隠れJTマーヴェラスファンページ

携帯・デジカメ

2018年8月 1日 (水)

3TB4発で6TBのRAID10を組んでいた「ST3000DM001」、また壊れる……

 昨年の11月末、シーゲイトの3TB HDD、「ST3000DM001」と「ST3000DM003」が相次いで死亡。orzというブログを書きました。

 これらの3TBハードディスクは、2015年6月29日、ロジテックダイレクトから再生品のシーゲイト製3TB 外付けハードディスクとして購入したもの。

 購入した2台をmacOSのディスクユーティリティで、RAID 構成にしてしばらく使っていました。

 その後、さらに同じ再生品を購入し、3TBの外付けハードディスクが4台になってしまいました。

 そうなると、ACアダプタも4個あるし、ACタップ周りもデスク周りも非常にとっ散らかってしまうわけですね。

 そこで2017年1月、この4台のハードディスクを1台にまとめるべくRAID 0/1/3/5/10対応の4ベイHDDケースLHR-4BRHEU3を購入し、4台の外付けハードディスクを1台にまとめることに。

 このケースは非常に優秀で、

  • 安い!(15,000円ほど)
  • RAID 0/1/3/5/10に対応
  • USB 3.0だけでなく、eSATA接続もできる

と、コスパはたいへん優秀です。

 耐久性だけは、まだ未知数(2017年1月に購入後、電源入れっぱなしで、2018年8月現在、ケースには全く問題なく今に至ります。とりあえず、ケース本体は壊れていません。)ですけどね。

 で、再生品の外付けハードディスクから取り出した3TBのドライブ4台を、LHR-4BRHEU3に突っ込みまして、RAID 10構成の6TB倉庫(以下、「RAID10」と省略)として使っていたわけです。

 で、2017年の夏に、2番のドライブ「ST3000DM001(製造年月は2014年12月)」がお亡くなりになったわけですね。しかし、RAID 10ですから、特に問題なく動作しています。

 このST3000DM001というドライブは、非常によく壊れることで有名なドライブでして、2年動作したのは奇跡に近いかもしれません。

 ST3000DM001の脆さを知っているなら、この2番のディスクが壊れた時点で、即交換すべき(ミラーリングしている1番が壊れたらデータは復旧不可)なのですが、忙しかったのと金欠なのとで交換を先延ばしにしているうちに、昨年の11月になって4番のディスク(ST3000DM003。製造年月は2015年1月)も壊れたわけですよ。

 これは、さすがにやばくね? いや、1番じゃなかったのが不幸中の幸い、と言うわけで、3TBのベアドライブST3000DM008を2台調達して、交換。その後、順調に稼働しておりました。

 しかし、昨日、この「RAID10」が、昼休みに席を離れているときに、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)からアンマウントされた(接続はUSB3.0)んですね。この勝手にアンマウントされるというのは、中のHDDに障害が発生しているサインでもあります。前回もそうでした。

 で、昨日は、RAID10の電源をOFFにして、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)につないだら、特に問題もなくつながりました。

 そして今朝。職場でお茶を入れに席を離れ、席に戻ったら、またRAID10がアンマウントされてます。で、4ベイHDDケースLHR-4BRHEU3のパネルをよく見ると、ほんのりERRORがオレンジ色に。

 前回もそうだったんだけど、これ、LEDが暗すぎて、ぱっと見気づかないのね。で、フロントドアを開けて、中を確認したら3番ドライブのLEDが赤く点灯。

Img_5998

 ↑こんな感じで、どのドライブが壊れているか、LED点灯で教えてくれます。(ほこりだらけですみません。ハードディスク交換時に掃除します。)

 さて、困ったのは交換用HDDの選定。

 前回、「ST3000DM001」系統の、つまり7,200rpmST3000DM008を2台調達したわけですが、今年の春にシーゲイトの3TB HDDが2TBプラッタで省電力化。その結果、7200rpmの3TB HDDは入手難に!で書いたように、後継製品のST3000DM007は、2プラッタ構成の5,400rmpにモデルチェンジしています。

 RAID 10構成で、回転数の異なるハードディスクの組み合わせは御法度なはず。

 こんなことなら、先月NTT-X Store が、エンタープライズグレードの7200rpm 3.5インチHDD東芝 MG03ACA300 を格安販売していたときに、複数台調達しておけばよかった、と思っても後の祭り。

 仕方ないので、4TBのST4000DM004を2台調達しました。こちらは、回転数 5,400rpmの4TB HDDです。

 7,200rpmのST3000DM008と組み合わせるには、回転数も違えば、容量も違います。あんたはアホか、と言われそうですが、3TB & 4TBの組み合わせも実験してみたいわけですよ。

 3TB & 4TBがうまくいったら、3TBも4TBに入れ替えて、4TB & 4TBにすることで、勝手に容量アップするのかどうかとか、興味ありません?

 というわけで、興味本位でST4000DM004を2台調達しました。

 ただし、調達先は「NTT-X Store 」です。NTT-X StoreのST4000DM004 の方が、7,980円(クーポン割引後)とお買い得だったのよ。

 NTT-X StoreのST4000DM004 が届いたら、さっそく換装してレビューしたいと思います。

 メーカーこそ同じだけど、容量も違えば回転数も異なるST3000DM008ST4000DM004。果たしてうまくリビルドできるのでしょうか?

 これでうまくリビルドできたら、3TB & 4TBを4TB & 4TBに換装(そのために2台買いました)して再リビルド、その後、容量がどうなるのか確認したいと思います。

 これをお読みの皆さん。うまくいくと思います? RAID 1のNASならうまくいきそうな気がするんですけど、RAID10のUSBハードディスクケースはどうでしょうね。うまくいったら儲けものなんだけどな。

2018年7月31日 (火)

【最大42%OFF】 アドビセール開催中! 8月3日まで!

 amazonが、【最大42%OFF】 アドビセールを開催しています。

 フォトショップ(Adobe Photoshop CC)とイラストレーター(Adobe Illustrator CC)が、レジで42% OFF

 20種類以上のAdobeソフトが使えるコンプリート版が、レジで20% OFFとなっています。

 新規に購入される場合、今回のようにセール時に買うのが一番お得ですが、すでにAdobe CC愛用中で、更新期限が2〜3ヶ月後に迫っている、なんて場合も、安いときに買っておくのがいいみたいですよ。

 使い続ける限り、ランニングコストが発生するサブスクリプション方式。ランニングコストを抑えるためにも、今回のようなセールを有効活用してくださいませ。

 と書いてる私は、未だにAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Macintosh版を愛用中。OSは、macOS Sierra 10.12.6ですが、私の使っている範囲内では、動作しています。

 買い切り制の最後のバージョンでしたが、買っておいてよかったのかな、やっぱり。しかし、これの中古を60万円で売ってる人がいるのね。旧バージョンの中古をそんな価格で買う人いる? それこそ、現行CCの方がお得じゃないの?

 【最大42%OFF】 アドビセールは、8月3日まで! 必要な方はお早めにどうぞ。

2018年6月26日 (火)

今月末も「タイムセール祭り」、始まりました!

 なぜか、今月末はひっそりと、そして48時間と過去最短期間なんですけど、始まってますよ、amazon タイムセール祭り

 例によってポイントが最大7.5%までアップするポイントアップキャンペーンもありますから、あらかじめこちらからエントリーしておきましょうね。

 今回のamazon タイムセール祭りは、いつになく短い! でもって、あまり告知されていないので、目玉が少ないのかなぁ?と危惧しておりますが、実際のとこはどうなんでしょうね?

 おいらはEWI5000を狙っておりますが、こちらamazon タイムセール祭りの対象商品になるのでしょうか? とりあえず、今日は対象じゃないみたいなので、明日に期待。

 対象じゃないとは言え、現在 79,480円で10%ポイント付くので、実質 71,532円。ポイントについては、ポイントアップキャンペーンでもう少し付くので、事実上 69,000円くらいと、そこそこお値打ちな価格になっています。

 できれば、ポイント還元前の支払額が 69,000円くらいになってくれれば、迷わずポチれるのですけどね。

 EWIについては、EWI USBEWI4000swと、すでに2本持ちなのに3本目が必要か?、って話なんですけどね。3本目なら、ローランドのAEROPHONE AE-10にした方が良さげな気もするんですが、こちらは今まで安くなったことがないから、ちょっと期待薄…

 おいらはEWI5000くらいしか、欲しいものはないのですけど、例によって「食料品やお酒」もお買い得価格になってますし、どんなものがあるのか興味がある方は「こちらのページ」からご確認ください。

 と書きながら、2,465円サントリー オールフリー 350ml×24本 オリジナルグラス+製氷器付)をポチッとな。

 サントリーオールフリーが1本あたり103円ですよ。しかも、この景品付きの方が、景品なしより安いという不思議。ま、製造年月日やら、いろいろあるんでしょうけどね。

 オールフリーと炭酸水で、ノンアルコール生活目指します。先週買った本麒麟が、まだ半ケースほど残ってるので、ノンアル生活はもう少し先になりそうですが。

https://amzn.to/2KnwCmu

2018年6月20日 (水)

プライムミュージックを聴くだけで「B&O play ワイヤレスイヤホン」や「Amazonギフト券1,000円分」が当たるよ!

 プライム会員なら、もちろんプライムミュージックを楽しんでおられることでしょう。

 また、4000万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedを楽しんでおられる方も多いかと。

 そんな方々にお得なお知らせ。

 amazonが、プライムミュージックAmazon Music Unlimitedを聴くだけで、B&O play ワイヤレスイヤホンAmazonギフト券1,000円分が当たるキャンペーンを実施中です。

 キャンペーンの参加方法は簡単です。

  1. こちらのページをamazonにログインした状態で見る
  2. プライムミュージックAmazon Music Unlimitedで曲を聴く

それだけで、自動応募となります。

 もちろん、このキャンペーンの対象者は、

である必要がありますが、30日間の無料体験中でも応募OKとのこと。

 なお、B&O play ワイヤレスイヤホンは、楽曲視聴日数が5日以上で応募となりますのでご注意!

 3万円もするB&O play ワイヤレスイヤホン、当たればラッキーですね。

2018年6月13日 (水)

Qi ワイヤレス充電機能を搭載した10000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081」が便利そう!

 RAVPowerが、Qi ワイヤレス充電機能を搭載した大容量10,000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081の販売を開始しています。

 RP-PB081は、

  1. 大容量10,000mAhのモバイルバッテリーでありながら、
  2. 5W Qi規格に対応しiPhone X / 8/ 8 Plusをワイヤレス充電可能
  3. ワイヤレス充電中、USB-Aポートから有線で他の機器への充電も可能
  4. 5V 2.4A AC充電器を使用すれば、RP-PB081本体を5.5時間で満充電可能
  5. 18ヶ月保証

が特徴のモバイルバッテリー。

 特筆すべきは、2. のQi対応のところ。

 つまり、iPhone X / 8/ 8 Plusユーザーは、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを、USB-ライトニングケーブルで接続しなくても、重ねておくだけで充電できるわけですよ。

 これ、机の上でももちろん便利ですが、鞄やバッグの中で充電するときも、すごく便利な気がしません? ヘアバンドとかサポーターとかで、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを重ねておけば、カバンの中で自然にワイヤレス充電できるわけですよ。

 RP-PB081の販売開始記念価格は3,999円ですけど、2018年6月17日(日)23:59までの期間限定で、会計時にクーポンコード「RPPB081D」を入力することで400円OFFで購入できるそうです。

 MacBook (Retina, 12-inch)も充電可能なUSB PD対応のUSB Type-Cポートを装備し、さらにUSBハブ機能搭載のモバイルバッテリーRP-PB059など、魅力的な製品を提供してくれるRAVPower

 RP-PB059は、おいらも愛用していますが、おいらの中ではRAVPowerは、Anker並みに信頼できるメーカーになっています。今のところはね。

 また、本日の特選タイムセールで、災害時に役に立つ100V出力を備えたRAVPowerのポータブル電源 2製品も8,096円からと、非常にお買い得価格になっています。興味のある方は、こちらをご覧ください。

【買ってはいけない!】BaseusのUSB PD対応を謳う「USB-C Lightningケーブル」

 この手の記事は滅多に書かないのですが、注意喚起を含めてご紹介。

 amazonが、本日のタイムセールで、BaseusのUSB PD対応を謳うUSB-C Lightningケーブルをお買い得価格で販売しています。

と、片側がUSB-C、もう一方のコネクタがライトニングコネクタのケーブルとしてはかなりお買い得価格です。

 ただしこのケーブル、PD(USBパワーデリバリー)対応を謳っていますが、カスタマーレビューを見る限り、また実際に測定された充電電圧と電流を見る限り、PD対応ではありません。

 さらにライトニングコネクタも、「Apple MFi認証」取得の記載がどこにもありませんから、iOSのアップデートで使えなくなる可能性も高いです。

 実際、商品ページには「ご注意:iOS 11.3以上のシステムでまだ高速充電に適用しておりません。」と記載されています。

 「まだ」とありますが、ファームウェアやmacOSのように、アップデート可能なわけじゃないでしょうから、現行製品は「まだ」でなく「将来も」高速充電には対応できないと思われます。

 そもそも、USB PD対応のACアダプタで高速充電できるiPhoneのモデルは、iPhone X / 8 / 8 Plusです。これら最新モデルのオーナーは、当然OSも最新の「iOS 11.4」にアップデート済みでしょう。

 となると、このケーブルでは、もう高速充電の恩恵にあずかれません。通常スピードの充電のみです。つまり、普通のライトニングケーブルと変わらないわけです。

 以上の理由で、いくらお買い得価格でも、このケーブルは買わないほうが良さそうです。

 現状では、「USB-C Lightningケーブル」は、高価ですが「Apple純正品」くらいしか選択肢がないのかもしれません。そのうち、「MFi認証」も「USB-IF認証」も、どちらも取得したケーブルがサードパーティから販売されるかもしれませんが、今のところそのような製品は見当たりません。もしあるなら、誰か教えてくださいませ。

 なお、2018年発売予定の新型iPhoneは、ライトニングコネクタを装備し、18Wの充電器が標準添付されると噂されていますが、来年2019年販売のiPhoneから、コネクタがUSB-Cになる!という噂もあります。

 となると、製品寿命の短い「USB-C Lightningケーブル」が、サードパーティから出る可能性は低そうですね。

2018年5月31日 (木)

本日午後6時から「Amazonタイムセール祭り」、始まります!

 本日(2018.5.31)、午後6時からAmazon タイムセール祭りが始まります。

 例によって、最大8.5%ポイントアップキャンペーンも同時開催されていますので、買い物予定の方は、エントリーしておきましょう。エントリーすると言っても、amazonにログインした状態で、こちらのページにアクセスするだけですが。

1112552_78_610x480_cb477153284_

 今月は自動車税を納付したばかりなので、お財布はすっからかんなわけですが、ビールやら発泡酒やらをウォッチリストに登録。

 明日から6月。梅雨間近というのはわかっているんですけど、今日も雨で湿度が高くて不快指数はMax。ダイエットもあるんで、アルコールは控えようと思うんですけど、こう暑いとねぇ。夕食時のビール(正確には発泡酒ですが)はやめられません。

 先日は、ビールを我慢して炭酸水を1ケース買ったんですけど、3日ほど「炭酸水」で乗り切れば、別にビールや発泡酒じゃなくてもよくなるかもしれません。夕食時に缶をプシュッと開けるのが、習慣になっちゃってるんで、3日間我慢できたら「炭酸水」に完全切り替えできそうな気がするんですけどね。

 来月から、仕事のストレスはかなり減る予定なので、ウォッチリストに登録したビールは登録解除して、「炭酸水」を買い増ししようかな。とりあえず体重も、5kgは落としたいし。ストレスの少なくなる(予定の)6月は、ダイエットのチャンスなのよね。

 と、うだうだ書いておりますが、念願のKONTAKT 5(サンプラー)を購入しました。今朝、起きたらNative Insturments半額セールが勃発しておりましたので。予定より1日早いセール突入。

 KONTAKT 5は、通常 49,800円もする高価なサンプラーです。

 しかし、ヘッドホンで有名なドイツはゼンハイザー(Sennheiser)が無償配布しているDrumMic’aというドラムプラグインを所有していれば、高価なKONTAKT 5をクロスグレード価格 31,800円で購入できるんですね。

Drammica

 しかも、昨日から半額セールが勃発しておりますので、たったの15,900円KONTAKT 5が手に入るんです。

 さらに、この「KONTAKT 5 Crossgrade」を持っていると、45製品、13,000以上のサウンド、155 GBにも及ぶインストゥルメントとエフェクトを含む統合音楽制作環境NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ / KOMPLETE 11(定価 69,800円)」が、アップグレード価格の44,800円で購入できるようになります。

 でもって、先ほどの半額セールがここでも効いてきまして、44,800円じゃなく、たったの22,400円NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ / KOMPLETE 11をゲットできるわけですね。

 つまり、69,800円のNATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ / KOMPLETE 11が、15,900円+22,400円=38,300円で購入可能なのが、今!なんです。

 ただ、「KOMPLETE」につきましては、近いうちに「KOMPLETE 12」がリリースされます。ですから、今すぐに「KOMPLETE 11」が必要!という方以外は、「KOMPLETE 12」がリリースされてから、アップグレードされた方が良いでしょう。私は、そうする予定です。

 例年なら、秋にブラックフライデーで、またまた50% OFFセールをやるのが、Native Insturmentsですから、大至急 Kompleteも必要というわけでなければ、待った方がよろしいかと。

 話が、Amazon タイムセール祭りからすっ飛んでしまいましたが、DrumMic’aの入手方法は、あとでブログにまとめます。簡単なアンケートに応えるだけなのですが、ドイツ語なんでちょっと手ごわいかも。

 ブラウザをChromeにすれば、日本語に訳してくれるので、アンケートも問題なく応えられると思いますけどね。

2018年4月19日 (木)

Amazon Basic カメラ関連用品がお買い得!

 本日の特選タイムセールで、Amazon Basic カメラ関連用品がお買い得になっています。

 デジタル一眼レフユーザーには必須のカメラバッグ、防湿庫(ドライボックス)や、三脚、一脚、レンズ保護フィルター、ポータブルフォトスタジオ、フラッシュ(スピードライト)等々、お買い得商品多数。

 さらに、ポータブルを含むオーディオ関連のケーブル類やニッケル水素電池もお買い得です。値段の割に高品質なAmazon Basic製品。同じ買うなら、セール時に買っちゃった方がさらにお得ですよ。

 セール対象商品は、こちらをご覧ください。

2018年3月23日 (金)

「amazon タイムセール祭り」、本日午後6時から!

 amazonが、本日午後6時からamazon タイムセール祭りを開催すると予告しています。

 同時に、最大7.5%にポイントアップするポイントアップチャンス事前エントリーページも公開中。

 amazon タイムセール祭り対象商品の一部は、すでに見ることが可能です。興味のある商品があれば、ウォッチしておきましょう。

 私は、3TB HDDのSeagate ST3000DM007/Aとか、8TBのSeagate ST8000DM004とか、500GB SSDのSamsung 860 EVO MZ-76E500B/ECとかをウォッチ中。

 ほかにも「食品」や「お酒」も、いくつかウォッチ中。買う買わないは、価格次第ですけどね。

 例によって目玉商品も出てくるでしょうし、今日は早めに帰って、価格チェックすることにします。

2018年3月 9日 (金)

シーゲイトの3TB HDDが2TBプラッタで省電力化。その結果、7200rpmの3TB HDDは入手難に!

 Macをお使いなら、システムはSSD、倉庫はHDDという方が大部分と思います。

 最近のMacの場合、SSDはNVMe接続で速さを極めてますし、HDDは大容量化&低価格化で倉庫の用途にはもってこいです。

 そのハードディスクですが、シーゲイトのデスクトップ用3TB HDDがST3000DM007/Aにモデルチェンジしています。

 前モデルのST3000DM008までは、3プラッタ6ヘッド構成だったのですが、ST3000DM007/Aから、2プラッタ4ヘッド構成となりました。

 データ転送速度に直結する回転数は、7200rpmから5400rpmに低下。その代わりキャッシュ容量は64MBから256MBに増えています。

 プラッタの高密度化とキャッシュ容量の増加にもかかわらず、最大転送速度は185MB/sと前モデルの210MB/sより低速化。その代わり省エネ&薄型化(-6mm)とされています。

 3プラッタのST3000シリーズは、悪名高い「ST3000DM001」から始まったのですが、こいつはAppleがリコールした曰く付きの製品。ファームウェアに問題があり、その壊れっぷりの見事さは、故障率150%(故障で返品、RMAで交換したのも壊れる)とも言われました。

Blogdrivefailurebymanufacturer1_2

 前モデルのST3000DM008は、ファームウェアは別物になっていますけれど、ハードウェア的には壊れやすかった「ST3000DM001」の流れをくむモデル。

 一方、2プラッタのST3000DM007/Aは、WDの4TBより評判の良かったST4000DM004と同じ2プラッタ4ヘッド構成で、信頼性や耐久性にも期待したいところです。

 期待したいところではありますが、7200rpmの3TB×4発でRAID 10を組んでいるおいらの場合、このRAID 10を構成している「ST3000DM001」が壊れたら、交換するHDDが手に入らないってことじゃない?

 今後、7200rpmのST3000DM008は入手難&高価になるでしょう。RAID 10環境で7200rpmと5400rpmの混在って、誰が考えてもお勧めできませんよねぇ。

 ま、こういう心配は実際に壊れてからすればいいんですけど、何と言っても2014年末ごろ製造の「ST3000DM001」がまだ2台入ってますからね、うちのRAID。いつ壊れてもおかしくありません。

 今のうちに7200rpmの3TBを確保しておくべきか、ブログネタとして7200rpmと5400rpmの混在環境で人柱〜するか。面白いのは、多分後者だと思うんですけどね。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ