隠れJTマーヴェラスファンページ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月25日 (金)

ヤマハがデジタルサックス「YDS-150」を発表。欧州では10月30日販売開始!

 まず最初に。

 各店で売り切れ続出、大人気のヤマハのデジタルサックス「YDS-150」の令和2年11月18日現在の納期は、11/21-23です

 以下は、9/25に書いた記事です。↓

------------------------------------------------

 当ブログで、勝手に盛り上がっているウインドシンセ

 3年ほど前にローランドがサックス運指準拠・スーパーナチュラルアコースティック音源搭載のエアロフォン AE10の販売を開始。さらに最近ではAKAIがスピーカーを搭載した新製品EWI Soloを販売開始し、EWIは、USB40005000Soloの4モデル構成とラインナップが厚くなりました。

 一方、これまで沈黙をまもってきたヤマハですが、そのヤマハから衝撃的なニュースが。

YDS-150

 なんと、ヤマハさん、デジタルサックスYDS-150の販売を令和2年11月20日から開始するそうです。人気沸騰で、最初のロットは一瞬で払底するでしょうね。

 内蔵される音色は、サックス系が中心。ソプラノサックスからバリトンサックスまで、クラシック用、Jazz用、ロックポップス用ほか、さまざまなサックス音(PCM音源)を内蔵しています。キー配列は、完璧にサックス(もちろん、運指は変更可能です。)。

 こいつの登場により影響を受けるのは、AkaiのEWIシリーズではなく、ローランドのエアロフォンシリーズですね。エアロフォンは、サックス運指練習用に購入された方も多いと思いますが、おなじ運指練習なら、ボタンではなくよりサックスに近い構造のYDS-150の方が良さそうです。

 YDS-150は、サックスプレーヤーが吹くには最適な、電子楽器になりそうです。価格は95,700円前後。もう少しで、本物のアルトサックスYAS-280が買えちゃいますね。

YAS-280

 しかし、YAS-280だとアンブシュアとかちゃんとできないことにはいい音で吹けないわけですが、YDS-150なら咥えて吹くだけで素晴らしい音で演奏できます。しかも、アルトサックスの音だけでなく、ソプラノサックス、テナーサックス、バリトンサックスの音色でもね。

 さらに近所に気兼ねなくヘッドホンして練習できますし、深夜の練習でも大丈夫です。

 いずれにせよ、おいらが買っちゃうのは時間の問題か。しかし、ケイマンを買ったばかりで、ドラレコ、Apple CarPlay対応ディスプレイオーディオ、スタッドレスタイヤ&ホイールと、めちゃめちゃお金がかかるのに、さらにYDS-150か。とりあえず4本持ってるEWIは、何本か処分することになるのかも。

【追記】

 令和2年11月16日現在、amazonで、「YDS-150」を予約注文することが可能です。到着予定日は、11/21-23とのことですので、3連休中に新しい楽器を楽しめるかもしれません。

 もっとも、amazonであっても、納期が遅れると言うことはしばしばあります。とは言え、納期を明記しているのは、今のところamazonだけと思いますので、期待を込めてポチってみました。

2020年9月 3日 (木)

Macユーザー、iPhoneユーザーに人気のベルキン製品がお買い得! 「Belkin Thunderbolt3 Express Dock Pro HD 【F4U097JA-A】0.8mケーブル付 」は27,899円!

 amazonが本日のタイムセールで、MacユーザーやiPhoneユーザーが便利に使えるBelkin(ベルキン)の人気製品をお買い得価格で販売しています。

 特にお買い得なのは、Thuderbolt 3ポート搭載のMacBook Pro 13やMacBook Airユーザーに最適な拡張ドックのBelkin Thunderbolt3 Express Dock Pro HD 【F4U097JA-A】0.8mケーブル付

 通常価格 34,920円が、タイムセール特価で 30,999円に。さらに、10% OFFクーポンが使えますから、27,899円で購入可能です。

Img_8663

 ↑の画像の「10% OFFクーポンの適用」にチェックを入れてから、買い物かごに入れてくださいね。会計時に、10% OFFされますよ。

 Belkin Thunderbolt3 Express Dock Pro HD 【F4U097JA-A】0.8mケーブル付は、

前面に

  • USB-Aポート
  • USB-Cポート
  • SDカードスロット
  • オーディオポート

背面に

  • 4つのUSB-Aポート
  • ギガビットイーサネットポート
  • ディスプレイポート
  • 2つのThunderbolt 3ポート

を備え85Wの電力供給が可能なThunderbolt 3接続のドッキングステーション。

 供給できる電力は85Wですから、MacBook Proの15インチモデルと16インチモデルには少々電力が不足しています。よって、Proの13インチモデルやAirに最適なドッキングステーションといえるでしょう。

 MacBook ProやAirに外部ディスプレイを2枚つなぎたい、多くのUSB接続製品を使いたい、有線のギガビットイーサを使いたい等の要望がおありなら、本日大幅に安くなっているBelkin Thunderbolt3 Express Dock Pro HD 【F4U097JA-A】0.8mケーブル付を購入するのが良いかも。

 なお、ヨドバシでは 38,800円で販売していますから、本日のタイムセール価格はヨドバシより10,900円も安い!です。他社製品も含め、Thunderbolt 3接続のドッキングステーションの中では最安値。しかも、購入するとなると 3,864円もする0.8mのThunderobolt 3ケーブル」も標準添付されています。というわけで、必要な方はお早めにどうぞ。

2020年9月 2日 (水)

ポルシェ・ケイマン

 コロナで外出や外食もままならず、ストレスはたまる一方。気分を一新すべく、クルマを乗り換えることにしました。

 今、乗っているクルマはスクラップ寸前のW203。その前は、今やネオクラシックカーのW202に乗っていました。2台続けてのメルセデス。

 W202は10万km少々乗ったのですが、2.4LのV6エンジン&本革シートのC240ということもあり、非常に快適なクルマでした。当時、高速道路が1000円乗り放題だったので、1泊2日で門司まで、翌週は鳥栖へと、数多くのロングドライブを楽しみました。

 一方W203は、現在8万km少々走っているのですが、がさつな2リッターの直4エンジンとラック&ピニオンになった舵取り装置、ファブリックのシート(と言うより椰子の繊維のシートパッドじゃなくなった)と、先代のC240ほどいいクルマという感じがないんですね。まぁ、ほぼタダでもらったクルマなんで文句は言えませんが。

 C240に乗っていた頃とは違って、今クルマに乗るときはほとんど一人だし、多くても二人だし、ということで今回は「ポルシェ・ケイマン」にしました。相変わらずのボンビーなので、もちろん新車じゃありません。ふるーいけど程度の良さそうなのを探しました。たまたま、ご近所によさげな1台がありましたので契約となりました。

 納車は今月中旬です。程度は良さそうと書きましたが、大昔のクルマですし、インターミディエイトシャフトとかピストン首振り&シリンダー囓りとかのウィークポイントを抱えたクルマですから、もしかしたらどつぼにはまるかもw

 販売店の保証はないけど、車検受け渡し後の納車なんで、細かいトラブルなら整備不良でなんとかなるだろうって、気楽に考えてますけどね。

 納車される前からの悩みは、スタッドレスタイヤをどうするか。実は昨年、上記のW203のスタッドレスを新調したばかりなのですけど、タイヤサイズが全然違うので、当然それは使えません。ポルシェって、タイヤサイズがなんか特殊なんですよね。安上がりにすませるには、中古の17インチホイールを探すところから始めないといけないかな。さらに散財は続きそうです。

« 2020年7月 | トップページ | 2020年10月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ