隠れJTマーヴェラスファンページ

« Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、手塚治虫の『ばるぼら 1』です。 | トップページ | Amazon、Apple純正品同様コネクタ部分のコンパクトな「USB-ライトニングケーブル」の販売を開始! »

2015年9月 7日 (月)

「LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270」が、1,780円とお買い得! 一応、Macでも使えます。

 ワイヤレスキーボードでは、例えばBluetoothキーボードにしても、キーボードの省電力のためにスリープ復帰に時間がかかる(入力できるようになるまで数秒必要)とか、1文字目を取りこぼすとか、少々使い勝手の悪いところがあります。

 ところが、Bluetoothではない独自の2.4GHzワイヤレス通信を行うロジクールのキーボードは、この手の使い勝手の悪さは一切ありません。そんなわけで、私はMacBook Airのテンキーは、ロジクールのN305を愛用しています。

 本日、amazonのタイムセールで、テンキーではなくてフルキーボードのLOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270が、1,780円とお買い得です。

 基本、Windows用キーボードですが、Appleでは、Mac miniの販売を開始した時に、Apple製キーボード(マウスもですが)を標準添付せず、Windows用キーボードを流用するするような使い方を推奨していました。

 WindowsユーザーをMacに乗り換えさせるための方策(スイッチMac キャンペーン)だったわけですが、そんなわけで一応Windows用キーボードも、Macで利用可能です。

 ただ、厳密には対応していないキーももちろんあるわけで、そのような細かな使い勝手の悪さを改善してくれるユーティリティもあります。それが、Seilという便利なツール。かつては、その名もずばり「PCKeyboardHack」という名前だったわけですが、今はSeilです。

 MacBook Air等のノート型Macを自宅や職場では、大きな液晶ディスプレイにつなげて、クラムシェルモードでデスクトップMacのように使っておられる方には、お値段を含め、なかなか良いキーボードかもしれません。

 ロジクールの一連の製品は、USBポートに挿す小さな受信機(Unifyingレシーバー)1台で、6台までのN305を含むUnifying対応キーボードやマウスに対応できますから、貴重なUSBポートがワイヤレス機器の数だけ必要ってことはありません。これは、ロジクールのUnifying対応ワイヤレス機器の2番めのメリットですね。

 もちろん、一番のメリットは、ワイヤレスなのにキーの取りこぼしが一切ないこと、遅延が一切ないところです。

« Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、手塚治虫の『ばるぼら 1』です。 | トップページ | Amazon、Apple純正品同様コネクタ部分のコンパクトな「USB-ライトニングケーブル」の販売を開始! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、手塚治虫の『ばるぼら 1』です。 | トップページ | Amazon、Apple純正品同様コネクタ部分のコンパクトな「USB-ライトニングケーブル」の販売を開始! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ