隠れJTマーヴェラスファンページ

« iBooks Storeで、弘兼憲史作品の『課長 島耕作(1)』ほか無償配布中! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』です。 »

2014年10月24日 (金)

iBooks Storeで、「750ライダー(1)」〜「750ライダー(3)」が無料!

 iBooks Storeが、「750ライダー(1)」〜「750ライダー(3)」を無料配布しています。

 750ライダーこち亀といえば、主人公の作画とキャラが、執筆開始当初から大きく変わったことで有名ですが、久しぶりに爽やかでない、ダークサイドの早川光を読んでみるかな。しかし、少々アウトローだった早川光が、爽やかバイク乗りに変化していったのは、時代の要請もあったような。

 暴走族ブラックベアーの隊長や、番長もいい人になっていくしね。この後、日本では空前のバイクブームが巻き起こり、「街道レーサーGO」、「ケンタウロスの伝説」、「バリバリ伝説 」と続くわけです。

 小説の世界でも、「汚れた英雄」が大ヒット。これは映画にもなりました。草刈正雄主演でしたが、サーキットの走行場面は、ヤマハワークスライダーの平忠彦選手が代わりに走っていましたね。

 いい時代でした。その後、日本のバイクは大進化を遂げ、4stマルチ250ccで、20,000rpmオーバーのエンジンを積むZXR250SPなんてのも出てくるのよね。市販車としては、技術的に頂点を迎えた時代。その頃のバイクに乗れてよかったなぁ、とおっさんは思うわけです。

 今はリッターSSと600ccのSSは、技術的に頂点にありますけど、250や400は… 

« iBooks Storeで、弘兼憲史作品の『課長 島耕作(1)』ほか無償配布中! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』です。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自動車・バイク」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

iPhone・iPod・iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iBooks Storeで、「750ライダー(1)」〜「750ライダー(3)」が無料!:

« iBooks Storeで、弘兼憲史作品の『課長 島耕作(1)』ほか無償配布中! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ