隠れJTマーヴェラスファンページ

旅行・地域

2019年5月16日 (木)

メッセンジャーバッグの定番「ティンバックツー(TIMBUK2)」が半額!

 自転車通勤のビジネスマン御用達。メッセンジャーバッグといえばティンバックツー(TIMBUK2)なわけですが、本日の特選タイムセールで、なんと半額!になっています。

 自転車に乗らない人も、大容量のカメラバッグや旅行・出張時のバッグとしても重宝しますよ。私も、MサイズとLサイズの2個を愛用中

 もうすでに7年ほど使っているわけですが、いまだどこもくたびれることなく、色あせることなく、強度の高いバリステックナイロンは擦り切れたりほころびたりすることもなく、完璧な状態を維持しています。

 本日の特選タイムセールでは、メッセンジャーバッグだけでなく、バックパックやローラー付きスーツケースのコパイロットローラー、ノートPC用のスリーブケースも半額になってますから、購入を考えていた方はこの機会にぜひ!

 モノとしての丈夫さと、便利さは保証します。メッセンジャーバッグのフラップにベルクロ(マジックテープ)が使われているのですが、開けるたびにベリベリと音がするのだけが、唯一の欠点。ま、支払いは俺にまかせろ〜の財布じゃないので、このあたりは利便性優先で目を瞑らないと仕方ないのかも。

2019年4月 3日 (水)

USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能な「RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159」がクーポン適用で20% OFFに!

 USB PD 45wでMacBook Proにも充電可能なRAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159(7,599円)がクーポン適用で20% OFFの6,079円で購入可能です。

Img_7177

Img_7179

 RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh RP-PB159は、

仕様

  • サイズ:約160 x 78.5 x 23mm
  • 重量:400g(本体)
  • バッテリー容量: 20100mAh / 72.36Wh
  • 出力ポート: 2 ( USB-A × 1 , USB-C × 1 )
  • 入力ポート: 2 ( Micro USB × 1 [QC対応] , USB-C × 1 [PD対応] )
  • USB-C出力: PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A, 最大45W
  • USB-A出力: 5V/2.4A , 最大12W
  • 最大出力: 45W (USB-Cポート単独使用時の出力)
  • 最大同時出力: 30W [USB-Cポート] + 12W [USB-Aポート] (USB-Aポート及びUSB-Cポートから同時に出力する場合、安全性のためにUSB-Cポートからの出力は30Wに制限されます)
  • USB-C入力 : PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 15V/2A, 20V/1.5A, 30W Max
  • Micro入力: QC 5V/2A, 9V/2A, 18W Max

上記仕様表をご覧いただければお分かりの通り、出力ポートとしてUSB AポートとUSB Cポートを各1個搭載し、USB Cポートは最大45WのPower Deliveryに対応。つまり、USB Cポート搭載のMacBook Proも充電できる容量20,100mAhのパワフルなモバイルバッテリーです。

 また、20,100mAhと大容量なだけに気になる当モバイルバッテリーへの充電ですが、こちらもUSB-Cポートから充電することにより、3.5時間で満充電が可能となっています。保証期間は18ヶ月ですが、ユーザー登録することで、さらに1年間保証期間が延長され、30ヶ月保証となります。

 高性能で大容量なぶん、価格は7,599円とお高めですが、今回は会計時にクーポンコード「RPB15903」を入力することで、20% OFFの6,079円で購入可能。

 MacBookとiPad Proをお使いの方には、最強のモバイルバッテリーですね。なおクーポンコードの有効期限は、4月7日まで。必要な方はお急ぎくださいませ。

 なお、RAVPowerというメーカーは、USBハブ機能を搭載した20,100mAhのUSB PD対応モバイルバッテリーRP-PB059も販売しています。なかなか技術力のあるメーカーと思っています。私も愛用していますが、USBハブ機能搭載のこちらのモバイルバッテリーもオススメです。

 

2019年2月19日 (火)

アディダス ディーラプト [DEERUPT RUNNER]のレビュー!

 ここのところニューバランスばかり履いていたのですが、もうすぐ春。春らしいスニーカーを1足と思って購入したのがこちら。

Img_6966

 adidas(アディダス)ディーラプト [DEERUPT RUNNER]です。

 カラーは、ハイレゾアクア F18。春・夏にぴったりなカラーでしょ? 製造はインドネシアです。

 ただいまセール価格でお値段、5,292円とかなりお手頃。私は「ニュースレター」でお知らせの来た「シークレットセール」で、50% OFFの2,646円!で買いました。

 公式Webから、メルアドを登録して「ニュースレター購読」すれば、10% OFFクーポンがもらえますし、30% OFFの「ミッドナイトセール」や50% OFFの「シークレットセール」の通知も来ます。

 定価の50% OFFじゃなく、セール価格の50% OFFですから、ディーラプト [DEERUPT RUNNER]が2,646円とかとんでもない価格になるわけです。

 今、アディダスといえばYEEZY BOOSTなんでしょうけど、今回ご紹介しているお手頃価格のシューズもいい感じですよ。

 ディーラプト [DEERUPT RUNNER]の特徴は、ご覧の通りの網目。グリッド・格子ですね。アッパーは、伸縮性に富んだ素材のソックライナーで、さらに網目状のカバーリングデザイン。

 アッパーは、足の形に非常に良くフィットします。

Img_6960

Img_6962

Img_6964

Img_6968

 色違いのシューレース(黒)がもう1セット付属しています。シューレース1本で雰囲気を変えることができますからね。これはありがたいサービス。

Img_6970

 ミッドソールもグリッドデザイン。

Img_6972

 特徴的なかかと部。ソックスを履くような感じで、シューズを履きます。

 一般的なスニーカーは、かかと部分はヒールカップといいまして堅い素材でがっちりホールドするように作られていますが、ディーラプト [DEERUPT RUNNER]は全然違います。芯はなくて、かかと部に取り付けられた黒のリフレクター素材が芯の代わり。

 そのため、かかと部のホールド感は、普通のシューズとは全く違う感じです。これを頼りないと感じるか、軽いと感じるか。

 このような構造、そして伸縮性のあるアッパー素材での構成を考えると、ジャストサイズで履いて初めてピタッとはまる靴と言えるでしょうか。

 ルーズなサイズで履いてしまうと、足がシューズの中で前後に動くだけでなく、かかとも浮いてしまいそうです。

 ソックスのように履くタイプなので、ジャストサイズにすると履いたり脱いだりが少々面倒になります(特に甲高の方)が、それでもやはりジャストで履きましょう。でないと、このシューズの良さは分からないかも。

 あと、かかと部に芯もない、伸縮性に富んだアッパー素材と言うことで、シューズ自体はぺったんこにして収納できます。ほぼ、ソールの厚みだけという感じですね。これ、旅行用に持って行くスニーカーとしてもいいですよ。

Img_6974

Img_6976

Img_6978

Img_6980

 履いてしまえば見えない部分ですが、アウトソールも格子模様。

Img_6982

 私の足は足長 276mm、足囲 269mm、ギリシャ型。JISの紳士靴でいうと、27.5cm EEEあたりですが、28.5cmを買いました。

 このサイズでかかと部に足を付けると、一応捨て寸は、あります。もっとも、この伸縮性に富んだ素材だと、捨て寸は不要かもしれません。

 シューホーン(靴べら)を使って履いて、シューレースも結んで(スリッポンなので、靴紐は飾りというかデザインでしょうが。)、10kmほど軽くウォーキング。

 最初、かかとのサポートが少々心配だったのですが、特に問題もなく13,000歩ほどのウォーキング完了。親指の付け根や小指の腹等、圧迫を感じるところなし。痛みもなし。心配していたかかとの靴擦れも一切生じませんでした。

 履き心地はアッパー全体や柔らかく快適。ミッドソールは写真でおわかりの通り、非常に分厚く(しかも、軽い!)クッション性も十分。膝が痛くなったり、足首が痛くなったりということもありませんでした。

 これ、なかなかいいですね。足の締め付け感がないので1日中履いていても大丈夫。夕方、足がむくみやすい方には特におすすめ。

 あまりの締め付け感のなさに、もうハーフサイズ落とした方がいいかも?、と思ってしまいますが、ハーフサイズ落とすと、靴べらを使っても履けないかも。

 このあたりがソックライナー方式のシューズの難しいところかな。履き口まわりも伸縮性があれば、さらに履きやすくなると思うのですが、耐久性を考えると難しいのかも。

 あとはシューズ全体の耐久性ですが、伸縮性のある素材だけにちょっと心配なところ。これは履き込んだらまたレビューします。

 圧迫感のないシューズをお探しの方。adidas(アディダス)のディーラプト [DEERUPT RUNNER]、おすすめです。カラーも豊富ですよ。

リュックスタイルにもなる「FILAの3Wayボストンバッグ」のレビュー!

 先日、クーポン適用で3,480円で購入できるFILAの3Wayボストンバッグを紹介しましたが、届いておりますので、容量等について簡単にレビュー。

 手提げのボストンとしても使えますし、ショルダーベルトを使ってメッセンジャーバッグのように肩掛けもできますし、リュックのように背負うこともできます。

714enyxgzbl_ul1200_

 サイズは、W60×H28×D28(cm)で、計算上 45Lほどの容量でしょうか。素材はポリエステルで660gと軽量です。

 製造は中国。裏がビニールコーティングされたポリエステルの生地は、十分な強度を持っていそうです。

 デザイン的には、↑の画像の通りで、ま、こんなもんでしょう。

 背負ったときに、手提げのハンドル部分が不快に感じるかと思いましたが、特に問題はありませんでした。

 で、容量ですが、

Img_6937

バッグの中に詰め物をされたわけでもなく、折りたたまれた状態で到着。ファスナーを開けると、シリカゲルが2個登場。

Img_6946

 手元にあったMacBook Pro (15-inch, Mid 2012)、EWI4000S、ごつめのモニターヘッドホン「beyerdynamic DT770 Pro」などを入れてみました。

Img_6954

Img_6956

Img_6958

 誰にでも馴染みのあるもので、ということでNew Balanceのスニーカー M1500の箱です。さらにBang & Olufsenのヘッドホン「FORM 2i」の箱に、ポータブルSSD「サムスン T5」の箱。

 スニーカーは、US10.5という巨大サイズ。その箱を入れても、↑の程度なので、だいたいのイメージはつかんでいただけるでしょうか。

 ジム用だけでなく、2泊くらいの遠征や、楽器練習のスタジオ通い(EWIだけだとたいしたことないですが、MacBookやらモジュラーシンセやらエフェクターやらを含めると意外とかさばったりするので。)にも使えます。

 カラーは、

  • グレー
  • ネイビー
  • ブラック
の3色展開。

 他メーカー製の同じようなボストンバッグは、5-6千円しますので、FILAの3Wayボストンバッグの3,980円はお買い得に思います。

 ただ、中の仕切りがないので、パッキングするにはオーガナイザーを使うとか、つねにジャージーやパーカ、トレーナーを丸めて入れておくとか、そんな感じで使わないと、普段の荷物が少ない人には、明らかにオーバーキャパと言えそうです。

 また、ダウン等で厚着をしているこの時期、リュックとして使うと「肩紐」部分がねじれやすいですね。ねじれると、そこから糸切れする可能性もあるので、少々心配です。

 あと、手提げ、ショルダー、リュックの3ウェイと欲張ったので、紐というかベルトがいっぱいで邪魔。ファスナーの開け閉めにも支障があるくらい邪魔。

 ま、以上の短所は、購入価格を考えれば納得できますが、もう少し使い勝手のいいようデザインしてほしいものですね。

2019年2月16日 (土)

リュックスタイルにもなる「FILAの3Wayボストンバッグ」が3,480円とお買い得!

 仕事帰りにジムに寄る方も多いと思いますが、そんな方のためのリュックスタイルにもなるFILAの3Wayボストンバッグ3,480円(クーポン適用後)とお買い得になっています。

 普通に手提げのボストンとしても使えますし、ショルダーベルトを使って肩掛けもできますし、リュックのように背負うこともできます。

714enyxgzbl_ul1200_

 サイズは、W60×H28×D28(cm)とのことなので、45Lほどの容量でしょうか。素材はポリエステルで660gと軽量です。

 容量的には、ジム用だけでなく、2泊くらいの遠征や、楽器練習のスタジオ通い(EWIだけだとたいしたことないですが、MacBookやらモジュラーシンセやらエフェクターやらを含めると意外とかさばったりするので。)にも使えそう。

 カラーは、

  • グレー
  • ネイビー
  • ブラック
の3色展開。私は、グレーをポチッとな。

 こちらのページ中ほどの「キャンペーンおよび追加情報」に、

  • 神戸のリュック・バッグ専門店PREX(プレックス)から対象商品を1個以上お買い上げになると、¥ 500割引になります。 レジでコードGZ19FEB2を入力してください。

とあるように、神戸のリュック・バッグ専門店PREX(プレックス)から購入すれば、会計時にクーポンコード「GZ19FEB2」を入力することで500円OFF、つまり 3,980円のボストンバッグを3,480円で購入できる仕組みです。

 なお、FILAの3Wayボストンバッグは複数の販売店が扱っておりますので、神戸のリュック・バッグ専門店PREX(プレックス)から購入してくださいね。500円オフになるのは、神戸のリュック・バッグ専門店PREX(プレックス)からの購入分のみですよ。

 発送は、amazonの倉庫からなので、明日には届く予定。

 クーポンの使える期間は2月19日までですが、クーポンコードの数にも限りがあるようですので、必要な方はお早めにどうぞ。

2019年1月10日 (木)

軽い山歩きや雨の日のスニーカー通勤にも使えそうなNew Balance 「MH574 OAA」のレビュー!

 年末から新年にかけて、スニーカーを何足か買いました。

 ここのところ、ずーっと英国製グッドイヤーウェルト製法の革靴ばかりだったので、久しぶりのニューバランス(new balance)の履き心地の良さ、歩きやすさ、疲れにくさに感激したわけですね。

 年末に購入したのは、お高いUSA製のM990v4が2足、UK製のM1500が1足。お高いと言っても、セールのお買い得価格で買ってます。もし、定価通りでこの3足を買えば9万円ですよ。スニーカーに9万円は、ちょっと無理。

 で、新年になりまして、雨の日も気にせず履けるのも1足買っておこうとなりまして、雨の日用→本革製に防水ジェル塗ればいいんじゃない?→本革製は高いので、価格を抑えるために安価なアジア製、ということで行き着いたのが、こちらの「MH574 OAA」。

 本当は、CANYONと呼ばれるキャメルカラーのMH574 OADが欲しかったのですが、マイサイズがなかったので、CASTLEROCKと呼ばれるグレーになりました。

Img_6667

Img_6669

Img_6671

Img_6673

Img_6675

Img_6677

Img_6679

Img_6681

 といった感じでの、ミドルカットモデルです。

 アッパーはほぼ本革。スムースレザー製です。一部、ファブリックも使われていますが。

 ミドルカットモデルですが、シューホールは上2つがホールではなく、フックになってますので、履いたり脱いだりというのもそれほど苦にはなりません。

Img_6683

 山歩きにも良さそうなソール。ENCAP採用ですから、履き心地はM1500同様です。というか、なぜかM1500より柔らかいです。

Img_6685

Img_6687

Img_6691

 M990v4のように360度反射素材が使われているわけではなく、落ち着いた印象。悪く言えば地味。

 本革の質感ですが、画像がかなりリアルに写っていますので、そのあたりで評価してください。高級感はないかな? スニーカーですから。でも、[コロニル] 防水ジェルをたっぷり塗って、雨の日仕様にするには十分。

 私の購入価格は、8,565円でした。アッパーが本革とは言え、ベトナム製ニューバランスも高くなりました。

Img_6689

 履き口は、フェルトのような素材。シュータンも含め、モノトーンでまとめられており、おっさんにはなかなか良い感じです。

 2018年秋・冬モデルだけあり、暖かいです。フェルトのようなインナーが効いているのでしょう。

 肝心のサイズ感ですが、アジア製の574(ML574に限らず、M530等500番台モデルはすべて小さい)は、USA製、UK製の各モデルに比べるとわずかに小さいですね。長さ方向も横方向も。同じアジア製でも、MRL996は小さくないのですが。

 しかし、ハーフサイズも小さいかと言われると、そこまでではないかな、と思います。逆にかかと小さめ、土踏まずも絞り気味というわけで、若い人にはMRL996よりこちらの方が合っている、という人も多いかと。。

 足長 276mm、足囲 269mm、ギリシャ型の私が購入したのは、US 10.5 D。これが私にはジャストサイズと思われます。MRL996だと、US 10でも大きすぎるんですけどね。

 ただ、右の小指の第1関節の脇が、ちょっときつめに当たってる気がします。もうしばらく履いてみて、小指にたこができるかどうか検証します。

 足の小指と言えば、日本人は多くの人が関節が2つしかないそうです。親指と同じですね。外人は、小指も3つ関節があるそうですが。

 話が逸れましたが、ベトナム製本革仕様のニューバランスも、なかなかおすすめですよ。ML574も含め、オール本革仕様はメッシュのモデルに比べると少々高めですけど、満足度は高いんじゃないでしょうか。大人のスニーカーとしては、オールレザー製、あるいはオールスエード製のニューバランスがおすすめです。

2018年6月19日 (火)

キャンプ・バーベキューにもそして防災用にも。「ポータブル電源」がお買い得!

 昨日の地震、特に関西の方々、被害はありませんでしたか? 被災された方には、心からお見舞い申し上げます。

 うちの周りは友人知人、知る限り怪我等はなかったようです。

 ただ、新幹線と私鉄が動いたのは早かった(特に、台風の大雨による地下駅水没や線路流失以外ではそうそう止まらない京阪京津線と、今まで止まった記憶がない京阪石坂線最強。)のですけど、JRは京都線・琵琶湖線は午後10時ごろようやく運転再開。

 ということで、仕事に支障が出た方、帰宅が大変だった方も多くおられるようです。

 今朝もまだ、JR京都線・琵琶湖線は遅れも出てますし、運転見合わせ区間もあるようです。

 大阪北部のコンビニでは、飲料水やカップ麺、レトルト等が売り切れたとの話でしたが、おいらの職場近辺のコンビニは、昨日、こちらまでたどり着けなかった人多数で仕事帰りにセブン-イレブンに寄りましたが、商品は潤沢でした。

 しかし、普段から備えておかないといけませんね、飲料水とか非常食とか。

 あと、停電時に心強いのがポータブルバッテリー

 ポータブルバッテリーというのは、iPhone等の携帯を充電するモバイルバッテリーとは異なり、インバーターを内蔵し100V出力できる、あるいはインバーターを接続することである程度の時間100V出力も可能な大容量のバッテリーです。

 私も何度かご紹介した鉛蓄電池タイプ(安いけど重い。)のメルテック SG-3500LEDを愛用(すでに5年目)しております。

 こいつは鉛蓄電池タイプなので、使わなくても1ヶ月に1回は充電してバッテリー上がりを防ぐ等、メンテナンスは必要ですが、交換用のバッタリーも安く購入でき、重さ(8.5kg)が気にならなければ、使い勝手の良い製品です。

 軽い方が良い、というのであれば「リチウムイオン電池タイプ」になりますが、この手の製品は「リチウムイオン電池の寿命」=「ポータブル電源の寿命」であることに注意が必要です。

 鉛バッテリーのように、交換用のリチウムイオンバッテリーとか、売ってないですからね。

 それでも、評判の良い製品もありまして、例えば本日のタイムセールでお買い得価格になっている

  1. iMuto M5 185Wh/50000mAh・・・13,506円
  2. iMuto M10 ポータブル電源 372Wh/100500mAh・・・22,666円

とかね。

 容量の少ないiMuto M5 185Wh/50000mAhでも、ENGEL エンゲル ポータブル冷蔵庫を8時間動かせるとカスタマーレビューにありますので、

  • 災害時はもちろん
  • 車中泊のお供や
  • バーベキュー・キャンプのお供

として、使いまわせそうです。

 ただ、M5、M10両モデルとも、インバーターは内蔵していませんので、100V出力が必要であれば別途インバーターが必要になります。

 大容量とはいえ、電子レンジやドライヤーが使えるわけじゃありませんから、12V仕様のポータブル冷蔵庫や車中泊用電気毛布の電源、ノートPCの充電程度といった使い方なら、インバーターは不要ですけどね。

 インバーターのことも考えると、確かにリチウムイオンバッテリータイプの軽さは魅力的だけど、鉛バッテリータイプのメルテック SG-3500LEDの使いがっての良さは、やはり頭一つ抜きん出ているのかも。クルマのバッテリーが上がった時のジャンプスターターとしても使えるしね。

2018年6月13日 (水)

Qi ワイヤレス充電機能を搭載した10000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081」が便利そう!

 RAVPowerが、Qi ワイヤレス充電機能を搭載した大容量10,000mAhのモバイルバッテリー「RP-PB081の販売を開始しています。

 RP-PB081は、

  1. 大容量10,000mAhのモバイルバッテリーでありながら、
  2. 5W Qi規格に対応しiPhone X / 8/ 8 Plusをワイヤレス充電可能
  3. ワイヤレス充電中、USB-Aポートから有線で他の機器への充電も可能
  4. 5V 2.4A AC充電器を使用すれば、RP-PB081本体を5.5時間で満充電可能
  5. 18ヶ月保証

が特徴のモバイルバッテリー。

 特筆すべきは、2. のQi対応のところ。

 つまり、iPhone X / 8/ 8 Plusユーザーは、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを、USB-ライトニングケーブルで接続しなくても、重ねておくだけで充電できるわけですよ。

 これ、机の上でももちろん便利ですが、鞄やバッグの中で充電するときも、すごく便利な気がしません? ヘアバンドとかサポーターとかで、モバイルバッテリーRP-PB081とiPhoneを重ねておけば、カバンの中で自然にワイヤレス充電できるわけですよ。

 RP-PB081の販売開始記念価格は3,999円ですけど、2018年6月17日(日)23:59までの期間限定で、会計時にクーポンコード「RPPB081D」を入力することで400円OFFで購入できるそうです。

 MacBook (Retina, 12-inch)も充電可能なUSB PD対応のUSB Type-Cポートを装備し、さらにUSBハブ機能搭載のモバイルバッテリーRP-PB059など、魅力的な製品を提供してくれるRAVPower

 RP-PB059は、おいらも愛用していますが、おいらの中ではRAVPowerは、Anker並みに信頼できるメーカーになっています。今のところはね。

 また、本日の特選タイムセールで、災害時に役に立つ100V出力を備えたRAVPowerのポータブル電源 2製品も8,096円からと、非常にお買い得価格になっています。興味のある方は、こちらをご覧ください。

2018年6月 6日 (水)

USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)などを30wで高速充電可能なUSB充電器「Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery」がお買い得!

 amazonが、本日のタイムセールで、USB PDに対応しMacBook (Retina, 12-inch)などを30wで高速充電可能なUSB充電器Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery3,297円で販売しています。

 私も愛用していますが、私の購入した初期モデルは、20V/1.5A出力時に、20V/2.25A供給していると誤った信号を出すモデルだったのですが、現在のモデルでは改修されており、正しく20V/1.5A出力の信号を出すようになっています。

 Anker PowerPort+ 5 USB-C Power DeliveryのUSB PDは、もともと最大30W出力にもかからず、繋がれた機器に45W出力と伝えていたわけですね。

 私は、29WのACアダプターで充電できる「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」を使用していますから、Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryの最大30W出力であれば、最短時間で充電完了となります。

 なお、85WのACアダプターが付属する「MacBook Pro (Retina, 15-inch」でも普通に使えているというカスタマーレビューがありますので、現行のUSB PD充電可能なノート型Macは12インチモデルから15インチモデルまで、すべて充電OKな可能性が高いですね。

 Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryには、最大30W出力のUSB PD対応USB Type-Cポートのほか、合計30W出力可能なUSB Type-Aポートが4個ついています。

 なお、Type-AポートはPowerIQ搭載で、1ポートあたり最大で2.4A出力。

 つまり、MacBook (Retina, 12-inch)を充電しつつ、iPhoneやiPadも充電可能なわけ。Appleユーザーなら充電器は、もうこれ1個でいいでしょ!って感じですね。

 購入予定だった方は、少しでも安くなっているこの機会にどうぞ。

2018年5月 3日 (木)

ライブのお供に防振双眼鏡「キヤノン BINO8×25IS」を買った!

 今月、ライブに行くわけですよ。基本、在宅なんで現場には行かないんですけど、たまにはね。

 今回参戦するのは、↑のJuice=Juice。特に推し!というわけじゃないんですけど、℃-uteが解散した今、一番レベルの高い歌とダンスを楽しめそうだったので。いえ、もちろん鈴木愛理も期待してるんですけど、先月の愛理のチケットは、はずれちゃったのでorz

 Juice=Juiceの中で異彩を放つのが、暴君かなとも(金澤朋子)。そういや、バースデーイベントでもこの曲、一人で歌ってましたね。

 暴君と呼ばれたり、ローズクオーツと崇められたり、色々忙しいかなともですけど、元々はドルヲタの彼女。こちら側から、あちら側の世界へ行ってしまった稀有な存在です。こちら側にいた頃の動画がこちら。

 Fairiesより、素人さんの「かなとも」が映っている時間の方が長いというこの映像。そして、ステージ真正面、最前列に早くから陣取るかなとも、さすがです。

 前振りはこのくらいにして、本題です。

 コンサートやライブの現場用、観劇用として非常に評判の良い双眼鏡を買いました。

 いや、凄いね。双眼鏡すら手ぶれ補正の時代ですよ。購入したのは、防振双眼鏡(手ぶれ補正の双眼鏡)の中では、最小・最軽量・最安のCanon 8×25IS

 もう設計が古いので、そろそろモデルチェンジして新しいのが出そうなんですけどね。でも、古いぶん、手ぶれ補正の効く双眼鏡としては、最安の2万7千円。

 8倍という倍率は、最低ラインの倍率です。さいたまスーパーアリーナやドームとかじゃ10倍以上が欲しくなるでしょうね。でも、今回のNHKホールくらいなら、8倍くらいでちょうどいい。

 双眼鏡の倍率8倍というのは、100m先のものが12.5m先のように見えるということです。倍率10倍だと、100m先のものが10m先にあるように見えるわけですが、この2.5mの差をどう考えるかですね。

 ちなみに、8倍のCanon 8×25IS2万7千円前後ですけど、10倍の「10×30 IS Ⅱ」だと53,790円。12倍の12×36 IS Ⅲだと87,000円もします。

 会場は常にドーム規模とかのジャニヲタさんであれば、10倍や12倍、さらに高倍率も必要でしょうが、ハロプロの場合は、8倍で十分かなぁ。横アリや武道館の天井席なら、10倍、12倍も欲しくなるかもですが。

 あと、倍率が上がり、対物レンズの有効口径が大きくなると、双眼鏡本体も大きく重くなりますから、ちょっと山歩きとか小旅行とかで、双眼鏡を持ち出すのも億劫になります。

 とりあえず、山歩きや小旅行でも苦もなく持ち歩ける防振双眼鏡としてCanon 8×25ISは、その汎用性を考えれば、設計は古いですけど価格も含め、現状一番オススメのモデル。

Img_5769

Img_5773

 設計が古いので、手ぶれ補正を動作させるバッテリーはCR123A。1本300円くらいですね。この電池、昭和の時代のレンジファインダーカメラ、例えば「ヤシカ エレクトロ35 CCN」とかにも使われていました。

Img_5778

 本体はプラスチッキーで安っぽいです。

 このプラスチッキーさは、Appleの初のデジカメ「QuickTake」に通じるものがあります。

 ずんぐりむっくりでデザインはアウトですね。そもそも、キヤノンはカメラも、パンストを被った銀行強盗(2000年のフィルムカメラ EOS 1V)みたいだったりと、デザインはいけてる会社じゃありません。QuickTakeもカッコ良くはなかったけどね。

Img_5784

 対物レンズ側から見ると、さらにブサイクですね。

 バッテリーを入れて使ってみました。視度補正問題なし、ピント調整も問題なし、手ぶれ補正もよく効きます。明るさも十分。

 8倍程度で手ぶれ補正は不要とも聞きますが、遠くの看板の字が読めるとか、クルマのナンバーが読めるという現実の前には、手ぶれ補正不要論は無力です。

 Canon 8×25ISは、軽いとはいえ500gあります。でも、ネックストラップが付いてますから、首から下げておけばそれほど重さを感じることもないかと。

 改善要望は、

  • 設計が古いので、そろそろ新型を。
  • ボタンを押している間だけ手ぶれ補正がかかるが、1度押したら何分間か手ぶれ補正が効くように改良してほしい。バッテリーの問題があるんだろうけどね。
  • 接眼レンズにはレンズ保護キャップがついているが、対物レンズにはキャップがないので、あった方がいいかな。付属ケースに仕舞えば問題ないということなんだろうけど。
  • 10倍、12倍のモデルは、もっと安くしてほしい。

といったところ。

 ともかく、もっぱら在宅で、家では高画質なブルーレイでコンサートを観てるなんて人は、現場(ファミリー席)では防振双眼鏡が必須です。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ