隠れJTマーヴェラスファンページ

« iPhoneを子機にできるパナソニックのデジタルコードレス電話とおたっくす | トップページ | iBooks Store 今週のブックは、『ごちそうスープと煮込み』です。 »

2014年9月 2日 (火)

今から40年以上前に録音された南沙織のファースト・アルバム「17才」の音が素晴らしすぎる!

 南沙織の「17才」といえば、彼女のデビュー曲であり、ファーストアルバムのタイトルでもあります。そのファーストアルバム 「17才」(オリジナルは1971年のLPレコード)がSONYから驚愕音質のBlu-spec CD2で復刻されているのはご存知でしょうか? Blu-spec CD2とは言え、データ自体は、通常のCDと同じ44.1kHz/16bitなわけで、ハイレゾでもなんでもないんですが。

 アナログレコードの時代ほど影響はないはずとはいえ、カッティングに青紫色半導体レーザーを、円盤には高分子ポリカーボネート樹脂使用と、ブルーレイ同様の製造工程で、ジッターを極限まで抑えこんだBlu-spec CD2。

 それより驚くのは、1971年録音の「17才」が、デジタルリミックスされているとはいえ、ここまでいい音で録られていたのか、という事実。2トラサンパチ恐るべし・・・ それから、テープの保存性の高さも恐るべし。

 で、このファーストアルバムは、元祖アイドルであった南沙織の凄さもありますけど、稀代のヒットメーカー 筒美京平氏の凄さを知る上でも重要です。

 このアルバム、A面は全曲が南沙織のオリジナル曲ですが、B面は全曲がカバーだったんですね。そして、A面の1曲目が「17才」。B面の1曲目がLynn Andersonの「ローズ・ガーデン」のカバーなんです。

 多く方がご存知の通り、タイトル曲の「17才」は、筒美京平氏がLynn Andersonの「ローズ・ガーデン」にインスパイアされて作った曲。iTunesには、残念ながらシンシアのデビューアルバムはないので、Lynn Andersonオリジナルの「ローズ・ガーデン」と聴き比べてください。iTunesの試聴だと「17才」の出だしが聞けないから、わかりにくいかな。

 あのシンシアのファーストアルバム「17才」が、Blu-spec CD2で再販されている。今、聴ける。でもって、当時の録音凄すぎ! 筒美京平、すげー。驚きどころはいっぱいあります。たったの、1,638円ですごく楽しめますよ、シンシアの「17才」。

 ちなみに、こちらのリンク先からだと、シンシアの歌うRose Gardenも試聴できます。こっちのほうが、17才も出だしから聴けるので、聴き比べしやすいですね。でひ、ご一聴ください。

 インスパイアとか、リスペクトとか、いろいろ言い方はあるでしょうけど、これはアレンジとか編曲を飛び越え、別の曲に昇華しています。Rose Gardenより17才のほうがいい。今風に言うと、魔改造? 筒美京平さん、すごいわ。

 ついでにいうと、シンシアの「潮風のメロディ」も、Rose Gardenインスパイアですね。

 最後にもう一度書きますが、1971年の録音技術。お・み・ご・と! デジタルなんて、要らんかったんや〜!、と書いても、誰からも文句をつけられそうにありません。もっとも、そう書くと、Blu-spec CD2を全否定することになってしまうわけですが。

« iPhoneを子機にできるパナソニックのデジタルコードレス電話とおたっくす | トップページ | iBooks Store 今週のブックは、『ごちそうスープと煮込み』です。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhoneを子機にできるパナソニックのデジタルコードレス電話とおたっくす | トップページ | iBooks Store 今週のブックは、『ごちそうスープと煮込み』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ