隠れJTマーヴェラスファンページ

« Kindle日替わりセール。本日は、『プロになるためのデイトレード入門 1巻 板読みと歩み値を極めてライントレードの精度をあげる編』です。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日は、『女子栄養大学の ダイエット クリニック』です。 »

2014年6月 2日 (月)

出先からsshでVNCしてたんですけど、VPNにも興味が出てきたので OS X Serverを導入!

 タイトル通りなんですけどね。

 しかし、勉強するつもりで導入したんですけど、簡単すぎてワロタ。

 以前にも書いておりますが、Macは何も難しいことを考えなくても、「どこでも My Mac」という機能を使うことで、会社や出先から、自宅のMacにリモートアクセスできます。もちろん、会社のMacに、自宅や出先からもアクセス可能です。

 ところが、「どこでも My Mac」は少々遅いので、私は大昔にブログに書いた通り、sshでVNC(Macでいう「画面共有」)とかしていたわけです。これで十分満足していたのですけど、sshの脆弱性の問題とかもありましたし、一度VPNというのも勉強してみよってことで、OS X Server - Appleをポチッとな。

 たったの2,000円でアクセス数無制限のServer環境が手に入るというのは、Windowsでは考えられない世界ですね。

 ダウンロードはすぐに終わり、さっそくクリック。

20140602_133325

 「続ける」をクリックすると

20140602_133335

使用許諾画面になりますから、「同意する」をクリックします。

20140602_133342

普通のソフトウェアのインストール画面と変わりません。Windows Serverだと、こんなに簡単には進まないのですけど、拍子抜けするくらい簡単です。

20140602_133524

 インストールが終わると、「チュートリアル」が起動します。とりあえず、VPNの設定だけ知りたいので、「公衆アクセスを構成する」を見てみると、

20140602_150743

上の説明が。おいらは、大昔から無料のDDNSサービスを利用していますから、ドメイン名とか固定IPアドレスとかは、全く問題なし。

20140602_150526

実際、モノの数分でVPNサービスが構成できました。で、チュートリアルにある通り、お使いのルーターの下記のポートを開ける必要があります。

ポート    タイプ    用途
500    UDP    ISAKMP/IKE
1701    UDP    L2TP
4500    UDP    IPsec NAT Traversal

おいらは、大昔にめっちゃ安くで買ったLogitec LAN-WH300AN/DGRを使っています。ポート開放以外に必要な作業は、

  • PPPoEパススルーを「有効」

にするだけという、こちらも非常に簡単な作業でした。

 大昔、AOSSとかない時代に、無線LANの設定ができた人なら、

  1. OS X Server - Apple
  2. VPNパススルー可能なルーター

を使っての、VPNサービスの構成は、簡単にできると思います。

 さっそく、VPNでつながるか、iPhone 5から実験です。

Img_3118a

 iPhoneで「設定」をタップし、「一般」→「VPN」を進みます。「VPN構成を追加…」をタップし、上図のように必要な情報を入力します。

  • 説明:職場とか自宅とかMacBookとか、適当に。
  • サーバ:DDNSサービスで登録してあるサーバ名を入れます。もちろん、グローバルIPアドレスをそのまま入れてもいいですよ。
  • アカウント:お使いのMacのユーザー名です。
  • パスワード:お使いのMacのパスワードです。
  • シークレット:OS X ServerのVPNで自動設定された「共有シークレット」です。

入力が終わったら、右上の「保存」をタップ。唯一の難関は、ちっちゃいiPhoneの画面で入力する「共有シークレット」でしょうか。

 あとは、iPhoneで、「VPN」をオンにすれば、

Img_3119

上のスクリーンショットのように、画面上に「VPN」を表示されます。

 iPhoneがVPNでつながったということは、そのまま「自宅」なり「職場」なりのプライベートIPアドレスが割り振られた状態ですから、まるで「自宅」にいるように、あるいは「職場」にいるような感じで、自宅のあるいは職場のMacやWindows PCにアクセスすることができます。

Img_3120a

 iOS版のiTeleport リモートデスクトップ - VNC と RDP - iTeleport Inc.を使って、iPhoneからMacにアクセスしたら、上のような感じ。

 もちろん、VPNで接続されているわけで、通信内容が漏れる心配もありません。これは便利だね〜。もちろん、Macだけでなく、Windows PCにもアクセスできますよ。

 OS X Mavericks - Appleの走っているMacが1台あるなら、そのMacにはOS X Server - Appleもインストールしたほうが楽しいでしょう。VPNを有効にすれば、そのMacや同一ネットワーク上のWindows PCに、出先からアクセスできるようになるわけですし。使い方は無限大です。

« Kindle日替わりセール。本日は、『プロになるためのデイトレード入門 1巻 板読みと歩み値を極めてライントレードの精度をあげる編』です。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日は、『女子栄養大学の ダイエット クリニック』です。 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Kindle日替わりセール。本日は、『プロになるためのデイトレード入門 1巻 板読みと歩み値を極めてライントレードの精度をあげる編』です。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日は、『女子栄養大学の ダイエット クリニック』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ