隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

【1週間限り】データ復元ソフトの決定版、データレスキュー3(Data Rescue 3.2.2)が$39.99と格安です。

 Mac用のデータ復旧ソフトウェアとして、もっとも信頼できるアプリケーション、データレスキュー3(Data Rescue 3.2.2)が、本日限り(延長されました!)1週間限り$39.99と格安で購入できます。ファイルの復元力は、驚異的です。

 ↓下のリンク先画像は、「本日のプロモ」で、データレスキューじゃなくなってますけど、このリンクから、$39.99のデータレスキュー3を購入できますよ。

 データレスキュー3は、定価15,750円の高額なアプリケーションです。一番安いであろうamazonでも、執筆時現在、パッケージ版の価格は11,453円です。

 アメリカではFBIやCIAが公式採用しているくらい、データ復旧能力に優れたツールです。

  • ドライブ名が見えない
  • 誤って初期化
  • うっかり削除 (ゴミ箱を空にする)
  • ソフトウエアアップデート時の不具合
  • パーティションを誤って削除
  • ウィルス被害でデータが読めない
  • データの上書き

等のトラブルに対処し、失ったファイルや文書、画像等を復元することができます。もちろん、どんな場合でも必ず復元できるというわけではありませんが、この価格なら導入して試してみても損はないのでは?

 もちろん、私も使っていますよ。かつて、データレスキュー2の時代に、2.5インチのハードディスクを飛ばしてしまい、マウントはできないわ、Apple純正のディスクユーティリティでも修復できないわで、途方に暮れていたのですが、データレスキュー2を購入し使ってみると、全ファイル復元できたのです。あの時は、ほんとうに助かりました。

 そして、現在はバージョンアップした、データレスキュー3を持っています。幸いなことに、まだ使う機会には遭遇していないのですけどね。備えあれば憂いなし。

 普通に購入するとお高いですけど、$39.99なら、まさかの時に備えとしては、けっこう手頃な価格ではないでしょうか。

2013年4月29日 (月)

AR Drone 2.0、早くも墜落。というわけで、ギヤ&シャフトの交換と折れた脚の修理。

 めちゃめちゃ面白いAR.Drone 2.0なのですが、慣れてきた所で落としてしまいました。墜落時の動画もあるんで、また、それもそのうちアップしますが・・・

 旋回中に、樹の枝をかすめてしまって、そのまま墜落。ちょっと落差があるところ(20mくらいかな?)だったのと、下がアスファルトだったのがorz。

 で、破損したのは定番のギヤとランディングギア(脚ですね)。というわけで、やはり安心して飛ばすには、予備のバッテリー(11.1V-1000mAh AR.Drone 2.0専用 PF070034)の他にも、専用のメンテナンス ツール (AR.Drone & 2.0用) PF070048(工具)と消耗部品は、予め用意しておいたほうが良さげです。

 消耗部品と書きましたが、重要度の高い順(壊れやすい順)に列挙すると、

  1. ギヤ・シャフトセット(4pcs) (AR.Drone & 2.0用) PF070047
     ギヤは騒音防止のため、ナイロンギヤになっており、コンクリートやアスファルト上に墜落すると、簡単に歯が欠けます。かけるというより、摩耗する感じですが。また、墜落時に、シャフトはかなりの確率で曲がります。
     ギヤもシャフトも4個ずつ入っていますが、2セットくらい用意しておいたほうがいいでしょう。
  2. プロペラセット(左右・各2本set) (AR.Drone & 2.0用) PF070045
     ペラは意外と丈夫です。こちらもナイロンペラなので、少々のことでは折れたり割れたりはしないようです。しかし、1本でも折れると飛行不能になりますから、パーツとして1セットは持っておくべきですね。
  3. モーターセット(1pcs)  (AR.Drone & 2.0用) PF070040
     ここからのパーツは、値が張るので、壊れた時に購入、ということで良いと思いますが。基板付きのモーターです。落ち方によっては、逝ってしまいそうです。1個予備があれば、安心できるかと。

と言った感じでしょうか。とりあえず、1.と2.は必須です。あと、メンテナンス ツール (AR.Drone & 2.0用) PF070048(工具)も必須ですね。

 ところで、メンテナンス ツール (AR.Drone & 2.0用) PF070048(工具)ですが、こんな感じです。

Img_8740

Img_8736

Img_8783

Img_8785

 ドライバーは1本ですが、中身を抜くとシャフトの片方はT6のトルクス。もう片方は#1のプラスドライバになっています。

Img_8787

 そして、このメンテナンス ツール (AR.Drone & 2.0用) PF070048(工具)を購入する一番の目的がこいつ。Eリングを脱着するための工具です。

 プロペラはEリング(E型止め輪)で固定されていますので、プロペラの交換、ギヤの交換、モーターの交換、いずれを交換するにしても、Eリングを外す必要があります。この工具がなければ、ラジオペンチ等で苦闘することになるわけですが、こいつがあれば簡単にEリングを脱着できます。

 Macユーザーの場合、T6のトルクスと#1のプラスドライバくらいは普通に持っておられるでしょうから、Eリングセッター、あるいはEリングプライヤーさえゲットすれば、この専用工具は不要、とも言えます。ま、おいらは買っちゃいましたが、専用だけあって、便利ですよ。お薦め。

Img_8747

 さて、墜落してナイロンギヤがどうなったかといいますと、上の画像のように削れまくり・・・ 本来モーター下部まで伸びているランディングギア(脚部)も折れていることがお分かりいただけますでしょうか。

 というわけで、修理開始。

Img_8789

 プロペラは写真のようにEリングで止まっているだけですから、Eリングセッターをeの開いている側から押し当てて外します。Eリングさえ外せば、

Img_8750

上の画像のようにシャフトがするっと抜けますから、ギヤもプロペラも簡単に外れます。シャフトも、よくみるとやはり歪んでますね。ピニオンギアは使えそうでしたが、ギヤ・シャフトセット(4pcs) (AR.Drone & 2.0用) PF070047には、大きいギアもピニオンギアも両方入っているので、一緒に交換します。もちろん、シャフトもね。あ、それから、Eリングも8個入ってますよ。これは、脱着時に飛ばしてなくしやすいパーツなので、余分に付いてくるのはありがたいですね。

Img_8742

 外したパーツを上の新品パーツと交換して、終了。ギヤ・シャフトセット(4pcs) (AR.Drone & 2.0用) PF070047のお値段、1,271円ですけど、4個ずつ入っているので許せる範囲かな。

Img_8791

 さて、骨折したランディングギアですが、実はセントラルクロス (AR.Drone & 2.0用) PF070036も買ってあった(上の写真)のですが、こいつは3千円を超える、おいらにとっては超高価なパーツ。簡単に使うのはもったいないので、今回は瞬間接着剤&アルミテープで補強というやり方で様子を見ることに。

Img_8767

 瞬間接着剤だけでも、しっかりくっついた感じでしたが、念には念を入れてね。ただし、アルミテープは当然のことながら導電性がありますので、モーター基盤に触れるとショートとか、思わぬ事故が起こる可能性も。アルミテープが基盤に触れないように、十分注意して巻く必要があります。

 ちなみに使ったアルミテープは、100均(ダイソー)の商品。

Img_8771

 これは、大昔、ノートPCの光学ドライブを換装した時に、マスター・スレーブの設定変更のために信号線をショートさせるときに使ったやつの余り物です。折れた部分に巻くことによって、ある程度補強できるのではないでしょうか。
 セントルラクロス本体部分が折れた場合も、瞬間接着剤&添え木(アルミ板等)で、補修はできそうですね。これは、すぐに折れそうと思って買ったセントラルクロスですが、価格のこともありますので、このパーツは、折れて修復不能になってから買っても遅くないと思います。

 以上、墜落報告でした。orz

 それにしても楽しいですよ。おっさんがこんなに楽しめるんだから、子供なんか夢中になっちゃうでしょうね。すごいわ、AR Drone 2.0。RCヘリで空撮しようと思ったら、中古車が買えるくらいのお金がかかりますが、たったの3万円でここまでできるとはね。

【関連記事】

2013年4月28日 (日)

【格安!】ROXIO Toast 11 Titaniumが、期間限定で$49.99。

 久しぶりに、ROXIO Toast 11 Titaniumのお買い得情報です。

 Macユーザー御用達のDVD/Blu-ray焼き焼きソフトといえば、ROXIO Toast 11 Titaniumですが、そのToast11が、期間限定で半額の$49.99です。円安傾向なので、かつてのように日本円でたったの4千円ということはないですが、それでも格安の5000円ですよ。普通に買えば、たとえば一番安いと思われるamazonですら、執筆時現在11,544円ですから。

Medium_roxio_toast

 今回、格安販売を実施しているのは、stacksocial。現在、このToast 11のほかにも、当ブログではお馴染みのMac Blu-ray Playerを含むMac用アプリ10個のバンドルを言い値で買える「The Name Your Own Price Mac Bundle 2.0」や「The Mac Productivity Bundle 4.0」など、積極的にMac用アプリケーションバンドルアプリを販売しています。

 なお、「The Name Your Own Price Mac Bundle 2.0」に含まれているアプリケーションソフトについてはこちらの記事で、「The Mac Productivity Bundle 4.0」に含まれているアプリケーションソフトについては、こちらの記事でご紹介しております。参考にしていただければ・・・
 とくに、「The Name Your Own Price Mac Bundle 2.0」は買っておいて、損はしないと思いますよ。まだ、$10足らずで買えるはずですし。

 話が外れましたが、Toast 11に話を戻して・・・
 ダウンロード購入ですから、購入後すぐに使うことができますよ。まだ持っていないかたは、ぜひこの機会にどうぞ。上のバナーをクリックすれば、購入できます。

  なお、Toast 11 Titaniumで、ブルーレイディスク(BD-R / BD-RE)を焼きたい場合、ブラグインの「Toast® 11 HD/BD プラグイン」が必要になります。これは、2,625円でこちらからダウンロード購入可能です。

 Macではこれが標準!、と言い切れるDVD/ブルーレイ オーサリングソフトです。必要な方は、ぜひ安いうちにどうぞ。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

iPhoneがリニアPCMレコーダーになる「TASCAM iM2 iPhone用ステレオコンデンサーマイク」が3,770円と格安です。

 TASCAM DR-07MK2 ってご存知ですか? TEACの24bit/96kHz対応リニアPCM/ICレコーダーです。

 大昔、SONYにはカセットデンスケというものがありまして、生録する人は肩から下げてたんですよね。おいらの時代はカセットデンスケだったですけど、さらに昔はオープンリール。それがカセットテープになり、その後Lカセット版も出たのかな? 当時はSLの音を録るためにてっちゃんが肩から下げてました。

 今は、ICレコーダーの時代ですが、そのICレコーダーも超高性能・超低価格化しています。冒頭のTASCAM DR-07MK2 は、その代表格。24bit/96kHzリニアPCMでの録音が可能。はっきり言って、プロの音が録れます、たったの1万円で。

 で、そのTASCAM DR-07MK2のマイク部分を、iPhone 4や4sのドックコネクタに取り付け、iPhoneをリニアPCMレコーダーに変身させてくれる魔法のおもちゃが、今回ご紹介するTEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2。もちろん、iPhone 4とiPhone 4sだけでなく、iPad 2やiPad 3、iPod touch 4thにも使えますよ。

Img_8638

 ちなみに、ドックコネクタからLightningコネクタに変わってしまった、iPhone 5ですが、Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/Aを使えば、iPhone 5でも大丈夫とか。iPhoneやiPadでUstrem配信するにも良さげですよ。

 そんな、TEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2が、amazonのタイムセール3,770円です。ブラックモデルのTEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2とホワイトモデルのTEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用ステレオコンデンサーマイク iM2Wがあり、どちらも3,770円です。

 なお、3,770円で購入するためには、タイムセールのリンクから購入しないとダメですよ。

 おいらも以前、ポチッとして、便利に使っております。iPhoneに装着した画像などは、こちらのページをご覧ください。

 本日のamazonタイムセールでは、iPhone関連だとほかにも、 L5 Remote ユニバーサル リモートコントローラ L5R-L5REMOTEが面白そうですね。iPhoneやiPod touchをユニバーサルリモコンに変えてくれるドックアダプタ。使わなくなった古いiPhoneやiPod touchがある人には、面白いデバイス。

 リビングの全てのリモコンを、これ1個にまとめてしまえば便利そうです。マクロ機能もあるので、地デジを見ているところから、ボタン1つで一気にCSの別チャンネルに飛ぶ、ということができます。というわけで、本日のamazonタイムセールも一度見てみてくださいね。

【関連記事】

サンディスクのSSDが256GBで16,800円、480GBで32,800円と格安です。

 amazonのタイムセールで、

と格安販売されています。

 CFやSDカードでは有名なサンディスクですが、SSDは本国アメリカではけっこう評価も高いようですけど、日本ではamazonくらいしか取り扱っていないので、知らない人も多いかも。USAのamazon.comでも、480GBのモデルが執筆時現在$361.01していますから、今回の32,800円はお買い得です。

 中身のフラッシュメモリの製造元が気になるところですが、サンディスク=東芝、のイメージなんですけど、SSDはどうなんでしょうね?

 また、240GBおよび256GBモデルの方も、ほぼ同性能のインテル Boxed SSD 335 Series 240GB MLC 2.5inch 9.5mm Jay Crest Reseller BOX SSDSC2CT240A4K5が、現在円安等の影響もあり2万円近くで販売されていることを考えれば、かなりお買い得といえるでしょう。ただし、タイムセールのリンクから購入しないと、上記の価格にはなりませんよ。

 日本国内では販売数の少ないモデルだけに、USAのamazon.comのユーザーレビューは、非常に参考になるかと。星の数を見れば、かなり満足度の高いSSDであることは確かなようです。

 性能の方は、エクストリームモデルは、

  • SATA 6Gb/s
  • Read 540MB/s
  • Write 460MB/s
  • 国内3年保証

 ウルトラプラスの256GBモデルの方は、

  • SATA 6Gb/s
  • Read 530MB/s
  • Write 445MB/s(128GBモデルは290MB/s)
  • ランダムリード 82K IOPS
  • ランダムライト 39K IOPS
  • MTBF 200万時間
  • 国内3年保証

です。サムスンの安いSSDのように、寿命の心配のあるTLCではありませんし、3年保証ですし、今回の価格なら良い買い物ですね。

 本日のタイムセールでは、サンディスクのSDSSDX-480G-G25以外にも、たとえばキヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 60Dが52,800円など掘出し物が多数。一度ご覧くださいね。

2013年4月27日 (土)

【残り3日】「Microsoft Office Professional 2013 発売記念優待版」が2,000円OFFになるクーポンは今月末まで。

 4月17日に、このブログでお知らせした、「Office 2013が2,000円引きになるクーポン」ですが、このクーポンが使えるのも今月末までですよ。

 というわけで、以下、再掲。


 Microsoft Office 2013の唯一のアップデートパッケージであるMicrosoft Office Professional 2013 発売記念優待版 (数量限定) [パッケージ](執筆時現在、29,633円)ですが、こちらのクーポンコードを入力することで、2千円引き(29,633円→さらに2千円引きで27,633円)になります。

 つまり、

  1. Word 2013    文書作成
  2. Excel 2013    表計算
  3. Outlook 2013    メール・スケジュール管理
  4. PowerPoint 2013    プレゼンテーション
  5. Onenote 2013    デジタルノート
  6. Access 2013    データベース
  7. Publisher 2013    カタログ/チラシ作成

といった、マイクロソフト製のオフィススイーツのフルセットが、たったの27,815円で購入できる計算。

 これは、3月末までが期限だった限定セール価格より安いです。3月末は、通常価格29,980円でクーポン割引は千円分。つまり、28,980円でしたから。

 ちなみに、通常のMicrosoft Office Professional 2013は、パッケージ版もダウンロード版も、執筆時現在49,400円(定価は62,700円)もする、非常に高価なアプリケーションですよ。

 もちろん、こいつはアップグレードパッケージですから、Officeの旧バージョンを所有している必要がありますが、旧バージョンはProである必要はありません。Office パーソナルでも大丈夫ですよ。もちろん、PCにプリインストールされていたものでもOKです。
 具体的には、

  • Office2010、Office2007、Office2003のパッケージ製品およびプレインストール製品(Excel 2003やWord 2010のような単体製品を除く)
  • エディションは問いません。(アカデミック版、プロモーション製品含む)
  • ダウンロード版も対象

 Office 2003あたりは、そろそろサポートも終了となりますし、この機会に乗り換えてしまうのもいいかもしれませんね。

【関連記事(下ほど古いです)】

  1. 「Microsoft Office Professional 2013 発売記念優待版」が2,000円OFFになるクーポン。 13/04/17
  2. 「Microsoft Office for Mac 2011」がクーポンご利用で1,000円OFFキャンペーン。もちろん、超お買い得なWedge Touch Mouse付きにも使えますよ。 13/03/20
  3. 「Microsoft Office 2013」に使える1,000円OFFクーポン。  13/03/20
  4. マイクロソフト製Bluetoothマウス Wedge Touch Mouseがおまけに付いた、格安のMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック、在庫復活。 13/03/14
  5. Microsoft Office for Mac 2011 14.3.2 更新プログラム 13/03/14
  6. 「Office for Mac 2011」が米国で17%値上げ! さらにマルチライセンスパッケージの販売を終了。  13/02/20
  7. マイクロソフト製Bluetoothマウス Wedge Touch Mouseがおまけに付いたMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパックが13,362円と格安です。 13/01/17
  8. 最新のマイクロソフト Office 2013をできるだけ安く購入するためには? 13/01/17

2013年4月26日 (金)

AR Drone 2.0、開封の儀。

 iPhoneやiPad、Nexus 7で操縦でき、しかも空撮できるAR.Drone 2.0が届きました。

 箱、でかいです。座布団くらい?

Img_8675

 とりあえず、開けてみると・・・

Img_8679

 リポバッテリーを充電するだけで、すぐに飛べる状態の本体登場。

Img_8681

 リポバッテリーと充電器です。充電器は各国対応でいろいろなプラグが入っています。

Img_8683

 しかし、充電時間90分で、遊べる時間は12分ほどというのは、電気自動車と同じで、ちょっと辛いものがありますね・・・

Img_8685_2

 もちろん、スペアのバッテリー(バッテリー 11.1V-1000mAh  (クレードル仕様) (AR.Drone 2.0専用) PF070034)はamazonさんで購入済みです。amazonが一番安くて、1個4,000円です。バッテリーは最低3個くらいないと、楽しめないかと・・・

Img_8687

 amazonで購入したバッテリーは、もちろん正規品の京商取扱品。AR.Drone 2.0は、京商が取り扱ってくれているおかげで、修理部品(パーツ)も潤沢に供給されています。飛びものは墜落→破損が前提なので、パーツの供給の心配のないAR.Drone 2.0は、大人の玩具として十分楽しめるかと。

Img_8689

 室内用のハルを装着した状態。

Img_8690

 というわけで、すでに充電済みだったスペアのバッテリーを入れて、玄関で初飛行。

 あ、すみません。動画は、飛んでいるAR.Drone 2.0の姿ではなく、飛んでいるAR.Drone 2.0が搭載カメラで撮影した画像です。しかも、夜に室内の照明だけなので、画質も良くないです。

 この撮影画像は、操縦しているiPhoneやiPadに記録されます。また、USBメモリをAR.Drone 2.0に挿して、そこに記録させることも可能です。

 狭い玄関なので、離陸(自動)→前進→後退→ちょっと左へ(ゴツン)→ちょっと右へ(再びゴツン)→着陸(自動)と、一瞬空中に浮かせただけですが。

 着陸は低空まで来ると、後はストンと落ちちゃいます。一応Linuxで動いているコンピュータ搭載なんだから、もう少し穏やかに着陸して欲しいところ。

 本体が飛行している画像は、そのうちアップします。一人で遊んでても、撮影できないんでね、誰かに撮ってもらわないと。

 というわけで、このAR.Drone 2.0、高いですけどそれだけのことはあります。ただ、値段の割にハルが発泡スチロール感満載で、すごくチープ。このあたり、もう少し高級感を出して欲しいですね。そのうち、いろいろ改造してみるかな。

 そうそう、落ちるとダメージを受けやすいのは、ギヤとシャフトとのことで、さっそくオーダーしておきました。こちらは1,271円ですから、それほどお金はかかりません。あと、外で飛ばすとプロペラもやっちゃいそうな気がしたので、こちらもポチッとな。これも4枚入って1,155円ですから安いもの。

 当面の課題は、高速充電できる充電器(iMAX B6 バランス充電器 / 放電器(専用ACアダプタ付き))と、もう少し容量の大きな互換バッテリーかな。一応、互換バッテリーもあるようなんで、入手したらレポします。

【関連記事】

iPadやiPhone用のスタイラスペン(タッチペン)として、抜群の性能&書き味を誇るSu-Penに、ペン先6.6mmの新型モデル登場です。

 iPadやiPhone用のスタイラスペン(タッチペン)として、抜群の性能&書き味を誇るSu-Penに新型登場です。

 Su-Penの現行モデルであるASモデルおよびCLモデルは、ともに特殊導電性繊維のペン先が直径8.2mmなのですが、新型のiPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P201S-ASCは、新素材を採用することにより書き味はそのままで、ペン先の直径を6.6mmに微細化することに成功。

 ま、上の動画を見ていただくのが、一番わかりやすいですね。

 従来のASモデルおよびCLモデルを愛用している方には、Su-Pen 交換用ミニペン先2個+アダプタセット R201S-2Aもありますよ。また、ASモデルユーザーには、キャップ付きのSu-Pen 交換用ミニペン先1個+アダプタ+キャップセット R201S-1ACもあります。

 iPhoneおよびiPad用と書きましたが、おいらのNexus 7でも、一番スムーズに書けるスタイラスペンです。

 こいつと、手書き漢字変換App 7notes mini (J) for iPhone - 7 Knowledge Corporation(iPhone用)および7notes for iPad - 7 Knowledge Corporation(iPad用)の組み合わせは、最強です。手帳いらずになりますよ。

2013年4月25日 (木)

キヤノン インクカートリッジ BCI-321互換製品が、エレコムで189円と格安に。

 エレコムダイレクトショップが、BCI-321互換インク189円で販売しています。2,100円以上の購入で、送料無料になります。4色パックで189円って、これは格安でしょ。まとめ買いしたほうがいいかも。

 おいらは、あいかわらず古いiP9910とiP8600を使っています。インクはBCI-7。こんなに新しいインクは、残念ながら、おいらには用なし・・・

 BCI-321互換インク以外にも、多数のアウトレット商品が掲載されています。105円均一なんていう、まるで100均のような商品群もありますから、送料無料にするために、ひと通り目を通すのもいいかも。

 また、エレコムダイレクトショップは、楽天内にもあります。楽天がいい場合は、こちら からどうぞ。同じ値段で購入できますよ。楽天の方でも、アウトレット商品 がてんこ盛り。掘り出し物があるかもです。

 そんなおいらは、空撮できるおもちゃ AR Drone 2.0が届いちゃったので、そわそわしています。遊びた〜い。でも、仕事はてんこ盛り。AR Drone、いつブログにアップできるかなぁ。

6TB容量のThunderboltハードディスク、LaCie LCH-2B6TTBが39,800円。

 6TB容量のThunderboltハードディスク Lacie 6TB 2big Thunderbolt Series RAID Hard Driveが、執筆時現在、39,800円です。

 6TBのThunderbolt接続ハードディスクですよ。6TBは3TB×2台ですから、RAID 0でリード・ライトとも280MB/s、容量6TBの大容量・高速ストレージとして使うも良し、RAID 1で冗長性を活かし、容量3TBのミラードライブとして使うも良しです。

 LaCie LCH-2B6TTBの詳細な仕様は、こちらをご覧ください。

 私は、Thunderbolt接続のストレージが販売開始された直後に、ウエスタンデジタル製のMy Book Thunderbolt Duo(6TB)を購入し、愛用していますが、大容量で高速というのはほんとうにありがたいものですよ。
 デジタル一眼のRAWデータの現像や、動画ファイルの編集時には欠かせない存在。

 1〜2ヶ月前に、LaCieの総代理店エレコムのWebショップ、エレコムダイレクトショップ39,816円で販売していましたが、旧モデルとはいえ安くなりましたね。旧製品ですが、ハードディスクとしての性能は一級品(リード・ライトともに280MB/s程度)ですから、この価格なら買っても後悔はしないかと。2台買って、RAID 0の12GBにすれば、500MB/s以上出るんじゃないのかな。

 私は、WDの6TBをこれより2万円以上高い値段で買いましたから。

 さらに、2TB×2発の4TBモデル、LaCie RAID機能搭載 Thunderbolt ハードディスク 4TB LCH-2B4TTBなら、執筆時現在、35,360円です。でも、4,440円の差で2TB増えるのであれば、6TB買っておいたほうが幸せな気がします。

 ちなみに、Thunderboltチップが新しくなったライバル製品、ウエスタンデジタル WD My Book Thunderbolt Duoシリーズだと、4.0TBのWDBUSK0040JSL-SESNで63,798円。6.0TBのWDBUSK0060JSL-SESNで72,798円。8.0TBのWDBUSK0080JSL-SESNだと85,398円もしますから、ご紹介しているLaCie製品がいかに安いかお分かりいただけるかと。
 LaCie製品も、チップが新しくなると、値上げされるでしょうし、今は円安ですし。

 WDの新製品はThunderboltケーブルが同梱されています(旧製品はWD製品も同梱されていませんでした。)が、LaCie製品には同梱されていません。ケーブルは住友電工製品が、安くて、長さも選べて、ケーブルがしなやかで取り回ししやすいので、おすすめですよ。もちろん、Appleが大好きな人はApple純正をどうぞ。

【関連記事】

2013年4月24日 (水)

Camtasia for Mac、Internet Security、Toolbox for Pagesを含む総額$699相当のMac用アプリケーションソフトが$49.99です。

 Bundle Huntが、Camtasia for Mac、Internet Security、Toolbox for Pagesを含む総額$699相当のMac用アプリケーションソフト(9個)を$49.99で販売する、「9Amazing Apps Spring Bundle」を実施しています。

 含まれているアプリケーションソフトは、Camtasia for Mac、Internet Security、Toolbox for Pages、TextSoap 7、Logo Design Studio、Concealer、DiskAid、TrainSimple Courses、Sketcherの9個。

Voila_capture44

 以下、簡単にご紹介。

  1. Camtasia for Mac
     Mac App Storeでも評価の高いスクリーンキャプチャアプリ。Camtasiaを使って画面操作を録画すれば、プロレベルの編集ができ、トレーニングビデオ、プレゼンテーションビデオ、デモビデオを簡単に作成できます。
     Mac App Storeでは、Camtasia 2 - TechSmith Corporationとして、8,500円で販売中です。→Camtasia 2 - TechSmith Corporation
  2. Internet Security
     Macユーザーならご存知、Integoのウイルス対策・セキュリティ対策ソフト。VirusBarrierとNetBarrier 2013のセット製品です。日本で販売されているパッケージで言えば、インターネットセキュリティバリア X6が該当するのかな。
  3. Toolbox for Pages
     その名の通り、Apple純正ワープロ Pages の道具箱。デザイン性に優れた多くのテンプレートを含んでいます。ちなみにMac App Storeでは、Toolbox for Pages - Jumsoftとして無料配布されていますが、こちらの製品は各テンプレートごとに購入するアプリケーション内課金で、実質6,100円します。→Toolbox for Pages - Jumsoft
  4. TextSoap 7
     テキストと一緒に仕事をしなければならない人のためのツール。例えば、メルマガを綺麗にまとめて電子ブックやPDFにしたい場合など、メールで送られてきた時の改行コードを削除したい、と思ったことはありませんか? そういう要望を叶えてくれるアプリです。
     Mac App Storeでは、TextSoap - Unmarked Software, LLCとして、3,450円で販売中。→TextSoap - Unmarked Software, LLC
  5. Logo Design Studio
     こちらもその名の通り、ロゴをデザインするためのアプリ。Mac App Storeでは、Logo Design Studio Pro - Macware, Incとして、3,450円で販売中。→Logo Design Studio Pro - Macware, Inc
  6. Concealer
     秘密のファイルやフォルダーなどをAES-256暗号化して隠してくれるツール。Mac App Storeでも、Concealer - Belight Software, ltdとして、850円で販売中。→Concealer - Belight Software, ltd
  7. DiskAid
     これは、必要と思われる方も多いかも。iPhoneやiPod touch、iPadの中の音楽ファイルやその他のファイルを、Macに転送可能にしてくれるツール。
  8. TrainSimple Courses
     Adobe公認のトレーニングコース。でも、英語。英語学習を兼ねて利用するなら、あり?
  9. Sketcher
     ドローイング&ペインティングアプリ。Mac App Storeでは、Sketcher - Helsing Global Ltd.として、1,300円で販売中。

の以上9個。

 Mac App Storeで販売されているアプリを単純に合計しても、23,650円相当。それに1万円オーバーのIntegoのウイルス対策・セキュリティ対策アプリが加わると考えると、必要な方には、かなりお得なバンドルだと思いますよ。ご購入はこちらから。お早めにどうぞ。

2013年4月23日 (火)

iPhoneがリニアPCMレコーダーになる「TASCAM iM2 iPhone用ステレオコンデンサーマイク」のレビュー、その1。

 先日ご紹介した、iPhoneをリニアPCMレコーダーに変身させてくれる魔法のおもちゃ TEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2が届きました。

 ちょっと時間がないので、録音された音質等(素晴らしいです。十分満足できます。)については後日。取り急ぎ、パッケージと全体の雰囲気などをご紹介。

 TEACの24bit/96kHz対応リニアPCM/ICレコーダー TASCAM  DR-07MK2 か、廉価版のDR-05を買おうか?、と思っていたのですけど、これで必要なくなったかな。いずれにせよ、DR-07Mk2やDR-05の1/3〜1/2の金額で済んだわけで、ありがたいことです。

Img_8622

 小さなパッケージが、amazonのでっかい段ボールで到着。これ1個しか入ってないんですが、段ボールは、これが200個くらい入る大きさでした。

Img_8624

 パッケージの裏には対応機種が書かれています。最新のiPhone 5でも、Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/Aを使えば動作します。

Img_8626

 プラ製ボディです。マイク部分はシルバーの梨地仕上げ。面取部分はピカピカ仕上げで、ボディよりは高級感があります。

Img_8630

 マイクの角度は180度回転させることができます。対面録り(ライブ用とかインタビュー用途か。)、上方録り(鳥録り用とか。)、自分録りができるわけですね。

 ちなみにこのマイクの性能は、TASCAM  DR-07MK2 と同じです。

Img_8632

 反対側にはmini USB端子がありまして、iPhoneを充電しながら使うこともできます。

 USB端子の手前にあるスイッチは、リミッターのスイッチです。音圧125db SPLの大音量を確実に捉える対高音圧設計とリミッターで、ライブハウスでの録音でも全然大丈夫そうです。

Img_8634

 裏面です。made in china。残念です。だからこそ、この価格なんでしょうけど。

Img_8638

 iPhone 4とドッキングさせるとこんな感じ。普通に、PCMレコーダーそのものです。もともとのiPhone 4が高級感ありまくりなデザインなので、全体としても悪くない感じですね。

Img_8640

 白のiPhoneの場合は、こんな感じになるのかな? 白ボディのiPhoneやiPod touchをご利用の方は、白ボディのTEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2を購入されたほうがいいでしょうね。

Img_8636

 おいらのiPhone 4には、防塵防滴性能IP68を誇る 【正規品】LIFEPROOF iPhone4/4S用防水防塵耐衝撃ケース LifeProof Gen2 ブラック LPIPH4CS02BLを着せてるんですけど、その場合は、上の写真のようにRadTech 13-860 ProCable Shortz Dock Extender for iPhone, iPod and iPad ドック延長(ブラック)を間にはさめば、ケースを装着したままiM2をドッキングさせることができます。

 もちろん、この状態で録音には一切影響はありません。

 とりあえず、外観のご紹介でした。実際の音質は、GW後にでもデータを公開しますね。

 そうそう、iPhoneやiPadをリニアPCMレコーダーにするためのiOS App、PCM Recorder MK II - TEAC CORP.は、こちらからダウンロードできます。もちろん、無料ですよ。

【関連記事】

【MacHeist nanoBundle 3】総額$260相当のMac用アプリケーションがたったの$9.99なのは、本日限り!

 MacHeistが、総額$260相当のMac用アプリケーションがたったの$9.99で販売する、MacHeist nanoBundle 3を開催中と4月18日にお伝えしましたが、本日、いよいよ最終日です!

 なお、ロックのかかっていたアプリも、全てロックが外れ、たったの$9.99で全てのアプリを購入できます。

 さらに、当初8個だったアプリが、1個追加されて、合計9個で$9.99!

Macheistnanobundle3

 売上の10%は、チャリティに寄付されるそうです。寄付先は購入者が選ぶことができますよ。
 含まれるアプリケーションは、

  1. xScope $30
  2. iStopMotion $50
  3. Totals $40
  4. Clarify $30
  5. Fantastical $20
  6. CleanMyMac 2 $40
  7. Little Inferno $10
  8. Path Finder $40
  9. AirServer $15(新たに追加されました)

の9個。

  1. xScope $30
     xScopeは、設計者や開発者のための計測ツールの実用的なセットです。彼らは、画面上のグラフィックを綺麗にレイアウトするためのツール。Mac App Storeでは、xScope - The Iconfactoryとして、2,600円で販売中。→xScope - The Iconfactory
  2. iStopMotion $50
     クレイアニメ(パラパラ漫画の要領で作成する動画。粘土で人形などを作り、それをコマ撮りしてつなげ、動画風にするのご覧になったことありますよね?)作成ツール。Mac App Storeでは、iStopMotion 3 - Boinx Softwareとして、4,300円で販売中。→iStopMotion 3 - Boinx Software
  3. Totals $40
     カスタマイズ可能な、見積書・納品書・請求書・発注書作成ツール。欧米と日本では、住所表記とかいろいろ違いがあるのですが、それもカスタマイズ可能です。Mac用の数少ない実務ソフト。Mac App Storeでは、Totals - Kedisoftとして、3,450円で販売中。→Totals - Kedisoft
  4. Clarify $30
     チュートリアルやハウツー、マニュアル作成のためのツール。スクリーンショットに矢印等を追加し、注釈の追加等が簡単にできます。Mac App Storeでは、Clarify - Blue Mango Learning Systemsとして、2,600円で販売中。→Clarify - Blue Mango Learning Systems
  5. Fantastical $20
     iCalに気に入らないことがあるなら、こちらをどうぞ。Mac App Storeでは、Fantastical - Flexibits Inc.として、1,700円で販売中のカレンダーアプリ。→Fantastical - Flexibits Inc.
  6. CleanMyMac 2 $40
     不要なファイルを削除して、Macのスピード低下を防止するツール。おいらは別のツールを使っていますが。なんかWebでよく見かけるんですけど、ちょっとそれがうざい、っていうのが使っていない理由です。あと、この手のは定番のAppがありますからね。
  7. Little Inferno $10
     ゲームアプリ。
  8. Path Finder $40
     Mac純正のFinderに変わる高機能ファインダ。機能的には素晴らしいです。ただし、コピースピードは遅め。おいらも使ってますけどね。
  9. AirServer $15
     iPhoneやiPadの中の音楽や動画をMacに飛ばすことや、複数(16台まで)のiPhoneやiPadのシングルプレーヤーゲームを、マルチプレーヤーゲームのように変換することのできるアプリ。

 以上、バンドルされているアプリを簡単に紹介してみました。Mac App Storeで販売されているAppだけを合計しても、日本円で14,650円。それが、たったの$9.99なら買いでしょう。もちろん、必要なアプリが含まれていないなら、意味ないですけれど。

 本日限りです。購入予定の方はお早めに。こちらから購入できますよ。

2013年4月22日 (月)

JTマーヴェラス、谷口雅美選手・大友愛選手・吉澤智恵選手・西山慶樹選手の退部を発表。

 掲題の通りです。大友ユウは予想外だった・・・

 4選手とも、黒鷲を最後に現役引退の予定とのこと。まだ終わったわけじゃないので、お疲れさま&今までありがとう!は、黒鷲3連覇を達成してからね。

 いつもは黒鷲が終わってから発表されるので、もやもやするわけですけど、こうやって黒鷲前に発表してもらえると、ファンとしては逆にありがたいかも。

2013年4月21日 (日)

iPhoneがリニアPCMレコーダーになる「TASCAM iM2 iPhone用ステレオコンデンサーマイク」が2,980円と格安です。

 TASCAM DR-07MK2 ってご存知ですか? TEACの24bit/96kHz対応リニアPCM/ICレコーダーです。

 大昔、SONYにはカセットデンスケというものがありまして、生録する人は肩から下げてたんですよね。おいらの時代はカセットデンスケだったですけど、さらに昔はオープンリール。それがカセットテープになり、その後Lカセット版も出たのかな? 当時はSLの音を録るためにてっちゃんが肩から下げてました。

 今は、ICレコーダーの時代ですが、そのICレコーダーも超高性能・超低価格化しています。冒頭のTASCAM DR-07MK2 は、その代表格。24bit/96kHzリニアPCMでの録音が可能。はっきり言って、プロの音が録れます、たったの1万円で。

 で、そのTASCAM DR-07MK2のマイク部分を、iPhone 4や4sのドックコネクタに取り付け、iPhoneをリニアPCMレコーダーに変身させてくれる魔法のおもちゃが、今回ご紹介するTEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2。もちろん、iPhone 4とiPhone 4sだけでなく、iPad 2やiPad 3、iPod touch 4thにも使えますよ。

 ちなみに、ドックコネクタからLightningコネクタに変わってしまった、iPhone 5ですが、Apple Lightning - 30ピンアダプタ MD823ZM/Aを使えば、iPhone 5でも大丈夫とか。iPhoneやiPadでUstrem配信するにも良さげですよ。

 そんな、TEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2が、amazonのタイムセールで3,770円。お、これは安いんじゃないの?、と思って商品ページを見に行ったら、amazonのマーケットプレイスに出店しているイケベ楽器店さんが、さらに安い2,980円で売ってました。こういうこともあるのね。

 ちなみに、イケベ楽器店には、TEAC TASCAM iPhone/iPad/iPod touch用 リニアPCMレコーダー iM2のブラックモデルもホワイトモデルも両方あるようです。

 というわけで、1個ポチッとな。今度、友人がライブ演奏するときに使ってみよう。楽しみだ。

 本日のamazonタイムセールでは、iPhone 5関連商品が多数並んでいます。ヘビーデューティー仕様のiPhone 5用ケース 【日本正規代理店品】OtterBox Defender for iPhone 5 ブラック/ブラック(Black) OTB-PH-000013が、1,280円とかね。というわけで、iPhone 5のケースをお探しの方は、本日のamazonタイムセールも一度見てみてくださいね。

【関連記事】

2013年4月20日 (土)

2TBの外付ハードディスクが6,980円。USB 3.0仕様でも7,280円と格安!

 特に、2つ目に紹介しているモデルは、USB3.0接続の外付ハードディスクとしては、現状比較的安いのではないでしょうか?

 1つ目は、フリーコム・テクノロジーズのハードディスクです。2.5インチのモデルだと、非常にスタイリッシュなFreecom Mobile Drive Mgシリーズで有名ですね。3.5インチの知名度はそれほどじゃないですけど。

  • Hard Drive Classic II RED 2TB USB2.0 NEW JP 36543
     赤いボディのUSB 2.0接続の外付ハードディスク。赤いからといって3倍速いわけじゃないですけどね。お値段は、6,980円。USB 2.0ですけど、この価格ならありですかね。
  • USB3.0接続 3.5インチ SATA対応 外付けハードディスク 2TB搭載 (REGZA/Torne対応) PL-35STU3-2RZ
     こちらは、レグザやトルネといった家電対応をうたう外付ハードディスク。しかも、インターフェースは、USB 3.0ですから、新しいMacやWindows PCにつないでも、その高速性は実感できますよ。
     お値段は、表記は8,800円ですが、購入すると自動的にクーポンが適用されて7,280円になります。上記モデルとたったの300円の違いで、USB 3.0の2TBですよ。
     おひとりさま、5台までなんですけど、5台買って10TBでたったの36,400円ってすごい安いですね。Macなら、OS Xの機能でRAID 0にもできるし、爆速環境を安く構築できそうです。

 いずれのモデルも、MacやPCだけでなく、レグザやアクオスといった家電にもつながりますから、録画機器の増設用にもいいかも。ほんと、すぐに容量なくなっちゃいますからね、地デジやBSを録画してると。

 その他にも、数量限定の格安周辺機器が多数。こちらもをご覧くださいね。

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerが、 Ver.2.8.5にアップデート。

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.8.5にアップデートしています。

20130420_124847

20130420_125226

 変更点は、

  1. スナップショットで作成する画像が読込み失敗の問題を修正しました
  2. DVD ISOファイルの再生不能を修正しました

とのことです。

 現在、開発元のMacgo社のページでは、通常5,500円(このところの円安で、再び値上げされています。)のMac Blu-ray Playerを、セール価格の3,800円で販売しています。Mac版だけでなく、Windows版も3,800円。Mac版とWindows版のセットは、6,600円です。
 なお、Mac版2本同時購入だと1本2,600円など、複数まとめて購入するとさらに安くなります…、といつもなら書いているのですが、今週は、stacksocialの「The Name Your Own Price Mac Bundle 2.0」で、格安購入できますから、こちらでの購入をおすすめしておきます。なお、「The Name Your Own Price Mac Bundle 2.0」についての日本語での説明は、こちらをご参照くださいね。

 開発元のMacgo International Limitedは、BDA(Blu-ray Disc Association)のライセンシーです。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

最大81%オフ、Kindle本セール中。「神の雫」、「生徒諸君! 教師編」などコミックもあり。

 amazonが、Kindle本を最大81%オフで販売する、「Kindle本セール」を開催中です。

 しかし、「生徒諸君! 教師編」ですか。30年以上前ですよね、最初の生徒諸君!の連載は。こっちはすっかり学生からおっさんに成り下がったたのに、ナッキーはまだ25歳。というわけで、時代性の違いもあり、かなり違和感を感じているファンも多いようで・・・ 以前の生徒諸君!を知らないほうが、すんなり読めるのかもね。

 あとは貴志祐介さんのクリムゾンの迷宮とか。

 しかし、現在のKindle本は、Google Playのアプリストア同様、玉石混交ですね。アプリと違うのは、本だから読んだ人の書評を参考にできるし、amazonの場合は、冒頭部分のサンプル無料読みで、買うかどうか判断できるところ。本屋に行かなくても立ち読みできてしまっては、街の本屋はほんとうに困っちゃいますよね。

2013年4月19日 (金)

APS-Cサイズの大型CMOSセンサーを採用した高級コンパクトデジカメ、RICOH GRが登場。

 コンパクトデジカメは、撮像センサーの大型化が流行のようで・・・

 リコーが、撮像素子にAPC-CサイズのCMOSセンサーを採用した高級コンパクトデジタルカメラ、RICOH GRの販売を開始するようです。発売予定日は、5月31日。

 執筆時現在のamazonの予約価格は89,820円。うむ、確かに高級です・・・

 1996年に販売開始され、その写りで人気を博したコンパクトフィルムカメラの名機、リコーGR1と同じボディサイズで登場するようですよ。

GRレンズ×APS-Cサイズ大型センサーによる、コンパクトの表現限界を越えたGR

世界最小ボディに、GR史上最高の写りを実現した新設計GR LENS

と、宣伝文句もかなり気合が入っています。

 一般人は、こんな高級コンデジよりも、もっと安くてレンズ交換できるミラーレス一眼に走っちゃうんでしょうけどね。OLYMPUS マイクロ一眼 PEN Lite E-PL3 レンズキット シルバー E-PL3 LKIT SLVにしろNikon 1 J2にしろ、2万円台前半〜後半で標準ズーム付きのセットが買えちゃうわけで。

 しかし、大きな撮像素子というのは、本当に魅力的です。かつてのGR1のように、プロカメラマンのサブカメラのポジションを得ることができるでしょうか。銀塩時代と違って、今は多くのメーカーが、ミラーレスを含めかなりのバリエーションのモデルを展開していますから、なかなか厳しいとは思いますけれども。

今週のAppは、ゲームAppの「Take It Easy」です。

 App Storeが、今週のAppとして、ゲームApp 「Take It Easy - Ravensburger Digital GmbH(通常170円)」を期間限定で無償配布しています。

 iPhoneでもiPadでも、どちらでも遊べるユニバーサルAppです。

201304191641

 無料の期間は1週間。必要な方は、お早めにどうぞ。→Take It Easy - Ravensburger Digital GmbH

「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.05」、「Java for OS X 2013-003」と「Safari 6.0.4」

 Appleが、「デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.05」、「Java for OS X 2013-003」と「Safari 6.0.4」を配布しています。いずれも、ソフトウェア・アップデート…経由でどうぞ。

【デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.05】

20130419_85941

デジタルカメラ RAW 互換性アップデート 4.05

このアップデートにより、Aperture 3 および iPhoto '11 に以下のカメラの RAW ファイルフォーマットとの互換性が追加されます:

サポートされている RAW フォーマットについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5371?viewlocale=ja_JP 

とのことです。富士フィルムの高級コンパクトデジタルカメラへの対応がメインですね。


【Java for OS X 2013-003】

20130419_90016

Java for OS X 2013-003 で Java SE 6 を 1.6.0_45 にアップデートすることにより、セキュリティ、信頼性、および互換性が向上します。

Java for OS X 2012-006 がインストールされていないシステムにこのアップデートを適用すると、Java SE 6 アプレットプラグインが無効になります。Web ページでアプレットを使用するには、“プラグインが見つかりません”ラベルの領域をクリックして、Oracle の提供する Java アプレットプラグインの最新バージョンをダウンロードしてください。

このアップデートをインストールする前に、Web ブラウザと Java アプリケーションを終了してください。

このアップデートについて詳しくは、http://support.apple.com/kb/HT5682?viewlocale=ja_JP をご覧ください。

このアップデートのセキュリティコンテンツについては、http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP をご覧ください。 

とのことです。Javaの脆弱性は、AdobeのFlash、Acrobatと並んで、もっともマルウェアに狙われやすいもの。早めにアップデートしてくださいね。


【Safari 6.0.4】

20130419_90047

Safari 6.0.4 では、Web サイトごとに Java プラグインを有効にするかどうかを設定できるようになります。
このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT5678?viewlocale=ja_JP
このアップデートのセキュリティコンテンツについては、次の Web サイトを参照してください: http://support.apple.com/kb/HT1222?viewlocale=ja_JP

とのことです。

2013年4月18日 (木)

CalDigit Thunderbolt™ Station (カルデジット・サンダーボルトステーション)、25,200円で今夏販売開始。

 先日のブログでご紹介した、CalDigit Thunderbolt™ Station (カルデジット・サンダーボルトステーション)ですが、この夏、25,200円で国内販売が開始されるそうです。日本での取扱販社は、synergy

20130418_114458

 $199が25,200円ですけど、このところの円安傾向を考えると、仕方ないところでしょうか。いや、$1=¥127換算は、ちょっと高いか。

 もちろん、この手のThunderbolt ドック(ドッキングステーション)の中では、最安値なのですけどね。FireWire 800が付いていなことをどう考えるかですが、Thunderboltポートは2ポートありますし、純正のApple Thunderbolt - FireWireアダプタ(2,800円)を購入して、これで凌ぐのも手かな。

 おいらは、amazonで販売開始されたら購入しようかな。お金貯めておかないと。

【stacksocial】Mac Blu-ray Player、CrossOver 12、Snapz Pro X等を含むMacアプリバンドルを言い値で買えるThe Name Your Own Price Mac Bundle 2.0を開催中。

 先ほどのブログに引き続き、お買い得なMacアプリケーションバンドルのご紹介です。

 stacksocialが、Mac Blu-ray Player、CrossOver 12、Snapz Pro X等を含むMacアプリバンドルを言い値で買える「The Name Your Own Price Mac Bundle 2.0」を開催中です。

 好きな値段で買えますよ。ただし、購入者の平均額以上の価格で購入しないと、CrossOver 12, Mac Blu-ray Player, DiskTools Pro, Snapz Pro X, Gemini, Paperless, Musictubeの7個のアプリは付いてきません。stacksocialの推奨価格は、$49。これでも十分安いですよ。

 執筆時現在の平均購入金額は、$8.24だそうです。

 さらに、$103で購入すると、もしかするとMacBook Air 13が当たるかも。こちらのバンドルも、売上金額の10%はチャリティーに寄付されます。寄付先は3つの中から選べますよ。

Voila_capture43a

 このバンドルに含まれるアプリケーションは、

  1. HoudahSpot
  2. Elmedia Player Pro
  3. PhotoBulk
  4. CrossOver 12
  5. Mac Blu-ray Player
  6. DiskTools Pro
  7. Snapz Pro X
  8. Gemini
  9. Paperless
  10. Musictube

の10個のMac用アプリケーション。ただし、1. 2. 3.は、言い値で買えますが、7.〜10.は、平均以上の金額で購入(つまり、上のスクリーンショットの3つめ、「Beat the average to get all 10 apps including CrossOver 12, Mac Blu-ray Player, DiskTools Pro, Snapz Pro X, Gemini, Paperless, and Musictube.」にチェックを入れて購入。)しないと手に入りません。

  1. HoudahSpot
     必要なファイルに素早くアクセスするためのツール。
  2. Elmedia Player Pro
     MacのためのFlash動画再生ツール。
  3. PhotoBulk
     写真に透かし(ウォーターマーク)を入れたり、リサイズしたりするためのツール。Mac App Storeでは、PhotoBulk: Watermark, Resize and Optimize - Eltimaとして、700円で販売中。→PhotoBulk: Watermark, Resize and Optimize - Eltima
  4. CrossOver 12
     Macで、Windowsアプリを動作させるための、Windowsレイヤー。Windows 7やWindows 8といった、OSは必要ありません。もちろん、動かないソフトもありますけどね。
  5. Mac Blu-ray Player
     このブログをご覧の方なら、ご存知ですよね。Macで市販されているブルーレイの映画やライブを再生するためのアプリケーション。こいつは、おすすめです。
  6. DiskTools Pro
     ハードディスクリペアツール。私は使ったことないですけどね。この手のやつは、一番信頼できるものを使うことにしています。
  7. Snapz Pro X
     古くからあるMac用画面キャプチャツール。
  8. Gemini
     Macの中にある重複ファイルを見つけ出して、削除するためのツール。Mac App Storeでは、Gemini:重複ファイル検索ソフト - MacPaw Inc.として、850円で販売中。→Gemini:重複ファイル検索ソフト - MacPaw Inc.
  9. Paperless
     その名の通り、ペーパーレス化推進ツールです。Mac App Storeでは、Paperless - Mariner Softwareとして、4,300円で販売中。→Paperless - Mariner Software
  10. Musictube
     YouTubeのミュージックビデオ再生ツール。Mac App Storeでは、Musictube - Flavio Tordiniとして、900円で販売中。→Musictube - Flavio Tordini

 以上、簡単に紹介してみました。

 現在、Mac Blu-ray Player開発元 Macgo社から、直接Mac Blu-ray Playerを購入しても3,800円します。Mac Blu-ray Playerを購入予定だった方は、こちらのバンドルを購入されてもいいかもですね。

 さて、みなさんはおいくらで購入されますか? 基本的に平均額は、どんどん上がっていきます。安く購入したいなら、ご購入は、お早めに。こちらのリンクから購入できますよ。もちろん、寄付のこともありますから、ぽぽ〜んと大盤振る舞いされる方もおられるでしょう。そういう大人になりたいものです。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもので、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

【MacHeist nanoBundle 3】総額$260相当のMac用アプリケーションがたったの$9.99ですよ。

 MacHeistが、総額$260相当のMac用アプリケーションがたったの$9.99で販売する、MacHeist nanoBundle 3を開催中です。

Macheistnanobundle3

 売上の10%は、チャリティに寄付されるそうです。寄付先は購入者が選ぶことができますよ。
 含まれるアプリケーションは、

  1. xScope $30
  2. iStopMotion $50
  3. Totals $40
  4. Clarify $30
  5. Fantastical $20
  6. CleanMyMac 2 $40
  7. Little Inferno $10
  8. Path Finder $40

の8個。ただし、7.と8.は、ある程度の個数が売れることによって、ロックが解除されます。今まで、外れなかったロックはないので、今回も大丈夫でしょう。

  1. xScope $30
     xScopeは、設計者や開発者のための計測ツールの実用的なセットです。彼らは、画面上のグラフィックを綺麗にレイアウトするためのツール。Mac App Storeでは、xScope - The Iconfactoryとして、2,600円で販売中。→xScope - The Iconfactory
  2. iStopMotion $50
     クレイアニメ(パラパラ漫画の要領で作成する動画。粘土で人形などを作り、それをコマ撮りしてつなげ、動画風にするのご覧になったことありますよね?)作成ツール。Mac App Storeでは、iStopMotion 3 - Boinx Softwareとして、4,300円で販売中。→iStopMotion 3 - Boinx Software
  3. Totals $40
     カスタマイズ可能な、請求書作成ツール。ただ、日本では住所表記とかいろいろ違いがあるのよね。Mac App Storeでは、Totals - Kedisoftとして、3,450円で販売中。→Totals - Kedisoft
  4. Clarify $30
     チュートリアルやハウツー、マニュアル作成のためのツール。スクリーンショットに矢印等を追加し、注釈の追加等が簡単にできます。Mac App Storeでは、Clarify - Blue Mango Learning Systemsとして、2,600円で販売中。→Clarify - Blue Mango Learning Systems
  5. Fantastical $20
     iCalに気に入らないことがあるなら、こちらをどうぞ。Mac App Storeでは、Fantastical - Flexibits Inc.として、1,700円で販売中のカレンダーアプリ。→Fantastical - Flexibits Inc.
  6. CleanMyMac 2 $40
     不要なファイルを削除して、Macのスピード低下を防止するツール。おいらは別のツールを使っていますが。なんかWebでよく見かけるんですけど、ちょっとそれがうざい、っていうのが使っていない理由です。あと、この手のは定番のAppがありますからね。
  7. Little Inferno $10
     こちらはある程度の数が売れないことには付いてきません。
  8. Path Finder $40
     こちらもある程度の数が売れないことには付いてきません。Mac純正のFinderに変わる高機能ファインダ。機能的には素晴らしいです。ただし、コピースピードは遅め。おいらも使ってますけどね。

 以上、バンドルされているアプリを簡単に紹介してみました。Mac App Storeで販売されているAppだけを合計しても、日本円で14,650円。それが、たったの$9.99なら買いでしょう。もちろん、必要なアプリが含まれていないなら、意味ないですけれど。

 期間限定です。購入予定の方はお早めに。こちらから購入できますよ。

2013年4月17日 (水)

「Microsoft Office Professional 2013 発売記念優待版」が2,000円OFFになるクーポン。

 Microsoft Office 2013の唯一のアップデートパッケージであるMicrosoft Office Professional 2013 発売記念優待版 (数量限定) [パッケージ](執筆時現在、29,815円)ですが、こちらのクーポンコードを入力することで、2千円引き(29,815円→さらに2千円引きで27,815円)になります。

 つまり、

  1. Word 2013    文書作成
  2. Excel 2013    表計算
  3. Outlook 2013    メール・スケジュール管理
  4. PowerPoint 2013    プレゼンテーション
  5. Onenote 2013    デジタルノート
  6. Access 2013    データベース
  7. Publisher 2013    カタログ/チラシ作成

といった、マイクロソフト製のオフィススイーツのフルセットが、たったの27,815円で購入できる計算。

 これは、3月末までが期限だった限定セール価格より安いです。3月末は、通常価格29,980円でクーポン割引は千円分。つまり、28,980円でしたから。

 ちなみに、通常のMicrosoft Office Professional 2013は、パッケージ版もダウンロード版も、執筆時現在49,400円(定価は62,700円)もする、非常に高価なアプリケーションですよ。

 もちろん、こいつはアップグレードパッケージですから、Officeの旧バージョンを所有している必要がありますが、旧バージョンはProである必要はありません。Office パーソナルでも大丈夫ですよ。もちろん、PCにプリインストールされていたものでもOKです。
 具体的には、

  • Office2010、Office2007、Office2003のパッケージ製品およびプレインストール製品(Excel 2003やWord 2010のような単体製品を除く)
  • エディションは問いません。(アカデミック版、プロモーション製品含む)
  • ダウンロード版も対象

 Office 2003あたりは、そろそろサポートも終了となりますし、この機会に乗り換えてしまうのもいいかもしれませんね。

【関連記事(下ほど古いです)】

  1. 「Microsoft Office Professional 2013 発売記念優待版」が2,000円OFFになるクーポン。 13/04/17
  2. 「Microsoft Office for Mac 2011」がクーポンご利用で1,000円OFFキャンペーン。もちろん、超お買い得なWedge Touch Mouse付きにも使えますよ。 13/03/20
  3. 「Microsoft Office 2013」に使える1,000円OFFクーポン。  13/03/20
  4. マイクロソフト製Bluetoothマウス Wedge Touch Mouseがおまけに付いた、格安のMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパック、在庫復活。 13/03/14
  5. Microsoft Office for Mac 2011 14.3.2 更新プログラム 13/03/14
  6. 「Office for Mac 2011」が米国で17%値上げ! さらにマルチライセンスパッケージの販売を終了。  13/02/20
  7. マイクロソフト製Bluetoothマウス Wedge Touch Mouseがおまけに付いたMicrosoft Office for Mac Home and Student 2011 ファミリーパックが13,362円と格安です。 13/01/17
  8. 最新のマイクロソフト Office 2013をできるだけ安く購入するためには? 13/01/17

iPhoneやiPadで操縦でき、空撮できるラジコンヘリ Parrot AR Drone 2.0を買ってしまった。

 忙しい時に限って、気を紛らすものを買ってしまったりしますね。おいらだけ?

 以前にもこのブログでご紹介した、iPhoneやiPad、iPod touchそしてNexus 7などのアンドロイド端末のWi-Fiで操縦できるラジコンヘリコプター Parrot AR.Drone 2.0を買ってしまいました・・・

 Parrot AR.Drone 2.0がどういうものかといいますと、下記の動画を見ていただくのが手っ取り早いかと。あ、音が出ますから、音を出しちゃまずい方は、再生開始前にミュートしてくださいね。

 時代は進んでますね。基本的に自律してホバリングできる無人ヘリコプターです。運動性能も抜群で、宙返り(ループというよりロールかな)もできます。

 それだけでも画期的なんですけど、搭載されている720pカメラで空撮ができます。空撮した画像は、操縦しているiPhoneやiPadにリアルタイムに送ることができるだけでなく、USBメモリに録画することも可能。

 おもちゃとしては完璧でしょ。

 実は、iPhoneで操縦できるラジコンヘリはこれで2機目。1機目はこれも以前にご紹介した、Silverlit Interactive Bluetooth Remote Control Heli SIL-HELICOPTER-OR

 これも非常に良くできているんだけど、無線がWi-FiじゃなくBluetoothなのね。同じようなレベルの赤外線RCヘリに比べると、かなり強力なモーターでぐんぐん上昇してよく飛ぶんだけど、飛びすぎてBluetoothの到達距離(10m足らず)をすぐ越えてしまうのね。当然操縦不能になって、あえなく墜落。

 ま、値段を考えれば、Silverlitのヘリも良くできてるんですが、やはりWi-Fiの到達距離(Bluetoothとは異なり数十mは届く。)と、空撮可能という点に惹かれてご購入。高いんですけど、今はamazonでAR.Drone 2.0 【数量限定キャンペーン:オフィシャルキャリーバッグ付】が、海外での価格を考えてもかなりお値打ちな29,588円で予約できますよ。

 飛びものですから、墜落や固いものにぶつかって壊れることもあるわけですが、そんな時も補修用のパーツは潤沢に供給されています。日本のインポーターは京商ですから、補修パーツの心配もありません。もっとも、軽い&手を離せばホバリング、ということもあって、そうそう壊れないようですが。

 でも、バッテリーは複数個用意しておかないとね。満充電でおおむね12分飛行できるそうですが、充電には90分ほどかかりますから。

 商品が届いても、今月は超多忙。ゴールデンウィークは黒鷲旗。というわけで、当分レビューできそうもないのが残念。

 CPUは、ARM926 core 32bits 468MHz。OSはLinux。三軸加速度センサー、ジャイロセンサー、超音波高度計、気圧計、磁気センサーも搭載してますから、これはもう一種の飛行ロボットですね。

 そうそう、iPhoneおよびiPad用のコントロールApp AR.Race 2 - Parrot SAは、App Storeから無料でダウンロードできます。→AR.Race 2 - Parrot SA

 また、Parrot SAでは、AR DroneをテーマにしたiOS用ゲームAppも無料で公開しています。さらに、AR Drone用のサードパーティ製コントローラーAppやファームウェア管理Appも、iPhone用およびiPad用の多数のAppが、有料版、無料版を含めApp Storeで販売されています。

 Parrot AR Drone 2.0、早く届かないかな。

【関連記事】

アドビがPhotoshop Lightroom 5 パブリックベータ版を公開。これを記念し、製品版が抽選で5名に当たるそうですよ。

 アドビがPhotoshop Lightroom 5 パブリックベータ版を公開しています。

 Photoshop Lightroom 5は、

  • 高度な修正ブラシ
     Photoshop Lightroom 5 パブリックベータ版のスポット修正ブラシを使えば、除去したいオブジェクトをクリックするだけで、自動的に適切な背景で塗りつぶし、周囲の背景と違和感なく馴染ませることができます。
     複雑な背景の写真の修正も、たったワンクリックで修正できてしまうのですから驚きです。
  • 円形フィルター
     Photoshop Lightroom 5 パブリックベータ版の「円形フィルター」を使用すると、露光量などの階調調整を写真の特定領域に対して、放射状に適用できます。SNSなどで流行りのビネット効果も、柔軟にコントロールできます。
     もちろん、1枚の写真に複数のフィルターを適用することも可能です。
  • Upright™テクノロジー
     Uprightは、傾いた画像をワンクリックで修正する簡単かつ強力な歪み補正機能です。写真の水平または垂直線の歪みをUprightが分析し、自動でまっすぐに修正します。例え、水平線が表示されていない写真であっても修正することが可能です。
     撮影したカメラのレンズプロファイルがないときや、プロファイルによるレンズ補正に納得いかないときに活躍する機能です。

と言った新機能を有する、Adobe Photoshop Lightroom 4の後継バージョン。RAW画像の現像に、画像データの管理・整理に、便利に使えるアプリケーションです。

 せっかくの機会ですから、Photoshop Lightroom 5 パブリックベータ版をダウンロード。そして試用後、「Lightroomイチ推しつぶやきキャンペーン」に応募されてみてはいかがでしょうか?

2013年4月16日 (火)

Mail Stationery、MicroWave Editor、CocoaBoxが期間限定で、いずれも170円。Mac App Storeの値下げ情報。

 Mac App Storeの値下げ情報です。
 期間限定で、Mail Stationery、MicroWave Editor、CocoaBoxが、いずれも170円に値下げ販売されています。

  1. Mail Stationery - JumsoftMail Stationery - Jumsoft
     通常1,700円で販売されているMail.app用のテンプレート集。Money by Jumsoft - Jumsoftという家計簿ソフトを作っているJumsoft作のテンプレート集です。デザイン的には、好みが分かれるかも。
  2. MicroWave Editor - Minyx GamesMicroWave Editor - Minyx Games
     通常1,300円で販売されているオーディオ編集アプリ。エフェクトとしては、フェードイン・フェードアウト・ディレイ・ディストーション・ピッチの変更等が用意されています。170円ならお買い得かも。
  3. CocoaBox - Michael GöbelCocoaBox - Michael Göbel
     通常450円で販売されている、開発者向けツール。iCloudを利用することで、ほとんど制限なくCocoa/Objective-Cのスニペットを保存、最利用できます。スニペットは直接Xcodeに挿入可能。プログラマにしか用のないアプリではありますけれども。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

PowerMac G4 PCI(M7826)の電源が入らなくなった・・・

 物持ちが良いもんで、古いMacがバリバリの現役だったりするわけですが・・・

Img_8576

 今まで24時間休みなく働き続けてくれた、1999年生まれのPowerMac G4 (PCI Graphics) M7826の電源が入らなくなりました。こいつは、Page Sender for Mac OS Xという、Mac用のアプリケーションソフトを使って、FAXサーバーとして使っていました。

 FAXって、最近DMみたいなFAXもよく届くし、わざわざ全部印刷するまでもなく、画面の確認だけで済ませられるものも多いし、そうすれば紙のムダもインクのムダも抑えられるし、ってことで、MacをFAX受信に使っていたんですよね。もちろん、送信もできるんですけど。

 Page Sender for Mac OS Xは優れもので、受信したFAXをメールで送ってくれるんですよ。添付PDFとしてね。だから、いつ、どこにいてもFAXを受け取れます。もちろん、iPhoneでも受け取れます。SOHOみたいなことされている方には、本当におすすめのアプリケーションです。

 で、壊れたPowerMac G4 PCIですが、昨日から予兆みたいなのはあったのね。液晶ディスプレイがスリープに入ると、キーボードを叩こうが、マウスを動かそうが復帰しないという。USBを挿し直せば、復帰する。で、今朝、FAXを受信しないので確認してみると、電源が落ちてる・・・

 電源が悪い可能性がかなり高い。だけど、LC475で経験があるんだけど、内部バッテリーの劣化で電源が入らなくなることもあるのね。もちろん、昨日の状況を考えれば、マザーがいかれている可能性も捨てきれないけど。

Img_8580

 バッテリー、外してみたら、上の画像の通り、1999年7月製だった。型番はER3S。1/2AAの表記。しかし、さすが日本製マクセル。13年以上、液漏れも起こさず、ふつうに使えていたとは恐るべし! このバッテリーの互換品は、比較的安く(執筆時現在で500円ほど)入手できます。もっとも、マクセル製品のように、13年以上使えるかどうかは?ですが。

 バッテリーを交換しても起動不可であれば、これはいよいよ電源か、マザーボードかってことになりますね。そうなると、諦めたほうが安上がり。ただ、弟に貸してあるポリタンクと呼ばれていたPowerMac G3があるので、電源ユニットのスワップは試してみるかな、時間ができたら。

 しかし、早急に代替機を用意しないことには、FAXが受信できない。というわけで、PowerMac G4 PCIの内蔵ハードディスクを取り出して、外付けケースに入れ、iBook G4 (M9164J/A)につないで、その外付けハードディスクから起動。無事、30分ほどでFAXは復旧しました。

Img_8582

 壊れたMacから内蔵HDDを取り出し、外付けケースに入れてそこから他のMacで起動。それだけで以前通りの作業が行える、というのはWindows PCにはないMacならではの利点ですね。そもそも、Windowsは外部ディスクからの起動自体がアレですから。

 しかし、このiBook G4。メモリは640MBしか積んでなかった。Appleの保証外だけど、一応1.12GBまでは認識するそうなので、SanMax ノートPC用増設メモリ DDR266(PC2100) 1GB (1GB×1枚) SO-DIMM 200pin SMD-N1G-Hか、シリコンパワー メモリモジュール 200Pin SO-DIMM DDR333(PC2700) 1GB ブリスターパッケージ SP001GBSDU333O01を購入して、メモリだけは増やしておきますかね。元のPowerMac G4は、一応256MB×4の1GBメモリで使っていたので、それよりメモリが少ないのはちょっとね。

 そうそう、PowerMac G4は、FAXサーバーの他にDDNSクライアントとしても使っていました。だから、24時間稼働させていたわけ。うちは超古いFirstClass Serverという、かつての草の根BBSサーバーがまだ動いてますからね。

 電源スワップでPowerMac G4 PCIが生き返ったかどうかは、後日報告します。とりあえず、今月はめっちゃ多忙なので、FAXサーバーとDDNSクライアントが無事復旧しただけで、とりあえずは良しとせねば。

2013年4月15日 (月)

サムスンの500GB SSD、MZ-7TD500B/ITが再び3万円を切る格安価格に。

 ここのところ値を上げているのは、サムスンの500GB容量のSSD、MZ-7TD500B/ITですが、本日29,815円と久しぶりに3万円を切るお買得価格になっています。Samsung SSD840シリーズの中でも、この500GBモデルは特にお買い得ですね。

 ここのところの円安傾向で、Samsung SSD840 ベーシックキット500GB MZ-7TD500B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)も、32,000円オーバー(32,790円)だったのですが、執筆時現在29,815円。さらに安くなるのか、再び3万円オーバーになるのかは不明ですが、先週買った方より、3千円近く安く買えますよ。

 で、このSamsung SSD840には、高価なProと、Proの付かない安いモデルの2種類が存在します。違いは、SSDの内部に使われているNAND型フラッシュメモリ。Proは通常のMLCタイプ。そして安い方、つまりProじゃない方はTLCタイプが使われています。

 NANDメモリは最も長寿命のものがSLC。1つのセルの書き換え回数の上限は、SLCで10万回程度、MLCでは1万回程度、TLCでは1千〜3千回程度と言われています。もちろん、MLCでも、最近のように微細であればあるほど書き換え上限回数は減少し、1万回に満たず数千回という報告もあります。

 1つのセルにたった千回程度しか書き換えできないTLCで、SSDを作ちゃっていいのか?、って話なんですけど、普通に使う分には十分な寿命が期待できるようです。ただし、ある種のサーバーのように頻繁にデータの書き換えを行う用途には向きません。

 じゃ、TLCのSSDの実際の予想寿命は?、って話ですが、1日に25GBのデータを毎日書き込んだとして、120GBモデルで3年近く、250GBモデルなら6年近く、500GBモデルなら11年以上は持つだろうと予想されています。

 一応、ProじゃないSamsung SSD840シリーズでも、メーカー3年保証ですので、通常はあまり心配する必要もないでしょう。ただし、突然死するのがSSDですから、Time machineなどでしっかりバックアップすることは必要です。ちなみに、840 Proの方は、メーカー5年保証です。

 ま、この寿命についての記事は、こちらの記事の受け売りみたいなものですけどね。現在の価格と、そのスピードを考えれば、少々耐久性に劣るとはいえ、現実には問題が発生する可能性は低そうです。高くても耐久性重視の方は、840 Proか、インテルやCrucialなどのSSDを購入されたほうがいいかもしれません。

 おいらは、3年持てば十分(換装予定のMacBook Pro 13 MC700J/Aが、もう3年もすれば、そのスペックからメインマシンでなくなっているのは明らか)なので、試しに購入してみようかな?、とは思っています。でも、iPad miniとか、ほかにも欲しいものがいっぱいで、なかなかこっちにお金を回せないのね・・・

2013年4月14日 (日)

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerが、 Ver.2.8.4にアップデート。

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.8.4にアップデートしています。

20130414_132618

20130414_132937

 変更点は、

  1. Mac OSX でのソフトウェアを起動時のクラッシュの問題を修正しました
  2. 日本語の言語表記を更新しました

とのことです。

 現在、開発元のMacgo社のページでは、通常5,500円(このところの円安で、再び値上げされています。)のMac Blu-ray Playerを、セール価格の3,800円で販売しています。Mac版だけでなく、Windows版も3,800円。Mac版とWindows版のセットは、6,600円です。
 なお、Mac版2本同時購入だと1本2,600円など、複数まとめて購入するとさらに安くなります。

 なお、円安になる前は3,200円だったのですが、最近の円安で3,200円→3,500円→3,800円と徐々に値上がりしています。
 今後、さらに円安がすすむ可能性も高いですので、試用して気に入られたのなら、今のうちに購入してしまうのもひとつの手かな?、と個人的には思います。市販ブルーレイ作品をMacで観たいという人にとって、3,800円は十分リーズナブルな価格と思います。

 Mac Blu-ray Playerは、現状Macで市販のブルーレイディスクを再生可能な唯一のアプリケーション。必要な方は、せっかくですから安いうちにどうぞ。もちろん、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 開発元のMacgo International Limitedは、BDA(Blu-ray Disc Association)のライセンシーです。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

サンディスクのSSDが240GBで15,980円、480GBで32,800円と格安です。

 amazonのタイムセールで、

と格安販売されています。

 CFやSDカードでは有名なサンディスクですが、SSDは本国アメリカではけっこう評価も高いようですけど、日本ではamazonくらいしか取り扱っていないので、知らない人も多いかも。USAのamazon.comでも、480GBのモデルが執筆時現在$361.01していますから、今回の32,800円はお買い得です。

 また、240GBの方も、ほぼ同性能のインテル Boxed SSD 335 Series 240GB MLC 2.5inch 9.5mm Jay Crest Reseller BOX SSDSC2CT240A4K5が、現在円安等の影響もあり2万円近くで販売されていることを考えれば、かなりお買い得といえるでしょう。

 日本国内では販売数の少ないモデルだけに、USAのamazon.comのユーザーレビューは、非常に参考になるかと。星の数を見れば、かなり満足度の高いSSDであることは確かなようです。

 性能の方は、

  • SATA 6Gb/s
  • Read 540MB/S
  • Write 460MB/s
  • 国内3年保証

です。どこかの安いSSDのように、寿命の心配のあるTLCではありませんし、3年保証ですし、今回の価格なら良い買い物ですね。

 本日のタイムセールでは、サンディスクのSDSSDX-480G-G25以外にも、たとえばキヤノンのデジタル一眼レフカメラ EOS 60Dが52,800円など掘出し物が多数。一度ご覧くださいね。

2013年4月13日 (土)

Tag、Baboom Beats、PushUps Trainer Proが無料。Mac App Storeの値下げ情報。

 Mac App Storeの値下げ情報です。
 期間限定で、Tag、Baboom Beats、PushUps Trainer Proが無償配布されています。

 以上、必要なMac Appがありましたら、無料のうちにどうぞ。

2013年4月11日 (木)

iPhone 5用の企業コラボハードケース。おっさんには懐かしいものからゴーゴーカレーまで、新歓コンパとかのつかみにいいかもね。

 企業とコラボした、iPhone 5用のハードケース(一部、iPhone 4用もあり)が各種販売されているんですね。

 昔のホーロー看板を見るような懐かしさを感じる、金鳥とかケロリン、渋い所ではホッピーマジックインキ、若者向けにはゴーゴーカレー赤いきつね緑のたぬきと各種揃っています。

 サクラクレパスサクラクレヨンもあったりします。おいらは幼稚園の時、クレパス派でした。何が違うのか、よくわかってませんでしたけどね。つーか、金鳥とくればボンカレーも欲しいし、キリンビールも欲しいぞ。

 ネタとして、仕込んでおくのは楽しそう。沖縄の泡盛 「瑞泉酒造」のケースに入ったiPhone見たら喜びそうな人、おいらの周りに多いし。さて、わりといいお値段なんですけど、いくつか仕入れておくことにしますかね。意外と高い(1,480円です)から、自分で買うのはアレだけど、もらったら嬉しいかもだし。

デザイン性に優れたキヤノン IXY3が11,430円とお買い得に。

 IXYといえば、古くはフィルムカメラの時代から、その秀逸なデザインで親しまれてきたカメラです。
 カメラといえば横長というイメージを、縦にして首からストラップでぶら下げるスタイルにしたのが、IXY。もちろん、初代IXYはボディの素材も特殊ステンレス合金を使用し、高級感を追求していました。カメラ=金属ボディ、でしたからね、当時は。

 そんな初代IXYのテイストを汲む、現在のIXYデジタルですが、そんな中でもデザイン重視のCanon IXY 3がなんと11,430円とお買得価格になってるんですね。もちろん、今のデジカメですから、この値段でも写りは十分ですよ。体育館の中で、スパイクを打つバレーボールの選手を撮ろうと思ったり、フライングレシーブしているリベロを撮ったりしようと思わなければ、ですけど。

 IXY 3のボディカラーは、アルマイト処理されたシルバー、ブルー、レッドの3色。おいらなら、無難なシルバーじゃなく赤かな。

 スクエアなデザインが好みの人には、グッと来るでしょうね。若者より、年寄りが好みそうなデザインではありますが。あ、だから安くなってんの?、もしかして。

2013年4月10日 (水)

CalDigit Thunderbolt™ Station。お値段は$199とリーズナブル。

 日本では音沙汰なしの Belkin Express Dock for Thunderbolt Devices (F4U055WW)ですが、CalDigitから、ベルキンより安いThunderboltドックが出るようですよ。ベルキンのは、本家amazon.comからようやく出荷開始されたようですが、CalDigit Thunderbolt™ Stationの出荷はいつになるんでしょうね?

 CalDigit Thunderbolt™ Stationの一番の売りは、その価格。ベルキンのが$299ですがそれより$100安い$199です。この価格なら、買えるかも!

Dc

【ポート一覧】

  • USB3.0ポートが3個(表に1,裏に2)
  • HDMIポートが1個(ベルキンにはなし)
  • FireWire800ポートなし(ベルキンはあり)
  • Gigabit Ethernet ポートが1個
  • 3.5mm ステレオ音声出力ポートが1個
  • 3.5mm 音声入力ポートが1個
  • Thunderboltポートが2個

 Thunderboltポートは搭載しているけど、USB3.0は未搭載の2011年モデルをお持ちの方には、これ以上ない周辺機器です。このお値段なら、現状、一番おすすめかも。

 USB3.0ポートについては、ベルキンのように最大2.5Gbpsの転送速度なのかどうか、詳細は不明です。このあたりは、詳細な続報が待たれるところ。同じThunderboltコントローラーを積んでいるでしょうから、同じような帯域の制限はありそうに思いますが。

 ベルキンがグズグズしている間に、Sonnetも光学ドライブを搭載し、さらにHDDあるいはSDD内蔵可能なThunderbolt ドッキングステーションのEcho 15 Thunderbolt Dockを発表 & 予約開始(これも今のところ、米国限定ですが。)しました。

 Belkin、Sonnet、CalDigit、そしてその他のメーカー間でちょっとした競争状態になりそうですね。しかし、出てくる製品がいずれもすこしずつ個性を出しているところが、消費者にはありがたいです。

【関連記事(下ほど古いです)】

2013年4月 9日 (火)

Macで市販ブルーレイソフトを再生できる、Mac Blu-ray Playerが、 Ver.2.8.3にアップデート。

 Macで市販ブルーレイソフトを再生できる唯一のアプリケーション、Mac Blu-ray Playerが、Ver.2.8.3にアップデートしています。

20130409_173227

20130409_173536

 変更点は、

  1. 安定性を強化しました
  2. Mac OS X 10.8.xでクラッシュの問題を修正しました
  3. Macでの字幕の文字化けの問題を修正しました

とのことです。

 現在、開発元のMacgo社のページでは、通常5,500円(このところの円安で、再び値上げされています。)のMac Blu-ray Playerを、セール価格の3,800円で販売しています。Mac版だけでなく、Windows版も3,800円。Mac版とWindows版のセットは、6,600円です。
 なお、Mac版2本同時購入だと1本2,600円など、複数まとめて購入するとさらに安くなります。

 なお、円安になる前は3,200円だったのですが、最近の円安で3,200円→3,500円→3,800円と徐々に値上がりしております。
 今後さらに円安がすすむ可能性も高いですので、試用して気に入られたのなら、今のうちに購入してしまうのもひとつの手かな?、と個人的には思います。市販ブルーレイ作品をMacで観たいという人にとって、3,800円は十分リーズナブルな価格と思います。

 Mac Blu-ray Playerは、現状Macで市販のブルーレイディスクを再生可能な唯一のアプリケーション。必要な方は、せっかくですから安いうちにどうぞ。もちろん、最新のMac OSである、OS X Mountain Lion にも対応していますよ。

 開発元のMacgo International Limitedは、BDA(Blu-ray Disc Association)のライセンシーです。

 最後に、Macでブルーレイを使うには、外付けのブルーレイドライブが必要となりますが、USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

【関連記事】

USB 3.0接続のハードディスクが3TBで11,780円、2TBだと7,980円。

 USB3.0接続の外付ハードディスクとしては、現状比較的安いのではないでしょうか? いずれも、フリーコム・テクノロジーズのハードディスクです。2.5インチのモデルだと、非常にスタイリッシュなFreecom Mobile Drive Mgシリーズで有名ですね。3.5インチの知名度はそれほどじゃないですけど。

 いずれのモデルも、MacやPCだけでなく、レグザやアクオスといった家電対応を謳っていますから、録画機器の増設用にもいいかも。ほんと、すぐに容量なくなっちゃいますよね、地デジやBSを録画してると。

iPhoneの入っている紙箱は、ブルガリの紙箱に匹敵するらしい。

 iPhoneの入っている紙箱は、BVLGARIの紙箱に匹敵する、というような記事を日経が書いています。えーと、ブルガリって紙箱に入っていたっけ?、と思いながら読んでいくと・・・

 ブルガリには、高い時計や高いアクセサリーだけでなく、キーリングみたいな手頃なものやコロンなどもあったね、そういや。ネタバレすると日経さんが怒りそうなので、続きはWebで。

 それはともかく、先ほどの20Gbpsの新型Thudnerboltコントローラー。あちこちに記事が上がり始めましたね。しかし、そんな発表されると、現行機を買えなくなっちゃいますよね。

 おいらが買いたい、あるいは買い換えたいと思っている、

  • Apple Thunderbolt Display MC914J/B
     薄型になって、USBが3.0に進化した新型が出そうで買えない・・・ もちろん、マグセーフコネクターも新型になるんでしょうけどね。
  • MacBook Air
     そろそろ、AirもRetina Displayになりそうで買えない・・・ あと、できればメモリも16GB対応して欲しいぞ。

 上の心配に加えて、来年頃のモデルから、Thunderboltポートもさらに速くなると聞いちゃ、ますます買いにくくなっちゃいますね。欲しい時が買いどきではあるんですけど、むむむ・・・

30pinドックコネクタ搭載スピーカーをBluetoothスピーカーにしてくれるドングル。

 うちに、かつてのiPodやiPhoneで使われていた30pinドックコネクタを搭載したスピーカー、maxell iPod iPhone対応 アクティブスピーカー MXSP-1200があるわけですよ。ところが、今使っているiPhoneは、Lightning端子のiPhone 5なので、30ピンのドックコネクタではつながらないのね。

 それで、3.5mmのステレオミニプラグ付きケーブルでiPhoneとスピーカーをつないだりしていたわけですが、そんな30ピンドックコネクタ搭載スピーカーをBluetoothスピーカーに変えてくれるドングル が販売されていました。

 唯一のネックは、ドックコネクタの規格が一度変更されている(FireWireで充電していたなごりの12Vのものと、Windows対応以降USB充電に変わった5Vのものがある)ので、古い12V規格のドックコネクタ搭載スピーカーには使えないところ。この唯一のネックが、けっこう大きなネックとも思うんですけどね。

 iPhone 3Gや3GS、iPhone 4や4sがちゃんと充電されるタイプのスピーカーだと、このドングルを使うことができるでしょうが、iPhoneに「この機器は充電に対応していません」みたいな表示が出るスピーカーだと使えないですね。

 というわけで、面白い商品であるんですけど、注意は必要です。

 で、おいらはどうしているかといいますと、Bluetooth オーディオレシーバーを3.5mmステレオケーブルにつなぎ、それをスピーカーにつないでワイヤレス化しています。Bluetooth オーディオレシーバーは、お気に入りのヘッドフォンやイヤホンをつなげば、そのイヤホンがBluetoothイヤホンになるわけで、これはこれで便利ですよ。音にこだわる人は、ヘッドフォンアンプ内蔵のaudio-technica ヘッドホンアンプ内蔵 ワイヤレス(Bluetooth)ステレオレシーバー AT-PHA05BTがおすすめです。ヘッドホンアンプ内蔵の分、ちょっと高いですけどね。

Intel、DisplayPort 1.2対応・20Gb/sの転送速度の新型Thunderboltコントローラー Intel® DSL4510/4410 を発表。

 Intelが、DisplayPort 1.2に対応し、転送速度を20Gb/sにアップした、新型Thunderboltコントローラー Intel® DSL4510/4410 を発表しています。
 20Gb/sになると、先日ご紹介したUSB3.0ポートを4個搭載したThuderboltドッキングステーション、SonnetのEcho 15 Thunderbolt Dockなども、このコントローラーになれば、帯域では苦労しなくなるかも。USB3.0なのに、2.5Gbpsまでとか悲しいからね。

 ただ、説明をよく読んだわけじゃないんですが、今までデュアルチャンネルで、各チャンネル10Gbpsだったのが、シングルチャンネルで20Gbpsのようにも読めるんですけど、実際はどうなんでしょ?
 ともかく、4Kビデオファイルの転送と4K2Kディスプレイをサポート。完全な下位互換性、とありますから、期待しましょう。

 登場は、2013年末から2014年とのことですよ。Macが一番に載せてきてくれればいいんですけどね。ちなみに、Pegasus R4Pegasus J2で有名なPromise Technologyは、これらのThuderbolt機器をWindows機につないでデモをしていますので、Windowsの世界でもようやくThunderboltが認知されるようになってきたようです。

2013年4月 8日 (月)

Roxio Toast 11 Titanium Proが、$50引きになるクーポン。

 USAの本家ROXIOのWebサイトで、日本では未販売のRoxio Toast 11 Titanium Proが安くなるクーポンの紹介です。

 下記リンクより、ダウンロード購入することで、通常$149.99のRoxio Toast 11 Titanium Proを、$50オフの$99で購入できます。期限は、4/15(USAの現地時間ですが)まで。

Buy Toast 11 Pro
and Save $50 Instantly  Offer Expires 04/15/13

Coupon Code: TP11SAV50


 Macユーザー必携のDVD&BDオーサリングソフトですね。通常の、Roxio Toast11 TITANIUMと何が違うか?、と言いますと

  • 通常のToast 11 Titaniumに加えて
  • HD VideoをDVDやブルーレイに焼くためのプラグイン付き
  • Adobe Photoshop Elements 9付き(英語版)
  • FotoMagico 3RE付き(英語版)
  • BIAS Sounsoap 2SE付き(英語版)
  • SmartSound Sonicfire Pro5付き(英語版)

というように、バンドルされているアプリケーションが半端無いわけです。ま、英語版であるのが難点かもですけどね。しかし、Toast自体は日本語対応ですし、$99でブルーレイオーサーリングできるバージョンを購入できるなら、お得かも。

  最後に、Macでブルーレイを焼くには前述のプラグインだけでなく、外付けのブルーレイドライブが必要となります。USB2.0接続のバッファローやIOデータのWindows用のもの(Mac用というのはかつてIOが出してましたが、現在のところ、両メーカーにはありません。)で、特に問題なく動いています。
 なお、ポータブルタイプの中には、ACアダプタが付属していないものもありますが、できればACアダプタ付きの製品を購入されることをおすすめします。もしくは、別売のACアダプタを購入されることをおすすめします。MacでBD-RBD-REを焼くときの安定性が全然違いますから。

 データのバックアップにも、25GB〜50GB程度の容量のあるBD-RやBD-REは最適です。ずいぶんと安くなりつつありますし、1台買っちゃうと便利ですよ。なお、当方で動作確認したブルーレイドライブの記事などもありますので、そちらもご覧ください。

2013年4月 7日 (日)

サンディスクの大容量・高速SSDが格安です。

 amazonのタイムセールで、

と格安販売されています。

 CFやSDカードでは有名なサンディスクですが、SSDは本国アメリカではけっこう評価も高いようですけど、日本ではamazonくらいしか取り扱っていないので、知らない人も多いかも。USAのamazon.comでも、480GBのモデルが執筆時現在$361.01していますから、今回の32,800円はお買い得です。

 日本国内では販売数の少ないモデルだけに、USAのamazon.comのユーザーレビューは、非常に参考になるかと。星の数を見れば、かなり満足度の高いSSDであることは確かなようです。

 性能の方は、

  • SATA 6Gb/s
  • Read 540MB/S
  • Write 460MB/s
  • 国内3年保証

ですから、今回の価格なら良い買い物ですね。

 本日のタイムセールでは、サンディスクのSDSSDX-480G-G25以外にも掘出し物が多数。一度ご覧くださいね。

2013年4月 6日 (土)

Paragon Mini-Bundle! 10.0.1が、70%オフの$29.95。2日間限りです。

 MacUpdate Promoが、MacでNTFSフォーマットされたディスクを読み書きするためのツール、NTFS for Macで有名なParagon社のソフトウェア4つのバンドルを、70%オフの$29.95で販売する、Paragon Mini-Bundle! を開催中です。

  1. NTFS for Mac
     その名の通り、NTFSフォーマットされたディスクをMacで読み書きできるようにしてくれるツール。古くからの定評あるツールです。
  2. Paragon Camptune X
     MacのBoot Camp領域の容量を簡単に増やせるツール。通常Boot Camp領域の容量を変更するには、Boot Camp領域をバックアップ後削除、新しいサイズでNTFSパーティションを再作成し、その領域にバックアップしたWindowsパーティションを復元する必要があり、2〜5時間程度の時間が必要でした。Paragon Camptune Xを使えば、同じ結果を数分で得ることができます。
  3. ExtFS for Mac
     MacでLinuxファイルシステムであるExt2, Ext3, and Ext4ファイルシステムを読み書きできるようにしてくれるツール。
  4. Paragon HFS for Windows
     Macのファイルシステムである、HFS+でフォーマットされたディスクを、Windowsで読み書きできるようにしてくれるWindows用のツール。

 以上、必要な方には絶対必要なアプリのバンドルです。1. 2. 3. はMac用のアプリケーション。4. はWindows用のアプリケーションです。

 NTFS for Macは、Paragon本家サイトでダウンロード版を購入すると2,100円です。Paragon Camtune Xは3,150円。Paragon ExtFS for Mac OS Xは、4,410円です。今回のバンドルは、かなりお得ではないでしょうか? もちろん、必要な方だけですけどね、お得なのは。ご購入は、こちら からどうぞ。

Belkin Thunderbolt Express Dock - (F4U055tt) - $299.99で、ようやく本家amazon.comから販売開始も在庫切れ。

 待ちに待ったThunderbolt機器 Belkin Express Dock for Thunderbolt Devices (F4U055WW)が、本家amazon.comでも、ようやく出荷開始されたようです。

 が、すでに現状は在庫切れ。残念ながら日本への発送は不可ですから、本家amazon.comから購入するには、転送業者等を通す必要があります。

 日本のamazonでも、2013年6月1日より販売開始、とのこと。お値段は、29,800円です。Belkinでも、Thunderbolt Express Dock - (F4U055ja) として掲載されていますから、入手できるようになるのは時間の問題なのでしょうけれど・・・ それにしても、待たせてくれます。

F4u055_side

F4u055_back

 2011年モデル以降のMacBook AirやMacBook Proと、Thunderboltケーブル1本で接続。これらのコンパクトなMacに、8つの拡張ポートを提供。

【ポート一覧】

  • USB3.0ポートが3個
  • FireWire800ポートが1個
  • Gigabit Ethernet ポートが1個
  • 3.5mm ステレオ音声出力ポートが1個
  • 3.5mm 音声入力ポートが1個
  • Thunderboltポートが2個

 Thunderboltポートは搭載しているけど、USB3.0は未搭載の2011年モデルをお持ちの方には、これ以上ない周辺機器です。

 USB3.0ポートについては、最大2.5Gbpsの転送速度。このあたりちょっと不満が残りますが、ストレージについてはThunderbolt接続とUSB3.0接続とを使い分ければいいかな。

 ベルキンがグズグズしている間に、Sonnetが光学ドライブを搭載し、さらにHDDあるいはSDD内蔵可能なThunderbolt ドッキングステーションのEcho 15 Thunderbolt Dockを発表 & 予約開始(これも今のところ、米国限定ですが。)してしまいましたから、ちょっとは競争も始まってくれるかな。消費者としては、高品質な機器をできるだけ安く、入手したいですからね。

【関連記事(下ほど古いです)】

tEditor-Universal Text Editor、Short Wave、Nanotateが無料。Mac App Store値下げ情報。

 Mac App Store値下げ情報です。
 tEditor-Universal Text Editor、Short Wave、Nanotateが、期間限定で、無償配布されています。

  1. tEditor-Universal Text Editor - Soft TXtEditor-Universal Text Editor - Soft TX
     通常450円のテキストエディタ。
  2. Short Wave - Giacomo TufanoShort Wave - Giacomo Tufano
     通常350円のインターネットラジオ試聴用アプリ。
  3. Nanotate - Alvin LaiNanotate - Alvin Lai
     画像投稿サイト、imgurに画像を投稿するためのツール。通常450円。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

2013年4月 5日 (金)

ライフログ リストバンドというか、ウェアラブル ライフロガーのUP by Jawboneが国内販売へ。

 一部健康マニアが個人輸入していた、ライフログ リストバンドのUP by Jawboneが、4月20日より国内でも正規販売されるそうです。

 Jawboneといえば、おいらの中では、Jawbone ERAに代表される、Bluetooth ヘッドセットのメーカーというイメージだったんですけどね。ちなみに、Jawbone ERAは、

  • Bluetooth接続
  • 骨伝導
  • ノイズキャンセリング
  • マイク搭載
  • もちろん、iPhone 5でも使えます

な、ワイヤレスヘッドセットです。骨伝導ですから、鼓膜由来の難聴の方にもいいかも。その他で有名なのは、小さなBluetoothスピーカーの、JAWBONE JAMBOX ALP-JAM2シリーズとJAWBONE BIG JAMBOX ALP-BJAMシリーズでしょうか。

 話が逸れちゃいましたが、肝心のUP by Jawbone

 こいつはリストバンドなんですけど、ただのリストバンドじゃなく、付けていることで、睡眠・運動・食事といった生活習慣やパターンを記録してくれる優れもの。

  • 睡眠と仮眠の管理
  • 1日の運動量を常に記録
  • 食事の内容を追跡管理
  • ムードの記録

が可能で、運動不足アラートとか、余計なお世話!と言いたくなるような機能も付いています。それで、

  • 10日間持続のバッテリー
  • 防水設計
  • 1日重快適に装着できる医療用素材製
  • iPhone Appと同期して内容を管理

と、こういうのが好きそうな人の購買欲をくすぐる仕様。詳細は、本家Webをごらんいただくのが確実かと。

 ちなみに、amazonでは、MサイズもLサイズも、ともに予価13,800円となっています。今まで、並行輸入品が2万円近くしていましたから、買いやすくはなっていますね。ちなみに、本国での定価は、$129.99です。円安傾向ですから、13,800円というのは仕方ないのかな?

 ちなみに、おいらは運動量の管理はiPhone appのRunKeeper - GPS Track Running Walking Cycling - FitnessKeeper, Inc.(無料)で、食事の管理はレコーディングダイエットアプリのRecRecDiet (レコーディング・ダイエット) - SUSIEAで行なっています。乗り換えるには、13,800円がネックか。

 そうそう、UP by Jawbone用のiPhoneアプリは、UP by Jawbone - Jawboneです。→UP by Jawbone - Jawbone

2013年4月 4日 (木)

SonnetのEcho 15 Thunderbolt Dock

 現状入手できる、Thunderbolt接続のドック(ドッキングステーション)といえば、以前のブログでお知らせしたMatrox DS1 シリーズくらいなものですが、Macユーザーにはお馴染みのSonnetからも、新しいドッキングステーションが登場するようです。

 Sonnetといえば、日本の代理店はkitcut。本国ではすでに予約も受け付けているようですが、日本ではいつ、そしていくらで入手できるんでしょうね。

Echo15tbadapter_overview

 この、Sonnet's Echo 15 Thunderbolt Dockですが、上図のように

  1. Optical Drive (Blu-rayもOK)
  2. Drive Bay(2.5インチまたは3.5インチのSSDやHDD用)
  3. 前面にUSB3.0ポートが2個
  4. 前面にAudio In and Out
  5. 背面にThunderboltポートが2個
  6. 背面にFireWire 800
  7. 背面にギガビットイーサ
  8. 背面にeSATAポートが2個
  9. 背面にもUSB3.0ポートが2個
  10. 背面にもAudio In and Out

と、素晴らしい拡張性を誇っています。

 2013年第1四半期に出る予定だったベルキンのThunderbolt Express Dockが、未だ販売開始されない状況では、今回のSonnet's Echo 15 Thunderbolt Dockに期待せざるを得ませんね。

 願わくば39,800円程度で入手できれば、ありがたいんですけどねぇ。円安なので、難しいかな。

 参考までに、本国での価格です。

  • Echo 15 Thunderbolt Dock (with DVD Drive)
    [ECHO-TBD-CD-0TB]・・・$399.95
  • Echo 15 Thunderbolt Dock (with DVD Drive + 2TB HDD)
    [ECHO-TBD-CD-2TB]・・・$499.95
  • Echo 15 Thunderbolt Dock (with Blu-ray Drive)
    [ECHO-TBD-BL-0TB]・・・$449.95
  • Echo 15 Thunderbolt Dock (with Blu-ray Drive + 2TB HDD)
    [ECHO-TBD-BL-2TB]・・・$549.95

 すごく安くないですか? 2TBのハードディスクは、現状7千円台半ばで購入できますから、これはDVDモデルかブルーレイモデルを買って、内蔵ストレージは自分で組む方がいいですね。

 Thunderboltのスピードを活かすなら、HDDよりSSDでしょうし、以前にお伝えしたように、500GBのSSDが27,800円ですし。

 ともかく、早く日本で入手できるようになってほしい周辺機器です。

2013年4月 2日 (火)

500GBのSSDが27,800円。

 ここのところ値を上げているのは、メモリとSSD。ところが、1つだけ安く入手できるSSDがあります。それは、Samsung SSD840シリーズ

 容量500GBのSamsung SSD840 ベーシックキット500GB MZ-7TD500B/IT(国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)で、執筆時現在27,800円です。昨日より2千円近く安くなっているのかな? 500GBの大容量SSDが、27,800円とは安くなったものです。

 で、このSamsung SSD840には、高価なProと、Proの付かない安いモデルの2種類が存在します。違いは、SSDの内部に使われているNAND型フラッシュメモリ。Proは通常のMLCタイプ。そして安い方、つまりProじゃない方はTLCタイプが使われています。

 NANDメモリは最も長寿命のものがSLC。1つのセルの書き換え回数の上限は、SLCで10万回程度、MLCでは1万回程度、TLCでは1千〜3千回程度と言われています。もちろん、MLCでも、最近のように微細であればあるほど書き換え上限回数は減少し、1万回に満たない可能性もあります。

 1つのセルにたった千回程度しか書き換えできないTLCで、SSDを作ちゃっていいのか?、って話なんですけど、普通に使う分には十分な寿命が期待できるようです。ただし、ある種のサーバーのように頻繁にデータの書き換えを行う用途には向きません。

 じゃ、TLCのSSDの実際の予想寿命は?、って話ですが、1日に25GBのデータを毎日書き込んだとして、120GBモデルで3年近く、250GBモデルなら6年近く、500GBモデルなら11年以上は持つだろうと予想されています。

 一応、ProじゃないSamsung SSD840シリーズでも、メーカー3年保証ですので、通常はあまり心配する必要もないでしょう。ただし、突然死するのがSSDですから、Time machineなどでしっかりバックアップすることは必要です。ちなみに、840 Proの方は、メーカー5年保証です。

 ま、この寿命についての記事は、こちらの記事の受け売りみたいなものですけどね。現在の価格と、そのスピードを考えれば、少々耐久性に劣るとはいえ、現実には問題が発生する可能性は低そうです。高くても耐久性重視の方は、840 Proか、インテルやCrucialなどのSSDを購入されたほうがいいかもしれません。

 おいらは、3年持てば十分(換装予定のMacBook Pro 13 MC700J/Aが、もう3年もすれば、そのスペックからメインマシンでなくなっているのは明らか)なので、試しに購入してみようかな?、とは思っています。でも、もうちょっと下がりそうな気もするのね。買った途端に、2万5千円切ってたりしたら悲しいしなぁ。

Mac用アプリのWork Templates、Type2Phone、Zoneboxがいずれも170円。期間限定です。

 Mac App Storeの値下げ情報です。
 Mac用アプリのWork Templates、Type2Phone、Zoneboxがいずれも170円。期間限定です。

  1. Work Templates - Jumsoft(通常1,700円が170円)→Work Templates - Jumsoft
     MS Office 2011 for MacのWord用テンプレート集。600MBを超える容量です。通常価格1,700円ということもあり、あまり評価は高くないようです。が、170円ならどうでしょうね?
  2. Type2Phone - Houdah Software(通常450円が170円)→Type2Phone - Houdah Software
     Type2Phoneは、MacをiPhoneやiPad、iPod touchのBluetoothキーボードとして使えるようにしてくれるユーティリティ。こちらは、その便利さもあって、意外と評価は高めです。使いこなし方を含めて、Mac App Storeのレビューは、ひと通りご覧になっておいたほうが良いかと。
     興味を持たれた方は、安くなってるうちにどうぞ。
  3. Zonebox - Vojto Rinik(通常450円が170円)→Zonebox - Vojto Rinik
     Lifehacker.comによってフィーチャーされた、生産性向上のための時間管理システム。

 今回は、2つめのType2Phone - Houdah Softwareがお勧めでしょうか。iPhoneやiPadのフリック入力では、どうしてもキーボード入力ほど速く入力できませんからね。

 以上、Mac App Storeの値下げ情報でした。

スマホにつながるワイヤレスカードリーダーは、無線LANルーターにもなる多機能ぶり。MeoBankSDは買いかも。

 富士フィルムのFinePix F800EXRを購入してから、無線LAN(Wi-Fi)で、撮影済みのデータをiPhoneやiPad、Nexus 7に転送できる便利さに目覚めたdukeでおます。

 Facebookなどへ載せる写真は、スマホで撮影されることも多いでしょうけど、スマホでは望遠に無理があったり、マクロに無理があったり、動きモノに無理があったり、暗所は無理だったりと、いろいろ無理無理づくしなわけです。写真は、ちょっとでも綺麗に撮りたいもの。そんなわけで、コンデジを持ち歩いている方も多いでしょう。

 でも、スマホで撮影した写真と違って、コンデジで撮った写真はSNSに転送しにくい。カードリーダーにSDカードを挿して、データをMacやPCに吸い上げて、それからSNSに転送、というのが一般的なパターンでしょうか? MacやPCが必要となると、やや機動性が失われるわけで、スマホのようにリアルタイムに写真を掲載、というのが難しくなります。

 そんな用途に対応すべく生まれたのが、FinePix F800EXRや後継機のFinepix F900EXRのような、Wi-Fi搭載のコンパクトデジカメ。Wi-Fiを搭載していますから、iPhoneに無線LANで必要な写真をパパっと送って、Facebookに即掲載、ということが可能です。

 でも現状は、Wi-Fi機能を搭載していないカメラがほとんど。そんなカメラのためには、Wi-Fiでつながるカードリーダーがあるようですよ。

 たとえば、TAXAN(古くからのMacユーザーには懐かしい名前ですね。加賀電子といった方が懐かしいか?)の販売しているMeoBankSD ワイヤレスSDカードリーダー&WiFiルーター MBSD-SUR01/W。執筆時現在、5,272円。USB接続のカードリーダーなら千円程度で購入できますから、これと比べると高価ですけど、有線LANしかないホテルに泊まった時には、無線LANルーターにもなる優れもの。さらにバッテリー駆動も可能。USB端子にはUSBメモリだけでなく、ハードディスクやSSDもつながるとくれば、なかなかやりよる!、って思えます。

 Wi-Fi経由でSDカードやUSBメモリの内容を読み込めるわけです。Wi-Fiで接続できるのは、MacやPCだけでなく、iPhoneやiPad、Nexas 7もOK。便利そうでしょ?

 ただ、バッテリー駆動は3時間程度しか持たないようですけどね。充電しながらの使用は可能ですから、特に困らないでしょうが。

 というわけで、出張族やら遠征族(おいらのことです)やらで、荷物をできるだけ減らしたい方には、MeoBankSD ワイヤレスSDカードリーダー&WiFiルーター MBSD-SUR01/Wは、便利に使えそうです。これ1台で、カードリーダー、WiFiルーター、SDカードをストレージとしたNASとして使えるわけですから。
 ちなみに大きさは、5.1 × 5.7 × 2.5cmで59gです。

 iPadの16GBモデルをお持ちで、フラッシュストレージ容量が足りないとお嘆きの方。MeoBankSDに32GBのSDHCカードを挿して、動画や写真はそちらに退避すれば、iPad内蔵のフラッシュストレージはAppに割り振ることができますよ。

 そうそう、iPhoneやiPod touch、iPad用のApp、MeoBankSD - KAGA HIGHTECH CO.,LTD.は、こちらから無料でダウンロードできます。→MeoBankSD - KAGA HIGHTECH CO.,LTD.

 大昔、似たような趣旨で、KingstonのWi-Driveを紹介しましたが、Wi-Driveのように内蔵のフラッシュストレージに縛られるより、SDHCカードやSDXCカード(64GBまで)、USBメモリなどを取っ替え引っ替えつかえる、TAXAN MeoBankSDの方が、使い勝手は良さそうです。

 この手の便利な商品は、今後もどんどん出てきそうですね。

2013年4月 1日 (月)

カラーレーザープリンターのリサイクルトナーについて。

 一念発起してカラーレーザープリンタを導入したのが、2004年11月11日。当時は、エプソンとキヤノンあたりが積極的にカラーレーザーを販売していました。もちろん、他のメーカーもありましたけど、他メーカーはもう少し後かな、カラーレーザーを積極的に販売し始めたのは。

 当時としては、高い買い物ですので、いろいろ比較検討したところ、コストパフォーマンスと整備性の良さ、機械の安定度でキヤノンのLBP5700を導入したわけです。
 当時、エプソンは、カラーレーザープリンタにA3スキャナ&ADFを組み合わせて、コピー機として使えるものも販売していたのですが、キヤノンも同じようなことのできるA3のスキャナを販売していました。それが、SCAN-200というスキャナ。うちでも、この組み合わせで使っています。コピー機としての需要はそれほどでもないので、これで十分。これで、カウンター料やらメンテナンス料やらの馬鹿高いコストを抑えることができるのですから、ほんとうにありがたいスキャナです。

 で、このLBP5700ですが、購入と同時に保守契約に入りました。当時、カラーレーザーは壊れる!というのが一般的な世間の評価でしたからね。ところが、保守契約に入っちゃったせいか、どうかわかりませんけど、一度もサービスマンを呼ぶこともなく、現在に至るまで、30万枚以上の印刷をこなしてくれています。

 その保守契約期間中は、さすがにキヤノンの純正トナーカートリッジ EP-86を使っていたのですが、このトナーカートリッジは、ドラム一体設計ということもあり、1本2万円以上と、かなり高価。で、保守契約期間満了後は、リサイクルトナーを使っています。

 カラープリンターのリサイクルトナーってどうよ?、って方もおられるでしょうから、参考までに長年に渡る当方の印刷記録を公開。

交換日時 カウンター 印刷枚数 備考 価格 購入店
2004/11/11 0 13,619 純正
2005/6/21 13,619 13,391 純正
2006/2/3 27,010 12,425 純正
2006/7/26 39,435 14,766 純正
2007/2/1 54,201 14,214 純正
2007/6/15 68,415 15,968 純正
2007/11/15 84,383 15,618 純正 25,725 楽天e-co
2008/3/14 100,001 11,681 リサイクル 9,995 エコプライス
2008/5/30 111,682 14,587 リサイクル 11,800 エコプライス
2008/10/21 126,269 10,748 リサイクル 14,280 トクとくトナー宅配便
2009/1/19 137,017 5,151 リサイクル 14,280 トクとくトナー宅配便
2009/2/27 142,168 7,482 トナーもれ代替 0 トクとくトナー宅配便
2009/4/30 149,650 9,158 リサイクル 17,166 トクとくトナー宅配便
2009/7/16 158,808 9,406 リサイクル 10,815 エコプライス
2009/10/27 168,214 9,466 リサイクル 11,010 エコプライス
2009/12/26 177,680 12,391 リサイクル 10,009 エコプライス
2010/3/11 190,071 11,608 リサイクル 11,008 エコプライス
2010/6/8 201,679 11,183 リサイクル 10,009 エコプライス
2010/10/25 212,862 12,490 リサイクル 7,660 エムテック
2011/2/7 225,352 9,531 リサイクル 7,660 エムテック
2011/4/27 234,883 11,949 リサイクル 7,660 エムテック
2011/8/5 246,832 10,920 リサイクル 7,660 エムテック
2011/12/22 257,752 10,962 リサイクル 7,660 エムテック
2012/3/5 268,714 12,589 リサイクル 7,660 エムテック
2012/6/1 281,303 12,354 リサイクル 7,660 エムテック
2012/10/13 293,657 11,758 リサイクル 7,660 エムテック
2013/1/29 305,415 8,429 リサイクル 5,900 Appleトナー
2013/3/12 313,844 リサイクル 6,300 Appleトナー

 いかがでしょ? 例として、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの4本のうち、一番消費量の多いブラックを載っけてみましたが。

 純正のCANON EP-86 ブラック(CRG-EP86BLK)は、A4で約13,000枚印刷できることになっていますが、当方のデータでは、純正を7本消費して平均14,285枚印刷できています。当方では、A4より小さい用紙サイズやはがきに印刷することはありませんので、使用している用紙サイズは最低がA4と理解していただいてけっこうです。もちろん、B4やA3も印刷していますよ。

 カタログ値以上の、十分な印刷枚数ですね。もちろん、トナー漏れ等のトラブルは一切発生しませんでした。

 2008年から「エコプライス」のリサイクルトナーに切り替えました。リサイクルトナーながら、1年保証付との事だったので。

 「エコプライス」の商品で特に問題はなかったのに、「トクとくトナー宅配便」のリサイクルトナーに切り替えました。理由は、最初のエコプライスのリサイクルトナーでは11,681枚しか印刷できなかったことによります。純正だとカタログ値で13000枚なのですが、その枚数に満たなかった。そこに、「トクとくトナー宅配便」の、「リサイクルトナーの中には、高価な重合トナーを使わずに、粉砕トナーを用いている安価な製品がある」という記事を読んだもんで、安かろう=悪かろうではなく、そこそこ高価なリサイクル品である「トクとくトナー宅配便」を試してみようと思ったわけですよ。

 しかし、結果は・・・ 5000枚ほど印刷した所でトナー漏れが始まり、送られてきた代替商品は7千枚しか印刷できず。値段の割にいまいちぱっとしなかったリサイクルトナーでありました。トナー漏れした1本を除く3本での平均印刷枚数は9129枚。1万枚に届かないは、価格は高いわで、再びエコプライスに戻りました。

 エコプライスのリサイクルトナーは、上の表のように7本消費して、1本あたり平均11,474枚の印刷が可能でした。カタログ値の13000枚には及びませんが、価格を考えれば十分でしょう。

 次に試したのが、エムテック365のリサイクルトナー。「提携のリサイクルトナー専門工場(ISO9001・ISO14001取得工場)の商品」という売り文句に釣られ、そしてエコプライスより2500円ほど安い!というのが大きな魅力でした。

 で、このエムテック365の商品。さすが、ISO9001・ISO14001取得工場の商品だけあって、なかなかのものです。印刷枚数は、上の表の通り8本消費して、1本あたり平均11,569枚のプリントができています。それでも、純正のカタログ値には達していませんが、十分でしょう。

 そして、今使っているのが、APPLE TONERのリサイクルトナー。CANON EP-86 ブラック リサイクル品で、お値段5,800円(執筆時現在)ですよ。リサイクルトナーの中でも、かなり値段が安いです。ただし、最初の1本目は、上の表の通り、印刷枚数8,429枚と芳しい結果ではありませんでした。エムテック365のリサイクルトナーの25%オフの価格ですから、計算上は8,760枚印刷できれば、エムテック365のトナーとコスパは同じということになりますが。

 現在、APPLE TONERの2本目を運用中。何枚印刷してくれることやら。

 というわけで、リサイクルトナーの印刷枚数情報、また定期的にアップして行きたいと思います。

 ちなみに、リサイクルトナーでも、印刷は十分綺麗です。特に問題はないです。ただし、どこのリサイクルトナーを使っても、純正よりテカりますし、全面ベタ塗りカラーだと定着器部分で詰まる可能性が高いです。うちは、全面ベタ塗りカラーなんて、トナー消費の激しいものを印刷することはないので、全然無問題ですけどね。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ