隠れJTマーヴェラスファンページ

« MacBook Proを充電可能な最大87w出力のモバイルバッテリー「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」販売開始! | トップページ | ポルシェ・ケイマン(987c)、安い診断機(ダイアグテスター・OBD2スキャナー)を買ってみたら意外と使える! »

2020年10月14日 (水)

SanDiskの大容量ポータブルSSDがお買い得!

 MacBookやMacBook Airユーザーの必需品、USB接続の大容量ポータブルSSDがお買い得です。

 MacBookやMacBook Air購入時に悩むのが、ストレージ容量。メモリとストレージは大容量であればあるほどいいのですが、大容量になればなるほどお高く、しかもすさまじく高価になってしまいます。予算の都合で、本当は2TBストレージモデルが欲しかったのに1TBで我慢したとか、標準モデルの256GBで我慢したという方も多いでしょう。

 iCloud DriveやGoogle ドライブといったクラウドストレージが充実している今、それほど大きなストレージは必要ないと考えた方も、実際にMacを使い始めてみると、写真やら動画やらメールの添付ファイルやら、音楽やらで、思っている以上のスピードで、ストレージの空き容量が減少していっているかと。

 そんな人たちの救世主、小型軽量の外付けポータブルSSDが、かなりお買い得になっています。しかもメーカーはもっとも信頼性の高いSanDisk。

  1. SanDisk PortableSSD 1TB・・・12,580円
  2. SanDisk PortableSSD 2TB・・・21,080円

 サイズは0.88 x 9.62 x 4.95 cmで、38.9 gと小型軽量。こんな小さなデバイスに、2TBものデータが入り、550MB/秒といった高速でやりとりできるなんて、いい時代になりましたね。

 MacBook系ノートPCで音楽制作をしていると、各種ソフトウェア音源やループ素材、エキパンなどで、あっという間に1TBくらいは軽く消費してしまいます。Macの標準音楽制作アプリ「Logic Pro X」は、ソフトウェア音源等を外部ディスクに置くことも可能ですから、Mac本体のストレージ容量が小さくても、SanDisk PortableSSD 2TBを買っておけば問題なし。

 さらに言えば、Macの場合、外付けのポータブルSSDにmacOSごとシステムをインストールしてしまって、その外付けポータブルSSDからMacを起動することもできます。こうしておけば、macOSとLogic Pro XをインストールしたポータブルSSDを差し替えるだけで、家のMacでも出先のMacでも、同じ環境で作業ができます。

 このような運用をすれば、万一、Mac本体が壊れても、このシステムまるごとインストールしたポータブルSSDがあれば、新しいMacにつないで起動するだけで今までの環境を復帰できます。実際には、最新のMacのようにT2チップ付きだったり、最新macOSを使っていたり、Mac本体と紐付けするソフトウェアや音源を使っている場合は、うまくいかないこともありますけれどもね。私のメイン機は、いまだに「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)で、OSは「macOS Mojave 10.14.6」ですから無問題。

 というわけで、Macのストレージがほぼいっぱいになっているという皆さん。今日のうちに、ポータブルSSDを買っちゃいましょう。お買い得ですよ。

« MacBook Proを充電可能な最大87w出力のモバイルバッテリー「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」販売開始! | トップページ | ポルシェ・ケイマン(987c)、安い診断機(ダイアグテスター・OBD2スキャナー)を買ってみたら意外と使える! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MacBook Proを充電可能な最大87w出力のモバイルバッテリー「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」販売開始! | トップページ | ポルシェ・ケイマン(987c)、安い診断機(ダイアグテスター・OBD2スキャナー)を買ってみたら意外と使える! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ