隠れJTマーヴェラスファンページ

« JOHNSTON&MURPHY(ジョンストンアンドマーフィー)の靴がお買い得! | トップページ | App Store、一部ソフトがマルウエアに感染 »

2015年9月22日 (火)

Apple、「OS X El Capitan Public Beta 10.11.1」と「OS X Server 5.0.4」の配布を開始!

 Appleが、「OS X El Capitan パブリックベータプログラム」参加者向けに、「OS X El Capitan Public Beta 10.11.1」の配布を開始しています。

20150922_91442

 私の環境では、USB周り以外は、非常に安定している「OS X El Capitan Public Beta」ですが、今回のアップデートで、USB周りが完璧になっていたらありがたいです。

 El Capitanの正式配布日は、10月1日(日本時間では、10月2日)ですから、もう最後の仕上げの段階とは思うのですけれども。

 さらに、Macを強力なサーバーにしてくれる「OS X Server 5.0.4」も配布されています。

20150922_92437

 こちらは、同じバージョンの「OS X Server 5.0.4」で、現行OS Xの「OS X Yosemite」でも、そして次世代OS Xの「OS X El Capitan」でも、どちらでも動作するようになっています。

 今までは、OS Xのバージョンアップごとに、「OS X server」を購入しなおす必要があったのですが、「OS X El Capitan」では再購入の必要がなさそうです。もっとも、「OS X server」は、Windows Serverとは異なり、クライアント数無制限でたったの2,400円!という、超絶お値打ちサーバー環境なのですけどね。

 上のスクリーンショットをご覧いただければわかりますが、「OS X server」を導入すれば、

  • iOS 9ユーザーは、簡単にOS X Serverにアクセスしたり書類を保存できます。共有ポイントを作成すると、iOSデバイスでそのポイントを共有でき、SMBやAFPといった従来のファイル共有プロトコルを使ってアクセスできるようになります。これにより、ユーザーはiOS 9とOS X 10.11の両方から書類を開き、編集し、保存することができます。

と、容量に制限のあるiCloud(有料プランで、容量を増やすことは可能ですが)ではなく、OS X server」内のストレージを、iCloud ドライブのように利用することが可能となります。

 もうこれは、Macユーザーなら、そしてiPhoneやiPadを使っておられるなら、「OS X server」を導入するしかないでしょ。接続はもちろんVPNで安全性も確保されていますし、おすすめですよ、「OS X server」。

« JOHNSTON&MURPHY(ジョンストンアンドマーフィー)の靴がお買い得! | トップページ | App Store、一部ソフトがマルウエアに感染 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« JOHNSTON&MURPHY(ジョンストンアンドマーフィー)の靴がお買い得! | トップページ | App Store、一部ソフトがマルウエアに感染 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ