隠れJTマーヴェラスファンページ

« 30Wの出力でMacBook (Retina, 12-inch)を充電でき、さらにUSBハブにもなるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリー」がお買い得! | トップページ | Windowsユーザーの方、「PaintShop Pro 2018」が3,480円!とお買い得ですよ。 »

2018年8月27日 (月)

次期 Adobe CCでは、Windows 8.1、Windows 10のv1511とv1607、Mac OS 10.11 (El Capitan)はサポートされず!

 Adobeが、次期 Adobe CCでは、Windows 8.1、Windows 10の v1511 と v1607、Mac OS 10.11 (El Capitan)はサポートしない。発表しています。

 もっとも、Adobe Creative Cloudの良いところは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用することで、最新版のAdobe CCだけでなく、以前のバージョンのAdobe CC(かつてはAdobe CS6もOKでしたが、今はどうなんでしょうね?)もインストール可能な点。

 つまり、Creative Cloud デスクトップアプリケーションが旧OSに対応している限り、右往左往する必要はありません。上の発表には、Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、Windows 7以降とMac OS X v10.9以降で引き続きサポートとあります。

 おいらは、macOS Sierra 10.12.6 & Adobe CS6のままの時代遅れなおっさんなんですけど、今のところ、この環境で困っていることはないのね。iOSは12になってたりしますけど。

 毎月、あるいは毎年お布施が必要になるサブスクリプション制にどうもなじめず、Adobe CS6のまま、ここまで来てしまいましたが、どうせならいけるところまでこのまま頑張るかな。お金を使わなくてすむなら、それはそれでいいことだし。 

 あと、まだ購入可能なAdobe Photoshop Lightroom 6は、買えるうちに買っておいた方がいいかもしれません。こちらは、パッケージ版はなくなりダウンロード版だけになっていますが、一度買ってしまえばずーっと使える買い切り制です。

 最近は、KONTAKT 5とか、IK Multimedia SampleTank 3とか、ソフトサンプラーやらシンセの類いも増えてきたので、昔みたいに最新OSが出たらすぐにアップデートってことは今後もなさそうです。

 とはいえ、脆弱性の問題もありますし、いずれはmacOSも新しくしないといけなくなるんですけども。

« 30Wの出力でMacBook (Retina, 12-inch)を充電でき、さらにUSBハブにもなるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリー」がお買い得! | トップページ | Windowsユーザーの方、「PaintShop Pro 2018」が3,480円!とお買い得ですよ。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

写真・カメラ」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 30Wの出力でMacBook (Retina, 12-inch)を充電でき、さらにUSBハブにもなるモバイルバッテリー「RAVPower 20100mAh USB-C USBハブ モバイルバッテリー」がお買い得! | トップページ | Windowsユーザーの方、「PaintShop Pro 2018」が3,480円!とお買い得ですよ。 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ