隠れJTマーヴェラスファンページ

« Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『人見知りが治るノート』です。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、浅田次郎著『オー・マイ・ガアッ!』です。 »

2015年4月27日 (月)

ピレリ Cinturato P1のレビュー

 先月、うちのクラシックカー 98年式W202 C240が車検だったのですが、そのときは8分山のスタッドレスを履いていました。

 こいつのサマータイヤは、購入当初から付いていたミシュラン Energy MXV8。冬はスタッドレスに履き替えていますし、そのスタッドレスは2セット消化しているのですが、サマータイヤはトータル10万km(うちサマータイヤで走ったのは6-7万kmなのかな?)走って、10年以上もちました。

 スタッドレスは、この10万km走行の間に2セット消費しているわけですが、スタッドレスの場合、たとえ溝は残っていても遅くとも4-5年で交換しないと、いざという時心配なわけですね。というわけで、6-7部山程度で交換/廃棄しています。

Img_5754

Img_5755

 ↑で、大昔のミシュラン Energy MXV8ですが、ここまで減っていても十分なグリップを発揮してくれていました。寿命末期まで、十分な性能を維持してくれたのはさすがミシュランといったところでしょう。

Img_5762

 ↑近くで見ると、経年変化でゴムが硬化し、トレッド面はかなりひび割れし、欠けも目立ちます。

 で、今回、スタッドレスからサマータイヤに戻す際に、このミシュランは廃棄して新しいタイヤを装着しようと物色していたのですが、ミシュランの性能を経験してしまうと、次もやはりミシュランと思ってしまうわけですよ。

 というわけで、次期タイヤとして理想的だったのは「MICHELIN(ミシュラン) ENERGY SAVER」。MXV8の何世代か後の後継モデルです。

 当然、MXV8よりはるかに性能もアップしているでしょうし、交換用としては申し分なさそう。でも、195/65R15で1本8,500円ほどなのね。車検代、払ったばかりだからちょっとつらいなぁ。8,500円×4本+工賃6,480円=40,480円ですからね。4万円オーバーは厳しい。

 で、見つけたのがPIRELLI(ピレリ) Cinturato P1なわけです。中国製のアジア市場向けタイヤなのですけど、レビュー等を見る限り意外と高性能なようで。ピレリは中国資本になっちゃいましたので、今後もこのような廉価でそこそこの性能のものを供給してくれるかどうかは不明ですが。これが、私の購入する最後のピレリになる可能性は高そう。

 私が購入したのは、こちらの「TIRE Styele」というショップ。送料無料で、1本6,000円(消費税込み)でした。

 こちらのお店「タイヤスタイル」さんは、楽天にも出店していて価格は同じです。私は、Tポイントが少々あったので、「Yahoo!ショッピング」で購入しましたが。

 1本あたりの価格は、こちらより安いお店はあったのですけど、送料が割高だったりで、トータルでは購入時は「タイヤスタイル」さんが一番安かったんです。

 しかし、今見るとさらに安いお店がありますね。私が探していた時はなかったんだけど。それは、「オートウェブ」さん。1本5,400円で1万円以上で送料無料です。つまり、2本買えば送料無料。

 最安値は逃しましたけど、6,000円×4本+工賃6,480円=30,480円と、ミシュランより1万円安く済んだので、良しとしましょう。

Img_5767

Img_5770

Img_5772

 肝心の履き替えた後のレビューですが、

  • スタッドレスから乗り換えたのに、スタッドレスと変わらぬあたりの柔らかさ
  • 通常走行ではかなり控えめなロードノイズ
  • まだ一皮むけてませんが、グリップは十分
  • ハンドルがダルな印象もなし
  • スタッドレスからの履き替えなので、当然ハンドルは接地感を増しています
  • その反面、よく転がる

といった感じで、値段の割にしっかりしたタイヤでした。

 特にエコタイヤらしい転がりやすさは特筆すべきものがありまして、いつもと同じ感覚で赤信号のかなり手前でアクセルから足を離してエンブレで減速、最小限のブレーキングで止まるという運転をすると、あらら止まらない!、強めブレーキが必要って感じになります。もちろん、すぐに慣れましたけどね。

 スタッドレスからの履き替えだからこそ、感覚が大きく違ってしまったということもありますが、それを割り引いてもよく転がるタイヤであることはまちがいなさそうです。

 PIRELLI(ピレリ) Cinturato P1は、回転方向の指定はありませんが、アウトサイド/インサイドは指定されています。

 このGWに高速使って遠出して、高速走行時にノイズやグリップもわかれば報告します。

 他の方のレビューを見る限り、ウェット性能も良さそうなので再来月の梅雨の季節も安心かな。

 うちのクラッシックカーのサマータイヤは、多分これが最後でしょう。タイヤが減りにくいというのは、サスペンションがしっかり仕事をしているからなんでしょうね。サスの性能が悪くて、タイヤの性能だけに依存しているクルマは、タイヤの減りが早いようですし。

Img_5836

 というわけで、クラシックカーながらなかなかエコなC240です。もっとも、最近になって生涯平均燃費はリッター9.62km(レギュラーガソリンです)とリッター10kmの大台を割り込んでしまいましたが。今回のタイヤ交換で、再び生涯燃費がリッター10kmになればありがたいんですけどね。

 燃費記録に使っているiPhoneアプリは、「DriveMate Fuel - CARMATE」です。便利ですよ。このアプリもおすすめです。

« Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『人見知りが治るノート』です。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、浅田次郎著『オー・マイ・ガアッ!』です。 »

自動車・バイク」カテゴリの記事

コメント

あ、X-ICEじゃなくて、その前のDRICEだった。

ドラゴンとか評判良くなかったので、躊躇してたんだけど値段に釣られましたw

それと昔の素晴らしかった時代のイメージが強いのね、ピレリ。室内模型飛行機用の動力ゴムもピレリ。スーパーカーにはP7。バイクにはピレリファントムって感じで。

あと、今履いてるスタッドレスはブリザックなんですが、その前がピレリのICE STORM3(アイスストームキューブ)だったのね。これがよかったのよね。その前のミシュラン X-ICE以上に。

アイスキューブはTOYOタイヤOEMのMade in JAPANでしたので、性能が良くて当然なんですけど。

買ってしまったものは仕方ないんで、しばらく様子みます。もうそんなに飛ばす年でもないし、安全運転を心がけます。

バランスは、1本はウェイトなしで完璧。残り3本も5g-15gのウェイトで済んでるので、精度はそれほど悪くなさそうです。中国工場は、最新設備なのでそのあたりの精度は出せてるみたいですよ。

ピレリとミシュランを比較してはダメです。
私は、2度ほどピレリでヤバい経験が有るので、ハイグレードタイプ以外は常にピレリは候補から外してます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ Cinturato P1のレビュー:

« Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『人見知りが治るノート』です。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、浅田次郎著『オー・マイ・ガアッ!』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ