隠れJTマーヴェラスファンページ

« ワイヤレステンキー「ロジテック N305」の代替は、「iclever USB ワイヤレステンキー」で十分! | トップページ | Amazon、「サイバーマンデーセール」始まりました! »

2016年12月 5日 (月)

「MacBook (Retina, 12-inch)」ユーザー必携のUSB Type-C ハブ「HooToo シャトル Type-Cハブ (HT-UC001)」は、PD対応でHDMI出力あり。おすすめ!

 メインのMacを、MacBook Air (13-inch, Mid 2012)から、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)に変更しました。

 ご存知の通り、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)には、充電兼用のUSB Type-Cポートが1個あるだけ。極限まで無駄!?を削ぎ落とした、究極のモバイルMacとなっています。

 そのおかげで、1kgを切る軽さを実現しつつ、バッテリー駆動時間は10時間を確保しているわけですが。

 今まで、普通にSDカードスロットや、USB Type-Aの周辺機器、HDMI出力を使っていた人は、とりあえずこれらを使えるようにするために、USB Type-C接続の拡張デバイスを購入する必要があります。

 で、私が購入したのがこちらのHooToo USB C ハブ HT-UC001

 HooToo USB C ハブ HT-UC001は、

  • USB 3.0 Type-Aポートが3個
  • HDMI出力ポートが1個
  • SDカードスロット(最大2TBまでのSD/SDHC/SDXCに対応
  • USB PD対応の充電用USB Type-Cポートが1個

を備えています。

 これ1つあれば、従来のUSB機器も、SDXCカードも、4Kモニタ(ただし、30Hz駆動)も、フルHD液晶ディスプレイもつなげることができます。

 しかも、充電用にUSB Power Delivery搭載のUSB-Cポートが付いています。つまり、周辺機器をつないだ状態で、MacBookに標準添付の29W ACアダプタや、Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Deliveryを接続すれば、MacBookを充電可能なんです。

Img_3056

Img_3058

 iPhoneの紙箱ほどじゃないですけど、それでも十分にしっかりした紙箱に収められています。

 さすがに、iPhoneの箱のように、本体のカラーごとに前面の写真が異なったりはしませんが。

Img_3095

Img_3097

 ↑蛍光灯下で撮影しましたので、色が正しく再現できていませんが、MacBook本体のカラー及び仕上げにかなり似ております。

 ボディはアルミ製で高級感すらあります。

 さっそく、HDMIポートにフルHDディスプレイをつないでみました。もちろん、ミラーリングもできますし、MacBookの内蔵ディスプレイとは別の画面を表示することも可能です。

2screen

 ↑こんな感じで、「システム環境設定…」の「ディスプレイ」で調整できます。

 もちろん、USBポートにUSBメモリや、外付けSSD等をつないでみましたが、全く問題なく使えました。素晴らしい!

 さらに、MacBookに標準添付のACアダプタをつなぐと、29Wではなく24Wで電力が供給されます。

29w

 ↑は、MacBookに直接、純正ACアダプタを挿したときのもの。29Wと表示されています。

 ↓は、純正ACアダプタをHooToo USB C ハブ HT-UC001に挿したときのもの。24Wと表示されています。

24w

 つまり、HooToo USB C ハブ HT-UC001が5Wほど食ってしまうということなのでしょう。

 また、これを見ていたときに面白い発見をしました。29WのApple純正ACアダプタではなく、Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Deliveryを使うと、なんとMacBookに45Wで給電されるんです。

45w

 ↑は、Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Deliveryを、MacBookのUSB Type-Cポートに直接挿したときのもの。45Wと表示されています。

 ↓は、Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power DeliveryHooToo USB C ハブ HT-UC001に挿し、ハブからMacBookのUSB Type-Cポートに挿したときのもの。40Wと表示されています。

40w

 ここでも、HooToo USB C ハブ HT-UC001が5W消費しているわけですが、Anker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Deliveryを使えば、MacBookを45W-40Wで充電できるようです。

 当然、充電時間は短縮できそうですよね。

 このあたりについては、また時間が取れたらきっちり検証してみたいと思います。

 話がAnker PowerPort+ 5 USB-C USB Power Deliveryに飛んじゃいましたが、HooToo USB C ハブ HT-UC001もコスパとその仕上がりを考えると、MacBookユーザーにはオススメの周辺機器です。

 おすすめというより、全MacBookユーザー必須アイテムかもしれません。

« ワイヤレステンキー「ロジテック N305」の代替は、「iclever USB ワイヤレステンキー」で十分! | トップページ | Amazon、「サイバーマンデーセール」始まりました! »

Mac」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワイヤレステンキー「ロジテック N305」の代替は、「iclever USB ワイヤレステンキー」で十分! | トップページ | Amazon、「サイバーマンデーセール」始まりました! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ