隠れJTマーヴェラスファンページ

パソコン・インターネット

2019年9月21日 (土)

2TB SSD 「Micron 1100シリーズ MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY」が、20,705円と超お買い得!

 大容量 2TB SSD[台数限定]Micron MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY [2TB/SSD] 1100シリーズ SATAIII接続 / 7mm厚/ バルク品が、20,705円と超お買い得です。

 私はこのSSDを4枚も購入しておりまして、3台所有している「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」と「MacBook Pro (13-inch, Early 2011)」に内蔵して便利に使っています。

 3台所有している「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」の1台は音楽専用。もう1台はそのスペアなのですが、スペアとしておいておくのももったいないので職場で事務処理に使っています。残りの1台はBoot CampでWindows 10専用マシンです。Windows 10専用と言っても、河合楽器のスコアメーカーを動かすためなので、これも事実上音楽専用ですね。

 スコアメーカーのMac版、出ませんかねぇ。出たとしても、最新のスコアメーカーはサブスクリプション制なので、ちょっと買いにくいですが。ちなみにスコアメーカーは、印刷された楽譜(スコア)をスキャナで読み込んで、あるいはPDFのスコアを読み込んで、MIDIデータ化してくれるなかなか便利なアプリです。

 「MacBook Pro (13-inch, Early 2011)」は、EyeTV HDがインストールされたテレビ録画専用機なんですが、1TB SSDでは不足気味ということで、2TBに換装。録画した動画をNASに移動するなり、整理するなりすればいいんですけど、時間がないのね。

 最初に購入した「Micron 1100シリーズ 2TB SSD」は、39,800円もしたのですが、これでも昨年の2月時点では超お買い得!、格安だったんです。それが今ではさらに半額の2万円ですよ。

 というわけで、5枚目をポチッとな。これは私用ではなく、あるところからWindows PC(富士通デスクトップ)のハードディスクをSSDに交換してくれと依頼を受けてるので、それ用です。

 そのデスクトップPCのHDDを確認したところ、1TBも使われていないのですが、もともと内蔵されているハードディスクは2TB。2TB→1TBへの引っ越しは、バックアップ作業等を考えると少し面倒&時間がかかるので、2TBのSSDの出物を探していた次第。

 元HDDと移行先SSDが同じ2TB容量なら、ハードウェアデュプリケーターを使って、マルッと一気にOSごと移行(クローン化)できますし、バックアップを取る必要もありません。

 というわけで、2.5インチSATA接続HDDを内蔵したノートPCや、3.5インチHDD内蔵のデスクトップPCをお使いの皆さん。それから、2012年以前のMacBook Pro等をお使いの皆さん。大容量 2TB SSDが安いですよ。今のうちに買っておかないと、今後は寿命の短いQLC NAND製品しか手に入らなくなりますよ。

 以前にも書きましたが、「Micron 1100シリーズ SSD」は、クルーシャルのMX300シリーズとほぼ同内容。このCrucial MX300シリーズは、ロシアでの耐久テストで、275GBモデルが2.6PB(2.6ペタバイト!)以上の総書き込み量を達成した、3D TLC NAND製品の中では抜群の長寿命を誇るSSD(リンク先の下の方、【参考】をご参照ください。)です。

 というわけで、ご購入をお勧めします。今のところ私の購入した4台は、すべて元気に稼働していますし、モノはいいと断言できますよ。

2019年9月 4日 (水)

「HP Thunderbolt3ドック 120W G2」が16,800円って安くない?

 最近のMacには、Thunderbolt 3ポートしか搭載されていません。セカンドディスプレイをつなぐ、外付けハードディスクをつなぐ、USBハブをつなぐ。何をつなぐにせよ、USB C上位互換のThunderbolt 3ポート経由でとなります。

 そんなThunderbolt 3ポートにケーブル1本で接続するだけで、ディスプレイポートやギガビットイーサ、USB Aポートなど多種多様なポートを用意してくれる「Thunderbolt 3 ドック」という便利な機器も世の中には存在します。でも、これが高いのね。だいたい3万円から4万円。

 そんな中、HPさんが素晴らしくお買い得なThunderbolt 3 ドックHP Thunderbolt3ドック 120W G2iconを販売しています。お値段、16,800円也。

icon icon

 定価は、35,000円だそうです。それが16,800円ということは52% OFF。半額以下です。

 HP Thunderbolt3ドック 120W G2iconには、

  1. USB-Cポート
  2. 充電機能付き USB Type A 3.1 Gen1
  3. さらに2個のUSB Type A 3.1 Gen1
  4. オーディオマイクコンボジャック
  5. RJ-45(ギガビットイーサ)
  6. VGA
  7. ディスプレイ接続可能なUSB-C
  8. さらにディスプレイポートが2個
  9. Thunderbolt 3ポート(MacやPCと接続)

と多数のポートが備わっています。HDMIじゃなくディスプレイポートですけど、それが問題じゃなければこの価格はかなり魅力的ですね。

2019年8月 2日 (金)

家族内であればMac、PC、スマホ何台でもOK! セキュリティソフト「マカフィー リブセーフ 3年版」が3,000円!

第32回 Vector ベクタープロレジ大賞「グランプリ受賞」

 

 ベクターPCショップが、同居する家族内であれば台数無制限でインストールできるセキュリティソフトマカフィー リブセーフ 3年版を、2019.8.4 (日)まで、究極特価 3,000円で販売しています。

 amazonでは5台3年版が 11,238円(ダウンロード版)で販売されているので、3,000円はたいへんお値打ち。

 Windows 10はもちろん、最新のmacOS Mojaveにも対応! WindowsにもMacにも、そしてAndroidにも対応。

 マカフィー リブセーフ 3年版は、Mac及びPC用のウイルス対策、マルウェア対策だけでなく、

  • 家族5人分のID/パスワードを管理できる「TrueKey(トゥルーキー)機能」
  • 危険なWebサイトへのアクセスをブロックする「ウェブアドバイザー機能」
  • iOS向けのセキュリティ強化ツール
  • ARPスプーフィングを検知すると接続を遮断し、通知するAndroid向けWi-Fiセキュリティ機能

も搭載しています。

 ウイルス対策ツール、セキュリティツールが3年版で3,000円というだけでも格安ですが、マカフィー リブセーフ 3年版は、同居の家族内であれば、Mac、PC、スマホに台数制限なしでインストール可能

 つまり、一家のMacやPC、スマホにタブレットは、これ1つでOK。2019/8/4(日)までですから、必要な方はお早めにどうぞ。

 そろそろウイルス対策ソフトの使用期限が切れそうな方。期限延長するよりも、マカフィー リブセーフ 3年版を購入する方が、安上がりですよ。

2019年8月 1日 (木)

MacBook Proを充電できる世界最小・最軽量の61w USB-C充電器「Power Delivery Pioneer」がクーポンで超お買い得!

 amazonタイムセール祭りが開催中ですが、それとは別のお買い得情報をご紹介。

 信頼性が高くて高性能なモバイルバッテリーや、USB充電器を供給しているRAVPOWERが、世界最小・最軽量の61w USB-C充電器Power Delivery Pioneerの販売を開始しています。

1ce602018edc4a3d835d2d1aaada4ccb

 定価は6,799円ですが、amazonでの販売価格は4,599円。さらに、このブログをお読みの皆さんは購入時にクーポンコード「PC112EDM」を入力することで、なんと3,679円で購入できちゃいます。

 61wのUSB-C 電源アダプタということは、2016年モデル以降のMacBook Pro 13インチモデルに添付されるApple純正ACアダプタと同仕様なわけですが、Apple純正品より圧倒的に小さく、軽く仕上がっています。

 出張時や、出先にMacBook Pro 13を持ち出すときには、非常に便利そうですよ。

 もちろん、信頼のRAVPOWER 製品ですから、何もしなくても18ヶ月の長期保証。ユーザー登録の上、製品登録すれば、さらに12ヶ月延長されて、30ヶ月の長期保証が受けられます。

 私は、USB-CでMacBookに充電が可能な上、USBハブにもなる20,100mAhのモバイルバッテリー「RP-PB059」を始め、かなりの数のRAVPOWER 製品を愛用してきていますが、Anker製品と同等以上の品質・耐久性と判断しています。Anker製品には壊れたものが2個あるんですが、RAVPOWER製品では、まだ壊れたもの、そしてへたったモバイルバッテリーはありません。

 職場に置いておく用、あるいは出張用、出先用にもう1台USB-C充電器を購入しようとお考えなら、今はPower Delivery Pioneer が一番お買い得&おすすめですよ。

2019年7月31日 (水)

amazon、「タイムセール祭り」開催中!

 本日から、amazonのタイムセール祭りが始まっています。期間は、8月2日の23:59まで。

087108_md_lp_do_05

 同時に最大5000ポイント還元のポイントアップキャンペーンも実施中。こちらは「エントリー」が必要です。以前のタイムセール祭り時にエントリー済みであれば、再エントリーは不要です。

Md_pou_do_20

 今回も、いろいろお買い得な商品があるみたいですよ。

 たとえば、Thunderbolt 3ポート(USB-Cポート)だけの最近のMacBook系に必須のUSB-CハブAnker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブが通常価格 6,999円なのですが、1,000円安くなっています。

 5,999円なら、この機会に一つ買っておくといいかも。もうすでに、同様のものをお持ちなら必要ないですけどね。Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブは、USB PDに対応していますから、2016年モデル以降のMacBook ProやMacBook Air、MacBookを充電することもできます。

 Anker製品は、多数の製品がタイムセール祭り対象商品になっています。お買い得な商品の一覧は、こちらです。

 2.5インチのポータブルハードディスクだと、3TBモデルが9,388円、4TBモデルが11,098円とお買い得。

 Macユーザーの場合、データ保管用のほか、Time Machine用のポータブルハードディスクが必要になったりするわけですが、3TBとか4TBの容量があるなら、「データ保管用」と「Time Machine用」の2つのパーティションに分けて使っても、十分な容量を確保できそうですね。

 おいらは金欠なので、がまんがまん。ノンアルコールビールだけ、ポチっておこうかな。いや、炭酸水の方が安いか。やーね、びんぼーって。

2019年7月30日 (火)

NetBarrier X9やPDF Converterがわずか$3。「BundleHunt 9th Aniversary Sale」開催中!

 当ブログではおなじみのBundleHuntが、7個のMacアプリをわずか$3で購入できるBundleHunt 9th Aniversary Saleを開催しています。ただし、各アプリは数量限定ですから、もちろん売り切れることもあります。必要な方は急いでね。

Poster

 選べるMacアプリは、

  1. AirMagic (通常価格 $39)
    ドローンで撮影した動画や画像を補正するためのアプリ。
  2. NetBarrier X9 (通常価格 $89.99)
    Mac専業ソフト開発会社 Integoのインテリジェントなファイアウォール。Macもセキュリティには気をつけないとね。
  3. SyncBird Pro (通常価格 $29.99)
    iOSの同期とiTunesのクリーニングを一度に行えるiPhoneのファイルマネージャ。
  4. PDF Converter (通常価格 $49.99)
    PDF編集アプリ。
  5. DoYourData Recovery Pro (通常価格 $69)
    ノートブック、デスクトップ、ハードドライブ、デジタルデバイス、リムーバブルデバイスなどから、削除された、フォーマットされた、またはアクセスできないデータを迅速かつ徹底的に回復。この手のツールは、データレスキュー5のように実績豊富で評判のよいものをおすすめしますが。
  6. UnDistrakted (通常価格 $12)
    現在の作業ウィンドウをハイライト表示し、乱雑なデスクトップ上のすべてのファイル、フォルダ、およびアプリアイコンを即座に非表示にし、Dockとメニューバーを非表示にできるツール。
  7. AppUninser (通常価格 $19.98)
    Macアプリを1クリックで完全にアンインストールするAll-in-one Mac Uninstaller。
  8. Lucid 4 (通常価格 $39.99)
    ご自分のWeb上にアニメーションを入れたい場合に便利なツール。動くWebも最近は流行らないか。
  9. Mini Design Bundle (通常価格 $29)
    商用利用可能な高解像度の画像、およびオリジナルのPSD、EPS、AIファイルの詰め合わせ。
  10. DataGardian 4 (通常価格 $19.95)
    最大448ビットのBlowfish暗号化を使用して、ログイン、パスワード、クレジットカード番号、その他の情報を保管するツール。
  11. Omni Recover (通常価格 $39.99)
    削除されたメッセージ、写真、WhatsAppチャット、その他を復旧するツール。
  12. Integrity Plus (通常価格 $15)
    ウェブサイトのリンク切れを見つけるためのツール。
  13. Spotify Music Converter (通常価格 $39.95)
    これは紹介したらあかんやつやな、きっと。
  14. NetShade (通常価格 $29)
    公共WiFi利用時に便利なVPNサービスの1年分サブスクリプション。
  15. Privatus (通常価格 $4.90)
    Webブラウザのプライバシー向上ツール。最新のSafariを利用しているなら不要かも。
  16. Ideas (通常価格 $29.99)
    アイデアを探求するためのアプリ。一種の共有されたホワイトボード、フリーフォームのスプレッドシート、そしてブレインストーミングのアプリが一つにまとめられたもの。という売り口上ですが使ったことないからわからん。
  17. SQLPro Studio (通常価格 $99)
    Postgres、MySQL、Microsoft Management Studio、およびOracleデータベース用の優れたデータベース管理ツールの1年分サブスクリプション。
  18. Super Eraser (通常価格 $39)
    データ復旧できないように、Mac、ハードディスクドライブ、USBフラッシュドライブ、メモリカードなどからデータを永久的かつ安全に消去。
  19. DearMob iPhone Manager (通常価格 $39.95)
    iPhoneやiPadをオフラインでバックアップおよび復元し、iOSファイルを選択的に転送および管理できるツール。
  20. Drive Manager (通常価格 $29.95)
    ワンクリックで外付けドライブとネットワークドライブを管理するための便利なツールの1年分サブスクリプション。
  21. Unarchiver (通常価格 $9.99)
    圧縮・解凍ツール。
  22. TinyAlarm (通常価格 $9)
    クリップボードのためのタイムマシン! 使いやすく、複数のクリップボードを編集し、アーカイブし、そして表示するユーティリティ。
  23. USBclean (通常価格 $9.99)
    外付けUSBドライブから厄介なゴミやゴーストファイルをすばやく簡単に削除します。USBメモリをWindowsユーザーと共有する場合に、便利かもね。
  24. Hides (通常価格 $4.99)
    その作業に集中できるよう画面から不要な表示を消してくれるツール。Macの場合、仮想デスクトップでフルサイズ表示すればいいような気もする。
  25. Invisible (通常価格 $4.99)
    見られたくないファイルを簡単に隠してしまうツール。
  26. Issuhub Pro (通常価格 $299)
    PDFからオンラインでページをめくる出版物を作成します。 PDFベースの雑誌、カタログ、ニュースレター、アルバムをオンラインで表示。そんなツールの6ヶ月分のサブスクリプション。

 この中から、お好きな7個を選んでください。Macアプリ7個がたった$3で購入できます。NetBarrier X9とか、かなりお得な気がするんですけどね。

 先にも書きましたが、数量限定ですから、人気アプリは早々に売り切れになるかも。必要な方は、急いでね。

2019年7月26日 (金)

【明日まで!】耳コピも作曲も楽譜の印刷もこれ一つ。河合楽器の「バンドプロデューサー 5」が1,980円とお買い得!

 当ブログでは珍しく、Windows版アプリのご紹介。明日までですから、必要な方はお急ぎを!

 高額なソフトウェアを驚きの低価格で販売するソースネクストが、河合楽器製作所の作曲ソフトバンドプロデューサー5を時間限定価格 1,980円で販売中です。

 バンドプロデューサー5は、CDやMP3、携帯プレーヤーなどの音楽データからコード進行を検出したり、耳コピのためにテンポやピッチを自由にコントロールしたり、ボーカルをキャンセルしたり、帯域の強調やカットをしたり、といった作業が可能。

 さらに、コード進行とリズムパターンを組み合わせたり、MIDIやオーディオを組み合わせて本格的な音楽制作をしたり、リードシートなどのコード譜を編集することができる、すべてのバンドマンにぴったりのPCソフト。

 河合楽器の直販サイトでは、8,618円で販売されているのですが、それがソースネクスト なら、明日(2019.7.27)までですが1/4ほどの価格で購入できます。

 私、Macユーザーですし、以前のセールで1つ購入しているのですが、追加でポチッとな。

 実は、古い「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」を1台、メモリ16GB、SSD 2TBにして、Windows 10 Pro専用機(Boot Camp)にしたんですよね。そいつ用にポチッ。この価格ですからね。Windows 10専用で使うにしても、ハードウェアとしての「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」は、非常に安定しており、使いやすいのです。

 以前にポチったやつは、別のMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)の仮想環境 VMware fusionの64bit版 Windows 10 Proにインストールしてあります。こちらは、仮想環境ですが、全機能問題なく動作しています。

 さらにWindows互換レイヤー CrossOver 16でもインストールは可能でした。ボトルはWindows 7 32bitを使用。ただ、インストールは問題なく終わり、起動することも確認しましたが、全機能動作するかどうかは、まだ未検証です。

 で、バンドプロデューサー5が私の手持ちのMac版同種のアプリに比べ優れている点は、CDやらiTunesやらの音源を直接MIDIデータ化できる点。

 もちろん、できると言うだけですが。実用的に使えるのは、ボーカルだけ、あるいはリード楽器だけ抜き取った音源から、メロディラインをMIDI化する用途くらい(これも実用的とは言いがたいですか。)でしょうが、音源を直接MIDIデータにできるのは、技術的には面白いですね。AIが進化すれば、そのうちCDからそのままMIDIへ変換できる時代が来るのかも。そうなったら、楽器練習もはかどりますし、いろいろ楽しそうなんですけど、生きてるうちは無理かもね。

 単音メロディーだけでなく、コードもMIDI化できますので、ギター、ベース、キーボード、ボーカル等からなるバンド曲をピアノ弾き語り用にアレンジしたいなんて場合、もしかしたらちょっとは使えるのかもしれません。知らんけどw

 定価ならともかく、1,980円ですし、興味のある方は試してみてください。明日までですよ。

 

 

 

2019年7月24日 (水)

メール購読で画像編集アプリ「ON1 Effects 2019.5」が無料!

 ON1が、画像編集用のフィルタ、プリセット、およびLook Up Tablesの究極のコレクション、「ON1 Effects 2019」を期間限定で無償配布しています。

Pepe_header

 無料でもらう条件は、アカウントを作成し、ON1のメルマガの購読者(無料)になること。ON1のEメール購読者は、$ 59.99の「ON1 Effects 2019」を無料で、永遠に利用することができます。

 「ON1 Effects 2019」は、MacあるいはWindowsで、スタンドアローンアプリとしても機能しますが、Appleの写真.app、AdobeのLightroom®およびPhotoshop®用のプラグインとしても機能します。便利ですよ。

On1

 ↑のように、富士フイルムやコダックのリバーサルフィルムをシミュレーションするプリセットも含まれており、iPhoneやデジカメで撮影した写真をフィルム風に仕上げることもできます。

 私がよく使う機能は「かすみ除去」。空気が濁っていて、風景写真が白っぽくなることがありますよね。そんな写真も、かすみ除去すれば、キリッとした写真になりますよ。

 というわけで、無料で「ON1 Effects 2019」をゲットしたい方は、こちらからON1のアカウントを作成し、「Receive email tips, news, and special offers from ON1.」にチェックを入れて、Eメールを購読してくださいませ。

2019年7月16日 (火)

USB-Cポート搭載のMacBook Proを100wで高速充電できるモバイルバッテリー「Mighty 100」

 先日、MacBook AirとMacBook Pro 13インチモデルがアップデートされたのですが、それと同時にCTOでオーダーできる1TB以上のフラッシュストレージの価格も大幅に値下げされました。

 ご存知のように最近のMacBook系モデルは、メモリもSSDも後から増設することが不可能です。ですから、購入時にCTOでメモリなりSSDを盛る必要があります。

 今まで、256GB容量のストレージを2TBにアップデートすると、税抜き 132,000円!も必要だったのですが、これが 88,000円に値下げされているんです。44,000円も安くなったんですよ。

 NVMe接続の2TB M.2 SSD、例えばSamsung 970 EVO Plus MZ-V7S2T0B/ECが59,800円で購入できることを考えると、88,000円でもまだ高い!、と言えますが、その値段を許容できるくらいApple製の大容量ストレージは高速なんです。

 で、今回のMacBook Proのアップデート&値下げに伴い、おいらもいよいよ13インチモデルをポチることにしたんですよ。で、念のため、「整備済製品・旧製品」のコーナーをチェックしてみたら、なんと旧製品(2018年モデル)のSSD 2TBモデルも大幅値下げされてたんですね。かつては、整備済み製品でも322,400円で販売されていた「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) 」のCore i7、メモリ 16GB、ストレージ 2TBモデルが、285,400円になってるんですよ。昨日より37,000円も安い! 整備済み製品じゃなく、こいつは新品です。もちろん、今となっては型落ちになるわけですが。

 というわけで、MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)が登場したにもかかわらず、2018年モデルをポチってしまいました。今さら2018年モデルのレビュー需要があるとは思えませんけど、気が向いたらレビューします。

 そんなわけで、今、手元には「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) 」があります。こいつの利点は、モバイルバッテリーで充電できることです。その便利さは、今まで愛用してきた(今後はサブ機になりますが)MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)で経験済み。

 バッテリーが残りわずかになっても、そして近くにACコンセントがなくても、USB-C出力対応のモバイルバッテリーさえあればなんとか凌げるのは、本当に便利です。

 そんな便利なUSB PD対応モバイルバッテリーですが、今まで30w出力のものを2個使っていたんですね。29wのACアダプタ付属の「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」ならこいつらで十分なのですが、61w ACアダプタ付属の「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) 」には、ちょっと心もとない。一応、「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) 」にも充電できることは確認済みですが、フルスピード充電はできないので、満充電まで時間がかかるし、ヘビーな作業中だと給電が精一杯で充電できなくなることもあるようです。

 そんなわけで、もっと大出力なモバイルバッテリーはないものか?、と探していたんですが、世の中にはあるんですよ。「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) 」を100wで充電できるモバイルバッテリーが。

Img_75772

 それが、Less is more Mighty 100 PD対応 27000mAhモバイルバッテリーamazonでも販売されています。

 おいらは価格の安かった「AppBank Store」で、ポチッとな。

 Less is more Mighty 100 PD対応 27000mAhモバイルバッテリー は、

  1. 27,000mAhの大容量(機内持ち込み可能な最大容量)
  2. 100w出力のUSB-Cポートと60w出力のUSB-Cポートが各1個
  3. 18w QC3.0対応のUSB-Aポートが1個
  4. 60w以上のACアダプタを使えば、Mighty100を最短1時間で満充電にできる
  5. Mighty100を充電中でも、MacBook ProやiPhone、iPadを充電可能なパススルー機能

と機能満載のモバイルバッテリー。それだけに、お値段、15,800円となかなかのものですけど、100wで充電できる魅力に負けてしまいポチッとな。

 大容量なぶん620gとヘヴィ級ですが、出張時や現場に「MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports) 」を持ち出す際には、素晴らしい相棒になってくれそうです。

 現在、amazonから購入することも可能です。よく売れているようで、品切れになることも多いようですが。また、100wも必要ない。60wで十分という方には、20,800mAhのMight 61(お値段も安くて9,800円)という商品もあります。

 私は、場合によっては「MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)」を充電することもあるので100wが必要でしたが、通常であれば61wのモデルで十分かもしれません。

 明日到着予定なので、届きましたらレビューしますね。

2019年7月15日 (月)

Crucial MX500の2TB SSD「CT2000MX500SSD1/JP」が22,091円と過去最安値!

 amazonのプライムデーが始まりました。「プライム会員」限定セールですがセールだけなく、プライムミュージックやプライムビデオの存在、そして送料無料と、入っておいて損のないサービスです。

 今回のセールでも、amazonオリジナルのFireタブレットやら、FireTVやらがいつもよりお買い得になっています。

 そんな中、定評あるCrucial MX500の大容量SSDCT2000MX500SSD1/JP(2TBモデル)22,091円と過去最安値になっています。通常価格より5千円以上安いです。

 これは買っておきましょう。

 以前にも書きましたが、今後のSSDは

  • 耐久性に問題があり
  • 巨大ファイルの連続書き込みでハードディスクより遅くなる

QLC NANDが主流となります。

 TLC NANDの時代は、250GBモデルで2PBW(ペタバイト!)というメーカーの公式保証を遙かに超えるデータ量を書き込むことが可能なSSDが数多く存在しました。サムスンもそうですし、Crucialもそうです。しかし、QLC NANDは本当にダメダメです。

 悪いことは言いませんから、そんなダメダメなQLC NANDの時代になる前に、TLC NANDのCT2000MX500SSD1/JP(2TBモデル)を買っておきましょう。2TBで22,091円って、凄くお買い得ですよ。私は、すでに3台も同じMicronの2TB SSDを購入しているので、今回は買わなくても大丈夫かな? いや、将来に備えて、修理パーツあるいは予備パーツとして、買っておこうか。もう少し悩んでみます。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ