隠れJTマーヴェラスファンページ

写真・カメラ

2018年1月12日 (金)

WD RED搭載 RAID 0/1対応の格安NAS「NSB-3MS6T2BLV」のレビュー

 年末に買い増ししたWD RED 2ドライブ構成の6TB NAS「NSB-3MS6T2BLV のレビューです。

 以前のブログにも書きましたが、購入価格は22,980円とかなりお買い得でした。1台10,767円もする3TB WD Red NAS用HDD WD30EFRX」を2台搭載。ドライブの価格だけで21,534円もするのに、それがNASケースに収まって22,980円ですからね。

 WD RED 2TBのシングルドライブNASNSB-3NR2T1MLV もお買い得でしたが、2ドライブモデルも十分お買い得です。

Img_5394

 味も素っ気もない茶箱に収まっています。業務用(法人用)NASですから、綺麗なダンボールパッケージにする必要もないのでしょう。

Img_5397

 パッケージの中に収まっているのは、本体。ACアダプタ、電源ケーブル、USBケーブル、取扱説明書、CD-ROMで、シングルドライブモデルと同じです。

Img_5399

 シングルドライブモデルも、悲しくなるほど情けないデザインでしたが、高さがあるので、さらに不細工なデザインです。

 しかし、こいつは外付けハードディスクではなくNAS。つまり、Macの横に置いておく必要は一切なく、普段は目に入らないところに設置すれば良いわけです。

 ということを考えれば、不細工なデザインでもかまわないのかもね。

Img_5401

 電源を投入して、起動するまでにはしばらく時間がかかります。また、イーサケーブルを接続しておかないと、電源が入らないのでご注意を。

Img_5411

 ご覧のように、ディスプレイの表示だけは美しいです。

 もともとRAID 1(ミラーリング)で構成されていますので、そのまま使います。もちろん、RAID 0構成にすれば6TBになりますし、それぞれのドライブを別々(つまり、3TBドライブ2台)に認識させることも可能です。

 NSB-3NR1T1MLV のレビューで、公称転送速度の半分くらいしか出ていないと書きましたが、それはWi-Fiが原因でした。レビュー時、MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)の無線LAN接続で計測したのですが、こいつのWi-Fiは802.11n。そのあたりが足を引っ張っているようです。

 今回有線LAN接続で測定したところ、リード・ライト共に公称値通り40MB/sオーバーのスピードでした。

 EyeTV HDで録画したデータや、ストリーミング用のフルHD動画等をNSB-3MS6T2BLV に転送して、iPhoneやiPadから視聴してみましたが、なんら問題なく再生できます。

 なお、iPhoheやiPadでNASにアクセス、そして動画視聴には、FileExplorer Pro: File Manager - Skyjos Co., Ltd.を使っています。

Img_5470

 最初は、無料版のFileExplorer: File Manager - Skyjos Co., Ltd.を使っていたのですが、無料版ではアクセス先が1箇所しか登録できないので、600円のFileExplorer Pro: File Manager - Skyjos Co., Ltd.に乗り換えました。

 現在、NASだけでも、

と4台もありますし、自宅のMac、職場のMacやWindows Serverにもアクセスしますから、無料版では面倒になっちゃいました。

 出先からも、VPNでつなげています。昼休みに職場から、自宅のテレビ録画やその他動画を視聴できるわけで、けっこう便利です。

 ↑のスクショの通り、たった600円でiPhoneやiPadから、複数のNASやMacやPCの共有フォルダ、WebDAV、FTPサーバー、Dropbox、Box等にアクセス可能になります。600円の価値は、十分にありますよ。

 私が購入した6TBモデルは、ちょっと値上がりして手を出しにくくなっていますが、2TB×2発の4TBモデルNSB-3MS4T2BLV は、19,980円と今もお買い得価格になっています。

 取扱説明書は、こちらからダウンロードできます。

 各種設定は、CD-ROMを使わなくても、Webブラウザから可能ですし、シンプルで使いやすいです。2ベイモデルだけでなく、シングルドライブモデルもありますし、3年保証ですし、NASの導入を考えておられるなら、このシリーズ、けっこうオススメです。

【関連記事】

2017年12月26日 (火)

7,980円でWD Red搭載のNAS NetStorシリーズはかなりお値打ち!、というわけでレビューです。

 年末ですね。大掃除の季節です。もちろん、Macのハードディスクやフラッシュストレージの中も大掃除しないとね。

 しかし、不要なデータを削除しても、最近のデジカメは高画素ですし、RAWデータで残しておこうと思うと、1枚の写真データが十数MBなんてこともありがち。

 さらに、H.264やH.265でかなり圧縮されるようになったとはいえ、動画も最低でフルHD。場合によっては4K動画ということもあるので、これらの保管を考えると大容量の外付けハードディスクやNASが必要になってきます。

 先日、格安NASということでご紹介したWD RED搭載の3年保証 1TB Linux NASNSB-3NR1T1MLV ですが、届いておりますので、簡単にレビュー。

 容量は1TBと、今の時代では大容量とは言えません。しかし、この価格で3年保証。ドライブは、コンシューマー向けとしては最も信頼性の高いWD Red。ベアドライブでも同じくらいの値段しますよね、WD Redの1TBだと。

 これが、NASケースに入って7,980円ですよ。

 しかーし、私が購入してからちょっとショックなことがございまして、なんとこいつの2TBモデル「NSB-3NR2T1MLV が、表記価格 10,980円なんですけど、実際には購入時に1000円OFFクーポンが適用されまして、9,980円で買えるのね、今。

 たった、2千円の違いで容量が2倍ですよ、奥さん! orz できれば、買い換えたい。というか、2千円払うから交換してほしい。orz

 慌てる乞食は貰いが少ないというやつでしょうか? しかし、そこは気を取り直して、私、買い増しました。

 買い増したのは2ドライブ構成の6TBモデル「NSB-3MS6T2BLV です。こちら、表記価格 24,980円なんですが、会計時に2000円OFFクーポンが適用されまして、22,980円で買えるのね。

 1台 11,092円のWD Redの3TBが2台入ってて、RAID 0、RAID 1、通常モード(2台別々の3TBドライブとして認識)のいずれかで運用可能。

 つまり、3TBのWD Red 2台だけでも22,184円もするのに、RAID 0/1可能なNASケースに収まって、22,980円で購入できるわけですよ。お買い得すぎでしょ! こっちは、まだ届いてないんですけどね。

 で、すでに届いてる1TB Linux NASNSB-3NR1T1MLV を簡単にご紹介します。

Img_5368

 なんの愛想もない茶箱で到着。

 そもそも、このNASはコンシューマー向けではなく、法人向けです。そのため、保証期間は3年ありますし、有料でさらに2年間延長することも可能です。

 また、NAS内部に使われているパーツも、40℃環境で5年動作に十分耐えるグレードのものを選定とのことですから、安く購入して、長期間運用するおいらにはぴったりの製品。

Img_5371

Img_5373

 茶箱の中身は、本体。ACアダプタ、電源ケーブル、USBケーブル、取扱説明書、CD-ROMが入っています。

 ACアダプタをつなぎ、LANケーブルでつなぎ、電源オン。ちなみに、LANケーブルがつながっていないと、ACアダプタがつながっていても起動しないようです。

Img_5375

 本体デザインは、どんだけセンスないねん!というほどがっかりなんですが、ディスプレイ表示は綺麗ですね。起動には数分かかります。

 起動してしまえば、CD-ROMを使わずとも、Webブラウザで設定が可能です。

20171221_204515

20171221_204533

20171221_204631

20171221_205107

20171221_205114

 上のスクリーンショットのように、ブラウザから全ての設定が可能です。

 Macも今はsmbでつながりますし、afpを使う必要はないでしょうけど、afpにも対応しています。ご覧の通り、Time Machineとしての運用も可能みたいですね。

 背面にUSBポートが2個あるのですが、私はRAID 1構成にした4TB×2台のHDDをつなぎました。これで、NASの容量は5TBです。

 ハードウェアRAIDに対応した格安2ベイケースは、ロジテックのLHR-2BRHU3。4TBハードディスクは、コスパ最強のシーゲイト ST4000DM004です。

 増設したハードディスクは、NSB-3NR1T1MLV のNASとしての容量を拡大する目的で(共有フォルダとして)使うことも、NSB-3NR1T1MLV 本体のバックアップ用として使うも可能です。

 なお、1ドライブ構成のNSB-3NR2T1MLV シリーズですが、万一、WD Redドライブが壊れても、新品のHDDに交換すれば、NAS機能は使えるようです。つまりHDDドライブ自体は単なるデータ用で、NASのシステム(Linux)自体は基盤に組み込まれているようです。

 メーカーのエレコムは、HDD交換できないと言っていますが、プラケースの爪を上手に外して分解すれば、HDDの交換は可能です。

 もっとも、こんなに安いNASだけど、製品保証は3年間とたっぷりありますから、ケースを割るのは3年以上先の話ですけどね。

 しかし、この価格でちゃんとしたNASが手に入るというのは驚きです。特に1ドライブ2TBモデルのNSB-3NR2T1MLV と、3TB×2ドライブモデルのNSB-3MS6T2BLV は、本当にお買い得。

 エレコムの公称値は40MB/sほどのスピードみたいですが、「Blackmagic Disk Speed Test - Blackmagic Design Inc」で計測してみると、うちの環境ではその半分くらいの速度しか出てないですね。

 Macのsmbが遅いのか、他にも原因があるのか。年末年始、時間が取れたらafpにしたり、色々実験してみます。

 悩んでいる人は、とりあえず買っておいた方が良いかもね。売り切れてから後悔しても遅いですよ。

 取扱説明書は、こちらです。

 PDFの取説を見る限り、NAS同士でバックアップを取ったり、分散化(レプリケーション)したりとけっこう使えそうですが、元はVPN接続できる予定だったみたいですね。

 マニュアルの表紙には「VPNルーター機能付Network storage サーバー」とあります。もっとも、「VPNルーター機能付」の部分は白文字で、見えなくしてありますけどね。

 本体背面のLANポート類を見れば、元がVPNルーターなのは一目瞭然。VPN接続は、残念ながら実現されないまま、このモデルはディスコンになるようですが、VPNルーター機能を蘇らせてくれる勇者が、そのうち現れるかもしれません。

 離れた事業所間でVPNでレプリケーションできるNASなら、さらに利用価値が上がるのは確か。勇者、現れませんかねぇ。

【関連記事】

2017年12月11日 (月)

Adobe Creative Cloudほか人気PCソフトがレジでさらに20%OFF!

 amazonが、プライム会員限定でAdobe Creative Cloudほか人気PCソフトがレジでさらに20%OFF!セールを開催しています。

 さっきのMicrosoft Officeが今年最安値!でも書きましたが、今、メインで使っている3台のMacのOSは、macOS Sierra 10.12.6。

 ですから、超絶古いAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premiumを、全然問題なく使用中。ただし、Adobenサポート対象外(El Capitanまでがサポート対象)ではありますが。

 macOS High Sierraは、32bitアプリをサポートする最後のmacOS。CS6は、Photoshopでウィンドウ表示が消えない等の不具合がありますが、基本的には動作するようです。

 Adobe CS6は、一応64bitサポートアプリではありますが、さすがにHigh Sierraの次は無理でしょうからねぇ。そろそろCS6からCCへの移行を考えないといけません。もっとも、私の場合は、Adobe Creative Cloud フォトプランだけ購入すれば、十分な感じですけども。

 ↓の価格から、さらに20% OFFは、本日限り。必要な方は、この機会にどうぞ。

2017年12月 8日 (金)

amazon、「サイバーマンデーセール」は本日午後6時から!

 恒例のamazon サイバーマンデーセール、本日午後6時開始です。

 購入予定のものがおありなら、こちらのリンクからチェックしてみてください。予定より安く購入できるかもしれません。

 私は、

とか、色々ウォッチリストに放り込んでます。

 とはいえ、キプリスの本革スマートケース(ジッパーケース)を買ったので、もうお小遣いはないんですけどね。

2017年11月30日 (木)

32インチ 4K対応ワイド液晶ディスプレイが4万円切り!

 4K液晶ディスプレイも4万円を切る時代がやってきました。

 NTT-X Store が、32インチ 4K対応ワイド液晶ディスプレイ OD4K-32B1 39,938円で予約受付中です。

 発売日は、12月15日。今予約すれば、発売日12月15日にお届け予定とのことです。

 1920×1080ドットのフルHD 4枚分の4Kディスプレイ。32インチサイズということは、16インチサイズのフルHD液晶4枚分相当と考えれば、サイズ感や文字の大きさ等イメージしていただけるかと。

 思わずポチッとしちゃいそうな価格ですね。サイズ感も、家のデスクトップに置くには大きすぎず、字も小さくなりすぎず、いい感じかもしれません。

 4K液晶モニターといえば、42.5インチで52,980円 40インチ曲面で54,980円 フィリップス 液晶ディスプレイ 超特価タイムセール も開催中。

 この価格なら、そろそろ4Kに手を出してもいいのかもしれません。もっとも、おいらの持っているMacは、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)のみが唯一の4K対応Macなんですけどね。

2017年11月29日 (水)

「Path Finder 7」を含むMacアプリ 10個が $10少々! 「Pay What You Want: Cyber Monday Mac Bundle feat. Path Finder 7 & Photolemur」開催中!

 当ブログではおなじみのstacksosialが、

  1. Path Finder 7 $39.95
  2. Photolemur 2.2 Spectre: Family License $50
  3. Live Home 3D: Standard Edition $29.99
  4. Pagico 8 $50
  5. VPN Unlimited: 3-Yr Subscription $129.99
  6. MacGourmet Deluxe $49.95
  7. Screens 4 $29.99
  8. WallPaper Wizard 2: 2 Macs $19.90
  9. iLocker PRO $39.90
  10. Timing Productivity $29.00

といった10個のMacアプリを好きな価格で購入できるPay What You Want: Cyber Monday Mac Bundle feat. Path Finder 7 & Photolemurを開催中です。

7rs09sva9je

 もっとも、好きな価格で買えるといっても、10個全部を手に入れたければ、その瞬間の平均購入価格以上で買う必要があります。現在の平均購入価格は $10少々ですから、すごくお買い得なのはまちがいないところ。

 MacのFinderを大幅に拡張した「Path Finder 7」目当てで購入しても、いいじゃないでしょうか?

2017年11月19日 (日)

RAID 0/1対応の2ベイ3.5インチハードディスクケース「ロジテック LHR-2BRHU3」が4,190円とお買い得!

 amazonが、本日のタイムセールで、ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU34,190円で販売しています。

 ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU3は、

  • 3.5インチ、あるいは2.5インチのSATAハードディスクやSSDを2台内蔵可能
  • RAID 1/0対応

ハードディスクケース。

 RAID 0に設定すれば高速大容量ストレージ。RAID 1のミラーリング運用なら、安心安全なストレージとして使用できます。

 私は、同じロジテックの「ガチャベイシリーズ」で、4台内蔵可能な上位モデルLHR-4BRHEU3を愛用しています。

 LHR-4BRHEU3は、

  • HDDやSSDを4台内蔵可能な
  • RAID 0/1/3/5/10/50対応の

ハードディスクケースです。これに、外付け3TB HDDの中身を4台突っ込んで、RAID 10の6TBのストレージとして利用中。

Img_3600

 音は静かですし、エラーもないですし、超おすすめです! 何と言っても、外付けHDD4台だと、コンセント周りがACアダプタ4個でごちゃごちゃしちゃってたのが、LHR-4BRHEU3導入後は、ACアダプタが1つになってスッキリ。

 また、ハードディスクデュプリケーター「LHR-2BDPU3」も愛用しています。

Img_7406

 こいつは、HDDやSSDを丸々コピーするにも使えますし、普段は2ベイの外付けハードディスクとしても使えます。

 ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU3に至っては、2台目です。1台目のレビュー記事はこちらをご覧ください。

 今まで購入したものが、全て壊れず、快調に動いていますのでこれだけ買い増ししているわけですが。

 高速性が必要な作業はSSDに任せ、大容量が必要で、しかもそのデータを失いたくないのであれば、ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU3のようなRAID 1(ミラーリング)対応のケースを買って、デジタル一眼のRAWデータや、動画等の倉庫にするのが良いと考えています。

 現在、安定動作で評価の高い4TBのベアドライブ、例えばSeagate 4TB BarraCuda ( SATA 6Gb/s / 5400rpm / 2年保証 ) 正規代理店品 ST4000DM004あたりが、9,480円で購入できますから、こいつを2台買って、ロジテック HDDケース 3.5インチ 2Bay USB3.0 RAID機能搭載 ガチャベイ LHR-2BRHU3に突っ込めば、

  • RAID 0対応、高速8TBの外付けハードディスク
  • RAID 1対応、冗長性を生かした安心の外付けハードディスク

が、わずか23,150円で組めるわけです。

 ハードウェアRAID対応の2ドライブ内蔵可能な外付けハードディスクケースとしては、異例の安さ。ロジテックの各種外付けケースは、本当にお買い得です。おすすめ!

2017年11月 1日 (水)

Mac用画像切り抜きツール「PhotoScissors」が、本日限り95% OFFの120円!

 Mac App Storeの値下げ情報です。

 写真の切り抜きツールを何もお持ちでないのなら、この機会にいかがでしょうか?

 通常2,400円のPhotoScissors - Remove Background From Image - Maxim Gapchenkoが、本日限り 95% OFFの120円とお買い得になっています。

 写真の切り抜きに特化したツール。背景を無色にして、オブジェクトだけ取り出すことができます。商品画像とかには便利ですね。

 もっとも、女性のふわっとした髪の毛周りを綺麗に切り抜くには、やはり根気が必要になりますけどね。輪郭のはっきりしたものなら、比較的簡単に切り抜き作業ができます。

 通常、2,400円が95% OFFの120円。試しに買ってみることができますね、この値段なら。

2017年10月31日 (火)

シネスコサイズの映画視聴に最適な29インチワイドモニター「LG モニター ディスプレイ 29UM59-P 29インチ/IPS」が23,980円とお買い得!

 amazonが、本日のタイムセールで、シネマスコープサイズの映画視聴に最適な29インチワイド液晶モニターLG モニター ディスプレイ 29UM59-P 29インチ/21:9 ウルトラワイド/IPS非光沢/HDMI×223,980円で販売中です。

 この価格は、つい先日までの23インチ フルHD IPS液晶ディスプレイの価格ですよね。その価格で、

  • 29インチ(画面アスペクト比:21:9)
  • 解像度:2560×1080
  • 入力端子:HDMI(Ver1.4)×2
  • パネル:IPS 非光沢
  • 輝度:250cd/㎡(標準)
  • 応答速度:5ms(GTG)

のワイド液晶ディスプレイが購入可能です。

 フルHDより横が640ピクセル広いです。ということは、Photoshop等での写真編集時には、フォトショのフローティングパネル等をそこに置けるわけで、画像本体を大きく表示可能です。

 もちろん、Excel使用時にも作業効率が上がりそうですね。

 でもって、画面アスペクト比は、シネスコサイズ(2.35:1)の映画とほぼ同じ2.37:1。画面に黒帯が表示されませんから、映画に没入できそうです。

 私の場合は、今、4Kモニターを買うより、このくらいのワイド液晶を買った方がいいわけです。

 なぜなら4K対応のMacは、非力なMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)だけで、それ以外のMacは2560×1600止まりなんで。

 というわけで、普通ならポチるんですが、実はヤフオクでMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)を落としたばかりなんですよね。

 なんで今頃そんな古いMacBookを?、って感じですけど、こいつはRetinaになる前の最後のMacBook Proで、メモリもSSDも自分で増設できるわけですよ。場合によっては、4TB SSDも積めるわけです。

 Ivy Bridge世代なので、CPUやチップセットはかなり古臭いんですけどね。その古臭いMacに高価な4TB SSDは、さすがに非現実的ですが。

 音楽ソフトやソフトウェア音源は、古いOSにしか対応していないものも多いので、このMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)のOSは、OS X El Capitanあたりにして音楽専用機にする予定。あ、Adobe CS6とOffice 2011を動態保存しておくにも良さげですね。

 いつ届くのかなぁ。連休前には届いて欲しいなぁ。

2017年10月18日 (水)

USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)を45wで充電可能な薄型USB-C電源アダプタ「マイクロソリューション USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60W」のレビュー!

 先日のタイムセールで、わずか1,428円(タイムセール後は、3,800円!)で販売されていたマイクロソリューションのUSB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wが届きましたので簡単にレビュー。

 USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wの売りは、

  • MacBook (Retina, 12-inch)や2016年モデル以降のMacBook Proを45w出力で充電できる、USB PD対応のUSB-Cアダプタでありながら
  • iPadやiPhoneを2A出力で高速充電できるUSB Type-Aポートも1個おまけについている上に
  • Apple純正の29w USB-Cアダプタ(5,616円)よりはるかにリーズナブル

なところ。

Img_4989

Img_4991

Img_4993

 画像の通り、ACケーブルが巻き取り式であるところは、ポイントが高いです。もちろん、USB-Cケーブルも標準添付。

 ちなみに、この巻き取り式のメガネケーブル、単体購入すると980円!もします。

 先日のブログでも書いた通り、半分はこの巻き取り式のメガネケーブル狙いで買ったんですけどね。

Img_4995

 Apple純正の「USB-Cアダプタ」のように、壁のACコンセントに直接さして使いたい場合は、エレコムの直結用電源プラグELECOM 電源プラグ T-PCAD22V(376円)を購入てください。

 これ、ブラックだけでなく、ホワイトがあればいいのにね。

 脱線したので、USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wに戻ります。

Img_4997

 以前レビューした、同じマイクロソリューションの60w USB PD対応のUSB-CアダプタUSB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510との比較。

 USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510は、USB-Cポート1個とUSB-Aポート4個の計5個の給電ポートを持つわりにはコンパクトにできていますね。

 今回購入したUSB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wは、薄い!ということ以外取り柄がありません。

Img_4999

 ポートの数を比べると、やはり便利なのは、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510の方でしょう。

 私は「巻き取り式のメガネケーブル」目的で買ってますから、悔いはないですけどね。

Img_5002

 エレコムのACコンセント直結用プラグは、どちらにも使えます。

Img_5004

Img_5008

 もちろん、USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wに標準添付される「巻き取り式のメガネケーブル」も、どちらにも使えます。

20171018_91354

 私のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)のUSB-Cポートに、USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wをつないでみたところ、45wの充電器として認識されました。

 間に、USB PD対応機としては最もリーズナブルな、セルフパワーUSB-CハブUSB-C 10Gbps to USB3.0 4-Port Hub with PD Charging HUC1050を挟んでみると、なぜか60wの充電器として認識されます。

20171018_101531

 このあたり、まだメーカー間で、あるいは使用するUSBコントローラーで色々不具合の発生するUSB PD・USB Type-Cと言わざるを得ない感じですね。

 最も、上記のUSB-Cハブも販売元はマイクロソリューションで、同じ会社のものなんですけど、マイクロソリューションは販売しているだけですからね。

 ちなみに、上記の接続の場合、実際のどのくらいの出力でUSB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wが電力供給しているかと言いますと、

Img_5010

バッテリー残量が7-80%のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)で、19.5V/1.65Aでした。つまり32w強ですね。

 USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wが、カタログ通りUSB-Cポートが45w出力なのは確かなようですが、間にUSB-C 10Gbps to USB3.0 4-Port Hub with PD Charging HUC1050を挟むと、Macが60wと認識するのは、どこに理由があるのか不明です。

 今後、USB-Cケーブルを別のものに変えたりして、検証してみます。

 今回の記事は、USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wに標準添付されていた、カスタマーレビューでは評価の低いUSB-Cケーブルを使って行なっています。

 さて、結論ですが、私のように「巻き取り式のメガネケーブル」が欲しいなら、1,500円までなら買いでしょう。

 でも、普通の人は、USB-Aポートが多い、USB-C Power Delivery & USB-A Smart switch 600510を買ったほうが幸せになれます。こちらの方が、カスタマーレビューの評価も高いですし、何より安いですからね。

 以上、USB PD Universal Type-C Portable Power Supply Max60Wのレビューでした。

【関連記事】

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ