隠れJTマーヴェラスファンページ

« 「Nドライブ」と「NAVER Photo Album」が11月に終了! | トップページ | 安いリサイクルトナーは、実は安くないこともある。 »

2013年7月 1日 (月)

アップルとサムスンの切れそうで切れない関係

 ウォールストリート・ジャーナルが、「アップルとサムスンの切れそうで切れない関係」という記事を掲載しています。

 記事見出しには出てこないのですが、返す返すも残念なのはシャープ。

「アップルは第3世代のiPadの設計中だった11年、既にiPhone向けにディスプレイを納入していたシャープに最新のiPad向けに高解析度ディスプレイを生産するように依頼した。しかし、昨年3月に発売された第3世代のiPadのディスプレイには主にサムスン製が採用されていた。シャープに近い別の人物によると、シャープは新技術を採用したディスプレイの量産に苦戦して、発売の締め切りに間に合わなかった。」

 結局シャープは、第3世代iPad、つまりRetinaディスプレイ搭載のiPadですが、こいつのディスプレイ供給競争で、サムスンに負けたということなんですね。なぜ、この大事な時期に、シャープはすべての開発資源をiPad向けのRetinaディスプレイの量産に集中しなかったのか? 記事からは、シャープは自滅していったようにしか思えません。

 虎の子のIGZOも、その量産技術を持っていかれてしまえば、シャープは終了。数日前に、シャープが、中国メーカーにIGZOの技術を供与という記事がありましたから、もうこれは時間の問題です。

 シャープは置いておいて、これでAppleが大々的にIGZOディスプレイを採用し始める下地は整いました。Appleは、シャープにしか量産できないIGZOを採用することには躊躇していましたが、複数のメーカーがIGZOを供給できるようになれば、まちがいなく消費電力の少ないIGZOディスプレイを採用するでしょう。
 それが、次のiPad miniのディスプレイなのか、MacBook Airのディスプレイなのか? それはわかりませんけどね。

« 「Nドライブ」と「NAVER Photo Album」が11月に終了! | トップページ | 安いリサイクルトナーは、実は安くないこともある。 »

Mac」カテゴリの記事

iPhone・iPod・iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップルとサムスンの切れそうで切れない関係:

« 「Nドライブ」と「NAVER Photo Album」が11月に終了! | トップページ | 安いリサイクルトナーは、実は安くないこともある。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ