隠れJTマーヴェラスファンページ

  • au

« Apple、新しい「iPad Pro」のUSB-Cポートに接続できる機器を公開! | トップページ | 外付けポータブルSSDは「Samsung T5 Portable SSD」の一択。MU-PA500B/ITのレビュー! »

2018年11月 8日 (木)

大容量ファイルの書き込みでも速度が落ちない「サンディスク ウルトラ 3D SSD」がお買い得!

 2018年は、SSDが安くなりました。特に512GBモデルや1TB、あるいは2TBといった大容量のSSDも手が届く範囲に。

 この低価格化は、ご存じの通り64層TLC NANDフラッシュのおかげ。

 TLC NANDはMLC NANDに比べ書き換え可能回数が少なく寿命が…、と言われていたものですが、最近のモデルはNANDコントローラーの性能向上、およびDRAMキャッシュ等により、通常の利用であれば寿命の心配をする必要もなくなりました。

 しかし、TLC NAND採用のSSDには、もう一つのウィークポイントがありまして、それが大容量ファイルを連続書き込みすると、書き込み速度が大幅に低下する問題。

 カタログ上 500MB/s以上の書き込み速度を謳っていても、大容量ファイルを連続書き込みすれば、キャッシュ容量をオーバーした時点で、HDD並(100-200MB/s)に速度の落ちてしまうSSDも多数存在します。ひどいものだと、100MB/sに届かないとかね。2.5インチハードディスクより遅かったりします。

 そんなウィークポイントを持つ、TLC NANDのSSDなのですが、SanDisk SSD Ultra 3DWD Blue 3Dは違います。大容量ファイルの連続書き込みでも、450MB/sほどの書き込み速度を維持してくれます。

 この2つのSSDは、ブランドは異なりますが、中身は同じ。ご存じの通り、サンディスクは、ウェスタン・デジタルの子会社になっています。そんなわけで、ブランディングが違うだけで、モノは同じです。

 大容量ファイルの連続書き込みでも、450MB/sほどの書き込み速度を維持する秘密は、

  • Marvell製NANDコントローラー「88SS1074」を採用
  • Micron製DDR3-1600 1GB DRAMキャッシュメモリー搭載
  • 独自のキャッシュ技術「nCache 2.0」

の3つ。

 最近の廉価なSSDでは、DRAMキャッシュメモリーが省かれていたり、キャッシュ技術がお粗末だったりで、大容量ファイルの書き込み時にガクッと速度低下するわけです。

 でも、SanDisk SSD Ultra 3DWD Blue 3Dなら、10年保証のMLC NANDの名器サンディスク SSD Extreme PRO 960GB(SDSSDXPS-960G-J25)と同等な連続書き込み速度をキープしてくれます。

  総書き込み容量も、1TBモデルで400TBWと十分。つまり、SanDisk SSD Ultra 3DWD Blue 3Dは、TLC NANDのネガな部分をすべて解消したSSDと言えそうです。

 でもって、価格は3D TLC NANDですから非常にお買い得。たとえば、1TBのモデルですと、

となっています。

 1TBのSSDが、1万7千円台です。しかも、粗悪な、連続書き込みで速度低下の著しいモデルではなく、高性能なSSDがこの価格。

 唯一のネガ要因は、東芝製およびSanDisk製のこの3D TLC NANDはロシアのSSD耐久テストでの成績が芳しくないこと。

 芳しくないとはいえ、250GBのSanDisk SSD Ultra 3Dは、公称値の100TBWをはるかに上回る514TBWを記録しているわけですから、普通の人が使うぶんには全く問題ないと思われます。

 こちらのサイトでは、Crucial MX500の第2世代3D TLC NANDも、MX300の初代3D NANDより低品質と断じています。

 もっとも、それぞれ1台を実験しただけで、この結果だけで全てを判断するのは避けるべきですが。

Endurancefinal

 しかし、このグラフを見ちゃうと、最低 Samsugn 850 EVOシリーズを買わないと安心できないなぁ、とも思えちゃいますけどね。総書き込み量2000TBW(2PBWですよ、ペタバイト!)以上のモデルは、コンシュマー向けとしてはオーバークオリティとも言えます。

 SATA接続の内蔵ハードディスク搭載のノートPCをお持ちの皆さん。そろそろ、ハードディスクからSSDに換装された方がいいですよ。ノートPCが劇的に速くなりますから。

 ただ、HDDからSSDに交換するときは、信頼できるメーカー製SSDを選んでください。後悔しないために。寿命のこともありますが、DRAM未搭載の中華製安物SSDだと、連続書き込みが、ハードディスクより遅くなったりしますから。

« Apple、新しい「iPad Pro」のUSB-Cポートに接続できる機器を公開! | トップページ | 外付けポータブルSSDは「Samsung T5 Portable SSD」の一択。MU-PA500B/ITのレビュー! »

Mac」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/8591/74558103

この記事へのトラックバック一覧です: 大容量ファイルの書き込みでも速度が落ちない「サンディスク ウルトラ 3D SSD」がお買い得!:

« Apple、新しい「iPad Pro」のUSB-Cポートに接続できる機器を公開! | トップページ | 外付けポータブルSSDは「Samsung T5 Portable SSD」の一択。MU-PA500B/ITのレビュー! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ