隠れJTマーヴェラスファンページ

« パーティション分割と仮想化を併用した際のWindows OSのライセンスについて | トップページ | 4つのRAIDモードを持つ3.5インチ外付けハードディスク LaCie 2big quadra LCH-2B2TQSが15,939円と格安です。 »

2013年2月 5日 (火)

VMware Fusion 5やParallels Desktop 8 for Macなど、仮想環境にインストールするWindowsは何が最適か?

 Macをお使いの方が、わざわざVMware Fusion 5Parallels Desktop 8 for Macを導入し、Windowsをインストールするのには理由があります。Windowsでしか動かないアプリケーション(や周辺機器)があるからです。

 それ以外の理由で、MacにWindowsをインストールする必要はないでしょう。Macでできることなら、Macでやっておいたほうが楽ですし。

 でも、業務アプリにWindows版しか用意されていないとか、e-TaxソフトがWindows版しか用意されていないとか、医薬品等電子申請ソフトがWindows版しかないとか、政府関連のものでさえWindowsしか考慮されていないことはよくあるわけです。Macユーザーは、それだけマイノリティなわけですよ。で、仕方なく仮想化環境にWindowsをインストールするわけですが、その場合、どのWindowsを買うべきか?

 答えは簡単です。使いたいアプリや周辺機器が推奨しているWindowsを買うしかありません。たとえば、e-TAXしたければWindows XP、Vista、7を、医薬品等電子申請ソフトを使いたければWindows 2000、XP、Vista(32bit)、7(32bit)を導入するしか選択肢はありません。

 いずれも注意すべきは、64bit版ではなく32bit版の方を選ぶべき、という点。後者は32ビット版しか動きませんし、前者はカードリーダー・ライターのドライバがあれば、64ビット版でも動きますが、IEは32ビット版じゃないとダメです。
 というわけで、Windows 8やその64ビット版が、これらのサービスで、安心して使えるようになるのは、まだまだ先のようです。

 とは言え、今後、販売されるPCにはWindows 8が、しかも、その64ビット版がプレインストールされて販売されるでしょうし、それに対応しないことには、政府はただの税金の無駄遣い機関で終わってしまうわけです。
 したがって、今すぐは少々厳しいけど、将来を見越してWindows 8を導入するのは有りでしょう。でも、できれば、32ビット版にしておいたほうがいいですよ。ドライバ等の問題もありますし、32ビット版のほうがなぜか安定していますし。

 Windoows OSのお値段を考えると、今後は、Microsoft Windows 8 (DSP版) 32bit 日本語(新規インストール用)に落ち着くでしょうね、使いたいアプリが対応し次第ですけども。もちろん、仮想環境にインストールしてもOKですよ。
 ただ、前述のとおり、現状のお薦めは、Windows 7の32ビット版ということになりそうです。でも、Windows 8のDSP版より、高いんだよね・・・

 amazonには、通常売っていないはずの「Windows7 Home Premium (32ビット版、64ビット版)再生中古PC用 正規キー付」なんて商品があったりしますが、安いからといって、これを仮想環境に使うのはライセンス違反です。しかし、どういう経路でこんな特殊な商品が出まわるんでしょうね?

« パーティション分割と仮想化を併用した際のWindows OSのライセンスについて | トップページ | 4つのRAIDモードを持つ3.5インチ外付けハードディスク LaCie 2big quadra LCH-2B2TQSが15,939円と格安です。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パーティション分割と仮想化を併用した際のWindows OSのライセンスについて | トップページ | 4つのRAIDモードを持つ3.5インチ外付けハードディスク LaCie 2big quadra LCH-2B2TQSが15,939円と格安です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ