隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

「Kindle Paperwhite マンガモデル」が8,980円とお買い得!

 amazonが、本日のタイムセールで、Kindle Paperwhite マンガモデル 32GB8,980円で販売しています。

 通常価格は、15,280円。本日の8,980円は、過去最安値なんですけど、新製品が出るのかな? それとも、Kindle Paperwhiteは収束して、カラーのFireタブレットだけになるのかな。

 ジムでトレッドミルに乗ってのランニング or ウォーキング中のKindle Paperwhite マンガモデル 32GBでの読書ははかどりますよ。もちろん、トレッドミルじゃなく、フィットネスバイクでもいいんだけど。

 読書の秋とスポーツの秋を同時に実現できるトレッドミル & Kindle Paperwhite マンガモデル 32GB。この秋のおすすめかも。

MacでiOSアプリの管理が可能だった「iTunes 12.6.5」がダウンロードできなくなるかも。必要な方はお急ぎを!

 Appleは、iTunes 12.7以降で、

  • iOSアプリの管理機能
  • 着信音の管理機能

を削除しました。また、iOS 11以降をiTunes経由でインストールするには、iTunes 12.7以降が必要な状態となっていました。

 iPhoneおよびiPadユーザーは、実質的に「iTunes 12.7以降」が必要なわけで、MacでiOSアプリのバージョン管理をしたり、着信音を管理することができなくなっていたわけです。

 ところが、企業や学校では、iTunesを使ってAppを管理する必要のあるところも存在します。

 そこでAppleは、iOS 11以降に対応したiTunes 12.6.3を2017年10月に公開しました。

 2018年4月には「iTunes 12.6.4」を、そして、2018年9月18日には、iOS 12のインストールにも対応したiTunes 12.6.5が配布され、当ブログでも紹介しております。

 ところが、このiTunes 12.6.5ですが、先日リリースされた「macOS Mojave」には対応していません。

 そのため、英語の「企業環境で iTunes を使って App を配布する」のページからは、Mac版「iTunes 12.6.5」のリンクが切られた状態になっています。↓

20180929_95856

 もっとも、Windows版「iTunes 12.6.5」は、32bit版、64bit版ともリンクが生きていますから、「iTunes 12.6.5」そのものが廃止されるわけではなさそうです。近い将来、macOS Mojave対応版の「iTunes 12.6.5.4」もしくは、「iTunes 12.6.6」が配布されるのかもしれません。

20180929_95920

 ところが、↑当ブログ記載時点では、日本語の「企業環境で iTunes を使って App を配布する」では、Mac版「iTunes 12.6.5」のリンクが生きていますので、

  • iOSアプリ等をMacで管理する必要のある
  • macOS High Sirra以前のmacOSをお使いの方

は、早いうちに、日本語ページから「iTunes 12.6.5」をダウンロードしておいた方が良いかもしれません。近日中にリンクが切れるでしょうから。

 なお、「iTunes 12.6.5」では、iTunes経由で、iOSデバイスをiOS 12にアップデートすることも可能です。つまり、普通に使える「iTunes」です。MacでiOSアプリの管理(古いバージョンのアプリを保存しておく等)をしたい方には、おすすめです。

2018年9月28日 (金)

「macOS High Sierra」インストール用のUSBメモリを作る! ついでに「SanDisk USBメモリ Ultra Fit」のベンチマーク。

 世間では、「macOS Mojave」の話題で持ちきり(そうでもないか。)ですが、私の使っているMacは、まだ「macOS Sierra 10.12.6」。

 仕事で使っているMacは、うかつにOSのアップデートができないものですが、私の場合、古いアプリ(Adobe CS6)を後生大事に使っていたり、最近では音楽関連のDAWやソフトウェア音源も大量にあって、特に問題なけりゃ「macOS sierra 10.12.6」のままでもいいか、って感じになりつつあります。

 しかし、「macOS Mojave」が出た今となっては、「macOS Sierra 10.12.6」は2世代前のOS。1世代前の「macOS High Sierra」は、まだインストールしたことすらないので、とりあえずインストール可能なUSBメモリだけでも作っておこうと言うことで、この記事を書いております。

 まず、用意するのはUSBメモリ。今回もコスパでSanDisk USBメモリ USB3.1 & USB 3.0 Ultra Fitを選びました。

 以前、USB 2.0仕様の旧モデルを紹介していますが、その新しいモデルです。ともに、指先ほどというか、つま先ほどの小さなメモリです。

Img_6198

 旧モデル(向かって左の2個)は、キャップあり。今回購入した、USB 3.1対応モデルはキャップなし。そして、USB差し込み口が金属ではなく、黒いプラスチック製となっています。

 せっかくなんで、SanDisk USBメモリ USB3.1 & USB 3.0 Ultra Fitのベンチマークを取ってみました。使ったMacは、「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」です。

 まず、素の状態。つまり、FAT32でフォーマットされた状態のまま、ベンチマーク。

Fat32

Fat32_1

 32GBモデルですが、読み込みスピードはかなりのものです。

 次に同じ32GBモデルを、MacでHFS+にフォーマットして計測。

Hfs

Hfs_32

 FAT32より、HFS+でフォーマットし直した方がより速くなるようです。シーケンシャルリード 115.1MB/s〜144.2MB/sって、USBメモリとしてはかなり高速な方でしょう。

 一方の書き込みは、22.61MB/s〜25.71MB/sとたいしたことありません。Windows機だともっと速いのかもね。

 ちなみに、16GBモデルはHFS+フォーマットした状態で同様に計測してみましたが、32GBモデルより遅い(特に書き込み)です。SSD同様、大容量モデルの方が書き込み速度は速くなるのかもね。

Hfs_16

 参考までに「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」の内蔵ストレージ(NVMe接続)のスピードテスト。ほぼ満杯で、残り容量10%でもこの速さです。

Mb12

 いや、USBメモリと比べちゃだめですね。

 さて、肝心の「macOS High Sierra」のインストール用USBメモリの作り方です。

  1. macOS High Sierraをダウンロードしておく。
  2. USBメモリをHFS+でフォーマットし、名前("Test"とか)を付ける。
  3. ターミナルを起動
  4. 「sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Test --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app」と入力(ターミナルにコピペしてください。)。なお、USBメモリの名前が「Test」じゃない場合は、その名前に変えてくださいね。)
  5. パスワードを入力
  6. しばらくするとできあがり。

って感じです。

20180928_153617

 ターミナルを使いますが、それほど難しい作業じゃないですね。

 注意点としては、MacにはUSBメモリ以外は接続しておかないこと。

 大切なデータを含む外付けハードディスク等にまちがってインストーラーを作成してしまうとたいへんですからね。貴重なデータ等の入ったストレージは、外しておきましょう。

 High Sierraだけでなく、最新の「macOS Mojave」のインストール用USBを作成することもできますし、古いYosemiteやMavericksのインストール用USBを作成することも可能です。

 興味のある方は、こちらをご覧くださいね。

 しかし、SanDisk USBメモリ USB3.1 & USB 3.0 Ultra Fit。これだけ高速なら、128GBモデルや256GBモデルを、簡易ストレージ代わりに使うのもいいかもね。

 USBポートからの出っ張りもわずかですし、付けっぱなしにしておけます。保証も5年保証ですし、十分でしょう。256GBモデルがもっと安くなればいいのですけど、1万円切ってるから十分安い方なのかな? 今、256GBのSSDが安すぎて、感覚がおかしくなってます。

2足分で260円のシューレース(靴紐)

 紳士靴は英国製に限る!、というわけで、ヘビロテしている「SOLOVAIR(ソロヴェアー)のフルブローグ」。

 なんと言っても、マーチンソールでたいへん歩きやすいんです。グッドイヤーウェルト製法のかっちりした革靴なんですけど、その辺のスニーカーよりクッション性もあって歩きやすい。

 「SOLOVAIR(ソロヴェアー)のフルブローグ」は、昨年の7月に購入しまして、歩きやすいこともあって、最低、週に1回は履いている感じでしょうか。おかげで、1年少々を経過しまして、シューレースがボロボロに。

 紳士靴は英国製に限るわけですが、消耗品の靴紐は安けりゃ安いほどいいんじゃない?ってことで、2足分セット(つまり、靴紐4本と言うことですね。)で260円(送料込み)のシューレース(丸紐 3mm)を買ってみましたので、簡単にレビューなど。

 まず、3mmというのは革靴用シューレースとしては、最も太めかな? 「SOLOVAIR(ソロヴェアー)のフルブローグ」の元の靴紐は、もう少し細かったような気がします。

 長さは、70cm、80cm、100cm、120cmが選べまして、色は「ブラック」と「ブラウン」が用意されています。

 靴紐の長さというのは、15cm×ホール数が基本。私の「SOLOVAIR(ソロヴェアー)のフルブローグ」は、5穴ですから、15cm×5=75cmなのですが、70cmと80cmしかないので70cmを選択。

 大は小を兼ねますが、靴紐の場合、長過ぎは×です。「SOLOVAIR(ソロヴェアー)のフルブローグ」は、私が履いたときの羽の閉じは5mmほどなんで、70cmでも大丈夫だろうと考えてのオーダーです。色はブラック。

Img_6184

 オーダーしたのは、9月16日なんですが10日ほどで到着。中国からのAirMailです。送料込みで260円なんですが、AirMailの料金、いくらなんですかね?

Img_6186

 ちゃんと2足分入ってました。1足分あたり130円。安い!

Img_6190

 どちらが使い古しで、どちらが今回オーダーした新品か、分かりますよね?

Img_6192

 というわけで、ちゃかちゃかっと紐を通して、できあがり。靴はきれいにしておかないといけませんが、靴紐もやはりきれいにしておかないとね。

 やはり3mmは少々太めですね。今回は、フルブローグだから、それほど気になりませんが。上品なキャップトゥーとかの場合は、2mmの紐を探してくださいませ。

 70cmをオーダーしましたが、結んだ後の長さもいい感じです。

 一応蝋引きしてあるようですが、パラフィンかな? 時間があれば、蜜蝋等をしみこませると良いかもしれません。130円の靴紐にそこまでする必要があるかどうかは?ですが。

 後は耐久性ですが、元から付いていた靴紐が1年少々で↑のボロボロ加減でしたから、同じくらいもってくれれば上出来。耐久性については、後日、レポートします。

 日本製でも80cmの4本セット(2足分)で648円ですから、260円の中華製にこだわる必要はなさそうですけど、このブログでは珍しい中華物件のレビューでした。

【後日談】

 3mmという太さですが、やはり靴を脱いだり履いたりの時、紐をほどきにくい、緩めにくいですね。一般的な紳士靴・革靴なら2mm、カントリーっぽい靴や外羽根フルブローグ等でも2.5mmまでにしておいた方が無難かもしれません。

 うちには平紐仕様のサンダースの外羽根キャップトゥがあるので、この紐はそちらに回すかな。あの靴はハトメも大きめだし、3.5mmでも問題なさそう。

 蜜蝋処理したら、滑りが良くなってほどきやすくなるかもしれません。いや、260円の靴紐(1足分は130円)に高価な蜜蝋を塗り込むのももったいないか。

2018年9月26日 (水)

音楽を聴くだけでBOSEの最新スピーカー、 BOSE HOME SPEAKER 500が100名様に当たる!

 Amazon ミュージックプライムミュージックを含む)で、音楽を聴くだけでBOSEの最新スピーカー、BOSE HOME SPEAKER 500 Amazon Alexa搭載 スマートスピーカー が100名様に当たる聴けば聴くほど当選確率アップキャンペーンを開催しています。

 対象者は、

です。

 このキャンペーンへの参加方法は簡単です。

  1. amazon.co.jpにログインした状態で、こちらのページを見る。
  2. すでに会員の方は、3.へ。まだ会員の方は、「Amazon Music Unlimited会員」または「プライム会員」に登録。
  3. Amazon ミュージック」または「プライムミュージック」で1曲以上聴く。
  4. 1日1エントリーなので、聴けば聴くほど当たりやすくなる!
といった感じです。

 すでに、Amazon Music Unlimited会員プライム会員の方は、聴くしかないですね。

 商品のBOSE HOME SPEAKER 500 Amazon Alexa搭載 スマートスピーカーですが、

  • スピーカー1台で部屋中に拡がるステレオサウンド。
  • Amazon Alexaの音声操作に対応。どんな曲も簡単にコントロール。天気予報やニュースなど、Amazon Alexaの標準機能を利用可能。
  • SpotifyやAmazon MusicなどのWi-Fiを使った音楽配信サービスに対応。Bluetooth接続したスマートフォンやタブレットからお気に入りの音楽を再生。
  • 簡単操作。音声、Bose Musicアプリ、タッチ、3つ方法で音楽をコントロール。操作性に優れたBose Musicアプリに対応。ユーザーごとに設定をカスタマイズして、コンテンツを操作。
  • マイク8つの独自アレイ構造。大音量で曲を再生しても、部屋のどこからでも、音声を確実に認識。
  • カスタマイズ可能な6つのプリセットを用意。プレイリストやインターネットラジオを設定して、ワンタッチでアクセス。
  • シームレスで洗練されたアルミボディ。仕上がりも素材も美しいプレミアムデザイン。
  • ライフスタイルに合わせて進化し、どの部屋にいても音楽を愉しめるボーズの新しいスマートスピーカー/サウンドバーシリーズ。
  • 再生中の曲、ラジオ、プレイリストの情報、アルバムアートなどがLCDディスプレイにカラーで表示。
  • 将来のソフトウェアアップデートで、新しい機能にも対応予定。
が特徴の最新のスマートスピーカー。

 お値段、50,760円の高級スマートスピーカーです。当たればめっちゃうれしい。

 というわけで、Amazon Music Unlimited会員およびプライム会員の方は、聴きまくってください。

Appleの最新OS、macOS Mojave 10.14のアプリケーション互換性情報!

 以下は、MacRumorsによるAppleの最新OS、macOS Mojave 10.14のアプリケーション互換性情報です。

 仕事で使っておられるMacの場合は、早々に最新OSにアップデートされることもないかと思いますが、ご参考までに。

【問題なく動作しているアプリケーション】

  • 1Password
  • Acorn 6.1.3
  • Adobe Director
  • Adguard Pro (1.5.8)
  • Airfoil Satellite (requires latest update)
  • Alfred 3 (issues with 3.6.x with DB4, fixed in beta of 3.7)
  • Amphetamine Anaconda Navigator (1.8.7)
  • Aperture (3.6)
  • AppCleaner
  • Asphalt 6
  • Audition (CC 2018) & (CS6)
  • Autodesk Maya (2018.2 & 2016 ext 2 SP1)
  • AutoMounter (Pro needs Helper v1.3.3)
  • Backblaze
  • BackupLoupe (if you add to Privacy - Application Data)
  • Banktivity
  • Bartender
  • BBEdit (12.1.4)
  • Beamer
  • BetterZip 4.1.3
  • Blender 2.79b
  • Blender 2.8 beta
  • Boom2 (you will need to check 'allow' in Privacy (system preferences) for the microphone.. (i had to uncheck/recheck that)
  • Boxer (Dos Emulator) 1.4
  • Brackets
  • BusyCal
  • BusyContacts
  • Caffeine (1.1.1)
  • CalcVerter
  • Capture 3.2
  • CarbonCopyCloner - new beta here: https://bombich.com/download#nmos_beta
  • ChatMate für WhatsApp 4.2.4
  • Checkbook Pro
  • ChronoSync
  • Cisco AnyConnect Secure Mobility Client (4.6.01098)
  • Cisco Jabber (12.0.1)
  • Cisco WebEx Productivity Tools 31.20.2.18
  • CleanMyMac 3.10.0b1
  • CleanMyMac X Version 4.0.1
  • CoconutBattery
  • Colours for Hue Copy'Em Paste
  • CoverFlow (RC1.2)
  • Counter-Strike: Global Offensive
  • CrossOver 17.5.0
  • Deliveries
  • DaisyDisk
  • Default Folder X
  • Diablo
  • Discord
  • Dreamweaver CC
  • Dropbox
  • Eclipse
  • Entropy
  • Fantastical 2
  • Firefox
  • Forklift (3.2.2)
  • FruitJuice
  • f.lux
  • Fuse for macOS (OS X Fuse) 3.8.2
  • GarageBand '11/6.0.5 (Up to 10 minutes for first launch as with HS, after that works perfectly)
  • GearWatchDesigner
  • GitKraken (3.6.3)
  • Google Chrome
  • GoToMyPC
  • Handbrake (1.1.1)
  • Hazel
  • Home Inventory (3.7.3)
  • HoudahSpot
  • HP EasyScan Version 1.9.1 (119)
  • HP Utility Version 5.38.0 (1792)
  • Icon Slate iConvert Icons
  • Illustrator (CS6) [after re-installing Java for macOS 2017-001]
  • iFlicks
  • iMazing 2.6.1 (9014)
  • InDesign CC 2018 (requires patch on PBeta 3: https://helpx.adobe.com/indesign/kb/crash-on-launch-macOS-mojave-beta.html)
  • iStat Menus
  • iTaskX 3.3.1
  • Jump Desktop (7.1.4)
  • LightCapture
  • LiteIcon 3.9 beta https://freemacsoft.net/downloads/LiteIcon_3.9.zip
  • Little Snitch (4.1 nightly 5165; released 11 June 2018)
  • Logic Pro X
  • Logitech Gaming Software (8.98.306) -- Gaming mouse and keyboard run without issues Logitech Options (initially broken, but a reinstall of the latest version fixed it)
  • Luminar 2018 v 1.3
  • Macs Fan Control (1.4.10)
  • Magnet
  • Mail Satellite
  • MATLAB
  • McAfee Endpoint Security for Mac v10.5.0
  • MEGAsync
  • Microsoft Office 2011 (excel-word-PPT-outlook) need to reinstall 14.7.7 update after install for everything to work properly and may have to reactivate serial number
  • Microsoft Word (16.13.1) & (16.15.0)
  • Microsoft Excel (16.13.1) & (16.15.0)
  • Microsoft Outlook (16.13.1) & (16.15.0)
  • Microsoft Power Point (16.15.0)
  • Microsoft Remote Desktop Beta (10.1.8)
  • Microsoft Teams (1.1.00.11551)
  • MindNode
  • MoneyMoney 2.3.6
  • Moom (3.2.11)
  • MySQLWorkbench (6.3.7)
  • NeoFinder (7.2.1)
  • Newton
  • Mail
  • Notability
  • Omnigraffle 7.8.1
  • OmniOutliner 5.3.3
  • Omnipresence 1.6
  • OpenEmu
  • Outside
  • Pacifist 3.6
  • Paperless (2.4.1)
  • Paragon NTFS for Mac
  • Parallels 13.3.1
  • Parcel
  • PathFinder (8.x)
  • PathFinder (7.6.2)
  • PCalc
  • PDFpenPro (10.1.0)
  • Photoshop (CC 2018) & (CS6) (Manually add to Security-Privacy-Accessibility for Pen Pressure)
  • Pixelmator
  • Plantronics Hub Version 3.11.0 | Build 17287
  • Private Internet Access (PIA) v81 (Preliminary macOS Mojave (10.14) support)
  • PureVPN
  • Quicksilver
  • QuickSleep R (3.3.2)
  • Rapidweaver 7.5.5
  • Reunion 12
  • Rocket
  • Room EQ Wizard 5.18 (brings its own jvm)
  • Runescape Java 1.1
  • Runescape NXT 2.2.4
  • RStudio (1.1.383)
  • ScanSnap Manager
  • Scapple
  • Screenflow 5.0
  • Scrivener
  • ShimoVPN (latest release solves PPTP connectivity issues)
  • Skype for Business 16.18.62 (Integration with Outlook 2016 works in Build 18A314)
  • SkySafari 5 Pro
  • Slack
  • SlimBatteryMonitor (!, as old as this app is)
  • SmashTunes
  • Snagit 2018 (latest update in App Store resolves the issues)
  • Snappy v2.0.1 (121)
  • Sophos Hom Premium (2.0.3)
  • Spark
  • Spectrum
  • Speedtest (1.5)
  • SpiderOak One
  • Splashtop
  • Streamer
  • Spotify
  • StarCraft II
  • StarCraft Remastered
  • Steam
  • Subler
  • Sublime Text 3
  • Suitcase Fusion v19.0.5
  • Tableau Desktop 2018.1.3
  • TextExpander 5
  • TextMate
  • Things 3
  • TickTick 2.6.0
  • Tile Game Classic
  • Tor Browser
  • Total Finder (11.1.10)
  • TotalFinder (1.11.0 with SIP disabled)
  • Transmission (2.94)
  • Trello 2.10.5
  • TripMode v.2.2.0
  • Tweetbot 3 Übersicht (1.2.53) - including custom python scripts for info display Unity
  • Ulysses
  • Vanilla (requires restart if you switch to Dark Mode to get rid of a graphics glitch)
  • VeraCrypt 1.2.2 (with Fuse for macOS 3.8.2)
  • Visual Studio Code
  • Visual Studio Community (for Mac)
  • VLC
  • WiFiExplorer 2.4.3
  • VMWare Fusion (10.1.2)
  • VMWare Fusion e.x.p. 2018 Tech Preview
  • Vox
  • Wacom Tablet Touch Drivers (working properly with the 6.3.31-3 update on 9/20, seems to have fixed the freezing and crashing reported with earlier driver versions)
  • Waltr 2 (2.6.8)
  • WebEx Teams (3.0.8519.0)
  • Wunderlist
  • Zoc Terminal (7.18.4)

【動作するが問題ありのアプリ】

  • Aerial Screensaver (Working in PB10/Loads in System Preferences/"Done" button in options not working.)
  • Agenda (funky UI rulers cut off first couple of columns of notes) (Beta 2 seems to fix)
  • Airmail 3 (white background over account names for some reason)
  • Acrobat X (gives “needs updating” warning, works - only sluggish)
  • Arq Backup (5.12.1) - must manually add the Arq application to "Application Data" category under privacy settings for Arq to be able to access some folders in the user's library folder.
  • Atom Text Editor (1.27.2)
  • AutoMounter - App runs fine, but if you install the helper (v1.3.2) it causes the desktop to hang. Had to go into recovery to remove the helper. Emailed the dev.
  • CodeKit App (launches, but interface bugs make it unusable)
  • Compressor (4.4.1) - Can't switch between tabs in the sidebar and therefore can't customise encoding settings. Also erroneously displays the text "ProLabel" on the About window.
  • DEVONthink Pro Office 2.9.17 (crashes shortly after start)
  • Dreamweaver CS5 (gives “needs updating” warning, but continues to work - only sluggish)
  • Final Cut Pro X (Rendering takes a significantly longer time in Mojave) - Just mentioning this: am not having rendering-time issues here........
  • Forecast Bar - will not load satellite images
  • Hyperdock v1.7 (it took a few reboots to get working; had to manually add to Accessibility in System Preference; reports "Unsupported Operating System" when opening the config in System Preferences) iTunes can’t transfer files from iOS apps in File Sharing.
  • Lightroom Classic - The application crashes when trying to import from an SD card. Other functions seem to work.
  • LogMeIn App works but LogMeIn Safari Plug-In no longer works
  • MacGo Blu-ray Player (2.17.2) - Very occasional stutter/pause - not sure if this is due to running on MacBook Pro 2016 13" TB 3.3Ghz i7, 16GB RAM from disk image on USB-C ->USB 3 external hard drive or an app issue.
  • Mamp Pro (4.5.0) - random freezes and beach ball at random points every little bit. Useable but annoying...
  • Microsoft Excel 2011 (gives needs updating warning, templates pane is unreadable, continues to work)
  • Microsoft OneDrive (runs and works, but pegs CPU usages to 100% until its quit)
  • OmniFocus 2.12.3 - Works fine, slight cosmetic anomaly in toolbar display which is "grayed out"
  • PDF Expert - fails & crashes when trying to print. all other features work.
  • Pixave - Import Crashes
  • RealVNC Server - viewing is OK, but no remote control. Apple Screensharing works Reeder (version 3.2 crashes occasionally)
  • RoyalTSX v3.3 (hangs randomly in Preferences and when trying load new documents, crashes when exiting an RDP session)
  • Scroll Reverser (need to give permission in Accessibility setting in Privacy)
  • SpamSieve (make sure to update to current beta before installing 10.14)
  • Splashtop Business (workable but very slow)
  • ThemeEngine - requires a little zooming in on elements to make them appear perfect in view. Can save .car files just fine.
  • Ulysses 2.8.3 (standalone version, pre-subscription) - works and iCloud sync is functional, but there are display anomalies in Ulysses' dark mode.
  • Vellum 2.0 (works, but no “contents” in the navigation pane.)
  • Whatsize 6.6.3 (application is showing wrong sizes)
  • X-Plane 11: Purchased aircraft crash upon loading, built in ones work fine. (Purchased aircraft seem to work in PB 7 and latest stable X-Plane release as of today (2018-08-26)) xGestures (1.7.8) - works, but will not auto start. Throws a few Assistive Device prompts, despite being whitelisted. It does work though.
  • Zoom Outlook Plugin (4.3.5278) - doesn't show the plugin when creating Outlook Meetings

【動作不可のアプリ】

  • BetterTouchTool (see thread for update, working beta release at https://folivora.ai/blog/post/13005)
  • Box Drive (crashes when trying to open)
  • CleanMyMac 3 (they have a Mojave beta version ready, email their support on support@macpaw.com to get hands on it) (Version 3.10.0b1 appears to work and is available for download)
  • Cocktail
  • Evernote (-> Evernote 7.3 Beta 1 now works with Mojave)
  • Game Golf Transfer - starts when device is plugged in but then gets "USB CONNECTION LOST error
  • Hands Off! (3.2.7)
  • IBM Client Application Access
  • IBM Notes
  • iTunes 12.6.4 & 12.6.5 (if you try to install, you just get "This software is not supported on your system.")
  • iStat Pro (Cannot be installed)
  • LastPass (App does not work. Browser plugin barely works) (10.14 B2)
  • Little Snitch 4.1.2 (not compatible with Mojave)
  • Live Home 3D (3.3.4 build 874) by BeLight Software - app launches to Project Gallery but won't open any selection or new document
  • MacTracker 7.7.4 (main window loads, clicking on any device will cause app to freeze)
  • MailButler 2.1
  • Malwarebytes (3.3.22) (tries to update app, installer freezes, forces uninstall of app)
  • Mindjet
  • Mindmanager 11 (Build 11.1.160- application crashes at start)
  • NFSManager, stops with a window unsupported OS version
  • OS X Fuse 3.80 (Will not install)
  • Paste 2 (crashes when copying something to the clipboard)
  • PIA v80 (loads, connects to VPN server but blocks all internet traffic - Mojave also throws "legacy" warning)
  • PowerPhotos (crashes on startup)
  • Sculptris
  • Sound Control
  • SQLPro Studio (launches, runs slow, then crashes and won’t reopen) Unlox (launches and runs fine but cannot unlock via iOS counterpart, tap to unlock also broken - UPDATE: developer has released beta version with full Mojave functionality, can find info on Twitter @UnloxHelp)
  • VyprVPN
  • VMWare Horizon Client (Older version 4.1 works. Current version 4.7 does not)
  • VirtualBox

 古いアプリも意外と動作してますね。MS Office 2011とか。もっともMicrosoftはすでにOffice 2011のサポートを終了していますから、もうすぐ販売開始されるOffice 2019に買い換えるべきでしょうが。

 私が驚いたのは、とっくの昔に開発終了した「Apperture 3.6」が動作する点。逆に同じApple純正でもFinal Cut Pro - Appleは、動作するけど今のところ少々問題有りとか。Apple純正ですから、すぐに解決されるでしょうが。

これらの情報は、今後も更新されますので、最新の情報はMacRumorsをご覧ください。

2018年9月25日 (火)

無期限保証の超軽量(795g)中古ノートPC「NEC VersaPro VK17TG-J」が39,800円!

 ジャストシステムが、無期限保証の中古ノートPCNEC VersaPro VK17TG-Jを39,800円で販売中です。

Mainheader

 NEC VersaPro VK17TG-Jは、わずか795gという軽量設計。しかもディスプレイは、13.3型ワイドTFTカラーLED液晶 WQHD(解像度2560×1440)という超高解像度。

 私の愛用している「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」のレティナディスプレイが、12インチ(2304 x 1440)ですから、NEC VersaPro VK17TG-Jの方がさらにワイド。横方向に256ピクセル分広い、ということになります。

 CPUは、Core i5ですし、SSDは128GBですし、メモリは4GBですし、Windows 10新規インストール済みですし、中古ですが「無期限保証」ですし、これが4万円未満というのは魅力的。

 年代的には2014年製と思われます。

 軽いWindowsノートを探しておられる方には、いいかもね。

 無期限保証なんですが、バッテリーも対象なんでしょうか? バッテリーも対象なら、まちがいなく買いですが。NECにバッテリー交換を依頼すると、3万円でしたから。これを考えると、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)のバッテリー交換費用 19,800円(トップパネルごとの交換)は、良心的に思えてきます。

2018年9月23日 (日)

サプリやプロテイン、機能性表示食品が3点まとめ買いで10% OFF!

 amazonが、プロテインやサプリメントを3点以上まとめ買いすると会計時に10% OFFになるまとめて割引セールを開催しています。

Amatome3

 食欲の秋、スポーツの秋。そして、ダイエットの秋でもあるわけで。

 サプリメントやプロテインってのは常備しておくものでしょうから、Amazon定期お得便を利用されている方も多いかと。私も「定期お得便」でいくつかオーダーしているものがあるのですけど、10% OFFということは「定期お得便」と同じ価格と言うことですね。もっとも、「定期お得便」の場合は、3点まとまると15% OFFになるわけですが。

 というわけで、「定期お得便」までまだ日数があるけど、残りが少ない機能性表示食品とかビタミン剤とかポチッとな。

 おっさんになると代謝が落ちてくるので「糖の吸収を抑える」とか、「中性脂肪を減らす」とか、いろいろ大変なわけですよ。10% OFFは普通にありがたいかな。

 まとめて割引セールは、今月末まで。必要な方は、お急ぎを。

2018年9月22日 (土)

楽器経験はないけど何か始めたいおっさんに最適な「AKAI EWI5000」が69,999円とお買い得!

 おいらが買ったときより、1万円も安いです。あ〜、1万円あったら、あれも買えるし、これも買えるのに。

 楽器経験はないけど、何かはじめたいというおっさんに最適なウィンドシンセサイザーAKAI EWI5000が、本日のタイムセールで、69,999円とお買い得価格になっています。

 おっさんが何か楽器を始めたいと思っても、ギターやサックス、トランペットはかなり難しい。音楽教室に通って、家でも散々練習すればなんとかなるんでしょうけど、ヒラリーマンのおっさんには、そんな時間はなかなか捻出できないわけです。

 それに加え、サックスやトランペットは、家で練習するには音がでかすぎます。防音室のあるお家なら問題ないですけどね。

 AKAI EWI5000なら、息を入れるだけで、サックスの音やらトランペットの音やらを出せます。アンプをつないで大音量で鳴らすこともできますし、ヘッドフォンをつないで静かに練習することもできます。

 ね、楽器経験がないおっさんが、何か始める場合に最適でしょ?

 吹いて鳴らすシンセサイザーのAKAI EWI5000ですが、おっさんには、リリコンと言った方が通りがいいかもしれません。気分はTHE SQUAREというか、伊東たけしです。

 伊東たけしと書きながら、伊東たけし後のT-SQUAREを貼ってますがw

 AKAI EWI5000は、簡単に書けば、小学校の時に吹いたソプラノリコーダー(スペリオパイプ)を電子楽器にした感じ。音はアコースティック楽器から電子楽器まで100音色内蔵されています。MacにGarageBandをインストールしてあるなら、その音源も鳴らすことができますよ。

 運指はソプラノリコーダーと同じ(サックス準拠、トランペット準拠、フルート準拠等にも変更可能)ですから、音数の少ないゆっくりした曲であれば、この程度ならすぐに吹けるようになります。↓

 ↑映画The Missionのメインテーマ曲とも言える「ガブリエルのオーボエ」です。オーボエじゃなく、ソプラノサックスの音ですけどね。

 これはYoutube見てたらたまたま目について、その日のうちに吹いてみました。

 おっさんでもこのくらいならなんとかなるので、器用な人、若い人、楽器経験のある人、音楽教室に通うつもりの人なら、3日ほどで吹けるのかもね。

 今では、楽譜がなくてもカラオケに合わせてこのくらいはなんとか吹けます(カラオケを聴いてすぐに吹けるわけじゃなく、音をメモして10回くらいは練習した。)。

 EWIシリーズを持っていると、↓こんな感じで、他の方がアップロードしてくれているキーボードのバッキングに合わせて、自分でメロディーを吹くなんてこともできます。

 簡単に言うと、EWIカラオケですね。特に「The SQUARE」や「T-SQUARE」の楽曲はたくさんアップロードされていますので、EWI吹きはカラオケ音源に困ることはありません。

 Youtubeには上手な人の動画もいっぱい上がってます。その域に達するのはなかなか難しいかもしれませんけど、おいらが吹いてる↑の3つくらいなら、すぐにおいらよりずっと上手に吹けるようになりますよ。

 カラオケと同じで、下手っぴでも吹いてる本人は気持ちいいわけ。というわけでAKAI EWI5000、おすすめです。

 私同様、独学でEWIを練習する人がほとんどと思います。音楽教室に行かず、一人で練習される場合は、とりあえずこの1冊、EWI MASTER BOOK CD付 教則完全ガイド 改訂版[USB/4000/5000対応]だけは買っておきましょう。

 この1冊だけで、何曲も吹けるようになります。模範演奏 & カラオケCD付きですから、当分困りません。EWIの教則本の鉄板、おすすめです。

【関連記事】

東芝・富士通・NECのノートPCが最大81% OFFとお買い得!

 事務仕事用には十分な仕様の東芝・富士通・NECの各種ノートPCが最大81% OFFとお買い得になっています。

 今回セールしているのは、ソフトウェアの激安販売でおなじみのソースネスクト

 最も高価なOffice搭載 NEC VersaPro タイプVF(Core i5-6200U 2.3GHz/4GB/500GB/マルチ/Of Per16/無線LAN/105キー(テンキーあり)/USB光マウス/Win10 Pro/リカバリ媒体/1年保証)でも65,800円です。

 ネット閲覧、メール確認、事務作業なら、今回セールされているノートパソコンで十分かもね。前にも書きましたが、先日私が購入した中古の「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」より安かったりします。

 Macは逆に、中古でも良い値で売れる(ヤフオクとかに出品するとね)のが強みかもしれませんけどね。中古Macでも、OSは無料でインストールできるわけですし。

 今回のセールは、9月24日(月)までの期間限定ですが、各モデル数量限定ですからなくなったらおしまい。早い者勝ちです。すでに人気モデルは、いくつか売り切れとなっています。

 PCを新調する予定だった方は、今回のセール、見てみてくださいね。

2018年9月21日 (金)

「ATOK for iOS」、4周年記念40%OFFセール開催中!

 日本語ワープロソフト一太郎でおなじみのジャストシステムが、iPhoneおよびiPad用日本語入力システムATOK -日本語入力キーボード - JUSTSYSTEMS CORPORATIONの販売開始4周年を記念し、40%OFFセールを開催しています。

 ATOK -日本語入力キーボード - JUSTSYSTEMS CORPORATIONの通常価格は1,600円とiOS Appとしてはけっこう高額なアプリなのですが、9月30日までは40% OFFの960円で購入できます。

 Apple純正のかな漢字変換システムがちょっとお馬鹿だなぁって思われている方は、この機会にどうぞ。

 私も、iOS 8の時代から愛用しています。が、当時はiOSの制限もあり、インライン入力ができないなど、なかなか使いにくい仕様でした。

 当時は、mazec - 手書き日本語入力ソフト - MetaMoJi Corporationの方が圧倒的に進んでましたね。だって、iPhoneやiPadに手書きすれば、すらすら日本語のかな漢字に変換してくれるんですから。手書き認識 & かな漢字変換ですよ。未来でした(本日2回目w)ね。

 今もiOSの制限はある(日本語入力キーボードですから、パスワードやIDの入力等セキュリティー関連で、Appleがサードパーティ製キーボードアプリの機能制限をしている)ものの、当時に比べればたいへん使いやすくなりました。もちろん、変換精度も優れています。

 現状、サードパーティ製のiOS版日本語入力システムは、

  1. ジャストシステムのATOK -日本語入力キーボード - JUSTSYSTEMS CORPORATION
  2. ジャストシステム創始者 浮川夫妻率いる株式会社MetaMojiのmazec - 手書き日本語入力ソフト - MetaMoJi Corporation
の2つが東西の横綱。

 Apple純正キーボードがあるのにわざわざお金を出す人は少ないのでしょうけど、日本のソフトウェアを応援するという意味で、今後に期待して、当時の私は2つとも買いました。

 そのうちApple純正キーボードの変換精度もAI利用でほぼ完璧なレベルになるでしょうし、時代は手書きじゃなく音声入力なのも理解してますけどね。

 音声入力は非常に便利なんですけど、一人でブツブツしゃべってると、ただの変なおっさんなんでね。そのうち警察呼ばれそうなんで、そこだけが音声入力の欠点ですね。

 街中でみんなが一人でブツブツ言ってる時代が来れば、異常とか変なおっさんとか思われなくなるのでしょうけど、そんな未来はちょっと嫌ですね。

第3世代「Echo Dot (エコードット)」と第2世代「Echo Plus (エコープラス)」が登場。「Philips Hue(ヒュー)」が無料で付いてくるよ。

 amazonが、10月30日から第3世代「Echo Dot (エコードット)第2世代「Echo Plus (エコープラス)の販売を開始すると発表しています。

 第3世代「Echo Dot (エコードット)は、旧モデルのEcho Dotに比べ、音質が向上しているとのこと。

 今回お買い得なのは、高性能な、そしてスマートホームハブ機能搭載の第2世代「Echo Plus (エコープラス)の方。

 第2世代「Echo Plus (エコープラス)の価格は、旧モデルのEcho Plusと同じ17,980円。

 しかし、9月25日までの期間限定で、第2世代「Echo Plus (エコープラス)に音声で点灯・消灯、あるいは明るさや色を変更できるインテリジェントな照明Philips Hue(ヒュー)が付いてくるんですよ。

 Philips Hue(ヒュー)は、3,171円のインテリジェントなLED電球(E26)。玄関の電球をPhilips Hue(ヒュー)にすれば、両手に荷物を持ってるときも「アレクサ、電気を点けて。」で明るくなるわけですよ。未来ですね。

 ↑の動画でPhilips Hue(ヒュー)のイメージはおわかりいただけるかと。

 これは予約しておいた方がお得ですね。3,171円Philips Hue(ヒュー)がただで手に入るわけですから。

 第2世代「Echo Plus (エコープラス)は、Zigbee規格対応スマートホームハブを内蔵しています。

 さらに、第2世代「Echo Plus (エコープラス)2台使うことで、ステレオ再生が可能になります。

 17,800円×2台=35,600円は、ステレオ再生のためにはちょっと高いなぁ、と思われた貴方。太っ腹のamazonさんですから、当然そこはちゃんと割引があります。

 第2世代「Echo Plus (エコープラス)2台同時にに購入すると、なんと1台は半額に! つまり、26,700円でステレオ化できます。

 残念ながら、Echo Plus (エコープラス) 第2世代+Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプのセットを2台購入することはできないのですけどね。ま、しかたないか。

 私は、ステレオ化は後日と言うことで、Echo Plus (エコープラス) 第2世代+Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプのセット(17,980円)をポチることにします。これで古家の我が家もスマートホームだw

 問題は、おかんが使いこなせるかどうかですね。「アレクサ、電気点けて」の「アレクサ」を覚えられるかどうかw ま、アレクサの部分は変更可能(エコーとかアマゾンとかに)ですけど、いずれも年寄りには馴染みのない言葉だしなぁ。

 ともかく、Echo Plus (エコープラス) 第2世代+Philips Hue ホワイトグラデーション シングルランプのセット(17,980円)はお買い得です。Philips Hue(ヒュー)入門にも良さげです。

 予約は9月25日までですから、興味のある方はお急ぎを。

2018年9月20日 (木)

文書ビューワー「Cisdem Document Reader 3 for Mac」について

 私は職場でも「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」を使っています。

 世間ではWindows PCが幅をきかせていますので、Macはあちらに合わせる必要があります。

 先のブログで、Macアプリがたいへんお買い得なSummer Mac Bundleをご紹介(二度目)しましたが、その中に、Windows PCに囲まれながらMacで仕事をする人に便利そうなアプリCisdem Document Reader 3 for Macが含まれておりますので、簡単にレビュー。

Poster

 Cisdem Document Reader 3 for Macは、MacやWindowsの古のワープロ文書(WordPerfectのドキュメントファイル)や、Windows版しか提供されていないMicrosoft Worksのファイル、Microsoft Visioのファイル、Microsoft版PDFに相当するxps/oxpsファイル、AT&TのDjVuファイル、Windowsユーザーからのメールに添付されてくるWinmail.datファイルをMacで開き、閲覧し、印刷するためのツールです。

 ちょっと長い段落になりましたので、箇条書きにしますと、Cisdem Document Reader 3 for Macで開いて、閲覧・印刷できるファイルは、

  1. 拡張子が.vsd、.vsdxといったMicrosoft Visioのファイル。
  2. 拡張子が.xps、.oxpsといった「Microsft XML Paper Specification」のファイル。簡単に言えば、MicroSoft版PDFですが、.oxpsに至ってはWindows 8でしか使われておらず、Windowsユーザーでさえ開くのに苦労する代物。
  3. 拡張子が.wpsといったMicroSoft Worksのファイル。
  4. 拡張子が.wpdといったWordPerfect(DOS時代のワープロ最高峰。Mac版もありました。)のドキュメント。
  5. AT&Tが開発したDjVuファイル。DjVuは、スキャンされた文書の圧縮に特化されているため、紙文書やマイクロフィルムをスキャンしてWeb等で公開するのに、かつてはよく使われていました、外務省とかね。今は、PDFもしくはJPEGに置き換えられつつありますが。
  6. ここ数年ほとんど見ることはなくなりましたが、Windowsユーザーからのメールに添付されているWinmail.datファイル。古いWindowsと古いメーラーをお使いなのでしょうね。
  7. PDFファイル。
の7種類です。もっとも、最後のPDFはわざわざCisdem Document Reader 3 for Macで開く必要がありませんから、実質6種類の文書のビューワーということですね。

 Summer Mac Bundleで購入し、ダウンロードした「cisdem-documentreader.dmg」をマウントすると、アプリ本体が入っていますから、それをアプリケーションフォルダにドラッグするだけでインストールは完了です。

 はじめてCisdem Document Reader 3 for Macを起動すると、いきなり開発元のWebに飛びまして、Visioを開きたければ $6.99、WordPerfectも $6.99、フルバージョンなら $14.99なんていうページに飛びますが、もうすでにBundleHuntから購入済み(たったの $1ですが)なわけで、追加でお金を払う必要はありません。

 とりあえず、試用版の形で起動して、メニューバーの「Help」→「Activate Cisdem Document Reader」→「Full Version」をクリックします。

Dr1

 そうすれば、ライセンスキーを入力するダイアログが開きますので、BundleHuntからメールで届いているシリアルナンバーを入力してください。

Dr2

 これだけで、フルバージョンとして使えるようになります。

 この手の海外製Macアプリを購入したことのない人も多いでしょうから、お節介ながら書いてみました。

 あいにく、私の手元には、「Winmail.dat」位しかなくてとりあえずそいつを開いてみましたが、日本語の「Winmail.dat」も完璧に表示、印刷可能でした。わざわざ印刷する必要はないのだけども。

 DjVuファイルは、こちらの「Emily Dickinson Poems (1890).djvu」を開いてみました。2,288 × 3,510 pixels164ページにも及ぶ膨大な文書(画像)ですが、さすがスキャン文書の圧縮に特化したDjVu、ファイルサイズはわずか 1.7MBです。

Dr3

 ↑のように何の問題もなく開けました。

 たった、1.7MBの容量に収まっている2,288 × 3,510 pixels 164ページのDjVuファイルですが、これをPDFに変換するとなんと 69.6MBという巨大なファイルに! DjVuのスキャン文書の圧縮効率の高さ、驚異的です。

Dr4

 そうそうWordPerfectの書類を開く機会もないですし、ここ10年ほどはWinmail.datも滅多に届きませんので、このアプリを使う機会はそうそうあるわけじゃないです。でも、いざという時のために持っていれば便利なのはまちがいなし。今回は、お値段たったの $1ですし。

 以上、Cisdem Document Reader 3 for Macの簡単なレビューでした。

 Macアプリがたいへんお買い得なSummer Mac Bundleは、9月22日(土)の午前3時59分までです。実質、9月21日までですから、必要な方は、お早めにどうぞ。

iStat Menus 6、Paragon Hard Disk Manager、Back In Focus等、人気のMacアプリが超お買い得。「Summer Mac Bundle」あと2日で終了!

 先月ご紹介した内容ですが、Macアプリがお買い得なSummer Mac Bundleもあと2日で終了となりますので、再掲します。

 当ブログではおなじみのBundleHuntが、UNLOCK THE BUNDLE FOR $5を開催しています。

Poster

 UNLOCK THE BUNDLE FOR $5は、通常価格から大幅値引きされた各Macアプリ(総数 47個)から好きなものを選んで(最大 30個まで)、合計額に $5加えた金額で購入できるというものです。

 なお、友人にギフトとして送る等、複数ライセンスが必要な場合、3ライセンスまで購入可能です。

 今回も、iStat Menus 6をはじめ、人気のMacアプリが多数お買い得になっています。

  1. iStat Menus 6 worth $14.99$4
    メニューバーから、CPU温度やファンの回転数、CPUやメモリの使用状況等、システムを直接監視できます。Mac App Storeでは、機能制限版iStat Menus - Bjango Pty Ltdを1,200円で販売しています。App Store版より、こちらの方が高機能です。おすすめ!
     
  2. DriveDx worth $19.99$5
    高度なドライブ状態診断および監視ユーティリティー。予期しないドライブ障害に伴うデータ損失やダウンタイムから身を守りましょう、とのことですが、この手のツールは、TechTool ProDrive Genius等の信頼できるツールをおすすめします。AppleがGenuin Barで使っていたり、FBIやCIAが使っているツールの方が、信用できるでしょ?
     
  3. WALTR 2 worth $39.95$4
    iTunesなしに、Mac上の音楽や動画をiPhoneやiPadに転送可能。しかも、MKV形式等のファイルであっても、ドラッグ&ドロップするだけで、iPhoneやiPadで再生可能な形式に変換して転送してくれる便利ツール。おすすめ!
     
  4. Home Inventory worth $39.99$4
    家財管理アプリ。無料のiOSヘルパーアプリと連動することで、簡単に家財やコレクション等をMacに登録できます。MacApp Storeでは、Home Inventory - Binary Formations, LLCとして4,800円で販売中。
     
  5. Timing - Productivity Plan worth $29$3
    Macを使用している時間を把握するためのツール。
     
  6. Paragon Hard Disk Manager worth $39.95$4
    Mac用のストレージ(HDDやSSD)管理ツール。 強力なバックアップと柔軟なリカバリ機能、完璧なパーティション分割、信頼性の高いデータ消去アルゴリズムなどに必要なものすべてが、これ1つでOK。もちろん、APFSに対応しています。おすすめ!
     
  7. PDF Converter OCR worth $59.99$3
    高度なOCRテクノロジによって、スキャンしたPDFとネイティブPDFを編集可能なドキュメントに変換できます。MacApp Storeでは、PDF Converter OCR - Cisdem Inc.として、7,400円で販売中。
     
  8. GoPanel 2 worth $14.99 → $2.50
    直感的似操作可能なWebサーバー管理のためのツール。WebホスティングのためにUnixベースのサーバーにインストールする既存のコントロールパネルアプリケーションの代替品です。Mac App Storeでは、goPanel 2 - Web Server Manager - Global Web SRLとして、1,800円で販売中。
     
  9. Unclutter worth $9.99$2.50
    ノート、ファイル、ペーストボードクリップをデスクトップ上で一元管理。1つの簡単なジェスチャーで、驚くほど便利で便利なツールになります。Mac App Storeでは、Unclutter - Eugene Krupnovとして、1,200円で販売中。
     
  10. Back In Focus worth $99.95$3
    ピンボケ写真や、手ぶれ写真を、ピシッと修正してくれるアプリ。ま、限界はありますけどね。Mac App Storeでは、Back In Focus - One Periodic Inc.として11,800円で販売されている高額アプリ。
     
  11. iMeetingX worth $60.00$3
    Mac App Storeでは、iMeetingX - Techno-Grafik Christian Lackner eUとして、7,400円で販売中のタスク管理、プロジェクト管理ツール。$3なら試してみる気になるけど、7,400円じゃ厳しいですよね。
     
  12. SYC 2 worth $19.95$2.50
    動画ダウンローダー
     
  13. PDFelement Express worth $39.95$3
    PDF編集ツール
     
  14. Soulver worth $11.95$1.50
    表計算アプリより使いやすく、電卓アプリよりスマートな計算機。MacApp Storeでは、Soulver - Acqualiaとして1,400円で販売中。
     
  15. Swift Publisher worth $19.99$4
    縦書きのテキスト枠も作成可能なページレイアウトソフト。MacApp Storeでは、Swift Publisher 5 - Belight Software, ltdとして、2,400円で販売中。チラシやパンフを作製する機会が多いのであれば、おすすめ!
     
  16. Mac Cleaner worth $40$2
    Macのメンテナンスツール。Mac App Storeでも、「System Cleaner Movavi - Movavi Software Inc.」として1,600円で販売されていますけど、2.と同じ理由でおすすめはしないかな。
     
  17. QRecall worth $40.00$3.50
    効率的で使いやすいバックアップツール、とのことですが、おいらは使ってないのでよくわかりません。今回はお試し価格ですし、いいんじゃない? Time Machineから乗り換える必要性は?ですが。
     
  18. ActiveDock worth $19.99 → $2
    カスタマイズ可能な、Apple純正Dockの代替アプリ。
     
  19. Barrier worth $29.99$1.50
    ファイアウォールアプリ。
     
  20. Paperless worth $49.95$2
    Mac App Storeでは、Paperless - Mariner Softwareとして4,800円で販売されている、ペーパーレス化推進アプリ。うちの職場でも推進していますけど、実際、画面で見るのと、書類を繰ってみるのでは、見やすさは書類なのね。職場のモニターが全つ40インチ程度の4Kモニターになれば、ペーパーレスでも快適なんだろうけど。
     
  21. MacX MediaTrans worth $29.95$2
    iTunes代替アプリ。音楽のインポートとエクスポートは超高速での双方向。プレイリストの作成/削除/編集も可能。iPhone用の着メロの作成も可能。
     
  22. Ideas worth $29.99$2
    アイデアを掘り起こすためのツール。ホワイトボード、フリーフォームのスプレッドシート、ブレインストーミングアプリをすべて1つにまとめたものです。
     
  23. PDF Search worth $29.99 → $2.50
    Mac App Storeでは、PDF Search - Muharrem Ozkanとして3,600円で販売中のPDF文書に特化した検索ツール。
     
  24. Contact Page Pro worth $49.99$2
    Mac App Storeでは、ContactPage Pro - Badia Softwareとして1,200円で販売中のキャプション付きコンタクトシート(サムネイル画像を一覧するシート。写真撮る方なら、ご存じですよね?)作成・管理ツール。
     
  25. iTunes Converter for Mac worth $39.95$1.50
    Easily remove DRM from iTunes M4P songs M4P/M4B Audiobooks.
     
  26. Data Recovery worth $49.99$3
    先にも書きましたが、この手のツールは信頼性が一番。私はFBIやCIAも使っているデータレスキュー(Data Resque)を使い続けています。
     
  27. Subtitle Studio worth $14.99 → $1.50
    字幕作成ツール。
     
  28. MacGourmet Deluxe worth $49.95$2
    海外では人気のレシピアプリ。日本語版じゃないですし、当然和食メニューはありません。
     
  29. Spotify Music Converter Mac worth $39.95$1.50
    download and convert any Spotify songs albums or playlists to MP3 M4A WAV or FLAC with 100% original quality.
     
  30. Vallum worth $15$1.50
    アプリケーションのネット接続(通信)を監視しブロックするためのツール。
     
  31. Coherence Pro worth $9.99$1.50
    Webをアプリケーション化するためのツール。例えば、YouTube(https://www.youtube.com/)をアプリケーション化して、Dockに放り込んでおいたりできるわけです。ブラウザのお気に入りでいいような気もするんですけど、どうでしょうね?
     
  32. Ondesoft Audio Recorder for Mac worth $29.95$1
    強力で使いやすいMacオーディオレコーディングソフトウェアです。 Mac上の任意のアプリケーションからオーディオをキャプチャして録音する(Safari Firefox Chrome Skype iChat iTunes Apple音楽VLC QuickTime FaceTime)、YouTube、Apple Music 、Spotify、 Vimeo、 Pandora、 Lastfm、 GrooveSharkから音楽をストリーミング録音することができます。
    えーと、無料のSoundflowerとQuickTime Xで同じことはすでにできますよね?
     
  33. MySQL Optimizer worth $9.99$1.50
    MySQLデータベースの最適化ツール。
     
  34. Whoosh worth $59.99$2
    Amazon SESサービスを使用して、Macから大量の電子メールを送信するためのツール。
     
  35. ContactsMate worth $39.99$2
    すべての連絡先を同期させて最新の状態に保つベストセラーのコンタクトマネージャーソフトウェア!
     
  36. Monologue worth $5.00$1
    シンプルなメモ。
     
  37. Document Reader for Mac worth $14.99$1
    古いワープロ(Mac版だけでなくWindows版も含む)、例えばWordPerfectの文書ファイルや、Microsoft Works、Microsoft Visio等Windows版アプリしか提供されていないアプリの文書ファイルをMacで開いて、閲覧・印刷するためのツール。WPD、WPS、XPS、OXPS、VISIO、DjVu、PDF、Winmail.datに対応。
     
  38. Exportools Professional worth $129.99$2
    複数のInDesignおよびQuarkXPressファイルの書き出しとプリフライト。 ドキュメントの分割、マージ、テキストと画像を抽出が可能。
     
  39. RoboDB App normally $19.99 → $2
    MySQLデータベースとユーザを管理するためのツール。
     
  40. iPhone Data Recovery worth $19$1.50
    iPhoneやiPadから削除されたノート、カレンダー、リマインダー、その他の個人情報を復元するツール。
     
  41. FiveNotes worth $4.99$1
    A small text editor that you can always access by clicking (or pressing shortcut keys) on its Menu-bar icon.
     
  42. WhatsApp Message Recovery worth $19$1.50
    Recover your deleted WhatsApp messages WhatsApp chat histories and attached photos and videos from your iPhone iPad.
     
  43. Photo Focus worth $29.95$1.50
    Creative Ways to Blur Images on a Mac=2E
     
  44. NoteApp worth $4.99$1
    A text editor for people who need something really simple yet beautiful.
     
  45. Photo Editor worth $39.99$2
    Movavi Photo Editor provides standard editing features in a user-friendly environment.
     
  46. Photo DeNoise worth $24.95$1.50
    Simply remove most image noise during post-production.
     
  47. World Of Where worth $9.99 → $1
    World of Where is the easiest way to learn the countries and capital cities of the world.

 以上、UNLOCK THE BUNDLE FOR $5の対象アプリ、47個の簡単なご紹介でした。まだ訳せてないところは、そのうち日本語化します。

 というわけで、もちろんおいらもポチッとな。友人に配る用とかで複数ライセンス(3つまでですが)購入できるのがいいですね。気になるアプリがあったら、まとめ買いしてください。終了間近なので、急いでね。

 え、私? もちろん買いましたよ。$36(PayPalで4,195円)も。友人にあげるアプリも何本か含んでますが。

 Macアプリがたいへんお買い得なSummer Mac Bundleは、9月22日(土)の午後3時59分までです。必要な方は、お早めにどうぞ。

Anker、iPhone XS / XS Max / XRに対応した強化ガラス液晶保護フィルムを販売開始。2枚組で999円とお買い得!

 高品質な製品を低価格で提供するAnkerが、iPhone XS / XS Max / XRに対応した強化ガラス製液晶保護フィルムAnker GlassGuardの販売開始しています。2枚組で999円とお買い得!

 iPhone XSは基本的にiPhone Xと同じ画面サイズですから、iPhone X用の液晶保護フィルムを転用しても良いわけですが、

この2種類の迅速な販売開始は、ユーザーにはありがたいですね。iPhone XS Max、iPhone XR本体より、液晶保護フィルムの方が先に手に入りそうです。

 iPhoneに液晶保護フィルムを貼るのは、けっこう難しいのですが、位置決め用のオレンジ色の修正フレームまで入っているところは、さすがAnker製品。

 こんな感じで、パッケージされたものだけで、きれいに液晶保護フィルムを貼ることができます。もっとも、埃のある部屋ではきれいに貼るのは無理なんで、埃のない部屋、究極的には湯気の立ちこめているお風呂場で作業するといいかもね。

 他社製品は、保護フィルム1枚で同じような価格だったりしますし、位置決めフレームなんて付属しませんし、もうiPhone XS / XS Max / XR用のガラスフィルムはAnker GlassGuardで決まりでしょう。

 あとは、0.33mの厚さを許せるか。ホームボタンのある頃のiPoneだと、ガラスフィルムが0.33mあるとホームボタンが奥まってしまって押しにくくなったわけですが、ホームボタンのなくなったiPhone Xシリーズなら無問題と思われます。

 というわけで、新しいiPhoneを買う予定はないのですが、iPhone XR用 Anker GlassGuardをポチりました。(笑) 保護フィルムがもったいないじゃん→やっぱ、iPhone買っちゃう?、作戦です。成功するかどうかはわかりませんけどね。

2018年9月18日 (火)

「iOS 12」の配布開始! iTunes 12.6でもiTunes経由でアップデート可能!

 Appleが「iOS 12」の配布を開始しています。

 多くの方が、パブリックベータプログラムに参加されていて、すでに「iOS 12」を体験済みとは思いますが。

 なお、同時にiOS AppをMacやPCで管理可能な「iTunes 12.6.5.3」も配布されておりまして、そちらを使いますと、iTunes経由で「iOS 12」にアップデートすることも可能です。

 ご存じない方が多いと思いますので、簡単に説明しますと「iTunes 12.7」から、iTunesでiOS Appを管理できなくなりました。と同時に、旧バージョンの「iTunes 12.6」では、iOS 11インストール端末の同期やバックアップ、iOSのアップデートができなくりました。

 私は万一に備えて、古いAppを保管(バックアップ)するためにiTunesを使ってきました。しかし、iTunese 12.7からはアプリのインストールや管理ができなくなりました。一部企業や学校等では、iTunes経由で「その企業や学校等の独自のアプリ」や大量のiOSデバイスにアプリを一括して配布する必要があるわけですが、「iTunes 12.7」以降ではそれが不可能になりました。

 それらの企業や学校から苦情がきたのかどうかは知りませんが、後日Appleは旧バージョンの「iTunes 12.6.3」をiOS 11に対応させて配布しました。これによりiOS Appの管理は可能になりましたが、iOSデバイスへのiOSのインストールはできないままだったんですね。

 つまり、iOSをアップデートするにOTA(Over the Air。つまり、Wi-Fi経由とか)で、アップデートする必要があったわけです。

 でも、今回配布された「iTunes 12.6.5.3」でようやくiOSのアップデートにも対応しました。もちろん、iTunes経由でiOS 12にアップデートできました。

20180918_185801

Itunes12653

Ios12

 ご承知の通り、OTAでiOSアップデートすると、iOS端末が、まれに文鎮化(端末がリカバリーモードになって動作不可になる)することがあります。そんな場合、iTunesにつないでiPhoneを復元させる必要があるのですが、「iTunes 12.6.5.3」の登場でそんなときも焦らずにすむようになりました。

 いよいよ「iTunes 12.6.3」も終焉か? iOS 11.3へのアップデート不可!という記事で、心配していたことは、今のところ杞憂ですみそうです。

 とは言え、iTunesも12.8に上がる頃には、12.6.5.3自体の配布が終了するかもしれませんし、いつまで「iTunes 12.6.5.3」でiOS Appを管理し、iOS 12端末と同期できるのか、やはり不安は残ったままですけどね。

 ともかく、「iTunes 12.6.5.3」経由でうちのiPhone SEは「iOS 12」にアップデートできました。めでたい!

2018年9月17日 (月)

Lenovo(レノボ)のノートPCがお買い得!

 amazonが、プライム会員限定の特選タイムセールで、Lenovoのノートパソコンをお買い得価格で販売中です。

 たとえば、Pentium搭載/4GBメモリー/128GB SSD/14インチフルHD液晶のLenovo ノートパソコン ideapad 330S 81F400P8JP51,980円なのですけど、安いですよね。

 おいらは先日、中古のMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)を47,000円で買いました(ヤフオクだけど)が、新品で51,980円ですか。

 CPUがPentiumということは、Core2Duo相当位なのでしょうか? おいらのMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)は、一応Core i7(古いけど)なので、あの価格も納得しておくことにします。しかし、Macは中古でもいいお値段しますよね。

 もちろん、上位CPUのモデルもありますし、あのRyzen 5搭載モデルも、そしてMS Office付きもあります。ノートPCの購入や買い換えを検討されていた方には、いいかもね。Lenovoのノートパソコン、チェックしてみてください。

2018年9月14日 (金)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

 第30回Vectorプロレジ大賞「グランプリ」受賞記念セール!

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2018.9.14 (金)から9.17 (月)までVectorプロレジ大賞「グランプリ」受賞記念特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは 7,700円で販売されているので、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS High Sierraにも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応。

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2018/9/17(月)までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

マイクロンの2TB SSD「Micron 1100シリーズSSD MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY」が29,980円と超お買い得!

 私も愛用しているコスパ抜群の2TB SSD「Micron 1100シリーズSSD MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY が、ついに3万円を切って29,980円に!

r

 表記価格は、33,715円ですが、会計時に3,735円 OFFクーポンが適用されて、29,980円で購入できます。もちろん消費税込みですし、送料は無料です!

 私が買ったときより、1万円も安いです。昨日のEWI5000でも書きましたが、1万円あったらあれこれいろいろ買えるんですけどね。とりあえずは5年以上使っているハードディスクの中身の入れ替え(ドライブだけの交換)とか。

 EWI5000の分と併せて2万円あれば、ハードディスク2台の入れ替えもできるし、購入予定のLogic Pro X - Appleにだって手が届く。

 もっとも、それぞれ1万円高く買ってしまった私ですが、その差額の元は取るくらい、どちらも使い倒してますけどね。

 ともかく、2TB SSDがとうとう3万円を切りました。これに続く格安大容量SSDは、当分登場しないでしょうから、必要な方は買っておいた方がいいですよ。

 私の2TB SSD搭載MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)、超快適です。空き容量を気にして、不要ファイルを探したり、重複ファイルを削除したりする時間が取られないというのは非常にありがたいです。Time is Money ! というか、時間と健康には、金より価値があると思うのですけどね。

2018年9月13日 (木)

人気のMacアプリ10個を好きな価格で購入できる「Pay What You Want: The Ultimate Mac Bundle ft. 2Do」開催中! GTDツール「2Do」がほしい人はこの機会にぜひ。

 当ブログではおなじみのstacksocialが、$437相当の人気Macアプリ10個をまとめて、好きな価格で購入できるPay What You Want: The Ultimate Mac Bundle ft. 2Doを開催しています。

Pwyw_ultimate_mac_bundle

 Pay What You Want: The Ultimate Mac Bundle ft. 2Doに含まれるMacアプリは、

  1. 2Do ($49.99 相当)
     Mac App Storeでは、2Do - Beehive Innovations Servicesという名称で6,000円で販売されているGTD(Getting Things Done(仕事を成し遂げる))アプリ、タスク管理アプリです。iOS版の2Do - Todo List, Tasks & Notes - Beehive Innovations Servicesとデータを同期できます。
  2. Airy ($59.95 相当)
     動画ダウンローダー
  3. RoboForm Everywhere 2-YR Subscription  ($47.76 value)
     パスワード管理ツール。パスワードマネージャーと自動フォーム入力機能あり。ただし、2年間のサブスクリプション。
  4. PDF Manager Ultimate  ($69.99 value)
     Mac App StoreでもPDF Manager Ultimate - Enolsoft Co., Ltd.として、3,000円で販売されていますが、PDFの編集なら別のアプリの方がいいかも。
  5. NetSpot Home  ($49 相当)
     Mac App Storeでは、NetSpot Wi-Fi Reporter - Etwok LLC4,800円で販売されています。WiFiの電波状況を可視化し、無線LANのトラブルシューティング、今後の増設計画に便利かも。もっとも、最近は親機に中継器という手段ではなく、家中隅々まで電波の行き渡るメッシュWi-Fiシステムが主流になると思いますが。
  6. Mosaic Pro  ($32 相当)
     MacOSアプリケーションウィンドウのサイズ変更と再配置を簡単に行うためのツール。1つの画面で複数のアプリを立ち上げて作業しなければならないときに便利かも。
  7. HyperPlan Home ($40 相当)
     フレキシブルで視認性に優れたプランニング・スケジュール管理ツール。2Do - Beehive Innovations Servicesとかぶりますね。
  8. Future DJ ($19.99 相当)
     すぐにプロDJのようにミックスできるDJミキシングアプリ。Mac App Storeでは、プロユースのfuture.dj pro - mix everything - Xylio Info Srlが15,800円で販売されていますが、定番は「djay Pro 2 - algoriddim GmbH」でしょうか。
  9. Duplicate Photos Fixer Pro  ($37.98 相当)
     重複した写真を削除し、写真コレクションを整理するためのツール。Mac App StoreではDuplicate Photos Fixer Pro - Systweak Softwareとして販売されていますが、ただいま95% OFFの120円になっています。
  10. Art Text 3  ($29.99 相当)
     バッヂ、チラシ、ロゴ、ソーシャルヘッダやアイコン、テキストモックアップ、Web サイトのグラフィックやボタン、写真のキャプション、ワードアート、3D テキストなど、魅力的なイラストを作成できるグラフィックデザインソフトウェア。
     Mac App Storeでは、Art Text 3 - Belight Software, ltdとして3,600円で販売中。

の10個。

 当ブログをご覧の方はご存じと思いますが、好きな価格でといっても、10個すべてのアプリをゲットするには、そのときの平均購入価格以上で買わないといけません。

 今現在、$7少々(800円ほど)ですから安いものですけどね。2Do - Beehive Innovations Servicesを購入予定だった方は、この機会にぜひ!

2018年9月12日 (水)

楽器をはじめたいおっさんに最適な「AKAI EWI5000」が68,306円とお買い得!

 おいらが買ったときより、1万円以上安いです。あ〜、1万円少々あったら、あれも買えるし、これも買えるのに。

 楽器経験はないけど、何かはじめたいというおっさんに最適なウィンドシンセサイザーAKAI EWI5000が、68,306円とお買い得価格になっています。

 おっさんが何か楽器を始めたいと思っても、ギターやサックス、トランペットはかなり難しい。音楽教室に通って、家でも散々練習すればなんとかなるんでしょうけど、ヒラリーマンのおっさんには、そんな時間はなかなか捻出できないわけです。

 ところが、息を入れるだけで、サックスの音やらトランペットの音やらを出せる楽器があるわけですよ。それが、AKAI EWI5000

 吹いて鳴らすシンセサイザーのAKAI EWI5000ですが、おっさんには、リリコンと言った方が通りがいいかもしれません。気分はTHE SQUAREというか、伊東たけしです。

 伊東たけしと書きながら、伊東たけし後のT-SQUAREを貼ってますがw

 AKAI EWI5000は、簡単に書けば、小学校の時に吹いたソプラノリコーダー(スペリオパイプ)を電子楽器にした感じ。音はアコースティック楽器から電子楽器まで100音色内蔵されています。MacにGarageBandをインストールしてあるなら、その音源も鳴らすことができますよ。

 運指はソプラノリコーダーと同じ(サックス準拠、トランペット準拠、フルート準拠等にも変更可能)ですから、音数の少ないゆっくりした曲であれば、この程度ならすぐに吹けるようになります。↓

 ↑映画The Missionのメインテーマ曲とも言える「ガブリエルのオーボエ」です。オーボエじゃなく、ソプラノサックスの音ですけどね。

 これはYoutube見てたらたまたま目について、その日のうちに吹いてみました。

 おっさんでもこのくらいならなんとかなるので、器用な人、若い人、楽器経験のある人、音楽教室に通うつもりの人なら、3日ほどで吹けるのかもね。

 今では、楽譜がなくてもカラオケに合わせてこのくらいはなんとか吹けます(カラオケを聴いてすぐに吹けるわけじゃなく、音をメモして10回くらいは練習した。)。

 Youtubeには上手な人の動画もいっぱい上がってます。その域に達するにはなかなか難しいかもしれませんけど、↑の2つくらいなら、多分おいらよりずっと上手に吹けるようになりますよ。

 下手っぴでも、カラオケと同じで吹いてる本人は気持ちいいわけ。というわけでAKAI EWI5000、おすすめです。

【関連記事】

2018年9月11日 (火)

プライム会員の必需品、4Kセットトップボックス「Fire TV」が6,480円とお買い得! プライムデーの時より安い!

 プライム会員なら、見放題の「プライムビデオ」を楽しむためFire TVはお持ちかと。

 私も古い「Apple TV」を持っているにもかかわらず、発売と同時に初代Fire TVを購入し、楽しんでおります。

 古いApple TVは720p、初代Fire TVはフルHDの1080p、そして現行のFire TVは4Kコンテンツ対応のストリーミングメディアプレイヤーです。

 そんなFire TVが、期間限定で2,500円OFFの6,480円で販売中! これ、プライムデーの時より、さらに500円安いんですが……

 そろそろ4Kモニターを買わないとね。

 しかし、その4KモニターHDR400だったり、さらに進化したHDR1000対応モデルが出てきたりと、いろいろ進化が早すぎてついて行けてません。

 Mac使いとしては、USB-C対応で、もちろんUSB PD(できれば80w以上。最低でも60w。)対応であってほしいところ。USB PD 15wじゃ、MacBook (Retina, 12-inch, 2015以降)くらいしか充電(給電)できなさそう。

 こんなこと考えてると、なかなか買えないわけですけどね。

 でも、Fire TVは買いですよ! ドラマ好き、映画好きなら、お値段以上に楽しめます。あとは、音楽Liveが無料見放題になれば最高なんだけどなぁ。もちろん、無料なのは期間限定でかまわないんだけど。

2018年9月 9日 (日)

メルテックのポータブル電源「SG-3500LED」、2回目のバッテリー交換

 大昔に「屋外でAR.Drone 2.0等のバッテリーを急速充電するのに最適なメルテックのポータブル電源 SG-3500LED」と言う記事を書きました。

 そこで紹介したMeltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDは、本来、屋外で100V電源を取りたい時に便利なシステム電源です。

 近畿では、先日の台風21号の影響でうちの家も停電したわけですが、そのときにも、こいつのおかげで最低限の電源の確保は可能でした。

 Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDは、クルマのバッテリーが上がってしまった時のジャンプスターターとしても使えますし、屋外でR/C(ラジコン)のリポバッテリー等の充電にも使えますし、車内で100V電源としてノートPCを使うことも可能ですし、キャンプや屋外でのバーベキューのときの100V電源にもなるという、非常に便利なポータブル電源です。

 2013年の8月に購入し、2015年の11月にバッテリー交換をした私のMeltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDですが、先日、2回目のバッテリー交換を実施しましたので簡単に書いておきます。

 前回は、「Kung Long / WP20-12 (GP12170 PE12V17 NPH16-12T 12m17W HF17-12A 12SSP18互換) 12V用 サイクルバッテリー シールド型 MF」を使いました。

 こいつは特に問題もなく、また「IBMの無停電電源装置 UPS1500TJVのバッテリー交換」にも利用する等、信頼はしています。

 信頼しているのですが、Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDに元々内蔵されているバッテリーより、端子の位置が外側に張り出しており、コネクターケーブルの取り回しを、下記画像のようにちょっと無理させる必要があります。

【オリジナルバッテリーの取り回し】 

Img_7787

【Kung Long / WP20-12の取り回し】

Img_7791

 ↑無理矢理90°に曲げて、コネクターケーブルには少々負担がかかっていそうです。

 というわけで、他社のバッテリーなら、端子の位置はメルテックに内蔵のモノと同じかも?、ということで確認のため違うバッテリーを発注することに。

 オーダーしたのは、少々お高くなりますが、スーパーナット サイクルバッテリー 12SN20■12SN18 GP12170 PE12V17 HF17-12A FM12200 互換 12SN20

Img_6142

Img_6144

Img_6152

 6ヶ月保証が付いていますので、初期不良や寿命が極端に短かった場合も安心です。

Img_6148

 肝心のバッテリー端子ですが、オリジナルの内蔵バッテリーとほぼ同じ位置に端子があり、↑のようにコネクタケーブルに無理をさせることなく内蔵できました。

Img_6146

 ↑今までかなり無理させてましたね、コネクタケーブル。

Img_6150

 ↑スーパーナット サイクルバッテリー 12SN20■12SN18 GP12170 PE12V17 HF17-12A FM12200 互換 12SN20なら、上の画像のようにケーブルを無理に取り回す必要はなくなります。

 近畿地方の台風被害に引き続き、北海道では大地震。ともに長時間にわたる停電を経験することとなりました。

 災害対策としても、Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDは持っておくと心強いです。

 停電中でも、クルマをお持ちなら、クルマのシガーソケット経由でMeltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDを充電することが可能(可能と言うだけで、非常に時間がかかるので現実的ではない。インバーターハイペリオン等のバッテリーチャージャーを組み合わせて充電すれば、充電時間を半分以下に短縮することも可能ですが、これも現実的とは言えない。)です。

 今回の台風21号や胆振大地震での長期にわたる停電の場合、Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDへの充電用に20w-100w程度の太陽光パネルとコントローラーのセットを購入して、ソーラー発電するのがいいのかもしれません。

 例えば20wの太陽光パネルとコントローラーのセットには、ソーラーパネル 単結晶 20w(12V)  専用チャージコントローラー12Aセット完全防水 20Wソーラー発電・蓄電ケーブルセット ソーラー入門・簡単セットといったものがあります。

 これらの太陽光パネルは、キャンプやバーベキュー会場に車載して持って行けるほどの大きさですし、設置場所もベランダでOKです。

 20wシステムなら、お値段的にも7千円少々とお手頃。そりゃ、50wや100wのシステムの方が余裕があるのでしょうけどね。

 これらを導入しちゃうと、Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDの充電用だけじゃもったいなくなって、ACデルコあたりのディープサイクルバッテリー純正弦波インバーターも欲しくなっちゃいますね。

 停電するといかにたいへんかというのは、経験してみてはじめてわかるもの。Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LEDが活躍するような災害には来て欲しくないですが、普段からの備えは、やはり大切です。

 というわけで、Meltec ( メルテック ) ポータブル電源 5WAYシステム SG-3500LED、おすすめです。内蔵バッテリーの寿命がきても安く交換できますしね。内蔵バッテリーを長持ちさせるためには、ポータブル電源を使ってなくても、週末には補充電する習慣を付けておきましょうね。

 補充電は1ヶ月に1回で十分なのでしょうけど、1ヶ月に1回って忘れるのね。だから、毎週末。鉛蓄電池は放電状態で放置するとアウトですから。

【関連記事】

オムロンの電子血圧計がお買い得!

 amazonが、プライム会員限定の「特選タイムセール」で、オムロンの電子血圧計をお買い得価格で販売中です。

 しかも、モノによっては「10% OFFクーポン」が付いてますから、表示価格よりさらにお買い得に。

  1. オムロン 血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7130・・・4,032円
  2. オムロン 血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ スマホアプリ/OMRON connect対応 HEM-7282T・・・9,871円
  3. オムロン 血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7123・・・3,546円
  4. オムロン 血圧計 手首式 スマホアプリ/OMRON connect対応 HEM-6325T・・・8,980円

 1.の「オムロン 血圧計 上腕式 腕帯巻きつけタイプ HEM-7130」は、クーポンも適用できますし、カスタマーレビューでも高評価です。敬老の日のプレゼントにも喜ばれるかも。

 高価なモデルは、iPhone等とBluetoothでつながったりと高機能。敬老の日のプレゼントとしては、お年寄りには使いこなせないかもね。

 うちは親父が高血圧なので、腕を差し込むでかいやつがキッチンに置いてあるんですが、今回ご紹介の血圧計って、みんな小さいのね。小型・軽量・高性能ってのは惹かれるモノがあります。このサイズなら、職場のデスクの引き出しの中に常備しておくにもいいかも。

2018年9月 7日 (金)

8インチで8,980円。アマゾン、コスパ最高・高性能な「Fire HD 8 タブレット」を発表!

 amazonが、2018年10月4日よりFire HD 8 タブレットの販売を開始すると発表しています。

 Fire HD 8 タブレットは、16GBモデルで税込8,980円という低価格ながら、8インチ HD(1280 x 800)ディスプレイ、1.3GHzのクアッドコアCPUを搭載。抜群の高コストパフォーマンスが特徴です。

 ストレージ容量 32GBのモデルは、10,980円。16GB容量増のコストは、2,000円です。

 しかし、2,000円出せば、サンディスクの64GBのMicro-SDXCカードを購入できます。32GBで良ければ、1,080円です。

 Fire HD 8 タブレットは、400GBまでのmicroSDカード(別売)に対応していますから、タブレット本体のストレージ容量は16GB、つまり安いモデルで十分ではないでしょうか。

 プライムユーザーなら、見放題のプライムビデオ、聴き放題のプライムミュージックを楽しむためのタブレットとして、一つ持っておいても良いでしょう。

 あと高齢のご両親へのプレゼント等にも良いかも。amazonの閉じた世界の中でしか使いませんしね、高齢者なら。

 新型の発表を受け、旧モデルのFire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (第7世代) 32GBも2千円引きの8,980円とお買い得価格になっています。

 旧モデルは、microSDカードが256GBまでだったり、フロントカメラ性能が劣ったりしますが、画面解像度は1280x800で同じですし、1.3GHzの高速クアッドコアも同じです。リアカメラはどちらも200万画素で同じ。性能に大きく影響する部分での差は、それほどなさそうです。

画像編集アプリ Mac版「Pixelmator Pro」、「Pixelmator」とiOS版「Pixelmator」が半額!

 MacやiPhone、iPadで定番の画像編集アプリが、期間限定で半額となっています。

【Mac版】

 豊富な機能を誇る画像編集アプリPixelmator Pro - Pixelmator Teamが、期間限定で通常価格 7,400円3,600円とお買い得になっています。

 また、廉価版のPixelmator - Pixelmator Teamは、通常価格 3,600円1,800円に。

Pm

 廉価版ですけど、↑のようにPhotoshopの画像(.psdファイル)も開けますし、レイヤーの操作も可能です。

【iPhoneおよびiPad版】

 iOS版の「Pixelmator - Pixelmator Team」の通常価格 600円240円とお買い得。もっとも、iOS版に関しては、Apple純正の写真.appで、通常の補正は可能ですから、わざわざ購入する人は少ないかもしれませんけども。

 Mac版、iOS版ともに購入予定だった方は、今回のセール期間中の購入をお勧めします。また、手ごろな価格の写真・画像編集ソフトをお探しだった方にもおすすめ。

 レイヤーなんて必要なし!、って方は、Mac版の写真.appの編集機能で十分かもしれません。

2018年9月 5日 (水)

Kindle、50%OFF以上の「新書フェア」開催中!

 amazonが、値引率50%OFF以上の新書フェアを開催しています。

 ためになるものから怪しいものまで。

 Kindle本に限らず、本というのは昔からそういうものでしたが、電子書籍のおかげで誰でも気軽に出版できる時代になってしまって、怪しいもの、役に立たないものが一気に増えてしまった気がします。

 そのあたりは、著者で判断するか、出版社で判断するか、カスタマーレビューで判断するかってことですけど、活字情報がネット情報と同じレベルで疑ってかからなければいけない時代。何でも鵜呑みにしちゃだめですよ。

 かつて、テレビで陣内智則さんが、「でも、池上さんが一番正しいと僕は思ってるんです。たぶん全国の人も思っている。」と言ったときに、池上彰さんはおっしゃってます。『それが一番危険なんですよ。自分で考えないで「池上がなんて言うんだろう」「池上に従おう」っていうのが、一番いけないこと。』ってね。

 ひどい本が増えてきましたが、ためになる本もあります。小説やフィクションではない実用書やビジネス書、学術書もどき等の新書は、書かれている内容について、自分で考え判断することが必要。その訓練もかねて、安いうちにポチッとな。

 本を読んでも、旅に出ても、経験を重ねても成長しない(できない)人というのは、結局、自分で考えたり、取捨選択したりしてないんじゃないかな。この手の本は、小説読むみたいにその世界に入り込んでしまったり、あるいは受け身で読んじゃだめ。辛辣な批評家になりきって読みましょう。そして、ためになったところは大いに賛同し、あれ?と思ったところはよく調べて、批判するなり、自分の考えを改めるなりすればいいんじゃないのかな。

 そんな感じで成長したいと思うおっさんでした。

2018年9月 3日 (月)

Apple、「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を開始!

 Appleが「iPhone 8 ロジックボード交換プログラム」を開始しています。

 2017 年 9 月から 2018 年 3 月までの間に、オーストラリア、中国、香港、インド、日本、マカオ、ニュージーランド、および米国で販売された iPhone 8のごく一部に、製造上の欠陥があるロジックボードが含まれていることが判明。

 該当するiPhone 8 では、突然再起動する、画面がフリーズする、iPhone をオンにできないなどの症状が見られることがあります。Apple では、対象となる iPhone 8 を無償で修理いたします。

とのことです。

 iPhone 8ユーザーの方は、こちらのページに「iPone 8のシリアル番号」を入力することで、ロジックボード交換が必要な機種なのかどうかを調べることが可能です。

 なお、「iPone 8のシリアル番号」の調べ方は、こちらです。

2018年9月 2日 (日)

衣替えにはまだ少し早いけど衣装ケースやチェストなど「収納グッズ」がお買い得!

 うちは古い日本家屋なので、収納と言えば押し入れ&納戸なんですけど、そんな押し入れの整理に最適な衣装ケースやチェストなど「収納グッズ」がお買い得になってます。

 アイリスオーヤマ チェスト 木天板 4段 幅55.6×奥行41×高さ82cm ホワイトオーク WTW-544(3,840円)」は、うちの押し入れでも使ってますけど、このタイプで奥行きが押し入れいっぱいの深さまであるようなものってどこか作ってくれませんかね?

 最近は押し入れなどと言う前時代的なものは少なくなってきているので、仕方ないか。奥行きのない作り付けのクローゼットだったりしますもんね。

 上のアイリスオーヤマの簡易チェストは、他店より、そして通常価格より千円ほど安いのでお買い得であるのはまちがいないです。

 というわけで、衣替えの前に衣装ケース等をお考えでしたら、今日がお買い得ですよ。

健康志向&ダイエット志向の方、「アサヒ ドライゼロフリー 350ml×24本」が2,428円とお買い得ですよ。

 本日が最終のタイムセール祭りで、最もビールに近い味のノンアルビールアサヒ ドライゼロフリー 350ml×24本2,428円(1本あたり101円)、アサヒ ドライゼロ 500ml×24本3,447円(1本あたり144円)とお買い得価格になっています。

 健康を考えて、ノンアルに切り替えておられる方も多いと思いますが、ノンアルビールってまずいんですよ。でも、アサヒ ドライゼロはかなりマシ。

 本当においしいのは、ドイツのヴェリタスブロイ ピュアアンドフリーなんですけどね。こちらは、ドイツの法律通りの製法で造られたビールから、脱アルコールしたもので、アルコールを抜いてある以外は、ビールそのものです。

 残念ながら、日本ではこの製法によるノンアルが認められていないのと、そもそもノンアルはビールではなく、発泡酒や第3のビールのノンアル版といった位置づけですから、味に大きな差が生まれてしまうのは仕方ないのかも。

 もっとも、味については個人の嗜好の問題なので、おいらの好みがあなたの好みじゃないですけどね。

 タイムセール祭りでは、アルコールの入った本物ビールもお買い得になってますよ。飲んべえもぜひ!

2018年9月 1日 (土)

EWIの練習に最適な「iReal Pro」。iPhone版、iPad版は有名ですけどMac版もあるよ!

 ジャズギターやサックス、トランペット、そしてEWIの練習に最適なアプリとして評価の高いMac版のiReal Pro - Technimo LLC(2,400円)」。↓Mac版です。

 わずか2,400円の出費で、何千曲という名曲のマイナスワン音源(カラオケ音源)が手に入ります。つまり、一人でギターなりEWIなりのセッション練習、アドリブ練習ができるわけです。

 フォーラムには、膨大な数の曲(2,000曲以上)がアップロードされており、リアルに再現されたピアノ(またはギター)、ベース、ドラムの伴奏をバックにEWIを吹くことができます。

 もちろん、EWIじゃなく、アルトサックスでもテナーサックスでもトランペットでもいいわけですが。

 ↑の動画は、誰もが知ってる「枯葉」ですけど、この動画のように「スタイル」を変更することで、曲の雰囲気をガラッと変えることができます。

 上の動画は、同じ「枯葉」を

  1. Jazz - Medium Swing
  2. Jazz - Medium Up Swing
  3. Jazz - Bossa Nova
  4. Jazz - Doo Doo Cats
  5. Jazz - Gypsy Jazz
  6. Latin - Brazil: Bossa Acoustic
  7. Latin - Cuba: Cha Cha Cha
  8. Pop - Disco
  9. Pop - Glam Funk
  10. Pop - Rock
  11. Pop - House
と、スタイルを変えてバックトラックを演奏しています。

 ロック風味のやつは、ロックバラード調のメロディーが浮かんできますし、ディスコ風なのは'90Popな、そしてハウス風のはアイドルが歌いそうなメロディーが頭に浮かびますね。

 コード譜は、アップロードされているものだけでなく、自分で入力することも可能。また、アップロードされているコード譜を編集し直すことも可能です。

 コード譜の作成、編集、印刷、シェアが簡単できます。

 楽器練習のために、Logic Pro X - Apple等を使って、マイナスワンを作成されている方も多いでしょうけど、iReal Pro - Technimo LLCを使えば、その手間が大いに軽減できます。

 もちろん、iReal Pro - Technimo LLCのコード譜をMIDIファイルにして、Logic Pro X - Apple等に読み込ませることも可能。リズムセクションは、簡単に作成できます。

 練習用の簡易なバッキングトラックで良いのであれば、マイナスワンのCDを買ったり、MIDI音源を探したり、Youtubeでバッキング演奏を探す必要はありません。

 もちろん、リアルなT-SQUARE のバッキングトラックがほしい!、とか、人前で演奏する用のバッキングがほしい、というときは別ですけどね。

 先に『iReal Pro - Technimo LLCのコード譜をMIDIファイルにして、Logic Pro X - Apple等に読み込ませることも可能』と書きましたが、↑の動画は、「ハウス風枯葉」をGarageBandに取り込んでみたものです。

 もちろん、MIDIデータですから、編集可能ですし、楽器も変えられますし、アドリブ練習にも使えれば、コード進行とスタイルだけ拝借して、自分でメロディーを考えて遊ぶこともできます。

 簡単に言えば、Band in a BoxみたいなことをMacで安上がりにできるわけです。

 もっとも、「スタイル」については、KORGのアレンジャーキーボードほど多種多様なスタイルが用意されているわけでもなければ、フィルインできるわけでもありません。そのあたりは2,400円ですから、察してくださいね。

 iPhone版の「iReal Pro - Technimo LLC(1,600円)」も、iPad版の「iReal Pro - Technimo LLC(1,600円)」も持ってるわけですが、Mac版もポチッとな。

 Macユーザーは少ないでしょうけど、ここ日本では多くの人がiPhoneを持ってますよね。iPhone版でも同じことができますよ。↓iPhone版です。

 楽器練習(特にJazz)されてる方は、ぜひ試してみてください。アドリブ練習がはかどりますよ。

 「スタイル」は簡単なアレンジャー機能として利用できます。自分で曲を作っておられる方にもおすすめのアプリです。iPhone・iPad版もMac版も、ともにおすすめ!

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ