隠れJTマーヴェラスファンページ

Apple Watch

2018年9月18日 (火)

「iOS 12」の配布開始! iTunes 12.6でもiTunes経由でアップデート可能!

 Appleが「iOS 12」の配布を開始しています。

 多くの方が、パブリックベータプログラムに参加されていて、すでに「iOS 12」を体験済みとは思いますが。

 なお、同時にiOS AppをMacやPCで管理可能な「iTunes 12.6.5.3」も配布されておりまして、そちらを使いますと、iTunes経由で「iOS 12」にアップデートすることも可能です。

 ご存じない方が多いと思いますので、簡単に説明しますと「iTunes 12.7」から、iTunesでiOS Appを管理できなくなりました。と同時に、旧バージョンの「iTunes 12.6」では、iOS 11インストール端末の同期やバックアップ、iOSのアップデートができなくりました。

 私は万一に備えて、古いAppを保管(バックアップ)するためにiTunesを使ってきました。しかし、iTunese 12.7からはアプリのインストールや管理ができなくなりました。一部企業や学校等では、iTunes経由で「その企業や学校等の独自のアプリ」や大量のiOSデバイスにアプリを一括して配布する必要があるわけですが、「iTunes 12.7」以降ではそれが不可能になりました。

 それらの企業や学校から苦情がきたのかどうかは知りませんが、後日Appleは旧バージョンの「iTunes 12.6.3」をiOS 11に対応させて配布しました。これによりiOS Appの管理は可能になりましたが、iOSデバイスへのiOSのインストールはできないままだったんですね。

 つまり、iOSをアップデートするにOTA(Over the Air。つまり、Wi-Fi経由とか)で、アップデートする必要があったわけです。

 でも、今回配布された「iTunes 12.6.5.3」でようやくiOSのアップデートにも対応しました。もちろん、iTunes経由でiOS 12にアップデートできました。

20180918_185801

Itunes12653

Ios12

 ご承知の通り、OTAでiOSアップデートすると、iOS端末が、まれに文鎮化(端末がリカバリーモードになって動作不可になる)することがあります。そんな場合、iTunesにつないでiPhoneを復元させる必要があるのですが、「iTunes 12.6.5.3」の登場でそんなときも焦らずにすむようになりました。

 いよいよ「iTunes 12.6.3」も終焉か? iOS 11.3へのアップデート不可!という記事で、心配していたことは、今のところ杞憂ですみそうです。

 とは言え、iTunesも12.8に上がる頃には、12.6.5.3自体の配布が終了するかもしれませんし、いつまで「iTunes 12.6.5.3」でiOS Appを管理し、iOS 12端末と同期できるのか、やはり不安は残ったままですけどね。

 ともかく、「iTunes 12.6.5.3」経由でうちのiPhone SEは「iOS 12」にアップデートできました。めでたい!

2018年5月23日 (水)

Apple 7.5Wに対応しiPhone(8以降とX)とApple Watchを同時に充電できるワイヤレスモバイルチャージャー「MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2」が良さげ! しかも「おまけ」付き!

 マイクロソリューションが、Apple 7.5Wに対応しiPhone(ワイヤレス充電に対応したモデル)とApple Watchを同時に充電できるワイヤレスモバイルチャージャーMOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2の販売を開始しています。

 そのへんのQi対応ワイヤレス充電器は、Appleの7.5w充電に対応していないものが多いですが、MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2ならきっちり対応。最短時間で、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusをワイヤレス充電できますよ。

 お値段、販売開始記念価格の3,980円

 しかも、MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2を買うと、

が無料で購入できます。「ちょっと何言ってんのかわかんない」状態ですね。

Ms_wc

 ね、ちょっと何言ってんのかわかんないでしょ? 3,260円割引で、MOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2の代金 3,980円のみの支払い。

 ちなみにおいら、iPhone XもiPhone 8もiPhone 8 Plusも持ってません。Air Podsも持ってません。でも、タダだからもらっておきました。

 ワイヤレス充電可能なiPhoneを持ってないのにMOBILE WIRELESS CHARGER TWINPAD 2を買う意味もなさそうですが、次に買うiPhoneはまちがいなくワイヤレス充電対応モデルのはずなんで、そのうち役に立つでしょう。

 Apple Watchは持ってるので、全く使えないわけじゃないですけどね。おいらのiPhone SE、そろそろ買い替えどきかな。iPhone 8 Plus REDにするか、新しいのを待つか…

 イヤホンについては、すでにBeats Xを持ってるので、Air Podsの購入予定はありません。

 というわけで、商品が届いても、レビューできるのはWIRELESS MINI SPEAKER (ULTRA MINI SPEAKER, BLACK)だけかも。

2018年2月21日 (水)

Apple Watch用の本革ベルト「HOCO Apple Watch バンド 本革 交換ベルト」が1,699円とお買い得!

 Apple Watch用の本革ベルトがお買い得です。

 amazonが、本日のタイムセールで、HOCO Apple Watch バンド 本革 交換ベルト1,699円で販売しています。

 対応するApple Watchは、Series 1-3のすべて。38mm、42mmの両モデル用が用意されています。

 カスタマーレビューも、悪くないですね。価格を考えると、十分納得できる品質のようです。

 夏は汗をかきますから、本革のベルトの出番は春先までかな? そして秋になったら、再びレザーの出番。

 私もリンクブレスレットのそっくりさんを含め、サードパーティ製のバンドを何本か所有していますが、まだどれも現役、というか壊れていません。サードパーティ製Apple Watch用バンドは、評判の良いものさえ選べば、けっこうきちんと作られているのかもね。

 レザーベルトは1本もないので、この機会にポチっておくかな。

2018年1月 6日 (土)

SKAGEN(スカーゲン)やFOSSIL(フォッシル)のスマートウォッチが40% OFFとお買い得!

 私は、Apple Watch Series2ユーザーですから、買い増ししませんが、amazonが本日の特選タイムセールで、スマートウオッチが参考価格から全品40%以上オフセールを開催中です。

 スマートウォッチには興味はあるけど、Apple Watchの四角い画面がダメとか、高くてダメって方には、なかなか面白そうなセールですよ。

 上記の[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 HALD ハイブリッドスマートウォッチ SKT1206なんて、上品な2針のドレスウォッチにしか見えません。でも、実際にはウェアラブルデバイスで、

  • アクティビティおよび目標トラッキング
  • 睡眠の時間と質を記録
  • フィルタリング通知機能
  • セカンドタイムゾーン、アラーム
  • スマートフォンのリモコンとして使用できるスカーゲンリンク機能
  • カメラの自撮りシャッターボタン
  • 音楽の再生や一時停止等のコントロール

が可能。

 iPhoneと連携するAppは、Skagen Connected - Fossil, Inc.となります。

 今回のセールでは、レディスモデルも多いですから、今年はしっかり健康管理&ダイエットしようという目標を立てた方には、いいかもしれませんね。

2017年9月13日 (水)

LTE版 Apple Watch Series 3は、MVNOに対応しない(できない)かも。

 昨日、心配していた話ですが…

 IIJmioの中の人が、上のように呟いてます。

 もし、iPhone Xに買い換えることになったら、とてもApple Watchまでは手が回らないのでいいんですけどね。

 LTE版 Apple Watch Series 3については、まだまだ情報が不足しているので、IIJmioやmineo、UQモバイル等の今後の発表を待つ必要がありますね。

2017年9月11日 (月)

LTE版 Apple WatchはiPhoneと同一電話番号を使用とか

 9to5Mac.comが、「LTE版 Apple WatchはiPhoneと同じ電話番号を使用し、一部の通信事業者は安価な通話プラン、もしくは無料のプロモーションプランを提供するかも。」と報じています。

 LTE版ということは、Apple Watchのみで通話・通信が可能になるわけですが、日本でも、上記で噂されている通り、キャリアから格安プランが提供されれば、面白いことになるかもしれません。

 ソフトバンクが大昔(これは通話できないiPadの話で、通話でなくデータ通信でしたが。)、LTE版 iPad 2のデータ通信を無料で使えるアレ コレ ソレ キャンペーンなるものを実施したことがあります。

 私は、2011年の秋から昨年秋にmineoにMNPするまで、このLTE版iPad 2を利用しておりました。

 LTE版 Apple Watchが、上記ソフトバンクのキャンペーンのように、毎月無料、あるいは月額数百円で維持できるとあれば、購入に踏み切る方も増えそうです。

 私のようにキャリアではなく、格安SIM(MVNO)のmineoでiPhone SEを使っているものはどうなるんだ?、という疑問も出てきますけどね。ま、私は、今使っているApple Watch 2で、特に不便は感じていないので、とりあえず様子見ですが。

2017年6月22日 (木)

USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)を30wで充電可能な60w5ポートUSB充電器「USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510」のレビュー

 先日のタイムセールで、わずか1,980円(タイムセール後も、1,980円で継続販売中!)で販売されていたマイクロソリューションのUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器が届きましたので簡単にレビュー。

 USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器の売りは、iPadやiPhoneを高速充電できる60wのUSB充電器でありながら、USB PD対応のUSB-Cポートも備え、MacBook (Retina, 12-inch)も30w出力で充電できるところにあります。

 以前にも書きましたが、同機能を持つAnker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryも所有しておりますので、比較しつつレビューします。

Img_4496

Img_4500

 パッケージはただの段ボールで、気軽に捨てられるという点で好感を持てます。

Img_4502

Img_4504

 iPadやiPhoneを充電するためのUSB Type-Aポートが4個。MacBook (Retina, 12-inch)を30wで充電するためのUSB PD(パワーデリバリー)対応Type-Cポートが1つです。

 総合出力は60w。MacBook (Retina, 12-inch)を充電中でも、Type-Aポート4個は計30wまで使える計算で、実用的には何の問題もなさそうです。

Img_4506

Img_4509

 ほぼ同機能のAnker製品Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryと大きさ比較です。Anker製品の方が一回り大きく、ずっしりと重いです。

 ついでに、Apple純正のUSB-C電源アダプタとも比較してみましょう。

 左から、「MacBook (Retina, 12-inch)」用の29W USB-C電源アダプタ、真ん中がマイクロソリューションのUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器。一番右が、「MacBook Pro (Retina, 13-inch)」用の61W USB-C電源アダプタです。

Img_4512

 いかがでしょう? 出張や遠征で、MacBook (Retina, 12-inch)を持って行くときに一緒に連れていく電源アダプタとして、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器が最適ではないでしょうか?

 大きさは純正の29W USB-C電源アダプタより大きいですが、Apple純正とは違って、iPadもiPhoneもこれ1つで充電できるわけで。

 では、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)につないでみます。

Ms02

 システムレポートを見ると、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)は30wのACアダプタがつながっていると認識しています。つまり、Apple純正の「29W USB-C電源アダプタ」の代わりになり得るということですね。

 逆にいうと、60w必要なMacBook Pro (Retina, 13-inch, 2016-2017)には、電力が足りないということになります。

 実は、Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryは、本来30w(29w)までの出力しかないはずなのですが、私のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)につなぐと45wで充電しちゃいます。

45w

 Ankerによるとこれは仕様外ということらしいです。

 45wで充電できれば、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)がより短時間で満充電になるわけでありがたいわけですが、仕様外ということは機器に負担がかかっている可能性もあるわけで、今後はUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器をメインに使っていくことにします。

 先にも書きましたが、MacBook (Retina, 12-inch)ユーザーの方で、Apple純正の29wUSB-C電源アダプタを追加購入しようとお考えなら、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器を購入する方が、断然お得です。

 Apple純正29wは5,616円。対するUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器は1,980円で、しかもiPadやiPhoneを高速充電できるUSB-Aポートも4個付いてきます。

 しかし、マイクロソリューションのUSB-C対応機器の安値攻勢が続きます。USB-Cマルチドックはかなりお勧めできる製品でしたし、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器も買いの製品でした。今のところ、ハズレはなさそうですよ。おすすめ!

【関連記事】

2017年6月21日 (水)

USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)を30wで充電可能な60w5ポートUSB充電器が1,980円とお買い得!

 amazonが、本日のタイムセールで、USB PDに対応し、MacBook (Retina, 12-inch)を30wで充電、さらにiPadやiPhone等も充電できるマイクロソリューションのUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器1,980円で販売しています。

 私、すでに同じ機能のAnker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryを愛用しているのですが、あまりの値段の安さにつられて思わずポチッとな。

 実は、Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryには少々問題?がありまして、本来30w(29w)までの出力しかないはずなのですが、私のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)につなぐと45wで充電しちゃうわけですね。

45w

 Ankerによるとこれは仕様外ということらしいです。

 45wで充電できれば、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)がより短時間で満充電になるわけでありがたいわけですが、仕様外ということは機器に負担がかかっている可能性もあるわけで。

 というわけで、ポチってしまったUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器。明日には届きますから、届いたらまたレビューします。

 なお、MacBook (Retina, 12-inch)ユーザーの方で、Apple純正のUSB-C電源アダプターを追加購入しようとお考えなら、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器を1,980円で購入する方がお得ですよ。

 だって、MacBook (Retina, 12-inch)だけでなく、iPhoneやiPad、Apple Watchも同時に充電できる上に、わずか1,980円ですよ。

 しかし、マイクロソリューションのUSB-C対応機器の安値攻勢が続いてますね。USB-Cマルチドックはかなりお勧めできる製品でしたし、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510 : Smart IC 搭載・60W 5ポート急速充電器にも期待しておきましょう。

2017年5月22日 (月)

Appleの新本社ビル、Apple Parkが贅沢すぎる件

 Appleの新しい本社ビルであるApple Park。一部運用が始まっているものの、現在も絶賛建築中。

 しかし、贅沢ですねぇ。

 日本で、本社ビルというと四角い高層ビルなんでしょうけど、土地が有り余っている国ならではの贅沢さ。敷地面積は26万平米です。

 新国立競技場の敷地面積が11万3千平米なので、その2.3倍の広さ。ナショナルスタジアムの建設費は1,500億円ほどの見込みですが、Apple Parkは6,000億円らしいです。

 パーク内にある、建設用の大型重機とか、あとでどうするんだろ?って最初思ったんですけど、Apple Parkと社外をつなぐ、まるでハイウェイのような地下道があるのね。

 天井部は太陽光パネルで覆われていますが、電力は全て再生エネルギーを利用と発表されています。

 14,200台分の駐車場もあり、劇場やカフェ、アップルストアも併設されており、一般人も中に入れます。これは訪問しないといけませんね。

2017年4月24日 (月)

18KローズゴールドやイエローゴールドのApple Watch Editionが140万円OFF!とお買い得

 12,960円以上の購入で1,000ポイントプレゼントの【伊勢丹】スプリング・サマースペシャルセールを開催中の伊勢丹オンラインストアが、Apple Watchの初代モデルを大幅値引きで販売中です。

 あの、18Kゴールドや18Kローズゴールドケースの「Apple Watch Edition」もあったりしますよ。

 発売当初218万円!と超高価だった38mm 18Kローズゴールドケースとローズグレイモダンバックル38mm 18Kイエローゴールドケースとブライトレッドモダンバックルが、140万円引きの706,320円!と超お買い得。

 超お買い得とはいえ、70万円出すなら別の時計買う人が多そうですが。

Applewatched

 画像の通り、414,720円で買える、18Kローズゴールド及びイエローゴールドケースのモデルもあります。

 もし、おいらが買うとしたら、54,000円38mm ステンレススチールケースとリンクブレスレットあたりでしょうか? これ、Apple Storeで買うと、リンクブレスレット単品で49,464円(税込)ですからね。つまり、初代38mmステンレスケースのApple Watchは4千円少々。

 おいらは、今のところアルミケースのSeries 2で十分満足していますけどね。でも、買い換えるとしたら、次はステンレスケースにしそうです。

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ