隠れJTマーヴェラスファンページ

« 人気ヘッドホン KOSS PORTAPROのホワイトモデルが、2,980円! | トップページ | iBooks Store、今週のブックで『宇宙兄弟(1)』を無償配布中! »

2014年9月16日 (火)

Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『モリー先生との火曜日』です。

 Kindle 日替わりセール、本日のお買い得な1冊は、『モリー先生との火曜日』です。本日限り、61% OFFの299円


「ミッチ、私は死にかけているんだよ」
 6年ぶりに再会した恩師、モリー・シュワルツ教授はALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵されていた。忍び寄る死の影。「あと4か月か5か月かな」。だが、その顔には昔と変わらぬ笑顔があった。「この病気のおかげでいちばん教えられていることとは何か、教えてやろうか?」そして、老教授の生涯最後の授業が始まった――。

 本書は、スポーツコラムニストとして活躍する著者ミッチ・アルボムとモリー教授が死の床で行った「ふたりだけの授業」の記録である。テーマは「人生の意味」について。愛、仕事、社会、家族、老いの恐怖、許し、そして死。 毎週火曜日、飛行機に乗って700マイルも離れた恩師を自宅に見舞い、静かに対話を紡ぐ。売れっ子コラムニストとして多忙な日々を送る著者は、最初から「いい生徒」だったわけではない。彼の生きがいは仕事。時間に追われながら、何よりも立ち止まることを恐れるミッチ。そんなミッチも、死と対峙しながら最 後の日々を心豊かに生きるモリーとの会話の中で、仕事よりも大事なことに気づいていく。

 授業を重ねるたび、ミッチの心は揺らぎ、モリーの体は蝕まれていく。その様子が手にとるように伝わってくる。「いかに死ぬかを学べば、いかに生きるかも学べる」と、モリー。「人生に意味を与えられる道は、人を愛すること、自分の周囲の社会のために尽くすこと、自分に目的と意味を与えてくれるものを創り出すこと」

 発行以来、全米で40週以上ベストセラーの座に君臨。このエッセイ仕立ての講義録には読者の心を揺さぶる「宿題」が、たくさん詰まっている。


 これは、読んでおくべき1冊な気がします。

« 人気ヘッドホン KOSS PORTAPROのホワイトモデルが、2,980円! | トップページ | iBooks Store、今週のブックで『宇宙兄弟(1)』を無償配布中! »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 人気ヘッドホン KOSS PORTAPROのホワイトモデルが、2,980円! | トップページ | iBooks Store、今週のブックで『宇宙兄弟(1)』を無償配布中! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ