隠れJTマーヴェラスファンページ

« イタリアはアンダーソンズのカーフベルトとスエードベルトが50% OFFの8,640円とお買い得! それぞれ4色あり。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『仕事は楽しいかね?』です。 »

2016年1月 4日 (月)

【紳士靴は英国製に限る!】BOWEN(ボーウェン)のウッドベリーにヴィンテージスチールを装着

 先日購入した、BOWEN(ボーウェン)のウッドベリー

Img_8004

Img_8002

 なぜか私の購入した黒のカーフの方はお買い得価格で、ライトブラウンのスコッチグレインレザーの方は、倍ほどお値段が高いわけですが…

 履き慣らしを兼ねて、室内でのデスク作業時に何時間か履いていますが、まだ外で履こうという気にはなりません。ダブルウェルトでトリプルレザーソールのこいつは、少々手強そうなので、もう少し室内で履き込む予定です。

 分厚いソール→返りが悪い→つま先が削れる、というのはアルフレッド・サージェントのカントリーブーツで経験しているので、今回は履きおろす前にヴィンテージスチールを付けてもらいました。

 いつもの京都駅裏です。お値段1,990円(税別)也。私の知る限り、最安値です。

 賛否両論あるヴィンテージスチールですが、私が靴を履いて伺う場所で、木の床で傷つけてしまいそうなところは今のところありません。というわけで、スチールが好きなわけじゃないのですけど、貧乏性で付けました。

Img_8340

Img_8342

Img_8346

 お値段は安いのですけど、仕上がりはごくごく普通でしょ?

 いつもなら、レザーソールにはビブラムのウロコのハーフラバーもお願いするのですが、今回はレザーソールのまま楽しむことにしました。せっかくのトリプルレザーソールですし。半張りするのは、1枚目に穴が空いたときでいいでしょ。

 ハーフラバーせずレザーソールのままにしているのは、ハンドソーンのストレートチップとこのボーウェンだけなので、ホテルやデパート、歩道のタイル等で滑らないように注意しないとね。

 BOWEN(ボーウェン)は、おフランスのセレクトショップですが、靴の製造はイギリスのAlfred Sargent(アルフレッドサージェント)です。ボーウェン by アルフレッド・サージェントとして販売されているモデルもあります。

 Alfred Sargent(アルフレッドサージェント)の靴は大変高くなっちゃいましたけど、BOWEN(ボーウェン)は比較的お手頃な価格になっています。知名度の違いでしょうけどね、日本での。

 靴としてはまちがいないものですから、個人的にはおすすめですよ。スコッチグレインの方も安くならないかなぁ。

« イタリアはアンダーソンズのカーフベルトとスエードベルトが50% OFFの8,640円とお買い得! それぞれ4色あり。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『仕事は楽しいかね?』です。 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

ねりま様

海外からの発送だったのでしょう? それはラッキーでしたね。

革靴の個人輸入は、本当に関税がもったいないです。TPPで日本の消費者が一番恩恵を受けそうなのは、革靴ですね。

もっとも、TPPに賛成か?と言われると微妙なところですが。

ご回答有難うございます。
無事届きまして関税はとられませんでした。
決済時に関税云々というのはなかったのでちょっとは安心してたのですが、内心ドキドキでした。また何か有りましたら、ご教示宜しくお願い致します。

ねりま

ねりま様

ご無沙汰しております。

Amazon JPでの購入ですか? 本家amazon.comやamazon.co.ukではなく?

Amazon JPでの買い物の場合、海外からの発送じゃない限り関税は請求されないですが、海外からの発送(マーケットプレイスの業者が海外の場合)であれば、ほぼ100%関税と消費税はかかってくるかと。

amazon.comの場合は、会計時に関税分とかも徴収されますよね、最近では。

ご無沙汰しております。ねりまです。
相変わらずの買い物上手、感服しきりです。

少しお尋ねしたいことがありましてコメントしております。
先月Amazon jpでtrickersのmayfairを購入しました。まだ届いていませんが、関税を請求されることってありますでしょうか?
ご経験上教えて頂ければ幸いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イタリアはアンダーソンズのカーフベルトとスエードベルトが50% OFFの8,640円とお買い得! それぞれ4色あり。 | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『仕事は楽しいかね?』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ