16時現在、ココログのログイン画面が旧版に戻されたようで、障害は解消しているとのこと。

20130220_161955

 しかし、一番の問題である、「他のユーザーの管理画面にアクセスできてしまった」件については、全く触れられていませんね。

 さて、長い時間をかけてユーザーに通知されてきた、「ココログのログイン画面の仕様変更」。今回大きな障害を出してしまったわけですが、これで行程は大幅に遅れるかもしれません。

SugarSyncがMacのCPUを激しく消費していたので、その原因を探ってみたら…

 うちでは、職場のMacBook Airと自宅のMacBook Proのフォルダを同期するのに、SugarSync(有料プランもありますが、5GB容量まで無料で使えるプランがあります。)を使っています。

 最近では、SugarSync以外にも、フォルダの同期をしてくれるサービスはあります。一番メジャーなのはDropboxでしょうし、マイクロソフトもSkyDriveというサービスを行なっています。

 それらの競合サービスと比較して、SugarSyncが優れているのは、

  1. 無料で使える容量が、SugarSyncは5GBと、Dropboxの2GBに比べ大きい。ただし、両方とも、友人を紹介するなどして、無料容量を増やすことはできる。最初から7GBと容量の大きいSkyDriveは、友人の紹介などで容量を増やせない。
  2. DropboxとSkyDriveは、同期できるフォルダに制限があるが、SugarSyncは任意のフォルダを同期対象にできる。
  3. 現状、この3つの中では、SugarSyncが最も早く同期する。

といったところでしょうか。まぁ、それぞれのサービスに一長一短がありますから、私は全て使っています、というか、使い分けていますけれども。

 以前に何度かご紹介していますが、私はSugarSync

  1. 職場のMacBook Airと自宅のMacBook Proの「書類」フォルダの中の「Homepage」フォルダ
  2. 職場のMacBook Airと自宅のMacBook Proの「ピクチャ」フォルダの中の「Homepage用画像」フォルダ

を同期しています。こうすることで、どちらかのMacの「Homepage用画像」フォルダに写真を放り込めば、次の瞬間にはどちらのMacのフォルダにも同じ画像が存在し、どちらかのMacの「Homepage」内のWebソースを編集(ホームページの作成には、Macの定番App RapidWeaver - Realmac Softwareを使っています)すれば、自動的にもう一方のMacのWebソースも最新になるという仕組みです。

 自宅や職場の複数のMacやPCで文書やExcelデータを編集する場合、どのMac、どのPCのファイルが最新版かわからなくなることがありませんか? SugarSyncを使って、文書フォルダを同期しておけば、そういう悩みはなくなります。

 また、iPhoneで撮影した画像などは、LTEや3G、Wi-Fi経由でSugarSyncにアップロードすれば、どちらのMacにも自動的に取り込まれているという便利さ。一度使うと手放せなくなりますよ。

 そんな便利なSugarsyncだったのですが、いつの頃からか、MacのCPUを専有するようになってしまいました。平気で100%以上のCPU使用率です。ひどい時は、Finderまで道連れにしたりして。
 SugarSyncもバージョンアップして、SugarSync 2.0になっていたので、この不具合の出ているMacBook AirのSugarSyncもバージョンアップしてみたのですが、解決せず。

Heavy_cpu_usage

 私は、Macの起動時に自動的に「アクティビティモニタ」が立ち上がるようにしているのですが、上のスクリーンショットはその最悪な状態を撮ったもの。
 上のような状態になると、Macが重くて仕事になりません。もちろん、7時間持つはずのMacBook Airのバッテリーも2時間足らずでなくなっちゃうしね。

 色々調べた結果、こういう状態になるのは、何らかのエラーで同期できなくっているファイルが存在するから、とのこと。というわけで、そのファイルを探します。

20130220_100018

 /Library/Application Support/SugarSync/の中に、sc1.logというログファイルがありますから、それをテキストエディットで開きます。その中に、

[error] [fs.download] [0xb1b7a000] [ScFsDownloadListener.cpp:2363 [ds] ref /sc/2699108/9104418_17419:!9160964_1191 failed set last mod time at パス名/ファイル名

という行がいくつか見つかるでしょう。パス名/ファイル名が1種類であれば、それが原因です。複数あれば、複数のファイルが原因です。それらを取り除いて、そして元に戻してやれば、SugarSyncの狂ったようなCPU消費率の問題は収まります。

 手順としては、

  1. メニュバーからSugarSyncを終了させる。
  2. 上のsc1.logで見つけたファイルを、SugarSyncで同期させていないフォルダにコピーする。
  3. SugarSyncを再開させる。
  4. 2.で退避したファイルを、同期フォルダに戻す。

という具合です。うちのMacBook Airの場合、原因ファイルに上記の操作をしたところ、

20130220_113923

上のスクリーンショットのように、非常に穏やかなCPU消費率に戻りました。

 というわけで、当方では不具合(CPU使用率の異常な上昇)が発生(MacBook Airだけで発生。同期しているもう一方のMacBook Proの方は、異常なしです。)しましたが、それも解決しましたし、やはりSugarSyncはおすすめです。

 そうそう、iPhoneやiPadでSugarSyncにアクセスするためのApp SugarSync - SugarSync, Inc.は、こちらから無料でダウンロードできますよ。→SugarSync - SugarSync, Inc.

 実際使ってみないと、シンクロできる便利さはわかりません。無料ですから、この週末にでもぜひ試してみてくださいませ。お金があれば、NASを導入するというのも1つの手ですが、SugarSyncの同期はNASの使い勝手をはるかに凌駕しています。

 NASはネットにつながっていないとアクセスできませんが、SugarSyncは自分のMac(あるいはPC)内に最新のデータがありますから、ネットにつながっていなくとも操作・閲覧・編集ができます。そして編集後のファイルは、そのMacがネットにつながり次第、自動的に同期されます。
 言葉で聞いていてもありがたみは伝わりにくいですから、ぜひ導入してみてください、無料なんですから。

2013年2月19日 (火)

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、タワーディフェンスゲームゲーム 「Armored Defense II」です。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、タワーディフェンスゲームゲーム 「Armored Defense II」(通常199円)です。
 Google Playでも、けっこう高評価ですね。コーヒーでも飲みながら、のんびりゲーム三昧と楽しみたいのですが、おいらは今週末も休日出勤・・・

201302190939_2

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

MacBook Air 13 (MC966J/A)、トラックパッドの不調とバッテリー交換。その3

 昨日のブログに書いたように、我がMacBook Air 13(MC966J/A)は、無事バッテリーも交換し、さらにはトラックパッドもきっちり調整し、絶好調。昨日、寝る前にACアダプタを抜いて、起動させたまま寝たので、そのまま完全放電された模様。本日、職場にて、ACアダプタにつないで使っております。充電時間、かなり早くなりました。4時間ほどで満充電になったのかな。

 本日夕方から、再びACアダプタを外して使用。完全放電させます。とりあえず、3回ほど「バッテリーのための儀式」を実施予定。儀式中の、「完全充電時の容量」は、後日お知らせしますね。

 で、今日、続きの記事を書いているのは、昨日のブログにも書いたANEXのペンタローブドライバーが届いたからです。

Img_7911

 おいらは、なにかの役に立つだろうということで、上のセットで買いましたが、単品だとANEX 携帯電話ドライバー 5溝小 No.3470Bという商品ですね。結論から言いますと、こちらのペンタローブもMacBook Airの裏蓋を外すには、わずかに大きいです。残念・・・

Img_7851

 MacBook Airだけでなく、MacBook Pro Retinaにも使われている、この花型のビスのおかげで、みなさん工具には苦労されているようです。もちろん、今回のペンタローブドライバーも、昨日のブログでご紹介したように、ダイヤモンドヤスリで軽く研げば使えます。使えますけど、どうせ研いでしまうなら、安い方のサンフラッグ 特殊精密ドライバー 五角(小) No.17-Bでいいんじゃないの?って気がします。できればピッタリの工具がほしいですね、国産の。

 こちらには、580円でピッタリの工具がある、ということでこれも現在取り寄せ中です。多分中華製の工具だと思いますが、届き次第レビューします。

 MacBook Airの交換用純正バッテリーを安く上げたことで、工具にずいぶんお金をかけてしまいましたが、そのうちMacBook Pro Retinaも買うだろうし、また役に立ってくれるでしょう。トラックパッドを調整するにも、バッテリーを交換するにも、フラッシュストレージを交換するにも、工具は必要ですしね。もっとも、MacBook Air用の交換用フラッシュストレージには、通常工具もセットされているようですが。

【関連記事】

ペンタックス、マイクロデジタル一眼レフ PENTAX Q10にエヴァンゲリオンモデルを追加。

 ペンタックス、マイクロデジタル一眼レフ PENTAX Q10にエヴァンゲリオンモデルを追加しています。ペンタックス自身は、マイクロデジタル一眼ではなく、ナノ一眼と呼んでいる、世界最小クラスボディの、本当に小さなデジタル一眼レフカメラです。

  1. TYPE 00:綾波レイ モデル
  2. TYPE 01:初号機 モデル
  3. TYPE 02:アスカ・ラングレー モデル

売れるんでしょうか?

 元々、PENTAX Q10自体、カラーリングが100種類から選べるなど、人のカメラとは差を付けたい人が持つには良いカメラでしたが、エヴァモデルは、売れ過ぎると人と差はつかなくなるし、でもエヴァファンは欲しいだろうし・・・

 カメラとしては、レンズ交換できるコンデジです。写り重視、価格重視なら、もっとよく写るカメラ、安いカメラはあります。でも、写真って結局センスの問題もありますし、どこでも持っていける小さなナノ一眼で、撮りまくって、腕を磨くというのもいいかも。

 モノとしては、金属ボディだったPENTAX Qの方が、おっさんには向いていそうですけどね。でも、Q10になってAFの高速化など、性能はかなりアップしています。アクセサリーを買うつもりで、Q10を買っちゃうのもありでしょうね、おしゃれなカメラ女子さんなら。エヴァモデルは、一応男子用だと思いますが。

2013年2月18日 (月)

MacBook Air 13 (MC966J/A)、トラックパッドの不調とバッテリー交換。その2

 先週のブログで、「メインで使っている、Mid 2011モデルのMacBook Air(MC966J/A)のトラックパッドが不調。バッテリーも弱ってきているかも。」と書きました。その後、バッテリーのメンテナンスを兼ねて、完全放電&完全充電したら「バッテリーの交換修理」が必要な状況に。

20130218_164848

 完全充電時の容量6000mAh表示の割りに、実際の駆動時間が短いこと。充電にやたら時間がかかることから、バッテリーはそろそろ寿命かなぁ?、と思っていたのですが、案の定壊れちゃいました。
 オーダーしていたバッテリーはすぐ届きましたので、さっそくMacBook Airをばらして交換してみました。ついでに、トラックパッドの調整もしてみました。以下、備忘録を兼ねて簡単に書いておきます。

【工具編】

 まず、MacBook Airの裏蓋を外すためには、星形のドライバーが必要です。ただし、サイズが非常に中途はんぱで、1.2(たぶんmmだと思うけど・・・)というのが正しいサイズだそうな。

 おいらはamazonで、サンフラッグ 特殊精密ドライバー 五角(小) No.17-Bを買いまして、そのままでは大きすぎるので、ダイソーのダイヤモンドヤスリで軽く研いで使いました。数回ほどダイヤモンドヤスリの上を往復させれば、ちょうどいい感じになります。

Img_7905

Img_7903

 サンフラッグ 特殊精密ドライバー 五角(小) No.17-Bのサイズは1.5とのことなので、サイズが1.3のANEX 携帯電話ドライバー 5溝小 No.3470Bを使えば、無加工で使えるかもしれません。この1.3というサイズのペンタローブドライバーは、ただ今取り寄せ中ですので、また到着したらご報告します。

 今は、上記のような苦労をせずとも、バッチリサイズの合うApple MacBook Air & MacBook Pro Retina用 SSD交換ドライバーセット(執筆時現在、1,680円)が販売されています。

【バッテリー交換編】

 ペンタローブドライバーが入手できましたら、裏蓋を固定している10本のビスを外します。液晶固定側の中2本だけ長いビスが使われていますので、ちゃんと場所を覚えておきまそう。

 なお、ビスの頭は比較的柔らかく、なめやすいです。回すのに力を入れるのではなく、しっかりドライバーを抑えて、舐めないようにゆっくりビスを緩めてくださいね。

 舐めてビスの頭を潰すのが心配なら、ANEX ネジすべり止め液 No.40を使いましょう。ペンタローブドライバーの先に1滴付けます。いずれにせよ、回す力よりドライバーを抑える力を強めに。それが、ビスの頭をつぶさないためのコツです。

Img_7887

 裏カバーを外すと、いきなりバッテリーのお目見えです。バッテリーは5箇所ビス止めされています。T5のトルクスで外しましょう。ビスの長さは長いのが3本、短いのが2本です。これも場所を覚えておきましょうね。
 そうそう、ビスを緩める前に、バッテリー左上にある電源コネクタをはずしておきましょう。

Img_7889

 差し込んであるだけなので、タブを手前に引けば、引き抜くことができます。

Img_7891

Img_7893

 amazonで購入したバッテリーは、ちゃんと帯電防止フィルムに包装された状態で、密封されていました。

Img_7897

 あとは、上の写真のように旧バッテリーを取り外して、新バッテリーを装着。ビスを元に戻します。

【トラックパッドの調整編】

 バッテリーを取り付け終えたら、この状態でトラックパッドの調整をします。おいらのトラックパッドは、先週のブログに書いたとおり、

  • トラックパッドに触れただけで、クリックされた状態になる
  • 特にトラックパッドの手前側でその症状が顕著

な状態。敏感すぎるというか、ちょっとセンシティブな感じです。ある程度は、調整可能なようなので、やってみました。

272

 写真の赤丸で囲んだビス。これをT5のトルクスで調整します。なお、ビスは元々調整済みであったはずですから、適当にゆるめたり、締めたりせずに、1/4回転ずつ回して様子を見てください。

 おいらの場合は、1/4締める(時計回り)だけで、トラックパッドは完全復活しました。トラックパッド下部(手前側)を少し強めに抑えても、クリックされた状態にはなりません。ラッキー。

 というわけで、バッテリー交換のついでに、トラックパッドも一応直ったようです。

20130218_200145

 あとは裏蓋を元通りにして、バッテリーを完全充電します。「システム情報.app」で「電源」を見てみると、上のスクリーンショットのような状態。どうやら、「Apple純正・新品未使用」というのは、偽りではなかったようです。これが、6,980円で購入できたのはラッキーでした。

 完全充電時の容量は、6690mAhで、充放電回数は0回。今晩、完全放電して、また明日、完全充電してみます。というわけで、今回は「バッテリーのための儀式」をしっかりやって行きたいと思います。やっぱり、月に一度はやっておいたほうがいいみたいですからね。

【関連記事】

APS-CサイズCMOS、フジノン23mm F2レンズ搭載の高級コンパクトデジタルカメラ FUJIFILM FinePix X100が67,800円と格安です。

 FUJIFILMのデジカメのフラッグシップ機と呼んでもいいFinePix X100が、amazonのタイムセール67,800円と格安です。
 APS-CサイズCMOS、フジノン23mm F2レンズ、ハイブリッドビューファインダーと、フラッグシップと呼ぶにふさわしい内容。ボディもかつてのレンジファインダーカメラを彷彿とさせる、マグネシウム合金製の軍艦部など、カメラ好きの心をくすぐる高級機です。定価128,000円ですからね。軽く買っちゃうわけにはいかないのですけど、それが67,800円ですか。安くなったなぁ。

 ちなみに、同じamazonのタイムセールで、Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X50 ブラック EF-S18-55IS2レンズキット KISSX50BK-1855IS2LK29,800円で買えちゃいます。
 標準ズーム付きのデジタル一眼レフが、29,800円。一方レンズ交換のできない23mm/F2レンズ1本(35mm換算で35mm/F2)のコンデジが67,800円。普通なら一眼レフなんですけど、FinePix X100を選ぶ人もいるわけですよね。おいらも、お金があればもちろんX100を買いますよ。

 そういや、最近、高級コンパクト機を含め、コンデジが意外な価格(安値)で販売されています。モデルチェンジ前とか、1つ前のモデルとか、理由はあるんですけどね。

 たとえば、ドラマチックな写真が撮れるF1.8-2.5の明るいZUIKOレンズ搭載のOLYMPUS XZ-1が19,800円だったり、サマンサタバサとのコラボモデルのCanon デジタルカメラ IXY600F シャンパンピンク IXY600F(CPK)が9,980円(ホワイトデーのお返しに喜ばれるかもね。)だったり、必要十分な機能の上、タッチパネル液晶で使いやすいCanon デジタルカメラ PowerShot A3400IS シルバー 光学5倍ズーム タッチパネル PSA3400IS(SL)が6,980円だったりします。

 特に最後の、PowerShot A3400ISは、真っ赤なボディカラーのモデルもあったりで、胸ポケットに入れっぱなしにして、気楽に毎日使えるコンデジとして1台欲しいかも。

 EOS 40Dから7Dへのステップアップもままならぬ人が書いてちゃアレですけどね。しかし、ほんと安くなりましたね。QuickTake100をキヨミズダイビングで買った世代としては、本当に今の若い人たちが羨ましいです。

Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBが、16,800円と格安です。台数限定・本日限り!

 LaCieのThunderbolt接続HDD、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBが、amazonのタイムセール16,800円と格安です。NTTX Storeで販売されていたものは、在庫が払底したようで、現在の価格は39,092円とぐぐ〜と価格が上昇しています。amazon販売分も、そろそろ在庫がなくなりそうですし、必要な方はお早めにどうぞ。

 価格を考慮すれば、十分満足できる外付ハードディスクだと思いますよ。RAID 0設定時の公称値はリード・ライトともに180MB/sと、外付けハードディスクとしては、かなりの高速です。初期のSSD並ですね。

 なお、タイムセールのリンクから購入していただかないと、この価格にはなりませんよ。限定50台。この価格でThuderbolt接続のRAID対応ハードディスクを購入できることは、そうそうありません。

 LCH-LB2TTBには、1TBのHDDが2台内蔵されており、2TBの高速RAID 0ドライブ、あるいは冗長性を優先した1TBのRAID 1 ミラーリングドライブとして使うことができます。もちろん、2つのハードディスクを別々のディスクとして利用することも可能です。接続はThunderboltですよ。

 Thunderboltポートは2ポート装備されていますから、デージーチェーンで他のThunderbolt機器につなぐことも可能です。このあたりは高級機仕様です。その辺の安物の1ポートのドライブとは違います。

Lchlb

 内蔵のHDDをSSDに入れ替えて使うも良し、そのまま使うも良しです。16,800円でThunderbolt HDDが購入できると考えれば、かなりお買い得です。容量1TBのLaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBは、14,800円。わずか2千円の差なら、ここは容量優先で、2TBがいいと思いますよ。
 この価格でThunderbolt接続でRAID 0/1対応のストレージが入手できるのは、今だけですよ。新製品に入れ替わったら、もうこの価格じゃ買えなくなります。

 タイムセール価格は、本日限り。必要な方はお早めにどうぞ。

 なお、この商品にはThunderboltケーブルが付属していません。amazonで販売している住友電工のThunderboltケーブルは、Apple純正よりしなやかで柔らかく取り回しが楽な上、価格も安く(以前より20%ほど安くなっています)おすすめです。長さも30cmから3mまでそろっていますし。以上、ご参考までに。

 それから、こちらはThuderbolt接続じゃないのですが、同じくamazonのタイムセールで、2TBのNAS(ネットワークストレージ) BUFFALO 高速モデル NAS(ネットワークHDD) 【iPhone5対応(WebAccess i)】 2TB LS-V2.0TLJ14,550円と特価販売されています。
 インターネット越しに、自宅のNASにMacやPCからアクセスすることができます。もちろん、iPhoneやiPadからもアクセスできますよ。ストレージ容量の少ないこれらの端末に、NASを組み合わせれば、できることがかなり増えます。音楽や動画はNASに保存、iPhoneやiPadには、カーナビアプリや辞書Appなど、大容量のAppをインストールとか使い分けができますし。
 こちらも、商品リンクではなく「タイムセール」のリンクから購入してくださいね。

【関連記事(下ほど古いです。)】

2013年2月16日 (土)

Adobe Photoshop Elements/Lightroomシリーズ、期間限定セール実施中!

 amazonが、Adobe ElementsおよびPhotoshop Lightroom 4ほか製品を、最大26%オフで販売する「アドビ春スタートキャンペーン」を開催中です。期間は、2013年3月3日(日)午後11時59分まで。

 たとえば、Adobe Photoshop Lightroom 4 Windows/Macintosh版 特別提供版が24%オフの7,708円と格安に購入できます。

 特別提供版というのは、Adobe Photoshop Elements、Adobe Photoshop (Creative Suiteに同梱されるPhotoshopを含む)、Apple Aperture、Nikon Capture NX、市川ソフトラボラトリーSilkyPix、Phase One Capture One、その他デジタル画像編集ソフト(ソフトウェアが単品として販売されている他社製品。バンドル製品やプラグイン、フリーウェアは対象外)をお持ちであれば、購入することができるお得なパッケージです。

 Macユーザーなら、たいていの方はiLife等を購入し、iPhotoを使っておられるでしょうから、購入できますよ。なお、Mac App Storeでダウンロード購入したiPhoto - Appleには、シリアル番号等が振られていませんが、その旨Adobeに伝えれば大丈夫です。

 同様の特別提供版には、Lightroomだけでなく、

もあります。

 もちろん、学生さんや教職員の方には、さらにお得なアカデミック版もありますよ。とりあえず、大急ぎでセール会場へどうぞ。

MacBook Air 13 (MC966J/A)、トラックパッドの不調とバッテリー交換。その1

 おいらがメインで使っている、Mid 2011モデルのMacBook Air(MC966J/A)。最近、トラックパッドが不調です。そりゃま、購入からもうすぐ2年(今年の7月になれば、まる2年です。)だし、バッテリーもなんだか弱ってきてるみたいだし・・・

 トラックパッドについては、パーツで購入して交換という方法もあるのですが、今回の不調というのは、

  1. トラックパッドに触れただけで、クリックされた状態になる
  2. 特にトラックパッドの手前側でその症状が顕著

言葉にすると、上のような感じでしょうか。

20130216_141449

 上のスクリーンショットをご覧いただければお分かりのとおり、おいらのMacBook Airのトラックパッドは「タップでクリック」になるようには設定していません。にも関わらず、なぜかトラックパッドが押されている状態になっちゃうんですよね。

 これで困るのが、トラックパッド上で指をすべらせるとドラッグ操作になってしまうこと。Dockに登録してあるアプリが消えたり、Safariのメニューバーのブックマーク項目が消えたり、ってことが頻繁に起こっちゃうわけですよ。もう、忙しい時なんか、ムキーってなりますよ。(^^)

 色々原因を探ってはいるんですけど、ソフトウェア的な問題では無さそう。どうして、そう判断したかといいますと、

  1. PRAMクリア → 症状の改善なし
  2. SMCリセット → 症状の改善なし
  3. セーフブート → 症状の改善なし

なんですよね。これはもう、トラックパッドのパーツを取り寄せるしかないかな?、って感じです。

 で、ここで気づいたのが、バッテリー。MacBook Airと言いながら、ほとんどデスクトップ状態で使っていますから、バッテリーの状態も良くない。「システム情報」で見る限り、満充電で6000mAhあるって表示なんですけど、そんなはずないやん!って感じのバッテリー駆動時間1時間強。
 ま、バスパワーのUSB2.0ハードディスクや、Apple純正のThunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ MD463ZM/Aがつながっていたりするんで、少々駆動時間が短くなるのはわかるのですが、ちょっとひどすぎる。

 もしかしたら、バッテリーが膨らんでるかも。その結果、トラックパッドが下から押されて、クリックされたような状態になっているのでは?、と思ったわけですね。

 確かめるには、分解するしかないんですが、分解するにはペンタローブドライバーとT5のトルクスが必要なわけですよ。T5は簡単に入手できるんですが、MacBook Airに合うペンタローブがなかなかないのね。
 で、情報収集の結果、45in1 精密ドライバーセットamazonで購入。こいつに含まれる、2.0のペンタローブが使えるようです。ついでに、(実際には使えませんでした。Apple MacBook Air & MacBook Pro Retina用 SSD交換ドライバーセットがおすすめです。)T5のトルクスも含まれてますしね。精度も悪そうで、材質も悪そうなんですけど、お値段千円少々ですし。

 あとは、全然もたなくなっているバッテリーも確保。本物かどうか不明なんですけど、Apple純正・新品を謳う純正新品 APPLE Macbook Air 13" MC503J/A MC504J/A バッテリー   A1405 A1369 A13776,980円で売ってたもので。

 週明けになると思いますが、開腹した結果、およびバッテリー交換をレポートしたいと思います。しかし、購入時には「バッテリーのための儀式」とかしてたんだけど、やっぱり毎月やらないとダメなのかなぁ。

【関連記事】

バッファロー、1GB DRAMキャッシュ搭載 408.1MB/sの高速転送を実現したUSB3.0ハードディスク HD-GDU3シリーズを発売開始。

 バッファローが、1GB DRAMキャッシュを搭載し、408.1MB/sの高速転送を実現したUSB3.0ハードディスク HD-GDU3シリーズを2月末より販売開始すると発表しています。
 Macの世界でもFusion DriveというSSDとHDDを組み合わせ、超高速で大容量といういいとこ取りを狙った技術がありますが、こちらはUSB 3.0接続の外付ハードディスクで、DRAMをキャッシュに使い高速性を狙ったもの。
 気になるお値段は、執筆時現在、

  1. 1TB容量のHD-GD1.0U3・・・14,800円
  2. 2TB容量のHD-GD2.0U3・・・17,800円
  3. 3TB容量のHD-GD3.0U3・・・23,799円

となっています。amazonでの発売予定日は、2月23日とのことですよ。

 キャッシュの容量を超える大きなファイルを転送した時の速度とかが気になりますね。

Gameloft社、iOS Appの「INCREDIBLE SALE! iOS games」を実施中。

 Gameloft社が、iOS Appの「INCREDIBLE SALE! iOS games」を実施中です。「信じられないほどのセール!」ってことですが、内容は、

  1. アメイジング・スパイダーマン - Gameloft
     ご存知、スパイダーマンを題材にしたアクションゲーム。通常600円が、85円に。iPhoneでも、iPadでもどちらでも動くユニバーサルAppです。→アメイジング・スパイダーマン - Gameloft
  2. サイレント オプス - Gameloft
     こちらも通常600円が、85円です。もちろん、ユニバーサルApp。→サイレント オプス - Gameloft
  3. ジェームズ・キャメロン アバター - Gameloftジェームズ・キャメロン アバター iPad版 - Gameloft
     こちらは、アバターに題材をとったゲームですね。iPhone版とiPad版が別Appです。通常価格は、どちらもそれぞれ450円。それが期間限定で85円です。450縁だと両方買うのは躊躇しますが、85円だと両方買ってもいいかな?、って思っちゃいますね。
    iPhone・iPod touch用はこちら。→ジェームズ・キャメロン アバター - Gameloft
    iPad用はこちら。→ジェームズ・キャメロン アバター iPad版 - Gameloft

 他にも、Gameloft社のAppは、カーレースゲーム アスファルト7:Heat - Gameloftが無料になっていたり、多くのものが値下げされています。こちらからご覧ください。もちろん、安く入手できるのは期間限定ですから、必要な方はお早めにどうぞ。

2013年2月15日 (金)

App Store 今週のAppは、美しいグラフィックのゲームApp 「Infinity Blade」。iPhoneでもiPadでも楽しめるユニバーサルAppです。

 App Store 今週のAppは、美しいグラフィックのゲームApp 「Infinity Blade」。通常500円が、期間限定で無料。iPhoneでもiPadでも楽しめるユニバーサルAppです。→Infinity Blade - Chair Entertainment Group, LLC

Img_7849

 無料なのは、今だけですよ。期間限定ですから、お早めにどうぞ。

Apple、長さ0.5mのLightning - USBケーブルの販売を開始。また、Made for iPhone取得済みのサードパーティ製Lightningケーブルも充実してきました。

 Appleが、長さ0.5mのLightning - USBケーブルの販売を開始しています。現行のLightning - USBケーブルは、ケーブル長が約1mでしたから、およそ半分の長さというところでしょうか。
 長さによってお値段の異なるThunderboltケーブルとは異なり、Lightningケーブルは長さにかかわらずどちらも1,880円。amazonで買えば、わずかに安いはず(約1mの長さのApple Lightning - USBケーブル MD818ZM/Aは、5%オフの1,794円。)ですが、0.5mの方はまだamazonにはないようで・・・

 iPhone 5の登場時に、Apple純正Lightning - USBケーブルが在庫薄だったこともあり、安価で低品質な中国製のパチものがamazonでも多数販売されていました。今でも販売中の製品も多くあります。

 ところが、ここに来て、きちんとApple社の認証(MFi認証)を受けたサードパーティ製Lightning - USBケーブルもいくつか出てきています。それらの中には、0.1m〜3mまで、バラエティに飛んだ長さが用意されているモデルもあります。

 もちろん、MFi認証 (Made for iPhone取得)を受けている分、やや高価ではありますが、それでもApple純正よりは安く入手できます。メーカーもLogitecGRIFFINなど、Macユーザーなら聞いたことのあるメーカーから、知らないメーカーまで色々なところが出しています。
 でも、僅かな価格差なら、Apple純正を選ぶ人が多いかもしれませんね。純正はLightningコネクタ部分の小ささとケーブルの細さで、サードパーティ製より優れているようですし。

2013年2月14日 (木)

Apple、MacBook ProおよびMacBook Airの価格を改定。

 Appleが、MacBook Pro、MacBook Air、MacBook Pro Retinaの価格を改定しています。なお、Retinaディスプレイモデルについては、価格の改定だけでなくCPUの性能向上および標準RAM容量の増加など、性能もアップしています。
 値上げ分については、最近の円安に伴う改定と思われますが、MacBook Pro Retinaの13インチモデルは、性能向上にもかかわらず価格が引き下げられるなど、Appleが売りたいと考えている機種が見えてくるような価格改定です。


液晶 ストレージ 旧価格(円) 新価格(円) 差額
MacBook Air 11インチ 64GB 84,800 88,800 4,000
128GB 94,800 98,800 4,000
13インチ 128GB 102,800 108,800 6,000
256GB 128,800 128,800 0
MacBook Pro 13インチ 500GB 102,800 108,800 6,000
750GB 128,800 138,800 10,000
15インチ 500GB 154,800 168,800 14,000
750GB 184,800 Discontinue
MacBook Pro Retina 13インチ 128GB 144,800 138,800 -6,000
256GB 168,800 158,800 -10,000
15インチ 256GB 184,800 198,800 14,000
512GB 238,800 254,800 16,000

 そろそろ円安の影響も、あちこちに出始めています。トヨタのように収益見通しを大幅に上方修正するところもあれば、我々消費者はMacにかぎらず、ガソリンの値上がりとか、いろいろ苦労が出てくるわけです。

 おいらもそろそろ買い換えたいところなんだけれども、先立つモノはなし。13インチのAirかRetinaを、フラッシュストレージ500GBでって思ってはいるんですけどね。でも、RAMもできれば16GB欲しい。となると、Retinaの15インチいなっちゃうわけで。

 悩んでいるうちが華なので、もうしばらくは2011年モデルで我慢します。

『Androidの品質が悪い』という理由でiPhoneを購入する人が増えているんですよ…

 『Androidの品質が悪い』という理由でiPhoneを購入する人が増えているんですよ…、という記事が日経BPにありました。

 私は、スマホはiPhoneしか使ったことがなく、Androidは唯一、タブレットのNexus 7を持っているだけですから、正直その品質の悪さというのをそれほど経験していないのですけどね。iPhone 5では一度も経験のない、勝手に再起動がかかる、という現象を最新版Android OSのNexus 7では経験していますから、確かにまだ品質的に少々劣るところはあるのでしょう。

 iPhoneよりバッテリーが持たない(うちの職場でも、昼休みに充電しているAndroidユーザーがいますが、おいらのiPhoneは寝る前に充電しておけば、職場で充電する必要はありません。)のは、今でも確かなようですが、それでもだんだん良くなりつつあるのかな。

 機能的にはiPhone 5を追い越しているような端末も多いですし。でも、おいらはiPhone 5で何一つ困っていないので、Android携帯には全く食指が動きません。

 今、iPhoneとAndroidで決定的に差がついてるのはアプリケーションです。質・量ともにiOS Appの大勝利。iPhoneにはあるけど、Androidには用意されていないアプリケーションの多いこと。Android携帯を買ってもいいかも、って思うためには、

あたりのAndroid版が登場することが必要です。1Passwordあたりは、一番最初に出てきそうですけどね。

 それから、この記事の最後にあった、

「こうなればいっそのこと、ドコモもiPhoneを導入しちゃえばいいんですよ」

「うぅ、それでは日本メーカーが倒れてしまいますよ」

の部分ですが、日本メーカーが苦境に立っているのは、単純にdocomoがサムスン押しなのが原因、だと思うんですけどね。ギャラクシーは、iPhoneのパクリ!とアメリカで判決が出ているサムスンの端末を積極的に押すdocomoが、日本メーカーのクビを締めているのでは? もちろん、政治の無策もありましたけどね、日本メーカー低落の原因には。

 今後も、品質的にはAndroid端末は良くなる一方。AppleのiPhoneは、これ以上品質を向上させるのは難しい。テストで30点から70点に上げるのは簡単ですが、80点から満点にするのは難しいのと同じ理屈。
 Jobs亡き後のApple、舵取りは難しそうです。と同時に、次期iPhoneのデザインは楽しみです。ジョナサン・アイヴも、そろそろ限界かなぁ、という気もするんですが。iPhone 4で1つの頂点に達したけど、5はそれの焼き直し。10年後、どちらにより高級感を感じるか?、と問われたらiPhone 4って答えるような気もします。ま、彼らは天才ですから、凡人には思いつかないようなデザインで、驚かせてくれるんでしょうけどね。

LeTAO(ルタオ)のドゥーブルフロマージュ

 Letao(ルタオ)といえば小樽。小樽といえばルタオなわけですが、LeTAOのドゥーブルフロマージュ、うちのおかんの大好物です。年寄りでもこういうの、好きなのね。

 小樽のルタオ(別に回文ではなく、ルタオという店名の由来です)もすっかり有名になり、百貨店の北海道物産展では常連さん。そんなわけで物産展で買うことができれば高い送料(北海道からの冷凍便ですからね)を払わずに購入できるわけですが、通常は通販で買いますから700円ほどの送料がかかっちゃうわけですよ。

 ところが、そのルタオがいつの間にかamazonに。amazonと言えば、送料無料!、なのですが、さすがにそれは無理なようで・・・

 でも看板商品である、1つ1,575円のドゥーブルフロマージュ2個セットで送料込み3,400円とか、かなり頑張ってます。実質の送料250円ですよ。ルタオの直販で買うより安いって、どういうことなんでしょうね。

 というわけで、バレンタインのお返しは、ルタオにするかな。でも、amazonでスイーツって、変な感じですね。例の、amazonの茶色の段ボールで届いたら、ちょっと萎えるけど。(^^) LeTAOの販売だから、それはないだろうけど。

2013年2月13日 (水)

Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBが、15,980円と超特価。台数限定・12時間限り! 1TBモデルも格安。さらに、FireWire800/400 & eSATA接続のRAID HDDも安い。

 Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBが、15,980円と超特価です。台数限定・12時間限り!

20130213_210558

 表記の価格は18,800円ですが、12時間限定のクーポン利用で15,980円で買えちゃいますよ。今まで散々おすすめしてきたハードディスクですけど、安くなりましたね。
 この価格でThuderbolt接続のRAID対応ハードディスクを購入できることは、そうそうありません。

 LCH-LB2TTBには、1TBのHDDが2台内蔵されており、2TBの高速RAID 0ドライブ、あるいは冗長性を優先した1TBのRAID 1 ミラーリングドライブとして使うことができます。もちろん、2つのハードディスクを別々のディスクとして利用することも可能です。接続は Thunderboltですよ。

 Thunderboltポートは2ポート装備されていますから、デージーチェーンで他のThunderbolt機器につなぐことも可能です。このあたりは高級機仕様です。その辺の安物の1ポートのドライブとは違います。

 さらに、1TBモデルのLCH-LB1TTBも、12時間限定で12,980円と格安。Thunderbolt接続の1TBハードディスクが、12,980円ですよ。もちろん、RAID 0/1、あるいは500GBの別々のハードディスクとして利用可能です。

20130213_210522

 さらに、FireWire 800&400、さらにはeSATA接続にUSB 2.0接続と、多彩なインターフェースを誇るRAIDハードディスク LaCie 2big quadra/2bay RAID/2TB LCH-2B2TQSも、12時間限定で14,980円と超特価です。

20130213_210445

 どれを買っても損をしないというか、思わずポチっといってしまうというか・・・ ストレージとメモリは、どれだけあっても多すぎて困ることはないですからね。

 LaCieの3製品を紹介しましたが、いずれも過去最安値と思います。ほかにもお買い得商品がいっぱい。こちらのページこちらのページをチェックしてみてくださいませ。

 いずれにせよ、この格安クーポンは、明日(2013年2月14日、あ、バレンタインデーですね。)の午前8時までしか使えませんから、ご注意を。

TechTool Pro 6、Path Finder 6、TextExpander 4を含む総額$310相当のMac用アプリケーションバンドルが、$49.99と格安です。

 TechTool Pro 6、Path Finder 6、TextExpander 4を含む総額$310相当のMac用アプリケーションバンドルが、$49.99と格安です。

20130213_181216

 今回のバンドルは、「The Lifehacker Mac Bundle」。TechTool Pro 6、Path Finder 6、TextExpander 4を始めとする9個のMac用アプリケーションバンドルです。円安が進みつつありますが、$49.99なら5千円でお釣りがきますよ。ちなみに、テックツールプロ 6は、執筆時現在、amazonで11,544円で販売されていますから、必要としていた方にはほんとうにお買い得なバンドルです。

 このバンドルに含まれるアプリケーションソフトは、

【TechTool Pro 6】
 Appleで純正採用されていた、Macメンテナンスツール。複数の予防・保護ツールで、Macの健康を保ちます。Macのほとんどの問題を診断、解決するための最善のディスクユーティリティ。パッケージ版は執筆時現在、amazon11,544円で販売されています。テックツールプロ 6のためだけに、このバンドルを購入しても決して損はしませんよ。

【Path Finder 6】
 Mac OS X純正のファインダーより多機能なFinder。タブブラウズもできますし、ドロップした項目を一時的に保管することでフォルダ間の移動が楽にできる「ドロップスタック」機能などがあります。

【TextExpander 4】
 よく知られたタイピングの労力軽減ツール。よくやるタイプミスの自動訂正、よく打つ言い回しやHTMLタグ、ブログラムコード、短文などはショートカットキーで一発入力が可能です。Dropbox経由で、スニペットをMacとiOS端末間で同期できます。
 Mac App Storeでは、TextExpander for Mac - SmileOnMyMac, LLCとして、3,000円で販売中です。→TextExpander for Mac - SmileOnMyMac, LLC

【MacHider】
 Mac用のセキュリティソフト。Macの中の大切な書類やフォルダを、人目に触れないように隠しておくことができます。

【Dropzone 2】
 Mac App Storeでは、Dropzone - Aptonic Limitedとして900円で販売中のファイルやフォルダに迅速にアクセスするためのツール。→Dropzone - Aptonic Limited

【AirServer】
 MacをiPhoneやiPod touchのAirPlayのレシーバーにしてくれうアプリ。iOS 6のiPhone 5に入っているFull 1080p HDの動画を、Macにストリーミングすることができたりします。Mac miniのHDMIポートにテレビをつないでいる人だったら、iOS端末から、そのテレビにストリーミングというかAirPlayできちゃうわけです。

【CameraBag 2】
 多彩なフィルターを備えた写真加工アプリ。Mac App Storeでは、CameraBag 2 - Nevercenter Ltd. Co.として、1,300円で販売中。→CameraBag 2 - Nevercenter Ltd. Co.

【MacPilot 5】
 Mac OS Xの隠し機能を使えるようにしてくれるアプリ。簡単なメンテナンスにも使えますよ。Mac App Storeでは、MacPilot - Koingo Software, Inc.として、1,700円で販売中です。→MacPilot - Koingo Software, Inc.

【IPNetMonitorX】
 Mac用ネットワークトラブル解消ツール。単品で購入するとけっこう高価($60)なツールですので、こういう機会じゃないとなかなか入手できませんね。

 以上、こうやって羅列すると、$49.99はけっこうお買い得じゃありませんか? もちろん、必要な人には、ってことですけど。ご購入は、こちらからどうぞ。

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、インベーダーゲームのような 「Radiant HD」です。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、インベーダーゲームのような 「Radiant HD」(通常156円)です。
 厳密には、スペースインベーダーと異なり、ステージをクリアするごとに武器が強力になったりします。

201302131155

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。せっかくですから、ダウンロードして遊んでみましょう。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

MacBook Pro 13(MC700J/A)にスロットインタイプのブルーレイドライブ パイオニア製ブルーレイドライブ BDR-US01を内蔵してみた。

 以前にお知らせしたとおり、MacBook Pro 13(MC700J/A)に内蔵されているスーパードライブ(パナソニック製 UJ-8A8 )を、パイオニア製ブルーレイドライブ BDR-US01に換装してみました。

 というわけで、BDR-US01のレビューです

 MacBook Pro 13に内蔵されている光学ドライブは、Appleがスーパードライブと呼ぶDVDマルチドライブ。パナソニック製の UJ-8A8 というドライブが内蔵されています。

20130202_113244

 現行Macの光学ドライブは、Mac Proを除き、全てスロットローディング方式。スロットインタイプのドライブというだけであれば、いろいろな選択肢があるわけですが、MacBook Proに内蔵されているドライブは、厚さ9.5mmのウルトラスリムラインの製品なのです。

 12.7mm厚のスロットインドライブなら、いっぱいあるんですけどね〜。9.5mm厚となると、現状手に入るのは、

  1. パナソニック製のブルーレイコンボドライブ UJ-167(執筆時現在、ヤフオクで15,000円前後)
  2. パナソニック製のブルーレイドライブ UJ-267 (執筆時現在、ヤフオクで24,000円前後)
  3. パイオニア製のブルーレイドライブ BDR-US01(執筆時現在、amazon.co.jpで、14,000円前後)

の3種類しかありません。そのうち、1.はコンボドライブです。つまり、DVD-RやDVD-RWまでは、読み書きともにOKですが、BDやBD-R、BD-REは読み込みのみです。当然のことながら、これはボツ。

 残った2つの中から選ぶわけですが、Apple純正採用されているパナソニック製に行きたい所ではありましたが、財政状態を考慮し、パイオニアのBDR-US01を入手しました。今回はちょっと怪しげなところから買っちゃったので、返品もままならず。やはりamazon.co.jpで、購入すべきですね。

271

 購入したブツはこちら。なんと、製品版ではなくサンプル出荷品でした。当然、新品じゃないよね。ひっくり返すと

270

269

シールが一度剥がされたような跡があります。怪しさ満点ですね。せっかくゲットしたんだからと、さっそくMacBook Pro 13のスーパードライブと交換してみます。

Img_7821

 MacBook Pro 13の裏蓋を止めているビス10本を外します。ビスのうち3本は長さが違いますから、位置を覚えておきましょう。

 裏蓋を外すだけで、スーパードライブは見えますが、これを外すには、フィルムケーブルやらハードディスクやら、Wi-Fiアンテナ周りやら、いっぱい外す必要があります。また、非常に繊細なディスプレイ周りのシールド線などもありますので、メモリの増設やハードディスクの換装ほど簡単じゃありません。

Img_7823

Img_7825

 上の写真は、取り外したApple純正スーパードライブです。型番は先に書いたとおり、 UJ-8A8 。MacBook Pro 13のユニボディには3個のビスで固定されています。そして、固定のためにドライブのケースが通常とは異なっているんですね、これが。

 ディスク挿入口の両側に、ボディに固定するためのビス穴があります。マウンタ兼用のケースになってるわけですよ。一方、パイオニアのBDR-US01は、通常の形ですから、ケース上部を交換しないと、きちんとMacBook Pro 13のボディに取り付けることができません。

 今回は、動作確認なので、ケースには手を入れず、1箇所だけでMacに固定することにしました。

 光学ドライブを交換したら、後は逆の順で組み付け、裏蓋を元に戻します。PRAMクリアをして、ついでにSMCリセットも行なってから、再起動。もちろん、周辺機器はつながずにね。起動後、「システム情報.app」で見てみると、

20130212_220422

あらら、ドライブが認識されていない・・・ 起動時には、光学ドライブ特有のキュイーンと音がしたんだけどね。で、ドライブにディスクを挿入するも引き込んでくれない。全然ダメダメです。

 ところが、起動時にBDR-US01がキュイーンと唸るときに、ディスクを挿入するとちゃんとメディアを引きこんでローディングしてくれます。そして、

20130212_215111

上のスクリーンショットのように、きちんと認識され、もちろん普通に動作します。ディスクをイジェクトして、別のディスクと交換しても、ちゃんと認識されます。当然、Mac Blu-ray Playerで、市販のブルーレイ映画やライブを見ることもできます。

 しかし、これは困りましたね。認識されないときは、「システム情報.app」のシリアルATAにも表示されませんし、ディスクユーティリティをたちあげても、ストレージ全てが表示されなくなり、ディスクユーティリティもハングします。

 どうやら、SATAの互換性の問題のような気がします。

 というわけで、パイオニア製のブルーレイドライブ  BDR-US01。全く使えない、というわけではありませんが、一般の人が常用するには全然ダメダメです。

 今回、あえて人柱〜してみましたが、現状MacBook Proに換装するブルーレイドライブは、高価ですが、パナソニック製の UJ-267 の方が良さげです。ま、そのうち、こちらも手に入れる予定ではありますが、もう少し値段が下がってくれないとね・・・

 以上、悲しいお知らせでした。

2013年2月12日 (火)

「AirMac ユーティリティ 6.2」と「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.04」

 Appleが、「AirMac ユーティリティ 6.2」と「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.04」を配布しています。ソフトウェアアップデート経由でどうぞ。

20130212_85341

AirMac ユーティリティ 6.2(Mac)について

Wi-Fi ネットワークや AirMac Express、AirMac Extreme、Time Capsule などの 802.11n AirMac ベースステーションを設定して管理するには、「AirMac ユーティリティ」を使用します。AirMac ユーティリティ 6.2 には、以下のような改善とバグ修正が含まれます:

  • 複数の AirMac ベースステーションで構成されたネットワーク上でゲスト Wi-Fi ネットワークを拡張できます
  • WPS 対応 Wi-Fi プリンタを追加できます
  • 各言語でのサポートが改善されました

AirMac ソフトウェアの最新情報については、システム環境設定内のソフトウェア・アップデート、または以下の Apple サポートダウンロード Web サイトを確認してください: http://support.apple.com/ja_JP/downloads/

Apple の Wi-Fi について詳しくは以下を参照してください: http://www.apple.com/jp/wifi/
AirMac 製品の使用について詳しくは、以下の製品サポートページを参照してください: http://www.apple.com/jp/support/airmac/

20130212_85427

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.04

このアップデートにより、Aperture 3およびiPhoto '11 に以下のカメラの RAW ファイルフォーマットとの互換性が追加されます:

サポートされている RAW フォーマットについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5371?viewlocale=ja_JP

とのことです。

 今回は、高級カメラのサポートが中心ですね。Sony Cyber-shot DSC-RX1なんて、20万円オーバーですし。

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、西洋すごろく 「Backgammon」です。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、西洋すごろく 「Backgammon」(通常86円)です。
 バックギャモンといえば、うちにもボード が1つあるんだけど、押入れの中でホコリをかぶっています。久しぶりにやってみようかな。ゲーム盤と言うよりは、インテリアみたいな感じですけどね、ボードは。

201302120926

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

2013年2月11日 (月)

Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBが、16,800円と格安です。台数限定・本日限り! ふつうの2TB外付けハードディスクも7,980円と特価です。

 LaCieのThunderbolt接続HDD、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBがamazonのタイムセール16,800円と格安です。この価格は、歴代最安値です。通常価格の18,800円でも、十分安いと思いますけれども。

 LCH-LB2TTBの販売開始時の価格は、44,800円。つまり、62.5%引きです。RAID 0設定時の公称値はリード・ライトともに180MB/sと、外付けハードディスクとしては、かなりの高速です。初期のSSD並ですね。

 タイムセールのリンクから購入していただかないと、この価格にはなりませんよ。限定50台。この価格でThuderbolt接続のRAID対応ハードディスクを購入できることは、そうそうありません。

 LCH-LB2TTBには、1TBのHDDが2台内蔵されており、2TBの高速RAID 0ドライブ、あるいは冗長性を優先した1TBのRAID 1 ミラーリングドライブとして使うことができます。もちろん、2つのハードディスクを別々のディスクとして利用することも可能です。接続はThunderboltですよ。

 Thunderboltポートは2ポート装備されていますから、デージーチェーンで他のThunderbolt機器につなぐことも可能です。このあたりは高級機仕様です。その辺の安物の1ポートのドライブとは違います。

Lchlb

 内蔵のHDDをSSDに入れ替えて使うも良し、そのまま使うも良しです。16,800円でThunderbolt HDDが購入できると考えれば、かなりお買い得です。容量1TBのLaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBは、14,800円。わずか2千円の差なら、ここは容量優先で、2TBがいいと思いますよ。
 この価格でThunderbolt接続でRAID 0/1対応のストレージが入手できるのは、今だけですよ。新製品に入れ替わったら、もうこの価格じゃ買えなくなります。

 タイムセール価格は、本日限り。必要な方はお早めにどうぞ。

 なお、この商品にはThunderboltケーブルが付属していません。amazonで販売している住友電工のThunderboltケーブルは、Apple純正よりしなやかで柔らかく取り回しが楽な上、価格も安く(以前より20%ほど安くなっています)おすすめです。長さも30cmから3mまでそろっていますし。以上、ご参考までに。

 それから、こちらはThuderbolt接続じゃないのですが、同じくamazonのタイムセールで、MacやPCだけでなく、レグザやアクオスなど家電にも対応したUSB 2.0接続・2TB容量の外付けハードディスク BUFFALO 2TB HD-LB2.0TU2/N7,980円と特価販売されています。商品リンクではなく「タイムセール」のリンクから購入してくださいね。

【関連記事(下ほど古いです。)】

2013年2月 8日 (金)

Mac App Storeの期間限定特価、第3週。各種Macアプリが安くなっていますよ。

 Appleが、人気のMac用アプリケーションソフトを期間限定特価で販売する、「Get Stuff DONE」の3週目を開催しています。

20130208_224701

 値下げされているのは、

  1. 1Password - AgileBits Inc.
     とても便利なパスワード管理ユーティリティ。iPhoneやiPadとパスワードを同期できます。通常4,300円が2,200円に。→1Password - AgileBits Inc.
  2. Fantastical - Flexibits Inc.
     最強の呼び声高いカレンダーアプリ。通常1,700円が850円に。→Fantastical - Flexibits Inc.
  3. PopClip - Pilotmoon Software
     クリップボード拡張ツール。非常に評判の良いアプリです。が、私の環境ではLibreOfficeと相性が悪いです。どっちが悪いのか、まだ切り分けできていませんが。通常450円が250円に。→PopClip - Pilotmoon Software
  4. Soulver - Acqualia
     計算機なんですが、ちょっと一言で説明するのは難しいかと。通常1,700円が1,100円に。→Soulver - Acqualia
  5. Snagit - TechSmith Corporation
     Macの画面を動画キャプチャできるアプリ。通常4,300円が2,200円に。→Snagit - TechSmith Corporation
  6. Clarify - Blue Mango Learning Systems
     スクリーンキャプチャアプリなんですが、英語の説明を読むと、単なるスクリーンキャプチャじゃなさそうですね。通常2,600円が1,300円に→Clarify - Blue Mango Learning Systems
  7. mSecure - Password Manager - mSeven Software, LLC
     パスワード管理ツールです。おいらは、1Passwordユーザーなので、こちらのアプリはわかりません。昨日まで450円だったのに850円に値上げ中。買う意味なし。→mSecure - Password Manager - mSeven Software, LLC
  8. Dropzone - Aptonic Limited
     ちょっと進化したDockと言いましょうか、おいらも最近購入しましたが、まだ使いこなせていません。通常850円が450円に。ただし、おいらは170円で買いました。→Dropzone - Aptonic Limited
  9. Yoink - Matthias Gansrigler
     ドラッグ&ドロップ拡張ツール。フルスクリーン表示中のアプリ間でドラッグ&ドロップする際に便利です。もちろん、ParallelsでWindows OSをフルスクリーンにして使っている時とかにもね。通常250円が170円に。→Yoink - Matthias Gansrigler
  10. Keycard - Appuous Inc.
     iPhoneのBluetoothを使って、Macから離れたらMacにロックをかけてくれるアプリ。下記動画をご参考に。通常600円が450円に。→Keycard - Appuous Inc.

 購入を予定していたMac Appが含まれていたら、せっかくですから、安いうちに買っちゃいましょう。

App Store 今週のAppは、シューティングゲームApp 「Galaxy on Fire 2™ HD」。iPhoneでもiPadでも楽しめるユニバーサルAppです。

 AppleのApp Store、今週のAppは、iPhoneでもiPadでも楽しめるシューティングゲームApp 「Galaxy on Fire 2™ HD」です。もちろん、無料!→Galaxy on Fire 2™ HD - FISHLABS

201302082232

 無料なのは、今だけですよ。期間限定ですから、お早めにどうぞ。

2013年2月 7日 (木)

Mac対応の格安USB3.0 ExpressCard/34アダプタ (Sonnet)のレビュー その2。

 先ほどのブログ「Mac対応の格安USB3.0 ExpressCard/34アダプタ (Sonnet)のレビュー その1。」でご紹介したように、おいらの2006年モデルのMacBook Pro 15(MA609J/A)に、USB 3.0ポートが増設されました。たったの3,980円で。使ったのは、こちらのSONNET USB 3.0 ExpressCard/34というカード。

 USB 3.0とやらの実力がどれほどのものなのか、さっそくベンチマークを実施。SSDで比較できれば一番良いのですが、びんぼ〜なおいらには余らせてるようなSSDはなく、2.5インチのハードディスク Seagate Momentus 7200.5シリーズ 2.5inch SATA 3Gb/s 500GB 7200rpm 16MB 4Kセクター ST950042を使ってのベンチです。

 この同じハードディスクを、

  1. USB 2.0で接続(MacBook Air 13 2011モデルのUSBポート)
  2. Tnunderboltで接続(MacBook Air 13 2011モデルのThunderboltポート)
  3. USB 3.0で接続(MacBook Pro 15 2006モデルにEspressCard/34でUSB 3.0ポートを増設)

上のように接続方法を変え、比較します。でも、面倒なので1.と2.は過去に測定したデータを流用。

【USB 2.0接続】

Goflex_usb2

 遅い、遅すぎる・・・ 今まで速いつもりでいたUSB2.0の実力ですよ。テキストに起こすと、

Results    26.74   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.4 (11E53)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookAir4,2
        Drive Type        Seagate FreeAgent GoFlex
    Disk Test    26.74   
        Sequential    43.94   
            Uncached Write    54.47    33.44 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    49.25    27.87 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    26.04    7.62 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    71.59    35.98 MB/sec [256K blocks]
        Random    19.22   
            Uncached Write    5.78    0.61 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    85.18    27.27 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    78.03    0.55 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    94.20    17.48 MB/sec [256K blocks]

です。本来それほど速くはない2.5インチHDDの実力すら引き出せていないスピード。問題外ですね。

【Thunderbolt接続】

Goflex_thunder

 速いとは言いませんが、2.5インチHDDの性能の限界は引き出していそうな数値です。テキストに起こすと、

Results    35.69   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.4 (11E53)
        Physical RAM        4096 MB
        Model        MacBookAir4,2
        Drive Type        ST9500424AS
    Disk Test    35.69   
        Sequential    169.74   
            Uncached Write    200.94    123.37 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    167.40    94.71 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    127.10    37.20 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    210.64    105.87 MB/sec [256K blocks]
        Random    19.94   
            Uncached Write    5.78    0.61 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    110.98    35.53 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    83.89    0.59 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    150.72    27.97 MB/sec [256K blocks]

で、シーケンシャルWriteが123.38MB/s。一昔前の3.5インチHDD並ではあります。これが、Seagate Momentus 500GBの実力なのでしょう。

【USB 3.0接続】

20130207_132744

 上2つののテストとは異なり、今回はかなりくたびれたMacBook Pro 15(MA609J/A。2006年製。)にご登場願っています。ハードディスクは同じ物を使っていますけどね。

 これをみると、USB 3.0、なかなかやりよる!って感じでしょうか。テキストに起こすと、

Results    30.37   
    System Info       
        Xbench Version        1.3
        System Version        10.7.5 (11G63)
        Physical RAM        3072 MB
        Model        MacBookPro2,2
        Drive Type        ST950042 4AS
    Disk Test    30.37   
        Sequential    39.37   
            Uncached Write    162.62    99.85 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    139.61    78.99 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    11.97    3.50 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    210.45    105.77 MB/sec [256K blocks]
        Random    24.73   
            Uncached Write    7.32    0.77 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Write    131.88    42.22 MB/sec [256K blocks]
            Uncached Read    90.90    0.64 MB/sec [4K blocks]
            Uncached Read    153.60    28.50 MB/sec [256K blocks]

 Thunderbolt接続に、かなり迫っています。

 テスト結果を表にまとめるとこんな感じ。


Sequential (MB/s) Random (MB/s)

4K Write 256K Write 4K Read 256K Read 4K Write 256K Write 4K Read 256K Read
USB 2.0 33.44 27.87 7.62 35.98 0.61 27.27 0.55 17.48
USB 3.0 99.85 78.99 3.50 105.77 0.77 42.22 0.64 28.50
Thunderbolt 123.37 94.71 37.20 105.87 0.61 35.53 0.59 27.97

 ついでにグラフ化すると、こんな感じです。

20130207_160231

 最後は、参考までにBlackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Incで計測中のスクリーンショットです。上から順に、USB2.0、Thunderbolt、USB 3.0接続です。

 Thunderbolt接続だと、Read/Writeともに110MB/sほどかな。USB2.0接続の3倍は速いってことですね。USB3.0とThunderbolt接続では、ほとんど差はありません。

Usb2

Thunder

20130207_123604

 SSDなら、また違った結果が出るのでしょうけど、2.5インチのハードディスク程度だと、ThunderboltとUSB 3.0では、ほとんど差がないような感じでしょうか。ハードディスクでもRAID 0やRAID 5で高速化したり、SSDもRAIDを組んだりすると、Thunderboltの速さは活きてくるのですけどね。

 それにしても、たったの3,980円で、古いMacBook Pro 15を蘇らせることができるわけで、これはいい買い物でした。ExpressCard/34スロット搭載のMacをお持ちの方、SONNET USB 3.0 ExpressCard/34はおすすめですよ、3,980円ならね。

 なお、SONNET USB 3.0 ExpressCard/34では、メーカーのWebにある通りバスパワー駆動のハードディスクは動かない可能性があります。オウルテック 『黒角』 2.5インチSATA HDD/SSD用外付ケース USB3.0対応 OWL-ESL25/U3(B)に付属しているUSBケーブルのように、二股に分岐し別のUSB端子から電源を確保できるタイプが付属しているケース、あるいはACアダプタ付属のセルフパワーのケースがいいでしょうね。

 上のベンチマークは、

Img_7780

こんな感じで、iPhone用のUSB電源アダプタを利用しました。これなら、確実に動きますから。

 なお、Thunderbolt接続に使ったのは、Seagate GoFlex Thunderbolt Adapter (STAE121) 【並行輸入品】です。ご参考までに。

【関連記事】

Mac対応の格安USB3.0 ExpressCard/34アダプタ (Sonnet)のレビュー その1。

 一昨日のブログでご紹介した SONNET USB 3.0 ExpressCard/34、届いております。現在もお値段3,980円、格安のまま。これが使えれば、少々くたびれた(逆に言うと、安く入手できる)、ユニボディになる前のMacBook Pro 15でもUSB3.0の周辺機器がつながるようになるわけで・・・

Img_7768

 通常価格の約半値でしたので、いい加減なものが届くのかと思っていましたら、ちゃんとした正規の商品でした。ブリスターパックもしっかりしています。

Img_7770

 また、並行輸入などではなく、Sonnetの正規代理店「株式会社 メディア・インテグレーション」扱いのものでした。

Img_7772

 肝心のブツは、LaCie USB 3.0 ExpressCard/34 LCI-ECU3と全く同じです。ただし、LaCieのこのカードは、Macでの使用に限っては、LaCie製のごく一部のハードディスクしかつなぐことのできない、非常に不便な仕様となっています。ドライバさえ用意できれば、いいわけですけどね。Windowsで使うときには、Microsoft製のドライバで認識されますから、何の制限もなく使うことができるのですが。

Img_7774

Img_7776

 どの角度から見ても、同じですね。
 ハードウェアとしては完全に同一のようです。もちろん、内部に書き込まれたベンダーID等は異なっているでしょうけどね。

 先日、9,999円で購入したWindows PC(OSは、Windows 8 Pro)に挿してみると、どちらも同じMicrosoft純正ドライバで普通に認識されました。

Usb3

 中のコントローラーは、定評あるNEC Renesas製ですね。つまり、このUSB 3.0 ExpressCard/34は、Sonnet製もLaCie製も、Windowsでは何の問題もなく使えます。
 ところがMacでは、ドライバを用意しないと使えない。そしてLaCie製ドライバは、LaCie製のUSB 3.0接続ハードディスク(しかもセルフパワーで動作することが条件)しか認識しないようになっています。

 一方の、今回購入したSonnet製は、そんな小細工はしていませんから、安いUSB 3.0接続のケース(たとえば、12.5mm厚のハードディスクも内蔵できるオウルテック 『黒角』 2.5インチSATA HDD/SSD用外付ケース USB3.0対応 OWL-ESL25/U3(B)などを使うことができます。
 SONNET USB 3.0 ExpressCard/34のパッケージには、ドライバCDが入っていませんから、こちらからダウンロードします。

 ドライバをインストールし、再起動したらさっそくMacBook Pro 15(MA609J/A)のExpressCard/34スロットに、SONNET USB 3.0 ExpressCard/34を挿入。「このMacについて」で「詳しい情報」を見てみると、

20130207_115431

上図のように、無事USB 3.0 Busが追加されました。めでたい!

 では、さっそくベンチマークと行きたいところですが、長くなりそうなので、続きは次のブログにて。

【関連記事】

人生銀行 for iPhone

 タカラトミーアーツが、iPhoneアプリケーション連動貯金箱「人生銀行 for iPhone」を3,990円で発売開始すると発表しています。

 amazonでは、3月28日販売開始予定で、執筆時現在の価格は3,454円です。

 10万円まで貯めることのできる貯金箱ですが、そこまで貯金するために、まず、-3,454円からのハンディ付きで始まる人生ゲーム。でも、楽しく貯金ができれば、3,454円の値打ちもあるかも。

 私の場合、10万円貯まる缶貯金箱を買ったことがありますが、貯まりきる前に缶切りでギコギコということも一度ならずありましたので、目標金額5万円あたりから始めてみたいと思っています。
 いや、目標3万円にして、現状最安の500GBのSSD Samsung SSD840 ベーシックキット500GB MZ-7TD500B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)(執筆時現在29,800円)を買おうかな。NASを導入したので、Mac本体の内蔵のドライブは500GB程度で運用できる目処も立ったし。

 というわけで、貯金の苦手なおいらの相棒になりえるのか? 専用のiPhone Appは、まだ、App Storeにお目見えしてないようです。こちらも、App Storeに並んだら、またご紹介しますね。

 しかし、おもちゃの貯金箱も進化していますね。本物のATMのように、タッチパネル装備の「ハローキティ タッチパネルATMバンク」みたいな商品まであります。これは、子供が喜んで貯金しそうです。あ、引き出す一方かも。
 しかも、硬貨は自動で1円〜500円まで入金額を判別してくれるそうですよ。お札はするするっと自動で収納されますが、さすがに金額の判別はしてくれないそうです。そこはがんばって欲しかったかな。

2013年2月 6日 (水)

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerが$30と格安です。

 stacksocialが、Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerを$30で格安販売しています。Windows版は明日まで無料配布されているのに、Mac版はなぜか有料ですけども・・・

 それでも、$30って安くないですか? 絶賛円安進行中ですけど、それでも3千円は切ってますよ。開発元のページから購入しても、セール特価で3,500円(通常価格は5,200円)ですし、ちょっとでも安く買いたい方は、ぜひどうぞ。

20130129_233408

 Mac Blu-ray Playerは、現状Macで市販のブルーレイディスクを再生可能な唯一のアプリケーション。必要な方は、せっかくですから安いうちにどうぞ。もちろん、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

JavaScript関連の安定性の問題を解消したFirefox 18.0.2がリリースされました。

 JavaScript関連の安定性の問題を解消したFirefox 18.0.2がリリースされました。

Ff1802a

Ff1802b

 ココログでブログを書くにあたっては、一番使い心地の良いブラウザ Firefoxですが、新しいブラウザも増え、相対的にシェアは低下しつつあるのかな? Mac、PC、iPhone、iPad、Nexus 7を問わず、ブックマーク等を同期できるとか、色いろ便利なこともあるのですが、他のブラウザにも同じ機能は実装され始めましたからね。
 Internet Explorerは、このブックマーク等の同期機能がない時点で、ダメです。そもそも、Mac用とかiPhone用が存在してないですけどね。

 おいらのメインはSafari、そしてココログ用にFirefoxって感じです。Chromeもたまに使ってますけどね。

amazon、Kindle FireもしくはKindle Fire HDを買うと、Kindle本・アプリ・MP3の購入に使える1,500円分のクーポンがもらえるバレンタインキャンペーンを実施

 amazonが、 Kindle Fire (12,800円)もしくはKindle Fire HD(16GBモデルで15,800円。32GBだと19,800円。)を買うと、Kindle本・アプリ・MP3の購入に使える1,500円分のクーポンがもらえるバレンタインキャンペーンを実施しています。

 「2013年2月16日23:59」までにアカウント登録された方が対象です。

Kindle

 Nexus 7も日本で発売開始直後は、2千円分のクーポンをプレゼントしていましたが、amazonのKindleで、この手のキャンペーンは初めてですね。

 ちゃんとしたAndroidタブレットをこの低価格で販売し、さらに1500円のクーポンまでつけちゃったら、ハードの売上だけを考えれば大赤字でしょうね。今は円安だし。

 お買い得なタブレットをお探しなら、これはめっけ物かもしれません。ただし、GPSが付いてないとか、そのままではGoogle Playが使えないとか、色々制限があるのをわかった上で購入するのなら、という条件付きですが。

 でも、amazonからよく音楽(mp3)を購入し、電子書籍はKindle本をメインにとお考えの方には、これ以上便利な端末はありません。せっかくお買いになるなら、クーポンをもらえるうちにどうぞ。

朝日新聞、「医療債詐欺容疑10人逮捕 大阪府警、12億円超被害か」の見出し、おかしくない?

 朝日新聞が、「医療債詐欺容疑10人逮捕 大阪府警、12億円超被害か」と報じています。

Asahi

 この見出しで、みなさんは、ちゃんと理解できました?

 私は理解できず、「大阪府警が12億円の被害にあった」と思ってしまいました。なんで、大阪府警が詐欺に遭うんだろ?ってことで、クリックしたらそうじゃないのね。日本語は難しいね。
 おいらなら、同じ文字数制限でなら「大阪府警、医療債詐欺容疑10人逮捕 12億円超被害か」にしますけどね。

日本でもNexus 10の販売開始! 16GBモデルで36,800円。32GBは44,800円。

 日本でも10インチのNexus 10が、ようやく買えるようになりました。LTEや3Gは使えないWi-Fiモデルではありますが、その他のスペックはてんこ盛り。

  • 【液晶】
    10.055" diagonal at 2560 x 1600 pixel resolution for 300 ppi
    WQXGA
    Corning® Gorilla® Glass 2
  • 【CPU/GPU】
    Exynos 5 Dual
    CPU: Dual-core ARM Cortex-A15
    GPU: Mali-T604
  • 【大きさ】
    263.9 x 177.6 x 8.9 mm
  • 【質量】
    603g
  • 【カメラ】
    5 MP (背面)
    1.9 MP (前面)
  • 【無線】
    WiFi 802.11 b/g/n (MIMO+HT40)
    Bluetooth
    NFC (Android Beam)
  • 【メモリ・フラッシュストレージ】
    16 GB internal storage (actual formatted capacity will be less)
    2 GB RAM
  • 【インターフェース】
    Micro USB
    Magnetic Pogo pin charger
    Micro HDMI
    3.5mm headphone jack
  • 【バッテリー】
    9000 mAh Lithium polymer
  • 【OS】
    Android 4.2 (Jelly Bean)
  • 【センサー】
    Microphone
    Accelerometer
    Compass
    Ambient light
    Gyroscope
    Barometer
    GPS

 GPSとか、みんなの欲しがるものは全部付いてますね。

 液晶の解像度にいたっては、iPadのRetinaディスプレイ(2,048×1,536 264ppi)を凌駕する2,560×1,600 300ppiですし、薄さでもiPadの9.4mmに対し、それよりシャーペンの芯1本分薄い8.9mm(このあたり、サムスンの意地でしょうか?w)。質量はiPadの652gより49.5g軽い603g。

 これは、欲しがる人、多そうですね。私はいりませんが。Androidタブレットは、安いNexus 7で十分。19,800円より(あるいは24,800円より)たくさんお金を出す気にはなれません。
 やっぱりiPadとNexus、両方使っちゃうと、大きな差があるんですよね、現状では。まず、iPad並に質・量ともにアプリが充実しないとね。現状のAndroidは、ただのプアマンズiPadです。iPadの代わりにはならないけど、6〜7割のことはできる。
 Androidには、EyeTV - Elgato Systemsもないし、iTeleport: VNC & RDP - iTeleport Inc.もないし、Blogsy - Fomolaもないし、Drift Writer HTML Editor - drikin.comもないのよね。
 といわけで、iPadと同じ事ができるわけじゃないけど、ある程度のことはできる。iPad miniがReitnaディスプレイ搭載の新型になるまでのつなぎとしては、Nexus 7はいい選択肢でした。

 日本では10インチタブレットより7インチのほうが使い勝手がいいと思いますが、このNexus 10は、Nexus 7並の大ヒット商品になるのでしょうか?

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、ジグソーパズルゲーム 「マジック パズルの: 季節」です。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、ジグソーパズルゲーム「マジック パズルの: 季節(通常247円)」です。タブレットでやるにしても、ジグソーやるには少々画面が小さいのが難点ですが。

201302060810

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

2013年2月 5日 (火)

強力なデスクトップ検索ツール「Tembo(通常1,300円)」が170円。さらに、「KaraokeTube」と「iCollage」も170円。

 強力なデスクトップ検索ツール Tembo icon(通常価格、1,300円)が、期間限定で170円に値下げ販売されています。→Tembo - Find Files - Houdah Software

icon icon

【説明】

Tembo は、強力な Spotlight 検索エンジンを基盤としたデスクトップ検索ツールです。 Tembo はファイル、フォルダ、メールメッセージ、ブックマーク、イメージ等を見つけ出します。

Tembo は、検索結果をファイルタイプごとにグル-プ分けし、表示します。まず最初に、それぞれのグループで一致した上位10件が表示されます。ほとんどの場合、探していたファイルはここで見つかるでしょう。

さらにグループごとに掘り下げると、最高2500件の結果が、コンテキストに相応したフィルタと共に表示されます。この機能は検索結果リストを絞り込むのに役立ちます。例えば、「メッセージ」のグループには件名、差出人、宛先のフィルタがあります。「イメージ」のグループには、解像度や、ファイルタイプといったフィルタが備えられています。

このように、Tembo は単なるファイル検索ツールではありません。 メッセージがどこにあるかを突き止めるための Mail や iChat アプリの延長として機能することができるのです。 Safari の延長として履歴やブックマークのブラウズを検索することも可能なのです…

Promobannertembo

Spotlight や Finder ではなく、あえて Tembo を使う利点は?

  • 探しているファイルをより早く見つけることができます
  • 使いやすいインターフェース
  • グループ分けされた検索結果の表示
  • それぞれのグループに最高2500件の検索結果
  • コンテキストに相応しいフィルタの装備

利用できるフィルタは?

  • ブックマーク:タイプ、URLドメイン
  • 書類:ファイルタイプ
  • フォント:ファイルタイプ
  • イメージ:解像度、ファイルタイプ
  • メッセージ:件名、差出人、宛先
  • ムービー:ファイルタイプ、コーデック
  • ミュージック:アーティスト、ファイルタイプ
  • PDF書類:著者
  • ソースコード:ファイルタイプ

Tembo が見つけられるファイルは?

Tembo は Spotlight のインデックス及び検索エンジンを基盤としています。Spotlight でインデックス化されているあらゆるファイルを見つけることができます。 それには、ライブラリフォルダも含まれており、多くの低レベルのシステムファイルを除外することができます。

とのことです。Apple純正のSpotlightも十分使いやすいですけど、170円でさらに高機能になるのであれば、これは試してみる価値があるかも。元の1,300円だとチャレンジしにくいけど、170円ならね。

 さらに、通常850円のMacをカラオケマシンにしてくれるアプリケーション、KaraokeTube - Dmitry Gaponenko170円ですよ。→KaraokeTube - Dmitry Gaponenko

 もう一つおまけに、コラージュ作成アプリ、iCollage - Israa Dorgham(通常450円)も、期間限定特価で170円です。→iCollage - Israa Dorgham

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

MacとWindowsの両刀遣いの方へ。「NTFS for Mac OS X 10」 と「HFS+ for Windows 10」のセットが半額の$19.95です。

 先ほどのブログで、Windows版のブルーレイ再生ソフト「Mac Blu-ray Player Ver.2.7.6」が無償配布されているとお伝えしましたが、その続き。

 WindowsからMacのHFS+フォーマットされたハードディスクを読み書きできる「HFS+ for Windows 10」と、MacからWindowsのNTFSフォーマットされたハードディスクのデータを読み書きできる「NTFS for Mac OS X 10」のセットが、通常$39.90のところ、半額の$19.95で販売されています。もちろん、時間限定。
 残された時間は、執筆時現在、たったの20時間44時間(1日延長されました。2013年2月7日午後5時まで、半額で購入できます。)ですよ。

 ちなみに、「NTFS for Mac OS X 10」は、本家ダウンロードページで2,100円、「HFS+ for Windows 10」も、本家ダウンロードページで1つ前のバージョン(HFS+ for Windows 9)が、2,100円で販売されているアプリケーションです。$19.95は、単品購入より安いです。最近は、円安が進んでますけどね。
 実は、日本のamazonからもダウンロード購入できるんですけど、執筆時現在の価格は3,000円。いくら円安が進んでいるとはいえ、$19.95の方が安いでしょ? ついでに、amazon版も、HFS+ for Windowsは、Ver.10ではなくVer.9です。

 両方は不要、という方は、上記の本家ページからご購入いただければと思いますが、両方そろって$19.95なら、今回ご紹介しているこちらから購入したほうがお買い得かな?、という気はします。

 もっとも、MacとWindowsの両刀遣いにしか役に立たないソフトですし、かなりニッチな市場に立脚しているのは確かなんですけどね。さっきの市販ブルーレイ再生アプリのご紹介とは、ずいぶん状況が違うと思います。その割には、一太郎のジャストシステムが総代理店だったりするんですけども。
 でも、そういうニッチなアプリも扱う、ごった煮な感じが、うちのブログの特徴でもあるので、そこは大目に見てやってください。(^^)

あのMacgo社のMac Blu-ray Playerが無料です。ただし・・・

 2月5日の夕方に書いた記事ですが、無料なのは2013年2月7日午後5時まで(1日限りだったのが、2日間に延長されました!)なので、その間、ブログトップに置いておきます。

 残念ながらMac版は有料ですが、$30と格安で購入することができます。もちろん、正規のバージョンですから、1年限り等の期限はありません。詳細は、こちらのブログをご覧ください。

 また、WindowsからMacのHFS+フォーマットされたハードディスクを読み書きできる「HFS+ for Windows 10」と、MacからWindowsのNTFSフォーマットされたハードディスクのデータを読み書きできる「NTFS for Mac OS X 10」のセットの半額販売も、期限が1日延長されています。


 当ブログでいつもおすすめしている、Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray PlayerのVer.2.7.6が無償配布されています。

Mbp

 ただし、非常に残念なことに、無償配布されているのは、Mac版ではなくWindows版だけ。

Kigen

 さらに、2014年2月末までという制限付きですが。

 こちらのリンクから、ご紹介しているWindows版を無償でダウンロードできますが、Facebookで「いいね」する必要があります。これらの条件が許容できる方は、ぜひどうぞ。

 現在、開発元ページでは、通常5,200円のMac Blu-ray Playerを、セール価格の3,500円で販売しています。Mac版だけでなく、Windows版も3,500円(最近の円安で、300円値上がりしています)。Mac版とWindows版のセットは、6,000円です。
 2014年2月末(1年少々ですね)という期限付きですが、無償ですべての機能を試せるのは、悪くないことだと思いますよ。Mac版とWindows版に、機能差はありませんし。
 今後、円安も進むでしょうし、試用して気に入られたのなら、安いうちに購入してしまうのもひとつの手かな?、と個人的には思います。市販ブルーレイ作品をMacで観たいという人にとって、3,500円は十分リーズナブルな価格と思います。もちろんMac版は、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

Mac対応のUSB3.0 ExpressCard/34アダプタが3,980円と格安です。

 古いMacBook Pro 15(おいらのは、2006年10月発売の、MacBook Pro 15 MA609J/A。CPUがCore 2 Duoになった最初のモデル。)で、USB 3.0を使いたいなぁ、と考えていたのですが、お買い得なUSB3.0 ExpressCard/34アダプタを発見。SONNET USB 3.0 ExpressCard/34、執筆時現在のお値段3,980円なり。

 安くないですか? ノートPCにExpressCard/34スロットが装備されなくなりつつありますが、古いMacを後生大事に使っているユーザーからすれば、このような商品はありがたいことです。

 ちなみに、ソネットのホームページから最新のドライバ等をダウンロード可能です。
 参考までに、ソネットオンラインストアでの直販価格は、7,680円でさらに送料が2千円以上かかる模様(YAMATO TRANSPORTによる国際配送とのこと)。キットカットを始めとした、正規代理店では7,680円みたいです。

 Macで使えるUSB 3.0アダプタは、ソネットの他にはCalDigit SuperSpeed USB 3.0 Express34カードくらいしか、寡聞にして知りません。一応、LaCieにも、LaCie USB 3.0 Express Card 34 LCI-ECU3なるものが存在するのですが、こいつは現状LaCieのごく一部のハードディスクにしか使えないそうで、選択の余地なし。

 残念ながら、ソネットのホームページを見ると、SONNET USB 3.0 ExpressCard/34もMacで使う分には、色々と制約が多そうです。

  1. Mac OS Xでは、USB 3.0ストレージデバイスとUSB 3.0/2.0 メディアリーダのみに対応
  2. 本製品では、Mac OS Xで使う場合、USB 2.0、USB 1.1デバイスに未対応。iPodおよびiPhoneは未対応。USB 3.0ハブは未対応、ストレージ以外のデバイスとの接続は未対応です。
  3. 対応するUSB 3.0メディアリーダとして下記が挙げられます:
    • Sonnet DiO Pro CompactFlash、SDXC USB 3.0メディアリーダ
    • Delkin Ddreader 42 USB 3.0ユニバーサルメモリーカードリーダ
    • Kingston USB 3.0メディアリーダ
    • Lexmar Professional USB 3.0デュアルスロットリーダ
    • Transcen USB 3.0 Super Speed マルチカードリーダ
  4. ペリフェラル電源最大2.5W(500mA@5V)は、USB 3.0バスパワー対応2.5インチハードドライブやSSDへの電源を提供するには不十分です。

 上記は、少々編集していますが、いろいろと制限事項が書いてあります。

 もっとも、2.については、USB 2.0ポートは古いMacBook Proにも備わっていますから、USB 2.0機器はそっちへつなぎますから、問題なし。4.については、電源補助ケーブル付きのUSBケーブル(たとえば、Groovy GM-UH004TFTEC USB分岐ケーブル)とPLANEX「充電万能」のようなUSB ACアダプタを組み合わせて使えば、バスパワーのハードディスクでも大丈夫かな?、と甘い考え。

 商品はすぐに到着するでしょうから、動作状況等またご報告いたします。

【関連記事】

4つのRAIDモードを持つ3.5インチ外付けハードディスク LaCie 2big quadra LCH-2B2TQSが15,939円と格安です。

 4つのRAIDモードを持つ3.5インチ外付けハードディスク LaCie 2big quadra LCH-2B2TQS15,939円と格安です。

 7200rpmの1TB容量の3.5インチハードディスクを2台内蔵し、4つのRAIDモードを選択可能です。RAIDモードは、

  1. fast・・・RAID 0
  2. safe・・・RAID 1
  3. mixed・・・RAID 0とRAID 1の2ボリューム
  4. big・・・非RAIDの大容量

の4種類。3.のmixedに少々興味があったりします。

 さらにインターフェースは、

  1. eSATA
  2. FireWire 400/800
  3. Hi-Speed USB 2.0

とこちらも豊富。FireWire 800ポートは2つ装備していますから、デージーチェーンも可能です。

 なお、RAID 0でeSATA接続時の転送速度は165MB/sと、かなり高速です。
 残念ながらMacでeSATAを使おうと思うと、Mac Proを使うか、あるいはExpressCard/34スロットを持ったMacBook Proの一部機種に、ラトックシステム eSATA ExpressCard/34 REX-EX30Sをかませるか、Thunderboltポートを持ったMacにこのハードディスクより高価なLaCie eSATA HUB Thunderboltをつなぐとか、本末転倒なことになるわけですが。
 そもそも、Thunderboltポートを持ったMacなら、このハードディスクを買う必要はありませんものね。

 なお、内蔵されているドライブは、ホットスワップ対応となっています。RAIDの仕様、豊富なインターフェース、ホットスワップ対応ドライブと、値段以上に充実のスペックですが、Thunderbolt接続のハードディスクやSSD、そしてUSB 3.0接続のストレージが多数出てきた今となっては、この価格で売らざるを得ない、というところなのでしょう。

 でも、FireWire 800接続の外付ハードディスクを探しておられた方には、良いでものだと思いますよ。

VMware Fusion 5やParallels Desktop 8 for Macなど、仮想環境にインストールするWindowsは何が最適か?

 Macをお使いの方が、わざわざVMware Fusion 5Parallels Desktop 8 for Macを導入し、Windowsをインストールするのには理由があります。Windowsでしか動かないアプリケーション(や周辺機器)があるからです。

 それ以外の理由で、MacにWindowsをインストールする必要はないでしょう。Macでできることなら、Macでやっておいたほうが楽ですし。

 でも、業務アプリにWindows版しか用意されていないとか、e-TaxソフトがWindows版しか用意されていないとか、医薬品等電子申請ソフトがWindows版しかないとか、政府関連のものでさえWindowsしか考慮されていないことはよくあるわけです。Macユーザーは、それだけマイノリティなわけですよ。で、仕方なく仮想化環境にWindowsをインストールするわけですが、その場合、どのWindowsを買うべきか?

 答えは簡単です。使いたいアプリや周辺機器が推奨しているWindowsを買うしかありません。たとえば、e-TAXしたければWindows XP、Vista、7を、医薬品等電子申請ソフトを使いたければWindows 2000、XP、Vista(32bit)、7(32bit)を導入するしか選択肢はありません。

 いずれも注意すべきは、64bit版ではなく32bit版の方を選ぶべき、という点。後者は32ビット版しか動きませんし、前者はカードリーダー・ライターのドライバがあれば、64ビット版でも動きますが、IEは32ビット版じゃないとダメです。
 というわけで、Windows 8やその64ビット版が、これらのサービスで、安心して使えるようになるのは、まだまだ先のようです。

 とは言え、今後、販売されるPCにはWindows 8が、しかも、その64ビット版がプレインストールされて販売されるでしょうし、それに対応しないことには、政府はただの税金の無駄遣い機関で終わってしまうわけです。
 したがって、今すぐは少々厳しいけど、将来を見越してWindows 8を導入するのは有りでしょう。でも、できれば、32ビット版にしておいたほうがいいですよ。ドライバ等の問題もありますし、32ビット版のほうがなぜか安定していますし。

 Windoows OSのお値段を考えると、今後は、Microsoft Windows 8 (DSP版) 32bit 日本語(新規インストール用)に落ち着くでしょうね、使いたいアプリが対応し次第ですけども。もちろん、仮想環境にインストールしてもOKですよ。
 ただ、前述のとおり、現状のお薦めは、Windows 7の32ビット版ということになりそうです。でも、Windows 8のDSP版より、高いんだよね・・・

 amazonには、通常売っていないはずの「Windows7 Home Premium (32ビット版、64ビット版)再生中古PC用 正規キー付」なんて商品があったりしますが、安いからといって、これを仮想環境に使うのはライセンス違反です。しかし、どういう経路でこんな特殊な商品が出まわるんでしょうね?

パーティション分割と仮想化を併用した際のWindows OSのライセンスについて

 MacでWindowsアプリを使おうと思うときに、引っかかってくるのが、Windowsのライセンス。マイクロソフトは、仮想環境で使うときにも、Windowsのライセンスが1つ必要としています。
 この件について、マイクロソフトが、「パーティション分割と仮想化を併用した際のライセンスについて」としてわかりにくい日本語(お前が言うな)でまとめていますので、ご紹介。マイクロソフトは、読点の打ち方を知らないらしく、読点さえきちんと打ってくれれば、もう少しわかりやすくなると思うのですけどね。

 なぜ、正しい日本語で、もう少しわかりやすく書かないのでしょうかね?

【ケース1 物理バーティションを分割する場合】
 例えば、PC内のハードディスクのパーティションを2つに分割して、どちらにもOSをインストールする場合、それぞれのパーティションにライセンスが必要、ということです。
 Macの場合、Mac OS Xがインストールされているハードディスクに、Boot Campを導入してWindowsを導入しますが、この場合は、Mac OS XのライセンスとWindowsのライセンスがそれぞれ必要。Macユーザーにもわかりやすい、当たり前の話です。

 1台のWindows PCのハードディスクを分割して、Cドライブに通常利用するためのWindowsを。Dドライブには、試用版アプリケーションやベータ版アプリケーションの動作確認用のWindowsをインストールする場合でも、Windowsのライセンスが2つ必要になります。このあたりは、Macユーザーには少々理解しづらいところ。

 これが、Mac OSなら悩む必要はないんですけどね。Macの場合、ハードディスクのパーティションどころか、内蔵のハードディスクからも、USB接続のハードディスクからも、FireWire接続のハードディスクからも、Thunderbolt接続のハードディスクからも、Mac OS Xで起動することが可能です。Windowsって、外付けのHDDから起動できましたっけ? 
 それはともかく、Macユーザーは内蔵ドライブだけでなく、外部ドライブからもMacを起動できるようにしている方も多いかと。でも、OS X Mountain Lion - Appleを2つ買ったりしませんよね。そもそも、複数買おうと思ったら、Apple IDが複数いるわけで。
 こういう環境に慣れているMacユーザーから見ると、マイクロソフトのライセンス体系は、ちょっと理解し難いですね。

【ケース2 物理OS上に仮想OSを作成する場合】
 これは、Macユーザーならお馴染みのパターンですね。Mac OS X上にParallels Desktop 8 for MacVMware Fusion 5をインストールし、Windows互換環境(仮想環境)を作る場合の話です。

 当然、Mac OS Xのライセンスと、仮想環境で動かすWndowsのライセンスの2つが必要になります。わかりやすいですね。

 が、仮想環境を2つ構築して、1つには普段使うWindows環境を、もう1つには試用版やβ版アプリの動作確認用のWindows環境を構築する場合、Windowsのライセンスが2つ必要になります。たった1台のMacで使うのであってもね。わかりにくいですね。

【ケース3 物理パーティションを分割し、かつ、仮想環境を利用する場合】
 簡単にいえば、【ケース1】と【ケース2】が複合した場合ですね。

 ハードディスクのパーティションを、例えばCドライブとDドライブのように2つに分けて、それぞれにWindowsをインストール。さらにDドライブ上に仮想環境を構築して、それにもWindowsをインストールしたら、ライセンスがいくつ必要か? 3つ必要です。

【ケース4 仮想環境に物理OSを呼び出して利用する場合】
 これは、Boot CampパーティションのWindowsを、Parallels Desktop 8 for MacVMware Fusion 5から参照して利用する場合の話です。私はBoot Campを使っていないので関係ないのですが、VMware等の仮想環境とBoot Campの実環境を併用しておられるMacユーザーには、気になるお話。

 ところが、これがすごくわかりにくい。「この環境では、物理および仮想の双方にライセンスを割り当てる必要があり、合計 2 ライセンスとなります。」とありますから、物理レイヤー環境であるBoot Camp用のパーティションにWindowsライセンスが1つ必要。そして、そのBoot CampのWindowを参照する仮想環境にもライセンスが1つ必要。合計2ライセンス必要ということらしいです。

 絶対同時に使えない環境であるにもかかわらず、2ライセンス必要だそうです。ところが、「本ケースに関しては、お問い合わせの増加に伴いライセンス条項の解釈を 2012 年 10 月に見直しております。2012 年 12 月 31 日までは従来の解釈に基づいてライセンス認証の手続きを運用し、2013 年 1 月より本解釈にて運用を開始いたします。」とありますから、以前は1つのライセンスでよかったけど、2013年1月以降は2つのライセンスが必要だよ、ってことですね?

 これって、2012年12月31日まで1ライセンスで使っていたのに、何らかの原因で再アクティベーションが必要となったら、もう再アクティベーションできないってことです。書いてある通りに解釈したらね。

 おいらは、Boot Campと仮想環境を併用していないので、今のところ問題はありませんが、これは困る人多そうですよね。
 現状のBoot Campには、3TBのFusion Driveでは使えないという問題もあり、AppleもそろそろBoot Campのサポートを終了するかもしれません。Boot Camp利用者は、Windowsラインセンスの問題も含め、今後の動向に注意すべきかもしれませんね。

2013年2月 4日 (月)

「MacBook Pro SMC ファームウェア・アップデート 1.6」と「MacBook Air SMC ファームウェア・アップデート 1.8」

 Appleが、「MacBook Pro SMC ファームウェア・アップデート 1.6」と「MacBook Air SMC ファームウェア・アップデート 1.8」を配布しています。
 上記のリンク先からもダウンロードできますが、該当機種であれば、ソフトウェアアップデート経由でも、アップデート可能です。

20130201_221422

20130204_173618

 両アップデートとも、
「このアップデートは、Apple製ノートブックコンピュータで稀に起きる、バッテリーの充電回数が1000回を超えた場合にコンピュータが予期せず終了したり動作しなくなる問題を修正します。」
とのことです。

 なお、ファームウェア・アップデートですから、アップデートするときは、周辺機器を全て外し、ACアダプタだけは接続しておいたほうが無難です。
 「インストール」をクリックすると、

20130204_173647

上のアラートが表示されます。再起動後、アップデートが実施され、ファンが全開で回ります。その後、再び再起動され、アップデートが終了します。

 当方所有のMacBook ProとAirは、いずれも2011年の13インチ液晶モデル(MC700J/AMC966J/A)です。該当機種等については、記載がありませんが、ソフトウェアアップデートで引っかかった人は、早めにアップデートしておきましょうね。

Thunderbolt接続の高速外付けハードディスク、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBが、16,800円と格安です。台数限定・本日限り!

 LaCieのThunderbolt接続HDD、LaCie Little Big Disk Thunderbolt 2TB LCH-LB2TTBがamazonのタイムセール16,800円と格安です。この価格は、2回めですが歴代最安値です。通常価格の18,800円も、十分安いと思いますけれども。

 LCH-LB2TTBの販売開始時の価格は、44,800円。つまり、62.5%引きです。RAID 0設定時の公称値はリード・ライトともに180MB/sと、外付けハードディスクとしては、かなりの高速です。初期のSSD並ですね。

 タイムセールのリンクから購入していただかないと、この価格にはなりませんよ。限定50台。この価格でThuderbolt接続のRAID対応ハードディスクを購入できることは、そうそうありません。

 LCH-LB2TTBには、1TBのHDDが2台内蔵されており、2TBの高速RAID 0ドライブ、あるいは冗長性を優先した1TBのRAID 1 ミラーリングドライブとして使うことができます。もちろん、2つのハードディスクを別々のディスクとして利用することも可能です。接続はThunderboltですよ。

 Thunderboltポートは2ポート装備されていますから、デージーチェーンで他のThunderbolt機器につなぐことも可能です。このあたりは高級機仕様です。その辺の安物の1ポートのドライブとは違います。

Lchlb

 内蔵のHDDをSSDに入れ替えて使うも良し、そのまま使うも良しです。16,800円でThunderbolt HDDが購入できると考えれば、かなりお買い得です。容量1TBのLaCie Little Big Disk Thunderbolt 1TB LCH-LB1TTBは、14,800円。わずか2千円の差なら、ここは容量優先で、2TBがいいと思いますよ。
 この価格でThunderbolt接続でRAID 0/1対応のストレージが入手できるのは、今だけですよ。新製品に入れ替わったら、もうこの価格じゃ買えなくなります。

 タイムセール価格は、本日限り。必要な方はお早めにどうぞ。

 なお、この商品にはThunderboltケーブルが付属していません。amazonで販売している住友電工のThunderboltケーブルは、Apple純正よりしなやかで柔らかく取り回しが楽な上、価格も安く(以前より20%ほど安くなっています)おすすめです。長さも30cmから3mまでそろっていますし。以上、ご参考までに。

 それから、こちらはThuderbolt接続じゃないのですが、同じくamazonのタイムセールで、LaCie USB2.0/FireWire/eSATA対応 RAID機能外付HDD USB/FireWire対応 8TB 4big quadraシリース゛ 4bay LCH-4B8TQSが69,800円で販売されています。
 2TBのハードディスクを4発積んで、総容量8TBのRAID 5対応外付ハードディスクです。インターフェースは、eSATA、FireWire 400/800、Hi-Speed USB 2.0と充実。HFS+フォーマット済みですから、届いたらすぐにMacで使うことができます。
 さすがに高価格な周辺機器ですから、買われる方というか、必要な方は限られて来るのでしょうけれども。安くなっていても、ちょっと手が出せない価格ですけどね、おいらには。でも、ThunderboltポートのないMac Proをお使いの方には、良い外付けストレージだと思います。

【関連記事(下ほど古いです。)】

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、180ステージ楽しめるパズルゲーム Kunundrumです。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、180ステージ楽しめるパズルゲーム「Kunundrum(通常183円)」です。

 レビューは、まだ2件しか上がっていませんけど、どちらも評価は高いですね。この手のパズルは、ちょっとした頭の体操として、ゲーム好きじゃなくても楽しめるのがいいところです。

201302040741

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

2013年2月 3日 (日)

Canon IXY600F シャンパンピンク(サマンサタバサプチチョイスの限定版)が格安、9,980円です。

 Amazonのタイムセールで、限定販売のキヤノン製コンパクトデジカメ、Canon IXY600F シャンパンピンク(サマンサタバサコラボ版)が、9,980円と格安販売されています。通常価格は、12,748円ですから、かなり安くなっていますね。タイムセールのリンクから購入しないと、この価格にはなりませんのでご注意を。

 サマンサタバサコラボ版ですが、商品画像はこちらのページも参考になるかも。

 クラス世界最薄光学8倍ズームのIXY600Fは、一応現行モデルです。そして、IXYスタイリッシュズームシリーズのフラッグシップ機でもあります。もっとも、近々、後継機種のIXY 610Fが登場予定ですけどね。
 新型になっても、画素数は1210万画素と同じです。基本的には変わりません。ただし、600Fが28mm〜224mmの光学8倍ズームのところを、610Fは24mm〜240mmの光学10倍ズームに進化しています。それと、Wi-Fi機能を搭載してくるのが新しいかな。

 とは言え、マクロも使えますし、普通に使うにはIXY600Fで十分だとは思いますけどね。カメラ女子見習いの彼女へのプレゼントには、ちょうどいいかもしれませんね、この価格だと。

 本格的なカメラ女子は、もう少しいじれるカメラの方がいいでしょうから、同じく本日のタイムセールに掲載されている、

あたりの方が、良いかもね。

 レンズ付きデジタル一眼レフも2万円台ということは、フィルム時代のEOS Kissシリーズより、さらに安くなっているってことですね。Kiss IIIかなんか、大昔に買った覚えがありますが、4万円近かったような気がします。対抗機のニコンUも、ダブルズームレンズキットを買いましたけど、これも5万円程度はしていたし。

 デフレなのか、技術の進歩なのか、消費者にとって安いことはいいことですけど、これじゃなかなか給料も上がらないですね。


Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、自分で描いた絵が動くダンジョンゲーム Draw a Stickman: EPICです。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、自分で描いた絵が動くダンジョンゲーム「Draw a Stickman: EPIC(通常199円)」です。

 かなり斬新ですよ。自分でささっと描いた絵が動く。自分で描いたものが動くというのは、ちょっと衝撃ですね。英語なのが難点ですが、このくらいなら大丈夫でしょう、きっと。でも、誰かが日本語化してくれると、もっと楽しめそうなゲームです。

201302031013

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。 

 上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

2013年2月 2日 (土)

Mac App Storeの期間限定特価、第2週。各種Macアプリが安くなっていますよ。

 Appleが、人気のMac用アプリケーションソフトを期間限定特価で販売する、「Get Stuff DONE」の2週目を開催しています。

20130201_182234

 値下げされているのは、

  1. Gemini:重複ファイル検索ソフト - MacPaw Inc.
    通常850円が、期間限定特価で450円→Gemini:重複ファイル検索ソフト - MacPaw Inc.
  2. Unclutter - Software Ambience Corp.
    通常250円が、期間限定特価で170円→Unclutter - Software Ambience Corp.
  3. Delicious Library 2 - Delicious Monster Software, LLC
    通常3,000円が、期間限定特価で1,600円→Delicious Library 2 - Delicious Monster Software, LLC
  4. Together - Steve Harris
    通常3,450円が、期間限定特価で1,700円→Together - Steve Harris
  5. Tree - Top of Tree
    通常1,300円が、期間限定特価で600円→Tree - Top of Tree
  6. MindNode Pro - IdeasOnCanvas GmbH
    通常1,700円が、期間限定特価で850円→MindNode Pro - IdeasOnCanvas GmbH
  7. Compartments - Home Inventory - LittleFin LLC
    通常1,300円が、期間限定特価で600円→Compartments - Home Inventory - LittleFin LLC
  8. DaisyDisk - Software Ambience Corp.
    通常850円が、期間限定特価で450円→DaisyDisk - Software Ambience Corp.
  9. Home Inventory - Binary Formations, LLC
    通常1,700円が、期間限定特価で850円→Home Inventory - Binary Formations, LLC

 購入を予定していたMac Appが含まれていたら、せっかくですから、安いうちに買っちゃいましょう。

MacBook Pro 13(MC700J/A)にスロットインタイプのブルーレイドライブを内蔵することを画策中。というわけで、パイオニア製ブルーレイドライブ BDR-US01を発注して人柱〜。

 最近、メモリを16GBに増設したMacBook Pro 13(MC700J/A)ですが、内蔵の光学ドライブをブルーレイドライブに換装すべく、画策中です。
 MacBook Pro 13に内蔵されている光学ドライブは、Appleがスーパードライブと呼ぶDVDマルチドライブ。パナソニック製のUJ-8A8というスーパーマルチドライブが内蔵されています。

20130202_113244

 現行Macの光学ドライブは、Mac Proを除き、全てスロットローディング方式。スロットインタイプのドライブというだけであれば、いろいろな選択肢があるわけですが、MacBook Proに内蔵されているドライブは、厚み9.5mmウルトラスリムラインの製品なのです。

 12.7mm厚のスロットインドライブなら、いっぱいあるんですけどね〜。9.5mm厚となると、現状手に入るのは、

  1. パナソニック製のブルーレイコンボドライブ UJ-167(執筆時現在、ヤフオクで15,000円前後)
  2. パナソニック製のブルーレイドライブ UJ-267(執筆時現在、ヤフオクで24,000円前後)
  3. パイオニア製のブルーレイドライブ BDR-US01(執筆時現在、amazon.co.jpで、14,000円前後)

の3種類しかありません。そのうち、1.はコンボドライブです。つまり、DVD-RやDVD-RWまでは、読み書きともにOKですが、BDやBD-R、BD-REは読み込みのみです。当然のことながら、これはボツ。

 残った2つの中から選ぶわけですが、Apple純正採用されているパナソニック製に行きたい所ではありましたが、財政状態を考慮し、パイオニアのBDR-US01をお買い上げ。パナ製より1万円安いですからね。

 ただ、事前の情報では、起動時にドライブにメディアを入れておかないと、ドライブを認識しないという不穏な記事もあり、これはもう完全に人柱〜であります。でも、ま、メディアが入っていれば認識するんであれば、24時間連続稼動(EyeTV サーバーと化していますから、うちのMacBook Proは。)している当方の環境の場合、ほぼ問題ないかも、というわけでポチッとな。

 9.5mm厚の内蔵ブルーレイドライブが到着したら、さっそく換装し、また結果報告いたします。繁忙期突入なので、記事は少々遅れるかもですけどね。

SugarSync 1.9.92。複数のMacやPCで、複数のフォルダを同期できるすぐれものです。

 複数のMacやPC、さらにはiPhoneやiPadでデータを共有(シンクロ)できる、SugarSync(有料プランもありますが、5GB容量まで無料で使えるプランがあります。)が1.9.92にアップデートしています。

20130201_93204

 iCloudをはじめ、たくさんのネットワークストレージが存在しているわけですが、SugarSyncのウリは、シンクロ機能。複数のPCやMac、ついでにiPhoneやiPadで、常にそのフォルダ内のデータを最新のものに、同一のものにしておきたいという希望はありませんか? そんな要望には、SugarSyncが最適です。過去のブログでも簡単にご紹介してますから、ご参考にしていただければ幸いです。

 それだけではなくSugarSyncは、どんどん機能アップもしています。パブリックリンクを利用して、写真やファイルを共有したり、iPhoneで撮影した写真をSugarSyncにアップロード(モバイルフォト機能)したり。わかりやすいPDFのチュートリアルもありますので、是非チャレンジを。

 とりあえず、5GBまでの容量は無料で利用できますから、試しに使ってみましょう。シンクロ機能に特化しているクラウドは、Dropboxが一番有名ですけど、SugarSyncも使い勝手がいいですよ。
 私は、ブログ記事やホームページを、複数のMac(MacBook ProとAir)で書いているのですが、画像データもWebのコンテンツも、全部まとめてSugarSyncで同期させています。そうすることで、どちらのMacで編集しても、常にどちらのMacのデータも最新状態、というわけです。

 もちろん、Dropboxも使っておりまして、そちらは、iPhoneやNexus 7で撮影した写真のアップロードや、出先で見る必要の有りそうな資料の保管(iPhoneやiPadで見るための)などに利用しています。

 2つを併用することのメリットは、まず第一に容量が単純に増えること。それから、似たようなサービスではあるけど、違いはあるので、それぞれ適した方法で使い分けられること、ですね。

 単に大容量なプライベートクラウドが欲しいなら、自前でNASや、MacユーザーならTime Capsule(タイムカプセル)を用意すればいいわけですが、MacやPC、そしてiOS デバイスでのシンクロとなると自前で準備するのは、かなりハードルが高くなります。

 それから、NASを外部から使おうとすると、インターネットに接続していることが必須ですけど、SugarSyncの場合、自分のMacやPCのフォルダにデータがあるわけで、ネットに繋がっていなくても問題ありません。そして、更新したファイルは、次にネットにつながった時に同期されます。
 そうそう、iPhoneやiPadでSugarSyncにアクセスするためのApp SugarSync - SugarSync, Inc.は、こちらから無料でダウンロードできますよ。→SugarSync - SugarSync, Inc.

 実際使ってみないと、シンクロできる便利さはわかりません。無料ですから、この週末にでもぜひ試してみてくださいませ。

2013年2月 1日 (金)

App Store 今週のAppは、ゲームApp 「Early Bird」と「Early Bird HD」。iPad版も無料ですよ。

 AppleのApp Store、今週のAppは、iPhoneおよびiPod touch用ゲームApp 「Early Bird - Booyah, Inc.」です。もちろん、無料!→Early Bird - Booyah, Inc.

 iPad用の「Early Bird HD - Booyah, Inc.」も無料ですよ。→Early Bird HD - Booyah, Inc.

Img_7756

 今のところ、App Storeの「評価とレビュー」でも、なかなか良い感じに評価されていますね。ゲーム好きな方は、ぜひどうぞ。

  • iPhoneおよびiPod touch用→Early Bird - Booyah, Inc.
  • iPad用→Early Bird HD - Booyah, Inc.

予定通り、Windows 8が爆上げ〜

 当ブログで、1週間ほどトップに置いておいた「Windows 8 Proの格安販売は、本日限り! 32ビット版および64ビット版両方入ったパッケージ版が3,980円。」の記事。

 皆さん、昨日までに「Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)」をお買いになりました? クーポン使えば、たったの3,980円で購入できたわけですが。上の記事が、お役に立っていればいいんですけども。

 もちろん、amazon本体では、すでに上記商品は販売を終了しており、現在売られているのは、その安く入手したものを転売しているマーケットプレイス商品ばかりですね。

 で、昨日まで販売されていたものと同内容のパッケージが、本日から「Microsoft Windows 8 Pro (XP・Vista・7からのアップグレード用)」として、24,525円!で販売されています。びっくり。
 いえいえ、大幅値上げになるのは知っていましたよ。それでも、1日にしてここまで値段が上がると、本当にびっくりです。ハイパーインフレという言葉が頭を過るくらいびっくりw おいらは、一応確保済みなのでいいんですけど、今後Windows 8を購入される方は、Microsoft Windows 8 (DSP版) を購入される方がいいですよ。というか、もう、こっちしか売れないでしょ。
 DSP版ですが、お値段は執筆時現在7,780円。パッケージ版と異なり、64bit版か32bit版か選んで購入することになるのが、唯一の難点かな。パッケージ版なら、両方入ってるのにね。新規インストールしかできないのも、難点かもしれませんが、新規インストールすれば、今までのトラブルともおさらばできるわけで、Windows OSをアップデートするときは新規インストールがおすすめですよ。
 で、その32ビット版と64ビット版の、どちらを選択するかという話ですが、現状のプリンタメーカー等のドライバの対応状況等を鑑みると、Windowsの世界ではまだ32ビット版を選んでおいたほうが無難なようです。

 その点、64bit版で何不自由なく暮らしているMacユーザーは、お気楽で楽ちんですね。また、Mac OSなら新規インストールしても、「移行アシスタント」を使って、ユーザー環境からアプリケーションまで、全てを簡単に元に戻せますしね。Windows 8でも、似たような機能はあるんですかね?

パスワード管理・生成アプリの決定版、1Passwordが、Mac版もiOS版も半額ですよ。持ってない人は、格安のうちにどうぞ。

 銀行もネット取引。さらには様々なSNSに登録し、amazonや楽天、そして個別の量販店等多種多様な企業のネット通販を利用するこの時代、登録先ごとに異なるパスワードにしておきたいもの。
 最近は、登録先のユーザーID=メールアドレスということも多いですから、パスワードが唯一の、そして最後の砦なわけです。あちこちに同じパスワードを登録していたら、1つが漏れちゃったら、もう全滅ですよ。
 しかし登録先ごとに複雑なパスワードを設定したら、それこそ覚えきれない。そんなあなたに必携のソフトウェアが1Passwordです。複雑なパスワードを生成し、そして管理してくれます。あなたが覚える必要はなし。Mac用の1Password - AgileBits Inc.と、iPhoneおよびiPad用の1Password iconがあります。

 MacもiPhomeも使っておられる場合、Wi-Fi経由で両者のパスワードデータを同期できます。今回、そんなiPhoneおよびiPad用の1Password iconが、通常、1,600円のところ、半額の800円で販売されています。
 もちろん、iPhoneでもiPadでも、どちらのiOSでも使えるユニバーサルAppですよ。→1Password - AgileBits Inc.

 Mac用の1Password - AgileBits Inc.も、通常価格4,300円のところ、2,200円と50%オフ。
 少々高価なユーティリティですから、ちょっと購入を迷ってた方も、2,200円なら買っておいて損はないと思いますよ。私も重宝しております。→1Password - AgileBits Inc.
 Mac App Storeで購入しておくと、自分の所有する複数のMacにインストールできるわけで、そのあたりの利便性を考えてもおすすめです。

住友電工のThunderboltケーブルが大幅値下げ。

 Apple純正のThunderboltケーブルも値下げされました。
 が、当方のお薦めは、Apple純正よりしなやかで取り回ししやすく、さらに0.3m〜3mまでの長さを選択でき、カラーもホワイト・ブラックの2色展開の住友電工製 Thunderboltケーブル

 その、住友電工製 Thunderboltケーブルが値下げされ、買いやすくなりました。

  1. 0.3m・・・2,700円
  2. 0.5m・・・2,800円
  3. 1.0m・・・3,200円
  4. 1.5m・・・3,500円
  5. 2.0m・・・3,800円
  6. 3.0m・・・4,500円

 今後販売されるThunderbolt機器は、ケーブル付属になる製品も増えてくるでしょうけど、ケーブル自体の値下げはユーザーにはありがたいです。おいらも白の1mをポチッとな。

Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、マリオブラザーズライクなゲーム Beans Questです。

 Amazon Android アプリストア、本日の無料アプリは、マリオブラザーズライクなゲーム  「Bean's Quest(通常169円)」です。モチーフはマリオだと思うんですけどね。出てくるのは、マリオではなく、メキシカンなコーヒービーンズ野郎ですけど。

 動作は、もちろんNexus 7でもOKです。無料なのは本日限り。

201302010956

 もう一つおまけにご紹介。

 ぽすッというより、バシッと障子を破る無料ゲーム 「障子ぽすぽす」。単純明快、スピード勝負。タイムアタックもできますよ。 

201302011011

上記のAmazon Android アプリストアのリンク先は、Kindle Fire HDやNexus 7などのAndroid端末でアクセスしないと購入(無料ですけど)できません。MacやPCからは閲覧はできますが、いまのところ購入はできません。

 iTunes Storeのように、MacやWindowsから購入(ダウンロード)できるようになればいいんですけどね。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ