隠れJTマーヴェラスファンページ

« 英国靴ローク(Loake)のロイヤルブローグが1万5千円と格安だったのでポチッとな。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る』です。 »

2015年1月18日 (日)

イギリス靴 ローク(LOAKE)ロイヤルブローグのレビュー。サイズ感を中心に…

 英国製のフルブローグ靴を1万5千円以下の格安で購入した話は、さっき書きました。

 というわけで、届いた[ローク] LOAKE C840 ROYAL BROGUEについて、簡単にレビューします。通販で靴を買う際の悩みの種は、サイズ選び。というわけで、サイズ感を中心に書きますね。

Img_4623_2

 ↑ おいらの購入した1つは、パテントレザー(エナメル)なので、めっちゃ派手です。ツヤツヤです。

Img_4635

Img_4636

Img_4638a

Img_4652

Img_4656

 とりあえず、写真並べてみました。しかし、たったの1万5千円で、グッドイヤーウェルト製法の英国製が買えるなんて、ありがたい話です。英国王室御用達が1万5千円。円安なのにね。

 写真の通り、外羽根のロングウィングチップ。セミブローグにしろ、フルブローグにしろ、穴飾りのある靴はおっさんが履くものと若いころは思っていましたが、エナメルのフルブローグを見ると若造こそ履くべき、って思ってしまいます。

Img_4664

 箱を見ると、「Made To Order」とありますから、別注品ですね。通常ならレザーソールであるところを、かつてモッズに人気を博したマーチンソール(ヒートシールドソールと呼ばれる分厚いエアクッションソール)に変更、カーフレザーをパテントレザーに変更した商品、という立ち位置のようです。

 ラストは、LOAKE(ローク)の靴の中では最も有名で最も売れた「タッセルローファー」と同じ「97」で、ウィズは「Ex」です。つまり、LOAKE(ローク)の靴の中で最も細い木型であり、幅です。

 ただ、LOAKE(ローク)の他の靴はしらないけど、「タッセルローファー」は若い頃に履いていたという人は多いはず。そういう方は、当時のサイズ感を思い出していただければ大丈夫です。

Img_4641

Img_4662

 上の写真が今回のフルブローグ。下がタッセルローファーです。ともに、Last 97、Made in Englandと表記されています。

 で、このラスト97のExウィズですが、JIS規格のE相当。あるいはそれよりやや狭めかもしれません。私は、タッセルローファーはUK9を履いていますが、今回はUK10を選びました。足長275mmの私の場合、ジャストサイズはUK9.5だと思いますが、amazonには残念ながらハーフサイズがなかったので。

 ただ、UK10でかかとが抜けるくらい緩いかというと、今のところ全くそんな感じはありません。私の足は、足長275mmでEEEのおっさんの足です。ですから、革靴というか、紳士靴のサイズは27-27.5cmのEEEあたり(Regalなら26.5でも履けますが)だったりします。ナイキ等のスニーカーは28cmですけどね。

 で、この日本でいうところの27.5cmというのは、UK9もしくは、UK9.5あたりになります。ただ、上で説明した通り、今回の[ローク] LOAKE C840 ROYAL BROGUEは、ウィズがExと狭いのでUK9ではなく、UK10にしました。

 スリッポンの「タッセルローファー」は、少しでも緩いとかかとが抜けて歩きにくいので、こちらはきつめのUK9です。同じラストで同じウィズの靴ですけど、サイズを変えました。

Img_4643a

Img_4645

Img_4647

 サイズ感の比較のために、ABCマート等で安く(でも、一応グッドイヤーウェルト製法)販売されている27.5cmの「ビバ グラフィティ ウイングチップブーツ 6 COLORS VG-5001 VIVA GRAFFITI WING TIP BOOT BLACK/CAMEL/GREEN/MAROON/NAVY/REDfs04gm」とUK10の[ローク] LOAKE C840 ROYAL BROGUEを並べてみました。

 中のシューキーパーの開き具合をご覧いただければお分かりの通り、ほぼ同じサイズです。つまり、

の2つは、ほぼ同じサイズ感(実際はロークの方が革の良さもあり、圧倒的に履きやすいですし、履き始めから指を自由に動かせるくらいの余裕もあります。)です。
 厳密に言えば、ハーフサイズ下げるべきというか、むしろハーフサイズ小さめのUK9.5がほしいんですけど、amazonにはないのね。それだけが残念。

 今後履きこめば、コルクが沈んでさらに余裕が出てきそうですが、その時はインソールで調整しようと思っています。UK9の「タッセルローファー」を履いている経験から言えば、今回のロイヤルブローグもUK9を選んでも良かったかもしれません。でも、UK9だとちょっと指先が当たっている、捨て寸が足りていないような気がしたので、今回は1サイズ大きめにしてみました。

 しばらく履いて、サイズ感が変わってきたら、またレビューします。

 とにもかくにも、英国靴入門として、LOAKE(ローク)の靴は最高です。グッドイヤーウェルト製法のMade in Engrandが、クーポンコードでたったの15,000円ですよ。狙っていた方は、この機会にぜひどうぞ。きちんと手入れすれば、一生履けますよ。エアクッションソールが磨り減ったら、次はレザーソールにオールソールすれば1粒で2度美味しいわけで。おすすめです。

« 英国靴ローク(Loake)のロイヤルブローグが1万5千円と格安だったのでポチッとな。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る』です。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 英国靴ローク(Loake)のロイヤルブローグが1万5千円と格安だったのでポチッとな。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ