隠れJTマーヴェラスファンページ

« Mac版「SimCity 4: Deluxe Edition」が、$4.99とお買い得! | トップページ | 3TB HDD(アウトレット品)が4,980円とお買い得! »

2018年12月25日 (火)

MacBook Air (13-inch, Mid 2012)の内蔵バッテリー、2回目の交換!

 私は自分でメモリを増設したり、SSDを交換できるノート型Macが好きで、古めのMacBook ProやMacBook Airを数台使っています。

 その一つが、現在はEyeTV HD経由で、ほぼテレビ録画専用機になっているMacBook Air (13-inch, Mid 2012)。

 メモリ 8GB、フラッシュストレージ 512GBの最上位モデルを購入したのですが、フラッシュストレージは、2015年7月に 960GBの「Transcend SSD JetDrive520(TS960GJDM520)」に換装しています。

 また、バッテリーも、容量が70%ほどに低下したので、2016年6月に互換バッテリーの「SLODA 交換用バッテリー MacBook Air 13 Inch」に交換しています。

 ところが先日、そのSLODA 交換用バッテリー MacBook Air 13 Inchが突然死。

 先に書いたとおり、このMacBook Air (13-inch, Mid 2012)はテレビ録画専用機。つまりバッテリー駆動させる機会がほとんどなく、ACアダプターにつなぎっぱなしというのが、バッテリーには辛い条件だったものと思われます。

 にしても、純正バッテリーは、3年後に容量 70%未満に低下しただけで、その状態でも5時間ほどはMacBook Air (13-inch, Mid 2012)を駆動してくれていたのですが、SLODA 交換用バッテリー MacBook Air 13 Inchは、2年半で突然死。

 ACアダプターにつなぎっぱなしという、使い方に問題があったのは否めません。やはり、たまにはバッテリーで駆動してやらないとダメですね。

20181224_174826

 ↑突然死したSLODA 交換用バッテリー MacBook Air 13 Inch。2年半で、充放電回数わずか13回はいけません。最低、月に1度はバッテリー駆動させないとね。

20181224_174851

 ↑メニューバーの「バッテリー」も、「今すぐ交換」と表示されています。

 お気に入りのMacBook Air (13-inch, Mid 2012)ですが、もう6年目。さすがに今回が最後のバッテリー交換だろうというわけで、今回は互換バッテリーではなく、Apple純正バッテリーに交換することにしました。

 探せば売ってるんですよ、Apple純正バッテリー。例えば、こちらとか。↓

 ほかにも、こちらとか。↓

 9,180円の純正バッテリーは、楽天だけでなく、Yahoo!ショッピングでも、購入可能です。

 ビンボーなおいらは、迷わず8,000円の方にしましたけどね。送料はメール便なら164円ですから、合計 8,164円です。

 楽天のPCパーツデポさん、ありがとうございました。

Img_6570

 PCパーツデポさんから届いたのがこちらのバッテリー。外箱は無地の段ボールですが、きちんと整形されたプラケースに収まってました。

Img_6572

 Apple純正であることを示す印刷。

Img_6576

 MacBook Airのボトムパネルを開けるためのドライバー(星形 1.2)とバッテリー交換用のドライバーが、標準添付されています。つまり、8,160円でこのバッテリーを購入するだけで、工具等を別途買い求める必要はありません。

 交換は裏蓋を外して、バッテリーを固定している5本のビスを外し、コネクタを外し、バッテリーを交換。その後は、逆の手順ででできあがりです。

20181224_182956

 ↑ご覧のように、充放電回数0回の新品バッテリー。完全充電時の容量 7,323mAhで、バッテリー交換直後で、90%ほど充電されている状態でした。

 つまり、リプレース用の保存バッテリーとしては、完璧な状態です。90%のバッテリー残量から推察すると、製造年も比較的新しいのではないでしょうか?

20181225_84001

 ↑ 交換直後の90%ほどの充電状態から1時間ほどかけて、満充電しました。

 その後、ACアダプターを外して、30分ほど経過後にバッテリー持続予想時間を見てみると、7時間オーバーの表示。

20181225_92011

 この値は、MacBook Air (13-inch, Mid 2012)のカタログ値(最大 7時間のバッテリー駆動)通りで、満足できるものです。

 バッテリーで6時間ほど駆動後が、こんな感じ。

20181225_150207

 これで自動スリープまで放置後、満充電すれば、1回目のバッテリー活性化のための儀式終了。もっとも、Appleによると、MacBook Air (13-inch, Mid 2012)では、この儀式は必要ないそうですが。

 後はバッテリーの耐久性ですが、Apple純正バッテリーなら3年は大丈夫でしょう。ACアダプターにつなぎっぱなしとか、バッテリーに酷な使い方をしない限り。

 互換バッテリーで良ければ、3千円台から購入可能。安さを取るか、Apple純正の安心感を取るか。

 互換バッテリーでも、2年半問題なく使えましたので、価格重視なら互換バッテリーで十分かも。

 以上、MacBook Air (13-inch, Mid 2012)のバッテリー交換レビューでした。

« Mac版「SimCity 4: Deluxe Edition」が、$4.99とお買い得! | トップページ | 3TB HDD(アウトレット品)が4,980円とお買い得! »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Air (13-inch, Mid 2012)の内蔵バッテリー、2回目の交換!:

« Mac版「SimCity 4: Deluxe Edition」が、$4.99とお買い得! | トップページ | 3TB HDD(アウトレット品)が4,980円とお買い得! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ