隠れJTマーヴェラスファンページ

« 日本製 NECのLEDシーリングライトがお買い得! 12畳用で5,681円から | トップページ | Amazon、プライム会員なら無料で読み放題の「Prime Reading」を追加! »

2017年10月 4日 (水)

ジャパンディスプレイ(JDI)、有機ELを日本初の量産へ

 日経新聞が、「ジャパンディスプレイ(JDI)、有機ELを日本初の量産へ」と伝えています。

 記事によると、テレビ向けの有機ELパネルを4割安く製造する技術を確立したとか。現在、1000億円規模の投資を計画中で、量産開始は2019年とのこと。

 今回のは、テレビ向け大型有機ELパネルのようですが、iPhone用の小型パネルにもこの技術は使えないのでしょうか?

 iPhone Xには、サムスン製の有機ELパネルが使われていますが、iPhone Xが1台売れると、売り上げの10%はサムスンの売り上げになるわけです。この部分をなんとか日本メーカーに引っ張ってほしいものです。

 有機ELじゃないですが、WSJが『2018年のiPhoneは一部モデルにジャパンディスプレイの「FULL ACTIVE」を採用するかも』と伝えてもいます。

 「FULL ACTIVE」は、4辺スリムベゼルデザイン(0.5mm)のフルスクリーンスマートフォン用の液晶パネル。

 iPhone Xは、焼きつきの心配があり、寿命の短い、そして日中の屋外では見にくいサムスン製OLED(有機ELパネル)ではなく、JDIの「FULL ACTIVE」を採用すべきだったかもね。もっとも、「FULL ACTIVE」は2017年6月からの量産開始ですから、iPhone Xにはとても間に合わなかったわけですが。

 ここのところ閉塞感のあったJDIですが、低コスト有機ELや「FULL ACTIVE」で、ようやく光明が差しつつあるといった状況でしょうか。1000億円の出資先がすんなり見つかって、早く量産できればいいのですが。

 ↓、同じ55型4Kテレビですが、LG製とソニー製(パネルはLG製)の有機ELテレビの価格差が10万円、LG製有機ELテレビとシャープの液晶テレビの価格差が11万円。

 JDIの低コスト有機ELパネルを使ったテレビは、2020東京五輪までには登場するのかな? それでも価格は、現行LG製有機ELテレビと同じくらいにしかならないのかもね。

« 日本製 NECのLEDシーリングライトがお買い得! 12畳用で5,681円から | トップページ | Amazon、プライム会員なら無料で読み放題の「Prime Reading」を追加! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンディスプレイ(JDI)、有機ELを日本初の量産へ:

« 日本製 NECのLEDシーリングライトがお買い得! 12畳用で5,681円から | トップページ | Amazon、プライム会員なら無料で読み放題の「Prime Reading」を追加! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ