隠れJTマーヴェラスファンページ

« Mac用アプリのWork Templates、Type2Phone、Zoneboxがいずれも170円。期間限定です。 | トップページ | SonnetのEcho 15 Thunderbolt Dock »

2013年4月 2日 (火)

500GBのSSDが27,800円。

 ここのところ値を上げているのは、メモリとSSD。ところが、1つだけ安く入手できるSSDがあります。それは、Samsung SSD840シリーズ

 容量500GBのSamsung SSD840 ベーシックキット500GB MZ-7TD500B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)で、執筆時現在27,800円です。昨日より2千円近く安くなっているのかな? 500GBの大容量SSDが、27,800円とは安くなったものです。

 で、このSamsung SSD840には、高価なProと、Proの付かない安いモデルの2種類が存在します。違いは、SSDの内部に使われているNAND型フラッシュメモリ。Proは通常のMLCタイプ。そして安い方、つまりProじゃない方はTLCタイプが使われています。

 NANDメモリは最も長寿命のものがSLC。1つのセルの書き換え回数の上限は、SLCで10万回程度、MLCでは1万回程度、TLCでは1千〜3千回程度と言われています。もちろん、MLCでも、最近のように微細であればあるほど書き換え上限回数は減少し、1万回に満たない可能性もあります。

 1つのセルにたった千回程度しか書き換えできないTLCで、SSDを作ちゃっていいのか?、って話なんですけど、普通に使う分には十分な寿命が期待できるようです。ただし、ある種のサーバーのように頻繁にデータの書き換えを行う用途には向きません。

 じゃ、TLCのSSDの実際の予想寿命は?、って話ですが、1日に25GBのデータを毎日書き込んだとして、120GBモデルで3年近く、250GBモデルなら6年近く、500GBモデルなら11年以上は持つだろうと予想されています。

 一応、ProじゃないSamsung SSD840シリーズでも、メーカー3年保証ですので、通常はあまり心配する必要もないでしょう。ただし、突然死するのがSSDですから、Time machineなどでしっかりバックアップすることは必要です。ちなみに、840 Proの方は、メーカー5年保証です。

 ま、この寿命についての記事は、こちらの記事の受け売りみたいなものですけどね。現在の価格と、そのスピードを考えれば、少々耐久性に劣るとはいえ、現実には問題が発生する可能性は低そうです。高くても耐久性重視の方は、840 Proか、インテルやCrucialなどのSSDを購入されたほうがいいかもしれません。

 おいらは、3年持てば十分(換装予定のMacBook Pro 13 MC700J/Aが、もう3年もすれば、そのスペックからメインマシンでなくなっているのは明らか)なので、試しに購入してみようかな?、とは思っています。でも、もうちょっと下がりそうな気もするのね。買った途端に、2万5千円切ってたりしたら悲しいしなぁ。

« Mac用アプリのWork Templates、Type2Phone、Zoneboxがいずれも170円。期間限定です。 | トップページ | SonnetのEcho 15 Thunderbolt Dock »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 500GBのSSDが27,800円。:

« Mac用アプリのWork Templates、Type2Phone、Zoneboxがいずれも170円。期間限定です。 | トップページ | SonnetのEcho 15 Thunderbolt Dock »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ