隠れJTマーヴェラスファンページ

« Mac用ダウンローダー「Folx GO+」が90% OFFの120円とお買い得! | トップページ | 立ちゴケの心配なし! ホンダが自立するバイク「Honda Riding Assist」を世界初公開! »

2017年1月 5日 (木)

OWCが、新しいMacBook Pro用の一体型拡張ドックを開発中とか!?

 拡張ポートは、4個のThunderbolt 3ポートのみとなった新しいMacBook Pro。

 拡張ポートだけでなく、メモリもフラッシュストレージも基盤に直付けのこのモデルは、後から何も増設することができません。

 そんな拡張性の乏しいMacBook Proのために、OWCが、新しいMacBook Pro 15インチモデル用の一体型拡張ドック OWC DECの開発を進めているようです。

 OWCは、MacBook AirやMacBook Pro Retinaのリプレース用フラッシュストレージ(SSD)等で有名なサードパーティです。

Backtobackcomputers

 OWC DECは、MacBook Proにストレージとポートを追加するソリューション。

 精密に機械加工されたアルミニウムのボディには、NANDフラッシュストレージ(最大4TB)が内蔵され、さらに下記の追加のポートも。

  • SDカードスロット
  • 3個のUSB 3.0 Type-Aポート
  • ギガビットイーサネット

 多くの人は、おそらくDECをデスクトップで使用しますが、こいつは完全にモバイルも可能です。

 DECは、新しいMacBook Proを、光学ドライブ付きの旧MacBook Proと同じ厚さにする予定です。当然重量は増えますが、OWCは、2012年の光学ドライブMacBook Proよりは100g前後軽くすると言ってます。

 DECのせいで、厚みと重量を増加しますが、MacBook Proは本当のプロマシンになります。

 OWCでは、特定の構成でミニDisplayPortを提供することも検討しており、追加のバッテリを内蔵することも検討中。

 基盤に直付けされたRAMをアップグレードすることはできませんが(Appleノートパソコンでは2012年以降に許可されていないものがあります)、DECはおそらく、Touch Bar MacBook ProをAppleがかつて提供していたMacBook Proの拡張性に戻す最も近いソリューションです。

 DECの唯一の気がかりは価格です。 OWCは価格設定を発表しておらず、大容量のNANDメモリチップを搭載すれば、高価になると予想されます。

 ただし、DECの4TBモデルは、Apple StoreでMacBook Proを256GBから2TBにCTOするのに要する費用よりも安いとOWCは言ってます。Apple Storeでの価格は、$1400。つまり、これよりは安い価格で、4TB DECは購入できます。

 さて、このDEC。MacBook Proのボトムケースと交換する形なのでしょうか? また、ポート類はどこに接続されるのでしょうか? わざわざ一体型にしなくても、Thunderbolt 3接続の外付けデバイスの形で良かったような気がしないでもないんですけどね。

« Mac用ダウンローダー「Folx GO+」が90% OFFの120円とお買い得! | トップページ | 立ちゴケの心配なし! ホンダが自立するバイク「Honda Riding Assist」を世界初公開! »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OWCが、新しいMacBook Pro用の一体型拡張ドックを開発中とか!?:

« Mac用ダウンローダー「Folx GO+」が90% OFFの120円とお買い得! | トップページ | 立ちゴケの心配なし! ホンダが自立するバイク「Honda Riding Assist」を世界初公開! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ