隠れJTマーヴェラスファンページ

« ハンドソーンウェルテッド製法でレザーソール、でもって1万円未満のストレートチップ「グレンフォード」について。 | トップページ | トリッカーズのカントリーブーツがお買い得! »

2015年10月18日 (日)

HP Compaq 2230sのハードディスクをSSD(Transcend TS256GSSD370S)に換装したら、あと10年戦えそうでびっくり!

 3年前に9,999円で購入した、「HP Compaq 2230s(KH119AV)」というノートPC。Core2Duoに160GB HDDという構成でしたが、Windows 8.1 Proをインストールして仕事で使うには十分な性能でした。

 が、さすがに古いHDDも心配(とは言え、重要ファイルは、全てファイルサーバー上にあるので、HDDが飛んでも問題はない。)だったので、安くなったらSSDに換装しようと思っていたわけなのですが、ついに交換する時がやってきました

 256GBのSSDが、1万円を切ってる(表示価格から、会計時にさらに5% OFFになります。)んですから。

Img_7523

 届いたSSDTranscend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370Sは、こちら。 

Img_7388

 2台あるのは、10年近く昔のMacBook Pro 15(Core2Duo)の換装も考えているからです。

 パッケージの中には、3.5インチベイに内蔵するためのブラケットも付属。ビス類も完備し、さすがトランセンド、客の手をわずらわせません。

 私は、MacBook Air (13-inch, Mid 2012)のフラッシュストレージを、トランセンド製の960GBのSSDに交換して以来のトランセンドファンです。今のところ、まだ裏切られていませんし、たいへん信頼しています。

Img_7392

 

「HP Compaq 2230s(KH119AV)」は、裏面のビスを4本緩めるだけで、メモリとハードディスクにアクセスできます。

Img_7394

Img_7396

Img_7398

Img_7400

 というわけで、物理的に交換すること自体は、何も難しくありません。問題は、元のHDDにインストールされていたOS(Windows 8.1 Pro)やアプリケーションプログラム、データ類の移行ですね。

 これも、いろいろな方法があるのですが、面倒で時間のかかることが嫌いな私は、「HDD&SSDデュプリケーター【LHR-2BDPU3】」にお出まし願いました。

 普段は、USB 3.0接続の外付けハードディスクスタンド(しかも、2ドライブ)として利用している「HDD&SSDデュプリケーター【LHR-2BDPU3】」ですが、本来はHDDやSSDをまるっとコピーするデュプリケーターでもあるわけです。そして安い!

 しかも、3.5インチのHDDも、2.5インチのHDDやSSDも、どちらも使えるという便利さ。これは、持っておいたほうがいいですよ。普段は、普通に外付けハードディスクとして使えますし。

Img_7406

 というわけで、手前のスロットにコピー元のHDDを、奥のスロットにコピー先のSSDを入れて、真ん中の「CLONE」ボタンを長押し。

 すぐにクローニングが始まり、小1時間(45分ほどでした)で160GBのHDDの内容は、まるっとそのまま256GBのSSDにコピーされました。

 コピーが終了したら、分解時とは逆の手順で、SSDを「HP Compaq 2230s(KH119AV)」に内蔵して、電源を入れればあっという間にWindows 8.1が起動します。さすがSSD! 起動しただけで、爆速なのがわかります。

2230_001

 ただし、パーティションごとまるっとコピーされますので、256GBのSSDだったのに、Cドライブのプロパティを見ると、上の通り160GBの容量しかありません。

 というわけで、次に行うのはパーティション(ボリューム)の拡張ですね。「コンピューターの管理」を起動し、「ディスクの管理」で拡張したいボリュームを右クリックします。

2230_002

2230_003

 すると、「ボリュームの拡張」というメニューがありますから、それをクリック。

2230_004

 「未割り当ての領域」全体が、自動的に選択されますので、「次へ」をクリックすれば、あっという間にCドライブが拡張されます。

2230_005

 昔は、パーティションマジックなど特別なツールのお世話になったものですが、今はWindowsの機能のみでボリュームの拡張も縮小も自由自在です。

2230_006

 Cドライブのプロパティも、ご覧の通り。きちんと256GBの容量が確保されました。空容量も十分増えましたし、これで当分は安心です。ご存じと思いますが、SSDは空容量が多ければ多いほど、長持ちします。

 ついでなので「Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370S」のベンチマークを取ってみました。

 ただし、「HP Compaq 2230s(KH119AV)」のHDDスロットはSATA2接続ですから、速度はあまり期待できません。

2230_007

 それでも、上の通りRead/Writeともに250MB/sオーバーと、十分な性能。この性能が1万円未満で手に入るわけですから、もう載せ換えるしかないでしょ?

 大昔のCore 2 Duo機も、ハードディスクをSSDに換装するだけで、ビジネス用途なら十分な戦力になりますよ。たとえSATA-2接続でも、SSDへの載せ替えはオススメです。

【関連記事(下ほど古いです)】

« ハンドソーンウェルテッド製法でレザーソール、でもって1万円未満のストレートチップ「グレンフォード」について。 | トップページ | トリッカーズのカントリーブーツがお買い得! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハンドソーンウェルテッド製法でレザーソール、でもって1万円未満のストレートチップ「グレンフォード」について。 | トップページ | トリッカーズのカントリーブーツがお買い得! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ