隠れJTマーヴェラスファンページ

« Macで音楽や動画の再生速度を変えるには? QuickTime Playerでスロー再生すればいいじゃない! | トップページ | DBPOWERが「4K アクションカメラ」の販売を開始してた »

2017年7月 4日 (火)

Appleの最新OS「macOS 10.13 High Sierra」、パブリックベータ版が出てます。でもってAdobe CS6、動きそうです。

 先日よりパブリックベータプログラムで、一般ユーザーもバグ出しに参加できるようになったAppleの最新OS「macOS 10.13 High Sierra」ですが、けっこう古めのアプリも動作しています。

High_sierra

 私がいつも真っ先に確認するのが、アドビの「Adobe CS6」。

 私は毎月使用料を払わなければならないAdobe CCがあまり好きじゃなくて、2013年7月に購入した買い切りのAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumをいまだに愛用しています。

 自宅で使用している「MacBook Pro (13-inch, Early 2011)」には、すでにAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumがインストール済み。

 その「MacBook Pro (13-inch, Early 2011)」に、パブリックベータ版の「macOS High Sierra (10.13)」をインストールしたわけですが、Photoshop CS6を立ち上げて確認しただけですが、特に問題なさそうです。

 本当に使用に耐えうるかどうかは、もう少し検証する必要がありますけどね。そのうち、本格的に画像編集で使ってみます。

 なお、ストレージのフォーマットはHFS+ではなく、「macOS High Sierra (10.13)」の肝であるAPFSにしています。この環境でも動作しているということは、個人的にかなり期待してしまうのですけどね。

 Adobe CS6シリーズ。「macOS High Sierra (10.13)」までは大丈夫かもしれません。というか、大丈夫であってほしいです。

 しかし、残念なお知らせも。

 私、ウインドMIDIコントローラーAkai EWI USBに付属のソフトウェアシンセ「Aria」を、GarageBand - Appleでも利用していたのですけど、以下のようなアラートが表示されて、「Aria」のソフトウェア音源をGarageBand - Appleで使えなくなってしまいました。

Aria_plugin

 この「Aria」の音源は、金管も木管も、また弦楽器もPCM録音された素材を元に作られた割とリアル(と言っても価格相応ですが)なソフトシンセで重宝していたのですけどね。

 これは「Aria」開発元のGARRITANの対応待ちになりそうです。

 しかし、開発年時のさらに古いフリーウェア音源「IFW」は、GarageBand - Appleでもちゃんと動作しています。不思議なもんですね。

 ちなみに「IFW」というのは、ウィンドシンセサイザー用に有志様が開発されているフリーのソフトウェア音源で、音自体はまんま昔のT-SQUAREです。昔だから、The SQUAREか。

 こんな音です。「macOS 10.13 High Sierra」GarageBand - Appleで吹いてみました。

 上手い人が吹けば、まんま T-SQUAREなんですけど、へたっぴが吹くと↑のようにアラがさらに目立つなかなか手強い音源です。

 GarageBand - Appleでは使えなくなった、Ariaの音源ですが、標準添付の「EWI USB」アプリケーション本体は問題なく動きますので、「macOS High Sierra (10.13)」環境でも、Akai EWI USBの演奏を楽しむこと自体は可能です。

 単に、音源をガレバンで使えなくなったというだけです。

 でもって、さっきガレバンを使っていて思ったのですけど、「macOS 10.13 High Sierra」ではUSB周りの動作にかなり変更があるようで、Ariaの音源も鳴るときがありますし、IFWが落ちるときもありますね。

 また、EWIでキーを押さえても反応しないときもあったり。USBケーブルを抜き差しすれば直りますが。いずれにせよ、「macOS 10.13 High Sierra」はパブリックベータですからね。不安定なのは仕方ないか。

 標準添付の「EWI USB」アプリケーションで思い出しましたが、お使いのMacの環境によっては、Akai EWI USB本体の設定を変更しようとすると、クラッシュする人もおられるようですね。これはEl Capitanとかでも発生している現象です。

 そんな時は、Akai EWI USB本体の設定を変更するためのフリーウェアAkai EWI USB Controlがおすすめです。

Ewi_con

 ↑のようなわかりやすい画面で、Akai EWI USB本体の各種設定を変更することが可能。もちろん、「macOS High Sierra (10.13)」でも安定動作してますよ。

 以上、AkaiのEWIがらみの話がメインになってしまいましたが、参考になれば幸いです。

« Macで音楽や動画の再生速度を変えるには? QuickTime Playerでスロー再生すればいいじゃない! | トップページ | DBPOWERが「4K アクションカメラ」の販売を開始してた »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Macで音楽や動画の再生速度を変えるには? QuickTime Playerでスロー再生すればいいじゃない! | トップページ | DBPOWERが「4K アクションカメラ」の販売を開始してた »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ