隠れJTマーヴェラスファンページ

« 「AirMac ユーティリティ 6.2」と「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.04」 | トップページ | Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、インベーダーゲームのような 「Radiant HD」です。 »

2013年2月13日 (水)

MacBook Pro 13(MC700J/A)にスロットインタイプのブルーレイドライブ パイオニア製ブルーレイドライブ BDR-US01を内蔵してみた。

 以前にお知らせしたとおり、MacBook Pro 13(MC700J/A)に内蔵されているスーパードライブ(パナソニック製 UJ-8A8 )を、パイオニア製ブルーレイドライブ BDR-US01に換装してみました。

 というわけで、BDR-US01のレビューです

 MacBook Pro 13に内蔵されている光学ドライブは、Appleがスーパードライブと呼ぶDVDマルチドライブ。パナソニック製の UJ-8A8 というドライブが内蔵されています。

20130202_113244

 現行Macの光学ドライブは、Mac Proを除き、全てスロットローディング方式。スロットインタイプのドライブというだけであれば、いろいろな選択肢があるわけですが、MacBook Proに内蔵されているドライブは、厚さ9.5mmのウルトラスリムラインの製品なのです。

 12.7mm厚のスロットインドライブなら、いっぱいあるんですけどね〜。9.5mm厚となると、現状手に入るのは、

  1. パナソニック製のブルーレイコンボドライブ UJ-167(執筆時現在、ヤフオクで15,000円前後)
  2. パナソニック製のブルーレイドライブ UJ-267 (執筆時現在、ヤフオクで24,000円前後)
  3. パイオニア製のブルーレイドライブ BDR-US01(執筆時現在、amazon.co.jpで、14,000円前後)

の3種類しかありません。そのうち、1.はコンボドライブです。つまり、DVD-RやDVD-RWまでは、読み書きともにOKですが、BDやBD-R、BD-REは読み込みのみです。当然のことながら、これはボツ。

 残った2つの中から選ぶわけですが、Apple純正採用されているパナソニック製に行きたい所ではありましたが、財政状態を考慮し、パイオニアのBDR-US01を入手しました。今回はちょっと怪しげなところから買っちゃったので、返品もままならず。やはりamazon.co.jpで、購入すべきですね。

271

 購入したブツはこちら。なんと、製品版ではなくサンプル出荷品でした。当然、新品じゃないよね。ひっくり返すと

270

269

シールが一度剥がされたような跡があります。怪しさ満点ですね。せっかくゲットしたんだからと、さっそくMacBook Pro 13のスーパードライブと交換してみます。

Img_7821

 MacBook Pro 13の裏蓋を止めているビス10本を外します。ビスのうち3本は長さが違いますから、位置を覚えておきましょう。

 裏蓋を外すだけで、スーパードライブは見えますが、これを外すには、フィルムケーブルやらハードディスクやら、Wi-Fiアンテナ周りやら、いっぱい外す必要があります。また、非常に繊細なディスプレイ周りのシールド線などもありますので、メモリの増設やハードディスクの換装ほど簡単じゃありません。

Img_7823

Img_7825

 上の写真は、取り外したApple純正スーパードライブです。型番は先に書いたとおり、 UJ-8A8 。MacBook Pro 13のユニボディには3個のビスで固定されています。そして、固定のためにドライブのケースが通常とは異なっているんですね、これが。

 ディスク挿入口の両側に、ボディに固定するためのビス穴があります。マウンタ兼用のケースになってるわけですよ。一方、パイオニアのBDR-US01は、通常の形ですから、ケース上部を交換しないと、きちんとMacBook Pro 13のボディに取り付けることができません。

 今回は、動作確認なので、ケースには手を入れず、1箇所だけでMacに固定することにしました。

 光学ドライブを交換したら、後は逆の順で組み付け、裏蓋を元に戻します。PRAMクリアをして、ついでにSMCリセットも行なってから、再起動。もちろん、周辺機器はつながずにね。起動後、「システム情報.app」で見てみると、

20130212_220422

あらら、ドライブが認識されていない・・・ 起動時には、光学ドライブ特有のキュイーンと音がしたんだけどね。で、ドライブにディスクを挿入するも引き込んでくれない。全然ダメダメです。

 ところが、起動時にBDR-US01がキュイーンと唸るときに、ディスクを挿入するとちゃんとメディアを引きこんでローディングしてくれます。そして、

20130212_215111

上のスクリーンショットのように、きちんと認識され、もちろん普通に動作します。ディスクをイジェクトして、別のディスクと交換しても、ちゃんと認識されます。当然、Mac Blu-ray Playerで、市販のブルーレイ映画やライブを見ることもできます。

 しかし、これは困りましたね。認識されないときは、「システム情報.app」のシリアルATAにも表示されませんし、ディスクユーティリティをたちあげても、ストレージ全てが表示されなくなり、ディスクユーティリティもハングします。

 どうやら、SATAの互換性の問題のような気がします。

 というわけで、パイオニア製のブルーレイドライブ  BDR-US01。全く使えない、というわけではありませんが、一般の人が常用するには全然ダメダメです。

 今回、あえて人柱〜してみましたが、現状MacBook Proに換装するブルーレイドライブは、高価ですが、パナソニック製の UJ-267 の方が良さげです。ま、そのうち、こちらも手に入れる予定ではありますが、もう少し値段が下がってくれないとね・・・

 以上、悲しいお知らせでした。

« 「AirMac ユーティリティ 6.2」と「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.04」 | トップページ | Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、インベーダーゲームのような 「Radiant HD」です。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

これは貴重な情報をありがとうございます。こっちでも、サンプル版=ファームが古い、ということで探していたんですけど、見つけられず・・・

が、すでにBDR-US01を手放しておりまして、ファームアップ後の動作確認をすることができません。申し訳ない。どこか、他の方でBDR-US01の換装にチャレンジされた方居られないですかね・・・、と思ってぐぐってみましたが、あまり情報ないですねぇ。

SSをみるかぎりFWのバージョンが0.94のようですが、
http://www.st-trade.co.jp/support/download/index.html
にFW1.01があるようです(ただしwindowsで書き換え)。
1.01でも同じ症状でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「AirMac ユーティリティ 6.2」と「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.04」 | トップページ | Amazon Android アプリストア。本日の無料アプリは、インベーダーゲームのような 「Radiant HD」です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ