隠れJTマーヴェラスファンページ

« Kindle本まとめ買いタイトルが、希望小売価格から最大50%OFF! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『脳を最適化する ブレインフィットネス完全ガイド』です。 »

2016年3月 3日 (木)

Apple、ワイヤレスでも有線でも使用可能な新型イヤホン(EarPods)の特許を取得。

 Appleが、ワイヤレス(Bluetooth)でも有線でも使用可能な新型イヤホン(EarPods)の特許を取得したようです。

Earpod

 AppleのiPhone 6は6.9mm、iPhone 6sは7.1mmと非常に薄いモデルなのですが、さらに薄く設計するには、3.5mmイヤホンジャックを廃止せざるをえなくなります。

 そのため、iPhone 7ではイヤホンジャックが廃止され、ライトニングコネクタ接続の新型「EarPods」が添付されるとのもあります。

 しかし、今回の特許となった新型イヤホンは、Bluetoothに対応し、ワイヤレスでも、そしてマグネットコネクタで有線でも使えるという設計です。

 これなら、最近になっている、ヘッドホンジャックは廃止、より薄いライトニングコネクタ装備のiPhone 7であっても、Bluetooth接続で対応可能なわけで。

 Bluetooth接続については、かつては音質面での大きな不利もありました。が、AACコーデック対応のBluetoothであれば、iPhoneで聴く音楽用としては十分です。もっとも、AACの音源とハイレゾ音源を比較すれば、そりゃ違うわけですけど、iPhoneにそこまでの高音質が求められているのかと言われると?ですし。

 今年の秋に販売開始されるであろう新型iPhone 7には、この無線・有線両対応のイヤホンが添付されるのか、それともライトニングコネクタのイヤホンなのか、ごく普通のBluetoothイヤホンなのか。

 iPhoneでハイレゾ音源を聴きたいという層なら、ハイレゾ対応も可能であろう「ライトニングコネクタ接続のイヤホン」に魅かれるでしょうし、そこまでこだわらない層には「AACコーデック対応のBluetoothイヤホン」で良さそうですけどね。

 個人的には、今回の特許がそのまま新型EarPodsにつながる可能性は低いように思います。わざわざコストアップ要因となる有線対応にしなくても、Bluetooth接続だけで十分ですから。

 iPhone 6 Plusを紛失した私は、今月発表されるであろうiPhone SEもしくは、秋のiPhone 7を買うことになるわけですが、iPhone SEにiPhone 7を待つ以上の魅力がありそうな気がします。

 というのも、今は4年前のiPhone 5を再利用(バッテリーが寿命で、電池持ちが悪いの難点なのですが)しているのですけど、私の使い方では「Touch ID」機能以外は、iPhone 5でも十分なんですよね。

 しかも、iPhone 5ならスーツの内ポケットでも、チノパンのポケットでも簡単に収まって邪魔にならない。これがiPhone 6 Plusだと専用のバッグなりなんなりが必要になるわけですが。

 あとは、iPhone SEの価格とフラッシュストレージの容量次第。できれば128GBモデルが欲しいですけど、きっと用意されないでしょうから、64GBモデル。価格は、iPhone 6の64GBモデルが93,744円(税抜き86,800円)ですから、これより安ければいいのですけどね。

 しかしiPhone、高くなっちゃいましたね。当分、飲みに行けない日が続きそうです。

« Kindle本まとめ買いタイトルが、希望小売価格から最大50%OFF! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『脳を最適化する ブレインフィットネス完全ガイド』です。 »

音楽」カテゴリの記事

iPhone・iPod・iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Kindle本まとめ買いタイトルが、希望小売価格から最大50%OFF! | トップページ | Kindle日替わりセール。本日のお買い得な1冊は、『脳を最適化する ブレインフィットネス完全ガイド』です。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ