隠れJTマーヴェラスファンページ

« Kindle日替わりセール。本日は、『山田真哉の世界一受けたい簿記3級の授業』です。 | トップページ | iiyamaの液晶ディスプレイと沖のレーザープリンターがお買い得。 »

2014年4月15日 (火)

頼まれてプジョー307のパワーウィンドウスイッチ(パワーウィンドウリフター)を調達。

 今回は私のクルマじゃないんですけどね。

 お世話になっている修理工場の社長に、「2007年式プジョー307SWの運転席側パワーウィンドウスイッチを探して欲しい。」と頼まれました。
 純正の新品部品は、2万円ほどするらしいです。このスイッチ、運転席側のドアについてるから、雨の日とかに水をかぶって接触不良とか発生しやすいんでしょうね。ネットで調べてみると、トラブルの多いパーツらしい。

 で、わかったこと。

  • 2007年式を境に、前期型と後期型がある。
  • 電動ドアミラー対応タイプと非対応タイプがある。

の2点。ここまでわかれば、あとは適当に探せばあるでしょ、ってことで見つけてきました。

 現物のプジョー307SWのパワーウィンドウリフターをトルクスで外して、裏を見たところ、コネクタの形状から「前期型」と判明。モデルの端境期の2007年式の場合、前期型と後期型があるわけで、現物確認するのが確実ですね。

 で、ドアミラーの格納は、電動タイプだったので、その型の「パワーウィンドウリフター」をアリババでオーダーしました。

 3月27日の午後8時にオーダーして、到着が4月5日のお昼ごろ。中国からの発送の中では、早い方ですね。

Img_2583

Img_2593a

Img_2585a

Img_2587

 到着したパワーウィンドウリフターです。裏には、本来あるはずのプジョーの刻印もシトロエンの刻印もパーツナンバーの打刻もなし。

 コネクタ形状は、この凸のような形のが前期モデル用ですね。後期モデルはスクエアな形状になっています。

 お値段は、送料込みで3,600円ほどでした。さっそく修理工場に届けて、該当のプジョーのパワーウィンドウスイッチと交換。問題なく動いているそうです。

 基本的に、このスイッチのトラブルは、コネクタ部分の接触不良ということもあるので、接点復活剤とかで生き返ることもありそうですが、3600円でパーツが入手できるなら、交換してしまうのもありかもね。手擦れのないきれいなスイッチになりますし。

 ただ、パーツの耐久性というか、寿命は不明です。まだ交換したばかりだしね。壊れたら、修理工場から連絡があるでしょうし、その時に後日談を書きますね。

« Kindle日替わりセール。本日は、『山田真哉の世界一受けたい簿記3級の授業』です。 | トップページ | iiyamaの液晶ディスプレイと沖のレーザープリンターがお買い得。 »

自動車・バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Kindle日替わりセール。本日は、『山田真哉の世界一受けたい簿記3級の授業』です。 | トップページ | iiyamaの液晶ディスプレイと沖のレーザープリンターがお買い得。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ