隠れJTマーヴェラスファンページ

« Class10のTDK製高速16GB SDHCと32GB microSDHCが格安! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日は、佐々木俊尚『ウェアラブルは何を変えるのか?』です。 »

2014年2月 1日 (土)

アーティストの間で話題の筆圧検知可能なワコム製デジタイザ搭載のWindows 8.1 タブレット、ASUS VivoTab Note 8が登場!

 最近、重さ300g台の8インチタブレットだけど、OSにAndroidやiOSではなく、Windows 8.1やWindows 8.1 Pro搭載したタブレットPCが話題です。一番のユーザーは、タブレットで「艦これ」をしたい人たち。お値段4万円前後で、MS Ofiice付きとくれば、そのうちビジネスユーザーも飛びついてくるかもしれません。

 そんな中、Asusがワコム社のデジタイザを搭載し、付属のスタイラスペンを使用することで紙とペンを使うのとおなじ感覚でメモやスケッチ、サインなどの手書き入力ができる

  1. ASUS NB / black ( WIN8.1 PRO-32B.JPN / 8.0 inch TOUCH / Z3740 / 2G / 64G EMMC / H&Biz 2013 / BT4.0 ) M80TA-DL004PS・・・59,800円
  2. ASUS NB / black ( WIN8.1 32B.JP / 8.0 inch TOUCH / Z3740 / 2G / 64G EMMC / personal 2013 / BT4.0 / スリーブ付属 ) M80TA-DL004HS・・・45,800円

の販売を2月28日より開始します。

 両モデルの違いはOSと付属のOffice。

 1.のOSは「Windows 8.1 Pro」で、Officeは「Microsoft Office Home and Business 2013」とビジネス仕様。

 2.のOSは「Windows 8.1」で、Officeは「Microsoft Office Personal 2013」と家庭向け。

 それ以外に仕様の違いはありません。

 それにしても、OSとOfficeだけを普通に買えば、1.で43,000円ほど、2.で34,000円ほどするわけで、OSとOfficeの価格を考慮すると、本当にwindows 8.1 タブレットってお買い得だなぁ、と思ってしまいます。お買い得というより、格安・激安・大出血投げ売り中みたいな値段ですよね。

 しかも今回のモデルは、パネルがワコムのデジタイザになっていますので、絵を描く人にもちょっと気になるタブレットに仕上がっています。通常のタブレットより5千円ほど高めの価格ですけど、ワコム製デジタイザとスタイラスペンの価格と考えれば納得いきますし。

 まだ火はついてないんですけど、きっとそのうち一番安いPCとして、オフィスで導入が進むと思います。使いようによっては、そして仕様(解像度が1920×1080のフルHDパネルのモデルもありますし)によっては、もうすぐサポート期限が切れるWindows XPパソコンのリプレースとして検討できるモデルもありますから。

« Class10のTDK製高速16GB SDHCと32GB microSDHCが格安! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日は、佐々木俊尚『ウェアラブルは何を変えるのか?』です。 »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Nexus7・Android・Kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Class10のTDK製高速16GB SDHCと32GB microSDHCが格安! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日は、佐々木俊尚『ウェアラブルは何を変えるのか?』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ