隠れJTマーヴェラスファンページ

« Amazon、プライム会員なら無料で読み放題の「Prime Reading」を追加! | トップページ | 「Microsoft Edge for iOS」のプレビュー版 »

2017年10月 8日 (日)

ロシアの諜報機関が、2015年にNSA(国家安全保障局)のサイバーセキュリティ戦略を盗む

 WSJが、「ロシアの諜報機関が、2015年にNSA(国家安全保障局)のサイバーセキュリティ戦略を盗んだ」と伝えています。

 問題のデータは、NSAの職員が自宅に持ち帰ったもので、自宅PCにインストールされたセキュリティソフトカスペルスキーによって流出したとのこと。

 カスペルスキー製品については、この夏、米政府の政府調達企業リストから外され、現在、米政府内での使用は全面禁止となっています。

 以前から、カスペルスキー製品については、情報漏洩リスクが指摘されていましたが、今回の報道は、それを裏付けるものとなっています。

 一方、カスペルスキー側は、「米露対立の駒に利用された」と述べています。

 今回のNSAの情報漏洩事件については、

  • NSAのサイバー攻撃に対する防御方法
  • NSAの外国ネットワークの攻撃方法

の両方の情報が流出しており、その時期は2015年。発覚したのが、2016年春ということで、記事の通りであれば、アメリカ大統領選にロシア政府が関与したというのは確実ということになります。

 もっとも、このことについては、トランプ大統領自身が、認めていますけどね。

 カスペルスキーのようなセキュリティー製品、ウイルス対策ソフトだけでなく、最近は家電もIoTで通信する時代。

 そうなると、安いからといって迂闊に中国製家電も購入できないわけですが、おいらの使っているiPhone SEも、MacBookもみんな中国製なのね。

 昔なら、SONY(PowerBook 100の時代)や日本IBM藤沢(PowerBook 2400cの時代)が製造していたのですけども。困ったもんです。

 翻って、日本という国は、基本ソフト(WindowsやmacOS、iOSやAndroid等)も、PC(NEC等かろうじて国産PCもありますが、所詮はWindows PC)も、さらには国防も全て外国任せ。平和な時代は、あるいは平和が続けばそれでもいいんですけどね。

« Amazon、プライム会員なら無料で読み放題の「Prime Reading」を追加! | トップページ | 「Microsoft Edge for iOS」のプレビュー版 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Amazon、プライム会員なら無料で読み放題の「Prime Reading」を追加! | トップページ | 「Microsoft Edge for iOS」のプレビュー版 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ