隠れJTマーヴェラスファンページ

映画・テレビ

2018年10月13日 (土)

「Fire TV Stick 4K(6,980円)」を予約するとAmazonギフト券500円分がもらえます!

 先日このブログでご紹介しましたコスパ最強の4Kメディアストリーミングツールといいますか、4Kセットトップボックス(スティック形状ですが)のFire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属(6,980円)」

 現在、予約注文するとAmazonギフト券500円分がもらえる「Fire TV Stick 4K 早期予約キャンペーン実施中。

 どうせ買うなら、500円分のギフト券をもらえるうちがいいですよ。

 Fire TV Stick 4K(6,980円)」で気になるのは、本体もそうですが、「Alexa対応音声認識リモコン」ね。これ、Amazon Echoの代わりになるってこと?

 いや、そんなことするとAmazon Echoが売れなくなるし、Alexa対応のテレビを音声で操作できるってだけなのかな? 6,980円のFire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属が、Amazon Echoの機能まで持つわけないか。

 ともかく、500円のギフト券は今月中の予約分まで。購入予定だった方は、今月中に予約しておきましょう。

2018年10月 5日 (金)

Alexa対応音声認識リモコンも標準添付。「Fire TV Stick 4K」が6,980円で登場!

 amazonが、12月12日よりFire TV Stick 4K6,980円で販売開始します。現在、予約受付中。

 最強のセットトップボックス(スティックですが)かもしれません。

 たったの6,980円で、Alexa対応音声認識リモコンも標準添付

  1. Amazon Fire TVシリーズ史上もっともパワフルなStick、人気のFire TV Stick(第2世代)より80%以上もパワフル
  2. 新登場のAlexa対応音声認識リモコンは、テレビの電源・音量操作・ミュートボタンで、対応するテレビの操作が可能
  3. 4K Ultra HD、Dolby Vision、HDR、Dolby Atmos対応で鮮明な映像、臨場感のあるサウンドを楽しめます
  4. Prime Video、Netflix、Hulu、DAZN、AbemaTV、ニュースやスポーツまでお気に入りのコンテンツを大画面で
  5. 豊富な映画やビデオ、アプリ、Alexaスキル、またSilkやFirefoxよりYoutubeなどのウェブサイトにもアクセス可能
  6. Alexaの様々な便利機能にも対応。楽曲の再生、スポーツの結果、天気予報も調べる事ができます
  7. さらにプライム会員なら、Prime Videoのうち会員特典対象の作品が追加料金なしで見放題。映画、ドラマ、アニメ、お笑い・バラエティ番組など充実のコンテンツ。また、Prime Musicで100万曲以上が聴き放題

 まちがいなく進化し続けてますね、Fire TV。今回は、上記 2. の「Alexa対応音声認識リモコンは、テレビの電源・音量操作・ミュートボタンで、対応するテレビの操作が可能」ってところでしょうか。

 スマート家電、スマートホーム化が着々と進みそうです。

 Fire TV Stick 4Kの登場で、かつてのフラッグシップモデルである4K対応セットトップボックスFire TVは、購入不可になっています。

 果たしてFire TVも刷新されるのでしょうか? それとも、Fire TV以上に高性能になったFire TV Stick 4Kが、今後のフラッグシップモデルになるのでしょうか?

 スティック形状のコンパクトな筐体なので、熱問題だけが心配ですが、それさえクリアできていれば、こいつがフラッグシップモデルでもOKな気はします。

 上記 2. のAlexaに対応するテレビですが、SONYあたりが熱心で、43インチから55インチブラビアで

Amazon Echo/Dot等と連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「works with alexa」2018年内対応予定。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能。

と記載されています。

 SONYといえば、Alexa対応の天井取り付け型スマートスピーカー&LEDシーリングライトなども販売していますから、家電製品の音声コントロールは、AlexaとAndroidのツープラトンで攻めるようですね。

2018年10月 3日 (水)

WESTERN DIGITAL(ウェスタンデジタル)のハードディスクがお買い得!

 MacやPCのシステムドライブなら、高速なSSDで決まりですが、デジタル一眼のRAW画像、フルHDあるいは4K動画等の保存用倉庫としてなら、大容量のハードディスクが最適なストレージデバイス。

 私は、価格重視で(壊れやすいと評判の)シーゲイト製HDDバカスカ買っておりますが、本日は、WESTERN DIGITAL(ウェスタンデジタル)のハードディスクが、シーゲイト製と同じくらいの価格になっています。

 たとえば、4TBモデルWD Blue WD40EZRZ/AFP2は、表記価格 10,847円なのですが、「2,300円OFFクーポンの適用」にチェックを入れて会計をすれば、8,547円で購入できます。

Wd_coupon

 同様に3TBモデルのWD Blue WD30EZRZ/AFPなら 1,000円OFFクーポンで 8,044円で、2TBモデルWD Blue WD20EZRZ/AFPなら 1,400円OFFクーポンの適用で 6,039円で購入できます。

 3TBモデルのWD Blue WD30EZRZ/AFP8,044円は、シーゲイトのST3000DM0076,781円よりかなり割高ですが、2TBはWDの方が安く、4TBはほぼ同額です。

 というわけで、シーゲイトはちょっと。やはりWDのHDDが良い!、とおっしゃる方は、本日買っちゃった方がいいですよ。

 なお、6TBのモデルはシーゲイトのST6000DM00312,680円とダントツに安いです。WDの6TBは 18,042円。これだけ価格差があると、さすがにシーゲイトを選んでしまいます。

 というわけで、2TBもしくは4TBの内蔵ハードディスクの購入を考えておられた方は、本日買っちゃった方がいいかもね。

2018年9月14日 (金)

マイクロンの2TB SSD「Micron 1100シリーズSSD MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY」が29,980円と超お買い得!

 私も愛用しているコスパ抜群の2TB SSD「Micron 1100シリーズSSD MTFDDAK2T0TBN-1AR1ZABYY が、ついに3万円を切って29,980円に!

r

 表記価格は、33,715円ですが、会計時に3,735円 OFFクーポンが適用されて、29,980円で購入できます。もちろん消費税込みですし、送料は無料です!

 私が買ったときより、1万円も安いです。昨日のEWI5000でも書きましたが、1万円あったらあれこれいろいろ買えるんですけどね。とりあえずは5年以上使っているハードディスクの中身の入れ替え(ドライブだけの交換)とか。

 EWI5000の分と併せて2万円あれば、ハードディスク2台の入れ替えもできるし、購入予定のLogic Pro X - Appleにだって手が届く。

 もっとも、それぞれ1万円高く買ってしまった私ですが、その差額の元は取るくらい、どちらも使い倒してますけどね。

 ともかく、2TB SSDがとうとう3万円を切りました。これに続く格安大容量SSDは、当分登場しないでしょうから、必要な方は買っておいた方がいいですよ。

 私の2TB SSD搭載MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)、超快適です。空き容量を気にして、不要ファイルを探したり、重複ファイルを削除したりする時間が取られないというのは非常にありがたいです。Time is Money ! というか、時間と健康には、金より価値があると思うのですけどね。

2018年9月11日 (火)

プライム会員の必需品、4Kセットトップボックス「Fire TV」が6,480円とお買い得! プライムデーの時より安い!

 プライム会員なら、見放題の「プライムビデオ」を楽しむためFire TVはお持ちかと。

 私も古い「Apple TV」を持っているにもかかわらず、発売と同時に初代Fire TVを購入し、楽しんでおります。

 古いApple TVは720p、初代Fire TVはフルHDの1080p、そして現行のFire TVは4Kコンテンツ対応のストリーミングメディアプレイヤーです。

 そんなFire TVが、期間限定で2,500円OFFの6,480円で販売中! これ、プライムデーの時より、さらに500円安いんですが……

 そろそろ4Kモニターを買わないとね。

 しかし、その4KモニターHDR400だったり、さらに進化したHDR1000対応モデルが出てきたりと、いろいろ進化が早すぎてついて行けてません。

 Mac使いとしては、USB-C対応で、もちろんUSB PD(できれば80w以上。最低でも60w。)対応であってほしいところ。USB PD 15wじゃ、MacBook (Retina, 12-inch, 2015以降)くらいしか充電(給電)できなさそう。

 こんなこと考えてると、なかなか買えないわけですけどね。

 でも、Fire TVは買いですよ! ドラマ好き、映画好きなら、お値段以上に楽しめます。あとは、音楽Liveが無料見放題になれば最高なんだけどなぁ。もちろん、無料なのは期間限定でかまわないんだけど。

2018年9月 7日 (金)

8インチで8,980円。アマゾン、コスパ最高・高性能な「Fire HD 8 タブレット」を発表!

 amazonが、2018年10月4日よりFire HD 8 タブレットの販売を開始すると発表しています。

 Fire HD 8 タブレットは、16GBモデルで税込8,980円という低価格ながら、8インチ HD(1280 x 800)ディスプレイ、1.3GHzのクアッドコアCPUを搭載。抜群の高コストパフォーマンスが特徴です。

 ストレージ容量 32GBのモデルは、10,980円。16GB容量増のコストは、2,000円です。

 しかし、2,000円出せば、サンディスクの64GBのMicro-SDXCカードを購入できます。32GBで良ければ、1,080円です。

 Fire HD 8 タブレットは、400GBまでのmicroSDカード(別売)に対応していますから、タブレット本体のストレージ容量は16GB、つまり安いモデルで十分ではないでしょうか。

 プライムユーザーなら、見放題のプライムビデオ、聴き放題のプライムミュージックを楽しむためのタブレットとして、一つ持っておいても良いでしょう。

 あと高齢のご両親へのプレゼント等にも良いかも。amazonの閉じた世界の中でしか使いませんしね、高齢者なら。

 新型の発表を受け、旧モデルのFire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (第7世代) 32GBも2千円引きの8,980円とお買い得価格になっています。

 旧モデルは、microSDカードが256GBまでだったり、フロントカメラ性能が劣ったりしますが、画面解像度は1280x800で同じですし、1.3GHzの高速クアッドコアも同じです。リアカメラはどちらも200万画素で同じ。性能に大きく影響する部分での差は、それほどなさそうです。

2018年8月27日 (月)

次期 Adobe CCでは、Windows 8.1、Windows 10のv1511とv1607、Mac OS 10.11 (El Capitan)はサポートされず!

 Adobeが、次期 Adobe CCでは、Windows 8.1、Windows 10の v1511 と v1607、Mac OS 10.11 (El Capitan)はサポートしない。発表しています。

 もっとも、Adobe Creative Cloudの良いところは、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用することで、最新版のAdobe CCだけでなく、以前のバージョンのAdobe CC(かつてはAdobe CS6もOKでしたが、今はどうなんでしょうね?)もインストール可能な点。

 つまり、Creative Cloud デスクトップアプリケーションが旧OSに対応している限り、右往左往する必要はありません。上の発表には、Creative Cloud デスクトップアプリケーションは、Windows 7以降とMac OS X v10.9以降で引き続きサポートとあります。

 おいらは、macOS Sierra 10.12.6 & Adobe CS6のままの時代遅れなおっさんなんですけど、今のところ、この環境で困っていることはないのね。iOSは12になってたりしますけど。

 毎月、あるいは毎年お布施が必要になるサブスクリプション制にどうもなじめず、Adobe CS6のまま、ここまで来てしまいましたが、どうせならいけるところまでこのまま頑張るかな。お金を使わなくてすむなら、それはそれでいいことだし。 

 あと、まだ購入可能なAdobe Photoshop Lightroom 6は、買えるうちに買っておいた方がいいかもしれません。こちらは、パッケージ版はなくなりダウンロード版だけになっていますが、一度買ってしまえばずーっと使える買い切り制です。

 最近は、KONTAKT 5とか、IK Multimedia SampleTank 3とか、ソフトサンプラーやらシンセの類いも増えてきたので、昔みたいに最新OSが出たらすぐにアップデートってことは今後もなさそうです。

 とはいえ、脆弱性の問題もありますし、いずれはmacOSも新しくしないといけなくなるんですけども。

2018年8月24日 (金)

「Adobe Photoshop Elements 2018」と「Adobe Premiere Elements 2018」が1,000円OFF!

 amazonが、Adobe Photoshop Elements 2018Adobe Premiere Elements 20181,000円OFFで購入できるクーポンを発行しています。

 Adobe製品は、多くの製品が買い切り制からサブスクリプション制に以降。使い続けるためには、毎月、あるいは毎年お金を払うシステムに変更されました。

 かつての買い切り制の場合は、アップグレードしたいときにアップグレードして、アップグレードせずにそのまま使い続けるなら、余分なランニングコストはかからなかったわけですけどね。

 でも、Elementsシリーズは、今も買い切り制。いつまで続くかわかりませんが。また、Elementsシリーズは、一つのパッケージに、Mac版とWindows版が入っていますから、お使いのパソコンがMacでもWindowsでも、どちらでも大丈夫です。

 おいらが購入するなら、「Photoshop Elements」と「Premiere Elements」の両方が入ってお買い得なAdobe Photoshop Elements 2018 & Premiere Elements 2018かな。もちろん、アップグレード版というか乗り換え版の方ね。

 たいていの人は、他社製画像処理ソフトや動画編集アプリをお持ちでしょうから、「乗り換え版」を購入できますよ。アップグレード対象は、Photoshop Elements/LE/Album、PhotoDeluxe、PaintShop 、CorelDraw/Painter、 Digital Image、Paintgraphic、PhotoImpact、ACDSee、iLife、デジカメ de!! シリーズ、感動かんたん!シリーズ、 蔵衛門シリーズ、その他デジタル画像編集ソフトウェア製品※バージョンに制限はなし。ただし、Windows/Mac対応のソフトウェアに限る)とのこと。

 Adobeのページで、最新のアップグレード対象を検索してるんだけど、出てこないのね。古いバージョンのは書いてあるんだけど。

 たいていの人は「乗換え版」でOKな気がしますけど。Macユーザーなら、iLife持ってるもんね。

2018年8月 1日 (水)

3TB4発で6TBのRAID10を組んでいた「ST3000DM001」、また壊れる……

 昨年の11月末、シーゲイトの3TB HDD、「ST3000DM001」と「ST3000DM003」が相次いで死亡。orzというブログを書きました。

 これらの3TBハードディスクは、2015年6月29日、ロジテックダイレクトから再生品のシーゲイト製3TB 外付けハードディスクとして購入したもの。

 購入した2台をmacOSのディスクユーティリティで、RAID 構成にしてしばらく使っていました。

 その後、さらに同じ再生品を購入し、3TBの外付けハードディスクが4台になってしまいました。

 そうなると、ACアダプタも4個あるし、ACタップ周りもデスク周りも非常にとっ散らかってしまうわけですね。

 そこで2017年1月、この4台のハードディスクを1台にまとめるべくRAID 0/1/3/5/10対応の4ベイHDDケースLHR-4BRHEU3を購入し、4台の外付けハードディスクを1台にまとめることに。

 このケースは非常に優秀で、

  • 安い!(15,000円ほど)
  • RAID 0/1/3/5/10に対応
  • USB 3.0だけでなく、eSATA接続もできる

と、コスパはたいへん優秀です。

 耐久性だけは、まだ未知数(2017年1月に購入後、電源入れっぱなしで、2018年8月現在、ケースには全く問題なく今に至ります。とりあえず、ケース本体は壊れていません。)ですけどね。

 で、再生品の外付けハードディスクから取り出した3TBのドライブ4台を、LHR-4BRHEU3に突っ込みまして、RAID 10構成の6TB倉庫(以下、「RAID10」と省略)として使っていたわけです。

 で、2017年の夏に、2番のドライブ「ST3000DM001(製造年月は2014年12月)」がお亡くなりになったわけですね。しかし、RAID 10ですから、特に問題なく動作しています。

 このST3000DM001というドライブは、非常によく壊れることで有名なドライブでして、2年動作したのは奇跡に近いかもしれません。

 ST3000DM001の脆さを知っているなら、この2番のディスクが壊れた時点で、即交換すべき(ミラーリングしている1番が壊れたらデータは復旧不可)なのですが、忙しかったのと金欠なのとで交換を先延ばしにしているうちに、昨年の11月になって4番のディスク(ST3000DM003。製造年月は2015年1月)も壊れたわけですよ。

 これは、さすがにやばくね? いや、1番じゃなかったのが不幸中の幸い、と言うわけで、3TBのベアドライブST3000DM008を2台調達して、交換。その後、順調に稼働しておりました。

 しかし、昨日、この「RAID10」が、昼休みに席を離れているときに、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)からアンマウントされた(接続はUSB3.0)んですね。この勝手にアンマウントされるというのは、中のHDDに障害が発生しているサインでもあります。前回もそうでした。

 で、昨日は、RAID10の電源をOFFにして、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)につないだら、特に問題もなくつながりました。

 そして今朝。職場でお茶を入れに席を離れ、席に戻ったら、またRAID10がアンマウントされてます。で、4ベイHDDケースLHR-4BRHEU3のパネルをよく見ると、ほんのりERRORがオレンジ色に。

 前回もそうだったんだけど、これ、LEDが暗すぎて、ぱっと見気づかないのね。で、フロントドアを開けて、中を確認したら3番ドライブのLEDが赤く点灯。

Img_5998

 ↑こんな感じで、どのドライブが壊れているか、LED点灯で教えてくれます。(ほこりだらけですみません。ハードディスク交換時に掃除します。)

 さて、困ったのは交換用HDDの選定。

 前回、「ST3000DM001」系統の、つまり7,200rpmST3000DM008を2台調達したわけですが、今年の春にシーゲイトの3TB HDDが2TBプラッタで省電力化。その結果、7200rpmの3TB HDDは入手難に!で書いたように、後継製品のST3000DM007は、2プラッタ構成の5,400rmpにモデルチェンジしています。

 RAID 10構成で、回転数の異なるハードディスクの組み合わせは御法度なはず。

 こんなことなら、先月NTT-X Store が、エンタープライズグレードの7200rpm 3.5インチHDD東芝 MG03ACA300 を格安販売していたときに、複数台調達しておけばよかった、と思っても後の祭り。

 仕方ないので、4TBのST4000DM004を2台調達しました。こちらは、回転数 5,400rpmの4TB HDDです。

 7,200rpmのST3000DM008と組み合わせるには、回転数も違えば、容量も違います。あんたはアホか、と言われそうですが、3TB & 4TBの組み合わせも実験してみたいわけですよ。

 3TB & 4TBがうまくいったら、3TBも4TBに入れ替えて、4TB & 4TBにすることで、勝手に容量アップするのかどうかとか、興味ありません?

 というわけで、興味本位でST4000DM004を2台調達しました。

 ただし、調達先は「NTT-X Store 」です。NTT-X StoreのST4000DM004 の方が、7,980円(クーポン割引後)とお買い得だったのよ。

 NTT-X StoreのST4000DM004 が届いたら、さっそく換装してレビューしたいと思います。

 メーカーこそ同じだけど、容量も違えば回転数も異なるST3000DM008ST4000DM004。果たしてうまくリビルドできるのでしょうか?

 これでうまくリビルドできたら、3TB & 4TBを4TB & 4TBに換装(そのために2台買いました)して再リビルド、その後、容量がどうなるのか確認したいと思います。

 これをお読みの皆さん。うまくいくと思います? RAID 1のNASならうまくいきそうな気がするんですけど、RAID10のUSBハードディスクケースはどうでしょうね。うまくいったら儲けものなんだけどな。

2018年7月31日 (火)

【最大42%OFF】 アドビセール開催中! 8月3日まで!

 amazonが、【最大42%OFF】 アドビセールを開催しています。

 フォトショップ(Adobe Photoshop CC)とイラストレーター(Adobe Illustrator CC)が、レジで42% OFF

 20種類以上のAdobeソフトが使えるコンプリート版が、レジで20% OFFとなっています。

 新規に購入される場合、今回のようにセール時に買うのが一番お得ですが、すでにAdobe CC愛用中で、更新期限が2〜3ヶ月後に迫っている、なんて場合も、安いときに買っておくのがいいみたいですよ。

 使い続ける限り、ランニングコストが発生するサブスクリプション方式。ランニングコストを抑えるためにも、今回のようなセールを有効活用してくださいませ。

 と書いてる私は、未だにAdobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Macintosh版を愛用中。OSは、macOS Sierra 10.12.6ですが、私の使っている範囲内では、動作しています。

 買い切り制の最後のバージョンでしたが、買っておいてよかったのかな、やっぱり。しかし、これの中古を60万円で売ってる人がいるのね。旧バージョンの中古をそんな価格で買う人いる? それこそ、現行CCの方がお得じゃないの?

 【最大42%OFF】 アドビセールは、8月3日まで! 必要な方はお早めにどうぞ。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ