隠れJTマーヴェラスファンページ

« 光宗薫の個展「ガズラー」 | トップページ | USA製ニューバランス M990v4 「M990 RB4」のレビュー! »

2019年1月 6日 (日)

ニューバランスのスエード素材スニーカーのメンテナンスはこれで完璧!

 昨日、本革・ヌバック・スエード等のメンテナンス用品がお買い得!とブログに書きましたが、本日、オーダーした物が届きましたので、およそ2年半前に購入し、履き倒したあげく一度も手入れしていないニューバランス M530 RWAを簡単にケアしてみました。

 ニューバランス M530 RWAは、2016年の夏に購入したスニーカーで、けっこう頻繁に履いております。今は2019年ですから、2年以上履いているわけですね。

 しかも安く手に入れたもので、ろくにケアもせず、正直今回が初めてのケアというか、メンテナンスとなります。

 昨日購入した「ヌバック・スエード用のメンテナンス用品」は、

 最後の巨大消しゴム レーダー S-1000というのが、意味不明かと思いますが、大きなだけの普通のプラスチック消しゴムです。

 どのくらい巨大化というと、おいらのiPhoneより巨大です。

Img_6612

Img_6618

 iPhoneがかわいらしく見えますね。

 スエードやヌバックのスニーカーや靴の手入れに、こんなに巨大な消しゴムを用意する必要はなくて、机の引き出しの中に転がってるやつで十分なんですけどね。今回、話の種に買ってみました。

 スエードのスニーカーの手入れについてですが、まず[M.モゥブレィ] スエード用ブラシ クアトロブラシ 705959でスエード表面のほこりを掻き落とします。

 [M.モゥブレィ] スエード用ブラシ クアトロブラシ 705959は、表は金属ブラシ、裏はナイロンブラシ、さらに周りはグッドイヤーウェルト製法の靴ならコバ周り、スニーカーならミッドソールの周囲の泥等を掻き落とすプラスチックパーツの付いたドイツ製のブラシです。

 ドイツ製と言うだけでありがたい気がするのですけど、それがわずか551円で購入できるわけですね。

 次に、[M.モゥブレィ] スエード用ブラシ クアトロブラシ 705959では掻き落とせなかったスエード上の汚れ、白いミッドソールの汚れを巨大消しゴム レーダー S-1000で落とします。

 鉛筆書きを消すのと同じ使い方で、スエード上の汚れを落としたり、白いミッドソールの汚れを落とすことが可能です。

 こんな巨大な消しゴムは、鉛筆書きを消すだけなら一生かかっても使い切れないでしょうが、靴や鞄の手入れに使うなら、この大きさでも使い切ってしまえるかもしれません。

 スエード上の汚れが「消しゴム」でも落とせない場合は、[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY スエード&ヌバックシャンプーを使います。これは、スエード上にシミがあるとか、食べ物をこぼしてシミが付いた、雨に濡れて塩をふいた、雨に濡れてシミができたというときに使う最終兵器で、スエードやヌバックを水洗いするときに使うシャンプータイプの洗剤です。

 通常、よほどのことがない限り、水洗いまで行くことはないでしょうし、私のスニーカー程度のへたり具合、汚れ加減なら、消しゴム程度で十分です。

 スニーカーの白いミッドソールの汚れが、消しゴムでも落とせない場合は、どこの家にも必ずある劇落ち(メラミンスポンジ)の登場です。

 劇落ち(メラミンスポンジ)を小さくカット(100円の消しゴム程度の大きさ)して、軽く水を含ませて、力を入れずに汚れたミッドソールを拭いてください。びっくりするくらいきれいに汚れが落ちると思います。

 上記の作業で、スエード部分も、ミッドソール周りもきれいになったかと思います。スエード部分は、消しゴムの削りかすを除去する意味でも、もう一度[M.モゥブレィ] スエード用ブラシ クアトロブラシ 705959を全体にかけておくと良いでしょう。

 最後の仕上げは、[コロニル] 防水ジェル レザージェル 230ml CN044019を使って、防水処理をします。防水処理と同時に、汚れが付きにくくなりますから、これは必須の作業です。

 なお、スプレータイプを使われる方も多いと思いますが、スプレータイプは非常に有害な成分を含んでおり、ペット等を飼っておられる場合、屋外での作業となってしまいます。うちにはコガネメキシコインコのがっちゃんウロコインコのジルちゃんが居ますので、スプレータイプは不可。というわけで、[コロニル] 防水ジェル レザージェル 230ml CN044019を使っています。

 [コロニル] 防水ジェル レザージェル 230ml CN044019は、登山家やハイカーが、本革あるいはヌバックの登山靴のメンテナンスに使う定番商品で、防水効果には定評があります。こいつをポンプでスエード部分、本革部分、ヌバック部分に塗布し、指で塗り広げます。

 あとは、普通の靴用のブラシで伸ばしていきます。まんべんなく伸ばし、べとつき感がなくなったらそのまま放置して乾燥。

 乾燥後、[M.モゥブレィ] スエード用ブラシ クアトロブラシ 705959でスエードの毛並みをそろえます。

 では、参考までに仕上がり具合をどうぞ。

 ニューバランス M530 RWA左足だけメンテした状態。右足はまだメンテしていません

【向かって左はメンテ前、向かって右はメンテ後】

Img_6632

Img_6634

Img_6642

Img_6648

Img_6650

Img_6656

 写真を一目見たらおわかりになるでしょうが、スニーカーの左足(向かって右の靴)がメンテ後、右足(向かって左の靴)がメンテ前です。

 色あせたスエードに深みが戻り、ミッドソールの白さも納得できる状態に仕上がりました。

【向かって左がメンテ後、向かって右はメンテ前】

Img_6660

Img_6652

Img_6654

Img_6644

Img_6636

 2年半、履いたままで放ったらかしのスエードスニーカーも、このくらいはきれいになります。というわけで、なんかみすぼらしくなってきたし、捨てちゃおうかな?、と思っておられるスエード製、あるいはヌバック製の靴やスニーカー、バッグをお持ちなら、上記の方法で簡単にきれいにできますよ。 

 おいらのニューバランス M530。右足のメンテナンスは来週かな。

« 光宗薫の個展「ガズラー」 | トップページ | USA製ニューバランス M990v4 「M990 RB4」のレビュー! »

スポーツ」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

ダイエット・健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 光宗薫の個展「ガズラー」 | トップページ | USA製ニューバランス M990v4 「M990 RB4」のレビュー! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ