隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月25日 (木)

EWIで「SWAM Saxophone」を使うなら「KEITH MCMILLEN ( キースマクミラン ) / 12 STEP」は必需品かも!

 当ブログをご覧の方はよくご存じかと思いますが、ウインドシンセサイザー EWIには、音源が内蔵されています。EWI4000sにはT-SQUAREカバーをやるにはもってこいのアナログモデリングのシンセ音が、EWI5000にはシンセ音だけでなく、サックスやフルートといった木管楽器、トランペットやトロンボーンといった金管楽器のPCM音源が搭載されています。

 しかし、EWIは、本体に内蔵されている音だけでなく、MIDI経由でモジュラーシンセの音を鳴らしたり、USBあるいはMIDI経由でMacやPCにインストールしてあるソフトウェア音源を鳴らすことも可能です。

 以前、非常にリアルなサックス音源としてAudio Modelingの「SWAM Saxophone」というソフトウェア音源をご紹介しましたが、こいつなら「グロウル」や「フラッター」、さらには「フォール」や「オーバーブロー」といったサックスならではの表現方法も可能です。

 参考動画として、下手っぴですが、「グロウル」と「フォール」を入れてみました。↓

 ただし、EWIの演奏中、つまり両手がふさがっている状態で、「グロウル」や「フラッター」、「フォール(Fall Down)」、「オーバーブロー」を使うには、どう考えても手が3本ないと無理です。

 「グロウル」だけ、あるいは「フラッター」だけであれば、それを「ベンドアップ」に割り当てるというのが近道でしょう。でも、どっちも使いたいとか、「フォール」も使いたいという場合、どうすれば良いでしょうか?

 手がなければ足を使え、というわけでMIDI対応の足鍵盤を用意するのが良さそうです。

 ↑の動画では、足鍵盤ではなく、「Fall Down」の一瞬だけ、足でMIDIキーボードを踏むという荒技wを使っています。でも、手で弾く用のキーボードではなく、足専用の足鍵盤を使った方がいいに決まってます。

 というわけで、私はKEITH MCMILLEN ( キースマクミラン ) / 12 STEPをポチりました。

 KEITH MCMILLEN ( キースマクミラン ) / 12 STEP は、足で操作するMIDI鍵盤といいますか、フットペダル、フットスイッチといいますか、そんな感じのデバイス。

KEITH MCMILLEN ( キースマクミラン ) / 12 STEP

 質量は数百グラムと非常に軽量で、EWIやMacBookと一緒に持ち運んでも、苦にならない大きさ&軽さです。お値段は4万円弱と、十分苦になる価格なのですけどね。

 明日には届くと思いますので、10連休の間にはその使用感等をレビューできるかと。しかし、高い。これだけのために4万円はきつい。EWI USBより高いとは何事。これで使い物にならなかったら泣くw

2019年4月23日 (火)

Anker、最大100wのUSB PDに対応した急速USB充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」の販売を開始!

 Ankerが、最大100wのUSB PDに対応したUSB Type-Cポートを2個、PowerIQ搭載USB Type-Aポートを2個搭載したUSB急速充電器Anker PowerPort Atom PD 4の販売を開始して居ます。

 Anker PowerPort Atom PD 4は、

  • USB Type-Cポートを2個
  • USB Type-Aポートも2個

搭載したUSB急速充電器。合計出力は100wですが、USB-Cポート1個で最大 100w出力(規格上の上限)が可能です。つまり、85w ACアダプタが付属するMacBook Pro (15-inch, 2016 - 2018)も余裕で充電可能ということですね。

 100w出力だけにサイズは約110 × 85 × 34mm、重量は約457gとなかなかヘビー級な設計です。これは仕方ないかな。保証期間は18ヶ月。

 現在発売開始記念価格 9,999円で販売中。お値段も、他のUSB充電器と比較するとかなりのヘビー級。しかし、必要な人には必要な製品かも。

 かつてのMacBook系ノートは、マグセーフアダプタという高価なApple純正ACアダプタだけしか選べなかったので、壊れた時の費用が悩みのタネでしたが、今のMacBook系列はUSB Cで充電するタイプが主流。少々古くなって純正ACアダプタが壊れても、安いものから高価で高機能なものまで、ACアダプタはサードパーティ製も含めよりどりみどりです。これは、古い「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」を愛用しているおいらには、かなり羨ましいところです。

 もちろん、マグセーフにはマグセーフの良さもありましたけどね。

amazonタイムセール祭りでMacBook AirやiPad 6th Gen等アップル製品がお買い得!

 87時間限定のamazonタイムセール祭り

Md_heisei_44

 最終日の本日は、MacBook Air(非レチナ)やApple Pencil対応iPadなどApple製品の特選タイムセールも開催中。

 定価販売が基本のApple製品ですから、MacBook AirやiPad 6th Gen、Beatsのワイヤレスヘッドホン等の購入を考えておられた方は、ちょっと覗いてみるのもいいかも。

2019年4月20日 (土)

大容量SSD、Crucial MX500の2TBおよび1TBモデルが過去最安値。 2TBで28,318円!

 以前から、寿命の短いQLC NAND製品に置き換わってしまう前に、安定性および耐久性で定評のある3D TLC NAND採用のSSDを確保しておくべき!、と書いておりますが、なんとここに来て、人気SSD Crucial MX500シリーズの大容量モデルが、

  1. Crucial SSD 2TBモデル CT2000MX500SSD1/JP・・・28,318円
  2. Crucial SSD 1TBモデル CT1000MX500SSD1/JP・・・14,299円12,870円

と、過去最安値のお買い得価格になっています。

 1TBモデルは、表示価格 14,299円なのですが、該当ページの「10% OFFクーポン」にチェックを入れて購入すれば、12,870円で購入(H31.4.22現在)できます。

 もはや、ちょっと古めのノートPCへの内蔵用だけでなく、大容量外付けUSBストレージやら、NAS用ストレージにしてもいいかな?、と思えるくらいの価格ですね。

 悪いことはいいませんから、市場がQLC NAND製品に置き換わってしまう前に、3D TLC NAND搭載のMX500を買っておきましょう。NANDは、SLC→MLC→TLC→QLCで、耐久性が1/10に落ちます。

 具体的には、SLC NANDは10万回程度の書き換えが可能ですが、MLCは10,000回、TLCは1,000回(3D TLCとして製品化されることにより、3,000回程度に改善されたと言われている)、QLCはものすごくできの良いセルで300回です。

 たった、300回書き換えたらアウトですよ。低品質のセルなら、数十回程度の書き換えで寿命を迎えます。だからメーカー保証は、長くて3年。

 でも、64層 TLC NAND採用のMX500シリーズなら、メーカー保証は5年ですよ!

 QLC NANDの唯一の利点は、価格。しかし、3D TLC NAND製品の方が安いなら、3D TLC NANDを買った方がいいです。今のQLC NAND製品には、価格のメリットさえありません

 売り切れたらおしまいですから、必要な方はお早めにどうぞ。複数枚数買うのもありかも。いずれ値上がりするのは確実ですからね、今、プレミア価格で取引されているMLC NAND搭載のSSDと同様に、MX500シリーズも近い将来プレミアがついて取引されるでしょう。

2019年4月 4日 (木)

Toast 17を含むMacアプリ5本がわずか$39.99。「The Corel Creative Mac Bundle Ft. Toast 17 Titanium」開催中!

 当ブログではおなじみのstacksocialが、

  1. ROXIO Toast 17 Titanium
  2. AfterShot Pro 3
  3. Painter Essentials 6
  4. WinZip
  5. ParticleShop

といった総額 $309.95相当のCOREL製Mac用アプリ5本をわずか$39.99で販売するThe Corel Creative Mac Bundle Ft. Toast 17 Titaniumを開催しています。

Sale_18479_primary_image

 最新版のCD-R/DVD-R書き込みソフト「Toast 17 Titanium」は、ようやく完全64bit化を果たしました。ご存知の通り、32bitアプリはmacOS Mojaveまではサポートされますが、次のmacOSからは64bitアプリのみのサポートとなります。

 つまり、ROXIO Toast 16以前の古いToastシリーズしかお持ちでなければ、この機会にぜひゲットしておきましょう。ちなみにamazonではダウンロード版が11,124円もしますから、今回の5本セットのMacアプリバンドル $39.99は大変お買い得です。

 amazonでは、AfterShot Pro 3は6,454円、Painter Essentials 6は7,424円ですから、$39.99The Corel Creative Mac Bundle Ft. Toast 17 Titaniumがいかにお買い得かお分りいただけるかと。

Product_26750_product_shot_wide_image

 この価格は期間限定ですので、必要な方はお早めにどうぞ。後ほど、インストールレビューをお届けする予定です。

2019年4月 3日 (水)

USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能な「RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159」がクーポン適用で20% OFFに!

 USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能なRAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159(7,599円)がクーポン適用で20% OFFの6,079円で購入可能です。

Img_7177

Img_7179

 RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159は、

仕様

  • サイズ:約160 x 78.5 x 23mm
  • 重量:400g(本体)
  • バッテリー容量: 20100mAh / 72.36Wh
  • 出力ポート: 2 ( USB-A × 1 , USB-C × 1 )
  • 入力ポート: 2 ( Micro USB × 1 [QC対応] , USB-C × 1 [PD対応] )
  • USB-C出力: PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A, 最大45W
  • USB-A出力: 5V/2.4A , 最大12W
  • 最大出力: 45W (USB-Cポート単独使用時の出力)
  • 最大同時出力: 30W [USB-Cポート] + 12W [USB-Aポート] (USB-Aポート及びUSB-Cポートから同時に出力する場合、安全性のためにUSB-Cポートからの出力は30Wに制限されます)
  • USB-C入力 : PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 15V/2A, 20V/1.5A, 30W Max
  • Micro入力: QC 5V/2A, 9V/2A, 18W Max

上記仕様表をご覧いただければお分かりの通り、出力ポートとしてUSB AポートとUSB Cポートを各1個搭載し、USB Cポートは最大45WのPower Deliveryに対応。つまり、USB Cポート搭載のMacBook Proも充電できる容量20,100mAhのパワフルなモバイルバッテリーです。

 また、20,100mAhと大容量なだけに気になる当モバイルバッテリーへの充電ですが、こちらもUSB-Cポートから充電することにより、3.5時間で満充電が可能となっています。保証期間は18ヶ月ですが、ユーザー登録することで、さらに1年間保証期間が延長され、30ヶ月保証となります。

 高性能で大容量なぶん、価格は7,599円とお高めですが、今回は会計時にクーポンコード「RPB15903」を入力することで、20% OFFの6,079円で購入可能。

 MacBookとiPad Proをお使いの方には、最強のモバイルバッテリーですね。なおクーポンコードの有効期限は、4月7日まで。必要な方はお急ぎくださいませ。

 なお、RAVPowerというメーカーは、USBハブ機能を搭載した20,100mAhのUSB PD対応モバイルバッテリーRP-PB059も販売しています。なかなか技術力のあるメーカーと思っています。私も愛用していますが、USBハブ機能搭載のこちらのモバイルバッテリーもオススメです。

 

2019年4月 1日 (月)

いがらしみきおの「ぼのぼの」が1冊10円!

 本日までのamazon「タイムセール祭り」ですが、対象のKindle本を1冊100円以下で販売するKindleまんがセールも本日終了ですよ。


Img_7169

 いがらしみきおの「ぼのぼの」は各1冊、10円。 読んでみたい漫画があるなら、本日中にどうぞ。


« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ