隠れJTマーヴェラスファンページ

« Microsoft OfficeがiPhone対応に! WordもExcelもPowerPointも全てユニバーサルアプリになりました。 | トップページ | 写真をコミック調に変換してくれるMacアプリ「Pop Dot Comics」が、70% OFFの300円! »

2014年11月 7日 (金)

ジャングル、Mac用はがき作成ソフト『筆ぐるめ Classic for Mac』の販売を開始!

 ジャングルが、Mac用はがき作成ソフト『筆ぐるめ Classic for Mac』の販売を開始しています。

 Mac用の宛名印刷ソフトは、長らく「アジェンダ 宛名職人」しか存在しない時代が続いておりましたが、ようやくここに割り込むアプリが登場です。

 宛名職人は、Mac App Storeでも「宛名職人Ver.21 - AGENDA」として購入可能になりましたが、お値段が9,400円と非常に高価。

 それに比べ、『筆ぐるめ Classic for Mac』は、消費税込み3,700円と非常に買いやすい価格に抑えられています。

 できれば、両ソフトが切磋琢磨して、安く品質の良いアプリとして成長していってほしいもの。宛名職人は、ユーザーの自分が言うのもなんですが、残念ながら競争のない無風状態にあぐらをかきすぎてきたように思います。

 さて、販売開始されたばかりの『筆ぐるめ Classic for Mac』。実力はいかほどでしょうね。住所録は、Macの「連絡先.app」のvCard形式ではないようで、Macに登録した住所をそのまま使えるわけじゃなさそうです。

 もっとも、iCloudで連絡先をWindows PCにも同期している人なら、簡単にcsvなりに変換して読み込ませることはできそうですが。あと、フリーウエアのメーラー(メールアプリ)であるThunderbirdを利用して、

  1. 「連絡先.app」から、「vCard として書き出す」
  2. 書き出したvcfファイルを「Thunderbird」でインポート。
  3. 「Thunderbird」から、csv形式でエクスポート

すれば、Macだけで連絡先から、csvデータを得ることができます。

 簡単なことなんだけど、Mac初心者には敷居が高いよね。Mac標準の「連絡先.app」に登録してある住所録を、そのまま『筆ぐるめ Classic for Mac』で使えるようにしてくれれば一番いいんだけどね。

 それでも、3,700円の宛名書きアプリが登場したのはありがたい。素直に喜びましょう。

« Microsoft OfficeがiPhone対応に! WordもExcelもPowerPointも全てユニバーサルアプリになりました。 | トップページ | 写真をコミック調に変換してくれるMacアプリ「Pop Dot Comics」が、70% OFFの300円! »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Microsoft OfficeがiPhone対応に! WordもExcelもPowerPointも全てユニバーサルアプリになりました。 | トップページ | 写真をコミック調に変換してくれるMacアプリ「Pop Dot Comics」が、70% OFFの300円! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ